まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

いよいよ ねぶた祭り本番です!!

ジャーン ケーン ポーン♪
d0007875_1954634.jpg

と、登場したのは、いよいよ8月2日から始まる青森ねぶた祭りを待つラッセランドの山車♪
d0007875_19543315.jpg

63年賞受賞のに組・東芝の「男伊達と不動明」。
63年賞というのは、戦争で一時中断したお祭りが昭和22年に復活した時にできた賞。
それから63年経った今年、それから毎年参加していた「に組」と「日本通運」のねぶたに功労の気持ちを込めて与えられるのが「第63年賞」。

その他のねぶた大賞などは、明日の前夜祭や本番の審査を経て、最終日の6日に発表されます。

どれも迫力があるなぁって思いながら、見ていくとその人、その人で、好みの顔、目つきってあるんですよねぇ。
d0007875_19544914.jpg

その他にも、CMでお馴染みのカルピスソーダ学園の山車も♪
d0007875_1955319.jpg

出演者は、青森山田高等学校の男子新体操部OBだそうですよ~♪
噂では、青森県立美術館で一昨日から開催している「馬場のぼる展」にちなんで、ニャーゴニャーゴと猫ねぶたも出陣するとか・・・。

いよいよ明日1日の夜は前夜祭。
ここのねぶたラッセランドの全てのねぶたに灯が入ります。

日中でも充分綺麗ですが、やっぱり灯が入ったねぶたは迫力が増しますよね~♪
こりゃ、前夜祭、本番と見るっきゃないでしょ!!(←市内なんだから見てないで跳ねろよ!!って感じですよね(笑))

今日は、現地でたまたまお会いした大阪府岸和田市からいらっしゃったという観光客の方と一緒に、ねぶたの歴史や制作工程、祭りの仕組みなどをガイドさんに説明してもらいながら見学しました♪
d0007875_19552264.jpg

青森ねぶただけではなく、弘前や五所川原のねぷたの説明なども、写真を見せてくれながら解説してくれるので、オススメです♪

ガイドは無料で、ねぶたガイド本部で受付するだけ。
所要時間は要望により15分~60分より調整してくれます。

そして、何をするにも腹ごしらえは大事ですよね。
ここまで来たら、是非、寄ってほしいアスパム♪
観光案内から物産まで青森がまるごと詰まった施設。
こちらの14階に4月下旬にオープンした「はなぁふ」をご紹介。
d0007875_19554587.jpg

写真は先月行った時の「はなぁふランチ」♪
サーモンと有頭エビのグリエ香味バルサミコソース、パンかライス、スープ、サラダ、コーヒーが付いて870円♪

たっぷりかけられたバルサミコの酸っぱい香りも、海を眺めながらシーフードを頂くというシチュエーションも抜群♪
お魚だけじゃなく、お肉のランチやカレーやパスタなどメニューも豊富です。

お席は、海が見える窓側がベストですよ♪
by Kuu

《ねぶたガイド》
青森県観光物産館アスパム裏「ねぶたラッセランド」
017-735-9151
7月1日(水)-8月6日(木)
10:00-16:00(12:00-13:00を除く)
無料

《Dining はなぁふ》
青森市安方一丁目1番40号 アスパム14F
017-721-3833
11:00-16:00 LO15:30
17:00-21:00 LO20:30
by marugoto_aomori | 2009-07-31 20:02 | 青森の旅 | Comments(12)

黒ニンニクの嗜み方!

夏本番。ねぶたやねぷたや三社大祭もすぐそこ。いよいよ青森の季節ですね♪
そんな折り、私はといいますと、夏バテ本番です。全くもって無気力です。
しかし、いつまでもグダグダしていると、となりのはかせさんからカツが入るので、そろそろ回復しなくては・・・。
そこで、最終兵器を投入することにしました。 そう、青森が誇る夏バテリーサルウェポン、「黒にんにく」です!
d0007875_11591981.jpg

この黒ニンニクですが、様々効能はあるものの、特筆すべきは「S-アリルシステイン」の働きです。
S-アリルシステインは、生のニンニクにはほとんど含まれておらず、熟成を経て生まれる成分で、抗酸化力が普通のニンニクの10倍にもなるといわれています。
d0007875_12155089.jpg

酸化は、体の老化と深い関係がありますが、黒ニンニクは体の老化を防ぐ力が高いということでしょうか。また、疲労の原因物質の一つである活性酸素の悪影響を押さえますので、夏バテにも効くはず!

そこで、今晩は黒ニンニクと夏野菜のパスタを作りましょう!
今回の材料は、冷蔵庫にたまたま入っていたナス、オクラ、黒ニンニク、パスタです。
d0007875_12131375.jpg

まず、ナスをフライパンで両面に焼き目がつくくらいまで火を通します。
オクラは下ゆでした後、適当な大きさに切っておきます。
d0007875_12194043.jpg

黒ニンニクは、皮をむいた後、細かく切り、多めのオリーブオイルとあわせておきます。
そして、おもむろにパスタをゆで始め・・・数分・・・・絶対にアルデンテの状態で。あ、ゆでる際には結構多めに塩を入れておいた方がいいです。そうしないと、黒ニンニクの甘さが勝ってしまいます。
ゆで上がったら、フライパンにすべてを放り込み、混ぜ合わせるのみ!!! コツとして、パスタのゆで汁をすべて捨ててしまわずに残しておいて、最後に混ぜ合わせる際に味を見ながらゆで汁を加えると、とってもおいしくなります♪
d0007875_12255514.jpg

今回は、夏バテ気味だったので欲張って黒ニンニクの分量を多くしてしまいました。結果、見た目が焼きそばのようです・・・。そして、甘い・・・。くれぐれも、黒ニンニクの分量には気をつけて。

このほかにも、黒ニンニクを使ったレシピはいろいろあると思いますが、ご存じの方は教えてくださいね♪
by OAK
by marugoto_aomori | 2009-07-30 23:59 | おいしい食材 | Comments(4)

浅虫水族館にレストラン「ここる」がオープン♪

雨が降ったり、やんだり、どんより曇っているのに、蒸し暑い日というスッキリしない天気が続いていますが、みなさま夏バテなんてしていませんか!?

ということで、今日は涼やかに浅虫水族館へ♪
d0007875_14421622.jpg
夏休みということで、家族連れやカップルが、水槽の中、悠々と泳ぐ魚を眺める姿が多く見られました。
d0007875_14424051.jpg
水のゆらめきや自由に泳ぐお魚、キラキラした気泡って、なぜだか見ているだけで、超癒されますよね♪
d0007875_14425815.jpg
そして、癒されまくったあとは、やっぱりランチでしょ。
7月23日からオープンした館内のレストラン「ここる」♪
d0007875_14431523.jpg
「ここる」は、水族館の人気キャラクターの名前。
イルカをモチーフにデザインされたキャラクターで、「ここに来ればいつも会える」という意味が込められた「ここる」ちゃん。
クリクリした目が愛らしいんですよね~♪

中は、水の中のようなデザイン。
壁を見ますと、気泡の中にも、いろんなキャラクターや生物が入っています。
d0007875_14433096.jpg
メニューも水族館ならではの、アクアカレー、アクアラーメン、ほたてランチ、シーフードピッツァ、シーフードパスタなどシーフードメニューがいっぱい♪

夏はやっぱりカレーでしょ!!ってことで今日はアクアカレー!
d0007875_14434698.jpg
エビ、ホタテ、イカがたっぷり入ったシーフードカレーです。
優しい味なので、子供でも食べられちゃうと思います。

サラダのドレッシングは、水族館だけにサウザンアイランド♪
d0007875_1444461.jpg
他にも、平内産のホタテのムニエル、奥入瀬ガーリックポークのグリル、小川原湖周辺の県産牛のステーキなど、県産食材をふんだんに使ったメニューになっています。
d0007875_14442221.jpg
お値段もアクアカレーでスープとサラダが付いて700円とお手ごろ♪
ケーキやジュース、ビールもあるので、ファミリーでお出かけするのにもピッタリですね。

どんな空の日でも、一瞬にしてリゾート気分に連れてってくれる納涼スポット、水族館のご紹介でした♪
by Kuu

《浅虫水族館》
青森市浅虫字馬場山1-25
017-752-3377
営業時間 9:00~17:00(7/18~8/23は9:00~18:00、8/14~16は8:30開館)
入館料 一般・高校生1,000円、小中500円など
by marugoto_aomori | 2009-07-28 14:46 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(6)

夏本番!つがる市に来たら、つがるメロンとメロンパンを♪

夏祭り間近、つがる市ではメロン・すいかが旬を迎えていますね!
ここはもともと砂丘地帯で水はけがよく、果物の栽培に適した土地
といわれ、秋にはりんごだし、夏にはメロン・スイカの栽培が盛ん
です♪
d0007875_225225100.jpg

そしてメロンロード沿いに沢山のメロン・すいかが栽培され、収穫
したてのものが道ばたでかなり安値で売られています。
d0007875_22525564.jpg

五所川原から車で20分くらいなので、立佞武多を見る前の時間に
行くのもオススメです。お店によっては地方発送もしてくれるとこ
ろもあります。
d0007875_22531413.jpg

そして、メロンロードから五所川原に向かう途中国道101号線沿い
にある「道の駅もりた」敷地内のパン屋「TATSUYA」さんに、
珠玉の逸品があります。
d0007875_22534169.jpg

そう、ご覧のとおり「メロンパン」です。一般的にメロンパンはパン
生地の上に甘い生地をのせ、格子状の溝を入れて焼き上げ、メロンの
形に似ていることから「メロンパン」と呼ばれています。だから果汁
が入っていないのが一般的なんです。
d0007875_2254563.jpg

こちらのメロンパン、つがる市特産のメロン果汁を使った「メロンパ
ン」を作っているんです!
d0007875_22544297.jpg

ちょっと写真では分かりにくいのですが、パン生地の部分にほんのり
色づいているんです。
そして味も!ほんのりメロンの味わいが口の中で広がるんです。
しかも全てつがる市産のメロンを使っているというから、何とも贅沢
ですね♪
毎年つがる市のメロンを楽しみにしていましたが、これからは楽しみ
がもう一つ増えました♪
d0007875_225591.jpg

ちなみに!こちらのお店メロン果肉入りメロンシェークも販売中です。
その名も「ほかどつがる(他とは違う)メロンシェーク」・・・!!
「つがる」と津軽弁の「違う」をかけています。・・ナイスで~す!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-07-27 11:46 | おいしい食材 | Comments(6)

もうすぐ八戸三社大祭!お土産は駅近くの「まるごと八戸」なユートリーで!

最近、八戸の魅力にはまりつつある私・・・今日はJR八戸駅のすぐ隣にある、
ユートリー」からの中継です。
d0007875_152450.jpg

こちらではもうすぐ始まる県内のお祭りの代表格「八戸三社大祭(7月31日~
8月4日)」の山車展示をはじめ、地元のありとあらゆる商品が勢揃いしています。
d0007875_1524738.jpg

特産品のバリエーションはスゴイです。八戸といえば缶詰工場が集積していて
「いちご煮」「くじら汁」「ほたて煮」「ほっき汁」「鯖」・・缶詰だけで沢山の種類が・・
d0007875_1531450.jpg

そして八戸と言えば鯖!しめ鯖もこんなに!迷っているうちに電車に乗り遅れて
しまいそうです。
d0007875_1533633.jpg

八戸せんべいも、とっても充実しています。せんべい汁も奥が深いですね!
個人的には以前紹介した鯖缶せんべい汁がもっとメジャーになってもよいので
はと思いますが・・。もちろん鳥出汁ベースも美味しいんですけどね♪
d0007875_154789.jpg

工芸品では、最近「国宝」に指定された「合掌土偶」のレプリカも扱っています。
先人の方々の発想はすごいですね。ちなみに縄文時代の土偶は口~耳~おしり
の間に空洞があるのをご存じでしたか?当時の人達は体の特徴・構造もをきちん
と把握し、表現していたんですね・・・これを知った時、すごく感動してしまいました。
d0007875_1542585.jpg

すいません・・一応念のためこちらでの売上トップ3は「鶴子まんじゅう」「なかよし
(さきいかの間にチーズを挟んだもの)」「朝の八甲田」なのだそうです。
あああっと・・電車の時間がきてしまいました・・また是非来たいと思います!今日
は現場からノブchanがお伝えしました。
d0007875_155365.jpg

by marugoto_aomori | 2009-07-24 15:12 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(10)

月に一度だけ、北国のかわいいを集めた雑貨屋『こさじ舎』

昨年5月から、月に一度、3日間だけオープンしている雑貨屋「こさじ舎」。
こぎん作家liteさんのお店です。
d0007875_1653677.jpg

旦那様と当時7歳だった娘さんと3人でペンキを塗ったり、床を張ったり、手作りで作ったお店です。
店内には、liteさんのこぎん刺しの作品の他、liteさんのお母様が編んだあけび細工の籠や照明カバー、下川原焼きの鳩笛、20歳の頃から買い集めていた雑貨などが、センス良く並べられています。

liteさんとこぎん刺しとの出逢いは2007年春。
それは、古本屋さんで偶然買った本に挟まっていたこぎん刺しの栞。
その栞を見たliteさんは「こぎんは難しいのではなく、根気が必要なだけなんだ」と、独学で勉強。
次第に、素材など基本だけは守って、自分なりに表現してみようという気持ちに・・・。

2007年秋、知人が営む弘前のお店「THE STABLES」に、こぎんのバックを見せに行ったことがきっかけで、お店に作品を置いてもらうことに。
d0007875_166484.jpg

その時の模様「リーフ」は、lite さんの原点。
d0007875_1662110.jpg

今のお気に入りの模様は「ヒバの木」。幼い頃からヒバのものに囲まれて暮らしていたliteさんは、それを作品に表現してみました。
d0007875_1663716.jpg

liteさんにとって、こぎん刺しは模様から決めることが出来る自己表現方法なんです。
d0007875_1665430.jpg

「lite」はスウェーデン語で「少し」とか「小さい」という意味。
「今は少ししかできないですけど」、「子供の手のように小さいけれど、いつか広がりがあるように」という意味が込められています。
名前をスウェーデン語からとっているだけあって、作品もお店の雰囲気も北欧チック♪
liteさんは「北欧と青森には、気候や雑貨などに似ているところがあります。北欧のものが流行るのであれば、青森のものも流行るはず。青森の手仕事を並べてみたら自然と北欧っぽい雰囲気になったんです。」と静かに語ってくれました。

普段のこぎんの創作活動は、子供が寝た後、DVDを見ながらの2時間ほど。
同じデザインであっても全て一点もの。そのため、一点一点の作品はそれを購入してくれたお客様とセットで記憶しているそうです。
d0007875_1671548.jpg

liteさんの作品は、月に一度オープンする北国のかわいいを集めたお店「こさじ舎」のほか、弘前の「THE STABLES」で年数回の展示会で販売されています。

そして、liteさんは来月、蓬田村で開催される「夏の工芸学校」で、こぎん刺しの髪飾りを作るワークショップ「ちくちく、こぎん刺し」の先生をされます。
その他にも、多くのアーティストさんたちを先生に、裂織、津軽塗り、草履作り、豆本、消しゴムハンコなどの授業を受けることができます!
カフェやパン屋さんなども出店されるので、賑わいそうですよ♪
旧広瀬小学校の校舎内と、校庭で3日間だけ行われる授業へのお申し込み方法など詳しくは、こちらの「夏の工芸学校」のサイトで♪
by Kuu

《こさじ舎》
青森市古川2丁目15-19
→平成21年11月より移転しました
 移転先:青森市新田2丁目3‐19‐1 
毎月最後の木・金・土 10:00-15:00
平成22年1月はフリマ「おさがり市」を土曜日に開催

《THE STABLES》
弘前市元寺町9 三上ビル3F 0172-33-9225 
11:00-19:00 定休日 毎週木曜日
→常設販売ではなく年数回の展示会での販売を中心となりました

《夏の工芸学校》
蓬田村文化伝承館(旧広瀬小学校)
蓬田村大字広瀬字坂元24
8月21日(金)・22日(土)・23日(日)
by marugoto_aomori | 2009-07-22 16:09 | 手しごと | Comments(15)

カシス収穫のお手伝いと青森でしか出来ない贅沢な瞬間

7月・・・県内では青森市を中心にカシスの収穫時期を迎えています。
青森県はカシスの生産量が全国1位です。
d0007875_213821.jpg

今日は、MBM研究所長と共にカシス農家さんの収穫手伝いに行って
きたんです。
d0007875_222030.jpg

いや~たわわに実っていますね!青森市でのカシスの収穫は7月中
旬~8月上旬という短い期間しかありません。なので農家さんは一生
懸命この時期に収穫します。(収穫のお手伝いをしてくださる方、大歓
迎みたいです。ご希望の方は是非ご連絡を・・。)
d0007875_224024.jpg

一粒一粒丁寧に手摘みをします。果実が密集しているところはナデナデ
するんです。そうすると熟した果実がポロポロ取れていきます。
d0007875_23324.jpg

作業はとても大変です。実についている枝の部分(写真の緑部分)が
残っていたら丁寧に取らなければいけません。それと中には赤っぽい、
熟していない果実も混じってしまうのでそれも取り除きます。
d0007875_242211.jpg

黙々と作業すること4時間ほど・・・気がつけば2人で夢中で収穫して
いました・・・。7~8㎏でしょうか・・・ちょっとはお役に立てたかな・・・。

そして!農家さんからカシス20粒ほど分けてもらい、コンビニでアイス
クリームを購入!実はとっても試したいことがありまして・・。
以前、青森市内でカシスサミットが開催されたとき、某著名な料理評論
家の方がこんな事をお話されていたのです。
「カシスと言えば・・私の中では数十年前にヨーロッパでバニラアイスと
ともに生カシスを一緒に食べたのが最も印象に残っていて、それが一番
美味しいカシスの味わい方だと思っている。青森のカシスはその時の味
がした!青森の人は幸せですね」と。
そう!カシスは収穫して1日で熟してしまうため、生果実の保存が出来ま
せん。そのため収穫してすぐに冷凍保存をします。
つまり、「生カシス」を楽しめるのは、産地にいる人しか出来ないんです~♪
d0007875_25333.jpg

ついにその時がやってきました~。バニラアイスの上に~、生カシスをの
せて~(カシスは真っ黒ですが、皮に赤い色素=カシスポリフェノールが
たっぷりなので、アイスもちょっと染まっていますね)
d0007875_253076.jpg

!!!アイスの甘さと共に野趣あふれるカシスの香りと強烈な酸味~!
絶妙なハーモニーが奏でられていきます。君たちはバニラアイスと出会う
ために生まれてきたのね?そんな錯覚をおこしてしまいそうなくらい、相性
ピッタリなんです♪カシスはそのまま食べるには酸味が強すぎですが、
甘いものとミックスされると素晴らしい演出をしてくれる果実なんですね!
産地ならではの贅沢ですね~。心地よい疲れを癒してくれるひとときでした。

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-07-21 19:00 | おいしい食材 | Comments(5)

季節の魚を好きなだけ選んで自分だけの定食を♪鰺ヶ沢「たき○(たきわ)」

ここは鰺ヶ沢。「海の駅わんど」からもう少し深浦寄りに進んだところに、
「食事処たき○」さんがあります。一見魚屋さん?と見間違いそうですが
きちんと「白神海彦山彦食の旅」のぼりが!ここは、西海岸の海の幸を
食べることが出来るお店なんです。もちろん、魚の販売もしています。
d0007875_23372416.jpg

お店にはいると~。小分けにされた「お刺身」「焼き魚」「煮魚」などがズ
ラ~リと並んでいます。
d0007875_23414740.jpg

こちらでは、ご飯とお味噌汁のセットが250円で、あとは好きなお魚
さんを自分でチョイスし、自分だけのオリジナル定食を作ることが出来
るんです。
d0007875_23412253.jpg

まぐろの刺身、ウニに焼き魚に~どれにしようか迷ってしまいますね♪
お店の方にお聞きしたところ、元々は魚屋さんとしてお店を5年ほど前
に始めたそうなんですが、鰺ヶ沢で水揚げされる魚の種類が非常に豊
富であるが故に、普段聞き慣れない魚がさっぱり売れなかったそうなん
です。
d0007875_23401278.jpg

そこで、店でまず食べてもらって、魚の事をもっと知ってもらおうと思い、
今のようなスタイルに至ったそうなんです。
確かに・・・私も聞いたことのない魚がたくさん・・。ノドグロとかホウボウ
とか・・。
d0007875_23422097.jpg

お昼時は忙しいですが、時間の許す限りお店の方はお魚の事を教えて
くれます。今度しっかり勉強させてもらいたいな~。
こちらのお店、鰺ヶ沢で水揚げされた物しか使いません。なので魚介類
といえば定番のまぐろやウニなども、季節がはずれればお店では一切
扱わないそうです。そこのところを予め了解してね、とのこと。正直です
ね~。この姿勢とっても大好きです。今度ゆっくりお邪魔したいと思いま
した。
d0007875_23424272.jpg

普段は日中だけの営業ですが、8月8日までの金曜日・土曜日は、日没
と同時にビアガーデンをやる予定で、この時は夜も営業してるそうです。

住  所 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町199-2
電  話 0173-72-7531
営業時間 魚販売は9時~無くなり次第(概ね夕方頃)
       食事は11時半頃~無くなり次第
定 休 日 不定休

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-07-17 14:52 | 青森食べ歩き | Comments(6)

7/18~20はアスパムで「地アイス」祭り!

も~い~くつ寝~ると~、夏や~す~み~小学生の頃、良く唄ったような・・
さて夏本番!アイスが冷凍庫を占領する季節ですね!(そして冷蔵庫は中華麺
だらけ♪)
d0007875_15552561.jpg

青森県内では様々な特産品を活用したカップアイス・ソフトクリームが多岐に
わたり販売されていますね~♪
このブログでも何度となくご紹介をさせていただきました。
その!カップアイス達が!なんと青森県観光物産館アスパムに集まるってゆう
じゃないですかああああああああああ!一例をあげると!
d0007875_1633799.jpg

アビタニアジャージーファーム MiruMu」鰺ヶ沢にあるアビタニアジャー
ジーファームのアイスが登場予定なんです!
これは・・・あくまで個人の意見として聞いてください。口の中に広がる濃厚
でクリーミイな味わい・・・日本の中でもトップクラスだと思っています!!
これは旨い!青森県民で良かったと思う一瞬が訪れるはず!
d0007875_165102.jpg

そして!新郷村「ドラキュラ ザ プレミアム」一日1個までしか食べられない
魅惑のにんにく入りアイス!夏場の食欲減退期には最適です!東京・池袋のサ
ンシャインにあるアイスクリームシティでも人気の逸品です♪
このほか、「横浜3兄弟」 、「ゼネラルレクラーク」、「チズイック」、
南郷ジャズ姫」、「奥入瀬アイス」といった今まで紹介させたいただいたも
のを始め、「何でアイスに入れてしまったの!?でも一度は試してみたい!」
というものまで、39種類が登場予定です。
いやこれはホントにスゴイ、県内の様々な農産物・水産物が使われてるアイス
なのですから!!!!(「水産物」も・・・多数登場します)
d0007875_1692929.jpg

こちらのイベント
18日(土)12:00~16:00
19日(日)10:00~16:00
20日(祝)10:00~16:00
の時間にアスパム1Fのイベントホールにて販売予定で、持ち帰るためのドラ
イアイス&保冷バックも販売予定だそうです。
しかも!会場で食べる方には有料ですがトッピングも出来るみたいです。
ううう・・・楽しみです。
とりあえず私は「しじみアイス」を試そうと思っています。しじみドリンク、
しじみソフト、しじみプリンをこれまでいただいているので、これで4冠?
達成!?


byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-07-15 15:41 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

「野辺地葉つきこかぶ」の「皮」と「葉っぱ」の愉しみ方

きのう生で食べる「こかぶ」を紹介させてもらいましたが、そう!
残った皮と葉っぱも無駄にしてはいけません!
もちろん生で食べることも出来るのですが、私が今ハマっている
食べ方を・・・。一応参考までに。
d0007875_12592358.jpg

まず~適当な大きさにカットします。皮も細長にカットします。
そしたら~フライパンに油をしいて、あたたまったところで材料
を全て「えい!」と放り込みます。
d0007875_13012.jpg

そして!ちょっとしんなりしてきたら・・・そうです「あのお方」
の登場です。スタミナ源たれ(勝手に略してG(げん)T(たれ)!)
d0007875_1324051.jpg

味が濃いのでGTは少量で大丈夫です。他の味付けは一切不要です。
(いや・・ホントはあった方が良いのかも知れませんが、あくまで
簡単に美味しく楽しめるということで・・・)
d0007875_13372.jpg

ちょっと焦げ目が付いてきたらもう完成!(カットする時間1分、
炒め時間1~2分です。)
これがですね・・・激ウマなんです!そして炒めることでしんなり
するから、こかぶ2個分くらいはペロリといけてしまいます。
d0007875_1334387.jpg

ああ・・・今日も幸せなひとときを有り難う!こかぶ!そしてGT!
葉つきこかぶは、JA野辺地町からお取り寄せも出来るほか、県内の
スーパー、首都圏でも数多くのスーパーなどで手に入ります。
是非試してみてくださいね♪

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-07-14 13:00 | おいしい食材 | Comments(2)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング