「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

華麗なるコラボ♯2 ~新宿髙島屋にて

この6月にOAKが紹介した津軽塗とロブマイヤーのコラボレーション
今度は場所を変え、新宿は髙島屋にて皆様にお披露目です!

…という情報を聞きつけてやってきました新宿髙島屋、NYタカシマヤホームです。
こちらは「和と洋、モダンとクラッシック、古き良きものと新しいものをライフスタイルに合わせて提案する」というコンセプトのショップ。
d0007875_2323899.jpg
ハプスブルク皇室御用達の称号を賜ったロブマイヤーと、江戸期元禄年間に端を発する津軽塗。和洋二つの伝統が出会い、現代に新たな製品を送り出す…嗚呼、まるで同じ台詞を二度繰り返したかのように、場所と展示が同じ思いでつながっているではありませんか!

…なんて芝居がかった台詞が出るくらいに、いずれも見事な調和を見せてくれます。
先日ロブマイヤーサロンでも見かけた宝石箱、隣りに置かれたスタンドにミラー。
こうして組み合わせてみると”空気”まで作り出すような重厚な雰囲気がありますね。風格のある家に似合いそう…
d0007875_23454033.jpg
一方、こちらは単体のコラボではありませんが、組み合わせとしてのテーブルウエア。
重厚と言うよりは落ち着いた風格、とでも言えばいいのでしょうか、きりっとした大人の雰囲気を醸し出しています。グラスも”さりげない”と感じるくらいによく似合いますね。
それにしても、やっぱり紋紗は渋い。カッコイイ。欲しい。ちょっと無理かな(+_+)
d0007875_23564021.jpg
それから”ひねり”という技法を用いたもの。
画像では見えませんが、朱色の部分に渦のような模様が入っています。
これは…なんと言えばいいのでしょうか、紋紗ほど渋くはないけど、また別の大人の雰囲気、ですかね。こちらはグラスの形とも相まって、オシャレな感じが漂います。
d0007875_0113442.jpg

といった具合に、いろんな組み合わせで、漆とグラスのコラボレーションが楽しめます。
「現代の津軽塗」の新たな試み…ロブマイヤー・サロンに行けなかった方、お買い物で髙島屋に出かけた方、近くに遊びに行った方。たくさんの方に”こんな津軽塗もあったのか!”と感じてもらいたい催事です。

by くどぱん!

※10月30日から11月1日まで、津軽塗の職人が漆の研ぎ出しの実演を行います。”津軽の馬鹿塗”という異名を取るほどに丁寧に工程を重ねる仕事ぶりの、ほんの一端ではありますが、見ることができますよ。

○「LOBMEYR〈ロブマイヤー〉×津軽塗」
 場所:新宿髙島屋 10階 NYタカシマヤホーム
 会期:2009年10月28日(水)~11月10日(火)
     10時~20時(10/31(土)、11/7(土)は20時半まで、最終日は15時閉場)
 Tel.:03-5361-1111
by marugoto_aomori | 2009-10-30 17:48 | 東京の「あおもり」 | Comments(2)

果肉も赤い「赤~いりんご」に新たな仲間が!

先週末、青森市の東側にあるラ・セラに出掛けたときのこと。何やら
人だかりが・・・。
d0007875_19221476.jpg

何でも農業と商工業を結びつけていこうというフェアらしく、目新し
い素材・商品が展示即売されていたんです。で、気になったのが、
「赤~いりんご株式会社」なんです。
d0007875_19222812.jpg

「赤~いりんご」とは!?その名の通り皮だけでなく、果肉も「赤い」
りんごの事です。ちなみに花まで赤いです。
d0007875_19223777.jpg

果肉の赤い部分はポリフェノールがたっぷり♪酸味が強いので加工向き
です。五所川原生まれのこの品種、今までジュース・ジャム・ワイン
などの商品が販売されてきました。
それがこの程、本格的に「赤~いりんご」の商品開発をしていこうと
設立されたのが「赤~いりんご株式会社」なんだそうです。
d0007875_1922582.jpg

まず、8月に発売された「赤~いりんごのドレッシング」!このりんご
の酸味が旨く活かされている味ですね~。普通の甘いりんごでは出来な
い味かも知れませんね。甘さ控えめでスッキリした酸味のドレッシング
です。
d0007875_19231797.jpg

そして!今月上旬に新発売された「「赤~いりんご」のサイダー」!
おおお~。きつめの炭酸にキレ~イな赤い色♪ほのかに香る「りんご」感!
ウマイ!地方ならではのサイダーいわゆる「地サイダー」の一つに成長し
てくれることを願うばかりです。
d0007875_19234910.jpg

そして最後はゼリー!一口サイズで楊枝を使って「プチッ」と弾けさせる
タイプで、この中では一番「赤~いりんご」の風味を感じることが出来ま
す。なんとこのイベントで初お目見え・販売開始なんだそうです。
d0007875_1925236.jpg

ちなみに、県内では青森空港、金木観光物産館マディニーなどで、東京で
は飯田橋にある、あおもり北彩館東京店で購入可能(一部商品の場合があ
ります)です。
d0007875_19255952.jpg

この冬(11月頃?)には、「赤~いりんご酢」も誕生予定らしいので、
チェックしてみたいと思います。

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-10-29 10:23 | おいしい食材 | Comments(3)

「鮨割烹 重兵衛」 お寿司のランチ

八戸に出掛けたら、いただきたいのは、やっぱり海の幸ですよね♪
そろそろ「寿司の日も近い」ということで、お得なお寿司ランチ情報です。

以前、BLUE SAPPHREさんも記事にされた『重兵衛』さんです。
『重兵衛』さんって、高級で自分のお口にはなかなか入らないだろうなぁって思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ランチは別!
両親連れてレッツゴー♪

八戸市小中野の住宅地の中に、高級店らしい風格ある店構えに期待しながら入店。
d0007875_18535471.jpg
客室もいくつかの個室が用意されていましたが、ランチだったんで、大きな広間に通されました。
そこから見えるお庭も素敵。
d0007875_18541825.jpg
メニューを見ますと、にぎり1050円、特にぎり2100円、特製太巻き1575円といずれもリーズナブル♪
まず、にぎりランチはコチラ。
d0007875_18543246.jpg
まぐろ、イカ、蛸、いくら・・・と充分な食べ応え!!
これに、小鉢、吸い物、デザートも付いちゃうんです。
d0007875_1854475.jpg
そして、特にぎりランチはコチラ♪
d0007875_1855476.jpg
コチラになると、私の好物のウニも入ってきます♪
他にも、ホタテや海老ちゃんも♪
(コチラも同じく、小鉢、吸い物、デザート付き)

最後に飲み物も♪
d0007875_18552136.jpg
ここまでで充分なのに、食いしん坊のKuu家は特製太巻きも追加注文しちゃって、お腹も気持ちも大満腹、大満足♪
d0007875_18553422.jpg
八戸の海の幸、万歳って感じのランチでした♪
by Kuu

《鮨割烹 重兵衛》
八戸市小中野2-4-19
0178-43-3430
11:30 - 14:30 (LO 14:00)
17:00 - 21:30 (LO 21:00)
日曜休(祝祭日は営業)
by marugoto_aomori | 2009-10-27 18:32 | 青森食べ歩き | Comments(6)

青森の紅葉真っ盛り~八甲田、城ヶ倉、中野のもみじ山~

青森県内は、紅葉シーズン真っ盛りですね。
先週、ノブちゃんが十和田湖、奥入瀬方面のレポートをしてくれましたが、私も早起きして、17日、八甲田方面へ早朝ドライブ♪
d0007875_18331841.jpg
7時に青森市内出発!! 早朝だと車もス~イスイ。
途中、ブナ林の横を通り、
d0007875_18333998.jpg
城ヶ倉渓流にかかる大橋へ。
日中なら大混雑の城ヶ倉大橋の駐車場も楽々で駐めることができます。
d0007875_18335777.jpg
睡蓮沼にも寄ってみましたが、秋らしく枯れ草がそよいでいました。
d0007875_18341386.jpg
帰り際、行きではまだオープンしていなかった萱の茶屋にも、行楽客の姿がチラホラ。
お約束の長生きのお茶を楽しんでいました。
d0007875_18342933.jpg
どんなお茶かというと、「三ばいのめば なんとおどろいたことに 死ぬまで生きる」という有り難い(!?)お茶なんです。

そして、一昨日、24日は夕刻に青森を出発!
同じ経路を辿って、5時頃、一週間前と同じ岩木山展望所に到着♪
d0007875_18351076.jpg
なんて綺麗なんでしょ~~♪
そして、城ヶ倉大橋を通過する頃には、真っ暗になり、向かったのはこの日の本命、黒石、中野のもみじ山♪
6時前に到着したのですが、駐車場には、思っていたより大型バスや自家用車でいらっしゃっているお客様が多かったですよ。
暗い細い道を歩いて行くと、川越しにライトアップされている見事なもみじが見えてきます♪
d0007875_18352981.jpg
橋からは、不動の滝が!!
幻想的ですよね~。
d0007875_18354892.jpg
橋を越えると、赤や黄色に色づいたもみじが♪
d0007875_1836728.jpgd0007875_18362136.jpg
この日は、夜だったので、上まで登りませんでしたが、登った先の観楓台のもみじも格別なんですよね~♪
ライトアップの時間や、現在の様子などは、黒石観光協会のサイトで♪
by Kuu

《中野のもみじ山 ライトアップ》
10月10日(土)-11月5日(木)
ライトアップ時間 17:30頃 - 21:00頃
by marugoto_aomori | 2009-10-26 18:36 | 青森の旅 | Comments(6)

小さなりんごと夕日の思い出

先日、ミニりんごの一種「アルプス乙女」を頂戴し、口にする機会がありました。
同封されていたメッセージによると、”冷凍してオンザロックの氷代わりにすると、飲む際にりんごの甘い香りが漂う”のだとか。(最後はもちろんおいしく食べられるそうです)
d0007875_1159351.jpg
手近なグラスでオンザロックのまねごと…って、グラス小さすぎ(^^ゞ

アルプス乙女はその名前が示すとおり、残念ながら青森県でできた品種ではありません。
ふじと紅玉から生まれたものとされていますが、DNA分析によるとふじにヒメリンゴの花粉が受粉してできた可能性があるのだとか。あれれ、そういうものですか…
d0007875_1051219.jpg
一個が50gほどというかわいらしいりんご。右は早生ふじ

スーパーではあまり見かけませんが、道の駅などでは時々見られるほか、見た目のかわいらしさから園芸用に苗で売られたり、枝ごと生け花用に売られたりもしています。
ちなみに、りんごは同一品種の花粉では受粉しにくいものなのですが、この品種は単独でも受粉するので園芸用にもできます。(りんご畑では花粉樹として植えられているケースも多いそうです)

さて、何年ぶりであったか、数えることをはばかるほどに年数を経て口にしたそのりんご。
お前も親がはっきりしないとかいろいろあるんだなぁ…などと思いながら囓りつくと、いずれにしても片親(?)はふじということもあり、小さいながらもしっかりした歯ごたえとほどよい酸味を持ち、”ああ、こういう味だったっけなぁ”とおいしくいただくことができました。
d0007875_11595189.jpg
その懐かしい味と共に思い出したのは、小さかった頃の出来事。
秋のこの時期、りんご農家であった両親はりんごの収穫に追われ、天気の良い日曜には「手伝ってくれたらおいしいものを食べさせてやる」などと、口実をつけて私たちをりんご畑に連れ出したものです。

しかし、手伝いと言っても小さな子供に普通のりんごはいかにも大きく、両手を使ってもなかなか上手にもぎ取ることはできません。あっという間に飽きてしまうのも、ある意味やむを得ないことでしょう。
そうしてりんご畑を遊び回っているうちに見つけたのがアルプス乙女。

小さいことはもちろん、鈴なり、と表現すればいいのでしょうか、一カ所からいくつも実がなっている様子、しっかりとした濃い色あい…りんごの新種を見つけた気分になった私は、どうしてもそれを学校に持って行って自慢したくなりました。
d0007875_8301699.jpg
まあ、今にして思えばまともに選果をしていたように見えませんでしたから、きっと花粉用の樹で、親にしてみれば”おとなしくしてるんならいくらでも持ってけ”てなもんだったことでしょう。

学校に持って行ったらみんなびっくりするだだろうなぁ…と思いながらいくつかの手籠を小さなりんごでいっぱいにした頃、短い秋の日は西に傾き、長い影が落ち始めます。
夕日を浴びるトラックにはたくさんのりんご箱が積み込まれ、子供たちは畑に散らばった手籠を集めて回る…急に冷え始める空気に冬の予感を感じながらも嬉しい収穫の風景は、私にはあの時にもいだアルプス乙女と結びついて残っています。(学校に持って行ってみたらそれほど受けなかった記憶と共に(笑))

りんごは品種の移り変わりも多く、昔食べていた品種が手に入らなくなったりもするものですが、思い出のりんごが未だに食べられるって、なんだか嬉しいものです。
皆さんも道の駅などで見かけたら一度食べてみてください。りんご一個はちょっと…という方も、完全食べきりサイズで冷蔵庫に常備したら意外と便利かもしれませんよ。

by くどぱん!
by marugoto_aomori | 2009-10-23 21:35 | Comments(2)

かわらぬ味の安心

先日、八戸市にお邪魔した際、ちょっと立ち寄りと言うことで、以前、片町朝市を紹介した際にもちょっとご紹介した上舘煎餅店に立ち寄りました。今回はお店の方です。

お店の中では、ご主人さんと奥様と娘さんでしょうか、黙々と煎餅を作っておりました。年季の入った煎餅焼き機はレンガ製でしょうか、煎餅のタネを専用の鉄器具に挟み、それが焼き機の中をキャタピラのようにゆっくりとまわります。そして、一周するうちに焼き上がる仕組みになっているようです。
d0007875_0235516.jpg

d0007875_0292816.jpg

一枚、一枚、丁寧につくりあげていく、まさに手仕事です。

焼きたてを一枚いただいて食べてみました。今回は、以前紹介したてんぽせんべいではなく、通常のごま煎餅を作っているときにお邪魔したのですが、焼きたてはパリッとした感じというよりは、しっとりした感じでゴマがとても香ばしく、焼きたてホヤホヤの感じがなんともうれしい一枚でした。煎餅も焼きたてがオイシイというのは大発見でした!

そして、やっぱり「みみ」ですよね。もちろん、食べてきました。こちらもモッチリ!うまし!

店先には、平成20年2月に創業50周年を記念して贈られたプレートがありました。
やはり、寡黙に一筋に続けてきたご主人には、職人的なオーラを感じました。でも、怖いと言うよりは、地元を愛する親心的な、優しさに包まれたオーラという感じでしょうか・・・職人特有の雰囲気です。

私たちが立ち寄っている間にも、地元のお客さんが煎餅を買いに寄ったりしていて、あぁ、やはり地元に愛されているんだなと感じましたね。お客さんと交わす南部弁でのご機嫌伺いも地元感いっぱいで、大好きです!

お店の場所は八戸赤十字血液センター前バス停からちょっとだけ街中方面寄りのあたりです。ぜひお立ち寄りくださいな♪




d0007875_0134295.gif
栗煎餅ってあるんでしょうか?マロニストなんです。
by OAK
by marugoto_aomori | 2009-10-22 00:55 | おいしい食材 | Comments(4)

紅葉を求めて~その2十和田湖編~

d0007875_0165170.jpg

奥入瀬渓流を南下していくと、十和田湖はその雄大な姿で出迎えてくれます。
今はバイパスが完成して、子ノ口から休屋まであっという間ですが、昔の道路
に入ると展望所があって十和田湖が一望できるので、そちらも是非ともおさえ
ておきたいポイントですね♪

休屋に車をとめ、お約束ですが乙女の像あたりまで歩きます。う~ん、素敵!
映像でも伝わりにくいのですが、対岸の方まで綺麗に色づいてきているんです。
ほーっと一息。。。
そして!(あくまで個人的な好みとして聞いてくださいね)休屋にきたら必ず堪能
しているものが二つ!その一つ塩えびです。十和田湖で水揚げされている小ぶ
りなエビをただ塩ゆでしただけのもの♪ついつい買ってしまうのです。試食もでき
るので是非お試しあれ。
d0007875_0192787.jpg

もう一つ、今では漁獲量が減ってしまいましたが「ひめます」です。それぞれの
お店で炭火焼きで売られています。今日は早めに来たこともあって焼きたてが
ゲットできました。
d0007875_0195514.jpg

うぅっすらピンクがかったその身は柔らかくホロホロとして、その繊細な味わいを
豪快にふられた塩がキュッと引き立てる、いつも必ず味わってしまう逸品です。
あぁ・・・今年は子供達にその大半を食べられてしまいましたが、この思いを伝え
ることが出来たので満足満足♪
d0007875_0202548.jpg

さて、紅葉の時期になると、なんだか甘い香りが漂っているのを感じたことって
ありませんか。なんだろう?といつも思っていたのですが、その答えが駐車場で
いただいたパンフレットにありました。
カツラの木!うーんパンフレットに写真がついていたのですが、どの木だろ・・
遊覧船乗り場近くの十和田湖ビジターセンターに行って聞いてみることに。
d0007875_021376.jpg

センターの方は親切に、一緒に外まで出向き教えてくれました♪コレコレ!
d0007875_021388.jpg

ハート型の葉っぱが目印なんだそうです。確かにカツラの木の下に立ってみると
甘~香りが!更に下に落ちている葉っぱを嗅いでみると・・・・おぉ♪パンフレット
に書いていたとおり綿飴のような香りが♪ 
d0007875_0222110.jpg

楽しみがまた一つ増えました。

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-10-20 12:12 | 青森の旅 | Comments(0)

紅葉を求めて~その1 八甲田・奥入瀬編~

いよいよ紅葉もピークを迎えそうですね。今日はもうすぐ見頃を迎える十和田湖
方面で出掛けてみました(10月18日)。
d0007875_001275.jpg

まずは青森市から雲谷を・抜けて八甲田方面へ。
道路沿いはもう見頃真っ盛りという感じで、道路の両サイドが紅葉で覆われて、
まるでトンネルのようです。途中、萱野高原を通過。萱野と言えば・・・・
d0007875_003993.jpg

今日は朝早く出掛けたので立ち寄りませんでしたが、萱野茶屋では、生姜味噌
おでんや雲谷そば・酸ヶ湯そばを愉しむことができます。冬時期はお休みになり
ますので、紅葉時期までのお楽しみですね♪
d0007875_012063.jpg


さあ、酸ヶ湯を抜け、睡蓮沼~蔦温泉を抜けていくと・・・・蔦川が見えてきます。
蔦川に架かる出会い橋から・・・・パシャッ。
d0007875_014997.jpg

いい~感じに色づいてますね~。
奥入瀬渓流も楽しみです。私は毎年のように新緑・紅葉時期に奥入瀬に行き、
その渓流の流れを堪能します。変幻自在に流れるその動きは一つとして同じ動
きを見せない、その瞬間だけ自分に見せてくれる流れなんです。
せせらぐ音と共に魅せてくれる川の流れ。是非10分、いや5分でも足を止めて、
その流れを・・・じっと見つめてみませんか。
日常の生活で感じた喜怒哀楽、様々感じた思い・気持・・・喜びや楽しさはもっと
綺麗に増幅し、怒りや悲しみはサーっと流してくれるような、そんな気持ちにさせ
てくれる場所なのかしらと、そう思うんです。

奥入瀬はもうすぐピークかと思います、最もダイナミックな銚子大滝付近はそん
な感じでした。(他の渓流の様子はあえて画像を付けませんでした。是非皆さん
思い思いのお気に入り場所を探してみてください。)

さ・・・・いよいよ十和田湖はもうすぐですよ~(続く)

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-10-19 09:53 | 青森の旅 | Comments(0)

『和こ』で海鮮すいとん定食

八戸にお出かけし、どこかでランチでもということで、この日、『たねブロ』さんとおじゃましたのは、『和こ』。
d0007875_122588.jpg
目の前に舘鼻漁港という最高のロケーションのお店です。
d0007875_1231881.jpg
こちらでは海の幸満載のランチメニューがいっぱい♪
d0007875_1233374.jpg
私がいただいたのは、本日のランチ『海鮮すいとん定食』♪
コチラには、海鮮すいとんに、中おち丼かイクラ丼(日によって違います)、小鉢2品が付いて、中おち丼なら700円、イクラ丼なら750円と超リーズナブル♪
私は、迷わず中おち丼♪
d0007875_1234747.jpg
『たねぶろ』さんが注文されたのはイクラ丼♪
イクラも宝石のようにキラキラ☆
d0007875_124796.jpg
そして、中おち丼だけでも満足なのに、同じくらいの大きさの器でメインの海鮮すいとんが付いています。
d0007875_1242370.jpg
ウニ、ホタテ、ムール貝と海の香りと、紫蘇の風味が満載のスープ♪
まるで「いちご煮」のようです。
その中につるりとした舌触り、程よい弾力、喉越しも文句なしの「すいとん」が!!
当然、完汁!! 至福のランチ♪

刺身定食(マグロ、ホタテ、アジ、小鉢2品で700円)はコチラ↓
d0007875_1243826.jpg
そして、取れたての生いかがてんこ盛りの生いか刺身定食(500円)はコチラ↓
d0007875_12102697.jpg
どれもこれも美味しそうでしょ!!
この日のお漬物やお味噌汁には菊の花が散らされていて、八戸って感じですよね。
d0007875_12105499.jpg
お惣菜も100g、100円から提供していて、お惣菜にご飯と味噌汁(ご飯と味噌汁のセット200円)をつけて食べてもOK!

この日、訳あって朝6:30から『たねブロ』さんにご一緒していただいておりまして(『たねブロ』さん、ホントにお世話になりました~♪)、食後は一同、満腹感と眠気に襲われながら、お店から呆然と海を眺め、しばし充電させていただきました。
by Kuu

《和こ》
八戸市新湊三丁目8-8
0178-35-0785
6:30-15:00
日祝休み
by marugoto_aomori | 2009-10-16 12:02 | 青森食べ歩き | Comments(6)

弘前で普段着の弁当を~土紋~

紅葉真っ盛りの県内、行楽にはお弁当がかかせないもの♪そんな時、
平日限定ですが弘前で、飾らない普段着のお弁当を出されているお店
があります。
d0007875_13173155.jpg

弘前市代官町、プラザホテルの向かいにある「土紋(どもん)」さん
です。
一見すると居酒屋。いや、確かに居酒屋さんなんですが、お昼の時間
11時から13時半の間は、お弁当の販売を行っていて、お店の中で
もいただくことが可能です。
d0007875_13174767.jpg

これは9月にお邪魔したときのものですが、この時のメニューは
・ふきとほたての煮物
・たらの子和え
・インゲンの味噌炒め
・イカメンチ
・卵焼き(ネギ入りで甘め♪)
・ガーリックポーク焼き
・お漬け物
でした。お米は平川産のつがるロマンと、ほぼ100%青森県産品で
しめられています。そして食べた後の満足度がかなり高いです!
子和えのような郷土料理もあれば、イカメンチのような数十年に渡っ
て地元に根付いている「ならでは」料理、そして食べ応えがあるよう
にと地元産のお肉を使ったもの・・・・普段弘前の人達が日常生活で
食べている味が満遍なく敷き詰められているんですから。
d0007875_1318720.jpg

これに手作りのお味噌汁がついて600円!ううむ弘前に住んでいた
ら通ってしまいそうです。。。。と思ったら、実際に毎日通ってる方
が数名いらっしゃるそうです。納得。
お話しを聞いたところ「自分達も含め弘前の人達が大事にしてきた味
を伝えたい」という思いで去年の秋から始められたそうで事前の予約
を除き、一日30食限定で販売しています。電話予約があれば出来た
てを用意してくれます。
d0007875_13184799.jpg

常連さんもいらっしゃることから、メニューは毎日変わります。こち
らの女将さんは毎日献立を細かく記していて、偏りがないように工夫
されているのだそうです。こういう心遣いに触れると、なんだかとて
も幸せな気分になりますね~。ごちそうさまでした!
d0007875_1319689.jpg

「土紋(どもん)」
住所:  弘前市代官町99(プラザホテル向かい)
電話:  0172-36-3059
営業時間:お弁当:11時~13時半  居酒屋:17時半~23時
定 休 日: 日曜日(お弁当は土・日・祝日がお休みです。)
※ここのイカメンチは居酒屋メニューにも入っているときがあります
ので要チェック!イカ率が高くで相当ウマイです♪

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-10-15 13:20 | 青森食べ歩き | Comments(7)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング