「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2009年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

津軽金山焼で新大窯誕生!! 12月5日からは初窯展も♪

津軽金山焼で新大窯誕生!!というニュースを聞き、昨日、出掛けてみました♪
d0007875_1632541.jpg
これまでの大登り窯は、平成3年に作られ18年間、約160回焼成し数々の作品を生み出してくれました。
その窯が10月下旬から解体され、それに替わって新築された大窯。
11月20日に完成し、21日に入魂式を行ったというこの大窯のレンガには、窯づくりの期間にいらしたお客様の記念サインも。
d0007875_16331553.jpg
22日に初窯詰め、火入れを行ったということで、まだ炎が焚かれているかなぁと期待して行ったのですが、残念ながら28日の土曜日に窯焚きは終了したそうで・・・。
一日、遅かったです・・・。

それでも、「窯場のご案内はできます!!」と明るく言ってくださったので、「大人の社会見学」気分で窯場を見学させていただきました。

まずは話題の新大窯!!
全部で6個のお部屋からなる窯は、下の部屋から順番に8昼夜かけて窯焚きし、8昼夜かけて熱を冷まし、焼締めていくということで、先ほど書きましたとおり、既にレンガと漆喰で封じられていました。
約1300度で焼くという窯。
下の方のお部屋は、まだ温かく、触るとポッカポカ♪
それでも、諦めきれないワタシは、長さ約15メートルの窯を下からズンズンと登ってみると、上の部屋の温度はまだ649度!!
もしや!!と封じられた煙突と部屋の境目の隙間から発見しました炎!!(かなり分かりにくいですが・・・)
d0007875_16333457.jpgd0007875_16334732.jpg

このお部屋の中がどうなっているかといいますと、こんな感じ。
d0007875_1634650.jpg
別な窯ですが、構造は同じだそうです。
これに棚を作り、作品を並べ、地元の赤松などの薪を焚き、最後に木炭を入れ蓋をする・・・。
それを繰り返してきたお部屋の壁は、なんだか良い具合に焼かれ、これもまた作品って感じの味を出していました。

工房も見せていただきました。
d0007875_16342222.jpgd0007875_16343120.jpg

焼きあがったものは、こうして綺麗に磨かれます♪
d0007875_16344978.jpg
釉薬などを使わず焼締めるという方法で作られるため、色んな景色の彩りが楽しめるという金山焼ですが、初窯はまた別格なんだそうで。
今回の大窯には22000丁の耐火レンガが使われているのですが、レンガは800度の温度で作られているので焼締めに必要な1300度でレンガも焼き固まっていきます。
窯は焼成を重ねることによって、少年期、青年期、壮年期と表情を変えるそうで、初窯には赤ちゃんのような初々しい景色が見られるそうです。
この窯の人生で一度だけの初窯!!
ロマンが詰まっている感じですね~~♪
まだ開けていないので、どんな作品に出来上がるか楽しみに待つしかないのですが、スタッフの方の説明では、「普段より赤っぽい、紫蘇の色のような作品になると思います」とのこと。
窯出しは12月3日。「初窯」印が入った縁起の良い作品たちは12月5日からギャラリーで開催される「初窯展」で販売するそうです。
窯元の作品だけで200、それ以外の作品もあわせれば、ギャラリーを埋め尽くすそうですよ♪
d0007875_1635698.jpg
ということで、初窯に期待して、今回は、見学のみ。
今一番売れているという活けるのが楽しそうなグルグルな花器。土色の花器は、花に合いますよね。土から咲いているみたい♪
d0007875_16352312.jpg
漆とのコラボは、新しい感覚。桜が漆なんですよ~♪
d0007875_16354184.jpg
で、ここまで来たらレストランPATATAは外せませんよね。
d0007875_16355897.jpg
せっかくなので窯で焼いたものということで「おまかせピザ」をオーダー♪
壁や床、手洗いや照明などを鑑賞しながら待つこと20分ちょい♪
d0007875_16361762.jpgd0007875_16363082.jpg
登場した焼きたての「おまかせピザ」には、エリンギとコーンが乗っていました。
d0007875_16364855.jpg
普段から窯場の見学はスタッフの方にお願いするといつでもOKということなので、ランチやお茶がてらお出かけしてみてはいかがでしょうか。
by Kuu

《津軽金山焼》
五所川原市大字金山字千代鶴5-79
0173-29-3350
年中無休
ギャラリー和土 9:00-17:00
地中海レストランPATATA 10:00-21:00(日曜日はディナーお休み)
◇初窯展 12月5日(土)-12月20日(日)
by marugoto_aomori | 2009-11-30 16:32 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(2)

やよい寿司のラーメン定食 600円!!

津軽鉄道の終着駅「津軽中里駅」から徒歩15分くらいのところにあるお店「やよい寿司」さんのランチのご紹介。
d0007875_18261733.jpg

どこにでもある「いわゆるお寿司屋さんのランチ」でしょって高を括ってもらっちゃ困ります。
なんと、お寿司屋さんなのに、「ラーメン定食」「うどん定食」というメニューが並び、お値段、各600円
店先にラーメンの旗がヒラヒラしていたのを見逃さなかった私はラーメン定食をオーダー♪
d0007875_18263989.jpg

ラーメン、うどんで600円は普通でしょって思うかもしれませんが、ここはお寿司屋。
「各々に寿司がつきます。」ってまるでオマケのようにメニューの最後に書かれているんですよ~~、驚き!!
期待に心をワクワクさせながら待っていると、登場!!
d0007875_18265759.jpg

寿司が9貫!!
「寿司がつきます」っていうよりは、「寿司&ラーメンセット」っていう方が正しいのでは・・・というボリューム!
d0007875_18271545.jpg

ホタテ、マグロ、サーモン、うに、えび、いくら・・・とお寿司といえば!!というネタばかり♪
もちろんお寿司屋さんですから、鮮度も味もバッチリ。

ラーメンは素朴な醤油味。
d0007875_18273472.jpg

ラーメンもお寿司も、まともな量!ということで、ひとつの定食で2人前食べている状態に近いので、当然のことながら私の胃袋を持ってしても満腹♪

店主さんのお話では、昭和55年創業。
定食は、地域の方たちの需要を考えて、5年くらい前から始めたとのこと。
d0007875_1827498.jpg

その甲斐あってか、ランチタイムはカウンターも小上がりも地元の方たちで賑わっていましたよ~。
6~9月は「ザルそば定食」6~7月は「中華ザル定食」と夏場限定の定食もあります。
そして更に凄いのは、このラーメン定食、ランチタイムじゃなくても700円(17:00~)でいただけちゃうってこと。
なんて太っ腹なお店なんでしょう♪
ということで、本当は、秘密にしておきたいとっておきのお店のご紹介でした。
by Kuu

《やよい寿司》
北津軽郡中泊町大字中里字亀山260
営業時間 11:00-14:30、17:00-22:00
定休日  木曜日
電話 0173-57-4655
by marugoto_aomori | 2009-11-27 12:29 | 青森食べ歩き | Comments(8)

でんきのふるさと青森下北半島げんき祭

今回の三連休あたりからの青森は青空がのぞき気持ちの良い天気♪
そんな青森の空気を東京で感じていただけるイベントが明日から開催されます。
その名も『青森下北半島げんき祭』!
d0007875_11395648.jpg

今年で3回目になるこのイベント。
でんきのふるさとである青森県下北地方(むつ市・東通村・六ヶ所村)の特産品や観光案内とともに、下北半島の元気を、電力消費地である首都圏の方々にお届けしようというもの。
抽選会やクイズ、料理教室に津軽三味線の演奏や、新鮮朝市など盛り沢山に楽しめる2日間だけの企画。

このステージショーも盛り上がる会場の一部に「青森ブロガー写真展」コーナーが設けられます♪
青森をこよなく愛するブロガー達が撮影した写真や、下北地方の観光映像を大型円形スクリーンに放映!
こちらに、私、「まるごと青森」のKuuも青森を愛するブロガーのひとりとして参加♪
150枚もの作品の中に、Kuuが切り取った下北の感動も4枚ほど放映していただけることに・・・。
ちなみに、参加されているブロガーさんは、

  JAZZの普段着写眞館   
  青森・下北お散歩ブログ
  青い森BLOG 
  青森さ来いへ
  日和写真なブログ
  進め!八戸せんべい汁推進委員会
  青い森からこんにちは
  青国流風
  真白手帖
  まるごと青森

そして、そのほかの内容は、

げんきその1 『ふるまい産品』
りんご
南部煎餅(むつ市)
ブルーベリーロール(六ヶ所村)
※12:00、13:00、14:00、16:00、17:00(各回先着50名様限定)

げんきその2 『下北半島新鮮市』
下北半島のとれたて新鮮野菜などを会場外で「朝市風」に販売
にんにく1個200円~、ラ・フランス1個200円、ながいも1本200円~

げんきその3 『お楽しみ抽選会、アンケート抽選会』
お買い上げいただいた方、または、アンケートにご協力いただいた方に抽選で青森下北半島の特産品をプレゼント!

げんきその4 『物産販売コーナー』
干しホタテ、いか寿し、いくら正油漬、干しほや、御なたね油、スタミナ源タレ などなど

げんきいろいろ
『工芸紹介コーナー』
青森の誇る自然素材「ヒバ」を使った工芸品などをご紹介

『観光紹介コーナー』
下北半島の歴史や文化、観光を「下北かるた」やパネルなどで紹介するとともに、田名部祭り(むつ市)の山車を会場内に展示

『青森下北半島げんきステージ』
地元青森で活躍中のタレント横山ひできさんと、元青森テレビアナウンサーの安藤あや菜さんをお迎えし、青森のしられざる魅力や特産品、方言などをげんきに紹介!
12:05- お料理教室
 料理研究家の福田芳子先生が、下北半島の食材をいかした料理を皆様の前で作ります。出来上がった料理は、会場の皆様に試食していただきます。(数量限定)
13:05- 津軽三味線
 第35代青森県手踊り名人位で、津軽三味線奏者でもある山田洋幹さんが青森の代表的な伝統芸能を披露
14:10- お料理教室
14:10- 挑戦!下北クイズ大会
 下北かるたや下北弁を題材として、楽しいクイズ大会を行います。正解された方には、青森下北半島のいかめしや干しほたてなどの特産品をプレゼント!
16:10- お料理教室
16:10- 挑戦!下北クイズ大会
17:05- 津軽三味線

会場は東京国際フォーラム1階Aブロック「ごはんミュージアム」。
11月27日、28日の2日間限定、入場無料です!!
by Kuu


《でんきのふるさと青森下北半島げんき祭》
日時 11月27日(金)、28日(土) 11:00-18:00
会場 東京国際フォーラム1階Aブロック(東京都千代田区丸の内3-5-1)
問合 財団法人電源地域振興センター(03-5405-8128)
by marugoto_aomori | 2009-11-25 11:36 | 東京の「あおもり」 | Comments(4)

八戸市「nagisa cafe(ナギサカフェ)」

八戸市根城にある、こちらのカフェ。お店を営む下田さんは野菜ソムリエで知ら
れる日本ベジタブル&フルーツマイスター協会のジュニアマイスターさんです。
d0007875_10205520.jpg

なので、季節に応じた野菜や近隣の農家さん達とも幅広くお付き合いがあり安心・
安全な地元を中心とした野菜をいただくことができます。
d0007875_1021931.jpg

店内は可愛らしい雑貨に囲まれています。ご近所さん・お知り合いの方が作った
手作りのもので、購入も可能です。
d0007875_10212093.jpg

ランチは5種類。今日のサラダランチ(700円)や野菜たっぷりカレーランチ
(850円)など。全てのランチに具だくさんの野菜スープとドリンクが付きま
す。
今日は奮発して「なぎさごはん(1000円)」を注文です。こちらは雑穀ご飯
と野菜スープ・ドリンクに「おかず5点盛」が特徴です。コチラ!(ちなみにお
かずは日によって異なります)
d0007875_10213782.jpg

写真では伝わりにくいかも知れませんが、これでもかと言わんばかりの野菜サラ
ダが山盛りです。ごはんよりも量が多いです。
d0007875_10215819.jpg

今日のメインおかずは「ひじきと豆腐のハンバーグ」んんん~ひじきと豆腐が
たっぷり使われているのにジューシー♪そして塩分控えめな優しい味です。
d0007875_10221811.jpg

小鉢は~手前左が「ごぼうのキムチ風和え物」、手前右が「大根・人参・こんに
ゃくの油炒め」奥が「人参・大根・かぼちゃ」のクリームシチューです。油炒め
は大根の皮が使われていて、材料を無駄にしないと同時に美味しさも追求してい
る姿勢を感じちゃいます。ウマイ!
d0007875_1022372.jpg

野菜スープも優しい味。5種類くらい入った野菜の旨味を感じられる位の優しい
味になっていて、体が浄化されていくような感じを受けてしまいます。ん~満足!

nagisa cafeのHPにはカレーの写真が・・・・今度試してみたいと思います。
ごちそうさまでした♪

【nagisa cafe】
営業時間:AM11:00~PM6:00
定休日:不定休
住所:八戸市根城4丁目20-20
TEL:0178(24)4080
※地図はnagisa cafeのHPをご覧ください。

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-11-24 10:38 | 青森食べ歩き | Comments(0)

青森はリンゴばしでねぇんだけどYo!

つい先日、「青森はリンゴばしでねぇんだYo!」とOAKが池袋東武レストラン街での催事を紹介したばかりですが、その舌の根も乾かないうちから、やっぱり青森といえばリンゴも外せないっしょ!
とご紹介するのは、今年もやってきました、エキュート大宮の「りんごの国 by AOMORI」です。
d0007875_10393571.jpg
今回が4回目となりますこのイベント、もうほかに表現のしようもない、「りんごだらけ」なのですが、そうですね、ますは毎年人気のアップルパイ・タルトからご紹介しましょう。
今年は13店から18種類が用意されています。ええと、弘前のアップルパイコンテストで入賞したものや使うリンゴにこだわったものや…ええい面倒だ(?)、文字で説明しても分かんないでしょうから、全種類の画像をお見せしましょう!
d0007875_10404789.jpg
どうです、地元青森でもこれだけの種類が集まることはない、というのがお分かりいただけますか?もうどうれでも、お好きなの買っていっちゃってください!てなもんですよ、こりゃ。
(※一部、曜日限定販売のものがあります)

それと、今回は飲みきりサイズのリンゴジュースが10種類、用意されています。こちらも画像をご紹介。
d0007875_10443835.jpg
いろんなデザインがそろってますが、違うのはデザインだけじゃありません。
ブレンドする種類や割合が違ったり、製法に工夫を凝らしたりして、味だって十種十色なんです。
「リンゴジュース」というと、なんとなくどれも同じ…なんて思っている方、いらっしゃいませんか?ハッキリと、それは間違ってます!ぜひ飲み比べて違いに驚いて、お気に入りのジュースを見つけてみてください!

それからもちろん、例年どおり生のりんごも置いてます。
中でも今回、ちょっと珍しい隠し球は「昔紅玉」ですかね。
こちらは、多くのりんごが色の良い大玉へと改良されてきた中、昔ながらの風合いと味を保ってきた紅玉。南部地方の三戸町にある”昔紅玉”の樹からとれたものです。
d0007875_10565237.jpg
言われてみると、なんだか色合いも懐かしい感じがしますね。数量限定なので、気になる方はお早めに!

そのほか、紹介しきれないほどいろんなリンゴ商品を取り揃えた「りんごの国」イベント、お近くにおいでの際にはぜひ立ち寄ってみてください。
「おお、こんなものにまでリンゴが!」なんてハッケンがあるかもしれませんよ。

by くどぱん!

○「りんごの国 by AOMORI」
 期日:2009年11月17日(火)~11月30日(月)
     (月~土 9:30~22:00、日・祝日 9:30~20:30)
 場所:ecute大宮(エキュート大宮)イベントボックス(JR大宮駅構内)
by marugoto_aomori | 2009-11-20 11:12 | 東京の「あおもり」 | Comments(3)

津軽料理遺産を愉しむ~弘前市「川崎」編~

以前紹介した「津軽料理遺産」。今回は「川崎」に行ってきた時
のお話しを・・・(9月にお邪魔した時なので、メニューに多少
違いがあるかも知れません・・ご了承願います)
d0007875_12451366.jpg

弘前の中心街である土手町のほど近く鍛冶町で40年以上前から
続くお店で、地元のお客様をメインに、津軽弁が飛び交う活気の
あるお店です。
d0007875_12453896.jpg

今日いただいたのは、「大鰐温泉もやしの油炒め」これがウマイ!
絶品。ほたてのこが入っているのはこの店オリジナルでもやしと
の相性もバッチリです。私は幼少の頃弘前に住んでいたのですが、
その頃は豆もやしと言えば油揚げと豚肉で炒めたものをよく親が
作ってくれていたのを思い出しました(懐)。
d0007875_12455660.jpg

そして「さもだしの味付」!
あー、もう味噌汁にいれても最高なさもだし。地方によっては、
ボリボリとかカックイとかアミタケとか言われているきのこの事
です。酒の肴に、ご飯のお供に合いますね~。
d0007875_12461486.jpg

更に!「イカのごろ味噌和え」や
d0007875_12463398.jpg

「赤しそのおにぎり(中にしそ巻き梅が入ってます)」などを堪
能しつつ、お店の方に人気のある商品を聞いてみました。
・・・ええと意外にも「目玉焼き丼」なのだそうです。特に女性
に人気なのだとか。。郷土料理というよりは川崎さんオリジナル
ですね・・・。ご飯に目玉焼きが乗っただけなのでは?と思いつ
つ注文。
・・・ええと・・・見た目も予想通りなんですが・・・しかし!
実はご飯と目玉焼きの間に”ある”素材が潜んでいます。それらを
醤油とともにカマカマしていただくとかなりウマいんです!!!

なるほど!納得!その秘密はお店でどうぞ♪
d0007875_12464851.jpg


「川崎」
住所  弘前市新鍛冶町22
電話 0172-32-1697
営業時間 15時~23時
定休日  日曜日


byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-11-19 13:01 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

アスパムで年始の準備 ~ダイアリーと年賀状~

街を歩いているとクリスマスソングのBGMも聞こえだし、そろそろ年末がやってきますね。
私も少しずつ年末年始モードに♪

まずは、来年のダイアリーを準備!
今年も青森県観光物産館アスパムの地場セレクトにオリジナルのダイアリーが登場しました。
d0007875_13164575.jpg
ここのダイアリーは、青森市のこぎん刺し作家・間山淑子さんの柄をプリントしたものになります。
毎年、次はどんなデザインかなぁ~って楽しみなんですが、来年の新柄はコチラ!
d0007875_1317639.jpg
09年から登場したお気に入りのB6版のサイズ。2010年は、茶色。
新鮮なカラーですね。
d0007875_13172269.jpg
定番のB5版は、色も定番で紺色。
d0007875_13173865.jpg
どちらも、ぽこぽことした表面の感触がこぎん刺しの風合いをうまく表現していますよね。

書き込み部分は、B6版が見開きのブロックタイプ、B5版が見開きの横書きタイプ。
どちらも09年版と同じなので、引き続き愛用する予定のワタシにとっては、便利です。

さて、ダイアリーの次は、年賀状の準備!
今年は、2010年12月の東北新幹線八戸-新青森間開業をPRするために、青森県観光連盟と県印刷工業組合が共同で作ったという年賀状を準備してみました。
d0007875_13175794.jpg
コチラには、新幹線新型車両E5系イメージが表面の消印と裏面の右下にカラーで印刷されています。
d0007875_13181491.jpg
私は予約しておいたので運良く240枚をゲットしたのですが、印刷した15万枚は既に完売とのこと。
しか~~し、青森県観光連盟に問い合わせてみたところ、11月19日9:00から追加で限定販売するとの朗報が!!
5000枚の限定販売ですから、買いそびれてしまった方、19日9:00にアスパム1階受付にゴー♪
by Kuu

《こぎん刺しダイアリー2010版》
B5版 210円(紺)
B6版 180円(茶)
お問合せ先 青森県地場セレクト 017-735-5311

《東北新幹線八戸-新青森間開業 年賀状》
1枚 50円
11月19日(木)9:00から5000枚限定販売
お問い合せ先 青森県観光連盟 017-735-5311
※年賀状は19日9:30時点で完売ました。
by marugoto_aomori | 2009-11-17 13:20 | あるあるこんなもの | Comments(4)

「東北B-1グランプリin八戸」12月5日・6日開催!!

今年秋に行われたご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」!!その興奮
冷めやらぬ12月5日(土)6日(日)の2日間にわたり、
d0007875_18212338.jpg

「東北B-1グランプリin八戸」が開催されます!
なんと東北のご当地グルメ10団体が集う予定なんです。
B−1グランプリと同様、来場して食べた料理のうち気に入った料理に、
割り箸による投票をして最も獲得重量の重かった料理を出した団体を表彰
するそうです。
青森県からは、青森生姜味噌おでん(青森市)、十和田バラ焼き(十和田市)
、黒石つゆやきそば(黒石市)、八戸せんべい汁(八戸市)が出店予定です。
d0007875_18214935.jpg

更に、特別企画としてB-1歴代のグランプリ&準グランプリも集い、富士
宮やきそば&厚木シロコロホルモンVS横手焼きそば&八戸せんべい汁 の
連合軍対決も催されるようです。楽しみですね!

会場は、 八食センター(青森県八戸市河原木字神才22-2)
    市場棟1F催事ホールと東側駐車場特設会場の予定です。

前売券は八食センター1F案内所と、八食オンラインショップで購入可能です
(当日券もあります)。おおっと、既に前売り売り切れもあるみたいですね!
開催まであと3週間!私も前売券を購入したいと思います!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-11-16 18:27 | おいしい食材 | Comments(2)

青森はリンゴばしでねぇんだYo!

「食宝王国」  ・・・・青森県にふさわしい称号です。
海のモノも山のモノも畑のモノも最高級の食材が「フツー」に手に入る。1000回もブログアップしても、まだまだ取り上げてない食材があります。都会から見たら、まさに宝の山に見えるでしょうね。

そんな青森のお宝たちが、東京は池袋東武のレストラン街をジャック!してるのをご存じでしょうか?
まずいきなり、こんなポスターがガツンと一発!
d0007875_1895668.jpg

10/22から11/30の期間限定で、池袋東武レストラン街「スパイス」の49店!で、青森県の食材を使用したメニューを提供しています。49店って、半端じゃない!まさにジャック!
しかも、扱われる食材は、リンゴ、ニンニク、ナガイモ、ホタテはもちろん、倉石和牛、黒毛和牛、青森短角牛、天然ヒラメ、青森シャモロック、大間マグロ、十三湖シジミ、青森健康豚などなど、勢揃いです!この食材たちを、49店のシェフたちが腕によりをかけて新作料理に仕上げてくれています。
さらにさらに、スパイスフロアの演出にもカナリ気合いが入っています!
d0007875_18314460.jpg
決めてくんも!
d0007875_18315954.jpg

味も確かめてみなくちゃ!ということで、青森食材を使ったメニューに力を入れてくれている、14FのイタリアンダイニングARCO(アルコ)さんに突入しました!
アルコさんでは、県産食材を使って4品も作ってくれていました!
 (1)青森長いものステーキ~豚肉のリエット添えくるみ風味~
 (2)青森短角牛肩バラ肉のラグーソースのパッパルデッレ ポルチーニ風味
 (3)青森ホタテのプディング 特製ワタリガニのクリームソース添え
 (4)青森リンゴのストウブ鍋焼バニラアイス添え
うーん、悩むところです。まずはプリモ(2)で。ラグーソースなのでワインは赤!トロイア2004。親切なことにグラスで出してくれています。
d0007875_18515347.jpg

ああ、青森短角って、ホントうますぎ。パッパルデッレとは平打ちパスタのことです。次は(3)いってみまshow
d0007875_1855820.jpg

ホタテとワタリガニソースが最高に合ってます。そして(4)デザートでございます!
d0007875_18593792.jpg

アツアツの鍋焼リンゴとバニラアイスのハーモニー!!主食にしたいです!
アルコさん、オススメです!

いやいや、ホント、なんて幸せなんでしょう。
・・・・このしあわせ、皆さんにも分けてあげたいです。

池袋東武スパイスでは11/30までアオモリ!ですので、みなさんもどうぞ!
49店全部の青森メニューを制覇した方には・・・くどぱん!さんから何かプレゼントがあるかもしれませんよ!



東武池袋レストラン街スパイス
東京都豊島区西池袋1-1-25
池袋東武11~15F
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/spice/




次は青森シャモロックのステーキ!ライス大盛りで!
by OAK
by marugoto_aomori | 2009-11-13 19:18 | 東京の「あおもり」 | Comments(11)

あの味噌カレー牛乳ラーメンが今度は!そして…

紅葉も終わり、雪囲いやらなんやらと、冬に向けた準備に忙しい時期になってきました。
こうして寒くなってくるとありがたいのが、温かい食べ物ですよね。
そうだなぁ、味噌カレー牛乳ラーメンなんかは温かいし、ちょっとスパイスが効いてるし、体が温まっていいかな…
d0007875_04313.jpg
とかなんとか考えながら歩いていると、どこをどう間違えたのか、到着したのがアスパム(んなわけない)。
まあ、せっかく来たんだからちょっとパトロール…と、発見した「味噌カレー牛乳煎餅」。
d0007875_054350.jpg
青森発祥のオリジナルラーメンとしてすっかり定番になった味噌カレー牛乳ラーメンですが、こんなところでお目にかかれるとは…これが買わずにいられようか、と、さっそくお買い上げ(注:お昼ご飯にしたわけではありません)。

こちらの煎餅、青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会の協力のもと、青森市のマルカワ渋川せんべいさんが開発したもの。なかなか味が決まらず、10月下旬の発売にこぎ着けるのに半年かかったというお話。
「味噌のコクとスパイシーなカレー、牛乳のまろやかさが絶妙」という売り文句やいかに?と封を切ると、おっ、カレーの香りが。
d0007875_081179.jpg
煎餅には県内で生産された小麦粉「ねばりごし」を100%使用し、隠し味的に使用されているにんにくも青森県産。そのお味は?

食べてみてのお楽しみ!(←いやいや、カレーの味が効いててさくさくの歯応え、おいしいですよ(^_^))
d0007875_013388.jpg

さて、ところでこのブログ、なんと本日1,000回目を迎えることとなりました!
平成17年春に第一歩を記しておよそ4年半、スタッフも少しずつ入れ替わりながらここまで続けてくることができました。
これもひとえに、いつもご覧いただいております皆様の励ましがあればこそ。
スタッフを代表して感謝を申し上げますとともに、今後も「まるごと青森」に変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願いいたします!

with gratitude くどぱん!
by marugoto_aomori | 2009-11-12 21:02 | あるあるこんなもの | Comments(12)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング