まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

弘前で花見といったら・・・

先日、所用で弘前に行ったときのことです。
その日、桜はまだ1~2分咲きの状態でしたが、ちょっと時間ができたので弘前公園内を散策してみました。あいにくの小雨模様でしたが、たくさんの団体客で公園内は賑わってました。
d0007875_15312281.jpg
天守閣近くのしだれ桜はいつも早めに咲いて、開花よりもちょっと早く来てしまった団体客の皆さんの目を楽しませます。

さて、「弘前で花見っていったらガニ(トゲクリガニ)でしょ!」ということで、宴会をしている皆さんのお食事を横目で覗き見しながら散策してみました。大学生や会社の花見の場所取り係とおぼしき方々が、ブルーシートの上で一生懸命?場所取りしてました。中には午前中とはいえ、既に練習?本番?開始されている皆様もいらっしゃって、小雨の中、真っ赤なお顔で花見に興じていらっしゃいました。

ところで、ガニは?・・・・いないですねぇ。時間が早いせいもあるのかもしれませんが、いません。ある団体さんがガニらしきモノを食べていたのでちょっと聞いてみたら、毛ガニでした・・・。

噂によると、公園付近のなんとかパーキングでさくら祭りの期間だけ売っているとか、昔は中央高校沿いの道路でガニ屋がたくさんいたとか・・・更に昔は園内でも売っていたんだけど、食中毒がでてしまって、園内での販売が禁止になってしまったとか・・・。

太宰治の小説「津軽」の蟹田での花見のシーンにも出てくるくらい、昔から津軽の花見はガニとガサエビとバナナが定番じゃなかったのか! ケンミンショーはガセか?とイラッとしながらうろうろしましたが、結局見つけることができませんでした。

探している内になんだか悶々としてきて、何が何でもガニを食べてやろうという気になってきました。そして、とある方の「中央市場にあるかも・・」という声を頼りにいってみました。土手町の「弘前中央食品市場」
d0007875_1665210.jpg
よくよくみると・・・
d0007875_16103492.jpg
キター!!しかも、「振る舞い」って書いてあるじゃないですか!さっそくGO!
d0007875_16133586.jpg
う~ん、振る舞いなのに、やけに閑かですねぇ。。ダイジョブ?まあ、汁、一つください。
d0007875_16173855.jpg
そう、これ、これですよ!
早速、汁をすする・・・濃い!!トゲクリガニ特有の濃厚なミソの味がガツンと出ています。
そして、おもむろに、足つき半身にむしゃぶりつく。自らの最大の吸引力で、吸う!!!
ああぁぁぁ~、ガニ・・・ああぁぁぁ~、ガニ・・・(そして、無言&堪能の無限ループへ)
全てを許せる気分になってきました・・・。

お話を伺うと、弘前のお宿の皆さんでなる「ひろやど倶楽部」が、花見でいらっしゃった方をおもてなししたい!との気持ちから、弘前市民の台所「弘前中央食品市場」で振る舞うことにしたそうです。当初、期間限定だったそうですが、5/4まで毎日振る舞うという英断を敢行しました!。 う~ん、毎日行きたい!
詳しくは、ひろやど倶楽部HPをご覧ください!

桜の季節に弘前を訪れるなら、ガニを食べないと損ですよ!!!


ひろやど倶楽部 恒例 ガニ汁 振る舞い!!!

4/23・24、5/1・2限定 → 5/4まで毎日開催!!! 正午~なくなり次第終了

 ※振る舞いは、「ひろやど倶楽部」加盟店にご宿泊のお客様限定です。



津軽衆じゃなくてもうまいもんはウマイ
by OAK
by marugoto_aomori | 2010-04-30 15:36 | あるあるこんなもの | Comments(3)

イトーヨーカドー青森店はスイーツ・お土産品が満開!

d0007875_16105126.jpg

決め手くんに誘われて、イトーヨーカドー青森店までやってきました。
何でも今日から「スイーツ満開!お土産満載!あおもり県産品フェア」
が開かれているのだそうな。
d0007875_16112238.jpg

会場では、昨年コンテストが行われた「りんごスイーツ」コンテストの
受賞商品や、県内の新たなお土産品・お弁当が販売されています。

フムフム・・・沢山ありすぎるので、要チェックなものを何品か・・・。

まず~米万商店の「炒り豆」!これはウマイ!
d0007875_16114223.jpg

全て県産の黒豆(しかも青森の在来種)・青豆(これも青森在来種)・
大豆(おおすず)を使って炒ったという非常にシンプルな逸品です。
余計な混ざり物一切なし!独自の製法で歯触りも良く、豆の味を十二分
に満喫できます。せんべいのミミで現れた「やめられないとまらない」
現象がココでも・・・・

d0007875_1612972.jpg

次は~ラフォーレ洋菓子店さん「カマンベールチーズケーキ・アップル」!
チーズケーキとりんごのプレサーブが出会い、ステキなスイーツに♪
チーズのまったり感とりんごの清涼感・酸味が相性良く仕上がっています。
ホールの状態ではりんごの形をしているのもラブリーです。ちなみに冷凍
保存した状態での販売なので、解凍には注意が必要なのだとか。

d0007875_16123420.jpg

最後に!見逃しちゃいけない!津軽シャングリラさんの「カトルカール」!
四季の恵みを使ったケーキで、春はヨモギ、夏はシソ、秋はりんご、冬は
雪人参とそれぞれの旬な素材を使っています。りんごと雪人参・・試食しま
したがメチャ旨です。普段は五所川原立佞武多の館にしか置いていないのだ
そうで・・・。個人的には甘さとケーキのしっとり感が抜群です!

うーむ、うまいもの揃いですね・・・さすが決め手くん。ちなみに会場は、
1階センターコートで5月3日まで開催されるそうです。購入したスイーツ
をその場で食べることができるコーナーもあります。
d0007875_161467.jpg

明日29日は「りんご娘。ショー&ミスりんごトーク」が、5月3日はゆる
キャラ達が大集合するそうです。ゆるキャラ12体・・これは楽しみですね♪

byノブchan
by marugoto_aomori | 2010-04-28 16:19 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(3)

ひろさきさくらスイーツ7 ~御菓子司双味庵~

弘前公園の桜も開花しました!!という嬉しいニュースも聞こえてきましたね。
今日も穏やかな天気だから、期待できるかも♪って、もう、待ちわびちゃって、待ちわびちゃって、前に撮影したアルバム見ながら、『Kuuの勝手に花見でしたいことランキング』なんて空想も♪

2位 満開の中、西堀でボート
d0007875_1038165.jpg

3位 酒の肴にトゲクリガニとガサエビ
d0007875_10382732.jpgd0007875_10384465.jpg

4位 露店で買い食い 
d0007875_1039148.jpg

(日曜日に三忠さんの本店の前を通ったら「大森食堂」って看板がついてました。お店自体も「津軽百年食堂」の映画のロケ地なのかもね。)

と花より団子的ランキングの中、やっぱり堂々1位はジャジャーン「さくらスイーツ」をい~~っぱい頬張る(笑)♪

ということで、今日、ご紹介するのは、「御菓子司双味庵」さん。
d0007875_10392557.jpg

看板からも老舗の雰囲気が漂っていますよね。

双味庵さんの桜餅は、「焼き皮さくら餅」。
d0007875_10394454.jpg

こし餡が入った長命寺です。
大きな桜の葉2枚で包んでいるのが特徴で、葉の塩分で程よい甘味で美味しい♪
こちらは3月からGWまでのスイーツ。

そして、卒業式・入学式シーズンに一番出るお菓子「さくら最中」。
d0007875_1040473.jpg

桜の葉の塩漬けをミンチにしたものが、皮にも白餡にも入っているお茶にぴったりなスイーツ。
比較的、日持ちするので、お土産にオススメです。
こちらは3月中旬から5月までのスイーツ。

通年でゲットできるスイーツもあります。
それは「桜ぼーろ」♪
d0007875_10402326.jpg

桜の花びらの形をした可愛らしいお菓子。
こちらにも桜の葉の塩漬けミンチが入っているので、香りがいいですよ。

「桜万頭」も通年でゲットOK♪
d0007875_10405337.jpg

桜の模様が施された、ミルクとバター、クルミ入りの焼き菓子♪
私はこれが一番好き♪

こちらのお店には、和菓子だけじゃなく、洋菓子もあるので、次は、洋菓子にも挑戦しなくては!!
ちなみに、さくらプリンやさくらロールなんかがあるそうです♪

ランニング1位の「さくらスイーツ」を楽しみに、連休までお仕事頑張るぞー♪
by Kuu

《御菓子司双味庵》
弘前市住吉町22-9
0172-32-8491
9:00-18:00
定休日 第2水曜
(松森町支店もあり、そちらは第3水曜が定休。
どちらかのお店は必ず営業しているので安心ですよ。)

by marugoto_aomori | 2010-04-27 10:42 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

桜流鏑馬で射抜いたモノは・・・?

春到来!
県内各地で桜祭りが開会し、最も華やかな季節が到来しました。
今回やって来たのは、十和田市中央公園緑地。
青森県復帰後、初めての太平洋側(?)です。

私の目的はもちろんコレ。
d0007875_1026060.jpg
女流騎士だけが腕を競う「桜流鏑馬(さくらやぶさめ)」です。時期があえば、桜のトンネルの中での競技となるようですが、あいにくまだ桜はつぼみの状態。しかし、馬に乗った華やかな桜のみなさんが盛り上げます。

カメラを片手に、ベストショットをとらえようとする人がコースを取り囲み、今か今かと選手を待ちます。私も負けじと、身を乗り出すようにカメラを構えて、と。
おっ、きたきた。弓を構えて的をねらい・・・、矢を放つ!!
d0007875_10585535.jpg
おおっ! 見事命中。
d0007875_1104647.jpg
で、ぶわわっ!? つ、土が・・・。コースから近いので、馬の蹴り上げた土がモロに直撃。大相撲の砂かぶりならぬ土かぶり席。目の前で見ると、もの凄い迫力。流鏑馬は鶴岡八幡宮の神事が有名ですが、ここまで近くで見ることはできないそうです。

午後になり、プロの方の模範演武も行われ、この日唯一の男性騎士も登場。
d0007875_11643100.jpgd0007875_1172074.jpg
南部流鏑馬会の副会長さんで、さすがにキマッていました。

この日は風が強く、風圧を受けて馬を走らせるという難しいコンディションでしたが、次々と矢を命中させていきます。う~ん、さすが。

そして女流プロ騎士のみなさん。十和田と青森の乗馬倶楽部のインストラクターのみなさんです。
d0007875_11574594.jpg
華やかに、力強く、矢を放っていきます。
d0007875_1110388.jpgd0007875_11105489.jpgd0007875_11111230.jpg

女流騎士のみなさんが放った矢は、的だけでなく、私のハートも打ち抜いたようです(笑)。
by ハッピーハンド

秋に行われれる「駒フェスタ十和田」でも流鏑馬が行われますので、ぜひご覧ください。

十和田市観光協会
十和田市西十二番町6-1(十和田市役所内) TEL:0176-24-3006

十和田乗馬倶楽部
十和田市大字三本木字佐井幅115-2 TEL:0176-26-2945

青森乗馬倶楽部
青森市合子沢字松森245-1 TEL:017-728-1779
 
by marugoto_aomori | 2010-04-26 12:09 | 青森の旅 | Comments(0)

トワビ グランドオープン!

いよいよ桜の季節。待ちに待った春。

青森に色彩の世界がよみがえるこのタイミングで、十和田の街を新たな色彩で彩る、例のアレがやってきます。
そう、アレ。アレです。

十和田市現代美術館のグランドオープン
です。
でもって、アノカタが来ます。こんな感じのアノカタです。
d0007875_1711287.jpg

こんなキノコが十和田に生えます。というか、しばらく前から生えてましたが、このたびめでたく完成します。
こんな存在感を出せる作品を作れるのはアノカタしかいません。
そう、草間彌生(クサマヤヨイ)さんです。
ArtsTowadaグランドオープン記念展「草間弥生 十和田でうたう」が4/24日から開催されます。
で、本人も来るのですよ。あの、草間さんが、十和田に。うたいに。
草間さんを間近で見たい欲求で胸が張り裂けそうです、わたくし。
草間さんとその作品を目の前にしたら、いったい僕はどうなってしまうのでしょう、という恍惚と不安と二つ我にありです。楽しみです。

ところで・・・
ご存じの方も多いかと思いますが、この際、改めてトワビをちょっとだけ復習いたしますか。
トワビの印象的な白い建物は、先日、建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞したばかりの西沢立衛さんが設計したものです。もうすぐ官庁街にも桜が咲き始めたら、トワビの外壁の白がよりいっそう映えるでしょうね。
d0007875_2348761.jpg
そして、トワビを代表する作品の一つと言っても過言ではない、究極の存在感とリアリティーで見るものを圧倒する、ロン・ミュエクさんの「スタンディング・ウーマン」などなど
d0007875_044244.jpg


官庁街のさくらのもと、トワビやアート広場や以前からある彫刻群などを眺めながら散歩するのも楽しそうですね。どうぞ、十和田でアートの新しい体験、第二幕!
d0007875_0102918.jpg


ArtsTowadaグランドオープン記念展
草間彌生 十和田でうたう
2010.4.24~2010.8.29 
十和田市現代美術館・中心商店街ほか
開場:10:00~17:00(4.24のみ11:00開場)
月曜日休館
観覧料:一般400円 団体300円 高校生以下無料



十和田でバラドックたべたいです。
byOAK
by marugoto_aomori | 2010-04-23 17:35 | 青森のアート | Comments(2)

桜とタイムカプセル ~旧弘前偕行社

寒かったり暖かかったり、なんだかずいぶんと不安定な天気ですが、それでもやっぱり時は巡り、前回kuuが書いたように、今年もいよいよ桜が花咲く日が近づいてきました。
弘前公園はもちろん、以前ご紹介した桜の国道もそれは見事なものですが、街なかにもちょっとした桜スポットは点在しています。

その一つが旧弘前偕行社。そう、明治弘前が誇る名棟梁、堀江佐吉建築の一つです(と言っても、佐吉本人は明治40年(1907年)11月の完成を待たずに亡くなっています)。
戦前は旧陸軍第八師団の将校の社交場や厚生施設などとして使われていましたが、戦後、弘前女子厚生学院によって校舎や保育園舎として使われるようになりました。
その保育園の名前は「みどり保育園」。実は、私が小さい頃に通った保育園です。

昨年、機会を得ておよそ30年ぶりにこのまなびや…とは言わないかもしれませんが、途方もなく久しぶりに訪れることができました。周囲は新しい道路も通ってすっかり景色が変わってしまって、少しのとまどいとともに門をくぐり、前庭にある桜の向こうに見える玄関へ。
d0007875_0192838.jpg
全体を覚えているわけではないですが、やけに細かい部分をはっきり覚えているのが不思議です。子供の頃に「なんだ、これ?」と思っていたのは車寄せだったんですね。
そして、ルネサンス様式の洋館にとても桜がよく似合っています。まだ身長が100cmほどだった当時の私は、ただ友達と遊びたい一心で、この桜の下をくぐって春の保育園に通っていたのでしょうけれど(苦笑)
d0007875_015110.jpg
そして中に入ると、左右に長い廊下を挟んで「ホントに広い!」大広間。普通、子供の頃の記憶は実際より大きいものになっていたりするのですが、今訪れても十分、広いです。
シャンデリアや暖炉は、竣工当時のまま。戦前、将校たちの社交場として使われていたこの重厚な雰囲気の場所で、紙飛行機を飛ばしたり、鬼ごっこをしていたとは。なんという贅沢か!

そして大広間を横切った反対側の廊下からは、庭に出てみることができます。奥には築山…と言うのでしょうか、小高くなった場所があるのですが、その手前で振り向くと建物の全貌が見えました。
d0007875_0152392.jpg
…まったく、なんと堂々とした姿!画像ではスケール感が分かりませんが、長く見える主体部の桁行が48.8m。全力でダッシュしても○秒ほどかかりますねぇ(年齢の制約?により秒数は自粛)。
ちなみに、先ほど通った大広間も、説明板に書かれた図面を見ると、さほど変わらぬ長さを持つようです。いや、立派!

みどり保育園の保育舎として使われていたとのは昭和55年までということですので、私がいたのはだいぶ後期だったことになります。
司馬遼太郎氏は、『街道をゆく』の中で、弘前のことを「物持ちがいい」街であると表現していますが、そのおかげで30余年の時を経て、今でも訪れることができるのですからね…なんとも、ありがたく嬉しい話です。
d0007875_016054.jpg
金属製のハンガーフックも、ねじ式のロックも、私にとっては全てが懐かしい!

残念ながら建物内の見学は平日に限られていますが、桜の時期に弘前に旅をするなら、やっぱり訪れてもらいたい建物の一つです。
私のような者にとって、その建物は記憶を閉じ込めたタイムカプセルであり、旅人にとっては、戦前の華やかな雰囲気に思いをはせる、やはり歴史をさかのぼるタイムカプセル…と言うと少しキザかな(^^ゞ
by くどぱん!
(※本文中の写真は全て昨年のものです)

○旧弘前偕行社(弘前厚生学院記念館)
 弘前市御幸町8-10
 TEL.0172-33-0588(建物内をご覧になる場合は要予約)
 見学時間:9:00~16:00(土曜・日曜・祭日休館)
d0007875_0205986.jpg

by marugoto_aomori | 2010-04-22 21:19 | 青森の旅 | Comments(8)

ひろさきさくらスイーツ6 ~開雲堂~

~大正7年の第1回観桜会からのさくらスイーツ~

まだまだ寒い日が続いていますが、ニュースでは、弘前公園の胴吹き桜が咲いたという穏やかな情報も聞こえてきていますね。

弘前市公園緑地課が昨日発表した「弘前公園サクラ開花予想」を見ますと、「今後は、引き続き平年より気温が低く経過する予想となっていることから、ソメイヨシノの開花も遅れそうです。」とのこと。
気になるのは、開花と満開の予想ですが、「園内のソメイヨシノの開花は4月26日と予想され、満開は5月1日頃になりそうです。これは前回発表の予想より2日遅くなっています。本丸のヤエベニシダレは4月30日頃の開花、満開は5月5日頃になるでしょう。」と発表されています。

ゴールデンウィークにピッタンコで、個人的にはかなり嬉しいかも♪
詳しくは、『弘前公園桜情報』で確認してみてくださいね。

さて、今日は弘前のさくらまつりと共に歴史を歩み、愛されてきたお菓子のご紹介♪
d0007875_993980.jpg

それは、創業100年余の開雲堂の「小桜団子」と「つともち」
d0007875_910737.jpg

弘前商工会が大正7年(1918)に開催した第1回観桜会の開催に合わせてつくられたお菓子です。
現在でも当時と同じ装いと国産小豆を使用するという製法で、昔のままの味を守っています。

小桜団子は、求肥のお餅で、紅白、浅香と御抹茶、胡麻の5種類♪
可愛い色ですよね~♪
d0007875_9102842.jpg

もうひとつは「つともち」。
d0007875_9105150.jpg

天然の竹の皮に包まれた蒸し羊羹のようなお菓子。
ビジュアルも風情がありますね。
手提げのような持ち手が付いていて、着物でも着て、お花見に持って出掛けたくなるデザイン♪
d0007875_9111470.jpg

お店の方のお話しだと、「つともちを食べないと観桜会じゃない」とおっしゃる方も多数いらっしゃるとか。
今も昔も「花より団子」は変わらないんですね♪
この2つのお菓子は、4月23日から5月5日のさくらまつり期間中限定の販売でーす。
by Kuu

《開雲堂》
弘前市土手町83
0172-32-2354
9:00-18:00
定休日 火曜
by marugoto_aomori | 2010-04-21 09:11 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

名古屋で青森売ってます

中部圏の方(中部圏に行かれる方)に耳寄りな情報です。
知る人ぞ知る(知らない人は知らない?)物産展が、名古屋の中日ビルで開催されています。
その名も「第44回 全国センター合同物産観光展」です。
d0007875_13232147.jpg
今回で何と44回目(!)を迎える、伝統ある物産展です。

青森県からは、じんま薬店さんとカネショウさんが出店しています。
じんま薬店さんと言えば、ひば製品。
d0007875_13361313.jpg

d0007875_13371365.jpg
青森ひば精油(写真上)やひば化粧水(同下)など、世界三大美林のひとつ、青森ひばを使った製品が数多くそろっています。

一方、カネショウさんと言えば、りんご酢。
d0007875_1345386.jpg
りんご酢は、津軽の完熟りんごを使い、木樽でじっくり熟成させたお酢です。写真は「ハチミツ入りんご酢」で、水や牛乳で割って飲むと大変美味しく飲めるそうです。

d0007875_13572313.jpg
この物産展は、年2回、春と秋(今年は11月の予定)に開催されていて、すでに常連となっているお客様も多く、商品を買い求めるのはもちろんですが、お店のスタッフに会うのが目的で会場に足を運ぶという方もいるくらいです。

物産展開催中は、約2万人もの方が買い物に訪れ、大賑わいを見せます。近くにお住まい方も、そうでない方も、今週はぜひ中日ビルに足を運んでみてはいかがですか?
by ハッピーハンド

<第44回 全国合同センター物産展>
 開催日 平成22年4月19日~23日 午前10時~午後5時30分
     (23日は午後5時まで)
 場 所 名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル4階
 連絡先 052-252-2412(北東北三県名古屋合同事務所)
by marugoto_aomori | 2010-04-20 14:23 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

お岩木山で手を振って~

「きっと帰ってくるんだと~♪」ということで、
岩木山に帰って(やって)きました。

自称「晴れ男」の私。
どうも最近、アラフォーになったせいか(?)、その力が発揮できないようです。
d0007875_9341312.jpg
岩木山スカイラインが開通したのが、つい先日の4月15日。道路の雪を心配しながら、スカイラインへ突入~!
d0007875_941724.jpg
マイカーでやってきた私ですが、その30分後、なぜかバスの中に・・・!?
悪天候でカーブに雪がたまり、シャトルバス以外の通行が禁止に( ̄ロ ̄;)!!
d0007875_95917.jpg
岩木山スカイラインは、八甲田のゴールドラインほどではありませんが、雪の壁です。道路上にも雪が・・・。

考えてみれば、マイカーは夏タイヤ。これはきっと天国のばあちゃんが「車で行ってはいけない」と導いたものに違いない。

岩木山8合目到着。
d0007875_10162132.jpg
やはり、ばあちゃんは正しかった。

ところで、バスの乗客は、私と運転手さん以外、全員スキー客。山麓でバスに乗った瞬間、カメラを首からぶら下げて入ってきた私を不思議(けげん?)そうな目で見ていたのは当然かな?

終点でバスを降りた私以外の乗客は、早速スキー。
d0007875_102935100.jpg
写真は「嶽コース」で、20分ほどで麓の嶽温泉に着くそうです。
このほかにも、「長平コース」、「百沢コース」、「弥生コース」が滑走可能のようで、バスの乗降客は、それぞれのコースめざして退散!
d0007875_10415730.jpg
・・・いつの間にか、8合目にいるのは私とスキーパトロールの方とリフトを運営しているスタッフのみ・・・。さ、寒い!。
と、そこへ(見かねた?)スタッフの方がひとこと。
「ぜひあなたも(春スキーを)やってみてください。」
対して私。
「すいません、根性ナシなので・・・。」

・・・根性を鍛えなおして出直します。
by ハッピーハンド

ちなみに、バスに乗って下山するのは私ひとりだけでした・・・。

<岩木山スカイライン>
電話 0172-83-2314
by marugoto_aomori | 2010-04-19 11:05 | 青森の旅 | Comments(4)

やさい×南部せんべい=???

先日、南部せんべいを使ったイタリアンのディナーをいただく機会が都内でありました。

せんべいのみみを使ったパスタや、せんべいのピッツァやブルスケッタ、デザートもせんべいとジェラートなど、予想を遙かに超えた南部せんべいワールドが紹介され、その多様さにショックを受けて帰ってきました。
パスタにいたっては、まさにアルデンテ!の状態で、これがせんべいだとは説明されても信じられないほどです。まったくもって、パスタ以外のナニモノでもない「ミミ」

いやはや、南部せんべい、恐るべし。

こんなイベントが都内で催されているなんて・・・・
ついに、南部せんべいの東京ジャックが始まったのかっっ!
と、思っていたら・・・・どうやら、ほんとに始まっているようです・・・着々と・・・。

しかも、こんなポップで素敵な南部せんべい。その名も、「サザン・クラッカー」
d0007875_17311893.jpg

このポップな南部せんべいを開発された「パティスリー・ポタジエ」さんは、体に優しいスイーツをつくりたいっ!との信念のもと、大切に育てられた国産のオーガニック野菜をふんだんに使用した、ベジタブルスイーツの専門店です。

八戸の「たちばな」さんが丹精込めて作った南部せんべいに、パティスリー・ポタジエが厳選した県産野菜味のチョコをトッピングしてあります。野菜の味は、人参、青菜、菜の花茶、ごぼう、にんにくの全5種類。
d0007875_17483791.jpgd0007875_174921.jpg
おみせもかわいいです。
d0007875_17525869.jpg
こんなかわいい南部せんべいは初めてカモ!パッケージのイメージも南部せんべいがモチーフだそうです!

そして、肝心のお味のほうは・・・・ いや、これが、とてもマッチ!せんべいの味と野菜チョコと味が合いますね。素材の味がちゃんと出てます。これが、ベジタブルせんべいですかっ!

こんなカワイイお土産もらったら嬉しいですね!


ほんと、南部せんべいの世界は深いなぁ・・・


世界初の野菜スイーツ専門店!
パティスリー・ポタジエ


東京都目黒区上目黒2-44-9
 電話:03-6279-7753
東急東横線中目黒駅から徒歩5分くらいかな


せんべいにケチャップぬって食べてました。
by OAK
by marugoto_aomori | 2010-04-16 16:55 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング