まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

青森の夏祭りスタートです!!

8月1日から弘前ねぷた、2日からは青森ねぶた、4日からは五所川原立佞武多、南部方面では八戸三社大祭が明日から・・・と、夏祭り一色に染まる青森!!
毎年、ねぶた祭りのスタートを切ってくれる黒石ねぷたは、今日からの予定でしたが雨のため7月31日からに順延となりました。人形ねぷたと扇ねぷたの両方が共存するお祭りです。

27日にお邪魔した五所川原の立佞武多の館でも、今年の新作『又鬼(またぎ)』が、準備万端で出陣を待っていました。
d0007875_14362161.jpg

白神山地の又鬼が熊を仕留め、その目の前をウサギが・・・。でも、お前は獲らないからお逃げなさいって言っている様子なんですって。
そんな心優しい又鬼さま、歴代の立佞武多の中で一番大きく、高さ約23m、重さ約19tとのこと!!
それを格納できる立佞武多の館も凄いですよね。

そして次に向かったのは、弘前。
弘前のねぷたは町会などの団体単位で扇ねぷたを製作し、お囃子つきで城下町を練り歩くお祭り。
いよいよ日曜が初日っていうタイミングなんで、熱い様子が見られるのではと期待して夜の弘前をプラリプラリ♪
84団体もあるので、どっかは見せてくれるでしょ!!というノリでしたが、雨の日にもかかわらずどちらの団体もオープンにしてウエルカムなムード♪

大きな扇ねぷたは、ほとんどの団体で完成しているものの、小さな人形ねぷたは、まだ紙を張っている状態だったり。
d0007875_14364571.jpgd0007875_14392465.jpg

これは、市役所さんの弘前城築城400年祭のマスコットキャラクター「たか丸くん」です。
出陣に間に合うのでしょうか(笑)。
弘前の方のお話では、弘前の人は最後の追い込みで力を発揮するんだそうです。期待してますよ!!
ちなみに「たか丸くん」はこんな感じのキャラクターです。
d0007875_14394925.jpg

そして、いろいろ回り最後にお邪魔したのが、新寺町のねぷた小屋。
鏡絵は三国志「張飛と馬超決戦の図」、
d0007875_14401588.jpg

見送絵は新寺町にある袋宮寺(たいぐうじ)の「十一面観音」。
d0007875_14403131.jpg

十一面観音については、津軽ジェンヌさんがレポートされています。
最近は、十一面観音のように地域のものを題材にすることも多くなってきているんですって。
小屋の中で撮影したので全体像が分かりにくいと思うので、津軽藩ねぷた村さんの中にある扇ねぷたはこんな感じです。
灯が入ると艶やかになりますね♪
d0007875_14404826.jpg

そして、お祭りの1、2週間前から稽古が始まるというお囃子もシビレマス!!
青森ねぶたの「動」に対して、弘前ねぷたは「静」と言われますが、耳だけではなく、身体に響く迫力です。
しかもこちらのお囃子、素敵女子多し!!
太鼓はみんな若い女子でしたよ!!

そして、なんと4歳のお坊っちゃまも手振り鉦を練習してましたよ~~♪
こうして地域に育てられて、お祭り大好き人間に成長していくんでしょうね。
こちらの町会さんは、小屋の隣に集会所があって、ねぷた囃子をBGMに杯を傾けてましたよ。風流、風流♪

ちなみに、青森市内では、こんな金魚ねぶたの帽子も発見!!
d0007875_144174.jpg

短い青森の夏だからこそ、熱いんですよね、青森の夏!!
by Kuu

《五所川原立佞武多》
8月4日-8日 19:00-21:00
【問】五所川原青年会議所 0173-35-4049

《弘前ねぷた》
8月1日-7日 19:00-(7日は10:00-)
【問】弘前市立観光館 0172-37-5501
by marugoto_aomori | 2010-07-30 14:57 | 青森の旅 | Comments(16)

いよいよはじまる夏の青森

いよいよ祭りですねっ!
県内にはいろいろなお祭りがありますが、実は地元の祭り以外はあんまり見たことない!って方も多いのでは?実は、私もその一人です・・・。弘前ねぷた、待機中のものしか見たことありません。青森ねぶたと違って「雅」だ「風流」だといいますが、実際ピンと来ていません。これはやはり行かねば!ということで色々と調べてましたら、おもしろいものを見つけちゃいました!
春の花見の時期に、ひろやど倶楽部さんがガニ汁の振る舞いをしていて、かなりの衝撃を受けたのですが、なんと今度は、弘前市内のお寿司屋さんや飲食店さんなどの106店とタッグを組んで、より強力な振る舞いをするそうです!
d0007875_17174137.jpg

8/1~3は18:00から土手町・丸幸あかいし向かいで、8/5・6は18:00から駅前・旧マルサンSCで、さらに8/22は11:00から駅前サマーフェスタで振る舞いをするそうです。

今回の振る舞いの内容は・・・・
陸奥湾ホタテの串焼き!そして貝焼き!
なんて贅沢な!
これをGETするためには、参加店で進呈している「振る舞い券」を入手する必要があります。(券に参加店のハンコが必要ですので忘れずに!) 参加店が106店と多いので、簡単に入手できるはず。しかも、83店が「夏の陣」!いつものあのお店が割引価格で利用できるそうです!
詳しくは、是非ともパンフレットを入手して確認してくださいな!

ちょっと小さくて見えないかもしれませんが、無理矢理マップ載せちゃいます!ルーペでどうぞ・・・。(クリックで拡大します)
d0007875_17455458.jpg



串焼き食べたいなぁ・・・
by OAK
by marugoto_aomori | 2010-07-29 17:17 | 青森の旅 | Comments(2)

わら人形で家内安全

最近、「人形結い」の神事に足が向いてしまう私ですが、今回もそうなってしまいました。十和田市の梅集落と板ノ沢集落に続いてお邪魔したのは、田子町の飯豊集落。
d0007875_13202467.jpg
今回はかや人形ではなく、わら人形の「虫追い」の神事を見学してきました。

午後1時半、集落の中央にある法呂神社に集まった方々は、人形作りの班と紙旗を作る班に分かれて作業を始めました。
d0007875_13561912.jpg
飯豊地区の人形づくりは、稲わらの束と束をくっつけ、折り曲げ、重ねていく、というのが基本のようです。
お見苦しい手書きの図で恐縮ですが、下の図のように作っていくようです。
d0007875_13585020.jpg
まず、2つの束の根元部分をくっつけ、束ねたところから折り返します(図の左上)。すると、図の右上のようになります。続いて、新たな稲わらを周囲に巻き付けて折り返す(図の左下)と、図の右下のような形ができあがるのです。一つ前の右側の写真がこれに当たります。

d0007875_1475796.jpg
こうして形作られた人形は、稲わらの長さにも関係するのでしょうが、かや人形よりもかなり小さく、小学生くらいの大きさでしょうか。しかし・・・
d0007875_1494435.jpg
手足の指先まで非常に丁寧に作られており、人間そのもの、という感じを受けました。

一方、紙旗を作る班は、長い半紙に文字を書いていきます。
d0007875_14121067.jpg
「奉納 悪虫退散 五穀成就 天下泰平 家内安全」と書かれ(達筆!)、最後に、集落に関係する子どもたちの名前を書き、竹に吊していきます。

d0007875_14182757.jpg
人形には、十和田の2集落と同じように、男性(写真左と中央)と女性(写真右)のモノが取り付けられ、顔が描かれた半紙をつけて完成です(一番上の写真)。

d0007875_14234867.jpg
神主さんのご祈祷の後、太鼓や笛などの演奏とともに、わら人形を担いで集落を歩き回るのが十和田の神事との大きな違いです。
d0007875_1425933.jpg
集落の端から端まで歩き、石碑の前まで来ると・・・
d0007875_14275811.jpg
人形を持って踊り、その場で解体して、人形を燃やしてしまうのです。(以前は燃やさずに残しておいたそうですが、しばらくすると朽ち果て、崩れてしまうことから、燃やすようになったそうです。)

人形作りを始める前、集落の代表の方が言っていたのは「みなさん、童心にかえって楽しくやりましょう。」という言葉。「太鼓や笛などの鳴り物がなければ、神事は廃れてしまう。」ということで、その伝承にも努めているようです。この神事のために、集落を離れた人も、子どもを連れて帰ってくるそうで、大人も子どもも一緒になって、楽しく神事を行っていたのがとても印象的でした。
by ハッピーハンド

飯豊集落の虫追いは、同じ田子町の細野地区の虫追いとともに、県の無形民俗文化財に指定されています。細野集落の虫追いは、8月4日に行われます。・・・またまた足が向きそうです。
by marugoto_aomori | 2010-07-28 14:47 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(2)

りんご農家がつくったワインです。

d0007875_957878.jpg
生産量日本一の青森りんご。生で食べるも良し、加工してジュースで飲むも良し、の世界に誇れる逸品です。
先日、黒石市にある津軽伝承工芸館で、また一つ、りんごを使った商品が発表されました。
d0007875_1025411.jpg
「春から先は ずっと幸せ りんご酒」と、少々長いネーミングのスパークリングワインです。
製造したのは、グリーンツーリズムをメインに活動しているNPO法人「くろいし・ふるさと・りんご村」で、黒石市温湯地区のエコファーマーを中心に結成されています。

d0007875_10141142.jpg
NPO理事長の千葉さんによると、昨年度までは、北海道にあるワイン会社に「春待ちりんご酒」という名前で製造を委託していたそうですが、技術指導などを受け、今年度からはNPO自らが製造するようになった、ということです。
使用しているりんごは、NPOの会員が丹精込めて育て上げたサンふじのみ。醸造からビン詰めまで、すべて手作業で行っているそうです。

d0007875_102273.jpg
発表会後には試飲会が行われ、出席者の方が次々と試飲していきます。
d0007875_10275627.jpg
甘さ控えめの味に、会場の反応も良かったようです。
当然私たち(kuuさんも来ています)も香りを楽しみ、クイッと一杯。・・・私たちがこの発表会に出席したのは、この試飲のためだけ、という誤解もあるようですが、そんなことはありません。
・・・ただ、1杯で終わらなかったのも事実です。
by ハッピーハンド

今年度製造されたりんご酒は3,000本。7月21日から発売が開始されています。2010年産のりんごを使ったりんご酒は、12,000~13,000本を製造する予定です。

<春から先はずっと幸せりんご酒>
1本:500ml入り 1,950円
アルコール度数 7%

<販売している場所>
津軽伝承工芸館 黒石市大字袋字富山65-1 TEL:0172-59-5300
青森県観光物産館アスパム 青森市安方1-1-40 TEL:017-735-5311
弘前銘醸 弘前市大字富田3-7-1 TEL:0172-32-4241
八甲田リゾートホテル 青森市大字荒川字寒水沢1-58 TEL:017-738-223

<NPO法人 くろいし・ふるさと・りんご村
黒石市大字温湯字派15-4 TEL:0172-54-8210
by marugoto_aomori | 2010-07-27 11:22 | あるあるこんなもの | Comments(0)

盛美園 ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』の参考に

7月17日に公開となったスタジオジブリの映画『借りぐらしのアリエッティ』。

青森県内のあのスポットも映画の舞台の参考にされているんです!!

地元の方なら、新聞などで話題になっているので、すぐにピーンとくると思います♪
そうです、平川市の盛美園です。
d0007875_1232712.jpg

津軽には大石武学流とよばれる独特の作庭様式が伝えられていて、平川市には、綺麗で広い武学流のお庭や立派な蔵、生け垣のあるオオヤゲ(津軽弁で「大家」、「お金持ち」の意)が多いんです。
自宅に小川が流れていたり、滝があったりって普通ありえないと思うんですが、そういうお宅が結構あるんです。
d0007875_1235337.jpg

その典型とされるのが、国指定名勝の盛美園です。その建物は、庭園を眺めるために明治41年に建てられた和洋折衷の建築。
書院造りの客間もお見事だし、そこから眺める庭園風景も幻想的でお見事!!
d0007875_1241246.jpg

そしてそして、金箔で覆われた御宝殿もこれまだお見事!!
鎌倉時代の彫刻金剛界大日如来が安置されているのですが、河面冬山による日本最大の蒔絵も見ることができるんです。
d0007875_1243598.jpg

※御宝殿は撮影禁止ですが、許可を得て撮影しています。
本当に何から何まで金ピカの豪華絢爛。

さてさて、映画の話題に戻りまして、スタジオジブリの広報部長さんの「アリエッティ日記」では、この作品は主役が床下に住む小人たちのため、外の大きな世界は関係がなく、特定の舞台となる場所はないけれど、『2008年にジブリが社員旅行で行った青森にある盛美園という立派なお庭と和洋折衷の建物がある公園を大いに参考』にしたと語っているんですよ~~♪

ワタシが盛美園にお邪魔した時には、宮崎監督が書かれた色紙が!!
ポニョが頭に盛美館のドームをのっけているじゃないですかぁ。
d0007875_1245521.jpg

これはジブリの社員旅行でいらっしゃった際に、いただいたサインなんですって。

残念ながら、まだ作品を見ていないのですが、予告編に流れている光景は、盛美園の特徴に良く似ているような・・・。

例えば、空中に浮いているような展望室と、そのドーム屋根、
d0007875_125168.jpg

木々に覆われた庭園の中の石橋、
d0007875_1253520.jpg

石の灯篭に、ピンクのツツジ♪

これは、ちゃんと劇場でチェックしなくちゃです。

そして、『借りぐらしのアリエッティ』をご覧になった方が、映画の半券を盛美園に持参すると入園料割引サービスをしてくれるそうです。

さらに半券にご連絡先を記入の上、応募箱に投入された方に抽選で50名様に盛美園の写真集をプレゼントするそうですよ!

また、こちらには休憩所があって、津軽りんごと小豆のオリジナルお菓子「清藤の庭こ」(津軽弁で「清藤の庭」の意)とお抹茶のセットをなんと400円でいただくことができるんです。
d0007875_1255492.jpg

弘前の菓子処寿々炉でつくられた無添加の板菓子で、ひんやりとした食感がこの季節たまらなく美味しい~~♪

この夏は、映画見て、平川市に遊びに行って、盛美園で映画の光景を思い浮かべる・・・そんな過ごし方をしてみたいものです。
by Kuu

《盛美園》
平川市猿賀石林1 0172-57-2020
開園期間 4月20日-11月15日
4月-8月 8時-18時 9月-11月 8時-17時
http://www.seibien.jp/
by marugoto_aomori | 2010-07-26 12:10 | 青森の旅 | Comments(10)

民宿はまゆうの生うに丼

夏になったら必ず食べたくなるワタシの定番食「生ウニ丼」
今年は階上町でいただいてきました♪

今回訪問したのは漁師のかたわら民宿を営んでいるという「民宿はまゆう」さん。
d0007875_2045935.jpg

漁師さんがやっているということで、鮮度に期待をしながらワクワクしながら待っていると、登場しました生うに丼(2100円)!!
d0007875_20453886.jpg

中央にこんもりと盛り付けられているウニちゃん♪
ぷっくらとしたオデブなウニが結構な量で乗っかってます。
d0007875_20461034.jpg

味付けはされている状態で来るので、このままワサビを加減しながらいっただっきま~~す♪
超濃厚、超激ウマです♪

そして、漬物と味噌汁が付いているのですが、味噌汁はマツモです!!
d0007875_20464221.jpg

ニュルッとしててシコシコするこの食感、これもワタシの好物です!!

そして、一緒に行った友人が食べたのは二色丼(2300円)。
d0007875_2047395.jpg

ちょっと味見させてもらったのですが、アワビも適度な歯応え、シコシコのウマウマです!!
生うにの独り芝居も最高ですが、生うにとアワビの競演もたまりません!!

満足してお店の前を見ると小舟渡漁港。
d0007875_20472423.jpg

この海で育ったウニとアワビだったのね~~♪と海の恵みに感謝しながら、数分車を走らせると小舟渡灯台のある広場があります。
d0007875_20474872.jpg

この場所はなんと青森県最南東端の地。
d0007875_2048840.jpg

県内で一番早く朝日が昇る場所なんです。
「最」とか「一番早く」という表現って、なんだかロマンを感じますよね。

ちなみにこちらで今週の土日、『いちご煮祭り』を開催するそうです。
いちご煮の販売はもちろん、海藻ラーメン早食い大会だとか船団パレードだとか、花火大会だとか、この海見ながら最高でしょうね。
by Kuu

《民宿はまゆう》
階上町道仏字廿一5-2
0178-89-2374
食堂部 4-9月の11:00-18:00
定休日 月曜日

《いちご煮祭り》
開催日 7月24日(土)、25日(日)
階上町 小舟渡海岸
問合せ先 いちご煮祭り実行委員会
(階上町商工会 0178-88-2045)
by marugoto_aomori | 2010-07-23 09:57 | おいしい食材 | Comments(2)

なんだりかんだり写真展に参加してきました

好天に恵まれ(すぎ)た三連休。
わたしたち「まるごと青森」ブログもハッピーハンドとノブchanとワタシの3名が写真展に出品させていただきました。
2日間、NHK八戸支局ハナミズキホールで開催したのですが、会場に足を運んでくださったお客様は297名。
熱い中、来てくださった方、本当にありがとうございました。
そして、準備から撤収までの作業にあたられたスタッフのみなさま、おつかれさまでした。
d0007875_8381147.jpg

さて、ワタシもハッピーハンドとふたり会場にお邪魔させていただきました。
お久しぶり~~♪というブロガーさんも数名いらっしゃいましたが、基本ははじめまして~~♪というブロガーさんたち♪

皆さん、本当に素晴らしい写真ばかりで、「まるごと青森」からは風景写真を避けて出品して正解だったねと変な反省会したり(笑)
d0007875_838353.jpg

そして、初日の夜は、八戸七夕祭りの会場に繰り出し、歩行者天国になるのを待ち、七夕飾りが設置される瞬間というものを初めて見学しちゃいました。
交通規制がされてから、速やかに毎日設置するという作業も大変だと思いますが、華やかに飾られていくのを待つのもワクワクしました♪
d0007875_8385870.jpg

なんと地元で人気のイサバのかっちゃにも会えましたし、
d0007875_8391560.jpg

こんな素敵な七夕飾りも発見♪
d0007875_8393562.jpg

そして、薄暗くなった頃から、オフ会の会場へ移動し『青森サイコー』のお時間♪
d0007875_8395389.jpg

一晩で『青森サイコー』って何回叫んだかな~(笑)

幹事のなかちっぱさん、フィールダーさんのお陰で、今年もまた、多くのブロガーさんたちにお会いでき、貴重な時間を過ごすことができました。
また来年、『青森サイコー』って参加できるように、また「まるごと青森」ブログも頑張っていきますね。
ありがとうございました。
by Kuu
by marugoto_aomori | 2010-07-21 08:41 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(20)

かや人形で子孫繁栄

前回に引き続き、かや人形です。今回は、十和田市板ノ沢集落の「人形結い」を見学させていただきました。板ノ沢集落の神事は、子どもたちが参加できるよう、海の日の祝日に行われるようになったそうです。(梅集落は、大人だけが参加した神事でした。)
同じかや人形でも、集落が異なれば作り方も違いました。ココでは、最初から人の形にかやを並べて積み、縛っていくやり方です。
d0007875_9323294.jpg
さらに、簡単な設計図面と顔の型紙、人形の体を支える骨組みのようなものも準備されます。
d0007875_935465.jpg
この骨組みのようなものは、人形の内部に埋め込まれました。

人形作りが行われている倉庫の外では、男性人形用のちょんまげと女性人形用の髪飾りが作られています。
d0007875_9414127.jpg
髪飾りには花が飾られ、実に美しく仕上がっていました。
また、子どもたちは、大人たちに手ほどきを受けながら、一緒に小さな人形を作っていきます。
d0007875_9464029.jpg

倉庫では、前掛け(?)の模様が描かれていきます。梅集落では、男女ともに梅でしたが、ココでは、男女別模様です。
d0007875_9565015.jpg
斜めに引かれた線の間隔は、はさみの柄の部分で幅が取られ、女性用は華やかに2色のペンで描かれました。

さて、人形は頭、胴、手足が縛られて形作られた後、袋状のゴザが頭にかぶせられます。女性人形の胸部分には、丸く曲げられたかやが積まれ、女性らしさが表現されます。
d0007875_105346.jpg
梅集落では手の指が形作られましたが、ココでは、足の指も形作られました。
d0007875_1075434.jpg
そして顔。慎重に型紙を人形に合わせ、顔を描いていきます。
d0007875_10142791.jpg
多くの人が型紙を押さえていましたが、女性ばかりだったのが印象的です。
小さな人形作りを終えた子どももやってきて、作業を見守っています。「お父さん人形」「お母さん人形」と呼んでいる子どもたちを見て、その純真な気持ちに心が洗われたような気がしました。

さて、これからが板ノ沢集落における神事のメインイベント。完成した一対のかや人形が神社の境内の木に結ばれると、集まっていた集落の人たちが、かや人形の足元に、きれいな花で飾られた小さな人形を置き、お祈りしていくのです。(梅集落のように、串もちが刺されることはありません。)
d0007875_10363469.jpg
この小さな人形、男女、夫婦があるそうで、安産、子孫繁栄を願ってかや人形の足元に置かれるそうです。
お年寄りから小さな子どもまで、かや人形に手を合わせているその姿は、実に感動的な光景でした。

d0007875_10414977.jpg
かや人形の作成中、お年寄りから若い方へ「ちゃんとやり方覚えて、自分たちでやっていけるようにならなければだめ」という言葉が頻繁に述べられていました。こうして集落の伝統文化が伝承されていくのですね。
by ハッピーハンド
by marugoto_aomori | 2010-07-20 11:01 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

ナツバテなう

ナツバテです。

水ものやアイスの食べ過ぎでしょうか。
それとも、暑いからっておなか出して寝てたのがいけなかったのでしょうか。
とにかくモヤモヤしてスッキリしないのです。
こんなとき、一発でスッキリする何かないでしょうか・・・・ありました!

私の主食、アイスの祭りです!ますますナツバテが昂進するという噂もありますが、いいんです!刹那に生きるのです!
このイベント、青森県内のカップアイスだけを集めたものですが、驚くべきはその規模!なんと121種類も集まるのです。
d0007875_17563971.jpg


かつて、とある31アイス屋さんのアイスを一日で制覇した記録を持つ私でも、121は無理か・・・でも、ご当地カレーコーナーも併設されているようなので、交互なら行けるかも・・・なんて思案が頭の中を駆け巡ります。
ああ、悩ましい!
d0007875_17565029.jpg

梅雨があけずにじめじめが続きますが、一日アスパムでひんやりするのはどうでしょう?


by OAK


【あおもりご当地カップアイス祭り】
7/17(土)、18(日)、19(月)
10:00~17:00
於:アスパム
by marugoto_aomori | 2010-07-16 17:43 | おいしい食材 | Comments(3)

かや人形で悪霊退散

「落人の里」とも呼ばれる十和田市深持の梅集落。ここには、昼夜を問わず、集落を守っている守護神がおります。
d0007875_8435016.jpg
かやで作った男女一対の人形です。手を広げ、「悪いモノはここから先は通さない!」と言わんばかりです。このかや人形は、悪魔の進入を防ぐために作られた、とも、天明の大飢饉の際に妖魔の進入を防ぐために作られた、とも言われているそうです。
かや人形は「人形結い」という神事で毎年作り替えられています。かつては旧暦6月24日に当たる日に行われていましたが、現在は6月15日に行われており、今年も素晴らしい青空が広がる中、神事が行われました。

朝8時、集落の人たちが集まり、集落でとれたかやを束ね、人形の胴になる部分から作り始めます。
d0007875_8504955.jpg
当日の役割は決まっているそうで、別の人は、かや人形に巻き付けるゴザに、梅集落ということで「梅」の紋様を描いていきます。ちなみに、描くのに使った道具はポリバケツのふたと茶碗とマジック・・・。何というか、その・・・。紋様を描く理由を尋ねたところ、「何もないと寂しいから」と、ちょっとお茶目な(?)返事が返ってきました。
d0007875_8541033.jpg
ところでこのゴザですが、かなり前(昭和30年代?)に亡くなった方が手動の編み機で作った大変貴重なモノで、たまたま集落内の小屋から大量に見つかったそうです。

さて、胴と二本の足が形作られると、こんな感じになります。
d0007875_8564541.jpg
これをギュッとまとめ上げる(縛り上げる)と、だいぶ人形らしくなります。そして、胴部分のかやをかき分け、腕を差し込んで取り付け、さらに、5本の指(!)まで細かく形作ります。
d0007875_85971.jpg
貴重なゴザを巻き、顔を描き上げる(下書きなしの一発勝負!)と、外観はほぼ完成です。
d0007875_901720.jpg
そして、いよいよ登場するのがコレ。
d0007875_91635.jpg
男性用の刀2本と女性用の脇差し1本、そして女性用のクシに加え、何とまぁ、大変リアルに作られた男性のシンボル・・・。髪の毛部分を整え、これらを取り付けるとかや人形の完成です。

完成したかや人形は、集落の外れにある設置場所に運ばれ、それまで1年間集落を見守ってきたかや人形と交換されます。
d0007875_934910.jpg
役目を終えた前の年のかや人形は、裏山で朽ちさせ、自然にかえすそうです。・・・1年間、お疲れさまでした、ですね。

この「人形結い」、神事ということで大変おごそかに行われるのだろうと思っていましたが、人形作成中も冗談や笑い声が飛び交うなど、実に和やかに、そして楽しく行われた、という印象です。

ところで、かや人形作りと同時並行的に行われるのが、そばもち作りです。完成したかや人形にはそばもちを刺し、1年間の無病息災を願うわけですが、振る舞い用のそばもちも準備され、早速いただいてみると・・・
d0007875_9112153.jpg
う、ウ、ウゥ、ウマ~イ! 間違いなく星3つです~!!
一緒に訪れたkuuさんも私も、あまりにおいしいので、3本ずつペロッといただいちゃいました。写真の後ろに写っているのは「落人の里の水」で、これまた美味です。さらにkuuさんにいたっては、車の運転で飲むことができない私を横目に、神事でふるまわれた御神酒まで堂々といただき、たいそうご満悦の様子・・・。

7月19日の海の日には、梅集落の近くにある板ノ沢集落で「人形結い」の神事が行われます。
d0007875_9202848.jpg
こちらのかや人形は、梅集落に比べると現代的なのかな?
by ハッピーハンド

最後におまけとして・・・。
かや人形が作られる様子を映像にまとめてみました。3分30秒過ぎには衝撃映像もあります(笑)。

by marugoto_aomori | 2010-07-15 08:37 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング