まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新橋の青森、新橋の八戸

東京、新橋。
言わずとしれた東京を代表する歓楽街。
呑み助サラリーマン達の聖地。

地元紙を繰ると、大震災で被災した八戸市内旧旅館の部材を譲り受けて店づくりを
している居酒屋が新橋駅の近くにオープンと・・・。

新橋駅烏森口を出て左手、新橋西口通り。
群雄割拠の観を呈する色とりどりのネオンに目を奪われながらも、こんなところで
寄り道してはいけませぬ。
その通りを歩くこと2~3分、左右のネオンがとぎれたと思ったその地に、このお店は
ありました。
『北の台所 「おんじき」 新ばし家』
ビル2階の硝子7枚ぶち抜きの看板。「ここは青森ですよ」と一目瞭然です。
d0007875_21121321.jpg

店主の佐々木さんは20数年前、故郷八戸市から上京。修行を経て、
「おんじき八王子店」、「おんじき立川店」を開業し、新橋店は3店舗目となります。
開店準備を進めていた折りの大震災。
店の内装には、震災の津波被害を受け解体された、旧やまつ旅館から譲り受けた
手すりや柱、欄間などが再利用されています。
d0007875_21441095.jpg
d0007875_21442689.jpg

地元八戸のせんべい汁はもとより、
(中央のせんべい汁から時計回りに)揚げ芋バター(アピオス)、お通し、烏賊のにぎり、
鰈の縁側刺しなど、青森感たっぷり。旨い!
d0007875_2220179.jpg
d0007875_2220931.jpg
お酒も陸奥八仙の限定酒をはじめ、地酒が数種取り揃えられています。
ドリンクで特筆すべきは、地サイダー「三島バナナサイダー」がラインナップされていること。

デザートメニューに目を移すと「豆しとぎモナカアイス」の文字が。
顔を上げ、遠くを見てもう一度メニューを見ても「豆しとぎモナカアイス」。
「デジマ?(まじで?)」とほくそ笑みつつ、このチャレンジングであり、意欲的・野心的な
デザートも食べてみました。
最中の皮・バニラアイス・黒豆の豆しとぎ というシンプルな構造です。
d0007875_22461163.jpg
バニラアイスの甘みが最初にきますが、後からほのかな豆の甘みが追いかけてきます。

笑顔に見送られ新橋駅への帰路。
青森を、そして八戸をとっても身近に感じた夜でした。〔右から 店主佐々木さん(八戸市出身)、はまさん(東北町出身)、たけるさん(北海道出身)〕
d0007875_23112146.jpg

by ichi
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

【北の台所 おんじき 新ばし家】
 東京都港区新橋4丁目9-1 新橋プラザビル2階(新橋駅烏森口から徒歩3分ほど)
 電話 03-6435-6601
 営業時間 16:00~23:00(食事ラストオーダー22:00) 日曜定休
  
by marugoto_aomori | 2011-09-30 10:21 | 東京の「あおもり」 | Comments(2)

三沢の夜、「人生」と「自分の場所」。

東北・北海道で唯一、米軍基地のあるまち三沢。
そのアメリカンな表情がくっきりと現れるのが夜です。
十数年ぶりに三沢の夜の街歩きに出かけました。

午後7時、「久しぶりにナイトクラビングだ(古い?)」という
気持ちの高まりを押さえながら、ゲート前を通り過ぎて向かったのが
から揚げ「人生」。アメリカンな「クラブ」や「倶楽部」ではありません。
「から揚げ」一本勝負の名店です。
d0007875_9295256.jpg

650円でボリューム十分の骨付き肉が2本。
d0007875_931471.jpg

鶏もも肉と胸肉の半身を秘伝のタレに一晩以上漬け込んで
こんがり、きつね色に揚げています。
「ローストチキン」でも、いわゆる「唐揚げ」でもありません。
英語で言うと「フライドチキン」でしょうが、ケンタッキー系とは違います。
「表面カリッ」、「中は肉汁ジワー」。言葉ではそうなるのですが、
ちょっとない旨さです。満席の店内、持ち帰りを待つ人も絶えません。
d0007875_947484.jpg

夜の街に浮かぶ「人生」の看板は、どこか哀愁を漂わせていますが、
人前にだすから揚げは、カラッと元気なきつね色。
そんな人生いいですね。

「人生」の経験を一つ重ねて、いよいよアメリカン・バーへ。
ゲート前から歩いて数分の老舗・My Place(マイ・プレイス)。
広い店内は、カウンターとボックス席にカラオケとダーツ。
客は私たち以外、全員外国人ですが、雰囲気はフレンドリー。
英語・日本語併記のメニューを見ると、
アメリカン・ディッシュの中に三沢発祥の「チーズロール」、
そして洒落の効いたネーミングのカクテルも。
d0007875_9344029.jpg

d0007875_9344876.jpg

いい意味で期待を裏切ったのが外国人のカラオケ。
英語の曲を歌っているのに、なんと下手なことか。
日本人のオジサンが歌う「マイ・ウエイ」の方がマシに思えるほど。
d0007875_9355435.jpg

でも、気分よく何曲も歌っています。相変わらず下手なのに。
ここは、人生の旅先・三沢で見つけた居心地のいい
「自分の場所」なのでしょう。

そんな空間では“異邦人”の私たちも、ちょっとハイな、いい気分です。
海外旅行で体験する転地効果のような感覚なのかもしれません。
いや、非日常を体験する海外旅行よりも、
外国人の日常の中に入り込むことができる夜の三沢の街歩きの方が、
さらに刺激的なはずです。
まだまだ取り上げたい店はありますが、またの機会に。
もちろん、夜の外出の際には、それなりの注意を忘れずに!

◇から揚げ「人生」
 三沢市平畑1-2-60 電話0176-53-5412
 営業時間:15:00~21:30、月曜定休
◇My Place(マイ・プレイス)
 三沢市幸町1-6-35 電話0176-53-7180
 営業時間:平日19:00~2:00、金土19:00~4:00、月曜定休

by 頭脳パン
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2011-09-28 09:49 | 青森の旅 | Comments(4)

イカの哲学

私が愛してやまない食材の一つに、イカがあります。

あの透明な、向こうが透けて見えるような身に、
刺身包丁を入れて、こう、スーッとひくと、
なんとも清らかな、透明な、存在に変わります。

ああ、美しい。

見ているだけでもいいくらい、青森のイカは美しい。
こんなのは、東京じゃあ無理だ。青森じゃなきゃ。

刺身がベストなのは青森の人なら誰しも知っていますが、
お料理もオリジナリティ溢れる青森ならではのものが多いですよね。
d0007875_0565056.jpg
これは、下風呂の旅館でいただいたお味噌汁。初夏だったのでテクビイカでしょうかね。絶品でした。
d0007875_013888.jpg
イカ寿司。中身は野菜のつけもの。県外の人は結構びっくりします。お酒にとてもよく合いますね。
d0007875_0162276.jpg
イカハンバーグ!進学のため上京した青森県出身の若者が、都内のお店でハンバーグを食べて、「ハンバーグなのにイカが入っていない!」とクレームを付けた人がいたとか、いないとか・・・。
d0007875_16222.jpg
そして、なんといってもこれ!イガメンチ!(写真は弘前の「土紋」さんのイガメンチです)


そういえば、イカで哲学してしまった波多野一郎さんの本は、おもしろかったなぁ・・。
イカとの会話で世界平和を考える・・・どうやらイカにはそんな力があるらしいです。

でも、私に最高の幸せを与えてくれるのは、
三浦哲郎さんが随筆で紹介していた、八戸の漁師町での、あの食べ方。

「この浜のひとたちが、イカサシを食べているところを初めてみたとき、私は、ひやしウドンを食べているのだと思った。ここでは、イカがウドンにみえるほど細く切るのである。それを丼にどっさり入れ、上にワサビをひとつまみのせて、醤油をたっぷり注ぎかける。十分かきまぜてから、ウドンを食うようにして、スルスルとすすりこむ。」

「このイカサシには、茶碗酒が実によく合う。それもヒヤで、茶碗になみなみと注ぐのがいい。それで、茶碗のふちにかけた親指の先を、なかの酒にひたしながらのむのがいい。」

(高田宏編「あまカラ抄」 三浦哲郎『いかさし丼』より抜粋)

生醤油をたっぷりかけて、イカの粘りが出るくらいまで丹念に混ぜてから、豪快にいただく。
三浦氏によると、丼には秋イカの胴体部分だけ三杯分のイカサシが入るそうです。


いやはや、
先人のイカ道は実に奥が深い。

by OAK
by marugoto_aomori | 2011-09-27 01:11 | おいしい食材 | Comments(6)

日本の祭りが大集合! 日本の祭りinあおもり2011

今日から2日間、青森に日本のお祭りが大集合します。
d0007875_14394175.jpg
「日本の祭りinあおもり2011」が堂々開催です!

青森のねぶたまつり、五所川原の立佞武多など、青森県を代表するお祭りはもちろん、
南は九州から、何と海外(中国、台湾、韓国)の伝統芸能まで登場です。
d0007875_1442766.jpg
青森の2日間は、祭り、祭り、祭りの連続!
秋なのに、暑い夏がやってきた~! という感じです。

会場は、メイン会場が青森文化会館で、
サブ会場が、アスパムや青い海公園を中心とした青森ベイエリア。
残念ながら、メイン会場は観覧券が必要で、すでに満杯状態です。
しかし、サブ会場は、どなたでも観覧できますので、
ぜひ、日本の祭り、世界の伝統芸能をお楽しみください。

詳しくは、「日本の祭りinあおもり2011」のHPからどうぞ!

by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
<日本の祭りinあおもり2011>
9月24日(土)
・メイン会場 青森文化会館(観覧券が必要ですが、すでに満杯です。)
 12:55~18:00
・サブ会場 青森ベイエリア
 11:00~18:00
 ※18:00から「夜のスペシャル競演」で
  青森ねぶたと五所川原立佞武多の競演があります。

9月25日(日)
・メイン会場 青森文化会館(観覧券が必要ですが、すでに満杯です。)
 11:00~16:15
・サブ会場 青森ベイエリア
 11:00~16:00
by marugoto_aomori | 2011-09-24 14:57 | 青森の旅 | Comments(2)

結集!全国やきそば力!!『全国やきそばサミットin黒石』

今や押しも押されぬ「やきそばの街」として知られる黒石市。
その黒石市で、ついに、全国の精鋭やきそばたちが集結する
大イベントが開催されます!
その名もずばり『全国やきそばサミットin黒石
日本初のやきそばだけのサミットです。
国祭麺合メンバー11団体が、被災地復興支援のために
全国のやきそば力を結集し、売り上げの一部を義援金として
復興支援団体に寄付します。
d0007875_1772685.jpg

強豪・富士宮やきそば、横手やきそばはじめ、
秋田名物しょっつるの焼きそば、
たんたん狸の坦々やきそばなんて変わり種も出店します。
そういえば先日、北海道・東北B-1グランプリin青森に出店していた
「オホーツク北見塩やきそば」食べたのですが、
あっさりとした塩味とホタテもなかなかいける味・・・。
いやいや、もちろん我が「黒石つゆやきそば」も負けてませんヨ!
ソース焼きそばにつゆだく和風出汁は、クセになっちゃうお味です。
(写真は北海道・東北B-1グランプリin青森での写真です。)
d0007875_1774266.jpg
d0007875_1775264.jpg

この機会にぜひ、食べ比べしてみてくださいね。

<全国やきそばサミットin黒石>
日時:平成23年10月8日(土)、9日(日)10:00~16:00
場所:黒石市中心市街
出展者:黒石つゆやきそば、男鹿しょっつる焼きそば、上州太田焼きそば、
伊那ローメン、ひるぜん焼きそば、富士宮やきそば、オホーツク北見塩焼きそば、
横手やきそば、石巻焼きそば、なみえ焼きそば、
湯河原名物たんたんたぬきの坦々やきそば

※当日は混雑が予想されますので、会場近辺と指定バス乗り場を
結ぶ無料シャトルバス等の公共交通機関をご利用ください。

by o-rin
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2011-09-20 17:09 | 青森食べ歩き | Comments(4)

”北の家族”であの青森の味が!

全国に支店を構える有名居酒屋“北の家族”。
この“北の家族”で“青森旨いもの祭”なるイベントを開催中とのことで、
さっそく都内在住の青森県人、数名で行ってきました。

じつは都内には青森県の郷土料理が食べられる店がけっこうあります。
しかし、中には、我々が慣れ親しんだ味とはかけ離れたメニューなんてものもあり、
「これホントにバラ焼き??」なんていうお店も少なくありません。

そんな疑心暗鬼な我々が向かったのは、
仕事帰りのサラリーマンで賑わう”北の家族新橋日比谷口店”
d0007875_14404577.jpg
まずはビールを頼んで、お刺身盛り合わせ。
青森産とあるイカの刺身から。
d0007875_14481333.jpg
・・・ん?美味しい!
この新鮮なイカの食感は青森で食べるイカ刺!いや!イガ刺!

続いて、おなじみ“十和田バラ焼き”。
d0007875_14483783.jpg
こ、これも確かにバラ焼きです!
若干、お肉が良質過ぎるような気がしますが(笑)
まぎれもなく、十和田市が世界に誇るB級グルメ“十和田バラ焼き”
おもわずご飯を注文したくなる味です。
聞くと、このバラ焼き、十和田市商工会議所の指導を受け、
十和田市に代々伝わる秘伝のレシピを継承しているのだとか。

次は、最近人気急上昇の“イカメンチ”。
ミンチしたイカゲソと野菜を片栗粉でつなぎ
鉄板で焼き上げる弘前ナンバー1のソウルフードお総菜。
シンプルであるが故、
この味、この食感を再現するのは難しかろうと不安になる我々でしたが・・・
d0007875_14522223.jpg
これも確かにイカメンチ!いや!イガメンチ!!
イカと野菜の旨みを包み込むふわっとした食感がイガメンチ!
いやはや驚きました。

d0007875_1514013.jpg
この他にも、せんべい汁、しょうが味噌おでん、イカ一夜干し、りんごシャーベットなどなど。
青森の食材と郷土料理がたーくさん用意されています。



驚くことに、この“青森旨いもの祭”は
全国30店の“北の家族”で10月31日まで実施中なのです。
青森県人が慣れ親しんだ味をぜひともお近くの“北の家族”でご賞味ください!

やっ(・ω・)ノ

そう言えば、明日から”北海道・東北B1グランプリin青森”が開催されます。
会場は青森市の“青い海公園”
11月の本大会(姫路市)に向けた北海道・東北大会です。
こちらもどうぞ応援よろしくお願いします!
by niok
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

by marugoto_aomori | 2011-09-16 15:05 | 東京の「あおもり」 | Comments(2)

お餅と黒石やきそばのコラボ商品「やきそば大福」登場!

前の週末、黒石の「こみせまつり」会場に足を運びました。
到着したのは午後4時近くで、祭りも撤収作業まっただ中、という感じ。
あぁ、ちょっと遅かったかぁ・・・と残念がることもなく、
一目散に向かった先は、寺山餅店さん。
d0007875_16474996.jpg
創業が江戸時代(文政7年)という老舗のお店で、
「くりいむ大福」は、一度食べたらやみつきなる絶品の一品!
で、今回もまとめ買いを・・・ではなく、今回ここに来た理由はほかにあります。
それは、地元の名物「黒石やきそば」を使って生み出した新商品を買うため。
こみせまつりに合わせて登場した、その名もズバリ「やきそば大福」です。
d0007875_16492858.jpg
単純明快。黒石焼きそばをお餅でくるんだものです。
お店に着いたときには、すでに残りが1個。大人気商品だったのです。
おまけに、私の前の人がこの1個を購入・・・ここまできて・・・無念か!
で、お店の人にお願いして包装していないものをいただいたわけです。
(ありがとうございます。・・・良かったぁ。)

大福の種類は二つ。
d0007875_17124843.jpg
まずは、緑の大福。これは、ヨモギ入りの緑の餅でやきそばをくるんだものです。
やきそばは麺だけで、具はありません。
d0007875_17143357.jpg
もう一種類は、普通の白い餅で紅ショウガ入りのやきそばをくるんだもの。
いずれの種類も餅は本当に柔らかく、びよーんと伸びまくり。
味ですが、餅のソフトな味、やきそばのハードな味(←我ながら下手な表現ですね・・・)、
ということで、一緒に食べると、やっぱりやきそばが勝っているかな? という感じです。
個人的には、紅ショウガの味がピリリときいた白い方が好みです。
(わかりやすく、紅ショウガを飛び出させました。)

大きさがふたくちサイズほどなので、ちょっと小腹が空いたときにピッタリ。
食べてる途中でやきそばが飛びることもないので、歩きながら・・・というのもOKでした。
お餅とやきそばですから、腹持ちもバッチリです。
(一気に5個も食べればお腹も膨れますよね)。

新発売の「やきそば大福」。大人気商品で、今は予約でいっぱいなのだそうです。
店頭にない場合もあるので、事前に電話などで予約してからお買い求めください。

伝統のお餅と黒石やきそばとのコラボ商品、何ともおもしろい一品です。
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

寺山餅店
黒石市中町36-1 0172-52-2826
「やきそば大福」 2種類とも1個84円です。
by marugoto_aomori | 2011-09-15 17:23 | 青森食べ歩き | Comments(2)

リンゴ6個分をぎゅっと凝縮!純粋シロップ「りんごの秘蜜」

今年もリンゴの収穫時期がやってきました。
d0007875_20275181.jpg

農家の方は「つがる」の収穫まっさかり。
採れたてのシャキッとした食感、たまりません!
そんなリンゴの大産地・弘前市には、リンゴ100%の
純粋シロップ「りんごの秘蜜」があります。
d0007875_202887.jpg

開発した「ゆめりんご」の担当者の方いわく、
「ホットケーキにはメープルシロップよりも、
子供の健康も気づかって青森ならではのリンゴを使ったシロップを」
との思いから誕生したそう。
確かに(子供ではありませんが)私もホットケーキにメープルシロップ大好き人間(笑)。
なのでリンゴシロップはかなり待望の商品です♪
ということで、さっそく試食。
d0007875_20281997.jpg

チーズにも合うとのことで、クラッカーにチーズをのせていただくことに。
リンゴジュースに近いフレッシュな香りと爽やかな甘さで、
意外とさっぱりいただけます。
品種は甘味の強い完熟「金星」で、真空減圧釜で比較的低温・短時間で仕上げるので、
フレッシュな風味が残るそう。
しかも、1本(100g)にリンゴ6個分の果汁が凝縮されてるんです!
朝食には必ずリンゴをいただくo-rinですが、
休日のおやつにもぜひリンゴシロップ、活用させていただきまーす♪
by o-rin
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2011-09-12 20:35 | あるあるこんなもの | Comments(6)

弘前の巨大観音!

弘前にもあったんです。
巨大スポットが・・・


弘前の新寺町の一角にある、袋宮寺。
最勝院五重塔を弘前高校側に向かって歩くと、高校を過ぎたあたりにすぐ、そのお寺はあります。
外観はこじんまりとしてますが、落ち着いた雰囲気を漂わせています。
d0007875_221563.jpg
d0007875_2224757.jpg
(写真は春先に訪れた時のものです)

この素朴なお寺の中には、外観から想像もできないほどの大きな観音様があります。
それが、こちら十一面観世音立像。
d0007875_22153162.jpg
とても優しい表情でお客を迎え入れてくれます。

この十一面観世音立像は、1677年、四代藩主信政が父信義の菩提を弔うために造らせた観音様で、弘前城内の老木を使用し造らせたといわれています。
高さは6メートルを超え、江戸時代に作られた地方にある観音様としてはかなり大型で県下最大の木造仏です。
この観音様に触れるとご利益があるので触って病気などの回復をお願いすると良いとの教えがあり、わざわざ遠方から触れてお願いするためにいらっしゃる方もいるそうです。
ちなみに観音様が差し出している手は、皆が触ってるため、金箔が剥げて黒くなっています。
d0007875_2216188.jpg


地元の人からは『背高観音』といって親しまれているんですが、私がお寺に入ろうとしたとき、ちょうど入れ違いに、出て行くおばあちゃんちゃんから、
「いい観音様だはんで、拝んで行ってけへ~」と温かいお声掛けもいただきました。
いいですよねー、ほんわかした気持ちになります。

すると、私がお寺を出ようとした時に、ちょうど女子二人組みが・・・
私も、おばあちゃんに習って「いい観音様だはんで、拝んで行ってけへ~」
d0007875_2225392.jpg
とは言えませんでした(ToT)(←もう!こんな時に恥ずかしがり屋さんなんだから)


こちらのお寺と観音様はどちらも、県の重要文化財に指定されてますので
近くに来た際には、ぜひ立ち寄って「いい観音様だはんで、拝んで行ってけへ~」

by ハンコック
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

<袋宮寺>
弘前市新寺町26
連絡先:0172-33-1382 (報恩寺方)

日中は、いつでも見学可能です。
大抵お寺の扉は閉まっていますのが、開けて観覧することができます。
室内は薄暗いですが、室内灯がありますので点灯して観覧できます。
お帰りの際は、室内灯の消灯と、戸締りを忘れずに。
by marugoto_aomori | 2011-09-09 23:03 | あるあるこんなもの | Comments(0)

下北の海の守り神! 立石大明神

先日は、パワースポットか!? と思われる岩谷観世音を紹介しましたが、
本日紹介するのは、紛れもなく本物のパワースポット。

活あんこうや烏賊様レースなどでも有名な風間浦村。
ここに、海の男を救った神様として崇められているモノがあるのをご存じですか?
それは、幅8m、奥行き10m、高さは何と22mもある巨大な石。
その名も、立石大明神です。
d0007875_18301893.jpg
大明神があるのは、桑畑地区の山の中です。
海沿いの国道からは見えず、
桑畑漁港の防波堤の先端に立ってようやく拝める場所にあります。
d0007875_18313278.jpg
桑畑地区の前に広がる海は昔から良い漁場として知られ、
多くの漁師がここに集まっていたそうです。

地元集落に伝わる言い伝えによると・・・
昔、一人の漁師が時化に見舞われ、発生した霧により視界も失ってしまいました。
神頼みしかなくなった漁師は、立石大明神に祈ったところ、霧の中に灯りがともり、
それを頼りに船を進めたら、桑畑の海岸にたどり着いたのです。
灯りがともった場所こそ、立石大明神の上だったのです。

さて、大明神へ向かうのは、ちょっと軽めの山登りをしなければなりません。
桑畑漁港に注ぐ沢に沿うように、片道40分ほど山道を進みます。
一本道なので迷うことはありませんが、ガケからの転落、そして、熊! に要注意です。
d0007875_1835535.jpg
しばらくすると、鳥居が見えてきます。
・・・大明神のことを知らなければ、山中の鳥居って結構不気味ですよね。
この鳥居をくぐり、坂を下って沢を渡ると大明神はもうすぐです。
d0007875_18384414.jpg
おおっ! で、でかい。話には聞いていましたが、想像以上の大きさです。
横から見ると(一番最初の写真です。)、
上には不安定な状態で石が積み重なっているように見えましたが、
よくもまぁ、崩れずに残っているものだなぁ。
やはりタダモノではなく、何か不思議な力が宿っているに違いない、
そう感じさせる雰囲気です。

大明神にある祠にお祈りし、そして・・・
d0007875_18394991.jpg
大明神についているコケを食べると、無病息災!
集落の人は、そのまま食べたり、持ち帰ってお茶ですすったりしているそうです。
私もちょっとひとつまみ・・・。味は・・・いえいえ、味は問題ではありません。
そのご利益が大切なのです。これで私も無病息災・・・のはず。

集落には、大明神の力を伝える話がまだまだ伝わっています。
d0007875_18421749.jpg
大明神の上部、わずかなスペースに生えた二本のゴヨウマツ、
これも大明神が示した力の一つかも知れませんね。

昔から地元の方々を守り続けてきたその力、まずは実際に見て感じてみませんか?
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2011-09-07 19:02 | 青森の旅 | Comments(2)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング