まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

青森県が全国に誇る稀代の黒毛和牛「あおもり倉石牛」

先日、五戸町倉石方面に行く機会があったので昨年12月28日の
まるごと青森ブログ「あおもり倉石牛(くらいしぎゅう)めし(by頭脳パン)」を思い出し…
d0007875_1649016.jpg

折角なので、あおもり倉石牛を一目見ようと倉石牛生産者の沼沢邦夫さんに
連絡したところ、ご在宅とのことだったので、さっそく牛舎を訪ねました。

過去、牛肉品質審査会の全国大会で2度日本一となっている沼沢さん。
1度目は2004年第5回全農枝肉共励会、2度目は2008年全国肉用牛枝肉共励会で
松坂牛や前沢牛などの並みいる強豪を前に最高位の「名誉賞」を見事受賞。

その後の各種審査会でも上位入賞の常連となり知る人ぞ知る
「あおもり倉石牛」づくりの名人なのです。
d0007875_1648893.jpg

あおもり倉石牛を生み出す秘訣を聞いてみたところ「徹底した個体管理と清潔な牛舎」
とのこと。
たしかに牛は、全て丸々としており、とても鷹揚に見えました。
また、牛舎は非常に清潔で、驚いた事にほとんど臭い匂いはありません。
d0007875_16504490.jpg

沼沢さん曰く
「まだまだ全国的には、知名度が低い。牛肉と言えば“あおもり倉石牛”
と呼ばれるよう今後ともコツコツと肥育して行きたい!」とのことでした。

最後に牛たちの写真を撮影しようと牛舎中央部まで行った時、今まで
横たわっていた牛たちが一斉に立ち上がり、私を見つめはじめました。
その時、自分のジャンバーが赤だったことに気づき、ゆっくりと
後ずさりするtaboでした…。(笑)
d0007875_16493583.jpg

<参考>次の基準を満たした黒毛和牛だけが「あおもり倉石牛」と呼ばれます。
1.品種は黒毛和牛であること。
2.肥育期間は概ね20か月以上であること。
3.枝肉重量は概ね350kg以上であること。
4.規格・格付けは日本食肉格付協会の歩留等級「A、B」、
  肉質等級「4、5」であること。
  ※あおもり倉石牛の詳細については、バックナンバー2005年12月27日
   『最高級の銘柄牛「あおもり倉石牛」』をご参照ください。

by tabo
がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

「あおもり倉石牛めし弁当(1,000円/税込)」は、新青森駅と
青森駅にて好評発売中です。

【問合せ先】㈱ウェルネス伯養軒青森支店
【電話番号】017-723-1894
by marugoto_aomori | 2012-02-27 18:25 | おいしい食材 | Comments(2)

4年に一度のクサい?イベントあれこれ

今年は、いつもより1日長い年、閏年ですね♪
閏年には、4年に一度の特別な日が2月末にやってきます。
2月29日、そう、もうおわかりですね。にんにくの日です!
ネギ&にんにく中毒の私にとっては、なんともうれしい日。
この日だけは、翌日のことを考えないで思う存分にんにくを堪能したいものです。

ところで、県内のいくつかの場所でも、この特別な日ににんにくイベントが予定されてるようです。まずは県内でも最大級のにんにく産地である十和田市のイベントからご紹介します。
d0007875_22375279.jpg
残念ながら、先着229名のチケットは完売済みだそうですorz。。。一足遅かった。。。
22.9mの「にんにく味噌のり巻き」に挑戦したり、全国の知人・友人に十和田産のニンニクを贈ってPRする取り組みなど、おもしろい仕掛けが盛りだくさんです。もちろん、ニンニク料理もたくさん準備されるようですyo。あぁ、行きたかった。。。
会場には入れなくても、ニンニクをガッツリきかせた十和田バラ焼きでリベンジしてきます。

お次は、七戸町(天間林)。こちらもにんにくの大産地ですね。
d0007875_22474069.jpg
餃子大食い大会やG-1グランプリ?などが開催される予定だそうで。。。G-1って何のことでしょ?GYOUZAのG?興味が湧いてきますね。大食い大会は、なかなか過酷な戦いになりそうですが、自信のある方はぜひ。

そして、青森にんにく産地の代名詞といっても過言ではない田子町はどうかというと、微妙に229じゃなく、2月26日(日)にイベントが開催されるようです。詳しくはこちら

今年の大雪のかたづけやインフルエンザなどで体力消耗している方が多いと思いますが、2月29日はニンニクをガツンととって、残りの冬を元気に乗り切りましょう!



229はyouも王味、来ちゃいなyo!
by OAK
by marugoto_aomori | 2012-02-25 22:21 | おいしい食材 | Comments(0)

シャコちゃんがお弁当に!?

怪しく光る大きな目・・・う、宇宙人に遭遇!?
d0007875_951664.jpg
先日、五能線沿線の観光スポットをめぐるモニターツアーで出会ってしまいました。

パクパク、もぐもぐと、あぁ、おいしい・・・ゆでタマゴ。
d0007875_9465455.jpg
ご覧のとおり、目玉はタマゴ、体はごはん、ということで、
木造駅の巨大なオブジェでも有名な遮光器土偶の「シャコちゃん」を
かたどったお弁当なんです。

この、非常にインパクトのあるお弁当を食べた場所は「華かるこ」さんです。
つがる市役所の隣、縄文住居展示資料館「カルコ」の建物内にあります。
カルコには、遮光器土偶のレプリカが展示されてます(※)ので、
シャコちゃんを見て、食べるという何とも不可思議な体験ができるというわけです。
(※この日は、他の展示会へ出張中でした。)

このお弁当、正式には「シャコちゃん縄文弁当」といって、
すごいのは、シャコちゃんの形をしたごはんだけではありません。
d0007875_947846.jpg
横からみたお弁当の形・・・何に見えますか?

そう! 縄文式の土器をイメージした器になっているんですね~。
「縄文」の名を冠した弁当だけに、形にもこだわってます。

そして、これが何と三段重ねの重箱になっていて、
d0007875_9472737.jpg
最上段には、うどんと天ぷらがドンとにらみを効かし、

d0007875_947398.jpg
二段目には、地場産品をつかった料理の小鉢類が控え、
最下段に、これでもか! と、とどめのシャコちゃんごはんがあるんです。

d0007875_9475229.jpg
この豪華絢爛なお弁当にけの汁がつき、何とそのお値段が980円!
ツアーに参加したみなさん、この値段を聞いて「ええっ!?」と箸を持つ手が止まりました。

料理内容も、縄文をイメージして決めているというこだわりのお弁当は、
見て楽しく、食べておいしく、懐にもやさしいという、大変ありがたいものです。
つがる市方面へお出かけの際は、ぜひ見て、食べて、縄文を楽しんでみてください。

「これで元が取れるのですか?」
「うふふふっ、取れませんよ・・・。」と笑顔で答えてくれたスタッフの方、とても素敵です!
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

シャコちゃん縄文弁当をいただくには、2日前までの予約が必要なのでご注意ください。


<華かるこ>
つがる市木造若緑59-1 (つがる市役所の隣)
0173-42-5565
営業時間
 11:00~14:00(LO 13:30)
 17:00~23:00(LO 10:30)
定休日
 日曜日・祭日の午前
by marugoto_aomori | 2012-02-22 09:55 | 青森食べ歩き | Comments(2)

「倉石パウチパックトリオ」好評発売中です!

先日所用で五戸町倉石に行ったとき、酸っぱいもの好きの私にとって気になる商品が
あったので、本日は、その商品をご紹介いたします。

その商品とは、五戸町の㈱倉石地域振興公社が町の特産品の紅玉リンゴと豊後梅
(ぶんごうめ)を使い製造販売しているパウチパックトリオです。
d0007875_1604591.jpg

まず、はじめにご紹介するのは、
「倉石100%リンゴストレート果汁ジュース」です。
d0007875_161236.jpg

りんごストレート果汁100パーセントのジュースでストレート果汁ならではのフレッシュな
味わいが特徴。

町特産の「紅玉」がブレンドされ、すっきりとした甘さと適度な酸味が味わえます。

1パック200ml入りで女性やお子様にも飲みやすいサイズでお値段も126円(税込)と
お手頃です。


次にご紹介するのは、
「酸味さわやか紅玉ゼリー」です。
d0007875_161257.jpg

こちらは、町特産の紅玉リンゴ果汁エキスを30%使用。

紅玉の濃厚な味がきちんと生きていて、ゼリーなのにフレッシュな味わいで紅玉特有の
酸味も効いています。

こちらは1パック170ml入りで158円(税込)です。


そして、最後にご紹介するのが
「あおもり梅ゼリー」です。
d0007875_1613942.jpg

町特産の豊後梅(ぶんごうめ)エキスを30%使い、昨年11月23日、4千個限定販売。
今年2月には、増産し本格販売しました。

「あおもり梅ゼリー」は、同公社と地元の生産者らで組織する「梅の郷づくりプロジェクト
推進委員会」が町特産の“豊後梅(ぶんごうめ)”をPRしようと共同で開発。

昨年、試作品を試食した関係者対象のアンケート結果に基づき改良を重ねました。
梅の香りと爽やかな食感、ほどよい酸味と清涼感が特徴の一品です。

製造に携わった同公社の北村総務企画部長にお話をお伺いしたところ、すでに購入した
方からは、「美味しい。お取り寄せしたい。」との問合せも来ているそうです。

そのままでも美味しいのですが、私のおすすめの食べ方は、冷凍したパウチパックを
お風呂上がりにゆっくり溶かしながらシャーベットとして食べる!
シャリシャリ感とほどよい酸味が最高~!
是非お試しください!

ご紹介した商品は、夢の森ハイランド(五戸町)をはじめ、あおもり北彩館アスパム店
(青森市)、あおもり北彩館東京店(東京都飯田橋)、道の駅とわだ(十和田市)、
㈱中合三春屋店(八戸市)ほかで好評販売中です!
※“あおもり梅ゼリー”は、一部店舗で取り扱っておりません。

by tabo
がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

【問合せ先】㈱倉石地域振興公社
【電話番号】0178-77-3131
by marugoto_aomori | 2012-02-20 17:19 | おいしい食材 | Comments(0)

「お庭えんぶり」生中継のお知らせです。

本日、午後6時から行われる八戸市の「お庭えんぶり」を、
まるごと青森動画Ustreamのページで生中継します。
どうぞお楽しみに!

また、これまで県内各地で中継してきた映像もありますので、
ぜひご覧ください。

まるごと青森動画もよろしくお願いします。

by ハッピーハンド
by marugoto_aomori | 2012-02-18 16:23 | その他 | Comments(0)

青森食材フェア、続々開催中

東京にある「ホテルメトロポリタン丸の内」で青森食材を使用した料理が提供されているとの噂を聞きつけ潜入調査。ホテルメトロポリタン丸の内って高級イメージが強いですが、ちょっと勇気をだしてダイニング&バー「TENQOO」へGO!

ドキドキしながらホテルの27階に上がると、お店の入口には青森の工芸品「金山焼き」「津軽塗り」の展示コーナーがあり、啓翁桜と共に出迎えてくれました。
あれ?山形県の啓翁桜やないかーい。青森県にだって啓翁桜あるのになんでやねん・・・と思いつつ(山形は出荷量日本一だから?)、気を取り直して店内へGO!

こちらでは「青森復興応援 食の感謝フェア」と銘打って、青森食材をふんだんに使用したコース料理が提供されていました。
d0007875_1382673.jpg
倉石牛に、
d0007875_1384994.jpg
マグロ、ホッキ、ヒラメ、シャモロック・・・「めぇ!!」の連発です。
中でも一番衝撃を受けたのが「人参のムース」。この甘さはふかうら雪人参に違いありません。あまりに美味しいので、思わずシェフに作り方を聞いちゃいましたよ。
料理の付け合わせで使われることが多い人参ですが(今回も倉石牛の付け合わせでメニューにも載っていないけれど…)、この人参は主役になれます!

例えば、「やさい家めい」で提供されている、ふかうら雪人参100%の生搾りジュース。
飲むと元気でます。
d0007875_13143451.jpg
人参のカルパッチョなるものもありました。人参の主役料理が続々です。
こちらのお店では、人参のほかにもアピオスや春菊などの青森食材を使用したメニューを用意し「青森の冬は美味い!青森まつり」開催中です。

今の時季の青森県には、ふかうら雪人参に代表されるように美味しい食材がたっくさんあります。青森の冬は雪が多くて大変ねとよく言われるけれど、冬の厳しさが美味しい野菜を育て、たくさん降る雪が大地を潤し豊かな海を育んでくれます。
と言いながらも、やっぱり毎日の雪かきは大変で・・・
啓翁桜を眺めながら、「は~るよこい、は~やくこい」ってカンジです。

雪国青森県で育まれた食材が、プロ達の腕により最大限に魅力をひきだしてもらっています。青森食材を使った「青森食材フェア」で、青森の美味しさを存分にお楽しみください。

東京の冬は青森より暖かいけれど、調査の名目で散財した私のお財布は寒いです(TT)
ご利用は計画的に☆
by hayashiya
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます

♪♪♪東京での「青森食材フェア」情報♪♪♪
・ホテルメトロポリタン レストラン「クロスダイン」「花むさし」「花むさし旬香」
 1月15日~3月14日
・ホテルメトロポリタン丸の内 ダイニング&バー「TENQOO」
 1月15日~3月14日
・やさい家めい 六本木ヒルズ店ほか
 2月1日~3月12日
・AW kitchen
 3月1日~3月31日
・八重洲富士屋ホテル
 2月27日
*詳細については、HPなどでご確認のうえお出かけくださいませ。
by marugoto_aomori | 2012-02-17 13:24 | 東京の「あおもり」 | Comments(2)

「八戸えんぶり」 2月17日から、いよいよ開幕!

「青森冬の三大まつり」や「みちのく五大雪まつり」にも数えられ青森県八戸地方を
代表する国の重要無形民俗文化財指定の民俗芸能「八戸えんぶり」が2月17日(金)
からいよいよスタートします。
d0007875_1602053.jpg


えんぶりは、その年の豊作を祈願するための舞で、太夫と呼ばれる舞手が馬の
頭を象った華やかな烏帽子を被り、頭を大きく振る独特の舞が大きな特徴です。

その舞は、稲作の一連の動作である種まきや田植えなどの動作を表現したもの
と言われています。

また、えんぶり摺りの合間の子供達による可愛らしい祝福芸も見る者を
楽しませてくれます。
d0007875_14432334.jpg



えんぶりには、“ながえんぶり”と“どうさいえんぶり”の2種類があります。

ここでその2種類を簡単にご説明いたしましょう。

【ながえんぶり】
ながえんぶりは、「ごいわいえんぶり」や「キロキロ」とも呼ばれ、うたや仕草が
ゆっくりしている優雅な舞です。
主役を務める太夫(藤九郎と呼ばれます)の烏帽子に真っ赤な牡丹の花をつけ、
鍬台(カンダイ=田畑を耕す鋤の柄)を手にしています。

【どうさいえんぶり】
一方“どうさいえんぶり”は、ながえんぶりとは逆に、うたも仕草もテンポが速く、
勇壮活発なえんぶりです。
うたの途中に「ドウサイ」という掛け声が入るのも特徴で、見た目の違いは、
烏帽子にマエガミと呼ばれる五色の房が垂れており、手にはジャンギという
棒の先に金具のついたものを持っています。

d0007875_13445418.jpg

私のおススメは、八戸支庁前市民広場で開催する「かがり火えんぶり」です。
かがり火の中での“えんぶり”は、見るものを幻想的な世界へと誘い、
同じ青森県でも津軽地方とは違った、“一足早い春の香り”を醸し出します。

皆さんも今週末は、ご家族・ご友人と「八戸えんぶり」会場へ足を延ばし
青森県南地方の春の香りを感じてみてはいかがでしょうか。

なお、期間中、市庁前の南部会館が休憩所として10:00~20:00
無料開放され気軽に利用できるほか、ミニ烏帽子づくりや八幡馬の
絵付け体験(有料/10:00~18:00)なども実施しています。

さぁ、今度の土曜日は、えんぶり見学のあと“ミニ烏帽子づくり”に
チャレンジするぞ~!

by tabo
がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

※八戸えんぶりの行事スケジュール等は、八戸観光コンベンション協会のHPで
 ご確認ください。なお「お庭えんぶり」のほかにも有料のイベントがありますので、
 ご注意ください。

<八戸観光コンベンション協会>
青森県八戸市大字堀端町2-3(八戸商工会館1階)
0178-41-1661
by marugoto_aomori | 2012-02-15 12:59 | 青森の旅 | Comments(2)

今日もお家で“津軽らーめん”

寒い日が続くと、温かい食べ物がいいですよねえ。
ラーメン好きの青森県人の私は、季節に関係なく毎週のようにラーメンを食べていますが…
でも、いつもラーメン屋さんに出かけるわけではなく、
カップラーメンや袋ラーメンといったインスタントラーメンを食べることもあれば
ちょっとだけ頑張って家で生めんを茹でて食べることもあります。
そんな生めんタイプの中で私の定番は、かがや食品の「津軽らーめん」♪
d0007875_17425119.jpg
いかにも津軽らしい細いちぢれ麺に
スープとメンマが入っているので、
冷蔵庫に入っているものを適当にトッピングすればOK。
d0007875_17435193.jpg
今日は、運よく大鰐温泉もやしもゲットしたので
自己流温泉もやしラーメンを作ることにしました。
細切りちぢれ麺はゆで時間40~50秒と短いので、
あらかじめ具の準備と丼にスープを作っておきます。
スープにお湯を注ぐとすでに津軽のラーメン屋の香りでいっぱい。
そして、麺のちぢれ感を口の中で味わえるように40秒弱で茹であげ
具を素早くトッピングして出来上がり♪
残念なことに、”なると”が無かった…
d0007875_1744299.jpg
大鰐町の食堂で食べられる温泉もやしラーメンは
油いためや味噌汁で食べるときのように5cmくらいに切っていますが、
長~いのが特徴のもやしをそのまま食べてみたいという気持ちを抑えきれずに
根だけを切ってサッと油で炒め、こんな風になってしまいました。
見た目はしんなりしているように見えますが、
それでも食べるとシャキシャキ感が味わえるのが大鰐温泉もやしの醍醐味です。
そして何より、魚介系のすっきりした醤油味のスープに細切りのちぢれ麺がたまりません。
これぞ、津軽のラーメン!という感じです。

お湯を注ぐだけで津軽の味になるスープに細いちぢれ麺
そして、地元では2食で300円程度という割安感
他県の方々にもぜひ試して欲しい一品です。
(姉妹品の煮干味らーめんもイイッ!)
東京では、飯田橋のあおもり北彩館東京店に売ってましたし、
冬が旬の大鰐温泉もやしもたまに売ってるようですよ。

残った温泉もやしは、味噌汁で夕食にいただきました。
d0007875_17445923.jpg

by すがまにてぃ
by marugoto_aomori | 2012-02-10 18:03 | おいしい食材 | Comments(2)

風間浦村“鮟鱇(あんこう)まつり”がアツい!

この時期、アツい注目を浴びているのが、下北半島 風間浦鮟鱇
d0007875_1792586.jpg
深海魚であるアンコウは、全国的には底引き網漁が一般的。
しかし、ここ風間浦村では延縄漁、
しかも、餌をつけない空釣りという漁法が主流です。
このため、アンコウが“生きたまま”水揚げされ、
風間浦村では、アンコウのお刺身(!)など
他にはない新鮮な状態でアンコウを食することができるのです。

そんな風間浦鮟鱇をまるごと楽しむイベント
“ゆかい村鮟鱇まつり”が2月5日(日)と19日(日)に開催される
ということで5日の鮟鱇まつりへ行ってきました!
d0007875_17124114.jpg
下風呂温泉郷にほど近い下風呂漁港特設会場には
あんこう汁(1杯300円)、あんこう握り寿司(3貫500円)の
食券を買い求める人で早くも長蛇の列。
d0007875_17131055.jpg
風間浦のあんこう汁は味噌仕立て。
これでもか!という位の具だくさんのあんこう汁。
オレンジ色のアンキモが独特の濃厚な風味を醸し出しています。
d0007875_17135235.jpg
そして!ここでしか味わえないのが“あんこう握り寿司”。
活きたまま水揚げされるからこそできるお寿司を
地元の職人さんがその場で握ってくれます。
独特の食感、味わいが堪りませんです!
d0007875_17141859.jpg
なんと!”あんこうカレーライス”なんてものも。
何故カレー?地元だからこそのあんこうカレー!
カレールーの中にはアンコウがゴロゴロ。
アンコウの風味がカレーの風味に負けていないのが意外な感じです。

そしてイベントの目玉が、アンコウの雪中切り実演。
体全体にぬめりがあるアンコウは、まな板の上では滑るので捌くのが難しいため
風間浦村では、雪の上で捌くのです。
d0007875_17151621.jpg
地元の職人さんの手であれよあれよという間に解体されていくアンコウ。
皆さん歓声を上げながら見入っています。

この他、アンコウと記念撮影なんてことも。
見た目以上の重量と体全体のヌルヌルにびっくりです。
d0007875_1716433.jpg
下風呂まではちょっと遠いナーと感じるかもしれませんが、
行くだけの価値はあるイベント。
次回は2月19日(日)。
ブレイク必至の風間浦鮟鱇を是非この機会に体験してみてくださいませ!

■ゆかい村鮟鱇祭り
日時 2月19日(日)11:00~
会場 下風呂漁港特設会場(風間浦村)
by niok
by marugoto_aomori | 2012-02-08 10:19 | おいしい食材 | Comments(0)

十和田湖冬物語いよいよ開幕。2月26日まで開催!

d0007875_1722209.jpg
十和田湖冬物語が2月3日開幕しました。

十和田湖冬物語は、青森県が1998年7月に「文化観光立県」を宣言したことを機に、
青森県の冬季観光を図ろうと翌年2月に初めて開催。今年で14回目を迎えます。

今年のテーマは、「がんばろう東北」。

初日の2月3日には、オープニングセレモニーが行われました。
関係者によるカウントダウンとともに会場全体がライトアップされ
来場者を神秘的な世界へといざないます。
d0007875_17244471.jpg


ここで十和田湖冬物語のイベントを一部ご紹介いたしましょう。

冬花火
冬の夜空に打ち上げられる花火。空一面にファンタジックな世界が広がります。
● 期間中毎日 20:00~
d0007875_1726066.jpg


光のトンネル
今回、新たに設置された青色LEDを使った光のトンネル。
トンネルをくぐって幻想的な十和田湖冬物語の会場へ。
●期間中毎日 17:00~21:00
d0007875_17293149.jpg


かまくらBAR
かまくらBARでは、専用の手袋をはめて飲む氷グラスや
飲み終えた後、食べることが出来るリンゴグラスで、
約20種類のカクテルを1杯500円で楽しめます。
●期間中毎日 17:30~21:00
d0007875_1734253.jpg


そのほか多彩なイベントが盛りだくさんです!

【開催期間】2月3日(金)~26日(日)
【問合せ先】(社) 十和田湖国立公園協会
       青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486
       TEL:0176-75-2425 (代)
※マイカーでお越しの際は、会場入り口近くの専用無料駐車場がご利用いただけます。

この時期ならではの北東北3県を代表する冬まつり「十和田湖冬物語」。
私のおススメは、何と言っても「冬花火」です!
手を伸ばせば届きそうな真冬の夜空の花火を体感しながらホットワインでほっと一息…。
心も体も癒されます。
皆さんも日頃の疲れを癒しに十和田湖冬物語会場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

by tabo
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2012-02-06 13:34 | 青森の旅 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング