まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

青森発プロテオグリカン?

「プロテオグリカン」・・・聞いたことありますか?
聞き慣れない言葉ですね。私も去年の夏くらいに知りました。

プロテオグリカンとは・・・
コラーゲン・ヒアルロン酸に続く第3の素材で、保湿性に優れているという、今注目の成分です。
コラーゲン、ヒアルロン酸に続く…と聞いただけで、私はじめ、多くの女子は気になってしまうことでしょう。

プロテオグリカン、かつてはとっても高価なものでした。
しか~しっ!
鮭の頭部鼻軟骨(氷頭=ヒズ)から精製する技術が開発され、比較的入手しやすくなったのです。この技術は青森県独自のものだそうです。

せっかくプロテオグリカンの精製技術が青森県で確立されたのだから、活用しない手はない!ということで、青森県内では続々とプロテオグリカンの商品が誕生しています。
d0007875_21113055.jpg
クリーム、クレンジングオイル、美容液、リップクリーム、石けん、ドリンク、キャンディー、りんご酢などなど。まだまだ開発中のものもあるようで、今後も増えていくことでしょう。

塗るとお肌にいいし、飲むと関節もいいプロテオグリカン。
お肌にいいという情報を耳にしてから、実は自らのお肌で効果を検証中です。
d0007875_2135943.jpg
新商品が発売されるたび、いろいろ試していますが、果たして効果のほどは…
・・・継続は力なり!
by hayashiya
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます

さらに興味のある方は続けてご覧下さいませ。
私には難しすぎてよくわかりません。なんかすごい物質なんだなってことしかわかりません…
~プロテオグリカンの真面目な話~
①プロテオグリカンはプロテイン(たんぱく質)とグリカン(多糖)の複合語です。たんぱく質に糖鎖がくっついた構造(試験管ブラシのような形)の物質で、糖鎖と糖鎖の間に水分を保持する働きがあります。
②プロテオグリカンは、コラーゲン・ヒアルロン酸と共に、細胞外マトリックスの主成分で、高い保水性と柔軟性を持っています。その保水性はヒアルロン酸の1.3倍にもなります。
③保湿作用のほか、抗炎症作用、細胞増殖促進作用、軟骨再生促進作用など多様な機能性があることがわかってきました。
④プロテオグリカンの原料となっているのは、鮭の頭部鼻軟骨(氷頭=ヒズ)。
これまで主に廃棄されていた未利用資源である氷頭から、プロテオグリカンを精製する技術を開発し、確立しました。これは青森県独自の技術です。
⑤青森県産業技術センターの弘前地域研究所では、地域の未利用資源を活用した製品開発に取り組んでいるそうです。県内の企業が持っている素材とプロテオグリカンをコラボした商品=ダブル主役の商品が続々と誕生しています。


あとは専門家におまかせ。(青森県産業技術センターのHPにリンクします)
by marugoto_aomori | 2012-03-30 21:15 | その他 | Comments(2)

「明日に架ける愛」3月31日より、いよいよ全国ロードショー!

青森県内でロケが行われた映画「明日に架ける愛」
いよいよ今週末3月31日土曜日から上映されます。
d0007875_1472024.jpg

この映画は、日中友好40周年記念として製作され、昨年10月の
第24回東京国際映画祭で特別上映作品として上映されました。

この映画には、
つがる市の「JR五能線木造駅、古民家、田園風景」、
弘前市の「りんご公園、弘前城と桜、旧弘前市立図書館観光館」、
鰺ヶ沢町の「菜の畑花」、鶴田町の「鶴の舞橋」、
その他、十和田湖、津軽鉄道、小川三弦会の三味線演奏、西海岸の夕日、
青森空港などお馴染みの場所が多数登場します。
d0007875_15202280.jpg

<ストーリー>
シングルマザーの悠子(市井紗耶香)は、ファッションデザイナーとして
時間に追われながら働き、娘や育ての親である祖母(八千草薫)と
すれ違いの日々を送っていた。
そんなとき悠子に一世一代の仕事のチャンスが訪れる。
TGC Girls Collection 2011 北京に出品するドレスのデザインを
するというものだった。
そのイベントで悠子は、幼少期に中国から日本・青森に転校してきていた
ユウアン(アレックス・ルー)と再会する。
まさかの彼との再会により、悠子は忘れかけていた本当の自分を取り戻し
はじめる。
残留日本人孤児だった祖母は、国境も民族も越えて思い合うふたりを見て
何十年もの間そっと胸に閉まい込んでいたある秘密について、悠子に手紙を
残すのだった。
海も時代も超えた家族の繋がりを描いた、心温まる感動作!
主題歌は、倉木麻衣がこの作品のために詩を書き下ろし、
アレックス・ルーとのフィーチャリングがドラマに躍動感を与えています。

この作品は、ご家族連れで安心して、ご覧いただける名作です!
週末は、お近くの映画館へ是非とも足をお運び下さい!

by tabo
がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

「明日に架ける愛」
3月31日(土)より全国ロードショー
【キャスト】市井沙耶香、アレックス・ルー、八千草薫ほか
【監督/脚本】香月秀之
【主題歌】倉木麻衣 feat.アレックス・ルー「Brave your Heart」

<青森県内上映館>
ワーナーマイカルシネマズ弘前シネマヴィレッジ8・イオン柏青森松竹アムゼ

ところでポスターに写っている鰺ヶ沢町菜の花畑の近くには、美味しいソフトクリーム
が食べられるお店が近あります。
映画を見た後でロケ地を巡って見てはいかがでしょう。何か新しい発見があるかも…。
by marugoto_aomori | 2012-03-26 14:38 | 青森のアート | Comments(3)

望郷の宴

東京の桜開花予想は3月31日とのこと。
平年に比べ5日ほど開花が遅いとの予測です。
 
数年前のこと、大宮で新幹線から埼京線に乗り換え、池袋まで向かう車窓から
見事な桜が見えました。
青森より1ヶ月も早いんだなぁ。東京はすっかり春だなぁ。と眺めていました。

また春が来ます。
都内では、卒業証書らしきものを抱えた袴姿の女子学生を街中で見かけます。
都会から帰る人と、都会に出てくる人。そんな時季ですなぁと見遣りつつ、ふいに、
故郷の味が恋しくなって、飯田橋のあおもり北彩館東京店にて物色。
  
赤カブの漬け物、なんばん味噌、八戸のイカ塩辛、ねぶた漬、にしんの切り込み、
白せんべい、カップ酒。
d0007875_2056505.jpg

このガラスコップって、普通にコップとして使ってましたね。
d0007875_20581756.jpg
それでは、ちょっとずつ取り分けて、頂きます。
d0007875_20592184.jpg
あぁ、思い出します。
小汚い部屋で男だけで囲むコタツの上に、スーパーで買い込んだ一式と酒を並べ、
明日も二日酔い決定の懲りない面々の宴。
そういえばあの頃、皿に盛りつけるなんてこと、したっけか・・・。

しょっちゅう行っているあおもり北彩館東京店。
今回はナンダガ格別な場所の感。
幸せな夜になりました。
    
あっ、サバ缶忘れてた。
by ichi

がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2012-03-23 21:08 | 東京の「あおもり」 | Comments(4)

私の津軽ラーメン 『山忠 やまや』

あ~あ、年度末は送別会やら打ち上げやらの飲み会が続いて
週末は大抵二日酔いだっきゃの。
で、二日酔いの朝には必ずと言っていいほどワの脳裏に浮かぶラーメン屋があるんず。

その愛してやまない、ワの中の「THE津軽のラーメン」がココ!
d0007875_1454484.jpg
黒石の『山忠やまや』さん。

以前、黒石の友人が教えてくれて、足を運んでからかれこれ十数年はお世話になってる
1件なのです。

場所は弘南鉄道黒石駅の裏。
歩くとなんてことない距離なんですが、車だと一方通行のため若干大回りしなければ
ならず、少しわかりにくい場所。

行けたとしても、休日のお昼時は、かなりの混雑。
しかもメニューは、ラーメンの大と中のみ。
弁当・おにぎり食いたければ、いつでも持ってこいや!の男前ぶり。
「ビックリしちゃったぜ~。ワイルドだろ~。(スギちゃん風に)」
d0007875_1463583.jpg
二日酔いで食欲が無いとはいえ、大好きなこのお店ではラーメンの大を注文。
縮れ麺に絡んだ煮干しダシが、前日で痛んだ五臓六腑に沁みわたーる♪
d0007875_1413403.jpg


食べている記憶を半分無くしながら、気が付いたら完ツユ。
d0007875_14171415.jpg

THAT'S ALL !!


ちなみに地元弘前では、『おおむら』のラーメンが大好きです。
(↑ 飲んだ後の〆には最高!!)

byハンコック

『山忠やまや』
住所  黒石市大町2-60
時間  11:00~15:00頃?
     (麺がなくなり次第終了するみたいです)
by marugoto_aomori | 2012-03-21 14:33 | 青森食べ歩き | Comments(7)

なぜか、懐かしく、ほっとする 「あおもり昭和食堂」

先日ラジオを聞いていたら懐かしのフォークソングが流れて来ました。

その歌が頭から離れず、頭の中が

「♪人間なんて、ララ~ラ・ラ・ララ・ラ~ラ♪」していたため

久しぶりに昭和生まれの知人ヨン様似のS村さんとお昼ご飯を一緒に食べよう!

ということになり、前々から気になっていた昭和の雰囲気ムンムンの水木食堂

に行って来ました。
d0007875_13595698.jpg

場所は、青森市古川跨線橋・浪館方面山手を一つ左に入った路地。
d0007875_1404627.jpg

以前、知り合いから「カツカレーがうまい!」と聞いていたお店でした。

早速、お店の中に入りました。

お店の中は、想像通り。思わず昭和にタイムスリップしたかのよう。

私が昭和を感じたものベストスリー

その1 煙突式ストーブ
昔、小学校の教室や家にありました。
d0007875_17292362.jpg


その2 足の細い縁つきのテーブル
d0007875_17295963.jpg


その3 今では大変珍しいピンク色の公衆電話
d0007875_1730648.jpg


さて、メニューはといいますと主に麺類と丼類などからなります。
d0007875_17115231.jpg

メニューに目を通し、注文したのは、ずばり昭和を代表する定番メニュー

「カツカレー」です。

注文を受けるとご主人は早速カツをフライパンで揚げ始めました。

「じゅー、じゅー」と良い音が厨房から聞こえてきます。

待つこと約7分。

お待ちかねのカツカレーの登場です。
d0007875_1421114.jpg

大ぶりのカツが6切れほど入った、少し辛めのカレー。

福神漬けも控えめに添えられています。

「うまい!」お店の雰囲気同様どこか懐かしい味がしました。

「そういえば子供の頃、休みの日に、父親に地元の食堂へ連れて行ってもらい

カツカレーをたべたなぁ。」などとその時の思い出が急によみがえり思わず

懐かしさで胸がキュンと熱くなりました。

なぜか、懐かしく、ほっとする「昭和食堂」素敵です!

by tabo
がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

水木食堂
【住 所】 青森市古川2-3-1
【電 話】 017-776-6767
【時 間】 11:00~19:00
【定休日】 不定休(用事がある時のみお休み)
by marugoto_aomori | 2012-03-19 14:09 | 青森食べ歩き | Comments(4)

青森県復興応援感謝フェアの駅弁をお先に!

東日本大震災から1年・・・。青森県の太平洋側も大きな被害を受けましたが、
たくさんの方々の支援により、復興に向けて着実に歩み続けています。
そんな方々への感謝をこめ、本日からJR東京駅で「復興応援感謝フェア」が始まります。
d0007875_10242296.jpg
ステージでは、冬の青森を代表するお祭り「八戸えんぶり」や津軽三味線の実演も行われ、
d0007875_10264728.jpg
県内の私鉄で活躍するアテンダントのみなさまによるPRも行われます。
(写真は、弘南鉄道のトレインキャストの方々です)
おお、そういえば先日、「青森鉄道むすめ」もデビューしましたね。
この鉄道むすめのイラストが描かれたりんごジュースの販売も行われるようです。

りんごジュース以外にも、当然、青森を味わいたい! という方もいらっしゃるでしょう。
ということで、誠に申し訳ありませんが、みなさまを代表して(?)、
私が先に味わっちゃいました。東京駅ということで、駅弁です。
d0007875_1031657.jpg
八戸前沖サバの押し寿し。
八戸前沖サバ・・・もう言わずと知れた八戸市が誇るブランドサバです。
私のお腹のように、脂肪たっぷりのメタボサバは、やはり何度食べても、うまぁ~い~!!
d0007875_10335638.jpg
酢〆、あぶり、梅しその三種類の前沖サバを味わえるというのもいいですね。
三種の押し寿しがふたつずつ、合計6貫。食べ応えもバッチリです。

そして、もう一つはこれ。
d0007875_10362765.jpg
ほのかなピンク色のホッキ貝がとても美しい「ホッキ弁当」。
三沢市の冬の味覚の代表で、市内の多くの飲食店で「三沢ほっき丼」が食べられます。

さて、この弁当・・・、むむむ・・・、ごはんの上に乗っているものだけでは寂しいなぁ~、
と思っていたら、そこはさすがにホッキ弁当。
フライの中と味噌の中にもホッキが隠れていました。
d0007875_10375531.jpg
先ほどの押し寿しと同様に、こちらも三種類の味付けが楽しめるというわけです。

駅弁のほかにも、りんごスイーツやせんべい汁セットなど、
これぞ青森! という商品の販売もあります。
駅弁やスイーツを食べつつステージを楽しみ、東京にいながら青森を体感できるこの週末。
東京駅へレッツらゴー!。そしてそのまま青森へレッツらゴー!
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

<青森県復興応援感謝フェア>
3月16日~18日 10:00~20:00(18日は17:00まで)
JR東京駅改札内 地下1階 びゅうスクエアで開催
by marugoto_aomori | 2012-03-16 10:48 | おいしい食材 | Comments(1)

カフェ 「Espada (エスパダ)」 看板の謎!?

d0007875_9435970.jpg
以前から気になるお店がありました。
そこは、青森県庁、国道山手の長島小学校のすぐ近く。

猫の看板が目印の 「Espada (エスパダ)」 です。

でも、なぜ猫の看板なんだろう?
それは、後のお楽しみ!(笑)
d0007875_9442285.jpg

まずは、店内。
白を基調とした、とても落ち着いた雰囲気です。
常連と思しきお客様がすでにお食事をされていました。
d0007875_9444771.jpg

次にメニュー。
すべてこだわりの自家製手作り料理です。
d0007875_9451043.jpg

私がお願いしたのは、ビーフシチューセット(900円)

ライス、コールスローサラダ、クラムチャウダー、梅漬、
そして、食後のドリンクがついています。

テーブルに運んでいただいた時、お店の方に
「先日、知人から届けられた“春”をビーフシチューに
入れていますので、是非、“春”を感じてください。」
と言われました。
d0007875_9453195.jpg

よーく見ると、何と“つくし”が入っており
一口頬張るとほのかに春の香りが漂いました。

「宜しければご飯をおかわりして下さい。」
そう言われたのですがビーフシチューは、
思ったよりもボリュームがあったのでおかわりはせず
食後のコーヒーをお願いしました。

お店の名前の由来をお聞きしたところ、
シェフである息子さんが小・中・高校と
剣道をやっていて、スペイン語で“剣”を意味する
Espada(エスパダ)と命名したのだそうです。

コーヒーを飲んでいて、ふと入口を見ると
なっ、なんと猫ちゃんがいるではありませんか!
d0007875_9455545.jpg

あまりのおとなしさにお店に入った時には、
気が付きませんでした。

お店の方に猫ちゃんの名前を聞くと
“あいちゃん”(2歳・雌)と教えてくれました。

あまりにも愛らしいため、そう名付けたのだそうです。
ちなみにほかに、もう2匹いるそうです。

そんな話をしているとカウンターに座っている
常連のお客様も猫好きであることが判明。
なんと十数匹飼っているそうです。

私自身、家で猫を飼っている自称愛猫家。

このお店の看板の謎がやっと解けました。

そう、ここは、猫好きが集まるカフェだったのです!(笑)

よく見ると店内には、猫の絵や置物が数多く飾られていました。
d0007875_9462616.jpg

もちろん、自慢の手作り料理やスイーツ目当てのお客様も
多数お見えになるそうです。

仕事の合間に猫に癒されてみる、そんなランチも悪くありません。
by tabo

がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

小さなカフェレストラン Espada (エスパダ)
【住  所】 青森市長島2-7-9
【電  話】 050-3444-8340
【時  間】 11:00~20:00
【定休日】 日曜日・祝祭日

「そろそろ終了…バタークリームケーキ ¥450」 気になります。(笑)
by marugoto_aomori | 2012-03-14 09:48 | 青森食べ歩き | Comments(0)

「旅の終わり、始まりの旅」は、青森が舞台です!

雪もだいぶとけ、春が近いなぁ~などと書こうとしたした矢先、
う~ん、外が雪で見えない・・・。

気を取り直して・・・
春は、別れと出会いの季節でもありますね。
旅を終えて元の場所へ戻ってくる方、新たな場所へ旅立つ方など様々です。
そんな季節には、こんな文庫本でもいかがでしょうか?
d0007875_146086.jpg
「旅の終わり、始まりの旅」・・・旅という言葉は、何か人の心を惹きつけますね。
私自身、かれこれ10回以上も引っ越しを重ね、かっこよく言えば、
今でも旅を続けている旅人とでもいいましょうか・・・ふっ(←完全に自分に酔ってます)、
・・・非常に心揺さぶられる本のタイトルです。

この文庫本、5つの短編からなっていて、すべて青森県が舞台となっている小説です。
執筆したのは、西加奈子さん、島本理生さん、井上荒野さん、嶽本野ばらさん、
夏川草介さんの5名で、賞を受賞したり何度も受賞の候補となったことのある実力派揃い。
全員が青森を訪れ執筆したというまさに青森のための一冊、ということになるでしょう。

おや? と、ここでピーン!ときた人、あなたは大変鋭い方です。
d0007875_1472822.jpg
実はこの本、2010年に紹介した「STORY BOX JAPAN 青森へ」から5編を再編集し、
さらに、加筆したものを文庫にしたものです。
今回の文庫本は、「青森への旅」というエッセンスをギュッと濃縮した感じになっています。

d0007875_1475549.jpg
恐山や竜飛など、県内外の人でもわかる有名な場所から、
d0007875_1481631.jpg
県内の人も知らないかもしれない畳敷きの教会、
d0007875_1482990.jpg
背筋をピーンとただしたくなるような川倉地蔵尊などなど、
知っている場所が出てくると、頭の中にその場面がとてもリアルに思い浮かび、
次はどこが出てくるんだろう? ってページをめくり続け、
時間が経つのを忘れて読みふけってしまいますよね。

考えてみれば、「STORY BOX・・・」を読んでから1年あまり。
弘前の畳敷きの教会や川倉地蔵尊など、
今回の文庫本に登場した場所を知らず知らずにめぐっていました。
地名は知っていてもその場所を知らなければ、
「どんなとこなんだべ?」と足を運んでしまいたくなります。
・・・って、この本の術中にはまってしまったのか!?
なぁんてちょっとビックリもした次第です。

d0007875_148444.jpg
今日は雪。青森駅の鳩も、人間と一緒にベンチで休憩してます。
さぁ、この休憩中に本を読んで、旅に出かけよう!

by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2012-03-12 14:27 | その他 | Comments(3)

きのうは何の日? 気になる“サバの日“

東日本大震災から1年が経とうとしています。
あの大惨事は、決して忘れることはできないし、忘れてはいけないこと。
復旧・復興に向かう日本の底力や世界中から寄せられたメッセージや支援など、
改めて手を携えあって生まれる人と人との絆というものを強く感じる1年でした。
一日も早い復興を祈りますが、まだまだ時間と労力がかかるのが現実です。
東北さらには日本全体が一体となって、今後も支え続けなければなりません。
東北を訪れたり、地元の特産品を買ったり食べたりすることもその一つでしょう。

そんな中、昨日3月8日は「サバの日」でした。
3と8でサバ… 単純な語呂合わせですが。
ブランドサバ・八戸前沖サバの地元・八戸では、
「八戸前沖さばキュイジーヌ」というサバ料理を楽しむイベントが開催され
(今年はなぜか7日に開催)首都圏からの参加者もいる盛況ぶりだったようです。
私は参加できなかったので、自宅でサバを食べて勝手に産地を応援だあ~!
d0007875_16203115.jpg
まずは、サバの燻製から。
脂がのった八戸の秋鯖を使った燻製は、舌の上に乗せただけでとろけるような食感!
つまみ食いした時点でこれはもう酒を飲まずにいられない…と
八戸の酒「陸奥男山」の本醸造生貯蔵酒を冷でチビリと飲みながら
至福の時を過ごすのでした。
d0007875_16313561.jpg
他の料理ができるまで時間があるので、サバの缶詰(水煮)も肴に。
八戸の方々がやるように、初めてせんべいを皿に使ってみました。
これをかじりながらまたチビリとやってみたのですが、
せんべいの風味とサバがまたよく合ってビックリ。
八戸のコナモン文化を垣間見たのでした。
d0007875_16212654.jpg
そして、焼サバに味噌煮、サバの棒寿しとサバづくし♪
これらすべてを全身トロ状態の八戸前沖サバで食べられたらどんなに幸せだろうと
「八戸前沖さばキュイジーヌ」に参加した人達をうらやましく思いながら
旬となる秋を楽しみにするのでした。

DHA(ドコサヘキサエン酸)などが豊富に含まれる青魚の王様の“サバ”。
サバのおかげで、頭の回転が少しは良くなってるといいんだけど。
by すがまにてぃ
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2012-03-09 16:55 | おいしい食材 | Comments(4)

米ちゃんの写真展「こころの森・・・」

前の週末、黒石市にあるお山のおもしえ学校に行ってきて、
ガマズミと山ブドウのシロップをかけたヨーグルトをごちそうになりました。
d0007875_18124946.jpg
おっ、ガマズミだ~、と珍しがっていると、
「このガマズミ、米ちゃんが作ったんだよ。」との声。
いやいや、来るたびに新しいものが増えてますね~、ココは。本当に感心しました。

で、そのガマズミを栽培した米ちゃんこと米坂恵子さんは、
日本山岳ガイド協会が認定しているガイドのプロです。
米坂さんによるバリバリの津軽弁でのガイドが楽しいトレッキングは本当に大人気で、
ファンも多いのではないでしょうか?(えぇ、もちろん私も米ちゃんファンです。)

そんな米坂さんが、白神山地や八甲田山、おもしえ学校のある大川原地区など、
自然の中で自ら撮影した写真の展示会が開催されています。
d0007875_18191885.jpg
米坂さんが写真を撮り始めたのはおよそ6年前。
大自然の中でたたずんでいる美しい草花の名前を覚えるためだったそうです。

もやのかかったブナの森の写真を筆頭に、
夕焼けに浮かび上がる岩木山などのスケールの大きなものから、
登山道や山の沢沿いで小さく咲いている可愛らしい草花の写真まで、
米坂さんの自然に対する愛情たっぷりの写真が、学校の教室中に展示されています。
d0007875_18215244.jpg
一眼レフなどの立派なカメラで撮ったんだろうなぁと尋ねてみれば、
「ちっちゃいカメラですよ。・・・みなさんに聞かれるんですよねぇ。」
と笑いながら答えてくれました。
カメラの性能うんぬんではなく、美しい自然と、その自然を知り尽くしていること。
これが一番のカメラテクニックなんだなぁ、と実感しました。
d0007875_18264719.jpg
よくよく見ると、写真を飾っているもの・・・お膳に使うようなお盆ですね。
さすが、昭和の色々な生活雑貨などを集めて展示しているおもしえ学校。
見せ方にも味があります。

写真の下には、米坂さんによる津軽弁バリバリの解説文がついてますが、それがまた・・・。
d0007875_18425991.jpg
もちろんススキの写真の解説です。・・・どうか笑ってください。
いや、直接米坂さんと会話をすれば、笑わずにはいられないんです!
この写真展は、写真、解説文とともに、米坂さんと直接会話を楽しむのが最大の魅力。
米坂さんの自然に対する思いを聞けば、
私も一緒に山を歩きた~い!と思うこと間違いなしです。
d0007875_18333597.jpg
米ちゃん写真展「こころの森・・・」は、3月15日までの開催です。
この週末、ぜひおもしえ学校に足を運び、米坂さんの写真と会話を楽しんでみませんか?

一万本に一本しか咲かない白いカタクリの花が、まとめて三本咲いている!
そんな奇跡的な写真もありますよ。

d0007875_18381145.jpg
学校のプールを利用した山草園「どだれ鉢」では、
すでに福寿草と雲間草が小さくてキレイな花を咲かせていました!
あぁ、もうすぐ春ですね。
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

<米ちゃんの写真展>
3月15日(木)まで
お山のおもしえ学校で開催中です。

<お山のおもしえ学校>
黒石市大川原字門尻47-1
0172-54-2505
開館時間 10:00~15:00(季節によって変わります。)
定休日 火曜日
入館料 100円
by marugoto_aomori | 2012-03-07 18:46 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング