まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2014年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

地元の山を岩木山に見立ててお山参詣 ~脇元岩木山神社大祭~

お山参詣と言えば、旧暦8月1日に行われる岩木山信仰の最重要行事。
一晩かけて岩木山を登り「五穀豊穣」「家内安全」などを願います。

実は、このお山参詣、岩木山だけで行われているわけではありません。
岩木山から遠く離れた地区では、近くの山を岩木山に見立ててお山参詣を行うこともあります。
このような山を「模擬岩木山」と呼ぶそうで、津軽地方には20箇所以上あるようです。

十三湖近く日本海に面した五所川原市脇元地区。
ここにある“靄(もや)山(標高152m)”もそんな模擬岩木山のひとつです。
このきれいな三角形の山を地元の方々は脇元岩木山と呼んでいるのです。
d0007875_135266.jpg
本家岩木山と同様に旧暦8月1日(今年は新暦8月25日)に行われた脇元岩木山のお山参詣。
朝10時30分、一行は洗磯崎(あらいそざき)神社から出発。
d0007875_1365464.jpg
本家と同様、白装束や法被を着た一行が太鼓や笛を鳴らし「サイギ、サイギ~」と唱えながら、御幣を持って集落を練り歩きます。
日本海沿いを進むお山参詣の様子が何やら新鮮。
d0007875_1384780.jpg
麓で一休みしていよいよ入山。
d0007875_13105966.jpg
靄山は標高152メートル、頂上までは15分程度です。
本家岩木山が標高1,625m、約8kmの行程を4時間ほどかけるのに比べると、なんだか簡単そうな印象ですが、実際に登ってみると思いのほかハード!
d0007875_13112758.jpg
ひたすら急勾配が続き、しかも粘土質の地面ですので踏ん張らないと前に進めません。
頂上にたどり着く頃には体全体から汗が噴き出しています。
d0007875_1313361.jpg
頂上からの眺めはこんな感じです。
日本海に流れ込む十三湖も見えています。
ホントはここから本家岩木山が見えるのですが、この日は雲に隠れていました・・・残念!
d0007875_13133218.jpg
一緒に登った地元の高校生の皆さんも満足そうな笑顔で記念撮影。

近くの山を岩木山に見立ててまでお山参詣を行う津軽の人たち。
それだけ岩木山は大事な存在なのでしょう。
本家岩木山の次は模擬岩木山に目を向けてみてはいかがでしょうか。
新しい発見がありそうです!

■脇元岩木山神社大祭
主催 脇元お山参詣保存会
電話 0173-62-3536

by niok
by marugoto_aomori | 2014-08-29 18:24 | 青森の旅 | Comments(1)

古川市場「のっけ丼」具材人気ランキング発表!!

のっけ丼で有名な、青森市の『古川市場 青森魚菜センター』に行ってきました。
d0007875_16581069.jpg

d0007875_16582889.jpg

店内はたくさんの観光客で賑わっています。
こちらは、鎌倉からいらした女性が作ったのっけ丼です。
とにかく海鮮の食材を詰め込んだそうです!

その前に、ご存じない方に、のっけ丼についてお知らせします。
市場に並んでいる具材をちょっとずつ選んで、自分の好きなものだけをのっけることができる夢のようなどんぶりが「のっけ丼」です。
(詳しい買い方については、最後の部分に示した「青森魚菜センターのっけ丼ホームページ」と「のっけ丼ブログ」をご覧ください。)

今回は、ねぶた祭期間からお盆を挟んで8月26日までの、人気の具材ベスト5を紹介します!

●第1位
サーモン
幅広い年層から多くの支持を集めたサーモンが堂々の1位に輝きました!
d0007875_1701486.jpg

お店の人の話によると、特に若い方を中心に売れているということでした。
オレンジと白の縞模様が鮮やかで、食欲をそそります。

●第2位
マグロ
d0007875_1704584.jpg

事前の予想では第1位かと思われましたが、実際には第2位でした。マグロは赤身、中トロ、大トロ、中落ちなどが並んでおり、お客様はどれをのせるか選ぶのに苦労していました。

●第3位
イクラ
d0007875_1705670.jpg
スプーンやカップでどっさりとのっけてもらいます!あまりの量の多さに思わず口が開いてしまいました。
このプレートにはアルファベットで名前が書いてありますが、これは最近、海外からのお客様が数多くいらしているので、わかりやすいように英語でも書いてあるとのことでした。このために、お店の方が自ら辞書を引いて、勉強して書いたそうです。ここにもお店の方のおもてなしの心を感じます。

●第4位
ホタテ、ウニ、イカ
青森県産の大きなホタテは1つでも存在感があり、旬の時期に食べていただくことをお勧めします!
青森県はイカも有名で、旬のイカがたくさんありました。
また、ここぞとばかりにウニを箱買いし、まるごとのっける人もいるようです。

●第5位
ヒラメ、タコ、玉子
ヒラメを提供しているお店は多く、みなさん口をそろえてぜひ食べて欲しいとおっしゃっていました。もちろん青森県産です!
タコは弾力があり、かなり食べ応えがありました。
そして、各店舗で最も特徴が異なるのが玉子!子供にとても人気があるとのことでした。

以上の上位5位までの具材で作ったのっけ丼がこちらです!
d0007875_17466.png

d0007875_1742479.jpg

非常に豪華なのっけ丼の完成です!また、このどんぶりに日替わりの味噌汁(しじみ汁など)を追加して、1,080円でできました。自分だけののっけ丼ができて、皆さんにこにこ顔です。
どれも新鮮でとてもおいしくいただきました。満腹です。
ぜひ、みなさん、おなかを空かせて行ってください!

青森魚菜センターには、ほかにも肉やフライなどの惣菜、漬物など、お店独自ののっけ丼用の具材がたくさんあります。
それぞれのお店では気軽にお店の人に「どれがおいしい?」「旬のものはなに?」などいろいろ聞いてみてください。津軽弁全開であたたかくお話してくれる人もいれば、話が盛り上がって止まらないおばちゃんなど、さまざまな方がいて、話を聞くだけでもとても楽しめます。

青森にいらした際にはぜひお立ち寄りください。

by なら・さいとう (オーレおじさん)

青森魚菜センター
住所:青森県青森市古川1-11-16
TEL:017-777-1367
のっけ丼案内所
TEL・FAX:017-763-0085
営業時間:7:00-17:00
定休日:火曜日
※年始1月1日,2日はお休み
ホームページ http://www.aomori-ichiba.com/nokkedon/
のっけ丼ブログ http://nokkedon.jugem.jp/
by marugoto_aomori | 2014-08-27 18:08 | 青森食べ歩き | Comments(0)

津軽の伝統工芸品「こぎん刺し」「津軽塗」とデザインの力

d0007875_23211746.png

青森市の郊外にあるエフ・ビヨンドに行ってきました。
エフ・ビヨンドは、開放感のある広々とした店内に、お洒落な家具や生活雑貨などを取り揃えているライフスタイルを提案するインテリアショップです。
ここのお店で注目したいのが、津軽地方の伝統工芸品「こぎん刺し」と「津軽塗」を扱うコーナー。
d0007875_2212452.jpg

弘前市出身で副店長の長内さんは、子供の頃から身近にあった「津軽塗」と「こぎん刺し」にとても興味があったそうです。しかし、実際に「津軽塗」や「こぎん刺し」を目にするのは、物産館などのお土産品コーナー。「県外の観光客のお土産品という位置づけではなく、まずは地元の人たちの普段の生活に取り入れてもらいたい」そんな思いから、4年ほど前に、こぎん刺しについては、以前から付き合いのあった弘前こぎん研究所に、「津軽塗」は弘前の熟練の津軽塗職人さんに制作をお願いし、長内さんデザインによるコラボ商品の販売をスタートさせました。
d0007875_22162427.jpg

「こぎん刺し」については、色使いや模様を季節によって定期的に変えているそうで、現在、店舗に並んでいる商品は、伝統的な色合いや技法をベースにした落ち着いたものでした。
ここのお店の商品は、「津軽塗」も「こぎん刺し」も伝統的な技法を忠実に用いているにもかかわらず、お土産コーナーで売られている商品とは明らかに雰囲気が違います。
その理由を長内さんに聞いてみると、「生地と刺し糸の色の組み合わせや、模様の位置やバランス、綿の代わりに皮の素材を組み込むなど、ちょっとした工夫で仕上がりが大きく変わると思う。初めのころは、様々な色合いや斬新なデザインなどにも挑戦してみたけど、最近は崩しすぎないようにしている」と話していました。
今回、長内さんとお話をして、私たちの身の回りにあるモノを魅力的に見せるためには、デザインは本当に大切な要素なんだと、改めて感じさせられました。
                        by さっちゃん

d0007875_2214379.jpgエフ・ビヨンド 
住所    青森県青森市自由が丘2-15-4
TEL    017-765-6565
FAX    017-765-6622
営業時間  10:00-19:00
定休日   水曜日
ホームページ http://www.f-beyond.com/

by marugoto_aomori | 2014-08-25 22:24 | 手しごと | Comments(0)

青森食材を使ったこだわりの創作和食!「銀座ぼくじん」

こんにちは!2度目の登場ジミーです!
お盆も終わり青森県は涼しくなってきたとの情報が入ってきております。しかし、大都会東京は夏真っ盛り!暑さに弱いジミーには、つらい日々が続いております・・・・・

夏バテには、おいしい料理を食べ、おいしいお酒を飲むのが一番ということで夏バテジミーと愉快な仲間達であるお店にお邪魔することにしました!

そのお店の名は「銀座ぼくじん」!
d0007875_13503151.jpg

こちらのお店は、メディアやマスコミにもとりあげられ、著名人もお忍びで通っている人気店。板長が作り出すこだわりの創作和食には、毎日青森から直送される鮮度抜群の厳選された食材が使用されているとのこと。楽しみすぎます!

さっそく運ばれてきた一品目はこちら!
d0007875_13532467.jpg

青森県産完熟トマトのジュレ(680円)
一口食べてみると完熟トマトだからか酸味が少なく、スイーツのような甘さが感じられます。また、トマトにジュレを乗せて食べてみるとジュレの優しい甘さと合わさり、また違った味わいを楽しむことができました。食欲がなくなる夏の時期にぴったりな一品です☆

続いての二品目はこちら!
d0007875_135429100.jpg

青森鮮魚三点盛り合わせ【左から本まぐろ、真鯛、カンパチ※日によって内容は異なります】(1,980円)
こちらは、青森から直送されるその日獲れたての新鮮な刺身の盛り合わせ。本まぐろは冷凍してない生まぐろだからとてももちもちしていて、真鯛は噛めば噛むほど鯛の味がじわじわと感じられます。カンパチはくどくないコクがあり、コリコリした食感が鮮度の良さを感じさせます。

三品目はどん!
d0007875_13554579.jpg

青森県産シャモロックもも肉七輪炭火焼(1,480円)
青森県が誇る地鳥シャモロック!身にしまりがあり、味が濃厚で他の鶏肉よりうま味があるように感じます。それもそのはず!青森シャモロックは他の有名地鳥と比べると、うま味成分であるグルタミン酸、イノシン酸が多く含まれているのです。(青森県畜産試験場養鶏部調)

そのまま食べても十分美味しいのですが、黒い石のようなものを削ってふりかけて食べるとさらに美味しく頂けます。
d0007875_13572717.jpg

こちらの黒い物体の正体は・・・・・・・岩塩!岩塩自体にも独特の味があり、シャモロックの美味しさをより引き立たせてくれます。

d0007875_1358487.jpg

銀座ぼくじん代表取締役の木村貴久さん(右)は、三厩出身の青森県人。高校卒業後、調理専門学校を経て、有名店「吉兆」で10年間修業を積んだ経歴の持ち主です。お話を伺ったところ、「銀座ぼくじんを出店して8年目、今まで青森県の食材・文化を銀座からアピールしてきた。今後の目標として、ニューヨークに出店し、青森県の食材・文化を世界に発信したい」と熱い思いを語ってくれました。
お店が忙しい時などには、兄の木村公彦さん(左)も応援に駆けつけてくれるそうです。(兄弟のツーショット写真を撮影させていただきました)

おしゃれな街銀座で青森の味を楽しんでみてください!

by ジミー

〈詳細情報〉
住所 東京都中央区銀座3-3-9 松岡銀座ビル5F
電話 03-5159-7366
営業 16:00~24:00(月~木曜日) 17:00~25:00(金曜日) 
    12:00~15:00 16:00~24:00(土・日曜日)
定休日 不定休
by marugoto_aomori | 2014-08-22 14:00 | 東京の「あおもり」 | Comments(2)

八甲田・十和田を自転車で駆け抜ける ~ 八甲田グランフォンド開催! ~

d0007875_2513154.jpg

突然ですが、皆さんに質問です!
通勤・通学以外で自転車に乗っていますか?
 
乗ります!と回答した皆様に朗報です。
青森県を代表する観光地を舞台とした自転車レース(大会)が開催されるのをご存知ですか?

その大会の名は「八甲田グランフォンド」。
八甲田・奥入瀬渓流・十和田湖と県内屈指の観光スポットを巡る全長160キロ!
海抜1,000メートルをいっきに駆け抜けるという坂好きのサイクリストには堪らない大会です。
d0007875_16222088.jpg

八甲田グランフォンドのコース上になぞらえて見どころを紹介すると・・・。

・奥入瀬渓流
 深い緑から射す柔らかな木漏れ日を浴び、渓流のせせらぎを聞きながらのライド。
d0007875_2515396.jpg

・十和田湖
 湖面に打ち寄せるさざ波の音。
 青く澄み渡る湖面に木々の緑がきれいに映えます。
d0007875_2522531.jpg


また、道中には、千人風呂で知られる酸ヶ湯温泉や、
一風変わったスポットとしては、萱野高原&長生きの茶もあります。
d0007875_2124094.jpg

d0007875_213819.jpg

※長生きの茶※ 「1杯飲むと3年長生きし、2杯飲むと6年、3杯飲むと死ぬまで生きる」と言われる「三杯茶」といわれるお茶があり、休憩所では無料で飲むことができます。


大会は荷が重い・・・。
ゆっくりと自分のペースで楽しみたい・・・。
そんな自転車ユーザーの皆様にも足を運んでいただきたいイチオシのエリアです。

奥入瀬渓流・十和田湖は例年10月中旬頃に紅葉の見頃を迎えます。
赤・青・黄色・緑と色彩豊かな表情を見せるこのエリアを自転車で巡ってみませんか?

By ノッポさん


【八甲田グランフォンド】
 問合先:八甲田グランフォンド実行委員会
 住所:〒039-3501 青森県青森市大字浅虫字蛍谷64
 電話:017-752-2647 
    ※13時から21時まで
 HP:http://www.ne.jp/asahi/kasseika/ibennto/new1021.html 
 摘要:SPORTS ENTRY での参加申込:可
by marugoto_aomori | 2014-08-21 16:25 | その他 | Comments(0)

津軽の伝統の技「津軽びいどろ」の工場見学

d0007875_20172734.jpg

先日、県の伝統工芸品に指定されている「津軽びいどろ」を製造している北洋硝子の工場見学に行ってきました。

北洋硝子は、1949年の「宙吹き」による漁業用の浮き玉の製造が始まりです。その後、浮き球の製造がガラスからプラスチック製に移行したこともあり、1977年からは、長年の浮玉製造で培った「宙吹き」の技法を用いた「津軽びいどろ」の製造を始めることになります。
d0007875_20185948.jpg

1階が店舗、2階が工場になっていて、まず工場に入り目にするのは、昭和の時代にタイムスリップしたかのような懐かしい光景、そして予想以上に若い職人さんが多いということ。パートも入れてスタッフは約50人(うち製造担当は約20名)。真っ赤な炎が所々から上がって、熱気に溢れています。
それぞれが持ち場について黙々と作業をしています。
d0007875_20194449.jpg

工場内では、1500度の高温の炉でガラスを溶融し、長い吹き棒のようなもので巻き取ったガラスに息を吹き込みながら形を作っていく「宙吹き」をはじめ、修錬を積んだ職人たちが長年にわたり蓄積してきた9種類の製法・技法によって様々な用途の「津軽びいどろ」が生み出されます。
現在、最も難易度の高い「宙吹き」ができる職人は5人いるそうです。
d0007875_20204737.jpg

ここの工場の最大の特徴は、様々な色合いを出せること。青系だけでも6~7種類あり、全部で100種類くらいになるとか。ほとんどの色はあおもりマイスターである中川工場長が開発したそうです。

1つ1つ丁寧にハンドメイドされている工場を見学をすることで、「津軽びいどろ」の価値を再認識することができました。                         
                           byさっちゃん
d0007875_20203354.jpg

                      
<北洋硝子株式会社>
住  所:青森県青森市富田4-29-13
電  話:017-782-5183
営業時間:平日 7:50 ~ 16:00
定 休 日:第4土曜・日曜・祝日、年末年始・お盆・GW
工場見学:一度に工場見学ができるのは10名程度。
     それ以上になると、チームごとに分かれての見学になります。
by marugoto_aomori | 2014-08-18 20:26 | 手しごと | Comments(0)

雨の奥入瀬を撮りまくる。

奥入瀬渓流は晴れていた方が好きだという方がほとんだとは思いますが、雨の日だからこその楽しみ方もあるんですよ。

雨の日はなんと言っても植物たちがイキイキしています。
つやつや輝いて瑞々しい植物たちがそこらじゅうにいっぱいあります。

そんな植物たちをパシャパシャ撮りまくる!
納得がいく写真が撮れるまで雨にも負けず接写、接写、接写。

これが雨の日の奥入瀬の楽しみ方です!

雨が降り絶好の撮影日和のこの日、愛知県と岐阜県から来たお客さんと奥入瀬を撮りまくりました。
d0007875_1228297.jpg

まず彼女たちが狙った被写体は・・・。
d0007875_13132291.jpg

かわいいキノコ♪
d0007875_1237085.jpg

次の被写体は・・・。
d0007875_12381652.jpg

やっぱりコケはいいですね~。
雨の日のコケは本当にイキイキしています!
d0007875_1242825.jpg

だんだん撮影する格好もさまになってきましたね。
最後に彼女たちが撮っていたのは・・・。
d0007875_130355.jpg

テーブルの上に広がっている奥入瀬の小さな森。
コケから生える芽はまさに奥入瀬の森の縮図ですね。

他にも撮りまくった作品たちはこちらです。
d0007875_13445094.jpg

d0007875_1349974.jpg

d0007875_1351443.jpg

d0007875_1455520.jpg

雨の日ならではの滴の撮影にみなさん夢中になりつつも苦戦していたようです。
次回はマクロ撮影に適したカメラを持って再チャレンジしたいと思います!

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2014-08-16 14:08 | 青森の旅 | Comments(0)

八戸うみねこバクダンかっちゃ

d0007875_9535834.jpg

八戸市を代表する個性的なお土産「八戸うみねこバクダン」を知っていますか?
蕪島を繁殖地とするうみねこ達の落とし物をモチーフにしたメレンゲクッキーで、忠実な姿とは裏腹にサクサクと美味しいお菓子。
知る人ぞ知る八戸のお土産ですが、新しいクッキーが登場しました。

「八戸うみねこバクダンかっちゃ」。見た目は同じく、うみねこの落とし物ですが、以前より可愛いさがアップしています。
2種類のクッキーの上にホワイトチョコレートでリアルに落とし物が表現されています。
d0007875_10131893.jpg

「八戸うみねこバクダンかっちゃ」は陸奥湊市場で元気に魚を売る女性(カッチャ)がデザインされており、愛称は「ボン子」。
ちなみに「八戸うみねこバクダン」の愛称は「ボン助」。
一生添い遂げると言われるうみねこ、「ボン子」は「ボン助」のお嫁さんです。
実際に結婚式を蕪島神社であげ、その様子は地元の新聞にも取り上げられたとか。
d0007875_10153294.jpg

予想以上にクッキーとホワイトチョコレートの組み合わせが美味しかったため、実際に作っているところを特別に見せてもらいました。
d0007875_1021166.jpg

このクッキーを指導したのは、神戸でドイツ菓子作り40年のドイツ製菓マイスター井谷眞一さん。
数々のコンクールで賞をとっているスペシャリストだそうです。
d0007875_102227100.jpg

リアルな姿形とそれを裏切る美味しさ。
少しマニアックなお土産ですが、蕪島のうみねこ、陸奥湊市場のかっちゃの思い出に、いかがでしょうか。
(kogao)

「八戸うみねこバクダンかっちゃ」
アーモンドクッキー5枚・バニラクッキー5枚(1,080円)

販売場所

「街カフェみなと」
青森県八戸市三日町13番地 4-5
電話 0178-85-0137

「種差海岸休憩所(種差海岸インフォメーションセンター隣)」
青森県八戸市大字鮫町棚久保14-167
電話 0178-51-8500
by marugoto_aomori | 2014-08-13 11:01 | Comments(0)

青森の夏はまだまだ続く!のへじ祗園まつり

ねぶた等の大きなお祭りが終わってしまった青森。
しかしお盆近くになると、今度は各地域でお祭りが開催され始めます。
ローカルねぶ(ぷ)たや田名部祭り…日本の原風景を感じられるお祭りが各地ではじまります。
その中でも、今回はわたしの出身地である『野辺地祇園祭』をご紹介します。

d0007875_16373538.jpg


え?青森なのに…祗園祭り?
そうです、野辺地町のお祭りは実は「祗園」祭りなんです。

野辺地町は藩政時代、南部藩一の北前船の発着地として栄えていました。
その北前船が運んだ文化として「祇園まつり」があります。
京都から伝わった祇園まつりは、京都より遠い地である野辺地に北前船によって伝えられ、野辺地の
お祭りとして脈々と現在まで受け継がれています。

今年は10団体が参加。
各自治会・団体が趣向を凝らし、戦国武将や伝記物をモチーフにした個性豊かな山車を制作します。
こちらの人形や飾りなどはすべて手作り。
制作責任者を中心に題材・レイアウトも自分たちで考え、作成・飾りをしているため、とても手間と
時間、そして人形を造りだす技術も必要となってきます。

d0007875_16395621.jpg

昨年度の最優秀賞作品。山車の飾りは細かい部分まで造りこまれています。
材料は発泡スチロールなどを使用し作られており、龍の部分の造形、波しぶき等非常に丁寧に
作りこまれています。実際に制作から完成までは、半年程度をかけて造られています。
制作はそれぞれの仕事が終わってから。しかし疲れていても、素晴らしい山車を発表するために、
日夜努力し飾りをつくります。

ですので、そんな情熱をもって造りだされた山車をお披露目する祗園まつりは、一年の中で野辺地町
が最も盛り上がり熱さを見せるお祭りです。
合同運行初日。普段は静かな野辺地駅前は、祭りの熱気と情熱につつまれます。

気合の入った神楽の競演。
d0007875_16314056.jpg



艶やかに着飾られた祇園囃子を奏でる女の子たち。
d0007875_162433.jpg



そして豪華絢爛な山車の合同運行。
d0007875_16434445.jpg
d0007875_16432325.jpg




3日目の海上渡御では、神楽を海上で奏でます。
d0007875_16282383.jpg

大漁旗を掲げた漁船が出港し、湊町ならではの光景を見ることができます。


ローカル感あふれるお祭りですが、ぜひ「地域の力」を感じにお祭りへ足を運んでみてください!


d0007875_1645825.jpg


■野辺地祗園まつり
日にち:8月21日(木)~(日)
日 程:21日(木) しめあげ・宵宮
    22日(金) 初日山車合同運行 17:00~
            ※野辺地駅前出発
    23日(土) 海上渡御  11:00~
            ※野辺地漁協荷捌き場 
    24日(日) 最終日山車合同運行 13:00~
            ※野辺地八幡宮出発
問い合わせ先:(一財)野辺地町観光協会事務局 TEL:0175-64-9555


by ざき
by marugoto_aomori | 2014-08-08 16:03 | 青森の旅 | Comments(0)

夏祭り本番!五所川原立佞武多開幕しました!

青森県内は夏祭り本番。
各地でさまざまな夏祭りが開催されていますが、昨日8月4日からは五所川原立佞武多(たちねぷた)が開催されています。
d0007875_1032134.jpg
午後6時、いつもはガラス窓になっている「立佞武多の館」の壁がゴゴゴー!と開くと、高さ22メートル重さ19トンの立佞武多が登場!
でかい・・・!余りの迫力にどよめきが、そして拍手!!
周囲の建物より大きい立佞武多が道路を進む様子は非日常の極み。
d0007875_1084338.jpg
運行スタート。
今年は大型立佞武多3台のほかに五所川原市の高校や町内会のねぶた15台も出陣。
見物客を飽きさせません。
d0007875_1010164.jpg
そしてラスト近くに登場するのが、今年の新作立佞武多。
「国性爺(こくせんや)合戦 和籐内(わとうない)」
近松門左衛門の人形浄瑠璃をもとにした主人公が虎2頭を屈服させる様子を描いたこの作品。
見物客の皆さんもヤッテマレーヤッテマレー!と声援を送っています。
d0007875_1094563.jpg
五所川原立佞武多は8月8日(金)まで。
ぜひぜひこの大きさ体感してみてください!

五所川原立佞武多
会期 平成26年8月4日(月)~8日(金)19:00~21:00
会場 五所川原市市内中心部
問合先 (一社)五所川原市観光協会 TEL.0173-38-1515

by niok
by marugoto_aomori | 2014-08-05 10:42 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング