「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

青森を旅だったりんごは今!

こんにちは!ジミーです。
先日さっちゃんブログで日本一のりんご市場である弘果弘前中央青果㈱をご紹介しました。一面に積まれたりんごは圧巻でしたね!
今回は、青森りんごのその後を調べてきました。
d0007875_170551.jpg

どこで調査したかというと、日本全国の野菜や果物が集まる日本最大の青果物市場である大田市場。辺り一面に様々な野菜や果物が並べられています。市場内は、朝7時前でもすごい活気で、関係者の熱気で満ちています。
d0007875_1723817.jpg

なにか人が多く集まっているエリアがあります。市場内では、サンプル置場と呼ばれている場所で、ここで、買参人が事前に競りに出される品物をチェックします。
d0007875_1721624.jpg

色んな産地のりんごがあるなか、青森県産りんごを発見しました。
d0007875_17485.jpg

すべてのりんご箱の上には、このような紙が乗せられています。暗号のように数字が書かれていますが、競りを行うために必要な情報が書かれているのです。
1110は大田市場内で保管されている場所の番号、弘前は産地表示、サンはサンふじ、メジャーは等級、数字の部分はサンプルとして置かれているりんごと同程度のものが、1箱10kgで28玉入の物が5ケース、32玉入が15ケース、36玉入が10ケース、40玉入が20ケース用意しているという意味だそうです。
買参人はこの情報を確認して、競りに挑みます。
d0007875_1744661.jpg

そして、午前7時、いよいよ競りが始まりました!競りの会場は、競り人と買参人の威勢のいいかけ声が響き渡り、ものすごいスピードでりんごが競り落とされていきます。
競り会場には青森りんごの横断幕や弘前産りんごのポスターなど貼られています。全国№1の生産量をほこる青森りんご。大田市場でもPRに抜かりはありません!
d0007875_175096.jpg

競り終了後には、品物は競り落とした仲卸業者の元へ。大田市場内には、現在、167社の卸売業者が入っています。ここで競り落としたものを小分けにし、スーパーマーケットなどの小売業者に運ばれていきます。

青森県を旅だったりんごは、こうした道のりを経てみなさんのもとへと届けられます。
d0007875_1755796.jpg

早速今年収穫された青森県産ふじを入手しました。真っ赤に色づき、見るからにおいいそうです!
実を割って見ると!
d0007875_1772279.jpg

完熟の証である密がしっかりと入っています。食べてみるとほどよい甘さの中に、適度な酸味がきいていて、いくらでも食べられそうです!

青森県産りんごは今が旬です!ぜひご賞味下さい!

by ジミー
by marugoto_aomori | 2014-11-28 17:15 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

りんごの街・板柳町をぶらり旅

板柳町を街歩きしてきました。
板柳町は何度かまるごとブログでも紹介してますが、見どころが盛りだくさん。
新たな発見もありました♪

まずは板柳駅舎をスタート。
駅チカには、さっちゃんのブログでも紹介された「monoHAUS」さんがあります。
d0007875_19505552.jpg

オーナーはりんごの木箱を製造している姥澤大さん。蔵を改装した店内には、オーナーがセレクトした北欧の雑貨や玩具が展示販売されています。

11月30日まで「北欧の名作椅子展IN北欧」が開催されていて、お店の中は有名デザイナーの作品がズラリ!ウン百万の椅子も展示されています。
宝くじが当たればなぁ~。。。


板柳町の大通り(大町)を抜けると「革工房よしだ」さんに到着。
d0007875_1951518.jpg
d0007875_19521043.jpg

ショーウィンドーのディスプレイが目を惹くこのお店。
バッグ・ベルトなどの革製品はもちろん、首輪・馬具などさまざまな革製品が展示販売されています。

りんごの生産量日本一の町・板柳町らしく、りんごの選定バサミを入れるカバーも展示販売されています。
d0007875_2004477.jpg

既製品だとすぐに穴が開いてしまうそうですが、革製品だと長持ちするし、なにより丁寧に作りこまれたオンリーワンの逸品。そんな評判を聞きつけて長野県のお客様から注文が入るんだとか。

「革工房よしだ」さんを後にし、今度はアップルモールを歩きます。
d0007875_19552084.jpg

d0007875_19561795.jpg

穏やかなせせらぎ、石畳の小路、随所に現れるりんごのオブジェ、街中へ抜ける橋・・・、そして、しばらく進むと大石武学流の見事な庭園がお目見え!秋の風情を感じながら、ゆったり・ゆっくりの散歩は格別でした。

美食王・て~お~のブログで紹介された「川口あんぱん」で小腹を満たしたあとは、青森県内最古参の酒蔵・竹浪酒造さんに到着。
酒造りの歴史、製造工程を解説いただきながら酒蔵を案内していただきました。
d0007875_19565530.jpg
d0007875_19573861.jpg

「なぜ醸造施設の屋根は平らな構造なのか?」
「なぜ醸造施設は女人禁制なのか?」
解説を聞いてなるほど~と唸ること間違いなし。
仕込みの時期には、製造体験もさせていただけるそうですから、是非訪れてみてください。


あぁっ!?
他にも紹介したいところがたくさんあるけど書ききれない!
今回の街歩きはお試し版とのこと。次回また改めてレポートします。
乞うご期待です!
(Byノッポさん)

【連絡先】
■monoHAUS
住所 板柳町福野田実田30-5
電話 0172-72-1321
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日

■革工房よしだ
住所 板柳町字土井235-7
電話 0172-73-2561
営業時間 8:00~19:00
定休日 無休

■川口あんぱん
住所 板柳町板柳土井118-4
電話 0172-73-2711
営業時間 8:00~19:00
定休日 無休

■竹浪酒造店
住所 板柳町大字板柳字土井113
電話 0172-73-2161
見学 要予約
by marugoto_aomori | 2014-11-26 20:07 | Comments(1)

下北半島の突端「尻屋崎」と「寒立馬」

11月3日に下北半島の尻屋崎に行ってきました。
この日は、前日から北海道で急速に低気圧が発達し、降水確率も高めでした。
お客様をお連れして七戸十和田駅から尻屋崎に向かう途中、普段は穏やかな陸奥湾がかなりの高波と強風だったり、雨が降ったかと思うと日が差したりとドラマチックなお天気でした。
d0007875_192253100.jpg

もの凄く激しいお天気だったので、目的地の尻屋崎や寒立馬の見学を諦めていたのですが、尻屋崎に降り立つと、それまでの雨がピタリと止み、風は相変わらず強いものの、美しいレンガ造りの白亜の灯台と青い空、青い海が広がり、この世とは思えない神秘的な光景が広がっていました。

ちなみに尻屋崎は、下北半島の右側の突端で、大間のマグロで有名な津軽海峡と太平洋の海流がぶつかるところでもあり、昔から難破岬とも呼ばれ、船の遭難が多いところとして船乗りから恐れられていたようです。
d0007875_19244699.png

尻屋崎の灯台を中心に、下の写真は津軽海峡と太平洋を同じ時間に撮影したものですが、明らかに津軽海峡の方が荒々しく、2つ海流がぶつかっているところだということが分かりました。
d0007875_19252939.png

灯台付近で写真撮影をして、さらに車で移動すると、突然5~6頭の寒立馬の群れが目の前に現れました。道路の真ん中を悠遊と歩いている親子らしき馬や海岸の草を食べている馬など、とても自由な雰囲気です。馬と背景の海がマッチしていて素敵でした。
d0007875_19261531.jpg

人懐っこくて、餌をもらえると思ったのか、どんどん顔を近づけてくる馬もいました。
d0007875_19314130.jpg

寒立馬は冬期間は、「アタカ」と呼ばれる放牧地で過ごすようす。
雪と寒立馬もとても絵になりますよね。次は冬に行ってみたいです。

                               byさっちゃん

尻屋崎観光情報
 ぐるりんしもきたHP 
by marugoto_aomori | 2014-11-24 19:32 | 青森の旅 | Comments(0)

ぼたん鍋、はじめました!

d0007875_16444049.jpg

本州最北端に位置する下北半島のむつ市脇野沢では、野生のイノシシが生存できない環境にもかかわらず、イノシシを飼育し、精肉として販売しています。

なぜ飼育するのか?

それは美味しくなるからです!

脇野沢で飼育されたイノシシは、厳しい冬を越えるために脂肪が付き、それが旨味のポイントとなっているそうです。
d0007875_164532100.jpg

野生のイノシシは雑食であるため肉には独特なクセがありますが、脇野沢のイノシシは豚が食べるエサを基本に、リンゴや米ぬかなどを適度に配合して、良質な脂肪を付けるための工夫がされています。
肉質が柔らかくあっさりとした口当たりながらも、コクのある上質な脂とにおいの少なさが特徴で、初めて食べる人、イノシシ肉が苦手な人でも美味しく食べられる様に育てられています。
d0007875_16474987.jpg

d0007875_16482532.jpg

2012年に北海道檜山郡江差町で開催された「第2回N-1(ナベワン)グランプリ」で、約30種類の中からイノシシ鍋が見事グランプリを獲得!
「初めて食べたけど美味しかった」「意外に臭みがなく、見た目よりあっさりとした味わいでおいしかった」など、高評価を得たそうです。

鍋の季節に合わせてちょうど販売が始まるイノシシの精肉。
ぜひ今年の冬はぼたん鍋を味わってみませんか?

精肉は「上撰バラ肉」「上撰ロース肉」「こみ肉」があるほか、味付きもあります。
ぼたん鍋専用タレもあるのでぜひセットでお求めください。
d0007875_1702834.jpg

d0007875_16593693.jpg

d0007875_16595554.jpg

精肉は青森県観光物産館アスパム内にある青森県地場セレクトでも取り扱っています。

<お問い合わせ>
社団法人むつ市脇野沢農業振興公社
 住所:むつ市脇野沢七引201-5
 電話:0175-31-5011
 FAX:0175-31-5012

青森県地場セレクト
 住所:青森市安方1-1-40
 電話:017-777-3679
 FAX:017-735-2067

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2014-11-22 17:02 | おいしい食材 | Comments(0)

地産地消の上質カフェ「ケクーカフェ」

d0007875_15215929.jpg

南部町で7月にリニューアルオープンした「ケクーカフェ」をご存知ですか。
県南地域にここまで上質なカフェはとても珍しく、とても洗練された建築デザインに驚き、落ち着いたインテリアに長居したくなります。
d0007875_15325217.jpg

しかしお店のこだわりは建物の他、南部町にこだわった地産地消の料理にありました。
こだわりは生パスタで、この日のパスタは自家製の平打ち生パスタとショートパスタのガルガネッリ。
さらに、生地は南部町の小麦とデュラムセモリナをブレンドした「ねばりごし」と呼ばれるもので、独特の食感が持ち味です。
にんにくは、南部町の苫米地地区のみで栽培されているブランドにんにく「とまべちにんにく」、まろやかなニンニク風味が特徴の入手困難なものです。
d0007875_15341631.jpg

スパゲッティが好きでショートパスタを滅多に食べない方はぜひ、ガルガネッリを食してみてください。
ショートパスタの概念が変わりますよ♪
d0007875_15412187.jpg

デザートも全て自家製、お店のディスプレイから好きなスイーツを選びます。
d0007875_15363083.jpg

この時選んだのはモンブラン。
これもこだわりの地産地消です、地元の農家の栽培している栗を用いて一から作っているそうです。
一つ一つむいてペーストにしてと、かなりの手間がかかる甲斐もあって、とても自然な栗の甘みが表現されたスィーツでした。
d0007875_15421440.jpg

さらに、感動はコーヒーのラテアート。
カウンターに座ると目の前でラテアートの実演が見れ、リクエストもできます。
私はネコをリクエストしたところ、想像以上のかわいいラテアートが出てきました。
d0007875_1551167.jpg

また、通常のコーヒーにこだわりがあります。
最高級のコーヒー豆を用いたスペシャリティコーヒーで、苦みが少ないが深い味わいです。
コーヒー豆は焙煎から5日以内の豆しか使わないことにもこだわっているそうです。
d0007875_15523651.jpg

お昼時はほぼ満員状態で、若い女性客がほとんどです。
d0007875_15543240.jpg

その理由が出口のオブジェからも感じさせます。
南部町においでの際、または八戸市からも少し足をのばして、地産地消の上質なカフェでお昼休みはいかがでしょうか。
(kogao)

<ケクーカフェ>
住所:南部町苫米地下宿7
電話:0178-84-3739
ホームページ:http://www.kekucafe.com/
営業時間 
 ランチ 12時~14時
 ティータイム 14~17時半
 ディナー 17時半~21時
定休日:変則(ホームページを参照してください)
by marugoto_aomori | 2014-11-19 16:15 | 青森食べ歩き | Comments(0)

霊気漂う異空間 ~山王坊日吉神社~

鎌倉時代、津軽地方は安藤氏という豪族が支配していました。
その安藤氏が居城を構えていたのが十三湖のあたり。いわゆる十三湊です。
しじみで有名な十三湖ですが、その頃は日本を代表する貿易港でした。
そのせいか、この辺りには遺跡、史跡、神社などが多く残されています。
d0007875_13531749.jpg
中でも、異彩を放つのがこの山王坊日吉神社。「日吉」と書いて「ひえ」と読みます。
豪族・安藤氏から庇護されていたというこの日吉神社。
十三湊の繁栄ぶりを今に伝える史跡の一つです。
d0007875_1405785.jpg
この日吉神社は、滋賀県大津市にある山王総本宮日吉大社の末社。
日吉神社は全国各地にありますが、ここの日吉神社が珍しいのは京風二重鳥居(上の上の写真)です。
良く見ると「山王」という文字をかたどっているのが分かります。
かつて、二重鳥居は全国各地に見られていましたが、明治政府の神仏分離政策によりその多くは取り壊されたのだそうです。
しかし、ここの鳥居は壊されることなく、かつての形を保っている非常に貴重なもの。
d0007875_1434734.jpg
鳥居をくぐると昼間でも薄暗く、何か気配が...
霊感のない私でも思わず後ずさりしたくなるような空間です。
参道を進むと現れるのが拝殿。
復元されたものですが、鬱蒼とした森に現れる拝殿は映画の中の世界のよう。
d0007875_1356794.jpg
d0007875_1357023.jpg
場所は道の駅十三湖高原トーサムから車で5分ほど。
近くに駐車場もありますので気軽に行くことができます。
お近くを通った際はぜひ!
ただ一人だと心細くなってしまうかもしれませんが。
d0007875_13551581.jpg
山王坊日吉神社
[問合せ先] 五所川原市商工観光課
[住所]〒037-0401 青森県五所川原市相内
[電話番号] TEL 0173-35-2111 FAX 0173-39-1093

by niok
by marugoto_aomori | 2014-11-17 15:21 | 青森の旅 | Comments(0)

土偶女子的青森旅

先日、テレビをみているとこんな言葉を耳にしました。

「土偶女子」

なんでも最近女子の間では「土偶が可愛い!」「癒される!」ということで、
土偶にはまる女子が急増しているそうです。
確かに、ガチャガチャで土偶や埴輪を見かけたりもします。
かくいう職場にも土偶女子が…。
魅力をきいてみると「土偶の格好が良い」「顔が好き」「何を思って作ったのか妄想するの
が好き」…様々な理由から土偶に魅力を感じる女子が急増しているそうです。

そんな土偶女子の皆様に朗報です!

現在東京国立博物館にて開催中の「日本国宝展」にて、11月21日から12月7日までの
2週間限定で、「DGU(土偶)神5」と呼ばれる国宝土偶体が展示されます!
彼らが一堂に会する機会はなかなかありません。

日本で国宝に指定されている土偶はたったの5体のみ。いつもはお一人で八戸市の是川縄文館に
展示されている我らが合掌土偶さんも、「DGU神5」の一員として「日本国宝展」に出張中で
ございます。
青森県民的には、合掌土偶さんにセンターをとってもらいたいと願うものです。

d0007875_14221193.jpg
神5の一員・合掌土偶さん(※こちらの写真はレプリカです。)
充分センターを張れるだけの存在感があると思うのは贔屓目でしょうか?

東京で合掌土偶さんが見られるチャンスはなかなかありません!
東京にお住いの青森県人の方々は勿論、神5を観覧しに青森から足を運んでみてはいかがで
しょうか?

そして青森県は実は縄文王国。
先般の記事ではライアの祈りの映画化も紹介させていただきました。

三内丸山遺跡・是川遺跡をはじめ縄文遺跡の宝庫…県内にはたくさんの縄文時代の遺物が出土
しています。
日本全国から縄文時代の遺物は出土していますが、特に青森県の縄文文化はその独自性に注目
されています。
中央から干渉されずにのびのびと縄文文化が育まれた結果、青森独自の土偶が様々誕生しました。
元祖青森県代表の遮光器土偶さん(旧木造町出身)、板状土偶さん(青森市出身)、いのっちさん
(弘前市出身)…。

d0007875_14134691.jpg
木造駅にはしゃこちゃんが。土偶女子が泣いて喜びそうです。


青森県の土偶は個性豊か。土偶女子にとっての聖地巡礼ができそうなほど、様々な土偶さんが
いらっしゃいます。

その中でも野辺地町の板状立脚土偶さんをご紹介したいと思います。
私の推し土偶の一つです(出身地だからという贔屓目を除いても好きです)。
物凄い名前ですが、まずはお姿をご覧ください。

d0007875_1493362.jpg
立った!土偶がたった!
そうなんです。こちらの土偶さんはその名のとおり、足が生えて自立できる土偶なのです!

僭越ながら、土偶女子の端くれのわたしが板状立脚土偶さんのプロフィールと推しポイントを
解説させていただきます。

d0007875_1410810.jpg

【名前:板状立脚土偶】
所 属:国指定重要文化財
出身地:野辺地町 有戸鳥井平遺跡
身 長:32センチ
年 齢:縄文時代後期
PRポイント:
日本国内の板状立脚土偶の中では最大級の高身長。頑張って立ちあがり、微妙に左足をつきだし、生まれたての羊のように一歩踏み出そうとしているお姿が可愛い。
立体的なお顔も板状の土偶にしては珍しく、若干猫背気味の首の曲がり具合が良い!口のぽっちん具合もたまらんです。
足の長さの割に短い腕のアンバランス具合が、乙女心をくすぐります。






ちょっと熱くなってしまいました。
こちらの板状立脚土偶ですが、2009年には大英博物館で開催された「日本土偶展」にて展示
されるなど、学術的にも非常に珍しいものとなっており、県内の土偶の中でも一目置かれる存在
となっているそうです。
※詳しくはこちらをご覧ください。
野辺地町立歴史民俗資料館では常設展示されておりますので、ぜひ足を運んでご覧になってみて
くださいませ!

d0007875_1421366.jpg

ぐるりと360℃見られるような展示をしておりますので、土偶女子の皆さま、ぜひじっくりと
見てこの愛くるしさを実感してください☆

青森県内は雪も降り積もりましたが、まだまだ芸術の秋。
土偶女子の皆さま…県内の土偶巡りをして、自分の推し土偶を探してみてはいかがでしょうか??
可愛い・かっこいい土偶が皆さまをお待ちしておりますよ!


ちなみにちなみに…このような本も発売中でございます。
青森縄文王国(新潮社)
土偶をはじめ、土製品や土面、土器等の青森県の特徴的な縄文遺物を集めたグラビアと共に、
学術書というよりも、芸術品・美術品としての縄文文化を解説した一冊です。
遺跡や展示資料館なども掲載されているので、この一冊で青森県の縄文文化を身近に感じられる
こと間違いなしですよ!



【日本国宝展】
場  所:東京国立博物館
会  期:10月15日~12月7日
開館時間:9:30~17:00(入館受付は16:30まで)
休 館 日:月曜日
http://kokuhou2014.jp/
※国宝土偶5体展示は11月21日(金)からです

【野辺地町立歴史民俗資料館】
住  所:上北郡野辺地町字野辺地1-3
電  話:0175-64-9494
開館時間:9:00~16:00
休 館 日:月曜日
入 館 料:一般・210円、高校生・大学生 110円、小学生・中学生 無料
http://noheji.bakufu.org/


by その他の押し土偶は八戸の頬杖土偶・好きな縄文模様は爪形文 ざき
by marugoto_aomori | 2014-11-14 14:43 | 青森のアート | Comments(0)

欲張り!! 種差海岸トレッキングと漁船と漁師鍋ツアー

d0007875_19413821.jpg
写真は種差海岸にある「白岩」を沖合から撮影したものですが、決して雪が積もっているのではありません。
実は海鵜のフンにより白くなったもので、季節によって白色の濃さが変わるのだそうです。
さて、今回は八戸市の種差海岸で新たにツアーメニュー化した、「トレッキングと漁船と漁師鍋ツアー」のモニターツアーに参加してきました。
d0007875_19421464.jpg
出発場所は、今年7月にオープンした、種差海岸インフォメーションセンターです。
d0007875_19430480.jpg
ツアー行程は、まず「種差天然芝生地」から、「淀の松原」という樹齢90年以上のクロマツ並木の間にある遊歩道を散策した後、先程の「白岩」を陸上から見学しながら歩きます。この日はお天気も良く、ガイドさんの説明を聞きながら、静かで美しい海岸線の遊歩道を歩いていると、まるで心が洗われるようです。
d0007875_19441267.jpg
d0007875_19443854.jpg
次に、海水浴場のある白浜海岸手前の漁港から漁船に乗って、海からの種差海岸の風景を楽しむことができます。
d0007875_19454239.jpg
普段見ている種差海岸の美しい風景も、漁船に乗って海側から見るとまた違った趣があり、何よりも、船の揺れがテーマパークのアトラクションのようで、迫力が感じられます。
d0007875_19460946.jpg
船が種差漁港に戻ると、そこには地元の漁師さんとお母さん達が作ってくれた豪快な漁師鍋と、地元ならではの海の幸のランチが待っています。
d0007875_19463363.jpg
この日は、サケやカジカが入った漁師鍋とヒラメの刺身や自家製イクラの豪華版。美味しくいただきました。
このツアーを運営する団体は、このほかにも芝生地でのハイセンスな朝食体験など、様々な着地型体験メニューづくりに取り組んでいます。
皆様も、1年を通じて楽しめる種差海岸の魅力を見つけに来てみてはいかがでしょうか。


byオーレおじさん


(問合せ先)
株式会社ACプロモート
住所:青森県八戸市三日町13-4-5
電話:0178-85-0137


by marugoto_aomori | 2014-11-12 19:53 | 青森の旅 | Comments(0)

『ライアの祈り』と『是川縄文遺跡』

d0007875_17145021.jpg

『ライアの祈り』を知っていますか?
八戸を主な舞台とした縄文時代と現代を舞台とした小説で、来年6月には映画も上映されます。
桃子(縄文時代のライアの生まれ変わり(推測))、クマゴロウ(ライアの兄の生まれ変わり(推測))の心温まるラブストーリーです。
映画には一足早いですが、『ライアの祈り』ご当地巡りをしようと、小説を片手にメインの舞台となった是川縄文館を訪れました。
d0007875_1717231.jpg

是川縄文館といえば、国宝『合掌土偶』で有名ですが、人気もののせいか現在出張中で、これは精巧なレプリカ。
私が『ライアの祈り』ゆかりのものとして、ぜひ見たかったが『ライアの弓』です。
ライアは縄文時代の(元)狩人で、弓をかついで森をかけまわっていました。
d0007875_9294666.jpg

その弓がこれかも。
赤いんです!3000年前の弓がきれいな赤が今もはっきりと残っています。
これは、黒い漆を塗り、さらに赤い漆を塗ることにより、美しさと耐久性を持たせています。
さらに、赤い腕輪。
d0007875_859318.jpg

遥か昔の八戸で、鮮やかな赤の腕輪を身につけた人達が歩いていたと想像するだけで、自分も主人公の桃子のように縄文の記憶がフラッシュバックしそうです。

他にも赤い埋蔵物がたくさん展示されています、ここ是川縄文遺跡の特徴は「赤」だと強く感じました。
『ライアの祈り』ご当地巡りは、小説の世界を鮮やかな赤をもって蘇らせます。

d0007875_9422598.jpg

最後におまけとして、まだ一般公開はされていませんが、特別に見せてもらったミサンガ(※)。
物語の最も重要なキーとなるものです。
映画をお楽しみに♪
(※)実際の埋蔵物ではありません。


(kogao)

<映画『ライアの祈り』>
https://www.facebook.com/raianoinori
http://raianoinori.com/

<八戸埋蔵文化財センター 是川縄文館>
http://www.korekawa-jomon.jp/
青森県八戸市大字是川字横山1
TEL:0178-38-9511
FAX:0178-96-5392
開館時間 午前9時~午後5時
休館日月曜日
(第一月曜日・祝日・振替休日の場合は開館)
祝日・振替休日の翌日
(土・日曜日、祝日の場合は開館)
by marugoto_aomori | 2014-11-10 09:50 | 青森の旅 | Comments(0)

青森県サイクル・ツーリズムプロモーション ~サイクルモードin幕張メッセ~

d0007875_935164.jpg

は~るばる来たぜ、まくは~り~♪
ここ幕張メッセでは、11月7日から9日にかけて、自転車にまつわる企業・団体が一堂に集まる国内最大の自転車フェス「サイクルモードインターナショナル2014」が開催されています。

こちらはRIDLEY(リドレー)
d0007875_814396.jpg

Wilier(ウィリエール)
d0007875_823153.jpg

・・・といった海外の有名スポーツバイクをはじめ、パーツ製造メーカー、サイクリングアパレルなど500以上のブランドが集まる展示会とあって、多くの自転車愛好家が集まり会場は熱気に満ちています。

そして、こちらが青森県ブース。
d0007875_8275511.jpg

自転車愛好家ならではの観光情報、県内で開催されるサイクルイベントの紹介はもちろん、青森県の魅力をまるごと知ってもらえるようPRをがんばっています!
d0007875_8341854.jpg

d0007875_837121.jpg

d0007875_8374175.jpg

りんごジュースのプレゼント企画も準備!「いくべぇ」の出演もありますよ~。

広い会場で困ったら、このジャージが目印!
d0007875_8495039.jpg

スタッフ一堂、皆様のご来場をお待ちしています。
(By ノッポさん)


【サイクルモードインターナショナル2014】
 ・開催期間
  11月7日(金)~11月9日(日)
  7日/ 10:00~18:00
  8日/ 10:00~18:00
  9日/ 10:00~17:00
 ・開催場所
  幕張メッセ 国際展示場展示ホール
  青森県ブース:展示ホール1
 ・サイクルモード公式HP
  http://www.cyclemode.net/outline/

by marugoto_aomori | 2014-11-08 09:00 | その他 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング