「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

青森食材のイタリアンを堪能「イル ヴィスキオ」


先日のブログに続いて、今回も東京の青森ネタをご紹介します!


新宿駅から小田急小田原線に乗り、3駅の参宮橋駅。
改札を出て歩くこと51歩。

d0007875_1645952.jpg


ここにあるのが、弘前市出身の中田シェフのイタリアンレストラン「Il VISCHIO(イル ヴィスキオ)」です。

d0007875_16453748.jpg


イル ヴィスキオは2013年にオープンし、今年で4年目を迎えました。

「日本にも郷土料理がある通り、イタリアにも地方それぞれの料理がある。イタリアのそれぞれの地方の味をそのままご提供したいと思っております。」というシェフのコメントの通り、出身の青森をはじめとしたこだわり食材を使用したイタリア郷土料理をコースで楽しむことができます。


この日はランチにお伺いしたので、いくつかメニューをご紹介します。


「青森県大西ハーブ農園直送野菜と色々な有機野菜のバーニャカウダ」

d0007875_1649041.jpg


まるで春の野原のようで、彩り豊かです。色々な食感や味を楽しめましたし、田子町産のにんにくが使われているソースとも相性抜群でした。



「青森県産緑の卵のモッツァレラチーズ入りナポリ風トースト(カロッツァ)」

d0007875_1649495.jpg


緑の卵は卵黄が大きく、甘みのある味わいが特徴で、卵好きの私にとって、濃厚な緑の卵とチーズのコクに幸せを感じる一皿でした。


そして、メインは、
「青森県産バルバリー鴨のローストバルサミコソース 岩木山麓蕗の薹フリット添え」

d0007875_16551430.jpg


鴨の濃厚な味わいに、岩木山の麓で採れた蕗の薹がアクセントになった春らしい味です。


そしてそして、最後のデザート。
デザートの一つにパンナコッタがあり、これには横浜町産のなたね油がたっぷりとかけてありました。

d0007875_17135787.jpg


これがとーーーーってもマッチしていて・・・もう至福の時です。


この日はランチに伺ったので食事がメインでしたが、ドリンクメニューには、津軽路ビール、kimoriシードルもあるので、青森の食材と青森のお酒のマリアージュを楽しむこともできますよ。



d0007875_1775245.jpg


中田シェフは、メニューにも青森食材をふんだんに取り入れるなど、生まれた青森の食材や生産者に熱い思いを持っていて、話を伺っていると元気をもらいました。また、シェフのネイティブな津軽弁に心も安らぎ、ついつい話も弾んでしまうそんな素敵なお店です。

d0007875_1764758.jpg


皆さまもぜひ足を運んでみてくださいませ。

By matsu

▮Il VISCHIO(イル ヴィスキオ)
住所:東京都渋谷区代々木4-6-5 A&U1F
電話:050-5590-2112(予約専用)
   03-5309-2366(お問い合せ専用)
営業時間:12:00~13:30(L.O) 18:00~22:30(L.O)
定休日:月曜日
HP:http://www.il-vischio.com/
by marugoto_aomori | 2016-04-29 17:16 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

東京で味わおう青森のプレミアム

今日は首都圏の皆様へ「プレミアム」なお知らせです!
GWを目前にして、「青森に行ってみたい!」「青森に帰ろうかな~!」と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、「今回は時間がなくて行けない・・・」とか「別の予定がある・・・」という方に「プレミアム」な青森を味わうことが出来るお店をご紹介いたします。
その名も、北のプレミアムフード館「kita-pre」。4月15日に東京・神楽坂にオープンしました!

d0007875_11135949.jpg

店名に「北」と銘打っているだけあって、青森県をはじめ、北海道、岩手県、秋田県の商品を多数取り扱っていますが、中でも青森のスペースが断然広くなっているのが、うれしいところです!

d0007875_11421180.jpg

「kita-pre」は3フロアからなっており、1階は生鮮、加工食品、調味料、乾物、2階は和洋菓子、スイーツ、酒類、嗜好品のコーナーとなっています。
入口そばには青森県の人気商品である「黒ニンニク」や、現在、青森県内では品薄で入手困難な特A米「青天の霹靂」をはじめ、自信を持って推薦できる商品がドドーンと揃っています。
 また、りんごスイーツやお酒などの品揃えも豊富で、次々に商品を買いたくなってしまう。そんな空間です。

d0007875_1143584.jpg

3階はカフェコーナーとなっています。
カフェコーナーの大型モニターに映し出される北の厳選された風景を眺めながらくつろげる空間で、青森県産品をふんだんに使った軽食やスイーツが楽しめます。

d0007875_11442239.jpg

プレミアムフレンチトースト ¥1,200

しっとり焼き上げたフレンチトーストは、ほろ苦く香りがたっぷり。
色とりどりの果物とベリーソースで飾った、鮮やかでオトナな一皿です。
プレミアムソフトといっしょに。お口にうれしい甘みが広がります。

d0007875_11451518.jpg

贅沢りんごのクランブルタルトの贅沢プレート ¥1,200

青森県平川市の釈迦のりんご園から取り寄せたフレッシュなりんごをメインに使った贅沢プレート。
シェル・ヴ・サカイの坂井美穂氏が焼き上げた、甘酸っぱい果汁たっぷりタルトを、濃厚なプレミアムソフトとともにお楽しみいただけます。

是非、神楽坂へお越しの際は「北のプレミアム」がたくさんつまった「kita-pre」へお立ち寄りください。
また、ホームページではお取り寄せグルメも取り扱っていますので、併せてそちらもご利用ください。

<問合せ先>
北のプレミアムフード館「kita-pre」
住所:東京都新宿区神楽坂3‐2
TEL:03-5225-2566
営業時間:11:00~20:00(年中無休)

<アクセス>
東京メトロ有楽町線・南北線【飯田橋駅】B3出口 徒歩4分
JR中央線【飯田橋駅】西口 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線【牛込神楽坂駅】徒歩4分
東京メトロ東西線【飯田橋駅】徒歩9分

by  もんた
by marugoto_aomori | 2016-04-27 11:48 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

桜の名所・十和田市官庁街通りにTMG48出現?!

 週末は、県内全域的に桜が満開を迎え、気候も良かったことから、県内各地の桜の名所は多くの人で賑わっていました。

 日本の道100選・桜の名所にも挙げられる十和田市官庁街通りも、満開の桜を楽しもうとたくさんの観桜客が訪れていました。
 その官庁街通りで”おもてなし”して活躍しているのが、TMG48(トワダもてなしガールズ48)です。
 TMG48は、十和田市を訪れたお客様に「十和田市っていいとこだね、十和田市に来て良かったね!」といわれるような”おもてなし”を行ないたいと考えている女性たちで、メンバーは、主婦やOL、市職員、学校の先生、観光施設職員、福祉関係、商店街の店員などさまざまです。
 彼女たちは、官庁街通りを訪れた観光客にお声掛けして、おススメや見どころを案内しながら、ちょっと休憩できる憩いの場を提供し、賑わいをもたらしています。
d0007875_1133340.jpg

 TMG48は、平成24年12月に結成し、平成25年度の十和田市春まつりから、「さくら案内所」を開設・運営しており、毎年、十和田市現代美術館のアート広場の横で、観桜スポットのご案内や春まつりイベントや周辺飲食店の紹介なども行っています。
d0007875_1183894.jpgd0007875_118153.jpg

 案内所では、ちょっと休憩したい方に地元の甘味処「京甘堂」のお菓子を販売して提供していたり、駒の里ならではのお土産として馬のブローチを販売しております。
d0007875_1151464.jpgd0007875_1144580.jpg

 官庁街通りの桜は散り初めてしまいましたが、十和田市春まつりは5月5日まで官庁街通りを中心に様々なイベントや催事が行われます。
 是非、この連休中は十和田市に、そして「さくら案内所」にお越しください。
 ”わたしたちが、おもてなししま~す!
d0007875_1161488.jpg


TMG48(トワダもてなしガールズ48)
住所:十和田市稲生町16-45 A ハウス内
電話:0176-58-7580
facebookページ:TMG48 とわだもてなしガールズ

さくら案内所
営業:4月20日(水)~5月5日(木・祝)
   8:00~16:00
場所:上北労働基準協会前


十和田市春まつりイベント情報は、コチラ
問合せ先:(一社)十和田市観光協会
電話:0176-24-3006

by トリッキー
by marugoto_aomori | 2016-04-25 10:54 | 街歩き | Comments(0)

漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む

八戸線「鮫駅」は、江戸時代には貿易港・漁港として栄え、八戸発祥の地ともされる町の入口。「魚」が「交」わると書くだけに、往時は漁獲とお金を手にした漁師たちが行き交う繁華な町。腹巻きに札束を差し込んだ漁師たちが豪快に飲み歩き、威勢はよいけど治安が良いとは言いがたい雰囲気に満ちていたそう。
d0007875_17484424.jpg

そんな漁師たちを温かく迎えて鼓舞してきた居酒屋やスナックは今も健在。地元の人達が集まって賑やかですが、一介の旅行社にとっては入りづらい・・・。とはいえ、なんだかとっても気になるこの状況に、救いの一手。

八戸で地元ならではの着地型旅行商品を数多く手がけているACツーリズムの町田直子さんが企画している「鮫銀座☆漁師の隠れ家はしご酒ツアー」。本八戸を夕方に出発し、鮫の街の居酒屋やスナックを3軒はしごした後に終電で戻ってくるという約3時間30分のツアー内容で、店を日々切り盛りするママさんたちの、浜ならではの生き様に溶け込むことのできる絶好の機会です。
d0007875_19352077.jpg

d0007875_19355743.jpg

d0007875_19372733.jpg

d0007875_19374576.jpg

この町田さんの「鮫銀座☆漁師の隠れ家はしご酒ツアー」は、観光庁の「東北六県見るもの・食べるもの・買い物100選」に選ばれました。八戸中心街では体験できない、歴史とロマン溢れる鮫銀座で楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

<ツアー行程>
本八戸駅集合(17:45)→八戸線で鮫駅へ→雰囲気の異なる3軒の飲食店をはしご酒→八戸線で本八戸駅へ→解散(約3時間30分)
料金:3,800円

<問い合わせ先>
ACツーリズム
電話 0178-85-0137
http://actourism.jp/

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-04-22 19:47 | 青森の旅 | Comments(0)

奥入瀬自然誌博物館を観賞する。

今月6日、奥入瀬渓流初の本格的なエコツーリズムガイドブック「奥入瀬自然誌博物館 立ちどまるから、見えてくる(著者:河井大輔)」が発刊されました。
奥入瀬の森が創り出す芸術や科学、そして神秘を、あたかも博物館や美術館で作品を鑑賞するように楽しんでもらうためのガイドブックです。
d0007875_1282112.jpg

「火山の噴火と十和田湖の決壊・浸食が創り出した造形美」
「豊潤な空中湿度が育むコケやキノコなどの小さなアート」
「種の保存のために進化した精巧なデザイン」 など
天然の博物館が展示する自然が創り出す作品を、足を止めて、ゆっくり、じっくり観賞してみませんか?
d0007875_1283247.jpg

d0007875_1284579.jpg


このブログでも奥入瀬の楽しみ方を紹介していますのでぜひご覧ください。
「奥入瀬渓流『学びの旅』のススメ」(2013年6月12日)
「祝☆奥入瀬渓流『日本の貴重なコケの森』選定!」(2013年8月20日)
「まるで『森のサンゴ』」(2013年9月24日)
「76万年前への時空間旅行」(2013年11月24日)
「冬の『奥入瀬、蔦の森』の楽しみ方」(2014年2月24日)
「雨の奥入瀬を撮りまくる」(2014年8月16日)

<ガイドブックの問合せ先>
NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会
住所:〒034-0095 十和田市西二十一番町53-7
電話:0176-23-5866(FAX兼用)
定価:本体3,750 円+税(ISBNなし・限定600部)
送料:1冊あたり360円(レターパックライト)
申込:申込フォームでのご注文: http://www.oiken.org/
   Eメールでのご注文: info@oiken.org
   FAXでのご注文:0176-23-5866

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2016-04-21 12:10 | 青森の旅 | Comments(0)

隠れ家的カフェ「CAFE403」でティータイム

青森市にある「CAFE403」。
ふらっと歩いていては見つけられない、まさに隠れ家的なカフェです。
いつもは夜にお邪魔しているのですが、今回は日曜日の昼下がりに行ってみました!
d0007875_2159457.jpg

d0007875_21595879.jpg

木の温もり溢れるおしゃれな店内です。
女性客が多いのもうなずけます。
ちなみに、この棚はリンゴ箱を使って作ったもので、お客様の荷物入れになっています。マスターが一つひとつヤスリをかけ、バーナーで焼いて、ニスを塗って…と手間暇かけて制作したもの。素敵です。

d0007875_221097.jpg

そんなオシャレな店内に、なぜかタライが!
底が若干へこんでいます。
先日は、女子高生のみなさんがお昼にトライしていったとのこと。私もやってみたい…。女子高生のチャレンジ精神に脱帽です。
人生に一度はタライを!と思っているみなさん。無料ですので、ぜひどうぞ。

d0007875_2214539.jpg

ほかにも、お馬さんが好きな方の必勝祈願神社?もあり、おしゃれさと面白さを兼ね備えたお店となっていますが、本来、カフェですので、注文もちゃんとします。
「ハチミツジンジャーレモネード」は、ピリ辛でスッキリしたお味です。お店で3~4日ハチミツ漬けにしたレモンもほどよい酸味で、すべておいしくいただきました。

d0007875_2235395.jpg

そして、人気の「403フレンチトースト」(800円・税別)

d0007875_2253247.jpg

いい高さです!
洋酒の風味がする少し大人なフレンチトーストで、添えられているヨーグルトとベリーのソースも良いアクセントに。甘さ控えめなので、このボリュームでもぺろっといけちゃいます。とってもおいしかったです。

d0007875_2261526.jpg

ちゃっかり「いくべぇ」も!
普段は、絵が上手なマスターが、スヌーピーやドラえもんなどを描いて出してくれるのですが、今回は特別に「いくべぇ」をお願いしてみました。ああ、かわいい。
事前に予約して頼んでおけば、好きな絵をかいてくれるかも!とのことです。
ちなみに、フレンチトーストのほか、ティラミスやパンケーキでもイラストがついてきますよ。

d0007875_227862.jpg

そして、こちらが千葉県出身のマスター・池田昌広さんと、青森出身のママ・和子さんです。いつも明るく、とにかく素敵なご夫婦なのです。
マスターが青森大好きで、2年前、移住してこちらでお店を開いたそうです。
お店の名前の「403」は、東京に住んでいた時の部屋番号。
HPを拝見したところ、来客の多かったお二人の思い出の部屋番号とのことで、ここ青森でも「我が家にお招きするように楽しい時間を皆さんに過ごしてほしい!」との思いで命名されたとのこと。
その思いのとおり、アットホームで居心地のよいお店でした!
今度は、ランチを食べに行かなくちゃ。

【CAFE403】
営業時間:11:00~23:00(日・祝日は21:00まで)
定休日:月曜日
住所:青森市安方2丁目12-2
TEL:017-763-5424
HP:http://cafe403.jp/

by はっしー
by marugoto_aomori | 2016-04-18 22:14 | 青森食べ歩き | Comments(0)

Tugaru Love Story

つがる市は、青森県の中西部にある人口3万3,000人の市で、2005年2月11日に木造町、森田村、柏村、稲垣村、車力村の1町4村が合併して誕生しました。

そんなつがる市が、市制10周年記念映像事業として、つがる市フィルムコミッションと制作したショートムービーが「Tugaru Love Story」です。シナリオ公募によって選ばれた3名の監督よる作品の短編集で、各作品のプロデュースをつがる市フィルムコミッションのメンバーが務めています。
どの映画も、当然ながら全編津軽ロケで、木造駅のシャコちゃん(の足)や神武食堂、高山稲荷、津軽鉄道などなど、青森県津軽地方のなつかしく、のどかな景色が素敵です。

d0007875_16401966.jpg
d0007875_16412827.jpg
d0007875_164284.jpg
d0007875_16432170.jpg
※画像提供:つがる市フィルムコミッション

そのなかでも、横山結衣(AKB48 Team8)さんが主演をつとめた「ふりむくな」は、木造駅前など古き良き街並みを舞台に、青春の1ページを切り取ったようなショートムービーです。この作品、見てもらえると分かると思うのですが、疾走感やジュブナイル感が半端なくて、この年になるとけっこうはにかんでしまうのですが、見終わった後は何となくほっこりします。
是非一度ご覧ください!

by YOSHIHITO


「ふりむくな」
望郷の思いや恋心を描いた永遠のラブストーリー。
プロデューサー 坂本憲彦
出演 横山結衣(AKB48 Team8)、篠田 諒


「うつるもの」
高山稲荷神社を舞台に、淡い恋心を描いた作品。
監督 鍬田千歩(大阪在住大学生)
プロデューサー 戸澤正二郎
出演 椿 弓里奈、永岡卓也


「つがーるちゃんは恋敵」
森田の道の駅を舞台に、リンゴを売る青年とうまく愛の告白ができない女性とのコミ。
監督 イナガキマサヒロ
プロデューサー 宮本純一
出演 桒子英里(RAB青森放送)、川田 祐

by marugoto_aomori | 2016-04-15 17:16 | 青森の旅 | Comments(0)

お待たせしました!日本一 弘前城の桜

今年は例年よりも早く咲きそうです。
開花情報の目安「標準木」も開花まであと一歩。
つぼみの先が割れて花芽が顔を出し4月16日頃には開花しそうです。

d0007875_11313960.jpg
公園内では、咲いている桜もちらほら見られます。
d0007875_11383657.jpg
この絶景まであと一歩!4月22日が満開との予想!
d0007875_11384703.jpg

d0007875_11381913.jpg
                     (昨年の模様)

さらに、こんなサービスも始まっています。外国人も日本人も大喜び。
d0007875_11392576.jpg
d0007875_11393669.jpg
  【お殿様お姫様衣装着付け体験】
    場 所:弘前公園 武徳殿(北の郭)
    時 間:9:00~16:30
    体験料:着物500円、甲冑・打掛1,000円
    オプション:記念写真(有料)
    http://www.aptinet.jp/Detail_display_00005495.html

(写真は全て弘前市役所提供)

青森県内 さくらまつり・開花情報
http://www.aptinet.jp/ap_sakura.html


夜間ライトアップや出店が、16日から始まります。
さぁ、みんなで、弘前公園へゴーゴーゴー


by 菊花

by marugoto_aomori | 2016-04-13 12:50 | 青森の旅 | Comments(0)

弘前市内が「ふらいんぐうぃっち」に染まっています!


去年のちょうど今ごろ「ふらいんぐうぃっち 舞台めぐりマップ」を見ながら歩いてみた という記事を書いたのですが、みなさんおぼえていらっしゃいますか?
実は、この弘前市を舞台にした漫画「ふらいんぐうぃっち」がアニメ化したんです!


アニメ化をきっかけに、弘前市内のいろいろなところでふらいんぐうぃっちコラボが始まっています。
たとえば、弘前さくらまつりのコラボした、歓迎フラッグと短冊ポスター!
d0007875_16432646.jpg
そして、弘南バスのラッピングバス!
d0007875_16445141.jpg
そしてそして!弘南鉄道大鰐線にはラッピング電車が!
d0007875_16470245.jpg
まるごと青森Facebookにて、車両全体が見られる動画を公開しております。よろしければそちらもご覧ください!

さらに、弘南バスと弘南鉄道ではアニメ化を記念して、4月中旬から9月末まで、一部の駅やバス停の車内アナウンスを、ふらいんぐうぃっちの声優さんが務めることになっているそうです。どの場所で誰がアナウンスするのか、楽しみですね。

実はワタクシ、動画配信サービスで第一話を視聴したのですが…感想としては、ゆるふわで癒されるアニメだと思いました。そして、弘前を知っている人なら「あ!あそこだ~!」とわかる場所が沢山描かれていてとっても楽しかったです。

青森県内では、毎週金曜日深夜1時27分~1時57分、もしくは毎週土曜日16時30分~17時00分に放送予定です。
第一話は16日(土)からですので、テレビ欄をチェックチェック!
(霜月)

by marugoto_aomori | 2016-04-11 16:59 | 街歩き | Comments(0)

あおもり藍を食す「あおもり藍フィナンシェ」

 このブログでも何度か取り上げさせていただいている「あおもり藍」ですが、今回は、「あおもり藍」を使用したお菓子のご紹介です。

 「あおもり藍」は、あおもり藍産業協同組合が独自に開発した染料生成・染色技術です。
 こぎん刺しの麻生地の染色に代表されるように、江戸時代には県内に百軒ほどの藍染工場があり、明治30年代頃までは藍の栽培も盛んに行われていましたが、凶作の年が多かったことや、安価な輸入品や代替製品におされ、大正時代までに県内の藍産業は衰退してしまいました。

 このような歴史を背景に、平成に入ってから青森の藍を復活させたいとの願いを持った人たちが集まり、新しい技術や休耕田を活用しながら「あおもり藍」は産業として復活を果たし、現在、「あおもり藍」で染色した服飾品や消臭剤などが商品化されています。

d0007875_19381181.png



 この「あおもり藍」を使用した新たな商品として、昨年8月に「あおもり藍フィナンシェ」がデビューしましたので、ご紹介させていただきます。

d0007875_19403112.jpg

「あおもり藍フィナンシェ」


 「あおもり藍フィナンシェ」は、青森市のベーカリー「eat fun!」が、県産小麦と県産米「つがるロマン」の米粉に、あおもり藍の原料であるパウダー状の県産無農薬「藍葉」を練りこみ、極上のバターを加えしっとりとした食感に焼き上げたお菓子で、薄緑色でほんのりヨモギのような風味となっています。

d0007875_19445813.jpg

しっとりとした触感が特徴的


 一般的に藍を食べるイメージはないかもしれませんが、藍葉にはポリフェノールやフラボノイドが豊富に含まれ抗酸化力もあることから、漢方薬の原料にもなっているそうです。また、「あおもり藍」は、無農薬栽培された県産の藍葉を原料としているので、食品としても安心して食べていただくことができます。

d0007875_19481432.jpg

県内の休耕田を活用して藍を生産


 また、パッケージに添えられた鶴の飾りは、障がい者の方が手作業により、ひとつひとつ丁寧に折ったもので、この取組により、障がい者の方々の社会参加が促進され、地元全体の産業振興に貢献できればとの思いもあるそうです。

d0007875_19501276.jpg

障がい者の方による折鶴の作成


 一方で、染料、消臭剤、お菓子と様々な用途に使用されるようになった「あおもり藍」を応援してくれる動きもでてきています。
 JALグループでは、地域と一緒に「地方の元気」を創る「JAL 新・JAPAN PROJECT」活動の一環として、「あおもり藍」を多くの方に知っていただけるようにと、3月から5月の期間限定で「あおもり藍フィナンシェ」を大阪(伊丹)発青森行きの機内で提供しています。

d0007875_10345633.jpg

大阪(伊丹)発青森行きの機内で提供(3~5月期間限定)


 3月14日には、「あおもり藍フィナンシェ」応援イベントとして、青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館東京店」で、JALの大西会長をはじめ、青森県出身の客室乗務員などが参加したPR活動も行われました。
 今後、JALでは、「あおもり藍」使った新たな商品開発も予定しているとのことですので、そちらにも注目したいですね。

d0007875_19543864.jpg

「あおもり藍フィナンシェ」応援イベント(3月14日あおもり北彩館東京店前)


 青森にお越しの際は、青森の歴史、文化、技術が詰まった「あおもり藍フィナンシェ」を是非、お土産としてご利用ください。

■あおもりフィナンシェのご購入はこちらから
 二階堂
 青森市本町1-6-11
 電話017-776-5863
 営業時間10:00~18:00

 eat fun!
 青森市本町4-4-8
 電話017-732-1104
 営業時間 和洋菓子 9:00~19:00(日祝は18:00まで)
 ベーカリー 7:30~19:00(日祝は18:00まで)

 ホームページ http://nikaidou.jp/
 オンラインショップ http://nikaidou.shop-pro.jp/
 ブログ http://nikaidou.jp/blog/
by marugoto_aomori | 2016-04-08 09:00 | その他 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング