「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2016年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

懐かしの 津軽海峡にぐ・さがな弁当

「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」が始まってもうすぐ1ヶ月。
出張にでかけると新幹線はいつも混み混みで、
たくさんの方に青森に来ていただけてるんだなあと実感しています。

この青函DCの開催を記念して販売されているのが、
「津軽海峡マグロ女子会」監修「懐かしの 津軽海峡にぐ・さがな弁当」(1,300円)です。
「マグ女新聞」と題された新聞紙にくるまれたパッケージからは、
懐かしさとマグロ女子会らしいユーモアを感じることができました。d0007875_162414.jpg

このお弁当のキーワードは「懐かしさ」と「対比」。
青函連絡船が海を渡っていた頃をイメージし、
青森や道南で馴染みがある食材でノスタルジックさを表現しているとのこと。
また、青森は肉、道南は魚をメインの食材として対比させることで、
青森と道南2つの魅力が感じられる駅弁となっています。

北海道道南をイメージした「さがな」の部分には、
「ニシンの甘露煮」、「ほぐし鮭」など道南のご飯のおともに加え、
「イクラ」と「カズノコ」がアクセントとなって良い食感を生んでいます。
青森県をイメージした「にぐ」の部分には、
青森県人に愛され続けるソウルソース「スタミナ源たれ」で味付けされた
牛肉とゴボウが美味しい「焼肉のっけごはん」が馴染み深く絶妙な味わいです。
真ん中は津軽海峡をイメージしていて、
「棒タラ甘露煮」、「酢イカ」、「杏の梅漬け」、「リンゴのシロップ漬け」など、
青森や道南で昔から馴染みのある食材が並んでいます。d0007875_1625757.jpg

新青森駅や青森駅などで販売されているほか、
先日、東京駅1階の「駅弁屋 祭」に立ち寄った時にも見つけてしまい、
ついつい買ってしまいました。

そして気をつけなければいけないのが、
このお弁当は「にく・さかな弁当」ではなく、「にぐ・さがな弁当」だということ。
注文するときはお間違いのないように!

by yoshihito
by marugoto_aomori | 2016-07-29 16:16 | 青森の旅 | Comments(0)

津軽海峡の塩

北海道と本州を結ぶ津軽海峡の地下から汲み上げた海水を使用した「津軽海峡の塩」。

d0007875_17575250.jpg

津軽海峡に面した風間浦村で、塩辛やあんこう鍋など海の幸を加工販売する駒嶺商店のヒバ造りで木の香りが漂う工房で、昔ながらの製法で丁寧に時間をかけて作られます。
沖合80m・地下5mから汲み上げた海水をタンクに貯蔵し、機械でろ過、紫外線殺菌した上で、〝直煮法〞という昔ながらの製法で作ります。
海水の状態を見極めながら釜の火で加熱していくと、釜の下に石灰が蓄積し固まり、焦がさないよう気を配りながらザルで何度もこして石灰を取り除くと粗塩となります。これを更に脱水と乾燥を施して、ようやく「津軽海峡の塩」が完成します。

d0007875_17565745.jpg

昔ながらの製法で仕上げた塩は、口に含むとほのかに甘く、津軽海峡の海の恵みを味わえます。

シンプルな方法でこそ塩の旨味が分かりますので、一番のオススメは「おにぎり」に津軽海峡の塩を使用すること。

まばらにちりばめられた粗塩が時間が経過しても米の甘みを引き立て、塩本来の旨味も残ったままの絶品です。


<お問合せ先>
海峡市場ばんや(株)駒嶺商店直営販売店
住所:青森県下北郡風間浦村大字蛇浦字石積12-13
電話:0175-35-2865

by菊花


by marugoto_aomori | 2016-07-27 18:07 | おいしい食材 | Comments(0)

軽やかな調べでおもてなし!十和田湖遊覧船お見送り隊が活動中

青森・函館デスティネーションキャンペーンが始まって1ヶ月が経とうとしています。県内のいたるところで、国内外の観光客の皆さんが青森を満喫している姿が見られます。

そんな中、郷土のお囃子を使っておもてなしを始めた方々がいらっしゃいます。
それは「十和田湖遊覧船お見送り隊」!
十和田市内の有志22名で結成されており、デスティネーションキャンペーンに向けてお囃子の練習を積み重ねてきました。
d0007875_14382775.jpg
毎週日曜日、休屋を出発する始発の遊覧船を、十和田囃子の演奏でお見送りしています。
d0007875_14391169.jpg
雨が降っても、遊覧船が湖畔から離れても、黄色い旗を振ってお見送り!まさにおもてなしの心です。
d0007875_14443926.jpg
夏の十和田湖は青い空と綺麗な水面がとても涼やかで、気分をリフレッシュするのに最適です。
d0007875_14585408.jpg
この夏は、十和田囃子をBGMに十和田湖観光を楽しんでみてはいかがでしょうか?
d0007875_16413569.jpg


<遊覧船お問い合わせ先>
【十和田観光電鉄株式会社】
電話番号:0176-75-2201
コース:①遊覧船Aコース(休屋⇔子ノ口)休屋・子ノ口航路(約50分)
    ②遊覧船Bコース(休屋⇔休屋)おぐら中山半島巡り航路(約50分)
乗船料:大人1400円、こども700円

※お見送り隊の活動は「7~8月の毎週日曜日」です。
お見送りがあるのは下記の2便となります。
①遊覧船Aコース(休屋⇔子ノ口)8時15分発 ②遊覧船Bコース(休屋⇔休屋)8時45分発

(霜月)




by marugoto_aomori | 2016-07-25 14:32 | Comments(0)

青森のあんず


りんご王国の青森には、りんごと並んで生産量日本一の果物があります。

それが「あんず」です。

d0007875_932569.jpg


完熟のあんずは優しいオレンジ色。
灯籠にともる灯りのような優しい色合いです。


中国の山岳地帯原産のあんずは涼しい気候を好み、国内では、同じく涼しい気候を好むりんごの産地と分布が一致しています。そのため、りんごの主産地である青森県や長野県で国内生産量の9割以上を占めています。

青森の主要品種はなんといっても南部在来種「八助」

「八助」が終わると大玉で豊産性の「新潟大実」へと品種が変わりますが、甘さと酸味のバランスがよく、生食でも梅漬けなどに加工をしても美味しいのはやはり「八助」。



南部町から八助が届いたので、八助のアプリコットジャムを作りました!

d0007875_932328.jpg


半分に割り、種をとった八助を砂糖と一緒に火にかけると、甘酸っぱい爽やかな香りが漂います。

d0007875_933174.jpg


10分もすれば果実が崩れてきて、照りも出てきます。



完成したジャムはバターと一緒にパンにのせて。
熱い夏の日にぴったりな見た目にも爽やかな朝食の出来上がりです。

d0007875_9334333.jpg


酸味のあるジャムとバターのコクがなんともいえないハーモニー!笑
乳製品と非常に相性がいいので、ミルクティーにアプリコットジャムを入れて飲むのもおすすめです。


八助の収獲時期はもうそろそろ終わりなので、生の果実は出回らなくなってきますが、これからは八助の梅漬けが楽しめる時期となります。

八助の主産地である南部町周辺では、あんずで梅干しを作る文化があり、時期になると産地直売所に八助の梅漬けがずらっと並びます。都内では青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」で購入することもできますよ。

青森のあんず、ぜひご賞味あれ!

by matsu
by marugoto_aomori | 2016-07-22 10:11 | Comments(0)

日本の魂を感じよ!青森県立郷土館特別展「刀剣魂」開催中

現在、女性を中心とした若い人々の間で、日本刀の価値が見直されています。
青森県立郷土館の夏の特別展示「刀剣魂」では、青森県の歴史のなかで活躍した主な日本刀を紹介するとともに、
刀を通じて、ふるさとの先人達が熟成した独自の精神観と技術、文化等についてわかりやすく紹介しています!

館内には、県内の至るところから集められた日本刀がたくさん!!

見事な螺鈿細工の施された大小拵えがあったり…
d0007875_17210156.jpg
津軽家の卍の紋が入ったハバキが美しい刀や…
d0007875_16441882.jpg
津軽国広の見事な短刀があったり…
d0007875_16445685.jpg
津軽家の刀や鎧があったり…
d0007875_16362525.jpg
変わった刃紋の刀があったり…
d0007875_16372109.jpg
県内初の、赤羽刀(GHQに接収された後、廃棄を免れた刀剣)の一覧お披露目があったり…
d0007875_16351525.jpg
実に様々な刀剣類が展示されています
d0007875_16350047.jpg
毎週土曜日には「土曜セミナー」が開催されており、刀剣にまつわるいろいろな講習を受けることができます。
d0007875_17302418.jpg
この展示の見どころは、県立郷土館や県内の寺社・博物館が所蔵する刀だけでなく、
普段は滅多に目にすることのない個人蔵のものも含まれていること!
みなさんも、ぜひ日本刀の世界に触れてみては?


<特別展「刀剣魂」>
期間:7月15日~8月28日
時間:9:00~18:00
料金:一般500円、学生240円

<青森県立郷土館>
住所:030-0802 青森市本町二丁目8-14

電話:017-777-1585 

FAX017-777-1588

HP:https://www.kyodokan.com/

(霜月)


by marugoto_aomori | 2016-07-20 23:16 | 青森のアート | Comments(0)

新型リゾートしらかみ「橅」編成デビュー!

 7月16日、五能線にハイブリットシステムの新型車両「橅」編成がデビューしました。
 自動車では既に導入されていますが、電車でも自然環境に優しいハイブリッドが導入され、従来の車両と比べると、燃料消費率の低減や排気中の窒素酸化物などの約60%の低減が見込まれるほか、駅停車時及び発車時の騒音も低減できるといわれています。
d0007875_00223371.jpg
 新型車両では、従来の車両よりも開放感を高め、雄大な白神山地や夕日が沈む日本海など、車窓から美しい風景を楽しめます。
 印象的なのは、内装に使われている木材ですが、シンボルツリーの橅をはじめ、秋田産の杉や青森県産のヒバがふんだんに使われています。そして2号車にある明るい色を基調としたボックス席には、BUNACO製の照明が備え付けられ、温かみと安らぎを与え、落ち着いた空間に仕上がっています。
d0007875_00262798.jpg
 また、新型車両には、新たに「ORAHO(おらほ)」カウンターと「橅」のシンボルツリーが設置されているのが特徴的です。
 地酒や、白神山地の自然水で入れたコーヒー、スイーツなど沿線の特産品を販売しており、車窓からの景色を堪能しながらお召し上がりいただけます。
d0007875_00272181.jpg
 その他、社内では「津軽伝統 金多豆蔵人形芝居」や津軽弁「語り部」実演、「津軽三味線生演奏」など予定されております。詳しくはこちらをご確認ください。

 さらに、五能線は2016年7月30日に全線開通80周年を迎えます。全長約147.2㎞、秋田県東能代駅と青森県川辺駅を結び、沿線には白神山地や日本海、そして津軽平野の絶景が堪能できます。
 1936年の開通以来、地域住民の足として活躍し、やがて観光路線として脚光を浴び、「一度は乗ってみたいローカル線」として全国的に人気が高く、旅人や鉄道ファンを魅了し続けています。
 五能線全線開通80周年記念イベントも開催されております。詳しくはこちらをご確認ください。

 是非、今年の夏は、五能線で行く「風光絶佳」の旅をお楽しみください。

問い合わせ先
JR東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社
リゾートしらかみ「橅」編成
五能線全線開通80周年記念Webサイト

by トリッキー

by marugoto_aomori | 2016-07-18 22:11 | 青森の旅 | Comments(0)

風と共に駆け抜ける奥津軽周遊ライド

津軽海峡の絶景を望むことができる津軽半島最北端の龍飛崎、奇岩怪岩が力強い高野崎など、多くの絶景ビューポイントを有する津軽半島。
d0007875_1934558.jpg

d0007875_19351622.jpg


北海道新幹線開業でぐっと近くなった津軽半島を自転車で周遊する「奥津軽周遊ライド」が7月18日(月)に開催されます。

新幹線イヤーに本番を迎えるため、イベント関係者はこれまで試走会などを繰り返し、お客様に楽しく参加していただく準備を進めてきました。
d0007875_19354597.jpg


スタート地点は新幹線新駅の奥津軽いまべつ駅。スタートの時刻はロングコース(125km)が7時、ミドルコース(58km)が9時です。その他今別町内を周遊するショートコース(16km)もあり、9時30分スタートとなっています。

イベントの参加は既に締め切りましたが、津軽半島の爽やかな風をきって颯爽と駆け抜けるサイクリスト達を見かけたら、ぜひ声を掛けて応援してください。ひょっとしたらあなたも自転車に乗ってみたくなるかもしれませんよ。
d0007875_19374556.jpg


奥津軽周遊ライド詳細情報

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-07-15 19:43 | その他 | Comments(0)

10歳になった青森県立美術館

2006年7月13日木曜日・晴れ、
待望の青森県立美術館がグランドオープンしました。
d0007875_17295266.jpg
1993年に構想策定以来、12年の歳月をかけて竣工し、
翌年にグランドオープンした青森県立美術館。
三内丸山遺跡に近接していることから、
その発掘現場をイメージした独特の空間を有しており、
たくさんの驚きと感動を生み出しました。

 ・
 ・
 ・

あれから10年。
今日で10周年を迎えた青森県立美術館に行ってきました。
10年前と同じようなすこぶる良い天気で、
あの日、応援スタッフとして駐車場係をして
真っ黒になったことを思い出しました。d0007875_17371937.jpg
d0007875_1738415.jpg

そして、今日は青森県立美術館の誕生日ということもあり、
10回目の誕生日を記念して先着100名に、
10周年記念特製ポストカードセット(非売品)のプレゼントしていました。
もらえた方はラッキーです。d0007875_17385172.jpg


そして、青森県立美術館では、
開館10周年を記念して、企画展、コレクション展をはじめ、
さまざまな記念事業を行っていく予定です。d0007875_17395969.jpg

[企画展]
○青森県立美術館10周年記念「青森EARTH2016 根と路」
縄文に創造の原点をたずね、青森の大地に根ざした新たなアートを探求する
青森県立美術館の企画シリーズ「青森EARTH」。
今年は「根と路」と題して、郷土の自然誌・民族資料、
国内外の現代美術作品の数々を組合せて展示します。
 会期:2016年7月23日(土) - 9月25日(日)

[記念事業]
○青森県立美術館:10年の歩み展
青森県立美術館の魅力に迫るとともに、
これまでの企画展ポスターやドキュメントを紹介し10年の歩みを振り返ります。
 日時:7月23日[土]~8月7日[日]9:00~18:00(入館は17:30まで)
 会場:コミュニティギャラリー
 観覧料:無料

○アートフィルム上映:ちかの名作劇場
寺山修司の先駆的作品から現在に至るアートフィルムを
愛知芸術文化センターの全面的なご協力により紹介いたします。
 日時:7月30日[土]、31日[日]各13:00~17:00
 会場:シアター
 観覧料:無料
 定員:200名(先着順)

○青森県・函館DC特別企画「青森県立美術館建築ツアー」
隣接する三内丸山遺跡の発掘現場のような土壁、
その上に覆い被さった白い構造などなど、
青森県立美術館の建築・デザインにスポットを当てた建築ツアーです。
 日時:7月2日[土]~9月24日[土]の毎週土曜13:30~14:00/14:30~15:00
 集合:地下2階エレベータ前
 定員:各回先着15 名(参加者にはオリジナルグッズプレゼント)
 申込:不要

是非、この機会に青森県立美術館に行きましょう!

by yoshihito
by marugoto_aomori | 2016-07-13 17:53 | 青森のアート | Comments(0)

フォトジェニックな大間町の風景

本州最北端の大間町にはフォトジェニックなポイントがたくさんあります。
マグロ丼に、マグロのモニュメントに、本州最北端の碑に、アワビのおでんにと盛りだくさんです。
d0007875_15461643.jpg

d0007875_15464264.jpg

d0007875_15465585.jpg

d0007875_1547799.jpg

他にも大間崎レストハウス内には初競りで1億5千万円を超えた縁起物のマグロの顔出しパネルもあります。
d0007875_15472171.jpg

そしてなんといってもイチオシは津軽海峡から吹き付ける潮風の中を泳ぐイカとタコ。
物干しハンガーに干される光景は大間町のあちこちで見られます。
ミネラルたっぷりの潮風で干されたイカとタコは、絶妙の塩加減と乾き具合でお酒のおつまみに最適です!
ぜひご賞味ください。
d0007875_15475765.jpg


<青森県・函館デスティネーションキャンペーン期間中(7月1日~9月30日)の特別企画>
青森県・函館デスティネーションキャンペーン観光ガイドブックを見せると、先着100名様に大間町のイメージキャラクター「かもまーる」グッズをプレゼントしています。
欲しい方はお早めに!
d0007875_15489100.jpg


大間崎レストハウス
住所:下北郡大間町大間大間平17-1
電話:0175-37-4353(大間町観光協会
期間:4月29日~10月31日
時間:9:00~17:00
料金:無料

(きむにぃ)
by marugoto_aomori | 2016-07-12 15:50 | 青森の旅 | Comments(0)

元機関長さんがご案内!八甲田丸船内探検ツアー

青森駅そばの岸壁に係留されている「八甲田丸」。
青函トンネルができる前は、青函連絡船が青森と函館を結んでいたんですよね。懐かしい…。
d0007875_23284898.jpg

この八甲田丸、DC期間中の今だけ、普段は入れない場所を探検できるツアーがあるんです。しかも、案内は元機関長の葛西さん。当時、船に乗っていた方から直接話を聞くことができるのも、このツアーの醍醐味の一つです。
d0007875_23182683.jpg

懐中電灯をぶら下げた葛西さんと一緒に、探検スタートです。と、床に大きなへこみが…。
d0007875_2256583.jpg

こちら、船員が乗下船するときに、ちょうど踏んでしまう場所がへこんだものだそうです。歴史を感じますね。

ツアーでは、急な階段を下りたり上ったり。時折、真っ暗になる船底を、葛西さんの懐中電灯を頼りに進みます。ドアもこんなに小さくて、探検感満載です。
d0007875_2258929.jpg

エンジンや操舵機も間近で見られます。葛西さんが当時使っていたテストハンマーでエンジンをたたいて、ねじの緩みを確認する体験も。ちょっとでも緩んでいると、全然音が違います。航海の安全を確保するために、丁寧に一つひとつチェックしていたそうです。
d0007875_230253.jpg
d0007875_2325061.jpg

車両甲板には、当時の車両が。
船に車両がのって海を渡っていたなんて、すごいことですよね。
d0007875_2365883.jpg

ほかにも、船員食堂に最終航海日の献立表が残っていたり、当時の様子をしのばせる船員室など、みどころがいっぱいです。
みなさんも、ぜひこの機会に、葛西さんの楽しいガイドを受けながら八甲田丸を探検してみませんか?

八甲田丸船内探検ツアー
■期間/7月~9月の土・日曜日
■時間/10:00~11:30、13:30~15:00、15:30~17:00(所要時間:90分程度)
■料金/1,000円(入館料込)※3日前まで要予約
■問合せ先/あおもりみなとクラブ
■電話/017-735-8150
■HP/http://aomori-hakkoudamaru.com/

by はっしー
by marugoto_aomori | 2016-07-09 00:12 | その他 | Comments(2)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング