まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:おいらせ町 ( 8 ) タグの人気記事

日本初のホッキ小屋でホッキ貝を味わう

青森県の冬の貝の王様といえばホッキ貝。主に三沢から八戸までの太平洋海域で漁獲されます。
最近カキ小屋やホタテ小屋などはよく耳にしますが、おいらせ町で日本初のホッキ小屋イベントが開催されているとのこと。さっそく潜入してきました。

会場はおいらせ町の「アグリの里おいらせ」。さっそく百石漁協女性部の皆さんのレクチャーを受けながら新鮮なホッキ貝の殻むき体験ができます。
d0007875_12171098.jpg

d0007875_12173465.jpg


また赤味噌、ねぎ、卵などと炒めるホッキ味噌の作り方を実演してくれます。ああ、食欲がかき立てられる。
d0007875_12181676.jpg


おいらせ町産のホッキ貝は、百石漁協に水揚げされますが、他の地域のホッキ貝と比較すると色が黒いのが特徴(左側)。おいらせ町沖は奥入瀬川の河口付近に位置するため、川が運んでくる鉄分やミネラルを多く含むことが要因の一つと言われています。また漁場の海底が砂地であれば白く、泥地であれば黒くなる傾向もあるそうです。
白ホッキと比較し、身が厚く歯ごたえがあるのが特徴とのことですが、当日は残念ながら時化のため黒ホッキの水揚げが無く、白ホッキがメインでした。
d0007875_12183110.jpg


いよいよ食事。七厘で焼いたり、しゃぶしゃぶしたりと、いろんな食べ方で楽しむことができます。コリコリした食感のホッキ貝、何枚でもいけちゃいます。
生の状態では茶色いホッキ貝に熱を通すことで鮮やかなピンク色に変身する様も楽しみの一つ。ホッキ貝は照れ屋さんですね。
d0007875_1219070.jpg

d0007875_12191754.jpg

d0007875_12193370.jpg


個人的におすすめしたいのはホッキ味噌。これはご飯にオンするしかないでしょう。ホッキ貝に味噌、卵、ねぎと最高の組み合わせ。おかわり間違いなしです。
d0007875_12195067.jpg

d0007875_1220863.jpg


「おいらせホッキ小屋inアグリの里」は、2月の毎週日曜日に開催されています。計4回開催されますが、すべて定員に達したとのこと。
このイベントを主催している「おいらせブランド推進協議会」の蛯名さんも、手応えをつかんだ様子。今後とも、おいらせ町の黒ホッキ貝を多くの人に知って楽しんでいただくための取組を進めたいとおっしゃっていました。
おいらせ町の黒ホッキ貝、今後とも注目です。
d0007875_12202417.jpg


<問い合わせ先>
おいらせブランド推進協議会(おいらせ町役場商工観光課内)
電話 0178-56-4703(平日9時から17時まで)

2月21日(日)及び28日(日)は既に定員に達しています。
キャンセルが出た場合は申込み可能となる場合があります。

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-02-17 12:29 | おいしい食材 | Comments(0)

小さな駅の小さな博物館「向山駅ミュージアム」。

先月、青森県内の鉄道路線や駅、今は運行していない鉄道や懐かしい駅舎の風景、そして鉄道で旅をする醍醐味を提案する冊子「”鉄”旅あおもり決定版~あおもり鉄道大集合~」が発売されました。

青森県内にはJRや民鉄が全部で10路線あり、駅数は158駅あるそうです。

その中でも今回は県内最長路線121.9kmの「青い森鉄道」の一駅、「向山駅」にある「向山駅ミュージアム」に行ってきました(向山駅ミュージアムは”鉄”旅あおもりにも紹介されています)。
d0007875_115463.jpg

向山駅ミュージアムは、駅舎内に併設されてある、地元の向山町内会の人たちが管理運営する小さな博物館です。
d0007875_1155481.jpg

向山駅は三沢駅と下田駅の間にある駅で、1992年(平成4年)に国鉄分割民営化とJR東日本への移管などにより無人化となり、現在では、日常的に駅を利用する人は高校生など一日30人程度だそうです。

そんな向山駅になぜ博物館ができたのか・・・

きっかけは2011年(平成23年)5月に行った駅事務室の大掃除でした。
平成4年に無人化されて以来閉ざされていた駅事務室に地域の人たちの手が加えられました。

そして20数年来のほこりやごみ、くもの巣などを取り除いて出てきたものが、国鉄時代に同駅で使われていた数々の鉄道関係品でした。
関係者曰く、最初は単なるガラクタに見えたそうです(笑)

しかし、地域の歴史を刻んだ貴重なものとして、そして、向山駅を盛り上げるために開かずの駅事務室をミュージアムにしようという構想をまとめ、駅舎を借り受け、平成23年11月に向山駅ミュージアムが開館しました。

展示品には、鉄道ファンには垂涎の品々がたくさんありました。
歴代の駅長名が記載された木札当時の運賃表、旧国鉄時代の記念切符や制服、工具、事務机など懐かしい品々が展示してあります。
d0007875_12485761.jpg

d0007875_12491217.jpg

また、鉄道ジオラマも展示してあり、県内の鉄道路線を走る車両や廃線となった十和田観光電鉄や南部縦貫鉄道の車両などが走る姿も楽しむことができます。
d0007875_11572777.jpg

イベントも開催していて、5月から12月までの毎週土曜日に地元の特産品等を販売する「向山市」を開催しているほか、年に一度鉄道ファン向けイベント「こごさあづまれー!」も開催しています。
今年は6月29日(日)に開催するそうですので興味のある方は下記問い合わせ先まで御連絡を!

向山駅ミュージアムは、展示品を並べるだけの単なる博物館ではなく、地域住民の憩いの場として、そして近隣市町村や県外からの鉄道ファンも訪れるようになり、互いに会話や交流を楽しむコミュニケーションの場としても大きな役割を果たしているそうです。

取材中、踏切の音がなると突然中村会長は何かが書かれたプレートを持って線路のそばまで走って行きそのプレートを上に掲げました。
そして目の前を通り過ぎる貨物列車が突然警笛をピッ!
掲げたプレートには「いつも運転ご苦労様です」の文字が書かれてありました。
運転手さんともコミュニケーションをとっていたんですね。
d0007875_12534481.jpg

そんな地元の人達の郷土愛、鉄道ファンの鉄道愛の融合でよみがえった向山駅へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

<問い合わせ先>
向山駅愛好会
住  所:上北郡おいらせ町向山3-3570-1
電  話:080-5569-0819(会長 中村淳悦氏携帯)
開館日:毎週土日及び祝日
開館時間:午前9時~午後4時
入館料:無料

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2014-06-13 13:12 | 青森の旅 | Comments(0)

食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

以前、食材が豊富な青森の高校生がつくる、素朴で美味しい
スクール缶詰」をご紹介しましたが、
その食材を調理して逸品料理に変身させる、
全国トップレベルの生徒さんたちが通う
スーパー高校が青森にはあります。
それが、青森県立百石高等学校。
この真剣な眼差し、高校時代のo-rinに見せてあげたい。。。
d0007875_17313639.jpg

百石高等学校の食物調理科は、卒業と同時に調理師免許を取得できる
調理師養成施設。見学させていただいた調理実習は、私語はなく、
ピリピリとした緊張感が走ります。
ここの生徒さん、何がすごいかと言うと、

その1 調理実習には、一流の食材を贅沢に使用!
都内の一流レストランでも使用されている宮内庁御用の
極上フランス鴨「銀の鴨」、
d0007875_17151967.jpg

ミシュランガイドに掲載されている多くの店を顧客にもつ
「大西ハーブ農園」のハーブを通常的に使用しているんです。
d0007875_17153723.jpg

大西さんからは、直接ハーブの生産方法まで教わっているほど。
上質な味・香・味覚を体感することで、プロの料理人としての
感覚を養います。
ちなみに八戸水産高等学校とも連携して、県産高級ひらめを使用した
商品開発にも取り組んでいるとか。
まさに「一流の食材がある場所には、一流の料理人が育つ」ですね☆

その2 全国的にも珍しい大規模実習「400人分のオードブル」
町の成人式では、なんと約400人のメニュー開発・調理・配膳を行います。
だるまいも、鮭など地元食材をふんだんに使って、
校長先生はもちろん、地元婦人部も交えて試食会を重ね、ようやく完成。
400人といえば、披露宴レベルですよね(@_@)
d0007875_17155425.jpg

その3 目指すは甲子園優勝!家庭クラブの料理男子
男子で構成する「家庭クラブ」。昨年、実施された食の甲子園全国大会では
見事3位獲得!料理男子ってのがいいです。
そのときの料理が、だるま芋を使ったすいとん「へっちょこ汁」。
へっちょこ団子は商品化もされています。
あ、百石高校の生徒さんが開発に取り組んだ「おいらせだるま芋へっちょこ汁」は
おいらせ町内の飲食店でも食べることができます。
d0007875_17161083.jpg

そんな素敵な料理男子も通う百石高校ですが、
今週末の5月18日(土)には、生徒さんたちが料理を提供する
キッチン「いちょうの森」が開かれます。
メニューは「だるま芋御膳」限定60食!
o-rinも、素敵な料理男子目指して(?)
行って来ます(^^)>

by o-rin

<キッチンいちょうの森>
日時:平成25年5月18日(土)11:00~13:00
場所:青森県立百石高等学校(おいらせ町苗平谷地46)
by marugoto_aomori | 2013-05-15 17:35 | その他 | Comments(3)

おいらせ町にある農園レストラン「百果良菜」

d0007875_22264981.jpg

自家農園で採れた色とりどりの旬の野菜や果物をはじめ、地元の様々な食材を和洋中の料理で、美味しくヘルシーに提供しているのが、「観光農園アグリの里おいらせ」の「農園レストラン百果良彩」。
平成21年8月のオープン以来、多くのお客様で賑わっていて、土日はもちろんのこと、私が訪れた日は平日にもかかわらず、昼時には待ち客の行列ができていました。
d0007875_22535569.jpg

レストランは料金前払制で、店内にある料理やスイーツ、飲み物などが全てブッフェスタイルの食べ放題。料理は店内で一品一品手作りされていて、料理だけでも30種類以上もの皿が綺麗に並べられています。料理の皿以外にも、カレーやスープ、デザートなどが充実していました。
木のプレートに、まるでキャンバスに絵を描くように、色とりどりの料理を並べていくと、とてもワクワクした気分になります。
d0007875_22211159.jpg

私のおすすめは、「ごぼうの唐揚げ」「朝摘みされたイチゴを使ったピザ」「ながいもの豚バラ巻き黒ニンニク醤油」、そして「生春巻き」です。見た目の美しさはもちろん、どれを食べても丁寧に作られていることが実感できる美味しさです。
d0007875_22353578.jpg

ボリューム満天にも関わらず、優しい味わいと野菜や果物がたっぷり使われているためか、もう一皿いけそうでしたが、デザート分を残しておくため、今回は料理のは1皿でストップしました。
ショーケースの中に陳列されているケーキやプリン、お団子など10種類以上の中から悩んだあげく、自家製マンンゴープリン、じゅね味噌団子、コーヒーケーキをセレクト。特に、マンゴープリンが美味しかったです。
d0007875_22365470.jpg

同行した「て~お~」の2皿目。迫力満点です。
1皿目の時は、別皿でカレーライスも食べていました。
d0007875_22274420.jpg

毎週水曜日は、「牛バラ焼き」「ホッキ貝の卵とじ」「せんべい汁」などの特別メニューも用意されていて、とても好評とのことです。

「アグリの里おいらせ」内には、レストランの他、農産物直売所や県内最大規模のいちご狩りハウス、 
巨大熱帯果樹園、足湯、小動物とのふれあいコーナーなどが併設されていて、1日中楽しめる食と農のテーマパークのような施設となっています。


                          by さっちゃん

農園れすとらん 「百果良彩」
  住  所  おいらせ町向山東2丁目2-1684
  電  話  0178-20-0652
  営業時間  
   → お食事 午前11:00~午後3:00(土日祝日は午後4時まで)
   → スイーツ+ドリンク 午前11:00~午後5:00
  定休日   年末年始

大人(中学生以上) 1,380円、 シニア(65歳以上)・小学生 1,080円
3歳~小学校入学前 680円、3歳未満  無料
by marugoto_aomori | 2013-05-13 09:00 | 青森食べ歩き | Comments(2)

青森の黒にんにく。

普通のにんにくよりも抗酸化作用が強く、
にんにくなのにフルーツのようにそのまま食べられる甘さの黒にんにく。
d0007875_11302221.jpg

青森県でも2008年に青森県黒にんにく協会が結成され、
現在は7社が、それぞれ独自の製法で黒にんにくを製造しています。
先日、青森の黒にんにく10種類の食べ比べをしたのですが、
本当にそれぞれ甘さ・酸味・質感が違うんですよね!
d0007875_1126287.jpg

中には糖度60(!)のにんにくとは思えない甘さのものもあって、
臭みもなく、o-rin家でも少しずつ食べ続けています。
食べ続けたおばあちゃんの髪が若干黒くなったという報告もあり、
しばらくは食べ続けてみようと思っています。

今回は、そんな黒にんにくのおいしいスイーツをご紹介します。
冬は夏以上に屋内が暖かかったりするので、
冷蔵庫のアイスクリームを欠かさないo-rinは、南部方面へでかけるときは
必ずと言ってよいほど七戸町のNAMIKIのシェラートや
道の駅とわだの農アイスを買い食いしています。
で、先日、おいらせ町にでかけたついでに
前からとっても気になっていたソフトクリームを求めて
アグリの里「青森県黒にんにくPR館」へ寄ってみました。

その名もアグリの里限定「ワッフル黒にんにくソフト」。
ソフトクリームにとろ~り、かかっていました、黒にんにくペーストが。
d0007875_11303867.jpg

d0007875_11191252.jpg

まぜまぜして、さっそくいただきまーす!(すみません、まぜた写真撮り忘れました)
まるごと食べる黒にんにくよりもにんにく臭さがなく、
滑らかで、甘さのなかに爽やかな酸味があって、
ミルキーなソフトクリーム、カリカリのワッフルとよく合います♪
手づくりの特製黒にんにくペーストとのこと、
「大人向け!」と書いてあったのですが栄養価が高すぎるからでしょうか?

このほかにも、米粉パンに黒にんにくペーストを練りこんだラスクが人気だそう。
個人的には「黒にんにくTシャツ(96+229)」もすごく気になります。
d0007875_1191591.jpg

d0007875_1193594.jpg

d0007875_1110171.jpg

南部方面へドライブの際には、ぜひ「青森県黒にんにくPR館」にお立ち寄りください♪

by o-rin

<青森黒にんにくPR館>
住所:青森県おいらせ町向山2-1684
電話:0178-56-2884
青森の黒にんにくの詳しいことはこちら
by marugoto_aomori | 2013-03-06 11:19 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(2)

アグリの里おいらせ ~日本最北の熱帯フルーツ~

ここ、どーこだ!?
d0007875_14471922.jpg

今日は日本を離れ、南国からのレポートです!!

というのは、冗談で、年間通してフルーツを楽しめるおいらせ町の農園「アグリの里おいらせ」で~~す♪
d0007875_14474091.jpg

ここの農園のテーマは「見る、収穫する、食べる、ふれあう」。バナナ栽培ハウスや、県内最大級のイチゴ園、動物ふれいあコーナー、手作り工房、農園レストラン、産直、足湯などが併設されている農園です。
d0007875_14475718.jpg

本来の目的は障がい者雇用、就労支援の実践ということで、様々な場で障がいをお持ちの方が活躍されています。

お出掛けした日は3月上旬のまだ雪が残る日でしたが、ハウスに入ると、ここは青森ですか!!と疑いたくなるような光景。
バナナやパパイヤがブラブラと♪
バナナはお花が咲いていましたよ♪
d0007875_14481336.jpg

何故に育つのかというと、源泉を持っていて、その温泉熱でハウス栽培を行っているから。
日照時間だけでみると、おいらせ町は仙台と同程度なんだそうで、違うのは寒いこととヤマセが吹くことの2点。
そこで、バナナやパパイヤを中心に熱帯フルーツを栽培することになったんですって。
その数、バナナ200本、パパイヤ50本!!
1つのバナナの花に300本のバナナの実がつき、1本の木で年2回収穫できるため、年間で4万本の収穫ができるんですって。
日本最北の熱帯フルーツの中には、パイナップルやパッションフルーツも♪
d0007875_14483335.jpgd0007875_14484783.jpg

7月にはドラゴンフルーツの花も咲くそうで、例年、マスコミが夜に撮影しにいらっしゃるそうですよ。

そして、食いしん坊のワタシは、レストランははずせません!!
d0007875_1449991.jpg

ずらりと並んだ豊富なメニューのビュッフェスタイルで1,200円!!超お得!!
d0007875_14493128.jpg

お味は!?
というと、お腹に入れたものぜ~~んぶ美味しい!!
特にカレーが美味しかった~~。大きいお鍋で作るからでしょうかね。
ここで収穫されたイチゴなどを使った小さめのスイーツも、ありがたい!!
小さいと種類を色々食べられるので、端から端までいただいちゃいましたもん(笑)。

どんだけお腹に入れたかというと、ジャジャーン!!
d0007875_14495164.jpg

お腹が満たされた後はイチゴ園。
d0007875_1450962.jpg

イチゴ狩りもできちゃうんですよ~~♪
赤々として、甘くて美味しかったです!!

この興奮のまま、産直へ!!
d0007875_14502686.jpg

アロエやパパイヤ、バナナなどが販売されていたので、パパイヤとバナナをゲット♪

バナナはモグモグと生でいただいたのですが、パパイヤは、青パパイヤ炒め、パパイヤ梅醤油和え、パパイヤの唐揚を作ってみました。
d0007875_14504469.jpg

ちなみに一番、美味しくできたのは唐揚。
お芋の唐揚に爽やかな青っぽい風味がある味といった感じです。
ビタミンAや鉄分が多く含まれ、たんぱく質分解酵素のパパインや整調作用のあるペクチンも含んでいるというので、女性にはありがたい食材ですね。

ちなみに、三沢の米軍基地も近いので、周辺のアジア料理店の方がフルーツやバナナの葉などを仕入れにも来るそうですよ。

レストランのメニューもその時々に収穫されるものが使われていくので、季節を変えて、出掛けてみるのも楽しみのひとつですね。
by Kuu

《アグリの里おいらせ》 
おいらせ町向山2-1684 
0178-56-2884(産直と併設)
8:30-18:30(冬期-18:00)
定休日 年末年始

《農園レストラン・百果良彩》 
0178-20-0652
食事 11:00-15:00(土日祝は16:00まで)
スイーツ&ドリンク 11:00-17:00
by marugoto_aomori | 2010-06-01 14:54 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

青森のバナナ

バナナ?青森の?
青森で”バナナ”といえば、
まずは津軽の銘菓「バナナ最中」を思い浮かべるのが普通です・・・よね?
旭松堂の「バナナ最中」、甘榮堂の「芳香バナナ」、菓子司いなみやの「バナナ菓子」など、
いくつかの和菓子店が自慢のバナナ最中を販売しています。
さっくりとした軽い食感とバナナの芳香ただよう餡のおいしさは、食べてみないとわかりませんよ~。

さて、本物のバナナは、熱帯アジア、インド、マレーシアあたりが原産といわれる大型の草本です。日本では栽培が難しいので、年間10万トンもの生果が輸入されているといいます。

そのバナナが、なんと八戸市に隣接するおいらせ町で栽培されていました。
d0007875_15251998.jpg
観賞用、展示用に栽培されるバナナだったら決して珍しくはありませんが、
ここでは、販売することを目的に、本気でバナナをつくっているのです。

寒くっても大丈夫?そのバナナおいしいの?
完熟したおいしいバナナを食べたいという一心でバナナ栽培を始めた苫米地さんに聞いたところ、返ってきた答えは、「甘すぎて、1本でも飽ぎるくらい」!

高級と評される外国産のバナナは、
だいたいが高原地帯で栽培される高原バナナですよね。
ここおいらせ町の緯度は、その高原地帯に近い寒暖の差をつくり出しているのだとか。

寒暖の差が大きいため、夜間の養分損失が少なく、
熟成に時間がかかるため、しっかりと甘味がのるのだといいます。

まだ食べたことがないので真偽のほどはわかりませんが(笑)、
この青森で、本気でバナナをつくろうとする心意気がすごいです。

一度食べてみたい人は、
イオン下田ショッピングセンターから車で約8分の「アグリの里おいらせ」までどうぞ。
※収穫まで間隔があいたり売り切れとなっている場合がありますから、バナナをご希望の際は、事前にお店に確認してみてくださいね。
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-03-20 15:43 | おいしい食材 | Comments(23)

青森産の極上フランス鴨 「銀の鴨」

カモ肉は鳥肉のうちで最も美味しいといわれ、洋の東西を問わず、高級食材として取り扱われます。「鴨」と一口に言ってもその種類は実に豊富。世界中には200種類ものカモが存在するのだとか。

こうしたカモ肉の中で最も高級食材として取り扱われるのが、南米産の鴨(マスコビ種)をフランスで改良したバルバリー種。フランス王侯おかかえの料理人たちが、数十年に及ぶ長い年月をかけ、最高の味を持つ鴨に改良したのだそうです。

そのフランスで生産されるカモ肉はおおよそ90%がこのバルバリー種。日本でも「フランス鴨」といえばこのバルバリー種を指すのが一般的で、野生の”マガモ”や”アイガモ”に対し、”ホンガモ”と呼ばれ、高級食材として扱われます。
d0007875_13181096.jpg
なんと、このバルバリー種をどこよりもおいしく仕上げることに心血を注いだ専門農場が青森県にあります。おいらせ町の「農事組合法人『銀の鴨』」です。
代表は畑中司(49才)さん。ホテルオークラに勤務していた頃、本場フランスから直輸入される美味しい「シャランの鴨」に心から感動。それに負けないカモを自分の力で育てたいと思い立ち、今から14年前の1992年、故郷の農場に戻り、父といっしょに本格的な鴨飼育をスタートさせました。これまで語り尽くせないほどの苦労を経験したそうですが、持ち前の明るさと行動力で克服し、今では高品質フランス鴨を生産する農場として知られるようになりました。

ここでは、本場フランスから純粋バルバリー種を直接導入し、厳選した小麦や大豆、ハーブなどを与えながら丁寧に丁寧に飼育します。飼料はすべて自家配合。大切なミネラル成分も天然由来のものしか用いません。夏季冷涼な気候もバルバリー好み(?)。さらに、よりフレッシュな状態で出荷するため、敷地内に専用の処理施設まで整備しています。
d0007875_13192046.jpg
先日、この「銀の鴨」を串焼きで食べる企画がありました。そのうまいこと!うまいこと!!
炭火で焼いて軽めに塩をふっただけ(もちろんプロが)ですが、しっかりした肉の味といい、さっぱりした脂といい、とにかく絶品でした。馬(右)にイノシシ(中央)にカモ(左)。”青森ジビエトリオ”は最高です!
by 義人
by marugoto_aomori | 2006-10-19 13:24 | おいしい食材 | Comments(13)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング