まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:こけし ( 5 ) タグの人気記事

こけし工人_阿保六知秀さんの工房

d0007875_1231824.jpg

<阿保六知秀さん作品>

黒石と言えば、とても愛らしい「津軽系こけし」が有名で、毎年、こけし好きの若い女性たちが「津軽こけし館」を目指して数多く訪れます。

ただ「津軽こけし館」は、黒石市内から車で20分ほどの温泉郷でちょっと遠いので、時間や交通手段がなくて断念する人もいるようです。そんな中「せっかく黒石に来たので、是非、こけしを作っている工人さんに会いたい!」という人にオススメなのが、阿保六知秀さんの「こけし工房 木楽」。
d0007875_12323912.jpg

黒石市では、まちなかに残っている生業や歴史的建造物などを、黒石ならではの「文化」と捉えて、仕事場の一角などで人の語りとともに見学や体験ができる場所を博物館として回遊できるようにしています。「こけし工房 木楽」は、その中の「こけし体験館」という位置づけです。

工房は、弘南鉄道「黒石駅」から歩いて7~8分のところにあり、藩政時代から続く木造のアーケードが連なる伝統的建物保存地区の「中町のこみせ」に集中している他の博物館にも、徒歩5~6分で行くことができます。(地図参照)
d0007875_1233563.jpg

阿保六知秀さんは、津軽のこけし工人7人の中の1人。
2013年に第55回全国こけしコンクールで最高位の内閣総理大臣賞を受賞しています。伝統を重んじながらも、若い人たちのライフスタイルに合ったものや、遊び心のあるこけしを制作したり、こけしフェスのトークショーなどにも出演するなど、こけしの普及活動や街の活性化にも積極的です。
d0007875_12334446.jpg

阿保さん曰く、昔は年配の人たちが伝統的なこけしを集めて、座敷の一角などに置いていたが、今は若い女性が「ここの場所には、この子(こけし)」といった風な感じでにライフスタイルに溶け込ませている。わざわざ、全国各地から阿保さんのところに、こけしを一緒に連れて会いにくるファンもいるとか。
最初は可愛いらしいミニこけしや、遊び心のあるこけしに興味をもってファンになった女性たちの中には、集めているうちに伝統的なこけしや、大型のこけしにも興味を持つ人たちも少なくないようです。

私が訪問した日に制作していたのは、「栗」をイメージした「栗こけし」?(掲載したこけしは、制作途中のものです。)「りんご」や「桃」をイメージしたものもあるので、「栗」も作ってみているようです。本当に遊び心たっぷりです!
d0007875_12351081.jpg

「こけし工房 木楽」では、制作の見学だけではなく、事前予約をすれば制作体験も可能です。
15cmクラスのこけしで、制作時間は45分程度、料金は1,500円となっています。
                    byさっちゃん
こけし工房 木楽
黒石市上町12-3 TEL:0172-40-0018 または0172-54-8865
※不定休なので、訪問前に電話で確認してみてください。
by marugoto_aomori | 2016-02-13 12:38 | 手しごと | Comments(0)

「やまもとゆみ 乙女と旅するこけし」展

d0007875_22421492.jpg

「こけし」といえば、大きくて、ごつくて、和室などに飾っているのをついついイメージしてしまうのですが、その一方で、若い女性にとっても人気のある小ぶりでとってもキュートな「こけし」の存在も分かってはいました。ただ、そんな可愛い「こけし」をどこの誰が作っていて、それが買える場所をリサーチするまでには至っていませんでした。

そんな中で、今年の9月に青森市古川にオープンしたteco galleryさんで「やまもとゆみ 乙女と旅するこけし」展(会期:2013年11月8日(金)~11月24日(日))のオープニングトークイベント&レセプションパーティーが開催されるとの情報を入手し、参加させていただきました。

ギャラリー内は、やまもとゆみさんの著書「こけし-乙女の玉手箱シリーズ」の内容が立体的に再現されていて、本県の「津軽系こけし」をはじめ、東北各県の様々な産地の「こけし」やグッズが展示、販売されるなど玉手箱の中にいるようです。
d0007875_22322712.jpg

やまもとゆみさんがデザインした、とってもモダンなオリジナルのきものと帯も展示されていて、完全オーダーで購入もできるそうです。
d0007875_22265952.jpg

東北地方には、産地によって11系統の「こけし」があり、最初はどれがどこの「こけし」か分かりませんでしたが、やまもとゆみさん、コラムニストの山田スイッチさん、津軽こけし館の山田部長によるトーク、その後のレセプションパーティーの「こけし」ファンとの交流、やまもとゆみさんの著書を読んでいるうちに、工人(こけし職人)の特徴や産地なども微妙に分かってきました。
d0007875_22283337.jpg

すっかり「こけし」の魅力にはまり、次の日もteco galleryにお邪魔して、やまもとゆみさんやteco galleryの奈良岡さんから「こけし」についてレクチャーしていただきました。そうしているうちに、何だかとっても気になる「こけし」が(トップの写真)。この「こけし」を作っている工人のお名前をお聞きしてみると、阿保金光さん(通称:きんちゃん)という方で、やわらかい色合いや花の模様がとっても可愛らしく、顔も左右対称でないのがゆるくて癒されます。

今回の展覧会は、「こけし」ファンも私のような初心者でも、とっても楽しめる企画となっていますので、是非、この機会に「こけし」の魅力に触れてみませんか?      by さっちゃん
d0007875_22292758.jpg
こけし-乙女の玉手箱シリーズ-出版記念
「やまもとゆみ 乙女と旅するこけし」展
会期 2013年11月8日(金)~11月24日(日)
時間 11:00~19:00 ※会期中は無休 ※入場無料
場所 teco gallery
    青森市古川1丁目14-3 BLACK BOX
TEL 080-3474-0995
    http://www.teco-llc.net/
by marugoto_aomori | 2013-11-09 22:48 | 手しごと | Comments(0)

こけし雑貨のお店「comin」

にっこりと垂れた眉毛と目が特徴の、津軽系こけし(意外とまつげも長いです)。
あまりの可愛さに、一時期こけしグッズ集めにはまり
こけしの風呂敷などをちょこちょこ買っているo-rinです。
そんなグッズ好きに嬉しい、とっても可愛い1点ものの
こけしグッズがそろう雑貨屋さん「comin(コミン)」をご紹介します。
d0007875_9212374.jpg

今まで、こけしグッズというと、小さい持ち歩きサイズのこけしや
風呂敷、便箋などは見たことがあったのですが、
こちらには全国の作家さん約30人の、個性的な1点もの中心に
こけしグッズが、多い時で約200種類、ずら~~っと並びます。
みんな表情が全く違うんですよね。
目がパッチリでキュートだったり
(こちら一番人気のカネコマサミさんの作品)
d0007875_9155250.jpg

和風美人だったり(しおり)
d0007875_916392.jpg

ぷくっとしてたり
d0007875_9165293.jpg

こぎん刺しだったり
d0007875_917669.jpg

(あれ?後半は表情じゃない?)
そんな中でも、o-rinがとっても気になったのが
「カメラケース」
d0007875_917458.jpg

ふんわりフェルト生地で、もってるだけでヌクヌク(^^)
後ろのケースの表情も、お口ぽっかりでいい味だしてます。
そして「こけしの付箋」。
津軽系・南部系など系統が分かり
これが本から顔をだしていると、むちゃくちゃ可愛いです☆
d0007875_9273983.jpg


これ以外にも、計り売りしてくれる「こけしの布生地」、
ほんわかまん丸顔のこけしが優しく癒してくれる
「やわらかガーゼたおる」なんかも本当にやわらかくて
デザインだけではなく、機能性もしっかり兼ね備えています。

こちらの商品は1点ものが多いので、作品が出来次第、随時、商品が入れ替わるとのこと。
そして帰り際、気になる看板を発見。
d0007875_9182876.jpg

2階に展示している約5千本(!)のこけしの中から、
こちらのこけし作家を発見せよ。とのこと。
はっきり言って、かなり難易度高いです!

発見した方には、今は亡き佐藤善二さんの
貴重なダルマシールをプレゼント☆
(o-rinもかなり時間がかかりましたがゲットしました。)
やわらかな日差しの春、ぜひこけしに癒されてください♪

by o-rin
<comin(津軽こけし館内)>
営業時間:9:00~17:00 
年中無休 (冬期間12月~3月 16:00まで)
〒036-0412  青森県黒石市袋字富山72-1
TEL:0172-54-8181
by marugoto_aomori | 2013-03-25 07:16 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

ポップでカワイイこけしの世界

最近チマタで言われている“こけしブーム”
この“まるごとブログ”でも何度かこけしを取り上げてきました。

そんな中、渋谷のパルコミュージアムさんが、昨年12月の“青森県立美術館コレクション展”に続き、今度は東北のこけし展覧会を開催するというではありませんか!

しかもタイトルが“kokeshi pop/ポップでカワイイこけしの世界”
チラシはこんな感じ。
d0007875_1626017.jpg
・・・これは行かねばなるまい。

というわけで早速渋谷パルコへ行ってきましたよ。
で、パルコの入り口をくぐると、
d0007875_16275696.jpg
いきなり黒石のこけし灯籠がお出迎え!
テンションが上がります。

そして会場の中はこんな感じ。
d0007875_17272929.jpg
さすがパルコ!
我々が子供の頃から慣れ親しんだこけしがこんなにポップでかわいくなっちゃうのですね。
d0007875_17281722.jpg
チマタでゆわれている“こけしブーム”の意味が何となく分かったような気がしましたです。

そして、こんなこけしを発見。
d0007875_16494923.jpg
底を見てみると…
d0007875_16502163.jpg
佐藤佳樹さんのこけし
こんなところで佐藤さんのこけしにめぐり合うとは。
懐かしくて不思議な気持ちになってしまいました。
d0007875_172527.jpg
勿論、こけし本体、こけし雑貨、こけし関連本なんてものも沢山販売しています。
すなわち、“kokeshi pop”は現在の“こけしブーム”を総括するような内容となっているわけですね。

“kokeshi pop/ポップでカワイイこけしの世界”は3月12日(月)まで。
入場は無料。
そして、4月6日(金)~4月23日(月)には名古屋パルコへも巡回されるのだそうです。

こけしマニアの方もこけしビギナーの方も見逃せない内容となっています。
ぜひぜひお近くの会場へ行ってみてください!

■〈kokeshi pop〉ポップでカワイイこけしの世界
会期:2012年3月2日(金)~3月12日(月)
時間:10:00~21:00(最終日は18時閉場)
会場:パルコミュージアム(渋谷パルコ・パート1・3F)

■名古屋パルコでも巡回決定!
会期:2012年4月6日(金)~4月23日(月)会期中無休
時間:10:00~21:00(最終日は18時閉場)
会場:名古屋パルコ・西館・8F「パルコギャラリー」

by niok
by marugoto_aomori | 2012-03-02 17:54 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

こけし灯ろう展示中です!

ここ数日、天気も穏やかでドライブ日和が続いてました。アクセルを踏む右足にも力が入る(もちろん安全運転です)というもので、向かった先は黒石温泉郷。高速道路を使うと、自宅から40分程度で行けるところなんです。
d0007875_10254128.jpg
温泉郷にある津軽伝承工芸館・津軽こけし館では、今、たくさんのこけし灯ろうが展示されています。この灯ろうは、12月4日から1月7日まで「日本一のこけし灯ろう祭」で使用されたものです。
d0007875_10335668.jpg
高さ7m60cm(!!)の巨大灯ろうが2基、1m80cmの灯ろう(これも大きいですよね)が60基も展示され、白銀の世界にほのかな灯りをともしています。また、大きな雪だるまも作られ、胴体部分にともされたロウソクの灯りが、こけし灯ろうの灯りとともに、その場の雰囲気を一層盛り上げています。
「貴賓室」と名付けられているのは、巨大なかまくら。
d0007875_10495288.jpg
内部は大人が数人入れるほどの大きさで、イスが4つもありました。やはり、外に比べると暖かいですね~。内部を照らす1本のロウソクが、何ともいい感じです。
d0007875_10435225.jpg
水面に映った灯ろうも魅力的。手前で写真を撮っている方、さすがにツボをおさえてますね。
こみせ風の通路には、小さな雪だるまもたくさん作られ、子どもたちに大人気のようです。
d0007875_11145394.jpg
顔の表情までひとつひとつ丁寧につけられています。コレ、相当手間がかかってますよ。
そして、今や国民的なアイドル(?)になりつつあるあの俳優も登場!
d0007875_10591462.jpg
ちょっと文字が崩れていますが・・・。「わさお」、いよいよ3月公開です。
指摘いただいた皆様、ありがとうございます。なるほど、うさぎの「ウサオ」ですね。実は、これをみていた人が、「わさおのわの字が崩れてらぁ」と聞いて、私も「わさお」と思い込んでいました。お恥ずかしい限りです(^^;)。

このこけし灯ろうの展示は、「雪の降るさと2011小嵐山・黒石温泉郷雪まつり」のイベントのひとつとして行われているものです。まつりでは、スノーモービルの試乗会や雪の滑り台など、様々なアトラクションも行われています。日中は雪にまみれて楽しみ、夜は灯ろうの幻想的な雰囲気を静かに楽しむ・・・これで気分も
d0007875_1191665.jpg
ニコニコですね。
by ハッピーハンド

ところで、ちょっと気になるモノが・・・
d0007875_11161192.jpg
やきそば酒・・・いつか試してみよう・・・かな?

津軽伝承工芸館・津軽こけし館
黒石市大字袋字富山65-1
0172-59-5300
※こけし灯ろうの展示は、2月27日まで。
 (点灯時間 17:00~19:00)

「雪の降るさと2011小嵐山・黒石温泉郷雪まつり」の詳細は、HPをご覧ください。
by marugoto_aomori | 2011-02-07 11:32 | 青森のアート | Comments(3)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング