まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:さくらんぼ ( 5 ) タグの人気記事

夏の味覚!シーズン到来「さくらんぼ」(南部町)

今年も、ワクワクする季節がやって来ました。
そう、初夏を代表するフルーツ「さくらんぼ」の季節です!
d0007875_12354214.jpg
キレイ!

青森県内で”さくらんぼの名産地”と言えば、県内一の生産量を誇る南部町です。

町内にある産直施設「チェリーセンター」には、この時期、色鮮やかなさくらんぼがたくさん並んでいて、先日訪れた際にも、多くのお客様がさくらんぼを買い求めていました。

また、毎週日曜日に八戸市で開催されている館鼻岸壁朝市でも南部町産のさくらんぼが売られていて、こちらも、たくさんのお客様が足を止めていました。
d0007875_12361223.jpg
ただ買って食べるだけでなく、狩るのも楽しいさくらんぼ。

南部町では、毎年6月中旬~7月中旬にかけてさくらんぼ狩りが開催されています。
平成28年度は6月20日(月)~7月18日(月・祝)まで開催中。
時期によって収穫できる品種はことなりますが、一番人気の佐藤錦も食べ放題です。

さくらんぼ狩りに行くならオススメは朝。
糖度が高く身の引き締まったさくらんぼが楽しめます。
早起きして、初夏の味覚を味わって見てください。
オススメです!
d0007875_12360116.jpg
<key>

さくらんぼ狩り【南部町】
【期間】6月中旬~7月中旬
【開園時間】9時~17時
【料金】60分食べ放題(お持ち帰りは別料金です)
 中学生以上  1,000円
 小学生  700円
 3歳以上  300円
【予約】
 団体様は要予約
 個人様(数名のグループ)は予約不要
 http://nagawacherryfarm.web.fc2.com/menu01.html

by marugoto_aomori | 2016-06-20 12:42 | おいしい食材 | Comments(0)

さくらんぼ狩りが始まりました

さくらんぼ、と言えば山形県を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、青森県も負けてはいません。青森県のさくらんぼ名産地、南部町。市町村合併前の「名川」と言えばピンとくる方が多いかもしれませんね。

その南部町で、さくらんぼのシーズン開始を伝える「名川さくらんぼ狩り」セレモニーが開催されました。
d0007875_1131296.jpg
当然私はさくらんぼ狩りを目当てに向かったのですが、あいにく当日は雨・・・。自称「晴れ男」の私の力も、年齢とともに衰えているようです。
そんな雨模様の中でもひときわ輝いていたのが・・・
d0007875_11333968.jpg
フルーツ娘さんたちです。・・う~ん、来てよかったぁ~。
南部町では、さくらんぼのほかにも、りんご、ウメ、桃、ブルーベリー、プラム・・・などなど、様々な果物が栽培されていて、まさにフルーツ王国。フルーツ娘さんは、そのPR活動などを行っているのですね。・・・個人的にも応援してますよ~。

セレモニー会場で輝いていたもうひとつのもの。それは・・・
d0007875_11371758.jpg
一目見てこれは「ウマイッ」とわかるような色とツヤ。このさくらんぼ、品評会で最優秀賞に輝いた逸品で、「1箱」ではなく「1つ◯円」というレベルのモノ。非売品だそうです。・・・食べられる人がうらやまし~!

さて、せっかくさくらんぼ狩りを楽しみにきたのに、このままでは消化不良・・・。そこでおじゃましたのが「小沢田観光果樹園」です。
d0007875_11413484.jpg
園主の小沢田さんは、この果樹園の3代目。「名川さくらんぼ狩り」実行委員会の会長もなさっている方で、名久井岳の麓に約1.5haの果樹園を経営しています。さくらんぼのほかにも、りんご、ぶどう、ブルーベリー、うめなども栽培し、時期に応じて摘み取り体験ができるようになっています。

さっそく、小沢田さんに狩り方を教わり、実践。
d0007875_11532527.jpg
今年は、桜や菜の花と同様にさくらんぼの生育も遅れているそうです。
d0007875_1221398.jpg
園内のさくらんぼも、色づきがまだまだといったものが多かったのですが、日の当たるところのさくらんぼは赤~く色づき、甘くておいしいです。
ちなみに、品種をうかがってみると「佐藤錦」。・・・おおっ!! 超高級品種ではないか!! それを狩ってそのまま口にほおばれるとは、なんと幸せ。
d0007875_1159233.jpg
一緒にさくらんぼ狩りを楽しんだこの子も満足に違いない。
byハッピーハンド

小沢田さんによると、さくらんぼの一番の食べ頃は7月10日ころということです。さくらんぼ狩りを行う場所にはビニールの屋根がついているので、雨でも大丈夫です。

小沢田観光果樹園
南部町大字高瀬字上宮野18-4
0178-76-3241(果樹園)
0178-76-2265(小沢田さんご自宅)

・さくらんぼ狩り
 期間 6月30日~7月25日
 料金 大人 1,000円/小学生 700円/幼児(3歳以上) 300円
 60分間食べ放題です。(持ち帰り不可)
by marugoto_aomori | 2010-07-01 12:21 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(2)

スゴイ名前に囲まれたスゴイさくらんぼ

青森には、
あまり知られていない驚くべき農産物がたくさんあります。

今回ご紹介するのは、
鶴田町「いちばん農園」の「ダイアナブライト」というサクランボです。

ダイアナブライトは、
佐藤錦やナポレオンなどが混在する山形県内のサクランボ園から生まれた自然交雑種。
d0007875_0302313.jpg

親の組み合わせははっきりしていませんが、
大粒で果肉がしっかりしているところは「ナポレオン」、
美しい外観とバランスの良い甘味は「佐藤錦」、
二つの長所を集約したようなサクランボだと言われます。

最大の特徴はなんと言ってもその大きさ。
通常でも12~13グラム、最大で17グラムほどになるダイアナブライトは、
通常の佐藤錦の1.5倍から2倍で、
大きなものは500円硬貨を楽々超えるほどなのです。

しかし、栽培にはとても手間がかかるため、
栽培している人は全国的に珍しく、
青森県ではここ「いちばん農園」だけなのだとか。

サクランボは通常、
植えてから実がなるまで5~7年。
ところが、この「いちばん農園」のダイアナブライトは、
結実までに15年という長い歳月を要したのだそうです。
d0007875_0322864.jpg

花は咲いても実らない年が続き、
同じくダイアナブライトを植えた仲間達は次々と伐採しましたが、
園主の赤城さんは決して切ろうとはしませんでした。

ダイアナブライトを信じ、そして自分を信じたからでしょう。
ここに、信念を貫く青森の生産者の意地と情熱があります。

今では、その素晴らしさが認められ、
JAL国際線のファーストクラスでも提供されています(期間限定)。

そういえば、この品種に関わりのある品種は、
ナポレオン・ボナパルトに由来する「ナポレオン」。
もともとの名を「マリーアントワネット」という「佐藤錦」。
そしてこの「ダイアナ」・・・。
どうりで、すごいわけです(笑)。

ナポレオンと言えば、
今、青森県立美術館で「大ナポレオン展」を開催中ですよ。

by 義人
by marugoto_aomori | 2008-07-30 23:19 | おいしい食材 | Comments(11)

サクラのあとに・・・もうサクランボ!

サクラが終わり、りんごの花も散りゆく今日この頃(笑)、
気がつけばお店にはサクランボが並び始めています。

でも、そのほとんどがアメリカン・チェリーなんですよね。
国産より出回りが早く割安なため、
1980年代後半から輸入量が増え始め、
輸入が全面自由化された1992年以降は爆発的に増えて現在にいたっています。
d0007875_2023724.jpg

国内最大のサクランボ産地といえば山形県です。
青森県はといえば・・・、
実は山形県に次いで収穫量が多い全国第2位のサクランボ産地なんですよ~。
(1位と2位には圧倒的な差がありますけど・・・)

青森県でサクランボ栽培が始まったのは明治8年のこと。
りんごがそうであったように、
勧業寮(現在の農林水産省)から配布された洋種果樹苗木にサクランボも含まれていました。

その時の苗木はどこに植えられたのか?
記録から明らかにすることはできませんでしたが、
明治20年代後半には、南部地方で継続的に栽培されていたことがわかっています。
d0007875_2092588.jpg

それでも、その頃は、
家の周辺やりんご園の周囲に植えられている程度で、
単独のサクランボ園というのは非常に珍しかったのだとか。
戦後、加工需要が高まるようになってから、
南部地方のあちらこちらにサクランボ園が開かれるようになりました。

地元産のおいしいサクランボ?
食べられるのは6月半ばを過ぎてからでしょ~。
これまでそう信じてきましたが(笑)、
なんと、5月から食べられるサクランボが南部町にありました!

「おいしいサクランボをできるだけ長い期間食べたもらいたい。」と、
平成7年からハウス栽培に取り組んでいる「留長果樹園」のサクランボです。

留長果樹園にお邪魔したのはGW明けの水曜日。
りんごとサクランボの花が咲く園地のそばのハウスでは、
早生種の「紅さやか」が収穫を迎えていました。
d0007875_20131824.jpg

「このサクランボはもともと授粉用。酸味があって・・・。」と、
園主の留目さんは控えめでしたが、
ほどよい酸味がむしろ甘みを引き立てていて、
とってもさわやかなおいしさでしたよ!
d0007875_20155991.jpg

青森の本格的なサクランボシーズンを待ちきれない方は、
留長果樹園さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。
同園のブログでも紹介されているように、
人気の「佐藤錦」がそろそろ収穫を迎えるようですよ。
by義人
by marugoto_aomori | 2008-05-10 20:33 | おいしい食材 | Comments(4)

初夏のルビー「さくらんぼ」

青森で「さくらんぼ」と言えば、真っ先に思い浮かべるのが旧名川町(現南部町)。青森の約半分を占める名産地で、赤いぷりぷりの実がたわわに実る6月中旬から7月中旬にかけて、約60カ所の観光さくらんぼ園には県内外からたくさんの人々が押し寄せます。
d0007875_13342171.jpg
名川のさくらんぼの歴史は古く、百年以上も前にさかのぼると言います。
明治初期、青森県にりんごが導入された際、園地の防風林として植えられたのが始まりだとか。以来、りんご園の片隅で小規模に栽培されてきましたが、山形の佐藤錦が出回り始めた1975年頃からさくらんぼ人気が高まり、品種もそれまでのナポレオンや北光から佐藤錦主体に変わり、今では名産地として注目されるようになりました。

さくらんぼの王様と呼ばれる「佐藤錦」は、昼夜の温度差が大きく、しかも気温が低く日差しが強い天候を好みます。名久井岳へと続く高原性の気候、馬淵川がもたらした肥沃な土壌、ヤマセが入りにくい恵まれた地形、ここら一帯はその条件にぴったりなのです。

そして、もっとうれしいのは、長い歴史に培われた高度な栽培テクニック。平均15~16度と言われる「佐藤錦」の糖度を20度以上まで引き上げてしまう果樹園があちこちにあります。(中には、30度に達する驚異の「佐藤錦」もあるとか!)

今年の「名川さくらんぼ狩り」6月24日(土)~7月23日(日)。
気になる作柄は平年並みかそれ以上で、開幕までには「ジャボレー」、「香夏錦」、「紅さやか」といった早生品種が収穫時期となるほか、今月末には主力の佐藤錦も収穫期を迎えるようです。
また、主な週末には恒例の「種とばし大会(7月1日)」など多彩なイベントが用意されていますので、今年の夏は、ご家族や仲間と一緒にぜひ名川へ!(そうそう、お隣の南郷にもおいしいさくらんぼ園がたくさんありますよ。) by 義人

「さくらんぼ」はおいしいだけじゃありませんでした。意外な健康効果はこちら。
by marugoto_aomori | 2006-06-12 13:44 | おいしい食材 | Comments(6)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング