まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:たまごかけご飯 ( 3 ) タグの人気記事

”青森たまごで元気まつり”へGO!

明日6月24日から青森県観光物産館アスパムで開催される「青森たまごで元気まつり」。
今年で3回目となる「たまごかけご飯」のイベントです。
d0007875_959396.jpg
そもそも卵の美味しさの基準とは「卵黄卵重比」、卵黄の重さの割合と言われています。
市販されている卵の卵黄卵重比は27~28%が一般的。

ところが、青森県畜産試験場(現在の青森県産業技術センター畜産研究所)が
平成4年から青森県内の畜産農家に配布している「あすなろ卵」は卵黄卵重比が29~30%。
このことから「あすなろ卵」は生食用の卵として非常に高い評価を得てきました。
その後も「あすなろ卵」の開発は続いており、現在の卵黄卵重比はナント32%!


この雛を徹底的なこだわりで飼育しているのが東北牧場。
(東北牧場のスゴさについては是非コチラをご覧ください。)
d0007875_9564124.jpg
東北牧場の鶏は、牧場内の飼料専用畑で作ったとうもろこしと野菜を中心に、全て青森県産の100%国産飼料で育ちます。
しかも、とうもろこしの栽培には、農薬、化学肥料、除草剤等を使用していなというこだわりよう。
日本で飼われているほとんどの鶏が外国産飼料に依存している中、国内随一の完全国産有機飼料たまごです。
そして生まれた卵が「身土不二(しんどふじ)」。
ご覧の通り、殻が薄緑色、甘くてコクがある大きな黄身に生臭さのない卵白。
生食用に精魂込めて開発された”たまごかけご飯”のための卵です。
d0007875_11185878.jpg
この「身土不二」を数量限定ながら、食せるのが今回のイベント。
もはや行くしか!

この他にも、
FOOD ACTHIN NIPPONアワード2009大賞を受賞したトキワ養鶏の「こめたま」、
黄身の盛り上がりにおどろくご存じ坂本養鶏「もっこりたまご」、
解放鶏舎で雛から丹念に育てた下北ブランド認証品斗南養鶏「しもきた」などなど。
青森県内各地の自慢の卵、全14種類がイベントに参加します。

あれもこれもというアナタの為に今回は特別に「まんぷくセット(500円)」が初登場。
この満腹セットは、卵、炊きたてご飯、みそ汁がおかわり自由と言うから太っ腹!
※但し、「身土不二」と「こめたま」は含まれませんのでご了承ください(_ _)
d0007875_9524837.jpg
「おいしい卵を最もおいしく食べるには“たまごかけご飯”に限る」と言ったのは、あすなろ卵の開発者の方。
今週末は、アスパムで卵三昧だぁー!
by niok

がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

〈青森たまごで元気まつり〉
会期 6月24日(金)~26日(日)
時間 10:00~15:00
会場 青森県観光物産館アスパム1階イベントホール
電話 017-735-5311(代)
by marugoto_aomori | 2011-06-23 13:02 | その他 | Comments(2)

『'09青森ブロガー写真展「ブログのちから」~あおもりを愛する仲間達~』

先日、しずる!写真グルメガイドの元さんファミリーがご来県くださり、ワタシも仲間とともに半日ご一緒させていただきました。
まずは、早めのランチということで、味噌カレー牛乳ラーメン♪
これが結構なボリュームなんですよね。
d0007875_13383265.jpg

次に向かったのは、この日、第1回たまごかけご飯フェア開催中のアスパム♪
1個300円の高級たまごは既に完売でしたが、白神山地の土と日本海の海水を餌に混ぜ、薬品を全く使用せず育てた鶏から生まれた絶品たまご「長谷川自然牧場(鯵ヶ沢町)のたまご」(100円)をいただき満足!
こちらの牧場にお邪魔したこともあり、いかに自然に育てているか実際に見ているんで、身体にいいものをいただいているって脳みそも働き、美味しいものが更に美味く♪
d0007875_13385757.jpg
そして、外に出てみると、アイドル犬!?「わさお」が!!
d0007875_13391279.jpg
仮設ステージの上に菊谷商店のおばちゃんとともにお客様に囲まれているじゃありませんか!!
思ったより、きれいでフサフサな毛ですが、お顔はやっぱり(笑)
d0007875_13393038.jpg
いやいや、カメラ目線も手馴れたもんですね~!
鯵ヶ沢に行ったら、絶対に会って来よう!!って思っていたんですが、こんなところで出会えちゃいました♪

しかも、こちらのお車に乗っていらっしゃったんですね。
d0007875_13395447.jpg
しばしミーハーな時間を過ごした後は、まったり「マロン」でパフェ♪
d0007875_13401191.jpg
ここのマロンパフェ、フレッシュフルーツ満載な上に、盛りが凄いんですよね♪
味噌カレー、たまごかけご飯、マロンパフェと、1食で2食分くらいいただいちゃって超幸せ♪

この幸せも、ブログやっているからなのよね~♪

今月末、弘前で、『'09青森ブロガー写真展「ブログのちから」~あおもりを愛する仲間達~』が開催されます。
d0007875_13403266.jpg
当ブログからも、あおもりを愛する仲間として、なおき、ノブchan、Kuuの3名が参加する予定です。
2日間開催しておりますので、是非、足をお運びくださいませ♪
by Kuu

《'09青森ブロガー写真展「ブログのちから」~あおもりを愛する仲間達~》
日時 5月30(土)-31(日)9:00-18:00
場所 「弘前市立百石町展示館」1階展示スペース
by marugoto_aomori | 2009-05-12 13:48 | 青森の旅 | Comments(10)

第1回アスパムたまごかけご飯フェア

春のアスパムは青森フルコースですよ♪

卵と言えば、2005年に義人が書いた「緑の「あすなろ卵」で、おいしい卵かけごはん。」の記事。
その後も東北牧場のこだわり卵などを紹介してきました。

卵を採る鶏のデータをみれば、青森県の飼養羽頭数は約6百万羽で全国的には12位。
ですが、東京中央卸売市場の年間取扱シェアを見ればなんと36.2%の堂々1位。
簡単に言えば東京ならなじみ深く、3回に1度は青森の卵を食べている、そんな計算になります。

そんな青森の卵の中でもたまごかけご飯のために生まれた卵がこの「あすなろ卵」です。
d0007875_22451266.jpg

開発者のS元部長は、鶏の育種を行う専門家。
シャモロックがその代表的な開発になりますが、産卵鶏の開発はこのあすなろ卵鶏でした。
元部長、この道一筋の鶏の研究者なのですが、実は一番好きな食べ物も「卵かけごはん」(笑)
彼は本当においしいと思う生たまごを産む鶏の開発に取り組みます。

もちろん黄身の持つうまみとコクは大切な要素ですが、卵かけごはんで最も大切なものと考えたのが「卵白卵黄比」でした。
d0007875_22461319.jpg

想像してみてください。
・・・・白身が大きくて黄身が少ない卵かけごはん。
・・・・白身が多すぎるからと、黄身だけにした卵かけごはん。
・・・・白身と黄身とはどちらが多すぎても少なすぎてもいけない。
・・・・だけど通常食べているものだと白身が多い。

彼は翡翠のような色素を殻に持つアローカナ種とレッグホーンやロードアイランドレッドなどを交配しながら、自分が最もおいしいと考えていた究極の卵白卵黄比に近づけていきます。

さらに卵の大きさまでも理想へと近づけていきます。
そのサイズはMSサイズ。
卵焼きに使う卵は大きいほどたっぷりの卵焼きを作れますが、卵かけごはんにLサイズだと、ごはんにかけたあと余ってしまう。
d0007875_22471364.jpg
お茶碗1杯でちょうどいいサイズ。
そうそれがMSサイズ♪

黄身のうまさとコク。
そして黄身を支える盛り上がった卵白。
理想的な卵白卵黄比。
食べ切りサイズのMS。
と、まさに研究者の追い求めた究極の「卵かけごはん専用卵」、それが「あすなろ卵」です。


この卵かけごはん専用卵を産み出したこの青森県だからこそ、待ち望んでいたのが「第1回たまごかけご飯フェア」♪
d0007875_22474234.jpg
ワタシももう超~楽しみです♪

ここで「第1回アスパムたまごかけご飯フェア」のルールを説明しましょう!
今回、アスパムが青森県内から集めた卵は8種類。
集めた卵のお値段は1個100円のものから200円、そして300円のものまであります。
販売は次の3種類のセットになります。
Aセットは、つがるロマンの炊きたてご飯とセルフサービスのみそ汁、そして100円の卵がついて200円。
Bセットは、ご飯とみそ汁が一緒で、200円の卵がついて300円。
Cセットは、ご飯・みそ汁はやはり一緒で、300円の卵がついて400円。
d0007875_2248249.jpg
そして卵にかけるお醤油にもこだわります。
ABCセット共通で、藤崎町の中村醸造元が作る
○昆布醤油
○昆布八方
○大間まぐろ醤油 から選ぶという趣向。
さらにCセットのお客様限定で、あの
限定なかむら(700ml 8000円) も選べるという夢の組み合わせ。

もちろんおかわりも準備されていて、ご飯みそ汁のセットだけ頼んでもOK。卵だけでももちOK。
食べ比べしたいワタシ。おかわりしちゃいそうです。

さらにこの企画はアスパム春まつりの一環なので動じ開催イベントも目白押し。
詳しくはアスパムのHPに譲りますが、
ワタシのランチはこれで決まりです♪
1 まずはアスパム屋台村で「焼きいか」「海軍コロッケ」をゲット。
2 続いてスイーツフェアエリアに突入して、前半ならやなぎやの「フルーツロール」。
  後半ならベル・プランタンの「七々子」をゲット。
3 そしてたまごかけご飯のcセットをゲットし、もちろん東北牧場の究極たまごと限定なかむらのコラボ♪
4 テーブルに全部並べて、リッチなランチ♪
5 後半はもしかしたら、太宰らうめんとゲットしてきみちゃんのもっこりたまごのご飯とコラボ♪

・・・・・う~ん、組み合わせがありすぎます(笑)d0007875_22483320.jpg

カレー祭りといい、青森県の食のメッカとなりつつあるアスパムが打ち出すこの企画。
たくさんの方々に喜ばれて、何度も続くイベントになればいいな♪
byなおき(やっぱり根っからのB級です・笑)
by marugoto_aomori | 2009-04-23 22:56 | あるあるこんなもの | Comments(12)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング