まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:にんにく ( 11 ) タグの人気記事

絶好調!「田子ガーリックステーキごはん」

「深浦マグロステーキ丼」「平内ホタテ活御膳」「中泊メバルの刺身と煮付け膳」に続き、青森県4番目の新ご当地グルメ「田子ガーリックステーキごはん」(略称「田子ガリステごはん」)が3月29日にデビューしました。

まずは食べてみないと始まらないと、早速田子町ガーリックセンターに行ってきました。
d0007875_16464650.jpg


ウェルカムドリンクはニンニク入りコーラ。これを飲むことでニンニクを受け入れる準備が完了します。
d0007875_16472246.jpg


いよいよガリステごはんの登場。
何かとパワフルなイメージがあるニンニクですが、そのようなイメージとは一転し、上品かつ色彩豊かに盛られています。美しい!
d0007875_16475216.jpg


肉は左から豚肉・牛肉・鶏肉。下はシャリ9カン。そうなんです。ガーリックステーキごはんの正体は肉巻き寿司なのです。シャリにはニラ、タマネギ、ニンニク味噌がトッピングされています。ところどころニンニクが見えますが、ちなみに右下にはニンニクのガリ。やはり寿司にはガリが欠かせません。
d0007875_16485199.jpg


こちらは創作料理。左3点は洋食、中3点は中華、右3点は和食と、ニンニクをテーマにした前菜がかわいらしいですね。
d0007875_16503041.jpg


早速肉を焼き、シャリに巻いて食べてみます。
酢飯のシャリと肉のコラボが絶妙!シャリの数だけ肉もありますので、巻きそびれる心配はありません。肉を巻くこと自体そんな面倒ではないので、楽しみながら食すことができます。一口サイズなのでぺろっといけちゃいます。
d0007875_1651945.jpg

d0007875_16521946.jpg


食後はガーリックアイス。ここまで到達するともやはニンニク風味も何とも思わなくなります。さっぱりしておいしい。
d0007875_16523939.jpg


田子町ガーリックセンターでは、デビュー以来1日40食限定で準備しているそうですが、ほぼ売り切れとなっているそうです。「人気は予想以上」と田子町ガーリックセンターの佐藤恵子さん。
d0007875_16533769.jpg

「ガリステごはんを食べに来てくれるほとんどのお客さんが満足してくれています。県外から多くのお客様にお越しいただくことで、地域の観光振興に貢献したい」と意気込みをお話ししてくれました。
地域の知恵と腕が生み出した田子町ガーリックステーキごはん。「御食事処なくい」「勇鮨」でも食べられます。全店1,350円。是非ご賞味ください。

田子町ガーリックセンター
住   所:田子町大字田子字田子11
電   話:0179-32-3165
営業時間:平日11時~15時、土日祝11時~16時

<食べ方や食べられるお店の情報はこちら>
田子ガーリックステーキごはん公式HP http://www.takkogarlicsteak.com/

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-04-04 17:09 | 青森食べ歩き | Comments(0)

にんにく尽くしの、にんにくツーリズム!世界初もあるよ!

みなさん、にんにくわ。(にーんにーくわー!)

今年はうるう年、オリンピックイヤーであると同時に、4年に一度のにんにくの日(2月29日)が存在する、にんにく年です。
その記念すべきにんにくの日を翌週に控えた2月22日、にんにく尽くしの“にんにくツーリズム”に参加するため、「にんにくの首都 田子町を訪問してきました。
d0007875_19144068.jpg
間違いなく、にんにくの首都です。看板も有りました。

冒頭のご挨拶、「にんにくわー」は、にんにくツーリズムで教わったご挨拶。
ツアーの開始も、この挨拶から。
まずは、頭ににんにくを被ったにんにく専属ガイドさんとにんにくウォーク(まちあるき)です。
d0007875_19153623.jpg
ガイドさん達。頭のにんにく帽子が素敵です。

さすが全国に知られるにんにくの町。街を歩くと、至る所ににんにくが!
d0007875_19155431.jpg
やるならばトコトン、どこまでもにんにく。田子町のにんにくに対する愛情を感じます。
d0007875_19163750.jpg
素敵なひょうたんのお家も見学。美味しい甘酒を頂きました。

街を歩いた後は、昼食の準備。こちらもにんにく満載です。
d0007875_19171439.jpg
“つつけ”を切って、にんにく味噌を塗ったおにぎりを焼きます。
にんにく味噌は、味噌7、にんにく3の割合で作られているそうです。

…3割。すごい量です。建物に入った瞬間ににんにくのフレグランスを感じたのはそのためだったんですね。
昼食は、みんなでつくった“つつけ”と“にんにく味噌おにぎり”、そしてお漬物を頂きました。
d0007875_19180606.jpg
お漬物まで、もちろん、にんにく入り。
もはや驚きません。ここまで来ると、むしろにんにくが無い方が驚きです。

食べた後はお待ちかね。
話題沸騰、世界初、にんにく足湯!!!!!
d0007875_19191979.jpg
足元には穴の空いた発泡スチロール。そこに注がれるお湯。そして切り刻まれたにんにく。そして横一列に並べられる参加者たち…
少し覚悟が入ります。恐る恐る足を入れてみると、これがなかなか気持ちがいい。
足湯に入っている間、にんにくガイドの方々が田子町を舞台にした紙芝居を読んでくれましたが、足湯が気持よく、思わず寝てしまいそうになりました。にんにく足湯、恐るべしです。
田子町の方に聞くと、昔はよくにんにく風呂にして入っていたとのこと。入れると、湯冷めしにくいのだそうです。確かに、田子町から帰って寝るまで、足は暖かいままでした。薬湯的な感じなのでしょうか。

そしてクライマックス。

足湯につかったまま迎えたのは2時29分。
最後はにんにく入りの「ジャッツ!タッコーラ」で乾杯!
d0007875_19195220.jpg
最初から最後まで、にんにくづくしのにんにくツーリズム、とても楽しい体験が出来ました。今回のモニターツアーの経験を活かし、田子町では本格的にツアーを作り上げていく予定とのこと。実現した際には、みなさんも是非参加してみてください♪
<key>


by marugoto_aomori | 2016-02-24 19:24 | 街歩き | Comments(0)

田子にんにく+コーラ=「タッコーラ」

毎年1月の恒例イベントとなりつつある東京ドームでの「ふるさと祭り」。
その祭り開会日の1月9日、「!!!」な商品がデビューしたことをみなさまご存じでしょうか。

発売開始からわずか1か月。早くもネット注文が殺到し、すでに在庫がなくなって入荷待ち状態になってしまった話題の商品です。

入手できた私は、まさにハンドルネームのごとくハッピーだったのかもしれません。
そう、にんにく入りのコーラ、「ジャッツ タッコーラ」。
d0007875_11581241.jpg

私的に、すんごくいい! ナイス、ネーミングセンス!
オヤジギャグ好きの私にはたまらないこのネーミング。私のハートを鷲づかみです。
d0007875_11585260.jpg

言うまでもなく、「田子」+「コーラ」で「タッコーラ」です(笑)。

このネーミングを考えたのは、ガーリックセンターの職員のお二人。
「まったく根拠のない、売れる自信を持っていた」そうです。
いいですねぇ。少なくとも私はその気持ち、共有できそうです。
d0007875_11593464.jpg

にんにくの町として全国にその名をとどろかせている田子町。
にんにくカレーににんにくラーメンなどなど、様々なにんにく商品を生み出してきました。

そして、新しい飲み物を開発するにあたり、ガーリックセンターらしくアメリカンな要素で・・・ということで、約半年の期間をかけて商品化したのがタッコーラ。
d0007875_1201158.jpg

ラベルをよく見てみると、少年(?)がにんにくに乗っかり、にんにくの帽子をかぶって驚いています。
そう、この驚き、これが「ジャッツ」なんですね~。
流行語にもなったあの「じぇじぇじぇ」、田子町では「ジャッツ」なんですって。

ではでは、ちょっと味わってみますか。
キャップをゆっくりと開けて・・・う、うおっ! いや、ジャッツ! 早速にんにくの香り。
d0007875_1205262.jpg

グラスに注ぐと、炭酸とともに、にんにくの香りも同時に出てくるような感じです。
コーラの甘い香りと混ざっていますが、確かににんにくです。

口に流し込むときも、にんにくの香りを感じます。
味はコーラ。だけど、にんにくの余韻が口に残る、という感じですね。

ありそうでなかったにんにく+コーラ。これは確かに斬新です。
にんにくは、粉末状のものがわずかに使われているだけとのことですが、にんにく成分が効いて、通常のコーラよりも元気がでるのかな?

飲んだ瞬間に、ジャッツ!と目がさめる方が多いかもしれませんね。

このタッコーラ、田子町のガーリックセンターとネットショップで購入できるほか、飯田橋のアンテナショップ「あおもり北彩館」、渋谷区の「ガーリックガーリック」さんにもあります。
d0007875_1214576.jpg

田子にんにくを使った料理が評判のガーリックガーリックさんについては、現在は品薄のため、お店で食事をされる方のみいただけるということですのでご注意を。

最近、テレビや新聞で取り上げられていて注文が殺到しているそうですので、お店に買いに行く場合は、事前に確認してからお出かけするなどしてくださいね~。

by 最後のハッピーハンド


田子町にんにく国際交流協会(田子町ガーリックセンター)
〒039-0201 三戸郡田子町大字田子字田子11
電話 0120-195-229(平日10:00~17:00)
   0179-32-3165(毎日9:00~18:00)

ガーリックガーリック
〒150-0046 渋谷区松濤1-26-2
電話 03-5478-2029

<あおもり北彩館東京店>
〒102-0071 千代田区富士見町2-3-11
電話 0120-915-724
by marugoto_aomori | 2015-02-13 14:56 | あるあるこんなもの | Comments(1)

4年に一度のクサい?イベントあれこれ

今年は、いつもより1日長い年、閏年ですね♪
閏年には、4年に一度の特別な日が2月末にやってきます。
2月29日、そう、もうおわかりですね。にんにくの日です!
ネギ&にんにく中毒の私にとっては、なんともうれしい日。
この日だけは、翌日のことを考えないで思う存分にんにくを堪能したいものです。

ところで、県内のいくつかの場所でも、この特別な日ににんにくイベントが予定されてるようです。まずは県内でも最大級のにんにく産地である十和田市のイベントからご紹介します。
d0007875_22375279.jpg
残念ながら、先着229名のチケットは完売済みだそうですorz。。。一足遅かった。。。
22.9mの「にんにく味噌のり巻き」に挑戦したり、全国の知人・友人に十和田産のニンニクを贈ってPRする取り組みなど、おもしろい仕掛けが盛りだくさんです。もちろん、ニンニク料理もたくさん準備されるようですyo。あぁ、行きたかった。。。
会場には入れなくても、ニンニクをガッツリきかせた十和田バラ焼きでリベンジしてきます。

お次は、七戸町(天間林)。こちらもにんにくの大産地ですね。
d0007875_22474069.jpg
餃子大食い大会やG-1グランプリ?などが開催される予定だそうで。。。G-1って何のことでしょ?GYOUZAのG?興味が湧いてきますね。大食い大会は、なかなか過酷な戦いになりそうですが、自信のある方はぜひ。

そして、青森にんにく産地の代名詞といっても過言ではない田子町はどうかというと、微妙に229じゃなく、2月26日(日)にイベントが開催されるようです。詳しくはこちら

今年の大雪のかたづけやインフルエンザなどで体力消耗している方が多いと思いますが、2月29日はニンニクをガツンととって、残りの冬を元気に乗り切りましょう!



229はyouも王味、来ちゃいなyo!
by OAK
by marugoto_aomori | 2012-02-25 22:21 | おいしい食材 | Comments(0)

巣鴨で見つけた青森の“漬物”と“にんにく”

日本の食卓に欠かせない“漬物”。
寒い冬でも野菜を美味しく食べるためか、青森では特に漬物文化が発達したようです。
昔に比べると漬物を作っている家庭が少なくなったのは残念ですが、昔ながらのおいしい漬物を食べられるのは日本人として幸せなことです。
私もご飯を食べる時には、食事中の気分転換や食事の終わりに、時にはおかずのメインになったりと欠かせません。
そんな青森の漬物が、巣鴨で売っているということで行ってみました。
d0007875_18151554.jpg
巣鴨地蔵通商店街に行くと、さすがお年寄りの原宿とも言われる「巣鴨」!
お年寄りが多いのは確かですが、若い方や外国の方などたくさんの人で賑わっていました。
目的のお店は、「とげぬき地蔵尊」の名で親しまれる曹洞宗萬頂山高岩寺の真向かいの路地を少し入ったところにありました。
d0007875_18154790.jpg
漬物専門店「青森屋」さんです。
青森県産の漬物のアンテナショップとして昭和58年に開店し、巣鴨に訪れるお年寄りに昔食べたような漬物を提供し続けてきたお店です。
d0007875_1816937.jpg
店内には約180種類もの漬物があるのだそうで、すべてが青森県産。
「青森県で収穫された野菜や山菜を漬けた商品を直送して売っているので安全、安心ですよ!」とお店の方は勧めてくれました。リピーターが多いとのことで、巣鴨のおばあちゃんたちが味の保証人になってくれているようです。
お店に入ってまず目に入ったのが、これ!
d0007875_18214559.jpg
キクイモの漬物です。
キクイモは、地中にたくさんのイモを作り、菊に似た花を咲かせるためキクイモという名前が付いたようですが、青森県では「カライモ」と呼ばれています。
d0007875_18241182.jpg
キクイモはアクが強いため、煮たり焼いたりといった料理には不向きのようですが、漬物で食べると“カリッカリッ”ととても食感が良く、他の漬物では味わえない美味しさです。
また、キクイモには血糖値の上昇を抑える働きがある天然のインスリンと呼ばれている「イヌリン」が豊富に含まれているのだそうで、糖尿病の方にはお薦めです。
キクイモのほか、しそ巻梅干し、ナガイモやミョウガ、ニンニクの漬物、三升漬など青森でお馴染みの漬物がたくさんありました。

いくつかの漬物を買って満足げに商店街を歩くと、店頭に何やら気になるものを山積みにしているお店を発見!
d0007875_18244326.jpg
近づいてみると、JAゆうき青森のにんにく“MILD229”でした。
d0007875_1825616.jpg
ここは、元祖薬膳にんにく本舗「奈田利亭(なたりてい)」というにんにく商品専門店。
お店の方に伺うと、「健康に関心の高いお年寄りの町ということで、健康に良いといわれる素材“にんにく”をおいしく召し上がっていただくことにこだわり、特に粒が大きくて美味しいと評判の“青森県産にんにく”をたくさん取り扱ってるんですよ。」とのこと。
お店の中に入ると、にんにくの商品が所狭しと並んでいる中、店内の半分が青森にんにく商品のコーナー。黒にんにくもありました。
商品を見ていると、青森県産にんにくを使った“にんにく濃縮スープ”を試飲させてくれました。これがまた味も香りもマイルドで、とても美味しかったです。

巣鴨は、とげぬき地蔵尊といいお店といい、お年寄りが元気になる源がたくさんでした。お疲れ気味の現代人に必要とされる場所でもあるのかもしれませんね。
その中で、青森県産品が活躍していることが誇らしく感じた一日でした。
byすがまにてぃ

<漬物 青森屋>
 住所:東京都豊島区巣鴨3‐17‐20
 電話:03‐3940‐1900
 営業時間:AM9:00~PM5:00
 定休日:水曜日 ※毎月4日・14日・24日、縁日は営業

<元祖薬膳にんにく本舗 奈田利亭>
(本店)
 住所:東京都豊島区巣鴨4‐28‐3
 電話:03‐5567‐3883
(地蔵店)
 住所:東京都豊島区巣鴨3‐31‐1
 電話:03‐5567‐1081
  ※どちらも営業時間:AM10:00~PM6:00 年中無休、巣鴨地蔵通商店街にあります。
by marugoto_aomori | 2011-03-09 18:41 | 東京の「あおもり」 | Comments(10)

黒ニンニクの嗜み方!

夏本番。ねぶたやねぷたや三社大祭もすぐそこ。いよいよ青森の季節ですね♪
そんな折り、私はといいますと、夏バテ本番です。全くもって無気力です。
しかし、いつまでもグダグダしていると、となりのはかせさんからカツが入るので、そろそろ回復しなくては・・・。
そこで、最終兵器を投入することにしました。 そう、青森が誇る夏バテリーサルウェポン、「黒にんにく」です!
d0007875_11591981.jpg

この黒ニンニクですが、様々効能はあるものの、特筆すべきは「S-アリルシステイン」の働きです。
S-アリルシステインは、生のニンニクにはほとんど含まれておらず、熟成を経て生まれる成分で、抗酸化力が普通のニンニクの10倍にもなるといわれています。
d0007875_12155089.jpg

酸化は、体の老化と深い関係がありますが、黒ニンニクは体の老化を防ぐ力が高いということでしょうか。また、疲労の原因物質の一つである活性酸素の悪影響を押さえますので、夏バテにも効くはず!

そこで、今晩は黒ニンニクと夏野菜のパスタを作りましょう!
今回の材料は、冷蔵庫にたまたま入っていたナス、オクラ、黒ニンニク、パスタです。
d0007875_12131375.jpg

まず、ナスをフライパンで両面に焼き目がつくくらいまで火を通します。
オクラは下ゆでした後、適当な大きさに切っておきます。
d0007875_12194043.jpg

黒ニンニクは、皮をむいた後、細かく切り、多めのオリーブオイルとあわせておきます。
そして、おもむろにパスタをゆで始め・・・数分・・・・絶対にアルデンテの状態で。あ、ゆでる際には結構多めに塩を入れておいた方がいいです。そうしないと、黒ニンニクの甘さが勝ってしまいます。
ゆで上がったら、フライパンにすべてを放り込み、混ぜ合わせるのみ!!! コツとして、パスタのゆで汁をすべて捨ててしまわずに残しておいて、最後に混ぜ合わせる際に味を見ながらゆで汁を加えると、とってもおいしくなります♪
d0007875_12255514.jpg

今回は、夏バテ気味だったので欲張って黒ニンニクの分量を多くしてしまいました。結果、見た目が焼きそばのようです・・・。そして、甘い・・・。くれぐれも、黒ニンニクの分量には気をつけて。

このほかにも、黒ニンニクを使ったレシピはいろいろあると思いますが、ご存じの方は教えてくださいね♪
by OAK
by marugoto_aomori | 2009-07-30 23:59 | おいしい食材 | Comments(4)

青森産にんにく使用「かっぱえびせん 塩にんにく」

第一弾は、「青森」です。

日本一のにんにく産地、ココ青森県ではただ今にんにくの収穫の真っ最中。
今年もおいしいにんにくがいただけそうです。

そして気になっていたあのおやつをようやくゲットしました!

『かっぱえびせん 塩にんにく』
d0007875_114289.jpg

またまた大手メーカーによる青森産の食材を使った取り組みが生まれました。

HPによりますと、
日本各地の選りすぐったこだわりの素材を使ってお届けする、大人のためのかっぱえびせんシリーズ「日本味紀行」の第一弾。
青森産のにんにくを使用した『かっぱえびせん 塩にんにく』を期間限定で発売。

深い青を基調にした高級感のある袋ですが、お求めやすい価格。
中央には「青森産」の文字。
ちょっと誇らしいですね♪

袋を開けてお皿に盛りつけ、パシャリ。
d0007875_1151069.jpg
いつものものより平たくて、HPにあったとおり、幾分堅め。
パキッとした食感を持ちながら、やわらかな口当たりの塩味、そして香るにんにく。
まさに「塩にんにく」。
やめられない♪とまらない♪(笑)
しゅわ~っとくる麦の飲み物が欲しくなる「大人の味」です(笑)

裏にも説明書きがあります。
d0007875_1153029.jpg

以前、ポテトチップスの時にもそうでしたが、
大手メーカーさんのこうした産地食材にこだわった取り組みは、うれしいこと。
しかも第一弾♪
ついつい嬉しくて、買ってきては毎日のように食べています(笑)

期間限定です。
スーパーなどで見かけましたら、手に取ってみては。
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-07-01 11:15 | あるあるこんなもの | Comments(8)

青森カレー?

ある日。知人と話をしていたときのこと・・・

知「青森の特産品ってさ、カレーに合いそうなもの、結構あるんでない?」
私「ああー、だよね・・・・りんごカレールーもあるし、ニンニクカレーとかもあるし・・・」
知「あと、ホタテとか・・平内のイベントで出てくるホタテカレーはたんげめーよ♪」
私「食いたーい!あ、ながいも生産量日本一だし、じゃがいもの代わりに入れてみたりとか・・」
知「ああーいいな、青森カレーとか言ってさ、にんにくとかもいれてさ・・・」

なんて言う話をしていて、気がついたら試している自分がいました。(なんて単純な・・・)

ホタテは今後試すとして、ひとまず、今回は「ながいも」「にんにく」「にんじん」「鶏肉」そして今回は市販の一般的なカレールーを使いました。
d0007875_2324277.jpg
ながいもは半分を最初に炒め、残りの半分を出来上がる10分くらい前から少しずつ段階的に入れてみました。(長く煮込むと、溶けるかなーと思って)

にんにくは、1片をさらに半分にしたせいか、ほとんど溶けてしまいました。ながいもも最初に炒めたものはほとんど溶けてしまいました。

でも♪すごく美味しいカレーができあがっちゃいました~♪ながいもは10分位の煮込みでじゃがいものように、4~5分だと外がほっこり、中がシャキシャキでいい感じです。出来上がり直前だと・・・生って感じです。(個人的にはながいもネバネバとカレーは合っていると思います)
d0007875_2331081.jpg

 姿が残っているにんにくもほっこりしていて臭みは皆無に近いです。

 今度はお肉じゃなくってホタテで試してみようと思います。皆さんのお宅でカレーに欠かせない青森具材ってありますか?あったら是非是非教えてくださいね!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2007-04-12 12:30 | その他 | Comments(16)

やめられない止まらない「にんにこちゃん」

一度食べ始めると止まらなくなるものってありますよね。
ポテトチップスなんか袋を開けたら最後、
一袋食べきることが約束されるようなもんです。
そんな「やめられない止まらない」系のものにあげておかしくないのが、
田子町の『にんにこちゃん』です。d0007875_11234778.jpg
原材料はもちろん田子町産のにんにくに県産の梅。
カリポリの食感が食べていて心地よく、
にんにくのほどよい辛みと梅の酸味が
飽きることのない味を作り上げています。
梅にんにく自体は珍しいものではありませんが、
その多くは中国産の小粒にんにくを使用しています。
田子町産のにんにくの美味しさにかなうはずもありません。
にんにくであることを忘れて食べ続けてしまいます。

しかし、不思議なのはこのネーミング。
何故「にんにくちゃん」じゃないのか?
少し気になったので田子町農協に電話して聞いてみる。
すると担当者不在で詳細不明としながらも、
「昔は~~子じゃない人を呼ぶとき、
例えばマリさんでも「マリコ」って呼んだりしますよね。
それに可愛らしさで「ちゃん」がついたんじゃないでしょうか」との答え。
ふむ。確かにそういう呼び方をしたりする。
つまり、
「にんにく」に女性用接尾語をつけて「にんにく子」。
これに可愛らしさの敬称ちゃんをつけて「にんにく子ちゃん」。
言いにくいので「にんにこちゃん」。
といったところか。
真偽はともかく納得できたのでOK!
田子町農協さんありがとう。

しかし、もうすぐお盆。
もう少し風流な話題もあるだろうに…。
by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-08-11 11:28 | あるあるこんなもの | Comments(16)

期間限定!超おいしい「生ニンニク」

先週の後半から日曜日までずーっとニンニク産地に行ってました。
なので、今回ご紹介するのは、もちろんニンニク。

収穫真っ盛り
ニンニクの収穫は6月下旬から7月中旬。まさに今です。
一片が大きいことで知られる福地ホワイト六片ですが、土の中で大きくなりすぎると割れてしまい商品価値が下がるので、収穫は2週間から3週間の短い間、梅雨の晴れ間を選んで一斉に行われます。
今の時期、南部地方のニンニク産地を回ると、町中がニンニクの香りに包まれているのがわかりますよね。
d0007875_1448066.jpg
今だけ!生ニンニク
収穫されたニンニクはそのまま私たちの食卓に届くわけではありません。意外と多くの人がスーパーに並ぶニンニクを”生”だと勘違いしていますが、実は水分を30%ほど飛ばして貯蔵性を高めた乾燥品です。生のままでは日持ちしないため、収穫されたニンニクは大半がその日のうちに乾燥に回されます。だから生ニンニクが食べられるのは収穫後のごく短い期間だけ。しかもごく少量なので地元でなければなかなか手に入りません。

生ニンニクのおいしさ
生ニンニクのおいしさは、何よりもシャキシャキとした歯応え。あまりのみずみずしさにニンニクであることを忘れて(!)しまいそうです。生のまま醤油漬けにするとその食感が生かせますし、スライスをきゅうりや白菜の浅漬けに加えるとそのみずみずしさが効いてきます。
そしてニンニク好きにはたまらないのが強烈過ぎるほどの香りと超刺激的な辛みです。好き嫌いが分かれるところですが、すりおろした生ニンニクは、パンチの効いたフレッシュな辛みと独特のとろみが最高!イカ刺しや馬刺しに合わせると絶品!!と産地の方々が教えてくれました。

同じ「福地ホワイト」でも今でなければ楽しめない生の「福地ホワイト」。ぜひ味わってみてください。by 義人

つづきは、日本最強の在来種「福地ホワイト六片」のお話。
by marugoto_aomori | 2006-07-03 15:30 | おいしい食材 | Comments(18)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング