まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:むつ ( 6 ) タグの人気記事

当時のレシピを忠実に再現 「元祖」大湊海軍コロッケ

青森県下北地域のご当地グルメといえば大湊海軍コロッケ。
旧日本海軍にルーツを持つ海軍グルメの一つで、明治時代にむつ市大湊の旧海軍部隊で誕生したと言われています。
大湊海軍コロッケは、揚げ油にヘット(牛脂)を使い、こってり香ばしいのが特徴。現在はカレー味やチーズ入り、ホタテ入りなどバラエティも豊かになり、むつ市内でも販売店が増えてきています。

今般、明治41年当時のレシピを忠実に再現した、「元祖」大湊海軍コロッケが登場しました。
d0007875_2091631.jpg

コロッケの袋の裏に、当時のレシピがそのまま記載されています。読めない文字があるけど、何となく伝わりますね。
d0007875_2093649.jpg

具は牛肉とじゃがいものみとシンプルですが、どうだ!これが元祖だ!と言わんばかりの強いメッセージを感じます。外はサクッと香ばしく、中のじゃがいもはしっとりホクホク。塩こしょうが絶妙に効いています。ボリューム満点で重さもずっしりです。
d0007875_2095557.jpg

兵隊さんの栄養不足を補うために提供されていた「元祖」大湊海軍コロッケ。「北の防人大湊 安渡館」内のカフェテリア「憩~ikoi~」で一個300円で販売されています。当時の兵隊さんに思いを馳せ、熱いうちにお召し上がりください。

<問い合わせ先>
北の防人大湊 安渡館
住所:青森県むつ市桜木町3番1号
電話:0175-29-3101

HP:大湊海軍コロッケ公式サイト

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-06-24 20:15 | 青森食べ歩き | Comments(0)

旨味凝縮!脇野沢の焼干し

北限のニホンザルが有名なむつ市脇野沢地区の焼干しは、大正時代の頃から定置網で獲れるイワシやアジなどを漁師や家族たちが家に持ち帰って作っていたそうです。

焼干しを作るのは9月から寒くてイワシが陸奥湾に入って来なくなる12月中頃まで続きます。
イワシは陽が昇ったら深みに逃げてしまうので漁は朝が勝負。
漁から戻ってきたら苦みや渋みが出ないように、頭とはらわたを取り除いて水洗いし、2~3時間天日干しをした後、竹串を通して炭火で焼きます。
d0007875_2061569.jpg

d0007875_1956594.jpg

d0007875_19571742.jpg

この焼き具合がまた難しく、焼きが甘ければダシが出にくく、焼き過ぎると見た目が悪くなってしまうので、火加減や焼き時間には細心の注意を払い、余計な脂分を取り除きつつ、旨味が逃げないように一匹一匹見極めながら焼き上げます。
串に刺されたイワシが火力の強い炭火でパチパチと音を立て始めると、香ばしい香りに包まれます。
d0007875_2033793.jpg

最後の乾燥を除いたすべての工程が熟練した人達による手作業で、こうした丁寧な仕事が脇野沢の焼干しの上品な旨味に繋がっているんですね。
d0007875_19564937.jpg

焼干しは煮干しと比べても魚の旨みが凝縮されていて、約5倍のダシが出ると言われています。
鍋に水を張って焼干しをポキポキと折って入れ、お湯がグラグラとしてくれば、あっという間に芳醇な香りのダシが簡単に出来上がり。
味噌汁でもインスタントラーメンでも格別の味に仕上げることが出来ます。

焼干しは粉末にしても使い勝手が良く、さらに軽く炙ればそのままでも美味しい酒のつまみにもなります。
d0007875_19484651.jpg

日に日に寒さが増し温かいお鍋が恋しい季節が到来しました。
ぜひ今年の冬は脇野沢の焼干しでとったダシでお鍋を食べてみませんか?
d0007875_1950865.jpg

<問い合わせ先>
脇野沢村漁業協同組合
住所:むつ市脇野沢本村無番地
TEL:0175-44-2211
FAX:0175-44-2210

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2014-11-05 20:07 | おいしい食材 | Comments(0)

東京で下北半島のご当地酒場オープン!

ビルや商店が多く立ち並ぶJR御茶ノ水駅界隈。
ここに1軒の青森県ご当地居酒屋がオープンしました!

その名も『ご当地酒場 青森県むつ下北半島 神田小川町店』。
名前が長い…、それにむつ下北半島って地名じゃないか。

一体どんなお店なんだ!!
ということで、2012年12月12日にオープンしたばかりのお店にお邪魔させてもらいました。

1人だと寂しいので、青森が大好きなブロガー『ねこぜ』さんにもご一緒してもらいました。
ねこぜさんは、青森が大好きすぎる東京人で、月イチで青森へ行き旅行記を書いています。
d0007875_1657649.jpg
d0007875_16575034.jpg
お店の入口には、『青森県むつ市』という表札が。

緊張してお店に入ると、まず出迎えてくれたのは、イケメン店長の漆畑(うるしはた)さん。
わお!ナイスガイ☆しかも紳士的。ほんとに。
d0007875_16582441.jpg
漆畑さんは、都内の飲食店経営会社に勤務していましたが、独立して店長を務めているそうです。

こちらのお店では、むつ市の漁協などから魚介類を仕入れ、日本酒・ワインなどもむつ市から直送。
素材の良さにこだわった料理とお酒を提供しています。
d0007875_16591755.jpg
d0007875_16594596.jpg
ぎゅ、牛乳ですか?
なんでも、ミルクハイなどに使うそうで、こちらもむつ市から直送。

十和田市出身の漆畑さんですが、上京する前、下北を何度も訪れてその魅力に惹かれていました。
以前の会社に勤めていたときから、独立するならむつ市や下北にこだわったお店にしたいという思いがあったそうです。

ご当地居酒屋としてのこだわりはこんなところにも。
d0007875_1701849.jpg
一見気づきにくいのですが、店内を照らすこちらの電球。
なんと、実際にイカ釣り漁船で使われていた漁火の電球が使われています。

そして、もちろん料理も新鮮でおいしいです。
お通しの『ナマコ(写真左上)』の新鮮さにも驚きましたが、こちらの『本日の激得刺盛り(2人前 税込1,658円)』でさらにびっくり!(写真右上)
d0007875_1765265.jpg

きれいに盛られたお刺身は、左上からワラサ・ホタテ・大間マグロ(写真中央)・クロソイ・甘エビ・ヒラメ・海峡サーモンです。

ん?大間マグロ?
まさか大間マグロまで食べられるなんて驚きです!
しかも甘エビ以外は、すべて下北産なんだとか。

お店の名前は変ですが(しつこい)、お値段も安く料理の味もすばらしい!
【写真左下:むつ下北コロッケ 写真右下:下北イカ寿し】

店長さんの温かい人柄とおいしい下北産の料理で幸せな時間を過ごすことができました。
皆さんもイケメン店長がいるご当地酒場の雰囲気・料理を味わってみてはいかがでしょうか?

【ご一緒したねこぜさんのブログはこちら】
ゆがんだ青森愛に溢れ、まるごと青森チーム内でも大人気のブログです!

<ご当地酒場 青森県むつ下北半島 神田小川町店>
東京都千代田区神田美土代町9 千代田21ビルディングB1
03-5577-4195
営業時間
○ランチ:月~土 11:30~14:00
○ディナー:月~金 17:00~23:30  土 17:00~23:00
定休日:日曜・祝日

byパトリック
by marugoto_aomori | 2012-12-21 17:04 | 東京の「あおもり」 | Comments(6)

青森ふるさとベーカリー6 吉田ベーカリーの「アンバター」

大震災発生から10日余りが過ぎました。みなさま、温かいコメントありがとうございました。
徐々にですが、復興に向けた明るい話題が出てきています。今日まで、全面再開とはいきませんが、県内の鉄道などの交通機関は運転を始めており、そして本日、ついに東北新幹線が新青森・盛岡間の運転を再開するにまでいたりました。
d0007875_1821826.jpg
また、津波の被害うけた八戸港でも漁業が再開しました。市場に威勢のいい競りのかけ声が戻ってきたのです。漁港付近でお店が再開したという大変うれしい情報もあります!!(詳しくは、+α的ブログさんをご覧ください。)

このブログも、少しでも青森県を、そして青森県から全国を元気にできるよう精一杯がんばります。まるごと青森blog、再スタートの記事は、青森ふるさとベーカリーです。


むつ市の田名部神社付近には、ある神話が残っています。
映画館に行く前には、神社近くのパン屋さんに立ち寄り、「あのパン」を買って食べるというのがステイタスで、そのお店の前から何と200mもの行列ができた・・・という神話です。
「あのパン」・・・。そうです。下北といえばこのパン、「アンバター」を求め、多くの人たちが列をなしたのです。
d0007875_18264778.jpg
「アンバター」は、サンドする2枚の食パンの1枚にアン、もう1枚にバターを塗って重ねるという大変シンプルなパンで、世に送り出したのは、昭和30年4月頃に開店した吉田ベーカリーさんです。
d0007875_1848258.jpg
「アンバター」が誕生したのは、お店の開店から約12年後の昭和42年頃。当時、パンの耳に好きなもの塗って食べていた賄いを、たまたまお店に出入りしていた業者さんが食べ、「これはイイ!!」と一言。これがきっかけ。
評判が評判を呼んで大ブレイク!! 200mの行列神話が生まれたのです。耳にトッピングする気持ち、わかります。私も小さい頃、パンの耳をバターのカップに直接突っ込んだり、牛乳にひたしたりして食べてました。色んなものを自由にトッピングする楽しさがそこにあったのですよね(母親にはかなりしかられましたが・・・)。
d0007875_1833862.jpg
「アンバター」は、注文を受けてから塗って、お客様に渡すというスタイル。これは、誕生当時から変わらないものです。パン自体のおいしさに加え、目の前で私のためにわざわざ作ってくれるというプレミアム感!! これがいいんです。
d0007875_18361317.jpg
サンドするものには、ほかにもピーナッツ、きなこ、マーマレード、サラダなど、バリエーションも様々。単品でサンドする場合は130円、アンバターやチョコきなこなど、2種類でサンドする場合や大盛りは10円増しで対応、さらにお願いすれば、トーストもしてくれるというありがたさ。それこそ自分だけのオリジナルのサンドパンを作ってもらえるのがとても魅力的です。
私が何を注文するか悩んでいると、商品棚には目もくれず、真っ直ぐにレジに向かってきた方が「アンバター10個ください」と注文。びっくりする私を尻目に、別の方は「アンチョコピーください。」・・・えっ、アンチョコピー?? アンとチョコとピーナッツ。常連さんにとっては、これくらいは当たり前なんですね。

d0007875_18385643.jpg
現在お店を継いでいる吉田成人さんは、東京の専門学校で洋菓子とパンを学び、都内での修行後、25歳でお店を継ぎました。創業当時のパンの製法を受け継ぎ、「アンバター」などの昔ながらのサンドパンや調理パンの味は創業当時のまま変わりません。吉田さんの代になり、焼きたてパンに力を入れつつ、積極的に企画もののパンなどにもチャレンジしていますが、「新しいものは一過性。やっぱり定番のサンドパンに戻る。」と言っています。やはり吉田ベーカリーは「アンバター」なんですね。
d0007875_18403758.jpg
むつに住んでいた頃、私も吉田ベーカリーさんのお世話になっていました。一番のお気に入りはサラダ。お店手づくりのサラダは、一人暮らしを続けている私にとっては、遠く離れた実家を思い出させる優しい味です。昔からのクセで、耳をきれいに食べきったあとにお楽しみの中央部分を・・・。がっつくなかれ、中身が飛び出して○※△・・・。

d0007875_18445063.jpg
(昭和42、43年頃のお店)
神話誕生の頃に行列に並んだ人が、自分の子どもを連れてお店を訪れ、「アンバター」を注文する姿がみられます。同じ時代、中学校のお昼に「アンバター」を食べていた方がお店を訪れます。そして、お店のカフェスペースで教科書を広げ、パンをほおばる現在の高校生の姿が見られます。今も昔も吉田ベーカリーの「アンバター」は、地元の人に愛され続けるふるさとベーカリーです。
by ハッピーハンド

<吉田ベーカリーの「アンバター」>
パン年齢 昭和42年頃誕生の43歳くらい
むつ市新町9-25
0175-23-0148
7:00-19:00
定休日 第2・4日曜日
by marugoto_aomori | 2011-03-22 19:04 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

ジャンボ餃子で飲みの〆

むつに行くと必ずお世話になる飲み屋街。訪れるときに(かつて住んでいたときも)思うのですが、むつ市(田名部)の飲み屋、ホントに田名部神社周囲に集まってますよね~。
d0007875_144138.jpg
よく「親不孝通り」とか言ってますが、通りというより地区って感じを受けてます。まぁ、飲み助の方にとっては、これだけの飲み屋さんが集合しているので、実にありがたいことでしょうね(あ、自分のことですね)。

飲みの〆にラーメン。コレは定番です。体重を肥やす最大の原因ですが、アルコール分解のためにはエネルギーが必要!! と自分に優しく言い聞かせて通っていたお店がココ、「ますや」さんです。
d0007875_1413935.jpg
夜遅くにも関わらず、店内が満員で入れなかったこともしばしば。久しぶりにむつを訪れたこの日も、一度は満員でお店に入れず、数十分間あたりをウロウロしてからやっと入れるような状態でした。
d0007875_1419254.jpg
店内にはびっしりと民具や民芸品などが飾られていたんですね~。・・・いつもこのお店に来るときは酔っぱらっていたので、まったく気がつきませんでした。まぁ、この日も酔っぱらっていたのですけどね(^^;)。
さぁココで注文するのは、もちろんコレ。d0007875_14425786.jpg
ますやと言えば、ジャンボ餃子です。そして、中華そば(500円)も一丁!
・・・ということで、久しぶりにこのお店に来たので忘れてました。ジャンボ餃子を注文するときは、いつも3、4人で1皿という程度だったことを・・・。

そして、ジャンボ餃子登場!!
d0007875_14484476.jpg
ちょ、ちょっと待て~い! こんなに大きかったっけ!?。携帯電話と比べてみても・・・
d0007875_1450647.jpg
はるかにデカい・・・。1個で普通の餃子の何個分になるのだろう? ・・・ま、つべこべ言わず食べてみると、あぁ、この味。久しぶり。写真のとおり、ほどよく焦げ目のついた皮はパリッとして、中はジューシー・・・。それと、何かはわからないのですが、ちょっと独特な香りを感じるんです。私にとっては、この香りをかいで、あぁ、ますやの餃子だ、と感じる瞬間です。
d0007875_155652100.jpg
この巨大な餃子5個と中華そば・・・。間違いなく中華そばよりも餃子の方が食べ応え十分! というか、一人で食べるには多すぎるかも・・・。飲んだ勢いで食べて、そして肥えるとしますか。
by ハッピーハンド

<ますや>
むつ市本町2-25
0175-22-4757
19:00~2:30
定休日 日曜日
by marugoto_aomori | 2011-01-20 00:07 | あるあるこんなもの | Comments(0)

アンバター

青森からむつ市までは車で約2時間。
意外と近いこの街には、
実は美味しい魅力がたくさんあります。

吉田ベーカリーのアンバター。
むつ市に住む人、住んでいたことがある人であれば
知らない人はいないむつ市の名物です。
創業50年になる吉田ベーカリーでは、
当時からお客様の要望に応じて、
ジャムやバター、あんこなどをパンに塗って売っており、
いつからか"あんこ"と"バター"の組み合わせが定番となって、
お店の看板メニューになったそうです。

今もお店での売り方は昔のまま。
お店に入ってもアンバターはどこにも見あたりません。
「アンバターを一つ!」と注文すると、
焼き貯めしていない焼きたてのパンをケースから取り出し、
その場であんことバターを塗り、
昔ながらの緑色の紙に包んで渡してくれます。d0007875_1547862.jpg
焼きたてのパンに、手作りのあまーいあんこ、特注のバター、
すべてお店のこだわりで無添加です。
柔らかいパンのほのかな甘さの奥から、
あんこの甘さとバターの塩味が口の中に溶け出すその絶妙なバランスは、
なんとなくほっとする味で、
私はその時お腹がいっぱいだったにも関わらず、
何故かペロリと食べ切れてしまいました。d0007875_15521661.jpg
青森とむつの間には
カイグイせずにはいられない魅力が盛り沢山ですが、
ここ吉田ベーカリーのアンバターも、
その一つになること間違いありません。
むつ市はなかなか奥深いですよー!

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-06-14 16:07 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(9)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング