まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:アスパム ( 34 ) タグの人気記事

7/18~20はアスパムで「地アイス」祭り!

も~い~くつ寝~ると~、夏や~す~み~小学生の頃、良く唄ったような・・
さて夏本番!アイスが冷凍庫を占領する季節ですね!(そして冷蔵庫は中華麺
だらけ♪)
d0007875_15552561.jpg

青森県内では様々な特産品を活用したカップアイス・ソフトクリームが多岐に
わたり販売されていますね~♪
このブログでも何度となくご紹介をさせていただきました。
その!カップアイス達が!なんと青森県観光物産館アスパムに集まるってゆう
じゃないですかああああああああああ!一例をあげると!
d0007875_1633799.jpg

アビタニアジャージーファーム MiruMu」鰺ヶ沢にあるアビタニアジャー
ジーファームのアイスが登場予定なんです!
これは・・・あくまで個人の意見として聞いてください。口の中に広がる濃厚
でクリーミイな味わい・・・日本の中でもトップクラスだと思っています!!
これは旨い!青森県民で良かったと思う一瞬が訪れるはず!
d0007875_165102.jpg

そして!新郷村「ドラキュラ ザ プレミアム」一日1個までしか食べられない
魅惑のにんにく入りアイス!夏場の食欲減退期には最適です!東京・池袋のサ
ンシャインにあるアイスクリームシティでも人気の逸品です♪
このほか、「横浜3兄弟」 、「ゼネラルレクラーク」、「チズイック」、
南郷ジャズ姫」、「奥入瀬アイス」といった今まで紹介させたいただいたも
のを始め、「何でアイスに入れてしまったの!?でも一度は試してみたい!」
というものまで、39種類が登場予定です。
いやこれはホントにスゴイ、県内の様々な農産物・水産物が使われてるアイス
なのですから!!!!(「水産物」も・・・多数登場します)
d0007875_1692929.jpg

こちらのイベント
18日(土)12:00~16:00
19日(日)10:00~16:00
20日(祝)10:00~16:00
の時間にアスパム1Fのイベントホールにて販売予定で、持ち帰るためのドラ
イアイス&保冷バックも販売予定だそうです。
しかも!会場で食べる方には有料ですがトッピングも出来るみたいです。
ううう・・・楽しみです。
とりあえず私は「しじみアイス」を試そうと思っています。しじみドリンク、
しじみソフト、しじみプリンをこれまでいただいているので、これで4冠?
達成!?


byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-07-15 15:41 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

第1回アスパムたまごかけご飯フェア

春のアスパムは青森フルコースですよ♪

卵と言えば、2005年に義人が書いた「緑の「あすなろ卵」で、おいしい卵かけごはん。」の記事。
その後も東北牧場のこだわり卵などを紹介してきました。

卵を採る鶏のデータをみれば、青森県の飼養羽頭数は約6百万羽で全国的には12位。
ですが、東京中央卸売市場の年間取扱シェアを見ればなんと36.2%の堂々1位。
簡単に言えば東京ならなじみ深く、3回に1度は青森の卵を食べている、そんな計算になります。

そんな青森の卵の中でもたまごかけご飯のために生まれた卵がこの「あすなろ卵」です。
d0007875_22451266.jpg

開発者のS元部長は、鶏の育種を行う専門家。
シャモロックがその代表的な開発になりますが、産卵鶏の開発はこのあすなろ卵鶏でした。
元部長、この道一筋の鶏の研究者なのですが、実は一番好きな食べ物も「卵かけごはん」(笑)
彼は本当においしいと思う生たまごを産む鶏の開発に取り組みます。

もちろん黄身の持つうまみとコクは大切な要素ですが、卵かけごはんで最も大切なものと考えたのが「卵白卵黄比」でした。
d0007875_22461319.jpg

想像してみてください。
・・・・白身が大きくて黄身が少ない卵かけごはん。
・・・・白身が多すぎるからと、黄身だけにした卵かけごはん。
・・・・白身と黄身とはどちらが多すぎても少なすぎてもいけない。
・・・・だけど通常食べているものだと白身が多い。

彼は翡翠のような色素を殻に持つアローカナ種とレッグホーンやロードアイランドレッドなどを交配しながら、自分が最もおいしいと考えていた究極の卵白卵黄比に近づけていきます。

さらに卵の大きさまでも理想へと近づけていきます。
そのサイズはMSサイズ。
卵焼きに使う卵は大きいほどたっぷりの卵焼きを作れますが、卵かけごはんにLサイズだと、ごはんにかけたあと余ってしまう。
d0007875_22471364.jpg
お茶碗1杯でちょうどいいサイズ。
そうそれがMSサイズ♪

黄身のうまさとコク。
そして黄身を支える盛り上がった卵白。
理想的な卵白卵黄比。
食べ切りサイズのMS。
と、まさに研究者の追い求めた究極の「卵かけごはん専用卵」、それが「あすなろ卵」です。


この卵かけごはん専用卵を産み出したこの青森県だからこそ、待ち望んでいたのが「第1回たまごかけご飯フェア」♪
d0007875_22474234.jpg
ワタシももう超~楽しみです♪

ここで「第1回アスパムたまごかけご飯フェア」のルールを説明しましょう!
今回、アスパムが青森県内から集めた卵は8種類。
集めた卵のお値段は1個100円のものから200円、そして300円のものまであります。
販売は次の3種類のセットになります。
Aセットは、つがるロマンの炊きたてご飯とセルフサービスのみそ汁、そして100円の卵がついて200円。
Bセットは、ご飯とみそ汁が一緒で、200円の卵がついて300円。
Cセットは、ご飯・みそ汁はやはり一緒で、300円の卵がついて400円。
d0007875_2248249.jpg
そして卵にかけるお醤油にもこだわります。
ABCセット共通で、藤崎町の中村醸造元が作る
○昆布醤油
○昆布八方
○大間まぐろ醤油 から選ぶという趣向。
さらにCセットのお客様限定で、あの
限定なかむら(700ml 8000円) も選べるという夢の組み合わせ。

もちろんおかわりも準備されていて、ご飯みそ汁のセットだけ頼んでもOK。卵だけでももちOK。
食べ比べしたいワタシ。おかわりしちゃいそうです。

さらにこの企画はアスパム春まつりの一環なので動じ開催イベントも目白押し。
詳しくはアスパムのHPに譲りますが、
ワタシのランチはこれで決まりです♪
1 まずはアスパム屋台村で「焼きいか」「海軍コロッケ」をゲット。
2 続いてスイーツフェアエリアに突入して、前半ならやなぎやの「フルーツロール」。
  後半ならベル・プランタンの「七々子」をゲット。
3 そしてたまごかけご飯のcセットをゲットし、もちろん東北牧場の究極たまごと限定なかむらのコラボ♪
4 テーブルに全部並べて、リッチなランチ♪
5 後半はもしかしたら、太宰らうめんとゲットしてきみちゃんのもっこりたまごのご飯とコラボ♪

・・・・・う~ん、組み合わせがありすぎます(笑)d0007875_22483320.jpg

カレー祭りといい、青森県の食のメッカとなりつつあるアスパムが打ち出すこの企画。
たくさんの方々に喜ばれて、何度も続くイベントになればいいな♪
byなおき(やっぱり根っからのB級です・笑)
by marugoto_aomori | 2009-04-23 22:56 | あるあるこんなもの | Comments(12)

またまた来ましたよ「アスパムカレーまつり」

第3回アスパムカレーまつり

今年の正月は朝、おやつ、昼、おやつ、夜、おやつ、夜食・・・ この繰り返し(笑)
それでなくても日常の食べ歩き連チャンで大胃袋になっていたところに、このインパクトが重なって、体中が胃袋状態(笑)
なのでそろそろ少食に・・・、なんて思っていたところに、コレ!

アスパムカレーまつり
d0007875_20533923.jpg


ガツンとくるスパイシーな食べ物が欲しくなったところに、コレですからもう、やせる暇がありません(笑)

あれからもう第3回になる、アスパムを代表する全県グルメイベントになりました。
今回は10種のご当地カレーが登場です。

もちろんワタシも参戦♪

全てハーフサイズで一皿オール200円、とリーズナブルなのも恒例。

そして、そして・・・・
いよいよあのDeeDeeが八戸からアスパムにやって来ます!
しかも! 以前、このまるごと青森ブログでご紹介したあの「カレー焼きおにぎりのコンソメスープがけ」が食べられるんです!
d0007875_20541446.jpg

香ばしく焼かれたご飯とごまのおにぎりの上からコンソメスープがかけられ、ゆっくりとスープを吸っていく中をお箸で割ると、中からチキンカレー。
もう絶妙のうまさでした。
うまうまズズズ。うまうまズズズズ~とやっているうち、あっという間に完食。
あの頃は裏メニューなんですよ、と紹介され、こんなうまいものなら是非メインメニューで、なんてお話をしていました。
そしたら、今回いよいよアスパムのカレー食堂に登場です。
超~楽しみ♪

ワタシのゆるんで拡張している今の胃袋なら、これをゲットしてもまだまだ2~3皿はまず間違いなし!

見逃せないもう一皿の「ほっきカレー」は間違いなくゲット♪
d0007875_205527100.jpg
県漁連のホタテカレーもそうですが、やはりシーフードはカレーにピッタリ。
今が旬の三沢市のほっき貝、きっとおいしいんだろうなぁ。楽しみです♪

焼きおにぎりを前菜にほっきカレーで軽く準備練習が済んだところで、さあいくぜ!(笑)

ワタシのメイン1は、毎回人気で売り切れとなるあの七戸町の金子ファームのビーフカレー。
d0007875_20555582.jpg
お肉がゴロゴロ入って、モ~♪ ビックリ(笑)
きっとまた売り切れ必至なので、待ちが少ないようだったら速攻列に並びます。

そしてメイン2が、未食の「わきのさわ いのししカレー」。
それとあのほっこりにんにくがドンと入った田子にんにくカレー、このあたりの選択は迷いそう(笑)
究極の選択をして、そしてデザートに「大湊海軍コロッケ」か、今回特別販売される「ほっき丼」で〆(笑)
d0007875_2056217.jpg

書いてて、ホントに食べられるかちょっと不安になっちゃいました(汗)

碇ヶ関のマルメロカレーや青森市のみちのく料理西むらのまかないカレーなどまだまだあるので、やっぱり2日間の参戦が必要かな。

青森のご当地カレーの祭典。
週末はお腹を空かせてアスパムでカレー三昧。
d0007875_20571221.jpg
どうかアスパムさん、「売り切れです」なんて言わないでくださいよ~♪
byなおき

<データ>
第3回アスパムカレーまつり
 日時:09年1月10日(土)~12日(月・祝) 10:00~15:00(L.O14:30)
 場所:アスパム1階 カレー食堂(イベントホール)
 料金:カレー1皿オール200円 ほっき丼も200円 (全てハーフサイズ)
 主催:アスパム(017-735-5311)
by marugoto_aomori | 2009-01-07 21:03 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(6)

08青森県まるごと市町村まつりinアスパム

いよいよ第2回目。バージョンアップしてますよ!

昨年、楽しくて「是非来年も」と開催を願ったこのイベント
アスパムで開催するイベントの中でも県内全市町村のまるごとが詰まった、特に大型のイベントです。

d0007875_12515425.jpg
今回がその第2回。
11/22から始まる「青森県まるごと市町村まつり」のチラシを見ると、

ん~☆ バージョンアップしてますね♪
中でもやっぱり県内40市町村の地場産品に注目です。

どれもこれも興味がわくわくで迷ってしまいます。
しかもまるごと青森でご紹介したものもたくさん出ています。
そしてワタシ。
勝手ながらワタシチョイスのバーチャル22日の行程をあれこれと考え、こうしよう、ああしよう、と思案を巡らしてました。
今回は、悩み抜いたワタシツアーをご紹介しちゃいます(笑)


まずは、これからの楽しみのためにやる気十分モードにするため、
「ジョミジュース」(三戸町 道の駅さんのへ)
d0007875_13234628.jpg

このワインのようなポリフェノールな酸味と清涼感でスタンバイOKです♪

そしていよいよ臨戦態勢。ギヤをセカンドに入れます。

さあ、いきますよ、前菜、
「焼きいか」(鰺ヶ沢町 鰺ヶ沢漁協)
d0007875_1325378.jpg
さっぱり塩味と濃厚な旨味を存分に味わって、噛めば噛むほどカミカミ(笑)


そして前菜2品目で揚げたての
「大湊海軍コロッケ」(むつ市 デリカむつ)
d0007875_13263051.jpg
3種類全部でるのかなぁ?
出るんだったらほたてをチョイス♪
カリッカリとした衣にまるごとほたて。イカと来たら次はやっぱりほたてでしょ♪


もうココで意外と満足しちゃいそうなので、胃袋をおいしく保護(笑)
「飲むヨーグルト」(新郷村 ふるさと活性化公社)
d0007875_132657100.jpg
濃厚な乳酸菌ととろり感でいったんリセットされたような気分。

いよいよここからがワタシの真骨頂(笑)

メインディッシュにしたのは、
東通牛串焼き」(東通村 東通★東風塾)
d0007875_13272822.jpg
うぉぉぉぉ~、東通牛といえば、「黒毛和牛」! 
メインにぴったり♪

和牛の旨味をたっぷり堪能して、すっかりいい気分になったところで、

仕上げはやっぱり、またまた
「東通田やそば」(東通村 田や)
d0007875_13284717.jpg
あっさり、さっぱり♪
東通のツートップでナイスシュート◎です♪

この時点ですっかり満足なところですが、年に一度の市町村まつり!


最後のデザートをいただきます。
ワタシのチョイスは・・・、やっぱりコレ!
「あげたい」(五所川原市 あげたいの店)
d0007875_1329357.jpg

・・・・こんなシミュレーションをしてみました(笑)
朝飯抜きですね(笑)

そして22日(土)11:00~は、

「テツandトモ 旅~僕たちの風景 CD発売記念ライブ」
d0007875_133053.jpg
場所は1階エントランスホール。
青森県を歌った「青森にて」を生でライブで聴いちゃいます。

食べてから聴くか、それとも聴いてから食べるか?
それが問題です(笑)
byなおき
 ※このバーチャルツアーは22日(土)に実施しているもののみで構成しました。
  日時指定で実施されるものもあります。お間違えのないように。

<データ>
2008 青森県まるごと市町村まつりinアスパム
 日時:11月22日(土) ~24日(祝・月)
 会場:正面玄関・1階フロア・2階フロア
 主催:青森県観光物産館アスパム 017-735-5311
by marugoto_aomori | 2008-11-20 13:43 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(13)

こぎん刺しダイアリー2009 発売中

こぎん刺しダイアリー2009年版が販売開始!!
d0007875_200486.jpg

という情報を聞きつけ、今年もあと少しだわ~とシミジミ考えながら、
アスパム1階地場セレクトへ行ってきました。

こちらのダイアリーは、こぎん刺し作家の間山淑子さんの柄を
プリントした地場セレクトオリジナルのデザイン。
ポコポコとしたエンボス加工の表紙の質感も、
本物っぽくて心地良いんですよね。

昨年からこのこぎん刺しダイアリーを使っていた私。
日記のようにちょこちょことメモしておくのには調度良い大きさ。
d0007875_2003362.jpg

でも、バックに入れて持ち歩く用に
もう一回り小さめのものもあると嬉しいなぁ・・・、
ブッロクタイプの月間予定表があれば更にいいなぁ・・・
という私の声が聞こえたかのようなB6版が新登場しちゃいました。
d0007875_2005415.jpg

この大きさ、手触り、来年の予定を書き込むのが今から楽しみ♪
d0007875_2012326.jpg


そして、このダイアリー、毎年、このために間山さんが刺し、
デザインをリニューアルしているんです。

並べてみると、2008年版がコチラ、
d0007875_2014382.jpg

2009年版がコチラ、
d0007875_202274.jpg

と比べると、新柄にリニューアルされていますね~。
「NoteDiary 2009」という文字も、
デザインに合わせて配置されていて・・・。
丁寧に時間をかけて刺し、デザインしているのに、
分かる人には分かるっていうレベルでリニューアルするなんて、
なんだか愛用者にたまらないお洒落なダイアリーですよね。

毎年、人気の期間限定商品なので、お早めにお求めくださいね。

ノートには、罫線のところにワンポイントでこぎん模様が入っていて、
メモしながら和んじゃいます。
d0007875_2023216.jpg


知り合いの間でも、ちょっとしたプレゼントに喜ばれる!!
と評判のシリーズです。
d0007875_2025379.jpg

次はどんなオリジナル商品が開発されるかなぁ~って
結構楽しみにしているんですけど、
本物のこぎん刺しでブックカバーがあったら素敵だろうなぁ。 By Kuu

<こぎん刺しダイアリー2009年版>
B5版 210円 B6版 180円 
他にもこぎん刺しノート・クリアファイルも販売中です。
ノート B5版 210円 B6版 150円
クリアファイル A版 210円
全て税込み。
お問合せ先 青森県地場セレクト 017-735-5311
by marugoto_aomori | 2008-11-05 20:13 | あるあるこんなもの | Comments(6)

最強コラボなプリン

8月6日、快晴です。
窓から見える空には雲一つありません。
この天気だと祭りも盛り上がることでしょう。
やっぱり青森の8月はアツイです。

八戸三社大祭を皮切りに、
弘前ねぷた祭り、青森ねぶた祭り、五所川原立佞武多祭りと、
青森の夜を華麗に染めた祭りたちも終盤戦。
夜間運行の最終日がこれだけの好天に恵まれたこともあってか、
青森市の街もいつもより祭り気分で華やいでいます。

青森市のランドマーク"アスパム"では、
祭りを盛り上げるために多くの店が出店し、
青森の特産品が建物の内外問わず売られています。
そんなときに私の目を引いたのが、
シャモロックの卵で作ったというプリンでした。
d0007875_1519193.jpg
県産地鶏としてその肉質とダシの定評が高いシャモロック。
このシャモロックを生み出した前畜産試験場研究調整監の西藤さんです。
実は西藤さんは卵かけご飯が大好きで、
美味しい卵の研究を積み重ねる中でシャモロックが誕生したと言います。
なので、シャモロックは卵が美味しいことは疑う余地がありません。
(その後西藤さんは「あすなろ卵」という卵かけご飯に最適の卵を作っています。)
その上、使われているのはあの新郷村間木ノ平産の牛乳。
飲むヨーグルトで有名な新郷村ふるさと活性化公社の職人たちが、
本当に美味しい牛乳を作る!という意気込みで作った、
まさに本当に美味しい牛乳が使われています。
となると、このプリンが美味しくないわけがない。
d0007875_1522460.jpg
一口。口当たりはあっさりとした感じですが、
しっかりとした味とコクを持った上品な美味しさ。
奇をてらったところなどない普通のプリンをとても美味しくした感じは、
飽きのこない好感の持てる味です。
余裕で2個、普通に3個くらいは食べられるかも。

青森のチャンピオン級の素材のコラボスイーツ。
これは食べないわけにはいかないのでは?(笑)

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2008-08-06 15:33 | あるあるこんなもの | Comments(3)

アスパムで、大鰐町の桜を発見!

青森市内は、桜はほとんど散ってしまいました。
弘前の桜も観に行けずじまい・・・残念。
青森県庁の正面にあるりんごの樹には、今、白い可愛い花が咲いていますよ。

弘前の桜は残念でしたが、アスパムで「大鰐町の桜」を発見しました。
それがこれです。水野屋和洋菓子店の「桜ロール」
d0007875_19343939.jpg
大鰐町といえば、私のイメージは、
いこい食堂のラーメンと、山崎食堂の温泉もやし炒め定食の2つだったのですが、
これに水野屋和洋菓子店が追加されました。
ピンク色の生地に桜の塩漬けが入っていて、
巻いてあるクリームは最初一口食べたときに、「あれ?塩味?」と思うくらい
甘さが控えめで、クリームの中に入っているのは何だろう?と思ったら
あんこと桜の葉っぱの塩漬けでした。
だから、ロールケーキなんだけど、桜餅を食べてるような気分になります。
さらに、スポンジ生地の食感が独特で、弾力があって、もっちりしているのです。
ただ、ふんわり柔らかいだけじゃないのです。
もちろん、1本買えばよかったと後悔するくらいのおいしさです(笑)
アスパムのGWイベント「アスパム・スイーツカフェ」に出店されていたので
アスパムで買えましたが、ふだんは大鰐町のお店に行かないと買えません。
ロールケーキは、桜の他にもフルーツ、ショコラ、抹茶とあって
当然他のも食べたくなりますよね。今度は、大鰐町に行かなくちゃ。

アスパムのGWイベントには、八戸市のオステリア・デル・ボルゴも出ています。
青森県産の根菜と横浜町の菜種油で仕上げた「滝沢シェフ特製ミネストローネ」は
期待以上のおいしさでした。見たことのないオリーブ色の豆なんかも入っていて
食べ応え十分。お店で出しているのと同じなんだそうですよ。
d0007875_1935946.jpg
GWのアスパムには、県内からおいしいお店が集まっていて、
うれしいんだけど、なんだか申し訳ないような気もしています。
今度はお店に行きますからね!
                      byひろぽん
by marugoto_aomori | 2008-05-03 19:48 | おいしい食材 | Comments(2)

青森ブロガー20人写眞展

県内の有志が集まり写真展をアスパムで

昨年県立美術館で開催した写真展「ブログの原点」
前日からたくさんの参加ブロガーが集まって、せっせと設営やら準備やらでバタバタとしながら、手づくりの写真展を開催したのがついこの間のよう。
すっかり「青森サイコー」と盛り上がってしまいました。

そして今年、また青森ブロガーの写真展が有志により開催されます。
素敵な青森をブロガーそれぞれの視点で表現されていくんだと思います。
とっても楽しみです。

<写真展の概要>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「青森ブロガー20人写眞展」の開催について
d0007875_11523298.jpg

「オフ会のような雰囲気の中で写真を見て欲しい」、そんな思いを込めて青森在
住のブロガー20人が集まり、写真展を開催します。
ブロガーが撮影した青森の四季、人々の暮らし、風景、祭り・イベント、そして
グルメなどを紹介します。

●開催場所および期間
・場所 : 青森県観光物産館 アスパム
      1階イベントホール(地場セレクト向かい側)
・期間 : 平成20年3月1日(土)から3月2日(日) 2日間
      午前9時から午後6時まで

●お問い合わせ
 「青森ブロガー20人写眞展」事務局
 reev21(青森・下北お散歩ブログ http://reev21.blog98.fc2.com/)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

reevさんやjazzさんに誘われ、弊ブログからも義人、YOSHIHITOとワタシもへたっぴ写真を出品することとしました。
まだどれにしようか、と悩んでいますが、青森の素敵さを自分たちらしく切り取った一枚を持っていきたいと思っています。

既に参加されるいろいろな方々がこのイベントをご紹介していますが、会場でお会いできたらいいですね、なんてコメントもあったりしてたので、会場に行って、タイミングが合えば、いろいろなブロガーの方々に会えるかも♪
また、jazzさんがこれまた素敵なスライドショーを準備されていたようですので、青森を再発見できるような気がして、ワタシも何とか会場にいきたいな、と思っています。

弘前や八戸、むつ、そして青森からと各地から参加されるイベントになりそうです。
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-02-20 12:01 | あるあるこんなもの | Comments(6)

青森ご当地カレーの祭典 「アスパムカレー祭り」

青森県内こだわりのご当地カレーが大集合!
第1回 アスパムカレーまつり


おせちもよかった、お餅も食べた。
食っちゃ寝、食っちゃ寝のお正月だったワタシ。
そういえば、この頃になるとよくCMで流れていた「おせちもいいけどカレーもね!」

そうなんですよね。
普段食に戻ろうとするプロセスの中でやはりはずせないのが、二大国民食と言われる「カレー」と「ラーメン」。
中でもカレーは家カレー、外カレー、中食カレーとそれぞれの場面があり、そして各家庭にはそれぞれのカレーの味がある、そんなまさに国民食。

見渡せば、青森県の道の駅などにもいろいろなご当地カレーが販売されていて、「いつか食べてみたいな」と思っていたりしていました。

そんなところに、この絶好のタイミングで、気になっていたあのご当地カレーが食べられるイベントがアスパムで開かれる! なかなか素敵な機会なので、ちょっとご案内です。
d0007875_1122303.jpg


◆第1回 アスパムカレーまつり◆
 ■日時:2008年1月12日(土)~14日(月・祝) 10:00~15:00(L.O14:30)
  ※1月12日(金)と標記しておりましたが、(土)に訂正しました。
 ■会場:アスパム1階 「カレー食堂」(イベントホール)
 ■内容:県内ご当地カレーのイートイン(ハーフサイズ 一皿な、なんと200円~)
      県内ご当地カレーの販売(美味しかったら買っていける)
      カレーメーカーさんの歴史などの資料展示   などなど

アスパムカレー食堂には全12種類のカレーが登場します。
基本的にはハーフサイズで一皿200円。
こんなラインナップですよ♪

d0007875_11231030.jpgアスパム10階の西むらさんが作るほっきカレー。
三沢市漁協さんのご協力で新鮮なホッキ貝の入ったスペシャルカレーになりました。
しかもイートインのみ。絶好のチャンスですよ!


d0007875_11232655.jpgそして野辺地からは特別出店のマル五食堂さんのカレー。
青森ブロガーのJAZZさんも絶賛していましたね。
昔ながらの黄色いカレー。三代続く老舗食堂の懐かし味ですよ。


d0007875_11234357.jpg黒石からは紅一点?(笑)  「カレーつゆ焼きそば」!!
こちらだけはハーフサイズで1皿300円になります。


d0007875_11242525.jpg七戸町からも参加です。
あまり量を作っていないという畜産農家 金子さんの牛肉のカレー。
ワタシは未食。前からチャンスを伺っていたモノです♪(ヤッター!)


d0007875_11244081.jpgラグノオさんのカレー。
まさにりんごとハチミツとろお~り♪のバランス力のあるカレー。
未食の方はチャンスですよ♪


d0007875_11245857.jpg平川市からは木村食品さんのりんごカレー。
これもワタシは未食。 これもチェックチェック。


d0007875_11251482.jpg田子町からも行きますよ。
にんにくがまるごと粒で入って、ホクホクするにんにくカレー。
缶を開けたときのサプライズ。忘れられません。


d0007875_11253064.jpg平川市碇ヶ関からも登場。マルメロ鶏カレー。
これも箱は見ていたのですが、未食にしていたモノでした。
ワタシの中では要チェックの一品。


d0007875_11254759.jpg県漁連さんのほたてカレー。
県内マスコミにいろいろ登場したので、もう食べられた方も多い一皿かな?
ほたてのうまみ。シーフードはやっぱりカレーに合いますよね。


d0007875_11282554.jpg
最後は大鰐ロイヤルのカレー三兄弟。
ふじはまさにりんご使いました、的なフルーティーさを活かした感じ。
そして紅玉は酸味を活かし、ビーフシチューのような感覚さえ感じさせます。
最後の王林は甘さの中にスパイシーさを感じさせてくれます。

以上12皿。
まだまだご当地カレーはあるのですが、まずは第一回目ということで小規模ながら始めて見た、ということでした。盛況なら次はもっと大きくなったりして。

アスパムのご担当の方にお話を伺ったら、彼は3皿食べてカレーつゆ焼きそばも食べちゃった、というお話。計算すると200円×3皿+300円=900円。
そうか、900円で県内一周したってこと(笑)
お近くの方なら、4皿×3日でパンチアウト(笑)

d0007875_11285791.jpg

書いていただけでカレーが恋しくなってしまいました。
土曜日まで待てるかな?  byなおき
by marugoto_aomori | 2008-01-09 11:32 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(18)

第1回青森県まるごと市町村まつりinアスパム

アスパムが”まるごと青森”です!

ワタシたちのブログ名と似た(笑)名前のついたイベントが今週末アスパムで開催されます。
親近感の湧く名前なのでもちろん応援したくなるのですが、それよりもその内容がいいので、先取りでご紹介しちゃいます。
内容は、まさに「まるごと青森」。
県内の40市町村全てが集合し、自慢の地場産品や郷土芸能などを披露する他、スペシャルなイベントが目白押しです。

日時:平成19年11月23日(金・祝)~25日(日)
    9時30分~16時00分(23日は10時から)
場所:アスパム1階・2階・正面玄関前d0007875_11305494.jpg


【お楽しみいっぱい!!のイベント内容】
1 早く来るといいこと満載「無料お振る舞い」
  ●23日 いのしし汁(10:30~ 先着100食限定 ※9:30から1階で引換券配布)
  ●24日 しじみ汁(10:30~ 先着100食限定)
  ●25日 せんべい汁(10:30~ 先着100食限定 ※9:30から1階で引換券配布)d0007875_11253123.jpg

2 外では「アスパム屋台村」
  黒石つゆやきそば、南部町せんべい汁、横浜町菜の花ドーナツ 他5出店
  さらに、あの「東通村「田や」のそば」実演販売(23日・24日 9:30~)d0007875_1126698.jpg

3 2階では「郷土芸能」が目白押し
  八戸えんぶり、青森ねぶた囃子、東通村能舞、今別町荒馬、三沢市鶏舞 などなどd0007875_11262533.jpg

4 あの2階「パノラマ映画が3日間 無料開放!」
  アスパムの顔であるあのパノラマ映画をこのイベント期間に限って無料解放
  アスパムのこのイベントにかける思いが伝わってきますね
5 手づくり工房「民工芸品の制作体験教室」
  2階で「金魚ねぷた(弘前市)」「わら工芸(つがる市)」「南部裂織(十和田市)」
6 そして「地場産品」がまるごと一挙販売!
  新郷村の飲むヨーグルトだったり、温泉醸造味噌だったり、ジョミジュースだったり
  とココに書いたらきりがありません。
d0007875_11265098.jpg
  一同に会した地場産品。お気に入りを探す楽しみもありますね♪

この他、24日11時からの海峡産本マグロ解体即売会などもあります。
さらに、さらに!
お楽しみ抽選会があって、お買い上げ1000円ごとに1回抽選できます。
各出店団体の地場産品だったり、開場で使用できる商品券が当たったりしますよ♪

アスパムが実施する初めての全県イベントになりますが、その内容がとっても楽しそうだったので、なんかビッシリとご紹介してしまいました。
まさにまるごと青森県の大イベント。
週末がちょっと楽しみです♪       byなおき
※食べ物の写真は全てサンプルです。  
by marugoto_aomori | 2007-11-21 11:41 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(9)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング