まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:アップルパイ ( 6 ) タグの人気記事

「食わく青森2015」で青森の美味しさを再発見。

現在開催中の「食わく青森2015」で、ワクワクする新商品を見つけてきました!

「食わく青森2015」は、A-FACTORY、あおもり旬味館(新青森駅構内)、ラビナ(青森駅ビル)、アプリーズ(弘前駅ビル)の4館に出店する19社22店舗が、青森県産の旬の食材の使って新たに開発したオリジナルメニューや期間限定商品をお客様に食べていただき、改めて青森県産食材の魅力や美味しさを再発見してもらうという催しです。
今回の催しは「11月の陣 秋」と称して、秋の特選食材の「青森りんご」「ほたて」「青森シャモロック」「奥入瀬ガーリックポーク」「ひらめ」「ごぼう」の6品をテーマとして商品が開発されたそうです。
d0007875_10242718.jpg

d0007875_1025524.jpg

ということで、今日は全19品の中から特にワクワクした商品をご紹介します!

まず一品目が「御菓子司緋炉弥」さんの「りんごの里」です。
d0007875_22333416.jpg

りんごの里のワクワクポイントは"純和菓子仕立て"。
県内には数えきれないほどりんごを使ったお菓子はありますが、純和菓子仕立てのお菓子は初めて見ました。
シロップ漬けにした紅玉と水羊羹を浮島(蒸しカステラ)で挟んだ和菓子屋ならではの逸品!
ふわふわの浮島と瑞瑞しい水羊羹、そしてさっぱりとした紅玉のバランスが良い新しいタイプのお菓子です。
「りんごの里」は青森駅ビル ラビナと弘前駅ビル アプリーズでお求めいただけます。

続いて、和菓子の次は洋菓子のアップルパイをご紹介します。
アップルパイで使用するりんごと言えば紅玉が代表的ですが、今回「アルパジョン」さんが提供するアップルパイはなんと"王林"を使用したアップルパイなんです!
d0007875_2235322.jpg

王林を使用したアップルパイって聞いただけでワクワクしますね。
しかし王林を使ったアップルパイ作りにはとても苦労されたそうです。
王林の甘みをどう活かすか・・・。
何度も試作を繰り返した完成品は、果肉はゴロッと大きめにして、三温糖とフレッシュバターでコクを出し、隠し味にラムレーズンを使ったんだそうです。
そんな職人苦心の逸品は新青森駅 あおもり旬味館でお求めいただけます。
パイは店内の釜で焼き上げているそうなので焼き立てを食べることができるのは嬉しいですね!
ちなみに期間限定商品です!

最後にご紹介するのは同じくあおもり旬味館の「黒石や」さんで提供する「他人餃子(ごぼう入り)」です。
d0007875_22355721.jpg

まず気になるのがなぜ"他人"なのかということですが、具材に豚肉と鶏肉を使用している、豚と鶏が他人同士(他種同士?)ということでそう名付けたんだそうです。
そしてこの餃子にはたくさんのワクワクポイントがありました。
まず具材に大き目に切られたごぼうが入っているので食べた時の食感がいいですね!
具材は味噌味で、そしてなんとニンニクを使っていないので新幹線の車内で食べてもお隣さんに迷惑が掛からないんだそうです(笑)
d0007875_22362895.jpg

続いてのワクワクポイントは餃子のタレ。
試行錯誤を繰り返したタレには津軽地域のソウルフード「ナット昆布」を使用。
タケノコや大葉も入った梅肉ソースのタレはそのままご飯に掛けて食べたいくらい美味しかったです!

以上の3品の他にも、ふじや紅玉など6~8種類のりんごのジェラート(ジェラート・ナトゥーラ・ドゥーエ(A-FACTORY))や、シャモロックのスモークササミとりんごのガレット(ガレッテリア ダ・サスィーノ(A-FACTORY))など、まだまだたくさんの新商品がありますのでぜひ味わってみてください!
d0007875_22364992.jpg

d0007875_22372594.jpg

「食わく青森2015」の開催期間は11月30日までですのでお早めに!

<お問合せ>
□「食わく青森2015」について
株式会社JR東日本青森商業開発  
【住  所】 青森市柳川1-2-3
【電  話】 017-734-1121

□開催施設について
A-FACTORY
【住  所】 青森県青森市柳川1-4-2
【電  話】 017-752-1890
【営業時間】 ショップ(特産品・おみやげ) 9:00〜20:00
       レストラン1F(フードコート) 11:00〜20:00
       レストラン2F (ガレット) 11:00〜21:00

あおもり旬味館
【住  所】 青森県青森市大字石江字高間140-2
【電  話】 017-752-6557
【営業時間】 地産地消飲食ゾーン 9:00〜21:00
       おみやげ・特産品ゾーン 9:00〜20:00
       カフェ 9:00〜20:00

ラビナ
【住  所】 青森県青森市柳川1-2-3
【電  話】 017-734-1211
【営業時間】 10:00〜20:00

アプリーズ
【住  所】 青森県弘前市表町2-11
【電  話】 0172-36-2231
【営業時間】 10:00〜20:00

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2015-11-12 22:39 | 青森食べ歩き | Comments(0)

西目屋村のヨーロッパ風カフェ「CAFE Rural」

野菜ソムリエの知人から
「西目屋村に地元の野菜や果物を使ったスイーツを提供する
すてきな雰囲気のカフェがあるよ~」と聞き、
秋の白神散策がてら、さっそく西目屋村へ。

場所は「Beechにしめや」の裏手。
一見、誰かのお宅かしら?と見間違いそうになりながらも、玄関前に小さな看板を発見。
d0007875_8333349.jpg

d0007875_8335569.jpg

ステンドグラスの扉を開けると、
昔ながらのレトロなダルマストーブや木製の家具が並び、
子供の身長記録が刻まれた柱がそのまま残っていて、
こぎん刺しのクッション、津軽塗の電球カバーがさりげなく使用されている、
どこか懐かしい空間が広がっていました。

私がいただいたのは、オーナーの実家で採れる旬のりんごを使用したアップルパイ。
(この日は「トキ」)
シャキシャキと水々しい食感の素朴なアップルパイで、
上のサクサクとしたクランブルがまた美味しい♪
d0007875_20501569.jpg
d0007875_20502480.jpg

こちらのコーヒーもおすすめ。
弘前市出身で、元北海道の農業改良普及員だったオーナーの加藤さんが惚れ込んだ
札幌の珈琲店の豆を取り寄せ、白神の水でじっくりと抽出しています。
やさしい口あたりで、周りの雰囲気も相まって
思わずほ~っと声がもれちゃいます。

カフェとつながった小さなお部屋は、これまた加藤さんが惚れ込んだ
北海道の陶芸家・山田雅子さんの作品などが展示されたギャラリーになっています。
d0007875_20542763.jpg

後で聞いたのですが、店内の木製家具や食器は、
大鰐町の工房「わにもっこ」のオリジナルとのこと。食器は「ひば」でした。

白神産地に近い田園の中に、
物語に出てきそうなこんな素敵なカフェがあるなんて、本当に驚き。
読書しながら何時間でもいたくなる、そんな場所でした☆
※実際、読書している年配の方や、カウンターでオーナーと話し込むご老人が
いらっしゃいましたヨ。その隣には、女子大生らしい若い子たちも。

by o-rin
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
<CAFE Rural(ルーラル)>
住所:青森県西目屋村田代字神田166-3
電話:0172-85-2213
営業時間;10:30~17:00(月曜定休)
by marugoto_aomori | 2011-10-24 20:55 | 青森食べ歩き | Comments(6)

弘前さんぽ ~和と洋の癒しの空間 『藤田記念庭園』~

先日、久しぶりに弘前で時間が取れたので、
ゆっくり過ごせるところに行こう!といことで向かったのが『藤田記念庭園』。
d0007875_1358287.jpg
名前の印象では、公園のようなお庭?という感じを受けがちですが、
行ってみると、半日ここで過ごしたくなる魅力たっぷりの癒しの空間なのです。
面積はなんと21,800㎡。
東北地方では、世界文化遺産に登録された平泉の毛越寺庭園に次ぐ大きさだそうです。
高さ13mもの崖地をはさんで高台部と低地部に分かれ、どちらにも入口がありますが、
弘前市民会館向かいの高台部の入口から入ってみました。
門をくぐるとまず見えるのが、真っ赤なとんがり屋根がかわいい洋館。
ここに来た時点で、お茶しよう♪ と決まってしまうのですが、あとのお楽しみ、お楽しみ。
d0007875_13584379.jpg
入場料300円を払って、いざお庭散策をはじめると、
飛び石の先に見えるのが和館。
去る5月17日、18日には、ここで第69期将棋名人戦7番勝負の第4局が行われました。
今日はうっすらとしか見えませんが、ここからの岩木山の眺めは最高で、
まるで庭の一部のように見えるのです。(抹茶も飲めますよ。)
借景式庭園というらしいのですが、今日は山頂付近に雲がかかってて残念。
d0007875_13592218.jpg
石畳を歩いて低地部へ降りていくと、広大なお庭が見えてきます。
これが個人の庭だったのかと考えると、本当に“すごい”の一言に尽きます。
振り向くと、朱色の橋がかかった滝が見えるのですが、
ここが私にとってのベストポジション。心がとても癒されます。
d0007875_140961.jpg
ちょうど花菖蒲が咲き誇り、八ッ橋との景観がとても趣きがあります。
茶屋の隣には水琴窟もあって、涼しげな音色にまたまた癒されます。
しばらく低地部のお庭を散策し、和の心を取り戻したところで、
いよいよ洋館の大正浪漫喫茶室でのカフェタイム♪
d0007875_1405469.jpg
白い漆喰の壁に淡い黄緑の窓枠から庭園を眺めながらお茶できる喫茶室は、
名前のとおりハイカラな大正の雰囲気を満喫できます。
ここでは、市内菓子店のアップルパイを日替わりで食べることができ、
平日は3種類くらい、土日は7種類くらいから選べます。
d0007875_1412196.jpg
今回選んだのは、りんごのようなかわいい形をしたル・シュクルさんのアップルパイと
布ドリップ式にこだわった「ひろさきコーヒー」とのセット。
アップルパイは、シナモン風味のりんご半分がゴロンと入っていて、
香りと食感のよいパイとの相性がバツグン。
おいしいコーヒーを提供したいということで、
藩士の珈琲でも有名な成田専蔵さんの指導のもとで、布ドリップで丁寧に入れてくれたコーヒーもおいしかったですよ。
d0007875_1415643.jpg
喫茶室の隣では、大正浪漫を感じさせる和の小物やこぎん刺し、あけび蔓細工などが並んでいて買うこともでき、プチタイムスリップしたかのような気分になります。

弘前市出身で日本商工会議所の初代会頭にも就任した藤田謙一さんが、別邸を構える際に東京から庭師を招いて作らせたという藤田記念庭園。
趣向は若干違いますが、弘前公園に次ぐ、いやそれ以上の魅力があるところかもしれません。
ここの千分の一でもいいので、庭のある家が欲しいですね。

byすがまにてぃ
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

≪藤田記念庭園≫
住所:弘前市大字上白銀町8-1
電話:藤田記念庭園事務所 0172-37-5525
    洋館喫茶室       0172-37-5690
開園期間:4月中旬~11月23日 ※期間外でも特別開園する場合がります。
営業時間:9時~17時
休園日:開園期間中は無休
by marugoto_aomori | 2011-07-22 14:19 | 青森の旅 | Comments(2)

りんごの街弘前から「ジャンボアップルパイ」登場♪

「ジャンボフランクフルト」「巨大コロッケ」などのジャンボものは各地にたくさんありますが、
りんごの街弘前に、ついに、真打ちが登場しました。
それは、「ジャンボアップルパイ」。より大きく、よりおいしく、本格派で世界を目指します。
それがこちら。直径2mの大物です!
d0007875_1214777.jpg

ただ大きいだけではありません。材料もジャンボ級のこだわりです。
このツヤツヤとした表面をご覧ください♪
d0007875_122585.jpg

びっちりと敷き詰められたサクサクのパイ生地の上に、
やわらかいスポンジ、400個分のりんご、風味の良いバターをたっぷり2kg重ね、
さらに、焼き色の光沢とマイルド感を出すために、なんと100個分の卵黄を表面に塗り、専用焼き釜で2時間じっくりと焼き上げています。
ノコギリのようなナイフで少しずつ切り込んでいくと、フワリとほのかに甘い香りが♪
その秘密は、まんべんなくかけられた200mlのブランデー。
でも、子供向けの優しい香りです。
さっそく食べてみましょう♪
d0007875_1222084.jpg

こちら、ほぼ実物大です。

1個当たり直径10cmはありそうな大きさで、ずっしりと厚みもあります。
これが2個で500円とは、とてもお得な気分♪
食感は、サクッというよりは、とろ~りしっとり。
焼きたてはもちろん美味しいのですが、冷めるとバターと生地がよくなじみ、
上部のカスタードのような、とろりとしたやさしい甘さと
真ん中にびっしりと詰まったりんごの酸味。
これが最高にマッチしています。
その酸味の秘密が、りんご「栄黄雅(えいこうが)」。
アップルパイの材料として、一般的に好まれる品種は「紅玉」。
しかし、今や生産量が減少し、希少になりつつあります。
それに代わる品種として期待されるのが「栄黄雅」。千秋×王林の掛け合わせで、皮が薄く、甘酸っぱい食感が特徴。アップルパイによく合う、この貴重なりんごをたっぷりと使用。
ジャンボでプレミアムなアップルパイなのです。

このジャンボアップルパイでギネスに挑戦し続けるのが、
有志により結成された「巨大アップルパイギネスに挑戦する会」。
県内外のイベントに出没し、4月には岩手県の被災地で振る舞いも行いました。
d0007875_12115713.jpg

しかし、本当に美味しかったな~~♪今年は県内のアップルパイ、制覇しようかな。
by o-rin
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2011-05-17 12:17 | 青森食べ歩き | Comments(2)

カフェ・イリスのアップルパイ ~板柳のりんごスイーツ~

今日は雨。
雨上りには綺麗な虹が見られたらいいなぁ・・・なんて空想したり・・・。

どこでもドアがあったら、ひょいと行きたいカフェが板柳にあります。
それは、教会に併設されたカフェ・イリス。
d0007875_1114535.jpg

イリスはギリシア語で『虹』。
旧約聖書「創世記」に出てくるノアの箱船の話からとっているようです。
d0007875_112925.jpg

今回の目的はアップルパイのケーキセット♪

オーダーしてから出てくるまでの時間も、ミニチュアのケーキセットを眺めたり、
d0007875_1122468.jpg

奥の手作り雑貨コーナー(時期によって入替)や書籍コーナーを眺めながら、のんびり退屈しません。
d0007875_1123923.jpg

そして、いよいよアップルパイ登場!!
d0007875_1125769.jpg

サイズは大きめで、外はサクサクの芳ばしい生地、中はシャキシャキとした歯応えの林檎が入っている優しい味のアップルパイ。
d0007875_1131313.jpg

宣教師さんの奥様がアメリカ人ということで、アメリカ風のレシピを元に作られていて、シナモンは入れず、アーモンドエッセンスで仕上げられたお店でも一番人気のメニュー♪
大きいけどペロリといけちゃいます。

そして、こちらのカフェの器、かわいいですよね~~♪
ヘーゼルナッツ・ラテをセットにしたのですが、不思議な動物がワタシより先にいただきますしちゃってますよ!! かわいい~~~♪
d0007875_1133292.jpg

この素敵な器は、鯵ヶ沢の安田修平さんの作品なんです。

ゆ~~ったり癒されたので、手を洗って・・・って思ったら、洗面ボールまで安田さんのオリジナル作品じゃないですか!!!
d0007875_1134885.jpg

も~~、出たくなくなっちゃって、こまっちゃうくらい、はまっちゃうカフェです。
by Kuu

《カフェ・イリス》
板柳町大字福野田字実田52-15 
0172-72-0951
10:00-18:00
定休日 日曜・月曜
ケーキセット 500円
その他にもフードメニュー、ランチメニューも有ります
by marugoto_aomori | 2010-05-25 11:05 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(7)

クレオパトラのアップルパイ

昨夜からの雪で思いがけず真冬に逆戻りしてしまった青森市内。
こんな寒い日は、あつあつのアップルパイが食べたくなります。

毎朝、青森市の東側から市中心部に向かって通勤していますが、
その途中に、いつか入ってみたいと思いつつ、なかなか入れなかった喫茶店があります。
今年で38年目をむかえるという老舗の「喫茶クレオパトラ」です。
この周辺では珍しく朝7:00から営業しているので、
時間に余裕があったら、通勤前に立ち寄って、
おいしいコーヒーをゆっくり飲んでみたいと思っていたのです。
d0007875_16185789.jpg

しかもこの季節は店先のボードに「冬季限定アップルパイ420円」の文字が。
(アップルパイは3月末までのメニューです。ご注意ください。)
一人ではなかなかお店に入れない私ですが、
アップルパイの誘惑に負け、思い切って入ってみました。

新町通りに面したお店の構えは控えめなので、
店内もきっと狭いんだろうナーと想像していたところ、
入ってみてビックリ!
奥はぐーんと広がっていて、
合計70~80席はあろうかという広さなんですよ。

オーダーしたのはもちろん冬季限定のアップルパイ。
アツアツでしっとり感のあるパイ生地の上に、
大きく切って焼いた県産りんご「ふじ」がたっぷりとのり、
まろやかなバニラアイスがこれまたたっぷりと添えられていました。
やわらかいシナモンの香りにやさしいりんごの食感。
あまりにもおいしかったので、写真を撮った後はあっという間に・・・(笑)。
d0007875_16194394.jpg

静かに流れるクラシック音楽。
創業者が世界各地から集めたというクレオパトラっぽい(笑)装飾品の数々。
そしてしっかり苦い大人のコーヒー。
満足感に浸りながら「一日の始まりはこうでなくちゃ!」と朝の大切さを思い知りました。

このお店の人気メニューは「サラサラサンド」。血液サラサラ効果が高いというタマネギをたっぷりとイギリスパンではさんでいます。ジュースもコーヒーも付いて840円。是非お試しください。
by marugoto_aomori | 2007-03-07 15:28 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(12)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング