まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:スイーツ ( 40 ) タグの人気記事

全国Sweets&うまいもの祭り~県内のスイーツも奮闘中!~

d0007875_15572624.jpg

自称スイーツ隊員ノブchanです。青森市で明日まで行われるこちら
イベント・・・県内のスイーツも出店されてました~のでレポートです!

まずは弘前のホテルニューキャッスル!!
d0007875_15575520.jpg

最近パンフレットが出来て注目を集める弘前アップルパイが登場です。
なんとこのイベントの為に限定で作られたというガトーフロマージュも
一押しです。
d0007875_15582942.jpg

続いて、昨年りんごスイーツコンテストで受賞した作品たち!!青森駅でも
出店中の受賞作品たちがここでも登場です。
d0007875_15585489.jpg

お店の方にお聞きしたところ、一番の売れ筋は八戸ラフォーレ洋菓子店
の「カマンベールチーズケーキ・アップル」なのだそうです。4月にも紹介
しましたが、これは私自身も一押しです。
d0007875_15592651.jpg

今回は受賞した商品を作っている各店にもう一品スイーツを用意しても
らい販売しているのだそうですが、今回の私の一押しは、ジークフリート
「フール ポム」!
d0007875_15595877.jpg

何でもこのイベントの為だけに作られた焼菓子で、生地の甘さに焼りん
ご・レーズン・くるみの食感・味わいが加わり、様々な味わいがバランス
良く口の中で広がります。もったいない・・・イベント終わった後も売れば
よいのにと素直に感じてしまいました。
d0007875_1602152.jpg

会場内は様々賑わっていて日本全国の・・・(略)・・・・県内のスイーツも、
特に3日間限定(ああ・・もうあと1日ですが)のガトーフロマージュ・フール
ポム、超オススメです!!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2010-06-26 16:08 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(3)

イトーヨーカドー青森店はスイーツ・お土産品が満開!

d0007875_16105126.jpg

決め手くんに誘われて、イトーヨーカドー青森店までやってきました。
何でも今日から「スイーツ満開!お土産満載!あおもり県産品フェア」
が開かれているのだそうな。
d0007875_16112238.jpg

会場では、昨年コンテストが行われた「りんごスイーツ」コンテストの
受賞商品や、県内の新たなお土産品・お弁当が販売されています。

フムフム・・・沢山ありすぎるので、要チェックなものを何品か・・・。

まず~米万商店の「炒り豆」!これはウマイ!
d0007875_16114223.jpg

全て県産の黒豆(しかも青森の在来種)・青豆(これも青森在来種)・
大豆(おおすず)を使って炒ったという非常にシンプルな逸品です。
余計な混ざり物一切なし!独自の製法で歯触りも良く、豆の味を十二分
に満喫できます。せんべいのミミで現れた「やめられないとまらない」
現象がココでも・・・・

d0007875_1612972.jpg

次は~ラフォーレ洋菓子店さん「カマンベールチーズケーキ・アップル」!
チーズケーキとりんごのプレサーブが出会い、ステキなスイーツに♪
チーズのまったり感とりんごの清涼感・酸味が相性良く仕上がっています。
ホールの状態ではりんごの形をしているのもラブリーです。ちなみに冷凍
保存した状態での販売なので、解凍には注意が必要なのだとか。

d0007875_16123420.jpg

最後に!見逃しちゃいけない!津軽シャングリラさんの「カトルカール」!
四季の恵みを使ったケーキで、春はヨモギ、夏はシソ、秋はりんご、冬は
雪人参とそれぞれの旬な素材を使っています。りんごと雪人参・・試食しま
したがメチャ旨です。普段は五所川原立佞武多の館にしか置いていないのだ
そうで・・・。個人的には甘さとケーキのしっとり感が抜群です!

うーむ、うまいもの揃いですね・・・さすが決め手くん。ちなみに会場は、
1階センターコートで5月3日まで開催されるそうです。購入したスイーツ
をその場で食べることができるコーナーもあります。
d0007875_161467.jpg

明日29日は「りんご娘。ショー&ミスりんごトーク」が、5月3日はゆる
キャラ達が大集合するそうです。ゆるキャラ12体・・これは楽しみですね♪

byノブchan
by marugoto_aomori | 2010-04-28 16:19 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(3)

フェザント ~焼きりんごのアイスクリーム添え~

BLUE SAPPHIRE×まるごと青森 = ブラブラショー(ラブラブショー)

この春から、新しい生活をされることになり、青森の地を離れることになったサファイアさん
青森県立美術館×十和田市現代美術館アートでコラボなら、ワタシタチはブログでコラボ♪ということで、2日間にわたり、たっぷり共同食べ歩きしてきちゃいました。
d0007875_15224796.jpg

選んだ場所は、えんぶり開催がいよいよ間近と迫った八戸です♪

まず最初にご紹介するのは、フェザント♪
d0007875_15422353.jpg

うちのブログでも一度ご紹介しているお店です。
平成15年にここの場所にOPENしたフェザント。
ここの風景を見て、半永久的に変わらぬ風景と感じ、この場所を選んだというママさんは、場所の持つ波動のようなものが自分たちや常連さんに合っているんだと思う・・・とのこと。
確かに、はまっちゃいます、この空気♪
お店の前の林が整理され、窓からの眺めも、以前より一段と開け、海も見えるように♪
春が楽しみですね。
d0007875_15232719.jpg

そして、コチラに来て外せないのは、「焼サバのピザと三升漬け」(サラダ、デザート付き)です!!
d0007875_1523441.jpg

薄い生地に焼サバ、味噌、ネギを合えた具をトッピング。
薬味として三升漬けを振りかけると一段と味が引き締まります!!
元々この地方で食べられている食材のコラボですから相性抜群♪ ラブラブです♪

仲間内でのパーティで、「この地方で、焼サバ、味噌、ネギを合えたものをご飯に掛けて食べる習慣があることをピザに応用してみよう」ということで開発されて以来の人気商品。
焼サバは炭火焼きのものを使用しているので、風味もGOOD!

今回、コチラのお店での一番の目的は、ケーキセット(手作ケーキとドリンク)。
この日のケーキは「焼きりんごのアイスクリーム添え」(700円)。

11月末~3月末くらいまでの季節限定の商品です。
d0007875_1524254.jpg

紅玉を使って作っている焼きりんごは、薪ストーブの季節限定。
d0007875_15242890.jpg

そういえば、入ってくる時、玄関にも薪がありましたもんね。
d0007875_15244598.jpg

あま~~いりんごの香りとシナモンの香りが交じり合う店内、薪ストーブの炎を見ながらホットなりんごと冷たいバニラを口に運ぶと、幸せこの上ありません♪

目安をお聞きしたところ、だいたい最高気温5度になるとお店に出すのは厳しいかな・・・とのこと。
あと1ヶ月くらいですかね。

夜は、田子牛のサーロインステーキをメインにスープや自家製パンなどで5,000円からコースでいただけるそうです。
海に浮かぶ船の明かりを見ながら、いただいてみたいですね、ハチリア料理♪

今、力を入れている商品は「パスタデイカノフ」。
「イカの賦」がたっぷりのイカの塩辛で作ったパスタなんですって。
次回はこれを食べなくっちゃという課題を増やしつつ、次のグルメスポットへ♪

こんな感じで2日間!!
グルメスポット15箇所、観光スポット4~5箇所とかなりハードに食べて、巡っちゃったんで、少しずつゆっくりとノブchanとともにご紹介していきますね♪
by Kuu

《フェザント》
八戸市鮫町小舟渡平3-4
0178-32-3557
11:00-22:00(夜は貸切パーティなどが開催されている場合もあるため、事前に電話連絡してみてくださいね)
定休 金曜
by marugoto_aomori | 2010-02-15 15:25 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

スウィートピーチサロンでビタミン補給

寒い日が続いていますが、こんな季節にフレッシュなビタミン満載の旬のフルーツをたっぷりいただける♪
そんな女子にはたまらないお店が八戸にはあります。

それは、小田原青果の系列店、スウィートピーチ♪
八戸にいた頃には、果物屋さんと繋がっている「フルーツパーラーおだわら」のフルーツパフェや六日町の「スウィートピーチ」のケーキの虜だった私。

今回は、念願の「スウィートピーチサロン」にご訪問。

八戸インターチェンジ近くの八戸ニュータウン内にある新聞社のビルの2階にあります。
宇宙をイメージしたというその建築は新聞社というよりは、美術館のようにお洒落です。
そして、お目当てのお店は、銀河の流れを表現しているというテラスに近いフロアにあります。(スウィーツまっしぐらで、建築の写真、取り忘れました・・・)

期待に胸をふくらませ、私がオーダーしたのはフルーツワッフル(ドリンク付き、880円)♪
d0007875_15214611.jpg

イチゴ、キウイ、ブルーベリー、ピンクグレープフルーツ・・・とフルーツが綺麗♪
d0007875_1522830.jpg

フルーツワッフルというよりは、フルーツ盛り合わせ、バニラアイス、ワッフル添えってじゃんっていうバランスに、にやついてしまいます。
もちろんフレッシュ♪テンション上がります♪

そして、お友達がオーダーしたのはフルーツミックスパフェ(880円)♪
d0007875_15222930.jpg

こちらのバニラアイスも、イチゴ、ラズベリー、キウイ、カキ、リンゴ、ブルーベリー、巨峰・・・と盛りだくさんのフルーツでデコレーション♪
どのフルーツも切り口からたっぷり果汁があふれて瑞々しい♪

やっぱり、果物屋さんがやられているお店だわ~~、美味しいわ~~!!ジューシーだわ~~!!と納得、満足、満腹!!

また季節をかえて、旬のビタミンをいただきに来なくては!!と、決意してお店を去ったのでした。
by Kuu

《スウィートピーチサロン》
八戸市北白山台5-2-5 2F
TEL/FAX0178-23-5370
定休日 火曜日(火曜日が祝日の場合、翌水曜休)
11:00 - 18:00
駐車場有り
by marugoto_aomori | 2010-01-19 15:24 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

奥入瀬渓流散策の合間に楽しむ珠玉のスイーツ

d0007875_22215749.jpg

奥入瀬渓流に来ています。新緑真っ盛りですね。前々から気にしていたのですが
勇気がなかったこのスイーツ。いよいよ試してみるときがキマシタ。
d0007875_22272541.jpg

奥入瀬渓流ホテル内にあるラウンジ「森の神話」に昨年夏すてきなスイーツが誕生
していました。「幸福林檎のミルフィーユ」なんです。
知人に勧められてはいたのですが値段が・・・(1,200円!)でも意を決して試して
みることにしました。
こちらのラウンジは中央に高さ8.5mの巨大暖炉、その名も「森の神話」があります。
岡本太郎先生の作品で実際に暖炉として使われています。う~ん、ダイナミック!
d0007875_22275681.jpg

ここは、すぐそばが「奥入瀬渓流」で、窓際には双眼鏡が置いていて、自由に渓流
ウォッチングが可能です。
あああ、やってきましたよ、幸福林檎のミルフィーユが!!!
d0007875_2228245.jpg

カリッと揚がったりんご・ミントとルバーブのジャムがトッピングされ、りんご(ふじ)、
カスタードクリーム、スポンジケーキ、パイの4種類が3層になったミルフィーユなん
です。周りにはレッドチャートとミント、そしてミント漬けされたハチミツが添えられて
います。これらのハーブ類、ミシュランで三つ星レストランのシェフが絶賛している
大西ハーブ園(六戸町)」のものを使っているそうです。
d0007875_2229692.jpg

いよいよ実食でございます!!ああ・・・・りんごのシャキッとした食感、スポンジの
ふわっとした食感、パイのサクッとした食感が相まって心地よい三重奏を奏でるん
です。クリームの甘さには周りのミント、レッドチャートが時々心地よい酸味を与えて
くれて、食べていて飽きさせないアクセントを付けてくれます。・・というか飽きる前に
無くなってしまうんですが・・・・。久々にキマシタ・・・しょ・・・昇天です。
d0007875_22294047.jpg

これから散策には心地よい季節、一息つく休憩スポットとして、オススメの場所です♪

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-05-24 22:34 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(1)

青森りんごの嗜み方(その1)

りんごの旬というと、やはり秋から冬にかけてですよね。

この時期に収穫したばかりのりんごが一番おいしいのは間違いのない事実です。しかし、今頃になってもまだ残っているりんごを食べきれずに抱えている方も多いのでは?(青森県民だけでしょうか?それとも、うちだけでしょうか・・・)

そんなときにうちでよくやるりんごの処分、もとい、有効活用法の一つをご紹介したいと思います。

まずは、何をさておき、青森りんご!今回はフジです。
d0007875_1019686.jpg


それをこんな風にスライスして・・・
d0007875_1018244.jpg


フライパンにバターをたっぷりめに入れて、焼くべし!(ソテーです・・塩とこしょうはしません)
d0007875_10195120.jpg


一方で、フツーのホットケーキミックスでホットケーキの準備をして、フライパンへ。
片面が良い具合になった頃に、まだ焼いていない面におもむろにソテーりんごを並べます。
うちではこんな感じに並べることが多いです。
d0007875_10183533.jpg


並べ終わって、下の面が良い頃合いに色づいたら、ひっくり返して、りんごの面を焼きます。
焼きが終わるとこんな感じです。
d0007875_10203261.jpg


これだけでも朝食に十分行けますが、さらにうちでは大量にあるりんごの処分、もとい、有効活用のため、コンポートを作り置きします。我が家のコンポートは甘さ控えめ、ヘルシーです。焦げ防止のため水を少量いれてあとはジックリ煮るだけ。甘いのが好きな方は、りんご1個当たり大さじ3~5杯の砂糖を入れてジックリと。
こんなに簡単なら、普段は料理をしないダンナ様でもできますね!
d0007875_10212385.jpg

ティータイムには生クリームをホイップし、コンポートを細かくしたのを入れてまぜたものを添えて、紅茶でどうぞ!

以上、季節はずれの青森りんごの嗜み方でした。

by OAK(オーク)
by marugoto_aomori | 2009-04-22 23:59 | おいしい食材 | Comments(3)

津軽の風土菓子 「バナナ最中」の流儀とは?

津軽の風土菓子として有名な「バナナ最中」。
バナナ型の皮にバナナ風味の白餡を詰め込んだこの最中は、
バナナがとても高価だった頃、
この香りと甘味を菓子にできたら喜ばれるだろうと、
津軽の菓子職人達が苦労の末に作り出した和菓子の傑作です。

バナナ最中の始まりは、昭和初期とも、大正時代まで遡るとも・・・。
いずれにしても、本物を思わせるような味と香り、そして食感に、
菓子職人達の本気度合いが伝わってきますね(笑)。
d0007875_1794185.jpg

さて、津軽の「バナナ最中」がバナナ最中たるゆえんは、
なんと言ってもあのホクホクとした白餡です。
バナナ風味をした白餡というだけなら、
庶民にこれほど愛されることはなかったのかもしれません。

やがてバナナを食べられる時代になったとき、
白餡が本物そっくりであることに人々は驚き、そして誇りすら覚えたことでしょう。
あの白餡のホクホク感こそ、津軽「バナナ最中」の流儀なのだと思います。

先日、なかなか現地調査ができないMBM研究所に(笑)、
一種類のバナナ最中が届きました。
ponkaさんやたつぼんさんから紹介していただいた「ベル・プランタン笹屋」のバナナ最中です。

d0007875_17101626.jpg

かなり平べったい部類に入る無印の皮の中には、
ホクホク感としっとり感のバランスがとれた白餡がたっぷり。
抑え気味の香りもほどほどで、全体として上品に仕上げられた逸品でした。すばらしい!

これまでご紹介したバナナ最中はなんと13種類。
でも、まだご紹介できていないバナナ最中があるんです。
だから、私たちの研究は果てしなく続きます(笑)。

【バナナ最中情報】(ブログ掲載順)
 ■いなみや菓子店(弘前市)電話:0172-32-0667
 ■甘榮堂(青森市)電話017-734-3730
 ■旭松堂(弘前市)電話0172-32-4023
 ■緋炉弥(弘前市)電話0172-27-3232
 ■煉屋屋(秋田県大館市)電話0186-42-2405
 ■岩山菓子舗(鰺ヶ沢町)電話:0173-72-7543
 ■ふくや菓子舗(板柳町)電話:0172-73-2662
 ■柿崎菓子店(板柳町)電話:0172-73-3384
 ■古川菓子舗(平川市)電話:0172-57-2206
 ■石崎弥生堂(弘前市)電話:0172-35-5753
 ■御菓子処ひぐち(大館市)電話:0186-42-0685
 ■いちのへ菓子舗(板柳町)電話:0172-73-2720(本店)
 ■ベル・プランタン笹屋(黒石市)電話:0172-52-5420

by MBM研究所長
(いや~、久しぶりで緊張しました・笑)
by marugoto_aomori | 2009-03-04 17:10 | あるあるこんなもの | Comments(10)

青森県産カシスのジュレ、パン、ジャム!!

日本一のカシス生産量を誇る青森!
みなさんも既にご存じかもしれませんが、
日本全体の生産量の約90%を青森県産のカシスが占めているんです。

ということで、以前にも、カシスの森(ケーキ)とシャーベットを
紹介させていただいたホテル青森カフェレストラン「スワン」へ。

す・る・と、6月からのカシスの新商品が登場していました!!
ひとつ目は「県産カシスと角切りりんごのジュレ」(390円)。
d0007875_9373676.jpg

県産カシスを100%使用したジュレの中に
角切りの大鰐産のりんご「ブレザーブ」がちりばめられている
県産品たっぷりのこの一品。
カシスの程よい酸味とりんごのシャキシャキした触感が調和した
甘酸っぱい上品なお味!。
d0007875_9381427.jpg


私が行った日には好評につき売り切れていて、
残念ながら次回の楽しみにとっておくことになった、
6月からの新商品「県産カシスのパン」(1袋2個入300円)。
d0007875_9384456.jpg

生地に練り込まれているのは、もちろん県産カシス。
d0007875_93983.jpg

スワンの佐野恵美さんのお話によりますと、
毎朝、ホテルで焼き上げるこのパンは、
リピーターの方が大変多いんだそうです。
ん~、食べたい!!

そして、お土産やお中元シーズンに人気なのがオリジナルジャム。
カシスジャム(180g、800円)
d0007875_9393497.jpg

こちらは旬の時期には、県産カシスを贅沢に使い、
県産カシスが入手できない季節にはニュージーランド産の
カシスを使って作られるジャム。
贅沢にもゴロゴロと大粒の実がまるごとは入っているんです。
d0007875_9403314.jpg

この甘酸っぱくさっぱりしたジャムを
パンに付けて食べたら朝から目がパッチリになりそうと思って
佐野さんに伺うと、やはり、ご宿泊された方が朝食で気に入られ、
お土産やご自宅用に買っていかれることが多いんだそうです。納得!

そして、「つぶつぶりんごジャム」(180g、700円)
d0007875_9405617.jpg

こちらも素材そのものの味をしっかりと活かした甘さ控えめなお味。

どちらも一緒に楽しみたいという方には、
「りんご&カシスジャム」(180g、750円)

ジャムセット(3個入、2,500円)は、県外の方への贈り物に大人気。
2個入りのセットもあります。
d0007875_9414378.jpg

d0007875_942698.jpg


日本一を誇る青森県産品カシスとりんごのジャムセットは、
青森からの贈り物にぴったりですね。
電話などでのお取り寄せもしてくれますよ。
By Kuu

《ホテル青森 カフェレストラン「スワン」》
青森市堤町1-1-23
℡017-775-4141(代)
by marugoto_aomori | 2008-07-28 09:48 | あるあるこんなもの | Comments(4)

七戸町にもカシスが!!

最近、すっかりカシスにはまっている今日この頃。
心なしか目がハッキリ見えるような気がします。
今日は、七戸町にある明治創業「駒饅頭」で有名な老舗のお菓子屋さん
御菓子のみやきん」さんです。
d0007875_2259923.jpg

数年前、七戸町を訪れた際にこちらの若旦那と知り合いになりまして、
その時、地元産カシスを使ったゼリーと棒アイスを作っている事を聞き、
その後どうなったかな~と気になっていたのです。
お店にいってビックリ。。商品の種類が増えてます!!
d0007875_22593881.jpg
まずカシポーネ。カシスのムースがたっぷりのケーキで酸味が爽やか
に広がります。
d0007875_22595853.jpg
そしてカシスのロールケーキ。チョコ風味のスポンジにカシス入りの
生クリームがマッチしています。

こちらのお店では、自社でカシスの生産を始め、数年後の収穫を待ち望んでいるそうです。

 もともと日本国内にはカシス(=黒房すぐり)は無くその歴史は約40年前に遡ります。
 当時の弘前大学の教授が海外出張中、同じく出張していた国会議員にカシス栽培をすすめられたのがきっかけで津軽方面でカシス栽培が始まったそうです。それと同時期、弘大教授にすすめた国会議員さんは、地元である上北方面でもその苗木を広めたのだそうです。
 なので、青森市を中心とした津軽産カシスと七戸町産カシスの品種は恐らく一緒であろうと推測されています。

 七戸町では、国内での盛り上がりを受けてカシスの栽培に力を入れ始めたみたいで、「七戸カシスの会」も発足したようです。
どんどん研究結果が明らかになってきているカシス。どんどん広まって欲しいものです。
 カシスの収穫時期は7月、もうすぐですね~楽しみです♪
d0007875_2302251.jpg

(このカシス画像は昨年の青森市のものです。早く七戸町のカシスも見てみたいな~♪)

byノブchan(はカシスが大好き)
by marugoto_aomori | 2008-06-13 19:00 | おいしい食材 | Comments(0)

はちのへワッフル

八戸駅前 パティスリーさんぷくのワッフル

ワタシが八戸に住んでいたのは、もう15年も前。
もちろんまだ新幹線も八戸駅には開業しておらず、当時の八戸駅は小さめで、駅の中に入るとおいしい立ち食いそばの香りがする、そんなところでした。
そのワタシが住んでいた頃、駅前のロータリーなどが改良され、大きなイチイの木がシンボルツリーとして植えられ、南側にはユートリーがちょうどできました。
低層の建物しかないこのあたりに、駅の何十倍も大きなビルができて、とても驚いたものです。
d0007875_13511062.jpg
↑今の八戸駅です。

この八戸駅を使って陸奥湊駅までがワタシの当時の通勤コース。
駅に向かうまでの通りは一番町と呼ばれ、夕方にもなると炭火で魚が焼かれ、香りまで楽しめるそんな想い出がココに来ると甦ってきます。

そして忘れられないのが、「エンゼル」。
ケーキ屋さんでした。
ソフトクリームを買う高校生で賑わっていて、この駅を使っていた女子には馴染みの深いところだったようです。
ワタシもこちらのワッフルの大ファン。
生クリームとカスタードがあって、ワタシはカスタードファン。
しっかりとしているのですが、しっとりふんわりの皮にたっぷりのクリーム。
冷たくされていて、2口でペロリ。
ですが、残念ながらお店を閉じてしまいます。

そしてエンゼルのあった場所にまたケーキ屋さんができます。
それがコチラ、五戸町の老舗菓子店三福の八戸店、パティスリーさんぷくです。
d0007875_13521493.jpg

エンゼルで人気のあったあのワッフルを彷彿させるワッフルも作られていて、それは今、コチラでは「はちのへワッフル」という名前がつけられています。
d0007875_13524649.jpg
店内のポスターにも懐かしさを感じさせるこんな言葉が添えられていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はちのへワッフル

フワフワの焼きたてワッフルに、
濃厚なクリームがたっぷり。
カスタードと生クリーム、
お好みでどうぞ!
「駅前ワッフル」の名で
30年以上も前から親しまれている
定番スイーツです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうそう、そうなんですよ、と納得♪

d0007875_1353058.jpg
ふんわりと香り高いワッフル生地とバニラビーンズのつぶつぶが見える香り高いカスタードクリーム。
生クリームも飽きの来ない口溶けのいいものでいくらでも入っていきます♪
ノスタルジーだけではない、ホントおいしい駅前スイーツですよ。
あんぐっ!
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-02-28 14:24 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(9)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング