まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:ストーブ列車 ( 3 ) タグの人気記事

乗ってよし!撮ってよし! ストーブ列車も運行開始

d0007875_1816679.jpg
昨日から本格的に雪も降り出し青森はすっかり冬モード。
津軽の冬といえば津軽鉄道「ストーブ列車」ですが、12月1日から運行が始まっています。
d0007875_1816854.jpg
だるま型のストーブが焚かれた車内は思いのほか暑く、石炭の匂いと寂れた車内が否が応でも昭和の雰囲気を醸し出してきます。
d0007875_18162873.jpg
そしてお楽しみのストーブであぶるスルメ。
スルメを噛みながらお酒をちびちび。
車窓の津軽平野が雰囲気を盛り上げます。
d0007875_1884871.jpg
そしてもう一つのお楽しみが車両の撮影。
いわゆる撮り鉄(トリテツ)ですね。
津軽鉄道の沿線には素敵な撮影ポイントがたくさんあります。
上下はプロカメラマンの方が撮影した写真。
岩木山とストーブ列車がとってもいい案配。
時刻表片手に津軽鉄道沿線の撮影ポイントを巡る旅も楽しそう!
d0007875_189297.jpg
ストーブ列車の運行は来年3月31日まで。
まだストーブ列車未体験の方今年こそはぜひ!

津軽鉄道ストーブ列車
期間 毎年12月1日~翌年3月31日
区間 津軽五所川原駅~津軽中里駅
問合せ先 津軽鉄道株式会社 0173-34-2148(代表)

by niok
by marugoto_aomori | 2014-12-03 18:27 | 青森の旅 | Comments(2)

青森県民手帳 ~愛され続けて半世紀~

いよいよ12月。
日本最北の民鉄津軽鉄道では冬の風物詩ストーブ列車がスタート!
d0007875_1193171.jpgd0007875_1194790.jpg
昨日からは、車内で案内などをするトレインアテンダントさんたちもサンタさんの衣装をまとって、「ジングル・メロス号」が運行。
車内もクリスマスの飾り付けをし、先着300名には、メッセージ付きりんごを、12/25までの土日、先着100名のお子様には、かわいくて、おいしいプレゼントがあるんだとか・・・。

また、6月から運行している「太宰治生誕百年記念号」。小説「津軽」から抜粋した文章や絵、太宰治の作品を年代順で紹介している列車も今年いっぱい運行されています。
手作りなので素朴な感じでいいですよ~~。
d0007875_11101043.jpg
そして、師走に入り、ストーブ列車のニュースを見るようになるこの時期になると、ダイアリーやカレンダーを集めてしまうワタシ。
先日もこぎん刺しダイアリーをご紹介したばかりですが、今回は青森県民手帳。
2009年版に斬新なカラーでがらりとイメチェンした県民手帳ですが、2010年版は昔のテイストに戻っていました。
で、今回のカラーは、これまでの黒色、青色、赤色に緑色を加えた4カラー。
表紙はしっとりとした心地よい感触♪
d0007875_11112266.jpg
発売が1960年(昭和35年)というから、そろそろ50周年ということになるのかな!?
内容は、大きくリニューアルした2009年を踏襲し大幅な変更はないものの、別冊になっている「ふるさと便利帳」の魅力は変わらず無敵!!
ダイアリーは購入済みというのに、この別冊欲しさについつい購入しちゃうんですよね、毎年♪
今年は衆議院選挙もあったので、名簿編を目当てに買われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
d0007875_11114340.jpg
ワタシは「ふるさとピカイチデータ」のページが好きなんですが、去年買ったものと見比べたところ、梅干し購入金額、豚肉購入金額が平成19年の2位から平成20年には1位に♪
単純なワタシは、どちらの県にどれくらいの差で勝ったのか分からなくっても、なんだか不思議と誇らしく思ってしまいました。

愛され続けて半世紀!!
青森県の知りたいデータがすぐわかる!!
役立つ情報満載!!
それでたったの500円!!
d0007875_1112971.jpg
と、テレビショッピングのノリになってしまいましたが、青森県民手帳は、書店(1月31日まで)、コンビニ(2月中旬まで)などで販売されています。
個人的には、アイボリーが復活して欲しいなぁ♪
by Kuu

《2010年版青森県民手帳》
価格 500円(税込)
本体 15.0×8.5cm、158ページ
別冊 14.8×4.1cm、80ページ
by marugoto_aomori | 2009-12-08 11:15 | あるあるこんなもの | Comments(0)

地吹雪とストーブとおやき

出張から帰ってみると、
久しぶりの青森は意外なほどに暖かくて驚いています。
先週まではあんなに凄かったのに…。

先週、東京からのお客さまが「地吹雪」を所望されたので、
地吹雪のメッカ・五所川原市金木に行ってきました。
青森からの道中はけっこう吹雪いていたのですが、
芦野公園についた時は穏やかな天候で、
地吹雪はあまり期待できそうな感じではありませんでした。
地吹雪ツアー自体は終わっていて、
かくまきにかんじきのフル装備で田んぼの中を歩くことはできないので、
普通の防寒着のまま芦野公園付近の道路沿いを少し歩いてみることに。
ゾロゾロと一列に連なり、10数名の謎の集団となって歩いていると、
来ました!地吹雪!寒い!風痛い!耳痛い!足冷たい!
雪で視界が遮られる中、それでも10分弱ほど津軽の地吹雪を体感。
東京に住む人々にとってはこの「強烈な季節感」は楽しいものだったようです。d0007875_14424562.jpg

この時期に五所川原まで来ているとあっては、
ストーブ列車に乗らないわけにはいかないので、
そのまま津軽五所川原駅へ向かいました。
列車の時間まで少し余裕があったので、
駅の向かい側にある路線バスの休憩所を覗いてみると、
行列のできる"おやき"を発見。
このお店「キクチのおやき」で売られているのは、
つぶあんと白あんの2種類のおやき。
おやきが焼き上がる頃には5-6人の行列ができ、
焼き上がると同時にそれらは完売。
およそ10分くらいすると再び5-6人の行列が出来上がります。
そんなに人気があるのであれば食べないわけにはいきません。
列に並んで"おやき"を購入。
どらやきのような皮で作られたおやきは食感が良く、
あんこの味もちょうど良いので行列ができるのも納得。嬉しい発見でした。d0007875_14431398.jpg

ストーブ列車に乗り込み、
ストーブに近寄ると、これがけっこう暖かい。
というよりストーブの正面は熱すぎて長時間はいられないほど。
石炭の火力って意外にあるんだなと感じながら、
お約束のスルメも焼いてワイワイガヤガヤと約30分。
芦野公園で降りて楽しい旅も終了。
機関車にこびりついた雪が、
厳しい地吹雪の中を走ってきたことを教えてくれました。d0007875_14433314.jpg
d0007875_14435352.jpg
d0007875_14441525.jpg

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2008-03-07 14:59 | 青森の旅 | Comments(2)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング