まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:トレッキング ( 7 ) タグの人気記事

新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

快晴の土曜日、奥津軽トレイル倶楽部が主催する「青森ひば林と森林鉄道軌道跡・奥津軽トレイルガイドツアー」に参加してきました。

青森県はヒバの一大産地。津軽半島も例外ではなく、この高級資材である青森ヒバを山から運び出すため、明治以降、森林鉄道が網の目のように張り巡らされていったのだとか。
森林鉄道は、昭和42年に廃止されましたが、その跡は津軽半島各地に残されており、奥津軽トレイルでは、その森林鉄道軌道跡と青森ヒバをテーマに歩きます。

今回参加したのは「太宰治ゆかりの地コース」。
神秘的な湯ノ沢冷泉や、太宰治の小説「魚服記」の舞台となった藤の滝、森林鉄道軌道跡の小田川鉄橋などを巡るコースです。
d0007875_01143685.jpg
ガイドをしてくれたのは、日本山岳協会公認ガイドのお二人。
途中で倒れてもゴールまで連れて行ってくれそうな安心感があります。
d0007875_11442595.jpg
新緑の奥津軽を進みます。ガイドさんの説明も丁寧で優しい。
d0007875_01153324.jpg
コースの目玉の一つ、湯ノ沢冷泉。硫黄分を含んだ水が沸いています。地蔵尊として信仰の対象となっており、きれいに管理されていてごみ一つ落ちていません。
これぞ、パワースポット!といった雰囲気です。
d0007875_01154215.jpg
次は太宰治「魚服記」の舞台になったといわれる藤の滝。
太宰もこの滝を見たのでしょうか。
d0007875_01163928.jpg
そしてこれが最大の目玉!旧森林鉄道小田川支線の鉄橋跡。
森の中に突然現れる鉄橋。まさに一見の価値あり。

今回のコースは約10.4㎞、標高差166m。
舗装された道路も多く、歩きやすいコースですが、魅力満載!トレッキング初心者の方にもお勧めです。

次回は6月11日(土)、大倉岳登頂コース。
全長は今回の倍以上、約21.9㎞。標高差は670m。
かなり登りごたえがあり、本格的なトレッキングが楽しめそうです。トレッキング用お弁当付き。
体力に自信のある方はぜひチャレンジしてみてください!

<key>
NPO法人かなぎ元気倶楽部(奥津軽トレイル倶楽部事務局)
TEL:0173-54-1616 FAX:0173-54-1023


by marugoto_aomori | 2016-05-16 22:40 | 青森の旅 | Comments(0)

青森市内の素敵トレッキングコース!眺望山

ひょっとしたら眺望山が青森市内からもっとも気軽に行けるトレッキングコースかもしれません。
青森市内から車で30分程度で登山口(東口)。
東口から西口まで全長4.2km。
中間地点にある頂上は標高143m。
のんびり散策しながら歩いて2時間程度です。
d0007875_1436171.jpg
この日はあいにくの雨でしたが、ヒバ林が茂っていて気になりません。
d0007875_1438812.jpg
d0007875_14383542.jpg
途中ガイドの方に教えていただいたムラサキシキブ。
その名のとおり、紫色の果実が印象的な観賞用の低木。
d0007875_14385846.jpg
約1時間かけて頂上に到着。
頂上には展望台が建てられています。
d0007875_14391975.jpg
展望台からの眺め。紅葉に彩れた山々は今の時期ならでは!
天気が良ければ陸奥湾も見えるようですが、今回は残念ながら見ることはできませんでした。

ここからは、来た道を戻るのではなく、さらに西をめざします。
40分程度で西口へ到着しトレッキング終了。
d0007875_14395059.jpg
眺望山。青森市内に、こんな素晴らしいコースがあったとは!
正直あまり知られていないかもしれませんが、
老若男女どなたにでもおススメできるトレッキングコースです!

【眺望山お問合せ先】
青森森林管理署
ダイヤルイン:017-781-0131

by niok
by marugoto_aomori | 2015-11-09 16:15 | 青森の旅 | Comments(0)

標高229m片道1時間 ~権現崎トレッキング~

津軽半島の中泊町小泊地区(旧小泊村)にある権現崎。
その存在は知っていても実際に登ったことがある人は少ないのではないのでしょうか。
という訳で以前から気になっていた権現崎に登ってきましたよー
d0007875_1815375.jpg
写真の奥の岬が権現崎。
日本海に飛び出した先端部分は海抜229メートル、尾崎神社と展望台があるそうです。
登山コースはいくつかありますが、今回は一番距離の短い(笑)下前漁港前からのコースを案内してもらいました。
とは言っても片道1.6キロ、約1時間の登山コースです。
d0007875_1817473.jpg
出発地点はここ。民家の間を進んでいきます。
ほどなく現れる坂道は階段状に整備されています。
d0007875_1818389.jpg
ここは「見返り坂」と呼ばれていて、その名のとおり振り返ると眩しい日本海。
d0007875_18184649.jpg
しかしきつい!急な上り坂が約20分ほど続きます。
d0007875_18191840.jpg
やっと階段終了。ベンチで一休み。
ここからは比較的平坦な道。約30分ほどのんびり歩くと尾崎神社に到着です!
d0007875_18195659.jpg
この尾崎神社は地元の方のとっては大切な神社。
漁師達は漁の行き帰りに海から遥拝し、身籠った女性達は大晦日に参拝する習慣があるのだそうです。
d0007875_18203328.jpg
そして展望台!期待以上の素晴らしい眺め。
小泊の海はいつ見ても穏やかなコバルトブルーの海。
時間を忘れるほどの素晴らしさです。
片道1時間ほどのコースですが、前半の坂道がけっこう大変な権現崎トレッキング。
チャレンジする方は覚悟してどうぞ。
もちろんその先には素晴らしい大パノラマが待っています!
d0007875_18381663.jpg

権現崎遊歩道
問合 中泊町水産観光課
電話 0173-64-2111(代表)

by niok
by marugoto_aomori | 2015-09-23 10:15 | 青森の旅 | Comments(0)

欲張り!! 種差海岸トレッキングと漁船と漁師鍋ツアー

d0007875_19413821.jpg
写真は種差海岸にある「白岩」を沖合から撮影したものですが、決して雪が積もっているのではありません。
実は海鵜のフンにより白くなったもので、季節によって白色の濃さが変わるのだそうです。
さて、今回は八戸市の種差海岸で新たにツアーメニュー化した、「トレッキングと漁船と漁師鍋ツアー」のモニターツアーに参加してきました。
d0007875_19421464.jpg
出発場所は、今年7月にオープンした、種差海岸インフォメーションセンターです。
d0007875_19430480.jpg
ツアー行程は、まず「種差天然芝生地」から、「淀の松原」という樹齢90年以上のクロマツ並木の間にある遊歩道を散策した後、先程の「白岩」を陸上から見学しながら歩きます。この日はお天気も良く、ガイドさんの説明を聞きながら、静かで美しい海岸線の遊歩道を歩いていると、まるで心が洗われるようです。
d0007875_19441267.jpg
d0007875_19443854.jpg
次に、海水浴場のある白浜海岸手前の漁港から漁船に乗って、海からの種差海岸の風景を楽しむことができます。
d0007875_19454239.jpg
普段見ている種差海岸の美しい風景も、漁船に乗って海側から見るとまた違った趣があり、何よりも、船の揺れがテーマパークのアトラクションのようで、迫力が感じられます。
d0007875_19460946.jpg
船が種差漁港に戻ると、そこには地元の漁師さんとお母さん達が作ってくれた豪快な漁師鍋と、地元ならではの海の幸のランチが待っています。
d0007875_19463363.jpg
この日は、サケやカジカが入った漁師鍋とヒラメの刺身や自家製イクラの豪華版。美味しくいただきました。
このツアーを運営する団体は、このほかにも芝生地でのハイセンスな朝食体験など、様々な着地型体験メニューづくりに取り組んでいます。
皆様も、1年を通じて楽しめる種差海岸の魅力を見つけに来てみてはいかがでしょうか。


byオーレおじさん


(問合せ先)
株式会社ACプロモート
住所:青森県八戸市三日町13-4-5
電話:0178-85-0137


by marugoto_aomori | 2014-11-12 19:53 | 青森の旅 | Comments(0)

津軽の森に突如現れる鉄道跡 ~奥津軽トレイル~

青森県はヒバの産地。県内のいたる所にヒバ林がありますが、津軽半島も例外ではありません。
近代に入り木材の需要が増すと、この青森ヒバを運ぶための鉄道が網目のように張り巡らされていたそうです。それが津軽森林鉄道です。

そしてこの津軽森林鉄道、日本で初めての森林鉄道(!)
しかも総延長320kmと日本最長だったそうです。(シラナカッタ・・・)
明治42年に開通し木材輸送だけでなく沿線住民の貴重な移動手段にも使われていましたが、昭和30年代、自動車による木材輸送が一般的になると森林鉄道は自動車道へ改良され、昭和42年11月、津軽森林鉄道はその役割を終えます。

その鉄道跡は今でも津軽半島の山林のあちこちに残っています。
そんな鉄道跡を巡ってみようというのが「奥津軽ロングトレイル」。
これまでにない切り口のトレッキングツアーです。
d0007875_18205055.jpg
今回は、「小泊海岸林道片刈石支線」軌道跡を巡るコース。
日本海側から津軽海峡側へ津軽半島を横断する全長約9km、最高標高374mという約5時間のコース。
標高374mと言うと簡単そうですが、意外にもハードなコースでした。
まずは日本海側の出発地点。みなさんまだまだ元気そう。
d0007875_18441688.jpg
出発して1時間程、突然現れる鉄橋跡!!
d0007875_1831880.jpg
奥深い山の中に突如として現れる文明の跡。
まるでナウシカかラピュタの世界です。
しばしみんなで撮影タイム。
d0007875_18311150.jpg
d0007875_18324282.jpg
そこからさらに津軽海峡側を目指します。
予想外にぬかるんで狭い山道、頂上の算用師峠に着いた頃はもはや汗だく。
d0007875_18335585.jpg

d0007875_18423370.jpg
途中休憩をとりつつ、雲の中をくぐり抜け、やっと辿り着いた津軽海峡側の三厩地区。
みなさん心なしかホッとした良い表情です。
d0007875_18414839.jpg
今回はそこから特別に金木町の芦野公園へ移動しました。
芦野公園には津軽森林鉄道を走っていたという本物の機関車が保存されているのです。
この機関車があの森の中を走っていたんですねー!
d0007875_18341636.jpg
というわけでなかなかにスペクタクルだった奥津軽トレイル。
次回は6月20日、金木町内から青森方面へ向かう「吉良市川支線」軌道跡を実施予定だそうです。
津軽の森に突如現れる森林鉄道跡。
一見の価値ありです!

【問合せ先】
NPO法人かなぎ元気倶楽部奥津軽トレイル倶楽部事務局
電話0173-54-1616
FAX 0173-54-1023

by niok
by marugoto_aomori | 2014-06-02 19:14 | 青森の旅 | Comments(0)

キリストも登った? 戸来岳トレッキング

こんにちは。て~お~です。
前回から一転して、またさわやか路線で、トレッキングネタです。
先日、十和田湖の外輪山の一つ、戸来岳に登ってきました。
戸来岳はキリストの墓がミステリースポットとして人気の新郷村にあります。
標高1,159m。う~ん、運動不足の私でも登れるかな?
今回のトレッキングのリーダーさんから「戸来岳は三ツ岳と大駒ヶ岳があり、まず大駒ヶ岳を登ってから、三ツ岳に登るか判断しましょう」と言われました。この時点ではせっかくだし行くぞと思っていたのですが……

まずはキャンプ場の駐車場からスタートです。この時点では元気十分。HPはフルに近いかな。
d0007875_17241716.jpg

15分ほど歩いたところに水場・ヨガイバ沢の岩清水があります。うめえ!!
d0007875_17262022.jpg

1時間ほど登ったところで南側に向けてパチリ。この辺ではまだ風景を楽しむ余裕はあったんだけど。
d0007875_17281363.jpg

お約束のコケ画像。みずみずしいですね。
d0007875_17291782.jpg

行程は1時間半登ったあたりから急に厳しくなってきます。頂上にほど近いところに日本一のダケカンバがあります。「この木に登るな」と注意書きがあるけど、そんな元気はとてもありません。
d0007875_17323686.jpg

登ること3時間。ようやく頂上へ。もう、へとへと。言葉も出ないほど。RPGならHPが赤い字になってるよ、たぶん。
d0007875_17374579.jpg

それで三ツ岳は言うとかなり先。この日は誰も登ろうという方がいなかったので登らず。誰か行くと言ったら、私、猛反対したかと。
d0007875_17395078.jpg

頂上から十和田湖側をパチリ。こんないい風景が見れるから、疲れてもまた山登ろうと思いますね。
d0007875_17385199.jpg

頂上でかつらな峡さん特製お弁当をいただきました。みんなおいしかったですが、初めて食したシイタケ飯バーガーが特に美味でした。
d0007875_1744451.jpg


ミステリーに想いをはせつつの登山のつもりでしたが、体力不足ゆえ登るだけで精一杯になってしまいました。次回はもう少し頑張ろう。

かつらな峡では7月29日(日)に「すろうDay」という流しソーメン、足つぼマッサージ、アコースティックライブなど盛りだくさんのイベントがありますので是非お越しください。

http://blog.livedoor.jp/katsuranakyo/archives/51833694.html

byて~お~
by marugoto_aomori | 2012-07-25 18:01 | 青森の旅 | Comments(0)

「みちくさトレッキング」で初めて種差海岸へ

実は私、恥ずかしながら、青森県でも有数の景勝地である種差海岸に行ったことがありませんでした。そんな私に今回、非常にありがたいイベントが開催され、参加することができました。
それが「みちくさトレッキング2010」です。
d0007875_11463920.jpg
天気予報では「曇りか雨」という予報でしたが、自称晴れ男の私、久々にその力が発揮されたようで、気持ちのいい青空が広がり、日焼けを気にしなければならないほど強い日差しのもと、種差海岸を中心としたトレッキングが行われました。

このトレッキング、正式名称は「シーナさんとイクオさんと歩こう! デジカメ片手の種差海岸 みちのくトレッキング2010」で、特別ゲストには・・・
d0007875_11552591.jpg
シーナさんこと椎名誠さん(作家・写真家)、イクオさんこと中村征夫さん(水中写真家)のお二方が参加し、一緒にトレッキングを楽しみました。中村さんのシャツ、「んだ」がとても印象的ですよね。また、椎名さんご自身が晴れ男ということで、この日の天気もご自身の力によるもの、と挨拶されていました・・・むむむ、私以外にも・・・。

この日の参加者は約100名で、神奈川県から参加された方もいました。出発前には、トレッキングの案内役の一人、関下さんのお手本にならい、ウミネコの形態模写で準備体操(?)。
d0007875_13152067.jpg
参加者全員がうみねこの鳴き声を模しながらのこの姿・・・、何も知らない人が見れば、さぞかしおかしな集団に見えたことでしょう。

コースは、種差天然芝生地で開会式を行った後、種差海岸駅から列車で大久喜駅に移動。午前は、高岩展望台、種差漁港をとおり、再び種差天然芝生地へ戻ってきて昼食。午後は、淀の松原、深久保漁港をとおり、白浜海水浴場にゴールする約4kmの初心者向けのコースです。参加者は、4つのグループに分かれて出発しました。

大久喜駅で下車した後、まもなくして高岩展望台に到着です。
d0007875_13262283.jpg
展望台からは太平洋が一望できます。とても天気がいいので、沖のタンカーやフェリーもはっきりと見え、参加者たちのカメラを持つ手も忙しく動きます。そして、この天気の良さが、後ほど奇蹟(?)の光景を生み出します。

高岩展望台への上り下り、そして日差しの強さで、参加者のみなさんは結構いい汗をかいたのではないでしょうか? 海沿いに来ると、さわやかな浜風が心地よく、気持ちもすっきりです。
d0007875_13375623.jpg
到着した種差漁港では、干してある昆布を撮影している参加者に中村さんが直接指導している姿が見られました。世界的なカメラマンから教えてもらえ、いやいや何ともうらやましい・・・。
d0007875_13462851.jpg
海岸沿いのいたるところでみられる昆布を見ながら、種差の天然芝生地を目指し進んでいくと、
d0007875_13491760.jpg
波打ち際に立つ女性が二人。日差しも強く、暖かい陽気だったので、足もとに打ち寄せる海水がとても気持ちよさそうです。・・・絵になりますね~。

種差天然芝生地で昼食をとった後、淀の松原と呼ばれる松林に入ります。防風林などの役割を期待して植林された松の木ですが、最近はその一部を伐採するなどして景観を整えているそうです。
d0007875_1413496.jpg
ところで、途中にコウモリ穴(写真左)と呼ばれる小さな穴がたくさんある岩がありますが、コウモリがいるわけではなく、イメージでその名称がついたそうです。また、仙人が住んでいたと伝えられる仙人窟には、仙人ではありませんが、本当に人がいた、という話も・・・。

そんなこんなの話を聞きつつ、深久保漁港到着前の岩場で見せてもらったのが!!
d0007875_14121631.jpg
関下さんが用意していた望遠鏡でのぞき見たモノ。それを、カメラの最大望遠で撮影したのが右の写真になりますが、何だかわかりますか? この場所でよく見られる蜃気楼です。船の先端と赤い煙突部分を残し、海に沈んで見える現象がわかるでしょうか。望遠鏡ではもっとはっきり見え、「うわっ!」、「すごい!」、「何これ」と見た人すべてが驚きの声をあげていました。
この日は沈んだ船に見えましたが、日によって状況が違うそうです。本当に不思議、としか言いようがありません。

蜃気楼という自然現象に驚きつつ深久保漁港に到着すると、さすがにイカの街八戸。
d0007875_14222766.jpg
「あっ、イカだ!」は、私もそうでしたが、参加者のほとんどの人が真っ先に口にした言葉で、その後駆け寄ってカメラを向ける姿も、ほぼ一致している行動でした。

ゴールの白浜海水浴場では、さすがに泳いでいる人はいませんでしたが、多くのウミネコがお出迎え。海を向いてたたずんでいる姿は、哀愁をも感じさせます。
d0007875_14295225.jpg
ちなみにこのウミネコ、八戸では夏の鳥というイメージですが、実は俳句だと冬の季語。う~む、俳句を詠むときは気をつけなければ・・・(って詠むことはないと思いますが・・・)。

種差海岸から下北半島までは、基本的に砂丘が続いている地形で、初夏の花畑になるころが一番の見頃となるそうです。
d0007875_16502323.jpg
(上の写真は、クリックすると拡大します。)
今回のトレッキングでも、小さな草花がコースを彩り、参加者の目を楽しませていました。風光明媚で、ウミネコを間近に見られるのも、とてもいいですね~。
閉会式で「楽しかったですか?」という問いかけに対し、参加者からは「は~い」という大きな声。私も大満足のトレッキングで、季節を変えてまた行ってみたいと思います。
by ハッピーハンド

・・・閉会式終了直後、どしゃ降りに見舞われました。イベント中に雨が降らなかったのは、きっと椎名さんと私のおかげ・・・と思いたいです。
by marugoto_aomori | 2010-09-21 12:02 | 青森の旅 | Comments(8)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング