まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:ラーメン ( 67 ) タグの人気記事

ラーメンの麩はお好き?

青森の伝統的なラーメンといえば、煮干しや焼干しで出汁をとった醤油味のラーメンを思い浮かべる方も多いと思います。
そんな青森のソウルフードのトッピングは、チャーシュー、メンマ、ネギ、そしてナルト?それとも「麩(ふ)」?
私は断然「麩」派です。
d0007875_1411279.jpg

(弘前市・キンタのラーメン)
d0007875_141196.jpg
透き通ったスープをたっぷり吸った麩は、お口に入れるとフワフワ・トロトロ。
麺と絡んだスープや、レンゲですするスープとは違う味わいを楽しめます。
麩は、高タンパク・低カロリーで知られていますが、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富です。また、脳内で情報を伝える神経伝達物質の材料となるグルタミン酸や、血糖値の急激な上昇を抑える小麦アルブミンも多く含み、美肌効果が期待されるプロリンも多く含まれていて、美容と健康にうれしい食品です。

ラーメンに麩を乗せるのは、県内では当たり前ですが、実は青森県以外では秋田県や北海道の一部といった限られた地域なのです。
青森でラーメンに乗せるのは「棒麩」というサクサクの焼き麩ですが、その棒麩を作っている工場が弘前にあります。
d0007875_14174096.jpg

株式会社 松尾は、創業明治15年の「津軽百年工場」です。
d0007875_14185796.jpg
「松尾の麩」といっても馴染みのない方が多いと思いますが、おやつの定番「ジャンボー」は県人ならご存じの方も多いのでは?そう、あの特大の、黒蜜たっぷり、サクサクの麩菓子です。
サクサクの麩菓子を焼いている松尾の棒麩は、フランスパンを焼く時と同じように蒸気をかけて焼き上げています。
そのまま食べられるほど軽い焼き上がりなので、水戻し不要で、ラーメンに入れるだけでスープをよく吸収してくれるのですね。
県内ではラーメン店だけでなく、町の食堂や蕎麦屋(津軽地方ではラーメンも出している蕎麦屋があります)、天ぷら屋、そして温泉の食堂など、多くのお店で麩の乗ったラーメンが出されています。

d0007875_14315784.jpg

(写真は左から、弘前市・文ちゃんラーメン、マル金、天ぷら松味屋)

d0007875_14345945.jpg

(左から、青森市・佐藤蕎麦店、出し屋五丈軒、五番軒)

煮干しや焼干し以外のスープのお店もありますので、食べ比べて自分のお気に入りを探してみるのも楽しいかもしれません。
By Hana

株式会社 松尾 
〒036-8092 青森県弘前市城東北3-11-12
電話  0172-27-4218
FAX 0172-28-2138
http://www.foo-matsuo.jp/
by marugoto_aomori | 2012-05-22 09:00 | 青森食べ歩き | Comments(8)

私の津軽ラーメン 『山忠 やまや』

あ~あ、年度末は送別会やら打ち上げやらの飲み会が続いて
週末は大抵二日酔いだっきゃの。
で、二日酔いの朝には必ずと言っていいほどワの脳裏に浮かぶラーメン屋があるんず。

その愛してやまない、ワの中の「THE津軽のラーメン」がココ!
d0007875_1454484.jpg
黒石の『山忠やまや』さん。

以前、黒石の友人が教えてくれて、足を運んでからかれこれ十数年はお世話になってる
1件なのです。

場所は弘南鉄道黒石駅の裏。
歩くとなんてことない距離なんですが、車だと一方通行のため若干大回りしなければ
ならず、少しわかりにくい場所。

行けたとしても、休日のお昼時は、かなりの混雑。
しかもメニューは、ラーメンの大と中のみ。
弁当・おにぎり食いたければ、いつでも持ってこいや!の男前ぶり。
「ビックリしちゃったぜ~。ワイルドだろ~。(スギちゃん風に)」
d0007875_1463583.jpg
二日酔いで食欲が無いとはいえ、大好きなこのお店ではラーメンの大を注文。
縮れ麺に絡んだ煮干しダシが、前日で痛んだ五臓六腑に沁みわたーる♪
d0007875_1413403.jpg


食べている記憶を半分無くしながら、気が付いたら完ツユ。
d0007875_14171415.jpg

THAT'S ALL !!


ちなみに地元弘前では、『おおむら』のラーメンが大好きです。
(↑ 飲んだ後の〆には最高!!)

byハンコック

『山忠やまや』
住所  黒石市大町2-60
時間  11:00~15:00頃?
     (麺がなくなり次第終了するみたいです)
by marugoto_aomori | 2012-03-21 14:33 | 青森食べ歩き | Comments(7)

今日もお家で“津軽らーめん”

寒い日が続くと、温かい食べ物がいいですよねえ。
ラーメン好きの青森県人の私は、季節に関係なく毎週のようにラーメンを食べていますが…
でも、いつもラーメン屋さんに出かけるわけではなく、
カップラーメンや袋ラーメンといったインスタントラーメンを食べることもあれば
ちょっとだけ頑張って家で生めんを茹でて食べることもあります。
そんな生めんタイプの中で私の定番は、かがや食品の「津軽らーめん」♪
d0007875_17425119.jpg
いかにも津軽らしい細いちぢれ麺に
スープとメンマが入っているので、
冷蔵庫に入っているものを適当にトッピングすればOK。
d0007875_17435193.jpg
今日は、運よく大鰐温泉もやしもゲットしたので
自己流温泉もやしラーメンを作ることにしました。
細切りちぢれ麺はゆで時間40~50秒と短いので、
あらかじめ具の準備と丼にスープを作っておきます。
スープにお湯を注ぐとすでに津軽のラーメン屋の香りでいっぱい。
そして、麺のちぢれ感を口の中で味わえるように40秒弱で茹であげ
具を素早くトッピングして出来上がり♪
残念なことに、”なると”が無かった…
d0007875_1744299.jpg
大鰐町の食堂で食べられる温泉もやしラーメンは
油いためや味噌汁で食べるときのように5cmくらいに切っていますが、
長~いのが特徴のもやしをそのまま食べてみたいという気持ちを抑えきれずに
根だけを切ってサッと油で炒め、こんな風になってしまいました。
見た目はしんなりしているように見えますが、
それでも食べるとシャキシャキ感が味わえるのが大鰐温泉もやしの醍醐味です。
そして何より、魚介系のすっきりした醤油味のスープに細切りのちぢれ麺がたまりません。
これぞ、津軽のラーメン!という感じです。

お湯を注ぐだけで津軽の味になるスープに細いちぢれ麺
そして、地元では2食で300円程度という割安感
他県の方々にもぜひ試して欲しい一品です。
(姉妹品の煮干味らーめんもイイッ!)
東京では、飯田橋のあおもり北彩館東京店に売ってましたし、
冬が旬の大鰐温泉もやしもたまに売ってるようですよ。

残った温泉もやしは、味噌汁で夕食にいただきました。
d0007875_17445923.jpg

by すがまにてぃ
by marugoto_aomori | 2012-02-10 18:03 | おいしい食材 | Comments(2)

ラッセル君も大好き?! 中央弘前の駅ラーメン

先日、用事があって弘南鉄道大鰐線にのって大鰐まで行ってきました。

中央弘前駅から乗車したのですが、
出発までに時間があったので駅ナカをブラブラしてたところ、気になる張り紙を発見!
「古代らーめん」
450円って、安っ。
でもまあ、ちょっと前までは、どこでもラーメンは500円しなかったよなぁ。。。
d0007875_16473851.jpg
う~ん、「古代」って、何が入ってるんでしょ・・・。

時間帯的にお腹はすいてなかったのですが、どうも気になるので、レッツゴー。
d0007875_16594195.jpg
「昔ながら」って感じの店構え。若干緊張しつつ、店内へ。

すると、いきなりショッキングなシーンが・・・。
なんと、床いっぱいに新聞を広げて、大量のミズ(アクセントは「ミ」)の皮むきしてるじゃあないですか!!!足の踏み場もない!!(ミズって何か知らない人はこちら

のっけから、そのダイナミックさに気後れ気味ですが、
勇気を出して「古代らーめん くださぁい」と注文しました。
そして、待つこと数分。 キタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!!
d0007875_11261185.jpg
見た目は正統津軽中華風。ネギが家庭の食卓風を醸し出してます。
d0007875_11405737.jpg
見事にツガルなチヂレ具合です。。。

で、ナシテこれが「古代」なの?ソボクなギモン。お店の方に尋ねてみました。
「出汁に肉・魚つかってないのサ。日高昆布だけ。」
ナルホド。。。昔風という事でしょうか。
お味のほうはといいますと、確かに優しくて懐かしい味。動物の脂の臭みは微塵もありません。スープに濃厚さはないのだけど、縮れ麺がスープと良く絡んでくれるので、味の「薄さ」感は全くありません。
あ~サッパシタ、って感じですナ。

ところで話は変わりますが、弘南鉄道のキャラクターがデビューしたのをご存じでしょうか?
その名も、「ラッセル君」 そう、あの1929年生まれの82歳、黒い鉄の塊、津軽の冬の風物詩の一つでもある、弘南鉄道のラッセル車・キ104・キ105がモチーフです。
d0007875_12224751.jpg
でも、ナンデ、相撲まわし姿?
何にしても、一度見たら忘れられないキャラです・・・
近々、着ぐるみも登場するかも?



ラッセル君の劇画バージョンも期待してます。
by OAK
by marugoto_aomori | 2011-07-30 12:47 | 青森の旅 | Comments(3)

東京で青森魚介系ラーメン!

ラーメン。
麺の太さにコシちぢれ、スープや具の種類、そしてこれらの調和など、一杯のラーメンに店の数以上の特徴や工夫があって、なかなか一言では語れない深い食べ物です。
青森県は、1世帯当たりのカップめん購入数量第1位、中華めん購入数量第2位と、数字で見るだけでもラーメン好きが多いことが分かります。
私もその一人なのでしょう。
そして、青森でラーメンといったら煮干しや焼き干しの出汁をベースにした魚介系ラーメンです。
もちろん、今、青森で話題の味噌カレー牛乳ラーメンをはじめ、とんこつラーメンや味噌ラーメン専門のお店などいろいろとありますが、三方を海で囲まれた青森県はおいしい焼き干しや煮干しを入手しやすいためか、おいしい魚介系のラーメン屋さんがたくさんあります。
青森にお出かけの際は、ぜひ食べていただきたいのですが、東京で食べられる店はないかという方。
青森らしい魚介系ラーメンが浅草にありました!
d0007875_15313139.jpg
お店は「中華そば つし馬」さん。
お店に近くなるにつれて煮干しの香りがぷ~んとして、なんとなく昭和の懐かしさがこみあげてきます。
“青森 煮干中華そば 津軽”と書かれた暖簾をくぐると、店内はお客様でいっぱい。
メニューは、“中華そば”のほか、煮干し出汁の濃さが名前で感じられる“バリ煮干しそば”、“つけ麺”やご飯類がありました。しかもご飯類には“みそおにぎり”があるではありませんか。
最近食べる量をセーブしている私ですが、期待感たっぷりで中華そば(小)とみそおにぎりを注文!
d0007875_15333973.jpg
出てきた中華そばは、どんぶりはやや小ぶりながらも、透きとおったスープが溢れんばかりに入っていて、煮干しの香りが食欲をそそります。
具はチャーシュー、メンマ、刻み葱とシンプルで中華そばらしいです。大好きなチャーシューはしっかりした味がして、小なのに3枚も入っていました。中だと5枚になるみたいです。
まずはスープをすすってみると、「おおっ!青森のラーメンだ!」と心の中で叫んでしまいました。
醤油だれを煮干し出汁で割ったスープは、出汁がよくきいていて、スッキリとした旨みがあります。麺は平打ち中太麺ですが、細めのちぢれ麺が好きな私も、この自家製麺はおいしくいただきました。
飲んだ帰りに一杯食べたくなるラーメンです。
夏期限定で「冷やし煮干しそば」があるようなので、暑くなったらこれも食べてみないと♪
そして、「みそおにぎり」。
d0007875_15591956.jpg
これも青森のおふくろの味でした。
「みそおにぎり」というと、焼きおにぎりを連想される方が多いと思いますが、青森、特に津軽地方では、お母さんが手に味噌を塗っておにぎりを握ってくれ、そのままの状態で食べるのが昔からの食べ方。しかも大鰐町のマルシチの津軽味噌を使っていれば文句のつけようがありません。(食べるのに夢中で、どこのお味噌を使ってるか聞き忘れてしまいました。) 
味噌のやさしいコクと旨みが、暖かいご飯と相性がいいんです。
お店では、ラップに包んで出してくれるので、手に味噌のにおいが付かず安心です。

津軽出身の店主が経営している「つし馬」さんは、オープンして8年目になるそうです。
この度の東日本大震災の後、店主は仲間と一緒に被災地へ行って炊き出しを続けているとのことで不在でしたが、被災した方々が一日も早く普通の生活を取り戻し、この青森の味を求めて食べに来てくれるといいですね。

byすがまにてぃ
がんばろう東北。青森から東北の元気届けます。

<中華そば つし馬>
東京都台東区浅草 1-1-8  観音通り
電話:03-5828-3181
営業時間:11時30分~21時30分
年中無休 ※スープがなくなり次第終了
by marugoto_aomori | 2011-04-21 16:07 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

野菜不足にキャベツラーメン

完全に野菜不足の私。この夏の猛暑の影響で野菜の価格が高騰しているから・・・というのは言い訳ですが、お店で買うと、一人分としては量が多いんですよね。そんなあなたに(私、ですね)ピッタリのモノがこれ、キャベツラーメンです。
d0007875_10131314.jpg
まだ夏の暑い時期ですが、道の駅ろくのへに立ち寄って食べてきました。
d0007875_1017594.jpg
道の駅のメイプルふれあいセンター内にあるレストランでは、青森県が誇るシャモロックを使ったシャモロックラーメンも販売されていましたが、野菜不足の私は迷わずキャベツラーメンを選択。
d0007875_1021382.jpg
480円というワンコインでお釣りがくる値段も魅力的です。
立ち寄ったのがちょうどお昼時で、お客さんもほぼ満員。席が空くのを待っているような状態でした。

さて、食券を出して待つこと数分。おおーっ、キャベツが山盛りではないですかぁ。気になる内容は、麺とキャベツとスープのみ、といたってシンプルな組み合わせです。d0007875_10221238.jpg
早速食べてみると・・・キャベツのシャキシャキ感と甘味、いいですね~。野菜不足の身にしみます。また、弾力のある麺との組み合わせがなかなかおもしろいです。
このキャベツですが、地元の六戸で採れたものだけしか使っていません。ということで、地元のキャベツがなければキャベツラーメンも販売しない、というこだわりもあるそうです。
そしてスープ。田舎味噌を使ったみそ味で、いたって素朴な味。ラーメンというより、お味噌汁に麺を入れている、という感じも受けました。この味、私は好きです。
d0007875_10503884.jpg
ということで、スープまできれいに完食させていただきました。いやいや、値段からいっても満足満足。

道の駅ろくのへは、十和田市と八戸市を通る国道45号線沿いにあります。野菜不足の方、近くに行った際には、ぜひキャベツラーメンたべてみてください。
by ハッピーハンド

この道の駅には、六戸町の文化財である旧苫米地家住宅が展示されています。
d0007875_1111762.jpg
内部も自由に見学ができるので入ってみると、当時の様子が再現されていて、民具なども展示されていました。
d0007875_1194656.jpg
昔の人は、ずいぶんと堅い枕で休んでいたのですね。

<道の駅ろくのへ>
六戸町犬落瀬字後田87
0176-55-4134
営業時間 9:00~18:00
レストラン営業時間 10:00~15:00
by marugoto_aomori | 2010-10-07 06:05 | あるあるこんなもの | Comments(2)

濃厚煮干しがとまらない「青森市 田むら」

d0007875_2315125.jpg

先月の話しですが、青森市ジャスコの近く「田むら」さんで煮干しってきました。
「またラーメン~」我が子からそんな言葉もささやかれる中、お構いなしです。
d0007875_23153849.jpg

子供達には「あっさり煮干し」を、そして私目は~「鬼にぼし」を注文です。
d0007875_23155836.jpg

もう、「鬼」の言葉にワクワクですよ。まずは「あっさり煮干し」から。子供達
の分をよそいつつ自分も味見を・・透き通ったスープで煮干しの存在感を感じる
上品な味なんです。津軽地方一帯でスタンダードにみられる「津軽ラーメン」を
感じさせます。麺はスープを存分に体感できるようになってますね。ウマイ!
d0007875_23161570.jpg

そして・・・キター!!!「鬼にぼし」が!見てくださいこの色の違いを!!
動物系のスープが合体することで、かくも煮干しの強烈さを感じさせることがで
きるのか・・・鬼です。もう鬼が舌の中にこれでもか!と言わんばかり煮干しを
感じさせてくるんです。しかも!鰹節もミックスされることで「魚祭り絶賛開催
中」になるんです。
d0007875_23163526.jpg

麺はしっかりとした歯応えながら自ら主張することなく煮干しの旨みをしっかり
と抱きかかえたまま口の中に運んでくれる役割を果たしてくれます。ウマイ!
(もうね・・・・ウマイの一言に尽きるんですよ~!!!)
d0007875_23165852.jpg

ええと、後日この鬼にぼし・・・恐る恐る「味濃いめで・・・・」とお願いした
ところ、お店の方が快く応じてくださいました。ありがとうございます。ホント
に強烈でますます虜になってしまいました。。。濃厚煮干しバンザイ!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2010-04-01 10:43 | 青森食べ歩き | Comments(4)

見よ!この黄金スープ!

20年前のお話になります。

私は南部地方に住むイタイケな高校生でした。
平凡な毎日に辟易しつつも、将来への希望と不安で胸一杯の日々を送っていました。
毎日の勉強はつまらなくて、でも、ちょっとでも早く親元を離れて「自由」を謳歌したいという気持ちから、都会へ出るための手段である「進学」に勝利するため、ムスムスとお勉強していました。

そんな頃、勉強がうまく進まないなど、いろんなことが行き詰まってくると、よく訪れた場所の一つ。
それが、「味好」さんです。
d0007875_2164934.jpg
外観は当時と一切変わりません。時が止まっています。いろんな昔のことを思い出しつつ、中へ。
d0007875_217465.jpg
メニューもほぼ当時のまま。値段はさすがにちょっと違いますか。
迷わず、「広東メン」!
d0007875_2171628.jpg
見よ!この黄金スープ!
絶対にやけどするアツアツ感と、どんぶりの縁ぎりぎりまで盛られて出てくる感じも当時のまま!
d0007875_2172668.jpg
縮れ細麺にスープが絡みつく。十和田の麺のデファクトスタンダード「コセキ」か?
d0007875_2173791.jpg
当然のごとく、全く無理なく、完ツユです!
d0007875_2174530.jpg
いつも一杯ずつちゃんと味を見ながら作ってくれるご主人の笑顔と、おかみさんの元気な「いらっしゃい!」の声を聞くと、本当にほっとした気持ちになります。これも20年前から変わりません。ここで食べた後は、いつもスッキリして、もう一度やるか!という元気をもらったものでした。

お店をはじめて約35年だそうで、ご主人は「お店が古くて・・」とはにかみますが、全く気になりません。それよりももっと大事なものが、きちんとここには残っています。

それがうれしくてたまらなくて、皆さんにもおすそわけします。
ここは、まちがいありません。


味好

十和田市東三番町6-21
TEL 0176-23-7319
定休日:日祝日
営業時間:11時30分~14時、17時~


んで、つぎ天津メンね。
by OAK
by marugoto_aomori | 2010-03-11 22:49 | 青森食べ歩き | Comments(6)

濃厚煮干がとまらない「弘前市 福の家」

告白します。この1ヶ月・・・週末ともなれば濃厚煮干なラーメン店を探し、
無理矢理子供を連れて出掛けている日々なんです。
もともと煮干し・焼き干し系ラーメンが好きで好きでたまりませんでしたが、
長尾中華そば」で出会った濃厚煮干しラーメンに出会ってからというもの
・・・不思議なもので数日するとまた食べたくなってしまうんですね・・。
どうしてなんでしょう・・・?濃厚煮干し。
d0007875_0201277.jpg

今日は弘前市富田にある「福の家」さんで煮干ってきました。
d0007875_0205078.jpg

一日限定20食という「極太中華」・・・限定といわれればついつい注文です。

しばし待つこと・・・十数分・・・・キマシタ!すぅ~っとかまり(香り)を嗅ぐと
濃厚な煮干しのかほりが・・見た目にも濃厚煮干な感じが伝わってきます。
d0007875_0211935.jpg

スープは、煮干しが強いながらもややとんこつ系を感じるものがあります。
ウマイ!
d0007875_0215363.jpg

さあそして極太と言われる麺とは・・・ひゃっっほう!もうね・・・うどんです。
その太さが!食べ応え満点です。そうか・・・このガッチリした濃厚煮干しな
スープをガッチリ受け止める麺にはこういう手段もあるのか・・もう感動です。
「ずるずる」というよりは「がしがし」食べる感じの麺、そして濃厚なスープを
ススって・・・今日も完つゆホントに美味しい中華そばでした。
d0007875_0223427.jpg

byノブchan
(週末、濃厚煮干しなラーメン屋さんで子供と一緒にブツブツ言いながら
怪しげに写真を撮り、満足した顔でラーメンをすすっている人がいたら・・・
それは私かもしれません。)

【らあめん福の家】
営業時間11:30~15:00、17:00~20:00
定休日 毎週月曜日、木曜日は15時まで。
by marugoto_aomori | 2010-03-09 09:11 | 青森食べ歩き | Comments(2)

嗚呼!諸行無常の味噌カレー牛乳ラーメン

先日のブログでも書きましたが、とことん青森のせいで食べ過ぎのOAKです・・・。
先日は、最終兵器のキクイモまで繰り出してリセットをはかっていますが・・・常に高血糖状態になれた私の体は、「うまいもん喰わせろ」といってききません。空腹というのは、ほんと、たちの悪いものです。

ああ、そういえば、この前入手した「あれ」、まだ食べてなかったなぁ・・・
このブログで以前にも紹介しました「これ」です。味噌カレーミルクラーメンです!
d0007875_024627.jpg
以前発売されて大好評だったため、昨年末に再発売されました! さすがマルちゃん!
→ 詳しくはこちら
d0007875_025995.jpg
「愛され続けるソウルフード」って書いてありますね。わかってますねぇ、マルちゃん。「普及会公認」が光ってます!
d0007875_031090.jpg
ほほぉ、裏技指南ですかっ!もちろんコク欲しいです!
d0007875_03194.jpg
ということで、牛乳ダバダバ入れます。
d0007875_032798.jpg
ついでに、友達の王さんからもらった、中国黒竜江省の名産品・乾燥キクラゲをそのまま入れちゃってアップグレード!

お味のほうはというと・・・・まろやかー!
こんなに味噌とかカレーとかミルクとか、素材がいっぱい入っているのに、この調和感はなんだ!あたかも千年前からある味のような錯覚さえ覚えるほど、フツーにうまい!

嗚呼、今宵もまた夜食を食べてしまったヨ。 禁夜食も始めないとやばいですね。 でも、このハーモニーに抗うことのできる人はいないのデス・・・・。 誰もが味噌カレーミルクラーメンの前では無力なのです。 
全国発売のようですので、今夜の夜食にどうですか?


あしたもキクイモたべよ。
by OAK
by marugoto_aomori | 2010-01-30 00:03 | おいしい食材 | Comments(5)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング