まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:リゾートしらかみ ( 3 ) タグの人気記事

新型リゾートしらかみ「橅」編成デビュー!

 7月16日、五能線にハイブリットシステムの新型車両「橅」編成がデビューしました。
 自動車では既に導入されていますが、電車でも自然環境に優しいハイブリッドが導入され、従来の車両と比べると、燃料消費率の低減や排気中の窒素酸化物などの約60%の低減が見込まれるほか、駅停車時及び発車時の騒音も低減できるといわれています。
d0007875_00223371.jpg
 新型車両では、従来の車両よりも開放感を高め、雄大な白神山地や夕日が沈む日本海など、車窓から美しい風景を楽しめます。
 印象的なのは、内装に使われている木材ですが、シンボルツリーの橅をはじめ、秋田産の杉や青森県産のヒバがふんだんに使われています。そして2号車にある明るい色を基調としたボックス席には、BUNACO製の照明が備え付けられ、温かみと安らぎを与え、落ち着いた空間に仕上がっています。
d0007875_00262798.jpg
 また、新型車両には、新たに「ORAHO(おらほ)」カウンターと「橅」のシンボルツリーが設置されているのが特徴的です。
 地酒や、白神山地の自然水で入れたコーヒー、スイーツなど沿線の特産品を販売しており、車窓からの景色を堪能しながらお召し上がりいただけます。
d0007875_00272181.jpg
 その他、社内では「津軽伝統 金多豆蔵人形芝居」や津軽弁「語り部」実演、「津軽三味線生演奏」など予定されております。詳しくはこちらをご確認ください。

 さらに、五能線は2016年7月30日に全線開通80周年を迎えます。全長約147.2㎞、秋田県東能代駅と青森県川辺駅を結び、沿線には白神山地や日本海、そして津軽平野の絶景が堪能できます。
 1936年の開通以来、地域住民の足として活躍し、やがて観光路線として脚光を浴び、「一度は乗ってみたいローカル線」として全国的に人気が高く、旅人や鉄道ファンを魅了し続けています。
 五能線全線開通80周年記念イベントも開催されております。詳しくはこちらをご確認ください。

 是非、今年の夏は、五能線で行く「風光絶佳」の旅をお楽しみください。

問い合わせ先
JR東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社
リゾートしらかみ「橅」編成
五能線全線開通80周年記念Webサイト

by トリッキー

by marugoto_aomori | 2016-07-18 22:11 | 青森の旅 | Comments(0)

美しい夕陽に出会えるローカル線 「五能線」

日本一夕陽が美しいといわれる青森県西海岸。
その海岸線に沿ってのんびり伸びているのが「JR五能(ごのう)線」です。
d0007875_1528349.jpg
五能線は、田んぼアートで有名な青森県田舎館村の川部駅と、秋田県能代市にある東能代駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線です。

もともとは、住民らの反対運動によって能代の市街地を避ける形となってしまったJR奥羽線に接続するための支線で、1908年に能代(現在の東能代)~能代町(現在の能代)に開通した「旧能代線」がはじまりだったそうです。

一方、青森県側では、私鉄の陸奥鉄道が1918年に奥羽本線に連絡する鉄道としてを「川部」~「五所川原」間を開業させました。

その後、日本海岸を巡って五所川原と能代を結ぶ鉄道は、五所川原は五所川原線として、能代は能代線として建設が進められ、1936年の陸奥岩崎~深浦間を最後に全線開通し、現在の五能線に改称されています。
d0007875_15283967.jpg
五能線は日本で最も海岸沿いを走る列車として有名です。
日本海の荒波に翻弄されることもしばしばですが、
この「五能線」から眺める夕陽が実に見事で、
オンシーズンには県内外からたくさんの観光客らが押し寄せるのだとか。
先日、五能線に乗って旅をしてみたら、その気持ちがよ~くわかりました。
周りに誰もいなかったら、口元に両手でメガホンをつくり、夕陽に向かって叫んでしまっていたかもしれません(笑)。

五能線で最も人気があるのはクルージングトレイン「リゾートしらかみ」。
「くまげら」「橅(ブナ)」「青池(アオイケ)」の3編成が、
青森(一部弘前)~川部~東能代間~秋田間を一日3往復しています。

全席指定となっていますが、
お得な『五能線パス』を使えば、
なんと、たったの3,200円で青森~東能代の旅(往復)を楽しむことができるんですよ。
d0007875_15295872.jpg
東には雄大にそびえる白神山地。西には真っ赤に燃える日本海。そして振り返れば岩木山。
9月に二度やってくる3連休は、五能線の旅などいかがでしょう。
(天気が良ければいいのですが・・・。)
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-09-14 15:39 | 青森の旅 | Comments(14)

のんびり。ゆっくり。五能線の旅

明日から楽しい3連休。
台風や梅雨前線の影響で天気はそれほど良くないようですが、
ご家族や仲間同士で、
小さな旅に出かけられる方もたくさんいらっしゃると思います。

バリバリの車社会となっている(?)青森では、
レジャーでもついつい車を使ってしまいますが、
私は先日、五能線の人気列車「リゾートしらかみ」号に乗って、
夕陽を見るためだけに青森西海岸に出かけてきました。
d0007875_1711043.jpg

朝8:00に青森駅を出発した「リゾしら」が「十二湖」駅に到着するのは11:19。
片道約3時間の道程では、
津軽平野に広がる広大な田んぼや、
りんご園の向こうにそびえる美しい岩木山、
突然視界に入ってくるまぶしい日本海、
海の中に並ぶ奇岩怪岩などを、
右に左に、
のんびり、ゆっくり楽しむことができます。
車で何度も行ったことはあったので、
西海岸がとても美しいことは分かっていたつもりでしたが、
ゆったりとしたシートに座り、
列車の窓から流れる景色を見ていたら、
青森の西海岸はこんなにも美しかったのかと、
読書も寝ることも忘れるほど感動してしまいました。
d0007875_17112367.jpg

前車指定席となっているリゾしら。料金が高いのでは?と思いがちですが、
五能線周遊券なら青森から東能代までの普通車指定席・自由席が乗り降り自由で3,200円。有効期間は2日間。もちろん、行くだけじゃなく帰りの代金まで含まれています。
西海岸は行き飽きた!なーんて思っているあなた(笑)。
リゾしらで行く西海岸は、車で行く西海岸とは違いますよ!
今年の夏は、好きな本とビールを持って、
真っ青な日本海と真っ赤な夕陽が待っている五能線の旅に出かけましょう!
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-07-13 17:14 | 青森の旅 | Comments(10)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング