「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:三沢 ( 19 ) タグの人気記事

思わずカブリつきたくなりフリフリチキン!

今日は29日、肉の日です!
そんな肉の日に“ガブリチュー”してもらいたいおすすめメニューをご紹介します。

三沢市のスカイプラザにあるお店「LANI CHICKEN FACTORY(ラニチキンファクトリー)」です。
特製のスパイスに付け込んだ鶏をまるごと1羽炙り焼きにします。
d0007875_11454541.jpg

メニュー名は「フリフリチキン」です。「フリフリ」はハワイ語で回すという意味です。
グリルの上でグルグル回しながらじっくり焼き上げでいきます。
中まで火が通り、外側の皮がパリッとなる状態が食べごろです。

今回は控えめに、ハーフチキンにフレンチフライがついたコンボを注文してみました。
d0007875_11505869.jpg

焼きたてアツアツ、スパイスの薫りが食欲をそそります。
早る気持ちを抑えつつ、ナイフとフォークで切り分けながら、先ずはパリッパリの皮をガブリ!
「う~ん!スパイスが絶妙!」
続けざまに、モモ肉をガブリ!
「ジューシー!」
食べたい欲求を抑えきれず、ナイフとフォークはやめ、直接指で掴んで口に運ぶようになった。
「もっと食べたい!」
骨までシャブリついて、チューチューしたくなる旨さ!
丁度良いかなと思ったハーフチキンも、あっという間に食べ尽くし、思わずハーフチキンを追加注文してしまった(笑)

これは病みつきになる旨さ。
手の指も口の周りも、スパイスだらけになっても気にならないほどの満足度です。

三沢市の近くに行く用事があるのなら、回り道をしてでも立寄って、あのガブリチューを味わってもらいたい。是非一度お試しあれ!


【問い合わせ先】
ラニチキンファクトリー
住所:三沢市中央町2-8-34 スカイプラザミサワ1F
電話:090-6258-7299
営業時間:11:00~20:00
※日曜・祝日~19:00
定休日:火曜日
※注文してから30分以上かかる場合があるので、事前予約がベスト

by トリッキー
by marugoto_aomori | 2016-08-29 11:54 | 青森食べ歩き | Comments(0)

貴重な機体が空の遺産になることを期待!!(三沢航空科学館-一式双発高等練習機)

d0007875_14360528.jpg
2012年(平成24年)8月に69年ぶりに十和田湖の湖底から引き揚げられ、現在青森県立三沢航空科学館に展示されている一式双発高等練習機。この引き揚げから展示に至る経緯については過去に当ブログで紹介しておりますが、地元では現在この貴重な機体を重要航空遺産として認定していただくよう取組を行っています。
このようにほぼ当時のままの完全な形で現存している機体はほとんどなく、非常に貴重であることから、近々行われる予定の日本航空協会による調査に期待が持たれています。
d0007875_14440416.jpg

また、この機体の航空機用エンジン(天風21型)は、東京都にある日野自動車のルーツとなる東京瓦斯電気工業が昭和初期に開発したものであり、その信頼性の高さから1万基以上が生産されたそうです。日野自動車では、このエンジンの1基を借り受けて、清掃などを施した上で、2013年(平成25年)7月から自社の日野オートプラザに展示を行っており、その後三沢航空科学館に返還されました。
現在は左右でその姿の違いを比べることができます。

d0007875_14374100.jpg
同館の展示場所には、この一式双発高等練習機のほかにも、映画等で実際に使用された零戦の実物大レプリカや、小川原湖底から引き揚げられた実物の零戦のプロペラなどが展示されています。

d0007875_14383396.jpg
このほか、世界初の太平洋無着陸横断飛行を成し遂げた「ミス・ビードル号」や周回飛行航続距離世界一を成し遂げた「航研機」の復元機や、初の国産旅客機YS−11の実機などを展示した【航空ゾーン】と、飛行機の原理や航空機の仕組みを体感することができる、小中学生向けの各種体験装置などがある【科学ゾーン】などがありますが、中でも個人的におすすめなのが、航空ゾーンの2階脇のエアコリドーギャラリーにずらっと並んでいる航空機模型の展示です。
d0007875_14402355.jpg
これは館長が自ら製作したものであり、その数は約600機。実はこのほかにもあって、全部でなんと約2,400機ものコレクションがあるそうです。展示は年代別になっており、複葉機の時代から現代のジェット機まで、各スケールの模型がこれでもかと並んでおり、オジサン世代のハートをくすぐります。背景には貴重な箱絵がディスプレイされており、これらの情報については展示ケースの横に設置されたモニターで検索することができます。

この冬は、雪が降っても楽しめる三沢航空科学館で、貴重な展示物の数々を楽しんでみてはいかがでしょうか。

d0007875_14445525.jpg


byオーレおじさん

(問合せ先)
<青森県三沢航空科学館>
住所:青森県三沢市北山158
電話:0176−50−7777


by marugoto_aomori | 2015-01-09 15:04 | 青森の旅 | Comments(0)

小川原湖でカヤックを楽しむ

青森県の県南地域にある湖「小川原湖」と言えば、しじみ、わかさぎ、天然うなぎ、コイ、フナと水産資源が有名ですが、小川原湖は遠浅で波も穏やかな時が多いので、小さいお子さんでも安全にアクティビティを楽しむことができるんですよ。

そして、この夏ぜひ楽しんでもらいたいアクティビティが「カヤック」です。
d0007875_10351871.jpg

今夏、三沢市役所前にカヤック&アウトドアセンター凪(なぎ)がオープンしました。
入口の上にはカヤックが飾られてあるのですぐに見つけられます。
d0007875_10374590.jpg

d0007875_10483455.jpg

このセンターは、先ずは、小川原湖でカヤックが楽しめることを知ってもらいたい、そしてカヤック人口を増やしたい、そして小川原湖=カヤックの聖地として全国からカヤックを楽しみに来てもらいたいということを目的に、その情報発信拠点、体験会や大会の窓口、市民のコミュニティスペースとして三沢市の中心街を活性化したいという思いで立ち上げたんだそうです。
d0007875_10385339.jpg

d0007875_10495063.jpg

体験会は6月から既に実施していて、この後も10月19日まで計14回行われます。
(詳しい日時はこちらのオフィシャルサイトで御確認ください)

また、今年9月28日(日)には4年ぶりにカヤックマラソン大会が復活するんだそうです。
前日の27日にも体験やツアー、そして誰でも参加できる50mレースもあるそうですので、みなさんもお気軽に参加してみてはいかがですか?
d0007875_10463197.jpg

<問い合わせ先>
カヤック&アウトドアセンター凪
住所:三沢市中央町一丁目1
電話:080-6023-7191(担当:戸川)

(by きむにぃ)
by marugoto_aomori | 2014-07-31 10:57 | あるあるこんなもの | Comments(0)

寺山修司の逸話と好物からスペシャルメニューを考案「寺山食堂」

寺山食堂は、昨年寺山修司の没後30年の節目の年に、かつての寺山食堂(伯父の寺山義人が経営)を復活させようと、寺山修司の食に関する逸話や好物と三沢特産の農産物とを組み合わせ、市内5店舗でスペシャルメニューを考案して提供を始めたそうです。
d0007875_15273075.jpg

では、その寺山修司の逸話と好物とは・・・。

・寺山修司は大食漢で、砂糖入り「カレー」と「コーラ」が大好きだった。行きつけの食堂では「カレーライス」を注文するとお盆に直接盛られた「カレー」が出てきた。

・寺山修司は最初に上京した上野駅の食堂で餃子を食べ、それ以来大好物となり家でもよく大量に作って食べていた。

・競馬好きの寺山修司は、競馬に行くときは必ず「そば」と「かつ丼」をセットで食べていた。

・演劇実験室「天井桟敷」がヨーロッパ遠征の際、「ラーメン」を食べたくなったが当時ヨーロッパでは中華麺が手に入りにくかったので、代わりに細い「パスタ」で作った。すると寺山修司ばかりではなく劇団員にもとても好評だった。

・晩年、肝臓を患った寺山修司は肝臓に良いとされる「シジミ」を買い集め食べていた。

カレー、餃子、そば、かつ丼、ラーメン、シジミ。
なんだかとても庶民的ですね。

そしてこの逸話や好物と三沢特産のごぼうや長芋、小川原湖のしじみなどを組み合わせて考案されたスペシャルメニューがこちらです。

・寺山盆カレーセット-お盆に盛ったカレーライスとコーラのセット。砂糖入りカレー付。
・寺山定食-三沢産ごぼうを使った汁物(すいとん、又はけんちん汁)がついた餃子定食。
・寺山セット-三沢産長芋を使ったとろろ蕎麦とかつ丼のセット。
・天井桟敷ラーメン-中華麺の代わりに細いパスタを使ったラーメン。
・天井カレーラーメン-中華麺の代わりに細いパスタを使ったカレーラーメン。(三沢商業高校生提案)
・寺山修司ラーメン-小川原湖名産のしじみを使ったラーメン。

このうち今回は三沢駅前の「きらく亭」で天井桟敷ラーメンをいただきました。
d0007875_15275494.jpg

d0007875_1529246.jpg

確かに麺はパスタそのもの。
見た目はラーメンですが、食べていくとスープパスタを食べているような感じになってきます。
d0007875_15294799.jpg

d0007875_15313331.jpg

そのほかのメニューを提供しているお店は以下のとおりです。

星野リゾート青森屋(古牧温泉)
【住所】三沢市字古間木山56
【TEL】0176-51-2121
【FAX】0176-51-2128(ご予約)
【メニュ】寺山定食・寺山セット・寺山カレーラーメン
     ※寺山メニューは昼のみ提供。

お食事処 和み
【住所】三沢市松園町3-10-1
【TEL】0176-57-4322
【営業時間】10:30~19:10(ラストオーダー)
【定休日】無休
【メニュー】寺山定食・寺山セット・寺山修司ラーメン

彩食酒楽 松喜
【住所】三沢市中央町2-1-1 三沢シティホテル1F
【TEL】0176-52-5748
【営業時間】11:30~14:00、17:00~21:00
【定休日】日曜
【メニュー】寺山盆カレーセット

ふく田
【住所】三沢市幸町1-7-5
【TEL】0176-53-1492
【営業時間】12:00~14:00、17:00~22:30(ラストオーダー)
      土曜日はランチ営業なし
【定休日】日曜・祝祭日
【メニュー】寺山定食・寺山セット・天井棧敷ラーメン

寺山食堂はこののぼりが目印です。
d0007875_15343017.jpg

そして寺山食堂で食べた後は、寺山修司が多感な少年時代を過ごした三沢駅付近にあるゆかりの地をいくつか散策しました。
d0007875_1534762.jpg

d0007875_15344273.jpg

d0007875_15343631.jpg

今度はもっと深くテラヤマ・ワールドに迷い込んでみたいと思います。

by きむにぃ

<きらく亭>
【住所】三沢市本町2-71-1
【TEL】0176-53-1087
【営業時間】11:00~20:30
【定休日】日曜
【メニュー】天井棧敷ラーメン(醤油味と醤油カレー風味あり)
by marugoto_aomori | 2014-01-26 15:42 | 青森食べ歩き | Comments(0)

一見の価値あり! 一式双発高等練習機(キ-54)

青森県立三沢航空科学館に展示されている一式双発高等練習機を見、引き揚げを行った大柳繁造館長(青森県航空協会会長)にお話を伺う機会に恵まれました。
当該機は、飛行第38戦隊所属機で太平洋戦争の最中であった1943(昭和18)年9月27日、操縦訓練と資材運搬を兼ねて、秋田県能代飛行場から飛び立って青森県八戸市高館飛行場へ向かう途中、エンジントラブルで十和田湖に不時着水。2012(平成24)年8月に、69年ぶりに湖底から引き揚げられたものです。
d0007875_74125.jpg

展示されている機体は、一式双発高等練習機の唯一の現存機であり、歴史的にも学術的にも貴重な航空遺産とのこと。これだけ原形を留め、垂直尾翼の飛行第三十八部隊の赤色マークや胴体の日の丸マーク、塗装も残った状態のままというのは大変珍しく、不時着水してから69年を経てこのような状態で残ったのは、水深57m強の湖底に着底し、年間を通して水温2~4℃で淡水のため機体の腐食が少なかったことによるものだそうです。
d0007875_7231758.jpg

当時少年航空兵として当該機で飛行訓練等を行った方々は、今や80歳代で存命されている方も少なくなっているようですが、懐かしさに手紙をくれる方々もいらっしゃるらしいです。

目の当たりにして、本物の迫力と70年近くも湖底に静かに眠っていた姿に圧倒されました。
県内はまだまだ冬模様ですが、晴れ間のドライブでも訪ねてみませんか。

<旧陸軍の傑作機「一式双発高等練習機」>
 旧陸軍機の一式双発高等練習機「立川キー54」は、全長12メートル、翼幅18メートルのジュラルミン製で、二基のエンジンを搭載した双発機であった。
第一線で戦う種類の軍用機ではなかったが、練習機としてはもちろん、比較的収容力の大きな多用途機として活用されるなど傑作機との評価が高い。
軍の要請により1939(昭和14)年から立川飛行機が開発・製造し、型式も甲型(操縦・航法訓練型)、乙型(通信・爆撃・射撃訓練型)、丙型(人員輸送型)、丁型(対潜哨戒機型)があったが、引き揚げられたタイプは甲型である。計1,342機が作られた。
東條英機内閣総理大臣(兼陸軍大臣)の国内移動にも使用されたと言われている。

<不時着水の経緯>
現場付近には、目撃者数名がおり、小舟でヒメマス釣りをしていた金村末吉さんらが、沈みゆく機上に添乗員の姿を目撃し救助に向かった。少年飛行兵を含む4名が搭乗しており、内1名のみが救助された。

<機体発見の経緯>
2010(平成22)年7月13日、静岡県下田市の海洋調査会社㈱ウインディーネットワークは、高性能の超音波計測機を使用し、東京大学生産技術研究所と十和田湖の湖底調査を開始した。
調査会社代表取締役社長の杉本憲一氏は調査のため宿泊していた休屋の春山荘主人の金村春治氏(前記・末吉の息子)より、昭和18年に湖に墜落した旧日本帝国陸軍機の話を聞き、昭和の歴史に翻弄された3名の英霊に感謝と哀悼の意を捧げるため飛行機の捜索を決めた。
同年8月4日、超音波計測機で飛行機を発見。同年8月8日、水中ロボットカメラを湖底に入れ撮影に成功。青森県立三沢航空科学館大柳館長が昭和18年に墜落した機であることを確認した。


byあぷよ

d0007875_7121412.jpg

【青森県立三沢航空科学館】
・所在地 青森県三沢市大字三沢字北山158/TEL0176-50-7777
http://www.kokukagaku.jp/01_museum/01_frame.html
・開館時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
・休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日~翌年1月1日
・入場料 一般500円、高校生300円、中学生以下無料/団体割引有
*一式双発高等練習機は別途観覧料が必要となります。

2014.1.22 タイトルを変更しました
by marugoto_aomori | 2013-02-26 07:00 | 青森の旅 | Comments(4)

基地の街三沢でアメリカンな夜を

米軍基地のある三沢市は、人口の約2割が外国人で国際色豊かな魅力あふれる街です。
三沢でアメリカを感じるなら特に夜がお薦めということで、知人の案内でアメリカンバー巡りを敢行。市内には30以上のバーがありますが、その中から気軽に安心して入れる店としてアメリカンバーツアーチケット参加17店のうちの5店舗を選び、ちょっと駆け足気味にグラスを傾けてみました。

アメリカンバーについては、アメリカ人が経営しているバーとか、アメリカ人向けでアメリカ人がたくさんいるバーくらいの感覚しかありませんでしたが、訪ねてみて、ハワイアンからメキシカンまで、その違いに感嘆。アメリカンバー初心者マークではありますが、その魅力をちょこっとだけご紹介します。

まずは当ブログで以前も紹介した創業14年の古参「My Place(マイプレイス)」。
オーナーは、三沢在住23年のオレゴン州出身のアメリカ人JOHNさん。
流暢な日本語を話す陽気なオーナーと話しているうちに、何故か英語力がアップしそうな気がしてくるのは私だけでしょうか。
d0007875_9405673.jpg
ケサディア、ファンヒーター、ブルトーなど小麦粉で作ったトルティーヤを使ったメキシカン料理とオレゴン地ビールがお薦めです。
d0007875_9412275.jpg

次に訪ねたのが、「DACHA(ダーチャ)」。
店名は、ロシア語で「別荘」や「休日に行く場所」の意で、オーナーの奥さんがロシア人です。
d0007875_9424045.jpg

早い時間帯はロシアレストランでランチとディナーも楽しめます。お薦めは、ポルシチスープやビーフストロガノフなど。真っ赤なビリヤードボードが一際目を引きます。
d0007875_943837.jpg

「TUBES(チューブス)」は、ハワイアンテイストのバー&レストランで、ハワイアンレゲエが流れ、ハイビスカス柄をあしらった木目調のイスやテーブルが並びます。
d0007875_9442073.jpg
ガーリックシュリンプ、アボガドバーガー、トロピカルカクテルなどでハワイの気分を満喫。家族連れで食事も楽しめます。
d0007875_944558.jpg

まだまだ奥の深いアメリカンバーですが、残り2店舗は、またの機会に。

by あぷよ

【My Place(マイプレイス)】
・住   所 三沢市中央町2-64-196
・電   話 0176-53-7180
・営業時間 19:00~
・定 休 日 月曜日

【DACHA(ダーチャ)】
・住   所 三沢市中央町2-4-15
・電   話 0176-53-2828
・営業時間 11:00~14:00(ランチ)/17:00~21:00(ディナー・ラストオーダー20:30)/21:00~25:00(バー)
・定 休 日 月曜日

【TUBES(チューブス)】
・住   所 三沢市中央町2-3-34 AIMビル1F
・電   話 0176-52-6452
・営業時間 11:30~0:00(昼はレストラン、夜はバー)
・定 休 日 なし
by marugoto_aomori | 2013-01-23 14:00 | 青森の旅 | Comments(4)

本格派 ハワイのフリフリチキン

今年も残り4日となりました。
2012年の「まるごと青森ブログ」の最後ということで、トリの話題で締めさせていただきます。

今年は、三沢市に行く機会に度々恵まれ、国際色豊かな土地柄のせいか、飲食や雑貨など個性溢れる魅力的なお店が数多くあることをあらためて強く感じました。
そんな出会いの中で、印象に残ったお店の一つが、「Lani Chicken Factory(ラニ チキン ファクトリー)」です。
d0007875_916650.jpg

ここでは、ハワイで有名なローカルフードのフリフリチキンを本格的な焼き方と味付けで食べることができますが、三沢市在住の知人に、一度食べたら絶対にやみつきになると言われ、言葉どおりすっかりファンになりました。

オーナーの河野純一さんにお話しを伺ったところ、10年程前にハワイでフリフリチキンを知って魅力に取りつかれ、自分でも作ってみたいという思いから、専用のチキン焼き機の仕組みを聞いたものの直接教えてもらうことはできず、ビデオ撮影の許可だけを得、帰国後録画映像をもとに設計して特注で作ってもらったものが現在のチキン焼き機だそうです。

最初は趣味で始めましたが、ハワイに行くたびに味を検討してスパイスも工夫し、2006年6月に市内木崎野温泉の駐車場の仮設店舗で販売をスタート。2012年4月に現店舗に移転しました。
フリフリチキンをメニューとしているレストラン等は全国でも数店ありますが、専用のチキン焼き機を使って、フリフリチキンを本格的に始めたお店としては、「Lani Chicken Factory」が日本で一番最初のようです。

チキンは、ホール(丸鶏一羽)とハーフの2種類のサイズで、30~40分で焼きあがります。
待つ間、ガラス越しに、調理する様子やチキンが自動でクルクル回りながら焼きあがっていく様子を見るのも結構楽しめます。
d0007875_9184170.jpg

ところで、「フリフリチキン」の「huli(フリ)」は、ハワイの言葉で「回る」を意味し、鶏肉を回転させながら焼くことに由来します。また、店名「Lani Chicken Factory」の「Lani(ラニ)」は、「天使・空」の意で、「Lani Chicken(ラニ チキン)」がこちらの商品名です。

おいしさの秘密は、地鶏を使用し、塩・胡椒をベースに数十種類のスパイスで作ったタレに一日漬け込んだものを炭火でじっくり焼き上げることにあり、余分な油を落としてうまみを閉じ込めたチキンは、皮がパリパリと香ばしく、肉はよりジューシーになります。
d0007875_9193379.jpg

今や、三沢市民はじめ、米軍三沢基地のアメリカ人にも人気の「Lani Chicken(ラニ チキン)」を是非一度ご賞味あれ!

by あぷよ

【Lani Chicken Factory】
・住 所:青森県三沢市中央町2-8-34 スカイプラザミサワ1F
・TEL:090-6258-7299
・営業時間:月~土  11:00~20:00(ラストオーダー)
       日・祝日 11:00~19:00(ラストオーダー)
・定休日:火曜日

《年末のご挨拶》
今年も一年間、本当にありがとうございました。
「まるごと青森ブログ」は、明日から1月3日までお休みさせていただきます。
来年も青森のとっておきの情報をお届けしたいと思っておりますので、
「まるごと青森ブログ」と「まるごと青森動画」をどうぞよろしくお願いします。

それでは、みなさま、良いお年をお迎えください。

           ~まるごと青森スタッフ一同~
by marugoto_aomori | 2012-12-28 09:30 | 青森食べ歩き | Comments(4)

テラヤマ&ムシムシコロコロ

 先週末、4月とはいえ雪の日が続く中、県内の天気予報を眺めながら、晴れマークの三沢方面をドライブし、寺山修司記念館に立ち寄りました。
 同館では、寺山修司の足跡・テラヤマ芸術を中心に、総合芸術発信基地として、様々なアート活動や情報発信を行っています。
d0007875_1717145.jpg
d0007875_17175532.jpg

 ちょうど、開館15周年の記念企画展「simizzy(シミージー)木工造形展」が開催されていました。
d0007875_17204915.jpg
d0007875_17213466.jpg

 制作者のsimizzy(シミージー/清水一忠)氏は、寺山修司の多才な表現活動にインスパイアされて造形作家になり、木を素材とした作品を中心に家具、舞台美術オブジェ、住宅デザイン、体験型オブジェ「ムシムシコロコロ・シリーズ」などを手掛けているそうです。
 「たけしの誰でもピカソ」(TV東京)アートバトル最多出場者でもあるとのこと。(確かに何度かお見かけした記憶が・・)
d0007875_17224120.jpg

 ムシムシコロコロは、リスの飼育器具をもとに考案されたらしく、小さな子でも人力でコロコロと前に進めるようです。
d0007875_17234313.jpg

 その他、木製碇(いかり)、茶wonder椀(チャワンダーワン)、モクウェイなど、一見どうやって使うのかわからないけれども、木製の温かみのあるデザインの作品がいろいろと展示され、子供達が喜んで遊んでいました。
 特に、リスやハムスターの気持ちになると楽しさが倍増するみたいです。

 「木製碇(いかり)」は、引っ張って力比べでもするのでしょうか?オブジェとしてもなかなかいいですね。 
d0007875_1724216.jpg

 「茶wonder椀(チャワンダーワン)」は、上に乗っかって回転して遊びます。何回転できるかな?
d0007875_1725058.jpg

 「覗木(のぞき)」は、木の穴を覗いたり、木製の玉をころがして遊びます。山ネズミの気分満喫です。 
d0007875_17252083.jpg

 会場内には、木材を使った自由工作スペースや積み木コーナーもあり、子供じゃなくてもちょっとトライしてみたくなります。
d0007875_17275515.jpg

 積木のタワー、全部使って東京スカイツリーに挑戦!?
d0007875_17283371.jpg

 木や貝殻で手軽に木工細工も作れます。アンパンマンが一番簡単そうです。
d0007875_1729040.jpg

 帰り際、4月1日に就任されたばかりの佐々木英明新館長にも御挨拶することができました。
 劇団「天井桟敷」のメンバーとして、映画「書を捨てよ、町へ出よう」(1971年)では主役を演じられ、私も詩を朗読するシーンがとても好きでしたのでお会いできうれしかったです。
 館長のプロフィールはこちらを御覧ください。

 寺山修司の魅力満載の常設展とともに、
 楽しんでいただきたい15周年記念企画展vol.1は下記のとおりです。

◆simizzy木工造形展
 日 時:4月7日(土)~7月22日(日)
 会 場:寺山修司記念館エキシビットホール
 入館料:有

◆寺山修司記念館フェスティバル2012春
・ムシムシコロコロ・パーク
 日 時:5月3日(木)~5日(土)11:00~15:00
 会 場:寺山修司記念館エキシビットホール、屋外多目的スペース
 入館料:有
・「修司忌」寺山修司命日
 日 時:5月4日(金)13:30~
 会 場:寺山修司顕彰文学碑
     佐々木館長の詩の朗読有

*お問合せ:三沢市寺山修司記念館(TEL0176-59-3434)

by あぷよ
by marugoto_aomori | 2012-04-11 09:00 | 青森のアート | Comments(2)

三沢ソウルスイーツ「アメリカンドーナツ」

先日、頭脳パンがご紹介したとおり、夜がと~~っても楽しい街・三沢市。
アメリカンな雰囲気漂う三沢には、きっとアメリカンなソウルスイーツもあるはず!
とリサーチしたところ、ありました、創業55年「パテスリータカノ むさし屋」の
「アメリカンドーナツ」☆
それがこちら。
d0007875_1617493.jpg

砂糖がたっぷりとコーディングされていて、いかにもアメリカン。
でも!見た目とは裏腹に、三沢市民に合うように改良されています。
生地にはジャガイモを混ぜ込んで、よりふんわりとした食感に。
砂糖たっぷりなのですが、食べてみると意外とちょうどよい甘さ。
そして、このボリュームで105円という安さ♪
カウンターに山盛りになってるのもうなずけます。

創業当初からの定番メニューとのことで、もう50年以上続いているんですね。
まさに三沢のソウルスイーツ☆
現在、再ブレイク中のようで、遠くから来るお客様も多いとのこと。
他にもアメリカンなケーキ、例えばテレビ番組でパイ投げに使用されているような
クリームパイや、ナッツたっぷりピーカンパイも人気です。
d0007875_16234733.jpg

d0007875_16384326.jpg

※お店の横の通り、「Bバリ通り」と言います(笑)
三沢はこれからハロウィンやクリスマスイベントが目白押し。
アメリカンドーナツで、アメリカンな気分をもっと盛り上げちゃいましょう☆

by o-rin
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
<パテスリータカノ むさし屋>
営業時間:9:00~21:00
住所:三沢市桜町3-8-5
電話:0176-53-2053
by marugoto_aomori | 2011-10-11 09:15 | 青森食べ歩き | Comments(2)

三沢の夜、「人生」と「自分の場所」。

東北・北海道で唯一、米軍基地のあるまち三沢。
そのアメリカンな表情がくっきりと現れるのが夜です。
十数年ぶりに三沢の夜の街歩きに出かけました。

午後7時、「久しぶりにナイトクラビングだ(古い?)」という
気持ちの高まりを押さえながら、ゲート前を通り過ぎて向かったのが
から揚げ「人生」。アメリカンな「クラブ」や「倶楽部」ではありません。
「から揚げ」一本勝負の名店です。
d0007875_9295256.jpg

650円でボリューム十分の骨付き肉が2本。
d0007875_931471.jpg

鶏もも肉と胸肉の半身を秘伝のタレに一晩以上漬け込んで
こんがり、きつね色に揚げています。
「ローストチキン」でも、いわゆる「唐揚げ」でもありません。
英語で言うと「フライドチキン」でしょうが、ケンタッキー系とは違います。
「表面カリッ」、「中は肉汁ジワー」。言葉ではそうなるのですが、
ちょっとない旨さです。満席の店内、持ち帰りを待つ人も絶えません。
d0007875_947484.jpg

夜の街に浮かぶ「人生」の看板は、どこか哀愁を漂わせていますが、
人前にだすから揚げは、カラッと元気なきつね色。
そんな人生いいですね。

「人生」の経験を一つ重ねて、いよいよアメリカン・バーへ。
ゲート前から歩いて数分の老舗・My Place(マイ・プレイス)。
広い店内は、カウンターとボックス席にカラオケとダーツ。
客は私たち以外、全員外国人ですが、雰囲気はフレンドリー。
英語・日本語併記のメニューを見ると、
アメリカン・ディッシュの中に三沢発祥の「チーズロール」、
そして洒落の効いたネーミングのカクテルも。
d0007875_9344029.jpg

d0007875_9344876.jpg

いい意味で期待を裏切ったのが外国人のカラオケ。
英語の曲を歌っているのに、なんと下手なことか。
日本人のオジサンが歌う「マイ・ウエイ」の方がマシに思えるほど。
d0007875_9355435.jpg

でも、気分よく何曲も歌っています。相変わらず下手なのに。
ここは、人生の旅先・三沢で見つけた居心地のいい
「自分の場所」なのでしょう。

そんな空間では“異邦人”の私たちも、ちょっとハイな、いい気分です。
海外旅行で体験する転地効果のような感覚なのかもしれません。
いや、非日常を体験する海外旅行よりも、
外国人の日常の中に入り込むことができる夜の三沢の街歩きの方が、
さらに刺激的なはずです。
まだまだ取り上げたい店はありますが、またの機会に。
もちろん、夜の外出の際には、それなりの注意を忘れずに!

◇から揚げ「人生」
 三沢市平畑1-2-60 電話0176-53-5412
 営業時間:15:00~21:30、月曜定休
◇My Place(マイ・プレイス)
 三沢市幸町1-6-35 電話0176-53-7180
 営業時間:平日19:00~2:00、金土19:00~4:00、月曜定休

by 頭脳パン
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2011-09-28 09:49 | 青森の旅 | Comments(4)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング