まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:中泊町 ( 7 ) タグの人気記事

海辺の町、小泊のマル清食堂でお腹いっぱい!

d0007875_13441517.jpg
先日、中泊町役場の方にすすめられて行ってきたのが「マル清食堂」。
定食、どんぶり、ラーメンといったオーソドックスな食堂です。
ここの「バラ焼き定食(900円)」がすごいとの噂。
さっそく頼んでみるとでてきたはこれ!
d0007875_13445659.jpg
すき焼き用の鍋に肉野菜炒めがどーん!
これで一人前!
十和田のバラ焼きとは違って、豚ばら肉と野菜の炒めものです。
驚くのは、メインのバラ焼きのほかに、おまけで「ぶりの刺身」と「タラのフライ」がついていたこと。
おまけは、その日によって違うようです。
聞くと、ご近所からいろいろおすそ分けがあって、それをサービスでつけているとのこと。
当然地元の魚ですから、新鮮でおいしい!
しかもフライもサクサク!
もちろんメインのバラ焼きもシンプルな味付けでご飯が進みます。
d0007875_13451463.jpg
さらには、お味噌汁がタラのじゃっぱ汁。
まさに海の町、小泊ならではの嬉しいメニューですねー。
d0007875_13454086.jpg
ちなみに、友人が頼んだかつ丼(700円)。
おもわずたじろぐ大きさ!
d0007875_1346178.jpg
小泊のお母さんが一人で切り盛りするマル清食堂。
お近くに行かれた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。
昔ながらの食堂メニューとお母さんの優しさでお腹いっぱいになれます!

by niok

《マル清食堂》
住所 中泊町小泊小泊276-1 
電話 0173-64-2071
営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休
by marugoto_aomori | 2015-11-30 15:25 | 青森食べ歩き | Comments(0)

標高229m片道1時間 ~権現崎トレッキング~

津軽半島の中泊町小泊地区(旧小泊村)にある権現崎。
その存在は知っていても実際に登ったことがある人は少ないのではないのでしょうか。
という訳で以前から気になっていた権現崎に登ってきましたよー
d0007875_1815375.jpg
写真の奥の岬が権現崎。
日本海に飛び出した先端部分は海抜229メートル、尾崎神社と展望台があるそうです。
登山コースはいくつかありますが、今回は一番距離の短い(笑)下前漁港前からのコースを案内してもらいました。
とは言っても片道1.6キロ、約1時間の登山コースです。
d0007875_1817473.jpg
出発地点はここ。民家の間を進んでいきます。
ほどなく現れる坂道は階段状に整備されています。
d0007875_1818389.jpg
ここは「見返り坂」と呼ばれていて、その名のとおり振り返ると眩しい日本海。
d0007875_18184649.jpg
しかしきつい!急な上り坂が約20分ほど続きます。
d0007875_18191840.jpg
やっと階段終了。ベンチで一休み。
ここからは比較的平坦な道。約30分ほどのんびり歩くと尾崎神社に到着です!
d0007875_18195659.jpg
この尾崎神社は地元の方のとっては大切な神社。
漁師達は漁の行き帰りに海から遥拝し、身籠った女性達は大晦日に参拝する習慣があるのだそうです。
d0007875_18203328.jpg
そして展望台!期待以上の素晴らしい眺め。
小泊の海はいつ見ても穏やかなコバルトブルーの海。
時間を忘れるほどの素晴らしさです。
片道1時間ほどのコースですが、前半の坂道がけっこう大変な権現崎トレッキング。
チャレンジする方は覚悟してどうぞ。
もちろんその先には素晴らしい大パノラマが待っています!
d0007875_18381663.jpg

権現崎遊歩道
問合 中泊町水産観光課
電話 0173-64-2111(代表)

by niok
by marugoto_aomori | 2015-09-23 10:15 | 青森の旅 | Comments(0)

高級魚メバルをお得に!贅沢に!中泊メバル膳

最近青森県内で続々登場しているご当地グルメ。
少し前になりますが7月には中泊町で「中泊メバル膳」がデビューしました。
d0007875_21511240.jpg
このオレンジ色の魚がメバル。
このメバル、正式にはウスメバルといって青森県が漁獲量1位。
そしてここ中泊町が県内の半数以上の漁獲量を占める高級魚。
そんなメバル1尾をどーんと使ったのが「中泊メバル膳」です。
d0007875_2156211.jpg
正直あまり馴染みがない魚ですが、これがびっくり!おいしい!
まずはお刺身。
見た目を裏切るしっかりした歯ごたえ。
淡白で上品な味わいが高級魚を食べている優越感を感じさせます(笑)
d0007875_21544154.jpg
そしてメバルの煮付け。
甘辛いタレで煮付けたメバルは日本人なら誰もが好きな味!

さらに嬉しいことにイカのお刺身がついています!
しかもここ中泊に水揚げされたイカしか使わないというこだわり。
メバルとイカ刺しでご飯がもっと食べたくなっちゃいます。

驚きなのが、このメバル膳のお値段が1,300円!
通常メバル1尾1,000円くらいと言われています。
それなのにこのボリュームで1,300円とは!
まさに産地ならでは!ですなー
d0007875_21523123.jpg
今回いただいたお店は、日本海に面した「おさかな海岸」。
窓から日本海を眺めることができるナイスなロケーションです!
d0007875_21535518.jpg
もちろん「中泊メバル膳」はここだけなく中泊町内の4店舗で食べることができます。
高級魚メバルをお得に食べることができる「中泊メバル膳」。
中泊町でしか食べることができない贅沢メニューです!

《問合わせ先》
中泊メバル料理推進協議会
TEL:0173-64-2111(中泊町役場小泊支所内)

《食べられるお店》
◇おさかな海岸
0173-64-2001
◇はくちょう亭奈良屋
0173-58-2816
◇くつろぎダイニング 哲
0173-57-9086
◇ピュアレストラン
0173-57-5011

by niok
by marugoto_aomori | 2015-09-02 17:59 | おいしい食材 | Comments(0)

今が旬!小泊漁協でメバルを味わう!

青森県西海岸。竜飛崎の手前の中泊町小泊地区。
今ここはメバル漁の最盛期。
地元の方々に誘われて小泊漁協にメバルの様子を見に行ってきました。
d0007875_11493797.jpg
メバルは6月から獲れ始めることから青森に春を告げる魚とも呼ばれています。
特に今の時期のメバルは脂がのり、東京築地では高級魚として扱われているのだそうです。
漁は日中行われるため、漁港に水揚げされるのはその日の夕方から夜。
午後7時、漁港に行くと、思いのほか大きなメバル!
体長30センチもありそうな勢いです。
d0007875_11505036.jpg
メバルのほかにもソイ、アワビ、サザエなど美味しそうな魚たち。
動くアワビ、サザエを見て子供たちも大喜びです。
d0007875_11513787.jpg
子供たちのために漁協の皆さんが特別に施設内を案内してくれました。
製氷室は室温-10℃!真夏の屋外から真冬の室内へ。
子供たちとっても楽しそうです。
d0007875_1152136.jpg
そしてお待ちかね、メバルをいただきます。
地元のお母さん方が目の前でメバルをさばいてくれます。
興味津津の子供たち。そして大人たち。
d0007875_11525977.jpg
さばいたばかりのメバルをさっそくただかせてもらいました。
白身の魚なのに味が濃い!脂がのっていて身がしっかりしています。
おいしい!
d0007875_11533931.jpg
メバルの刺身、焼き魚、アラ汁、フライ・・・高級魚メバル三昧です。
さらには日本海でとれたイカ、マグロ!
小泊の人たちは毎日こんな美味しいもの食べているのか!?
d0007875_11562371.jpg
小泊の澄んだ海と贅沢すぎる食事の数々で大満足のメバルツアー。
まさにここでなければ味わえない素晴らしい体験でした!

■問合せ先
中泊活ハマクラブ
電話0173-64-2111(中泊町水産振興課内)
FAX 0173-64-3722

by niok
by marugoto_aomori | 2014-07-20 12:07 | 青森の旅 | Comments(2)

地吹雪のメッカ津軽半島で栽培されている冬の寒熟アスパラガス

d0007875_1819678.jpg

先週から降り続いた大雪により酸ヶ湯は国内最高積雪深を観測。酸ヶ湯には首都圏のメディアが殺到し、全国から注目が集まった青森ですが、一面の雪に覆われた青森の農家の人たちは、春が来るのをじっと待っているように思われがちですが、そんなことはありません。
ストーブ列車や地吹雪で有名な津軽鉄道の終着駅中泊町の佐藤さん御一家は、果敢にも冬にアスパラガスを栽培しています。
d0007875_18195787.jpg

猛烈な地吹雪で一寸先が見えない日でも、アスパラガスのハウスの中は、まるで春のような光景が広がっています。外と中のギャップが凄いです。
冬のアスパラガスは「促成アスパラガス」と呼ばれていて、その栽培方法は
 1 広大な畑で、春から夏にかけて太陽をたっぷり浴びながら根に栄養を蓄えさせる
 2 葉や茎が枯れる晩秋に、根っこごと畑から掘り起こし、ハウスに密植栽培する
 3 12月に入ったら、根の部分を温める
 4 根を温めることで、アスパラガスは「春が来たのかな?」と思い込み休眠から覚め、
   ニョキニョキと芽を出し始める
 5 津軽平野に地吹雪が舞う1月から3月まで毎日収穫する
アスパラガスの生体を巧みに利用した栽培方法です。
d0007875_1822110.jpg

冬期間スーパーなどで販売されているタイやメキシコ産などのアスパラガスは、見た目は太くて美味しそうですが、苦みやえぐみがあります。また、根に近い部分は筋っぽくて食べられません。一方、促成アスパラガスは、甘みとアスパラギン酸などのうま味成分が際立ち、根に近い部分まで美味しく食べられます。もちろん収穫期間は無農薬です。収穫したてのアスパラは、水分がたっぷりで、生でも食べることができるほどです。ゆでたてにマヨネーズもとても美味しいですが、おすすめはアルミホイールにくるみ、焼きいものように食べる方法。
d0007875_18223538.jpg

さらに佐藤さん御一家が凄いのは、アスパラガス栽培の加温に、世界に一つだけの独自の「薪暖房システム」を使っていることです。地元の山から伐採された薪を燃やして、ストーブの上のステンレスタンク(400リットル)に入っている不凍液を温めます。温められた不凍液は、市販の灯油ボイラーを経由してアスパラを栽培している土中を床暖房のように循環し、薪ストーブに戻ってきます。薪ストーブの薪がなくなり不凍液の温度が低下すると、灯油ボイラーに自動的に切り替わるシステムになっています(下記イメージ図)。これらのシステムは御主人の達雄さんが作りました。
d0007875_1823118.jpg

補助暖房として廃油ストーブも使っています。燃料は地元小学校の給食センターから出る使用済みの米油や子供たちが各家庭から持ち寄った廃食油。廃油の対価として学校給食にアスパラガスを提供しています。カーボンニュートラルの薪や産業廃棄物として処理される廃油を利用するなど、経済的でかつ環境に配慮したエコな栽培。地元の子供たちの食育活動にも貢献しています。
d0007875_18234576.jpg

佐藤さんのアスパラガスは市場を経由して全国に出荷されているほか、ネット通販や地元の直売所でも購入できます。是非、青森の冬の味覚を御賞味ください。

                               by さっちゃん

問合せ イネ子の畑から 
  住 所:中泊町大字薄市花持
  TEL:090-4554-0988
by marugoto_aomori | 2013-03-01 18:53 | おいしい食材 | Comments(5)

やよい寿司のラーメン定食 600円!!

津軽鉄道の終着駅「津軽中里駅」から徒歩15分くらいのところにあるお店「やよい寿司」さんのランチのご紹介。
d0007875_18261733.jpg

どこにでもある「いわゆるお寿司屋さんのランチ」でしょって高を括ってもらっちゃ困ります。
なんと、お寿司屋さんなのに、「ラーメン定食」「うどん定食」というメニューが並び、お値段、各600円
店先にラーメンの旗がヒラヒラしていたのを見逃さなかった私はラーメン定食をオーダー♪
d0007875_18263989.jpg

ラーメン、うどんで600円は普通でしょって思うかもしれませんが、ここはお寿司屋。
「各々に寿司がつきます。」ってまるでオマケのようにメニューの最後に書かれているんですよ~~、驚き!!
期待に心をワクワクさせながら待っていると、登場!!
d0007875_18265759.jpg

寿司が9貫!!
「寿司がつきます」っていうよりは、「寿司&ラーメンセット」っていう方が正しいのでは・・・というボリューム!
d0007875_18271545.jpg

ホタテ、マグロ、サーモン、うに、えび、いくら・・・とお寿司といえば!!というネタばかり♪
もちろんお寿司屋さんですから、鮮度も味もバッチリ。

ラーメンは素朴な醤油味。
d0007875_18273472.jpg

ラーメンもお寿司も、まともな量!ということで、ひとつの定食で2人前食べている状態に近いので、当然のことながら私の胃袋を持ってしても満腹♪

店主さんのお話では、昭和55年創業。
定食は、地域の方たちの需要を考えて、5年くらい前から始めたとのこと。
d0007875_1827498.jpg

その甲斐あってか、ランチタイムはカウンターも小上がりも地元の方たちで賑わっていましたよ~。
6~9月は「ザルそば定食」6~7月は「中華ザル定食」と夏場限定の定食もあります。
そして更に凄いのは、このラーメン定食、ランチタイムじゃなくても700円(17:00~)でいただけちゃうってこと。
なんて太っ腹なお店なんでしょう♪
ということで、本当は、秘密にしておきたいとっておきのお店のご紹介でした。
by Kuu

《やよい寿司》
北津軽郡中泊町大字中里字亀山260
営業時間 11:00-14:30、17:00-22:00
定休日  木曜日
電話 0173-57-4655
by marugoto_aomori | 2009-11-27 12:29 | 青森食べ歩き | Comments(8)

ひと味違う。地元で生まれたハトムギ在来種 「中里在来」

実りの秋。
稲刈りが進んだ津軽地方の田んぼでは、
穀類の中で唯一薬用になるという「ハトムギ」の収穫も終わりました。
d0007875_22422735.jpg
(↑この写真は収穫にはまだ早い時期に撮影しました。)

ハトムギは、
東南アジア原産、イネ科ジュズダマ属の1年生草本植物です。
名前の由来には、
「鳩が好んで食べる」という説や、
「収穫量が多く八斗(はっと)も穫れる」という説があり、
日本伝来には、
加藤清正が朝鮮半島から持ち帰ったという説や、
奈良時代に中国の高僧鑑真和上が伝えたという説などがあります。

ハトムギは、日本伝来以降日本全国に広がり、それぞれの地域に適した生態型をもつ系統ができあがっていきました。
食用より薬用に用いられることが多かったようですが、
米と違って主食とはならないため、
品種として整理されたり改良されたりすることもなく、単なる在来種として存在するだけでした。

青森県にも、小規模ながら、古くから薬草として栽培してきた地域があります。
それが中泊町の福浦地区(旧中里町)。
この地で昔から栽培されてきた在来ハトムギこそが「中里在来」なのです。
d0007875_2243026.jpg
昭和50年代、ハトムギは健康ブームにのって需要が増え、
水田の転作作物としても注目されるようになります。
この頃から、全国各地で集団栽培が始まり、
全国の在来種を基に品種改良も行われるようになりました。

青森の「中里在来」は、
品質良好で収量が安定しているため、
栽培地域は東北各地に広がっていたようですが、
やがて新しい品種ができあがると、
「中里在来」のような古い品種は全国から次第に姿を消し、
話題の育成品種へと切り替えられていったのでした。

しかし、「中里在来」発祥の地、旧中里町福浦地区の福浦営農組合では、
今もなお、昔ながらの「中里在来」を作り続けています。

代表の塚本さんによると、
一時は新品種への転換を試みたそうですが、
加工してみると「中里在来」の風味に勝るものではなく、
結局、地域古来の「中里在来」に立ち返ったのだといいます。

地域で生まれた作物には、
やはり、そこでなければならなかった理由があるのでしょうね。
d0007875_22454795.jpg
風味の良い中里在来の商品は、ハトムギ茶、ヨクイニン(精白したハトムギ)、ハトムギ粉、ハトムギかりんとうなど。
青森に根ざした在来種の風味を楽しむもよし。薬効を期待するもよし?(笑)
今年は、ここ5年間で最高の出来映えとのことですから、
機会があれば是非試してみてください。

収穫の秋は、どうしても農産物の話題になりがちです(笑)。
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-10-05 12:20 | おいしい食材 | Comments(9)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング