まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:中野もみじ山 ( 3 ) タグの人気記事

中野もみじ山の紅葉が見頃です!

2004年、JR東日本のポスターで紹介されて以来、毎年着実に観光客が訪れているのが、黒石市の紅葉の名所「中野もみじ山」。

中野もみじ山の紅葉は、弘前藩主津軽寧親(やすちか)公が、享和2年(1802年)に温湯村に一泊した際に、もみじや不動の滝に魅せられて、京都から楓の苗木を約百余種取り寄せ、中野不動尊に奉納したのが始まりで、以来、京都の紅葉名所である「嵐山」に対して、東北の「小嵐山」と呼ばれるようになったと伝えられています。

現在、『中野もみじ山ライトアップ 光のファンタジー』期間中ということで、行ってきました。

車を「やすらぎの駐車場」に停めて、歩いていくと、写真でよく目にする光景が見えてきます。
d0007875_182122100.jpg
夜景の撮影が不慣れなもので。。。スミマセン(汗)

鳥居をくぐると、右手に特別展示されている「大型こけし灯ろう」に目を奪われます。
d0007875_1643223.jpg
こけしは子供の健康な成長を願うお祝い人形で、昔から湯治場の土産として人気でした。それが黒石ねぷた祭りのねぷた灯籠と結びついて「こけし灯ろう」が誕生し、今でも湯治場として、こけしの里として情緒を漂わせています。

美味しい匂いが漂う露店を通り抜け、階段を下りていきます。
d0007875_165220.jpg
少しずつ紅葉が見えてきます。いい雰囲気です。

渓流に下りると、寧親(やすちか)公も魅せられたという不動の滝が目の前に広がり、鮮やかな紅葉と岩肌を伝う白い滝の流れのコントラストが楽しめます。
d0007875_165279.jpg
左手には不動橋が見え、橋に掛かる紅葉もとても綺麗です。d0007875_1654776.jpg
不動橋を渡ると、最初の見えた場所に辿り着きます。d0007875_166099.jpg

夜のライトアップされている場所はここまでですが、日中は、この場所から階段を登り、中野神社を通って観楓台まで行くとさらに美しい紅葉が楽しめます。

中野もみじ山の紅葉は、まだ見頃は続いておりますでの、機会があれば、是非散策してみてはいかがでしょうか。

by トリッキー

☆中野もみじ山ライトアップ 光のファンタジー
実施期間:平成27年10月15日(木)~11月8日(日)
点灯時間:日没~21時まで
     *定点ライトは常時点灯。ムービングライトは10分点灯・5分消灯を繰り返します。
問合せ先:黒石市農林商工部商工観光課 TEL0172-52-2111
     黒石観光案内所 TEL0172-88-8815

☆大型こけし灯ろうの特別点灯展示
実施期間:平成27年10月17日(土)~11月3日(火)
点灯時間:日没~19時まで
場所:津軽伝承工芸館「中央広場」
入場:無料 ※軽食コーナーのみ19時まで営業
問合せ先:こけし灯ろう祭実行委員会 TEL0172-59-5300
by marugoto_aomori | 2015-10-28 17:42 | 青森の旅 | Comments(0)

中野もみじ山の川床で美味しい食と涼を楽しむ

夏祭り真っ盛りの熱気あふれる中、黒石市の紅葉の名所「中野もみじ山」では、8月1日から12日までの期間限定で、美しい景観と涼、美味しい食を同時に楽しむことができる納涼床が行われています。
d0007875_11573911.jpg
中野もみじ山は、弘前藩主の津軽寧親が1802年に京都から百種類ほどのカエデの苗を取り寄せて移植したことから京都の嵐山に対して「小嵐山」と呼ばれている県内随一のもみじの景勝地です。
見事な景色はもちろんのこと、藩政時代から京都と縁があったことや、アクセスが良い条件などを生かして、今年の夏から京都の鴨川を参考に納涼床をスタートさせました。
d0007875_1158511.jpg
昼と夜の2部で構成されていますが、私は「光のファンタジー」のライトショーが楽しめる夜の部に行ってきました。

中野神社の鳥居をくぐり、階段を下りていくと、渓流の涼しげな音が聞こえ、見事がカエデの木、納涼床が目に入ってきます。
川岸に設けられた納涼床の高さは2メートル程度で、階段を上がっていくと、目の前には不動の滝と渓流、左手には朱色の橋の見事な景色が広がっていました。
d0007875_11583880.jpg
着席すると、早速、本日の料理が運ばれてきました。
料理は、地元の名店である8店舗の料理長が、日替わりで自慢の腕をふるったものが提供され、この日は、老舗割烹「富士見館」(加賀谷板長)でした。
d0007875_120455.jpg
メニューは、
1 お 造 り  
アワビ、鯛、鮃、金目鯛、ウニ
2 煮   物   
身欠き鰊、揚げそば麩、いんげん、白髪ネギ
3 揚 げ 物
エビとずんだの磯辺アーモンド揚げ、ししとう、レモン添え
4 寄 せ 物
海鮮ゼリー(エビ、シャコ、蟹、ズッキーニ、冬瓜、ジュンサイ)、パプリカ、セルフィーユ、荒目昆布
5 色とりどり
つぼ鯛粕漬け、だし巻き玉子、鮫なます、みず、青パパイヤとツナの生春巻き、ベーコンとホタテの素揚げ、ズッキーニ射込みサーモン
6 焼 き 物   
活鰻の蒲焼き、はじかみ、高菜漬
7 色とりどり
子持ち昆布、ゆば、イクラ、刻みわさび添え、鮭寿司、山菜寿司、トマト寒、沢ガニ、ホヤ塩辛、みず、子持ちイカ煮、くじらベーコン、エシャレット生ハム巻き、焼きネギ巻き、そうめんカボチャ、黄味酢、からし味噌酢
8 そ   ば   
わかめそば
9 飯   物
俵むすび

料理に使われていた食材は、どれもしっかりしていて、味付けも上品で、しかもボリュームたっぷりでしたが、美味しかったので思わず完食してしまいました。特に、活うなぎの蒲焼きは最高でした。

中野もみじ山に到着した18時頃は、まだ昼と同じくらいの明るさでしたが、食事をしていると辺りは段々と暗くなり、19時頃にはライトアップも始まり、幻想的な雰囲気の中で、青森の真夏のひとときを楽しむことができました。
d0007875_17265917.jpg

                                    by さっちゃん

場 所:中野もみじ山(黒石市南中野字不動舘27)
     東北道黒石ICから国道102号経由6km、弘南鉄道黒石駅からバスで30分
期 間:平成24年8月1日~12日(要予約)
時 間:昼の部 12:00~14:00、夜の部 18:00~20:00
  ※夜・昼ともに各20名限定
料 金:昼の部 3,000円、夜の部 5,000円
 
 問い合わせ 黒石商工会議所 0172-52-4316(月~金 8:30~17:00) 
by marugoto_aomori | 2012-08-04 12:01 | 青森の旅 | Comments(2)

紅葉が里におりてきました

とことん青森MAX、いやいや盛り上がってました~。10月末から表参道にいましたが、11月1日のねぶたの運行、すごかったですね~。表参道の秋の気配が、ねぶたの登場で真夏にヒートアップ! という感じでした。

さて、そんな熱気もさめないうちに帰青してみると・・・
d0007875_11401789.jpg
普段よく利用しているバス停付近ですが、完全に秋の風景です。東京に行っている間に、紅葉前線が里にまでおりてきたようです。
d0007875_11451332.jpg
近所には、桜の名所として知られる合浦公園もありますが、ここも今は秋色一色。
d0007875_11514732.jpg
ココは私の通勤路にもなっているので、春の桜と秋の紅葉を楽しみながら通勤できるわけです。・・・結構ぜいたくかもしれませんね。

さて、青森の紅葉といって外せない場所といえば、黒石市の中野もみじ山。と言いつつ、実はまだ一度も行ったことがなかったのですよね~。こりゃイカン、ということで、愛車に乗ってレッツらゴー。
d0007875_120791.jpg
おそらく、一度は写真などで目にしている光景だと思いますが、実物は想像以上に素晴らしかったです(写真が下手ですね)。
中野もみじ山のもみじは、その昔、弘前藩主が京都から取り寄せたそうで、京都の嵐山に対し、「小嵐山」とも呼ばれるようになったそうです。
入口の鳥居をくぐり、階段をおりて朱色に塗られた欄干の橋に来ると、多くの方が橋の上で足をとめ、シャッターを持つ手を忙しそうに動かしていました。
d0007875_14272792.jpg
私も負けずにバシバシ撮りましたが・・・。あぁ、テクニックがなくてきれいに撮れないのが残念。
ちょっと暗くて見えないのですが、もみじ山を取り囲むように渓流が流れていて、それがまた美しい景色を演出しています。
d0007875_14131998.jpg
渓流に流れ込む不動の滝と色鮮やかなモミジは、まさに黄金コンビです。
d0007875_14353935.jpg
(シャッターを長く開けたので、人が透けています。)
中野もみじ山の紅葉は、八甲田で苦しみながら見た紅葉よりも赤が多い感じです。
d0007875_1459519.jpg
真っ赤なモミジというのは、本当にきれい。情熱的ですね。
今年は紅葉が1週間ほど遅れたようで、ライトアップの期間を延長し、昨日まで行っていたようです。しかし、ご覧のように、ここの紅葉はまだまだ見頃です。
個人的には、これだけ真っ赤に色づいた紅葉は、かえって青空の下の方が映えるのではないかなぁと思いますが、どう思います? もっと早い時間から行けばよかったなぁ、と後悔。・・・後悔先立たず、ですね。
by ハッピーハンド
by marugoto_aomori | 2010-11-08 12:02 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング