まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:今別町 ( 4 ) タグの人気記事

北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

青森県は夏祭り真っ最中!
日本一小さい新幹線の町、青森県今別町でも、この地の夏の風物詩「荒馬(あらま)まつり」が始まりました。

まつりで披露される「荒馬踊り」は、馬役の男性と手綱取りの女性の2人が男女ペアで踊る、県内でも珍しい踊りです。奥津軽のフォークダンスといったところでしょうか。
「荒馬まつり」は、この男女ペアの踊りに、ねぶたの山車とハネトも一緒に練り歩く、いわば珍しい形のねぶた祭りです。

初日の4日は、荒馬の自由運行ということで、「今別荒馬」の皆様が町内を練り歩きました。

ねぶたの山車は扇形。この他にも人形型の山車もあります。
d0007875_17255063.jpg


お囃子はとても力強いのが特徴で、特に太鼓はとても迫力があり、心地よい重低音が響き渡ります。
d0007875_17261055.jpg


馬役と手綱取りのペアもぞくぞく登場。この日は地元の子供達のほか、宮城教育大学の学生も参加してくれました。そう、この荒馬踊りは大学生に人気なんですよ。
d0007875_17263023.jpg


お囃子の調子が勢いづくと、「ラッセラー、ラッセラー」のかけ声とともに、男女のペアが激しく踊り始めます。激しさの中にも、男性はかっこよさ、女性はかわいらしさが垣間見えます。自分も踊りを覚えて参加してみたいと思っちゃいました。まずは一緒に踊ってくれる相手を探さなきゃ。
d0007875_17272447.jpg


荒馬まつりは、8月7日まで開催されます。今別地区の「今別荒馬」のほか、大川平地区の「大川平荒馬」、二叉地区の「二叉荒馬」も運行されます。特に二叉荒馬は数年ぶりに運行するとのこと。それぞれ、踊りも雰囲気が違いますので、観比べてるのも楽しいですよ。

<荒馬まつり>
■期日:8月4日(木)~8月7日(日)
    8月5日 18時 開発センター出発
    8月6日 17時 今別駐在所出発(合同運行)
    8月7日  8時 神社前出発
■問い合わせ先
 今別町観光協会 電話 0174-35-2014

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-08-05 17:32 | その他 | Comments(0)

北海道新幹線開業!一番列車で「奥津軽いまべつ駅」へ

d0007875_10561544.jpg
3月26日、無事開業した北海道新幹線。
新青森駅までだった新幹線がさらに北へ向います。
d0007875_10555420.jpg
新青森駅からの下りの始発は6時32分発。
この一番列車に乗るため、早朝のホームはごらんの混みよう。
d0007875_10563390.jpg
津軽海峡交流圏キャラクター「マギュロウ」に見送られながら一番列車は出発。
次は奥津軽いまべつ駅。わずか16分!
今別ってこんなに近かったっけ?
d0007875_10571564.jpg
d0007875_10565584.jpg
初めて見る車窓の風景に気をとられているとあっという間に到着してしまいます。
d0007875_11314686.jpg
一番列車を迎えるため、奥津軽いまべつ駅も歓迎ムード。
ん?マギュロウ、さっき新青森にいたような?
d0007875_1057534.jpg
荒馬やあづべ汁の振る舞いにお客さんも大喜びです。
d0007875_1058717.jpg
いよいよ開業となった北海道新幹線。そして「奥津軽いまべつ駅」。
人口約2,800人の今別町は日本一小さな新幹線のまちとなったわけです。
この小さな町が、新駅誕生でどんなふうに変わっていくのか楽しみです!

by niok
by marugoto_aomori | 2016-03-26 11:15 | 青森の旅 | Comments(0)

開業間近!最終調整中の「奥津軽いまべつ駅」へ潜入

3月26日(土)の北海道新幹線開業で青森県内にも新しい駅が誕生します。
それが「奥津軽いまべつ駅」。
今回は特別に最終調整中の「奥津軽いまべつ駅」を見せてもらいました。
d0007875_19185713.jpg
表玄関。
壁面はガラス張りで青函トンネルを意識したアーチ型のデザインになっています。
d0007875_1920315.jpg
「奥津軽いまべつ駅」の特徴は、複数の線路をまたぐ形で通路が設置されていること。
そのため一旦エレベーターで上まで昇り通路をわたって改札へ向かいます。
d0007875_19203560.jpg
高さ20メートル以上の通路からはこれまで見たことのない景色が。
手前のオレンジ色の建物が「道の駅いまべつ 半島プラザ アスクル」
奥には津軽海峡も見ることができます。
d0007875_19211433.jpg
d0007875_19214898.jpg
そして駅構内あちこちに散りばめられているのが今別町の荒馬
d0007875_1927347.jpg
ホームに設置しているカラフルな扉。
実はこれも荒馬衣装の配色を意識しているのだそう。(Googleかと思った。。。)
芸が細かい!
d0007875_1928188.jpg
1日13往復する北海道新幹線のうち「奥津軽いまべつ駅」に停車するのは7往復。
津軽半島観光の拠点として安全に利用してもらえるよう、現在、関係者の皆さん最終調整中です。
見学した時も線路の点検作業が行われていました。
d0007875_19283598.jpg
駅を出たらこんなノボリが(笑)
この小さな町に新幹線駅ができてどんな風に変わっていくのでしょう?楽しみです!

by niok

◆追伸
3月6日(日)、今別町でこんなフォーラムが開催されるようです。
奥津軽の「お宝」を考えるフォーラム。
ご興味のある方ぜひご参加してみてください!
今別名物「若生おにぎり」と「あづべ汁」の振る舞いもあるようですよー

《地域の「お宝」再発見フォーラム》
日時 平成28年3月6日(日)11:00~13:00
会場 今別町開発センター(今別町大字今別字中沢)
問合先 青森県企画調整課(電話017-734-9129)
※青森駅発着送迎バスあり
by marugoto_aomori | 2016-03-02 19:43 | 青森の旅 | Comments(0)

コアな青森旅をリアルとバーチャルでガイドします

日に日に秋が深まる今日この頃。
青森を旅するなら今がお勧めなのですが・・・珍しく悩んでおります。
なぜなら、ブログで紹介したいネタが二つもあるから。
ネタを二つも書いたら、「ブログが長くなりすぎる」とつっこまれるのは目に見えています。
しかし、どちらも青森のコアな旅をサポートしてくれる力強い助っ人で、
大好きな人達なので、思い切って両方ご紹介します。

まず一つ目。
10月中旬の某日、荒馬の里、今別町の観光応援隊がデビューしました。
初めてのお仕事は、津軽海峡線で北海道からいらしたお客様を「津軽今別駅」でお出迎えすること。
町のゆるキャラ「あらまくん」と「たづなちゃん」も一緒です。
d0007875_22371455.jpg

実はこの写真、かなりのレア物なのです。
津軽今別駅では、北海道新幹線(仮称)奥津軽駅の建設工事が進められていますが、新幹線の駅舎建設のため、現在の津軽今別駅ホームが使用されるのは上りは17日まで、下りも今月下旬までです。
ということで、津軽今別駅舎に「あらまくん」「たづなちゃん」が出動するのは今回が最初で最後になってしまうからです。荒馬ファンの私としては、この瞬間に立ち会うことができて、ちょっと感激です。
d0007875_22565569.jpg

北海道からのお客様は、津軽今別駅から町内のお食事処「寿司長」さんへ。
今別町は青函トンネルの入口がある町なのですが、トンネル開通の時に「トンネル巻き」を考案したのが、寿司長さんなのです。
d0007875_22514451.jpg

名物の若生昆布で巻いた太巻きは、竹輪をトンネルに見立てていて、
ちょっぴり甘めの卵焼き(レール)と新幹線(丸い鼻先は100系?)の山ゴボウ漬けの塩味がベストマッチ。
見た目もカワイイです。
d0007875_22385772.jpg
町特産のもずくを麺に練り込んだ「もずくうどん」は、津軽弁で「めー出汁で、さっぱどする」お味です。
現在は、お食事処として夕方からの営業ですが、
前日までに予約すればランチ営業もしてくれて、トンネル巻きも食べられるとのことでした。

さて、今別町観光応援隊の皆さんは、町内の古刹「本覚寺」をご案内します。
d0007875_2258123.jpg
本覚寺は、太宰治の小説「津軽」で、「今別に来て、本覚寺を見なければ恥だ」と書かれた由緒正しいお寺です。
d0007875_22304620.jpg
敷地に入るとすぐに「大仏」があり、青森県指定文化財の「青銅塔婆」があったり、鰊御殿の網元の住宅を移築した「庫裡」があったりと、とてもこの欄では語りきれないようなお寺でした。
この日は、正行寺さんもご案内して、応援隊の初仕事は無事に終わりました。
d0007875_2314421.jpg

今別町は、急峻な山と川と津軽海峡の海が美しい坂の多い町で、中心街はさほど大きくないので丁度よいお散歩コースです。大正・昭和の面影が残る町並みで、裏山や家々の庭木、路地、田んぼや畑の風景に懐かしさを感じし、なぜかテンションが上がってしまいます。
今別町観光応援隊の皆さんと、この町のお話をお聞きしながら歩くリアルな旅にまた来たいと思ってしまうのでした。

さて、もう一つは、青森市新町の「なりほん」こと、『成田本店』です。
このブログでも度々登場している「ねこぜ」さんがセレクトした本を紹介する「青森がもっと好きになるフェア」が開催されていると聞いて、行ってきました。
d0007875_22334337.jpg

入口すぐのところに、ありました。見覚えのあるイラストが!
「青森たび歩きの達人」も選んでいただいています。手作りのポップも! ありがとうございます。
d0007875_2234777.jpg
それにしても、このラインナップ、青森県民でも全て読んだことのある人は何人いるのでしょうか?
私としては、ねぶた師を紹介した「龍の夢」があったのがうれしいです。
ねぶた関係本や食関連本も充実していますし、かなり古い本もあります。
ついつい、長居して立ち読みしてしまいました。「なりほん」さん、すみません。
今はもう失われてしまった青森県の生活や習慣も、これらの本を読めば疑似体験できますし、普段、近くにありすぎて気付かない青森県の面白さが確認できる本ばかりです。
「ねこぜ」さんお勧めの本にガイドしてもらって、まだ見ぬバーチャルな青森の旅に出かけたくなりました。
by Hana

◆今別町観光応援隊
 お問い合わせは 今別町役場 企画課へ
 今別町大字今別字今別167
 電話 0174-35-2001

◆寿司長(すしちょう)
 今別町大字今別字西田189-3
 電話 0174-35-2379
 営業時間 17時~22時、日曜定休日

◆成田本店しんまち店
 青森市新町1丁目13-4
 電話 017-723-2431
by marugoto_aomori | 2013-10-16 23:11 | 青森の旅 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング