まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:八戸 ( 160 ) タグの人気記事

八戸の横丁探訪を数倍楽しむ方法

港町・八戸の中心街には、昭和の匂いただよう風情豊かな8つの横丁があり、常に賑わいを見せています。
この地元の素晴らしい横丁文化を楽しんでいただくため、八戸観光コンベンション協会で、ガイド付き横丁探訪を実施しているとのこと。早速体験してみました。

待ち合わせ場所のはっちで待っていると、探偵風のちょっと怪しげな男性から声をかけられます。
「横丁・路地裏をこよなく愛する県南路地裏探偵 ニセダ トモカサです」
d0007875_10124735.jpg


このニセダさんの登場の時点で、一部の人はこのように思うかも知れません。
~~あれ?以前弘前でお会いしたことありませんでしたっけ?気のせいか。。。でも弘前のあのお方にそっくりだ。。。~~
私もそう思った一人です。

気を取り直して早速横丁探訪スタート。

横丁は、飲み屋街の通りという意味では共通していますが、それぞれ見た目や雰囲気は異なります。ニセダさんから、横丁の名前の由来、歴史、特徴、隠れた名店などのお話しを聞きながら探訪することで、全く違う横丁の姿が映し出されます。
喧噪な「みろく横丁」、ディープな路地裏の「五番街」、吉永小百合と一緒に歩いている錯覚に陥る「ハーモニカ横丁」など、足を一歩踏み入れるだけで全く違うブルースが聞こえてくるようです。提灯やネオン看板から発せられる横丁ならではの照明がそれをかき立てます。
d0007875_10143232.jpg

d0007875_1015811.jpg
d0007875_10152285.jpg


また、詳細は省略しますが、「なぜここにこんなものが」「これ、間違ってますよね」などのネタを面白おかしく教えてくれるニセダさん。怪しげな探偵と思っていましたが、フレンドリーで親しみやすく、ついつい会話を重ねてしまい、あっという間に40分が経過してしまいました。怪しい人だと思ってごめんなさい。

この横丁探訪は、40分で8つの横丁を体感できる贅沢なものですが、港町八戸の横丁文化を楽しむことはもちろん、食事・飲み会の前に体験することで、お店の選択の幅が広がるという側面を持ち合わせている優れものプランです。きっとお気に入りの横丁、お店が見つかることでしょう。

「横丁の魅力は、やっぱり人との触れ合い、そして歴史ある横丁やそこにいる人たちとの物語の中に身をおくことができること。その繋ぎ役として、この「横丁探訪」を通じてお手伝いできれば。」
「まずはこの横丁探訪プランを多くの人に知ってもらいたいです。地元の方にも気軽に利用してもらい、地元の横丁文化を再発見してもらえれば。」とニセダさん。

また、今後は横丁・路地裏をこよなく愛するガイド仲間を増やしていきたいとのことでした。
d0007875_1017039.jpg


ガイド終了後、横丁探訪の途中で気になっていたたぬき小路の店に入り、横丁の物語の中に身をおき、人情に触れながらおいしいお酒、食事とともに港町八戸の夜を満喫したのでした。

ガイド付き横丁探訪
価  格:お一人様1,000円
所要時間:約40分(19時~19時40分)
人  数:1名から10名まで
集合場所:八戸ポータルミュージアムはっち
申 込 先:公益社団法人八戸観光コンベンション協会
     電話 0178-41-1661(催行日4日前までにお申し込みください)

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2015-06-22 12:12 | 街歩き | Comments(0)

青森産のトラフグを八戸で食らう

高級魚の代表格として全国で食されているトラフグ。
トラフグの産地といえば西日本のイメージがありますが、実は青森県の日本海沿岸や太平沿岸でも漁獲されています。
しかしながら、青森県ではトラフグの食文化があまり根付かず、主に首都圏向けに出荷されてきました。食文化が根付かない理由の一つとして、特に八戸地域では、マグロやサバなど、味が濃い魚の水揚げが多く、淡白で上品な味覚のトラフグは味覚的に地元民にあまり受け入れられなかったとも言われています。

d0007875_1783225.jpg


これに目をつけた八戸市の飲食店の若手経営者が、サバ、イカに続くブランドに育てようと、昨年から本県太平洋沿岸で上がった天然トラフグのコース料理を提供し、地元での消費を拡大する取組を進めています。

今年は八戸市9店舗、青森市2店舗の計11店舗で提供されています。
今回は八戸市の「素材礼讃 丹念」のお手軽コースをご紹介しましょう。

「前菜(ふぐ煮こごり)」
「ふぐ薄造り」
「ふぐ骨蒸」
「ふぐ揚出」
「ふぐサラダ」
「ふぐ炊き込みご飯」

d0007875_11323285.jpg

d0007875_11332136.jpg

d0007875_1133477.jpg


トラフグの旬は一般的には冬ですが、本県太平洋沿岸では春から初夏にかけて主に定置網で漁獲されます。お手軽な価格で新鮮なトラフグを食すには今が旬なのです。

県内の11店舗のトラフグ料理提供店では、6月20日まで「ふぐ福まつり」を開催しています。普段はめったに食べる機会がない方も、青森県産トラフグを味わってみてはいかがでしょうか。

d0007875_11364958.jpg


<お問合せ先>
八戸日本料理業 芽生会 事務局
電話:0178-47-3575

・ふぐお手軽コース5,000円からたら福コース10,000円まで。
・店舗によっては3,000円からランチの提供もあり。
・提供メニューは店舗よって異なります。
・各店舗とも3日前までの予約が必要です。

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2015-05-25 11:46 | おいしい食材 | Comments(0)

おもしろい旨さ「鯖ジャーキー」

はじめまして。初めてブログに書き込みするりんごすたーです。
教えて楽しい、聞いて楽しい情報をお届けして参りますので、よろしくお願いします。

さて、八戸沖で水揚げされたさばを原料にしたジャーキーを知っていますか?
その名もそのまま「鯖ジャーキー」。
しめさばやいかの塩辛などを製造販売している武輪水産株式会社の人気商品です。
d0007875_931327.jpg

どうですか?この愛嬌のあるパッケージ。
三枚下ろしをされても笑顔のさばです。

日本最北端の冷涼な漁場で漁獲され、粗脂肪分の多さが特徴の八戸前沖さば。その旨みたっぷりの中落ち部分を使用しています。
d0007875_9415672.jpg
d0007875_9421592.jpg

味は、絶妙にスパイスが効いていて、さば本来の旨みがギューッと凝縮しており、噛むたびにこれでもか、と言わんばかりの旨みが口中にあふれます。スパイスのおかげで臭みがなく、さば好きの方はもちろん、さばが苦手な方にもお勧めできる味です。
骨までやわらかいため、全体的にソフトな食感で、ビールのおつまみのほか、子供のおやつにも合いそうです。
3枚入りで400円(税込)というリーズナブルな値段もいいですね。

この鯖ジャーキーは、県内のスーパー、お土産屋、県内の主なJR駅などで販売されています。個人的には、青森に出張で来て、帰りに新幹線の車内でビールを飲む方に是非おつまみとしてお勧めしたいです。

鯖をジャーキーにするアイディア、かわいいパッケージ、食べやすさ、まさに「おもしろい旨さ」の八戸発鯖ジャーキー、お試しください。

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2015-04-08 10:03 | おいしい食材 | Comments(0)

マイナスから生まれた美「南部裂織」

d0007875_21365542.jpg

布が貴重だった江戸時代、南部地方の農村の女性たちによって生みだされたのが南部裂織です。古布は南部地方で“ボット”と呼ばれ、寒冷な気候では木綿が育ちにくかった北国では、布がとても貴重だったので、使い古した布を細くテープ状に裂いたものを緯(よこ)糸に、使い古した麻袋を解いた糸を経(たて)糸にして織り込み、まったく新しい布を誕生させました。そうして出来た「裂織」は、こたつ掛けや敷物、仕事着や小物に至るまで様々な生活必需品へと生まれ変わり、再び暮らしの中で活躍してきたそうです。
d0007875_21403670.jpg

八戸中心街にある「八戸ポータルミュージアムはっち」を拠点に活動している井上澄子さんは、裂織製品の生産や、ワークショップを通して南部地方のものづくりの精神を伝え続けています。
南部裂織は、1mm間隔に張った木綿の経(たて)糸に、1cmほどの幅になるよう細く裂いた古布を緯(よこ)糸を通しながら、地機(じばた)と呼ばれる手動の機(はた)で織ります。古布の模様と経(たて)糸の色との重なり方によって仕上がりの模様が変化するため、まったく同じ材料を使っても、ふたつとして同じものはできないそうです。
d0007875_2138030.jpg

さらに、南部地方の伝統工芸に魅入られた(株)金入の代表である金入健雄さんが「東北スタンダード」というブランドを立ち上げ、自らのセレクトショップやインターネットを通じて南部裂織を発信しています。南部裂織は、材料が一定ではないので、織っている間にも裂織の表情は変化し、本来は仕上がりを想像することはできないのですが、偶然にもタータンチェックのように仕上がった織物が金入さんの目に止まったことがきっかけとなって誕生したのが下の写真の商品。ピンク系、ブルー系などのシリーズがありますが、赤系のチェック柄はGOOD DESIGNを受賞しています。
d0007875_21405534.jpg

捨てられていたものや、古くなったものを材料として使わざるを得ないという意味では、上方の雅な道具とは対照的なものではありますが、美しく機能的でとても素敵です。

                          byさっちゃん

カネイリ ミュージアムショップ
住所 八戸市三日町11-1八戸ポータルミュージアムはっち1F 
TEL 0178-20-9661

八戸南部裂織工房 澄(chou)
住所 八戸市三日町11-1八戸ポータルミュージアムはっち4Fものづくりスタジオ
by marugoto_aomori | 2015-03-07 21:42 | 手しごと | Comments(0)

干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

d0007875_09492459.jpg
冬の時期、昔は青森県の各地で保存食作りの光景が見られました。
特に盛んだったのが県南地域で、民家の軒下にさまざまな食べ物が干されていましたが、現在では見かけることが少なくなりました。
そんな中、八戸市の旧南郷村にある山の楽校では今もその光景を見ることができます。
d0007875_10154475.jpg
山の楽校は、100年の歴史を持った増田小中学校が児童の減少により平成14年の閉校した後、地元の伝統を残し伝える楽しい学校として、地元の人達によって活用されています。先生は地元の人達、おばあちゃんおじいちゃん達が昔ながらの智恵を伝えています。
d0007875_10173247.jpg
学校の渡り廊下の天井から干されているのは渋柿。取れたては渋くて食べられませんが、干すことにより渋味が消え、約一ヶ月後には甘くなります。まさに保存食のための果物。
d0007875_10315861.jpg
こちらはだいこんの葉、干し菜。
冬の日差しの中、渡り廊下の天井と柱の間一面に吊され、天日干しされています。
こちらも干されることにより旨味がギュっと凝縮され、一冬食べられる保存食となります。
d0007875_10390837.jpg
そして、干しリンゴ。芯を抜いて厚めの輪切りに切ったりんごが干されています。1~2ヶ月間干すことで、常温保存では6月頃まで、冷凍保存すると夏でも食べられます。
「スナック菓子の代わりに添加物のないサクサクしたりんごを子供達に食べてもらいたい」とのおばあちゃん達の優しい思いが込められています。

この風景は12月中は見ることができます。
古きよき校舎と柿やりんごが干されている懐かしい光景が残る、南郷「山の楽校」へ遊びに来ませんか?
(kogao)

<山の楽校>
住所  青森県八戸市南郷区大字島守字北の畑6-2
電話  0178-82-2222
開校時間  8:30~16:30
休校日  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
参考  http://navi.hachinohe-cb.jp/nangotourism/plan/special/detail/yamanogakko





by marugoto_aomori | 2014-12-10 11:24 | 青森の旅 | Comments(0)

地産地消の上質カフェ「ケクーカフェ」

d0007875_15215929.jpg

南部町で7月にリニューアルオープンした「ケクーカフェ」をご存知ですか。
県南地域にここまで上質なカフェはとても珍しく、とても洗練された建築デザインに驚き、落ち着いたインテリアに長居したくなります。
d0007875_15325217.jpg

しかしお店のこだわりは建物の他、南部町にこだわった地産地消の料理にありました。
こだわりは生パスタで、この日のパスタは自家製の平打ち生パスタとショートパスタのガルガネッリ。
さらに、生地は南部町の小麦とデュラムセモリナをブレンドした「ねばりごし」と呼ばれるもので、独特の食感が持ち味です。
にんにくは、南部町の苫米地地区のみで栽培されているブランドにんにく「とまべちにんにく」、まろやかなニンニク風味が特徴の入手困難なものです。
d0007875_15341631.jpg

スパゲッティが好きでショートパスタを滅多に食べない方はぜひ、ガルガネッリを食してみてください。
ショートパスタの概念が変わりますよ♪
d0007875_15412187.jpg

デザートも全て自家製、お店のディスプレイから好きなスイーツを選びます。
d0007875_15363083.jpg

この時選んだのはモンブラン。
これもこだわりの地産地消です、地元の農家の栽培している栗を用いて一から作っているそうです。
一つ一つむいてペーストにしてと、かなりの手間がかかる甲斐もあって、とても自然な栗の甘みが表現されたスィーツでした。
d0007875_15421440.jpg

さらに、感動はコーヒーのラテアート。
カウンターに座ると目の前でラテアートの実演が見れ、リクエストもできます。
私はネコをリクエストしたところ、想像以上のかわいいラテアートが出てきました。
d0007875_1551167.jpg

また、通常のコーヒーにこだわりがあります。
最高級のコーヒー豆を用いたスペシャリティコーヒーで、苦みが少ないが深い味わいです。
コーヒー豆は焙煎から5日以内の豆しか使わないことにもこだわっているそうです。
d0007875_15523651.jpg

お昼時はほぼ満員状態で、若い女性客がほとんどです。
d0007875_15543240.jpg

その理由が出口のオブジェからも感じさせます。
南部町においでの際、または八戸市からも少し足をのばして、地産地消の上質なカフェでお昼休みはいかがでしょうか。
(kogao)

<ケクーカフェ>
住所:南部町苫米地下宿7
電話:0178-84-3739
ホームページ:http://www.kekucafe.com/
営業時間 
 ランチ 12時~14時
 ティータイム 14~17時半
 ディナー 17時半~21時
定休日:変則(ホームページを参照してください)
by marugoto_aomori | 2014-11-19 16:15 | 青森食べ歩き | Comments(0)

欲張り!! 種差海岸トレッキングと漁船と漁師鍋ツアー

d0007875_19413821.jpg
写真は種差海岸にある「白岩」を沖合から撮影したものですが、決して雪が積もっているのではありません。
実は海鵜のフンにより白くなったもので、季節によって白色の濃さが変わるのだそうです。
さて、今回は八戸市の種差海岸で新たにツアーメニュー化した、「トレッキングと漁船と漁師鍋ツアー」のモニターツアーに参加してきました。
d0007875_19421464.jpg
出発場所は、今年7月にオープンした、種差海岸インフォメーションセンターです。
d0007875_19430480.jpg
ツアー行程は、まず「種差天然芝生地」から、「淀の松原」という樹齢90年以上のクロマツ並木の間にある遊歩道を散策した後、先程の「白岩」を陸上から見学しながら歩きます。この日はお天気も良く、ガイドさんの説明を聞きながら、静かで美しい海岸線の遊歩道を歩いていると、まるで心が洗われるようです。
d0007875_19441267.jpg
d0007875_19443854.jpg
次に、海水浴場のある白浜海岸手前の漁港から漁船に乗って、海からの種差海岸の風景を楽しむことができます。
d0007875_19454239.jpg
普段見ている種差海岸の美しい風景も、漁船に乗って海側から見るとまた違った趣があり、何よりも、船の揺れがテーマパークのアトラクションのようで、迫力が感じられます。
d0007875_19460946.jpg
船が種差漁港に戻ると、そこには地元の漁師さんとお母さん達が作ってくれた豪快な漁師鍋と、地元ならではの海の幸のランチが待っています。
d0007875_19463363.jpg
この日は、サケやカジカが入った漁師鍋とヒラメの刺身や自家製イクラの豪華版。美味しくいただきました。
このツアーを運営する団体は、このほかにも芝生地でのハイセンスな朝食体験など、様々な着地型体験メニューづくりに取り組んでいます。
皆様も、1年を通じて楽しめる種差海岸の魅力を見つけに来てみてはいかがでしょうか。


byオーレおじさん


(問合せ先)
株式会社ACプロモート
住所:青森県八戸市三日町13-4-5
電話:0178-85-0137


by marugoto_aomori | 2014-11-12 19:53 | 青森の旅 | Comments(0)

種差海岸で特別な夕食と朝食はいかがでしょうか?

d0007875_1455470.jpg

種差海岸の天然芝生地でキャンプファイアーができること知っていますか?

一面の緑の芝生と青の水平線を見渡す空間で、特別な夕食と朝食を体験してきました。
d0007875_146366.jpg

種差海岸の天然芝生地にはしっかりしたキャンプファイアーの設備があります。
キャンプファイアーの炎の揺らめきの前で、種差海岸でとれた旬の魚を、バーベキューをしていただきました。
この日は種差漁港であがった「平目」をメインとし、それをそのまま火であぶるというなんとも贅沢な料理でした。
d0007875_1492823.jpg

当日は寒すぎない程度の寒さで、キャンプファイアーの炎の熱がとても暖かく心地よかったです。
魚をつつきながら、揺れる炎を眺めていたせいか、友達との会話もいつもより心を開いたものとなりました。
d0007875_147383.jpg

また、ちょうどこの日は満月でした。
海に銀色の道を浮かび上がらせるまん丸な満月は、種差海岸では「ザボンの月」と呼ばれています。
詩人の草野心平が種差海岸の月を「ザボンのような月」と詩でうたったところからきています。
d0007875_1472381.jpg

翌日の朝、同じく天然芝生地で特別の朝食を頂きました。
早朝なので、ほとんど人がいない種差海岸はほぼ貸切状態。
草の香りと波の音をバックに、八戸にこだわったパン、卵、野菜ジュースをゆっくりと海を眺めながら、海外高級リゾートにもまけない特別感を味わえました。
d0007875_1482810.jpg

実はこの特別の夕食と朝食は種差海岸の新しい旅行商品です。
キャンプファイアーの準備や朝食のテーブルセッティングなどは一切不要、手ぶらで種差海岸で行くだけで楽しめます。

特別の旅行や特別の記念日などにサプライズとしていかがでしょうか。
(kogao)

連絡先
(株)ACプロモート
青森県八戸市三日町13番地4-5
TEL:0178-85-0137
FAX:0178-86-0777
by marugoto_aomori | 2014-10-22 14:17 | 青森の旅 | Comments(0)

あんずましぃ八戸居酒屋!「魚食家きんき パレスビル店」

青森の味っこ食べてぐなってたどごさ、八戸の人気店「魚食家きんき」がかみさオープンしたってしかへでもらったはんで、早速、青森を愛してやまない愉快なけやぐたちど「魚食家きんき パレスビル店」さ行ってきた。
【訳:青森の旨い料理の味が恋しくなっていたところに、八戸の人気店「魚食家きんき」が東京にオープンしたと教えてもらったので、早速、青森を愛してやまない愉快な仲間(親友)たちと「魚食家きんき パレスビル店」へ行ってきました。】

早ぐ食べてくて、うぬうぬどめへさ向がった。大手町駅がら直結してるはんで、雨さ濡れねくていいばりだ。
【訳:早く食べたくて、急いでお店に向かいました。大手町駅から直結しているので、雨に濡れなくてもよくていいことばかりです。】
d0007875_1728112.jpg

南部のめへさ来たんだはんで、南部弁で話さねばと思ったばって、今回のけやぐさ南部弁マスターいねくて、結局、津軽弁さなってまった。最初のうぢだば、津軽弁でめやぐだなって思ってたばって、酒っこはいれば南部も津軽もね。皆、けやぐだでばな。
【訳:青森の南部のお店に来たので、南部弁で話した方がいいと思ったけど、今回一緒に行った仲間に南部弁マスターがいなかったので、結局、津軽弁で話すしかなかったです。最初のうちは、南部のお店で津軽弁で話すなんては迷惑をおかけしてるなと思っていたけれど、お酒を飲むと南部も津軽も関係ないのです。皆、仲間です。】

お通しさ、キンキのおろし和え、白身魚の塩昆布和え。キンキのいい脂っこ、口の中さジワっと広がって、皆にこらっとしてた。
【訳:お通しは、キンキのおろし和え、白身魚の塩昆布和え。キンキのいい脂が口の中にジワっと広がって、皆笑顔です。】
d0007875_17282312.jpg

吉次唐揚げ、鯖の串焼き、鯖の棒寿司、三陸ばくだん
d0007875_17284274.jpg

嶽きみのかきあげ、アピオス塩蒸し
d0007875_17315435.jpg

八仙、裏八仙、亀吉、豊杯
d0007875_17452697.jpg

おぅっろぉー 八戸モヒートだど。
【わぁ!八戸モヒートですってよ。※三島サイダー割です。】
d0007875_17451649.jpg

青森の味っこたんげ食べて、はらつぇぐなって、皆にこらっとなった。
【訳:青森の味をたくさん食べて、お腹いっぱいになって、皆笑顔になりました。】

まんだ、皆して青森の味っこ食べに行ぐべしな。
【また、皆で青森の味食べに行こうね。】

※めへの名前っこさもなっちゅうキンキの旬は秋から冬。これからがキンキの本番。よりいっそう脂っこのってめぇよぉ。
【訳:お店の名前にもなっているキンキの旬は秋から冬。これからがキンキの本番です。よりいっそう脂がのっておいしいですよ。】

by tainnei  【方言指導】ジミー

《魚食家きんき パレスビル店》
住  所:東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビルB1
電話番号:03-5224-6006
営業時間:月~金 ランチ 11:00~14:30(L.O.14:00、ドリンクL.O.14:00)
ディナー 17:30~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00) 
土 11:00~21:30(L.O.20:30、ドリンクL.O.21:00)
日・祝日 11:00~15:30(L.O.15:00、ドリンクL.O.15:00)
by marugoto_aomori | 2014-09-05 17:26 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

階上岳の麓でジェラート

階上岳の麓にあるジェラート屋さん「ラファータ」には、ここでしか食べられないジェラートがあります。
d0007875_1453775.jpg

階上岳の登山口駐車場前のフォレストピア階上に、ジェラート屋さんがオープンしました。
d0007875_15351477.jpg

店名は「ラファータ」、イタリア語で森の妖精と呼ばれている山ブドウを意味します。
階上町では山ブドウ栽培が盛んで、様々な山ブドウジュースが作られています。
砂糖を加えず階上産の山ブドウの原液でのみで作るジェラートです。
d0007875_15131942.jpg

こちらはラファータと呼ばれる階上産山ぶどうと同じく階上町の乳牛から搾り取った生乳のジェラート。
自然な酸味の山ブドウと濃厚な生乳のクリームがトレッキング後には最適な美味しさです。
d0007875_15553083.jpg

その他、階上名物早生そばのジェラートと階上産の桑の葉のジェラートもあります。
早生そばは予想と反しまろやかな味わいで、桑の葉は抹茶に似た爽やかな渋味が特徴。
d0007875_15315993.jpg

お洒落なジェラート屋さんですが、若い人だけではなく、地元の年輩のお客さんもたくさん訪れていました。
こちらのおじいちゃんおばあちゃんは、毎日のように訪れるの楽しみで、違う種類のジェラートを食べているそうです。

階上岳をトレッキングする方はもちろん、八戸市や洋野町にお住まいの方も休日に訪れて、山ブドウや階上早生そばのジェラートを食べてみてはいかがでしょうか ♪
なお、山ブドウは人気のため、9月で在庫が無くなりそうとのことでした!

連絡先
フォレストピア階上(ラファータ)
住所:青森県三戸郡階上町鳥屋部大柿1−2
電話:0178-88-4449
火曜定休日
by marugoto_aomori | 2014-09-01 17:31 | 青森食べ歩き | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング