まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:北海道新幹線 ( 3 ) タグの人気記事

北海道新幹線開業!一番列車で「奥津軽いまべつ駅」へ

d0007875_10561544.jpg
3月26日、無事開業した北海道新幹線。
新青森駅までだった新幹線がさらに北へ向います。
d0007875_10555420.jpg
新青森駅からの下りの始発は6時32分発。
この一番列車に乗るため、早朝のホームはごらんの混みよう。
d0007875_10563390.jpg
津軽海峡交流圏キャラクター「マギュロウ」に見送られながら一番列車は出発。
次は奥津軽いまべつ駅。わずか16分!
今別ってこんなに近かったっけ?
d0007875_10571564.jpg
d0007875_10565584.jpg
初めて見る車窓の風景に気をとられているとあっという間に到着してしまいます。
d0007875_11314686.jpg
一番列車を迎えるため、奥津軽いまべつ駅も歓迎ムード。
ん?マギュロウ、さっき新青森にいたような?
d0007875_1057534.jpg
荒馬やあづべ汁の振る舞いにお客さんも大喜びです。
d0007875_1058717.jpg
いよいよ開業となった北海道新幹線。そして「奥津軽いまべつ駅」。
人口約2,800人の今別町は日本一小さな新幹線のまちとなったわけです。
この小さな町が、新駅誕生でどんなふうに変わっていくのか楽しみです!

by niok
by marugoto_aomori | 2016-03-26 11:15 | 青森の旅 | Comments(0)

新幹線、北の大地へ! そして、さようなら白鳥たち

白鳥たちが津軽海峡を渡り北帰行する季節、地上で別れを告げた白鳥たちもいました。
北海道新幹線開業まで「あと5日」となった平成28年3月21日は、津軽海峡線の特急「スーパー白鳥」と「白鳥」のラストランでした。
最近、貧血気味のマツコは鉄分補給しようと思い立ち、ラストランを見送るべく一路青函トンネル入口広場を目指しました。
新幹線の鉄路と津軽海峡線が交差するところを、スーパー白鳥が函館に向かっていきました。
d0007875_15531651.jpg

途中、本州最北端の新幹線駅「奥津軽いまべつ駅」に立ち寄りました。薄暮、月明かりに照らされ美しく輝く駅舎は、もうすぐ旅人たちがやって来るのを静かに待っています。
d0007875_15543591.jpg

さらに北へ、青函トンネル入口広場まで、勢いで来ちゃいました。
春まだ浅い津軽半島の先っぽには、海峡をわたる寒風が吹きすさぶ中、ラストランをカメラに収めようという鉄分たっぷりな人たちが小高い丘の上にスタンバッていました。
d0007875_15541357.jpg

今別町の若い衆が、焼きそばとあったか~いお茶を笑顔で振る舞ってくれます。スーパー白鳥の記念ステッカーなど開業記念グッズのプレゼントもありました。
d0007875_1555759.jpg

青函トンネルにラストから2番目の列車が入っていきました。
d0007875_1558596.jpg

「スーパー白鳥」ラストランの通過は、上りが20:42頃、下りが20:44頃です。
青函トンネルから列車が出て来る合図の「ファンファン♪ファンファン♪」という音が流れてから間もなくして、上り列車が通過しました。
集まった人たちが一斉に「さようならぁ~」「ありがとぉ~」とサイリウムを振り、お見送りしました。でも、あっという間のことで、思いが届いたかどうか・・・
今別町のゆるキャラ「あらまくん」と「たづなちゃん」も最終・下りのスーパー白鳥27号に手を振ります!
d0007875_15553377.jpg

翌22日から開業前日の25日までは、青函トンネル内などの電圧を新幹線仕様の2万5千ボルトにアゲるなど設備の最終切り替えが行われています。

北海道新幹線の開業にわく「光」の陰で、お別れしなければならない寂しさもあります。
さようなら!白鳥!!
いい夢見せてもらったぜ!あばよ!

マツコHG


■北海道新幹線奥津軽いまべつ駅開業イベントを開催


■祝!北海道新幹線開業 つながるニッポン祭り
by marugoto_aomori | 2016-03-23 16:27 | 青森の旅 | Comments(0)

あおもり侍シェフ監修「大人のこだわり贅沢フルコース」

今月3月26日(土)、いよいよ北海道新幹線が開業します。
その開業を記念して、今までにない“青森県らしい駅弁”が発売されることになりました。
それは、弁当に使われている食材全てが「青森県産」というこだわり。
その弁当のレシピを開発し、監修を担当したのが「あおもり侍シェフ」です。

あおもり侍シェフは、
県内の若手シェフたちによって、青森県の食材の魅力を最大限に引き出した料理を開発し、青森県の魅力を発信することを目的に結成されました。

そのお弁当がこちら。
d0007875_21541924.jpg

メニュー及び担当したシェフは、左上から右下へ順番に
・鯖のフリット風味の白ワインビネガー和え / 佐藤シェフ
・海峡サーモンと田酒酒粕風味のラタトゥイユ / 竹川シェフ
・シャモロックの香りそぼろご飯 / 伊東シェフ
・鴨肉のポワレ / 小坂シェフ
・青森ほたての煮汁合わせシャリ / 西村シェフ
・青森県産の牛蒡入りハンバーグ / 佐藤シェフ
・赤ワインレーズン飯  / 佐藤シェフ
・いかメンチの美味あんかけ / 伊東シェフ
・彩り野菜のピクルス / 小坂シェフ

一つひとつの料理に、侍シェフたちのこだわりが感じられる弁当が完成しました。
d0007875_22462420.jpg

この弁当には、「お客様に、この弁当を手に北海道新幹線に乗って、旅行を楽しんでもらいたい」「食べた弁当が旅の思い出になり、青森の魅力を知ってもらいたい」という侍シェフたちの願いが込められています。

そんな熱い想いが詰まった弁当を、皆さんもぜひ、北海道新幹線に乗って味わってみませんか?

あおもり侍シェフ(写真左から)
お料理 七草 伊東広通シェフ 八戸市
ル・ムロン・デ・オワゾ 小坂学シェフ 八戸市
エヴィエ 佐藤玲一シェフ 青森市
アグレアーブル 竹川克範シェフ むつ市
鮨diningいっぱち 西村力弥シェフ 青森市

by トリッキー

◇あおもり侍シェフ監修「大人のこだわり贅沢フルコース」
発売日:2016年3月26日(土)~
販売箇所:新青森駅 北彩(新幹線13・14番線ホーム)、ブナの森弁当売店(新幹線改札内)
     青森駅 NewDays青森東口待合店
     盛岡駅 駅弁屋 旨囲門、いわてのお弁当
販売価格:1,500円(税込)
お問い合わせ:株式会社ウェルネス伯養軒 青森支店 Tel.017-723-1894(8:30~18:00)
by marugoto_aomori | 2016-03-14 22:39 | 青森の旅 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング