まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:十二湖 ( 6 ) タグの人気記事

秋の深浦満喫 チャンチャンまつり&十二湖

この土日に開催された津軽深浦チャンチャンまつりにワタシも初日に行ってみました。
青森から約3時間というちょっと長めのドライブの末、会場である夕陽公園に到着♪
d0007875_1054118.jpg

目的は何といっても豪快な鮭の鉄板焼ですよね♪
受付を済ませ、炭火コンロを囲む席に案内され、準備万端でワクワク♪

男性スタッフの方により、炭の補充がされ、鉄板が熱せられると、次は、若い女性スタッフ登場。
手慣れた感じで、油を敷き、大きな鮭を皮を上にして焼き、
d0007875_10543364.jpg

頃合いを見て裏返し味噌だれを塗り、
d0007875_10545072.jpg

ネギや白菜などの野菜を被せて蒸し焼き。
d0007875_10551318.jpg

あまりの手際のよさに、さすがは地元の女性って感心し、
「今日は、もう何人前も作っているんじゃないですか!?」
とお聞きしたところ、
「今日、初めて作ったんですけど、何人分作ったか分からないくらいです。10時から作っているので(この時、1時半くらい)。ピークの時には、同時に2箇所やったりしてたんですよ~。最初は、ひっくり返す作業とかぎこちなかったんですけど、慣れって凄いですよね。こうして、野菜を被せて蒸焼きするのが深浦流なんですよ。」
と。なんとまぁビックリ(笑)。

実は、チャンチャンまつりに参加するのは二回目。
前回は、自力で作ったため、この深浦流ではなく、単なるパサパサの鉄板焼きにしてしまうという失敗をしていたため、念には念を!!
とアルミホイルを持参していたワタシ!!
d0007875_10553765.jpg

今回は、深浦流+αということで、大成功♪
丁度良い蒸し加減で、鮭の身をほぐし、パクパク♪
d0007875_10555985.jpg

一人前をふたりで食べるくらいが丁度い分量でした。

お腹も満たされたところで、会場散策。
鮭はもちろん、干した鮭も売ってました。
d0007875_10562616.jpgd0007875_10564165.jpg

味見させていただきましたが、激うま!!お酒の肴にぴったり!!
トースターで軽く焼くだけですって。楽チン♪

そして、深浦でとれたジャガイモ「北あかり」もホックホク♪
d0007875_1057310.jpg

チャンチャンまつりに満足し、次に向かったのは、ウェスパ椿山経由で、十二湖。
d0007875_10572479.jpg

少しだけ紅葉も色付いて、湖面に映る木々の色は綺麗でしたね。

そして、忘れてはならないのが、「青池」。
d0007875_10574541.jpg

底に沈んでいる枝が見えるくらいに綺麗な水なのに、深い青。
神秘としかいいようのないブルーなんですよね。

そして、もうひとつの青い池「沸壷の池」。
d0007875_105863.jpg

散策中、なぜか沢蟹!?に遭遇。接写しようとすると果敢に挑んできました(笑)。
d0007875_10582716.jpg

自然の神秘に感動したあとは、温泉ですよね!!
向かったのは、日帰り入浴ができる「ゆとり」。

塩化物泉のツルリとした心地良い湯に浸かりながら、日本海に沈む夕陽をイメージしたという可愛らしい壁の絵を見てまったり♪
帰りには、日本海に沈む夕陽をって思っていたのに、肝心な本物の夕陽を見逃してしまいました。。。
by Kuu
by marugoto_aomori | 2010-10-19 11:00 | 青森の旅 | Comments(4)

十二湖でアオーネ!

季節はすっかり春ですね!十二湖にやってきました。この連休は
高速道路が安くなったからなのか、多くの県外ナンバー車が続々
押し寄せてました~。
「この季節に来るなんて、アナタはラッキーですよ!」と心の中
で思いつつ早速散策へ。
d0007875_1327383.jpg

ブナの木々も青々としてきて森林浴を楽しめる季節になってきま
した。
私はこの時期にいつも十二湖にやって来ます。まだ木々の葉が少
ないこの時期は青池に陽が差し込んでとても綺麗に見えるからな
んです。とは言え、周りを木々で囲まれているので、お日さまが
高くのぼって池に陽が差し込む午前10時くらいから午後1時位
が私のオススメです。
d0007875_1328262.jpg

一応写真におさめましたが、どんなに写真で見ても、テレビで見
ても、やっぱり実際にこの目で見る青池が一番綺麗なんですよね~。
とても不思議です。
d0007875_13285638.jpg

十二湖散策をした後は!!今年の5月から「アオーネ白神十二湖
(昔のサンタランド)」内に温泉施設ができたというので行って
みました。
d0007875_13303055.jpg

5月1日にオープンしたばかりの「アオーネの湯」。アオーネに
宿泊の方だけでなく、一般の方も入浴することが出来ます。
d0007875_1332858.jpg

露天風呂はありませんが、窓の向こうに白神山地の山々を臨むこ
とが出来ます。何より十二湖近辺を散策して汗をかいたらすぐに
入れる場所にあるのがイイですね。

温泉施設 アオーネの湯

一般(日帰り)入浴の場合
利用可能時間 11:00~21:00
※毎週金曜日は清掃及び点検のため17:00~21:00のみ利用可
入浴料 大人500円・小学生300円・幼児200円

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-05-07 13:38 | 青森の旅 | Comments(2)

冬も『十二湖』

今日の青森市内は、雪が降っているそうですね。
東京もかなり寒くなってきたものの、
雪の青森に比べると、あまり大きな声では言えません(笑)。

十二湖も雪が降って、こんな感じになっているのでは
ないでしょうか?
d0007875_1747255.jpg
これは、先月中旬、ちょうど雪が降ったときの写真です。
青池は、夏の「コバルトブルー」みたいな青から、
「群青」のような深い青に変わっていました。
d0007875_1748639.jpg
雪景色のブナ原生林は、澄んだ空気と静寂に包まれて
別世界のようです。

「冬は、十二湖って行けないんでしょ?」
皆さま、そう思っていらっしゃるかもしれませんが
そんなことありませんよ。
JRの「リゾートしらかみ」は、冬も運行していますし、
サンタランド白神では、「冬の十二湖写真ハイク」「十二湖スノーハイク」
「残雪ブナ林と福寿草ハイク」など、「自然ガイドクラブ」のガイドさんが
案内してくれる冬の白神山地体感メニューを用意していますよ。

冬ならではの日本海のおいしいお魚なども楽しみだし
寒い季節の温泉も魅力的です。
冬の十二湖も、ぜひお出掛けくださいね。
                          byひろぽん

*「冬の白神山地体感メニュー」は
サンタランド白神にお問い合わせください。
   TEL:0173-77-3311
by marugoto_aomori | 2007-12-05 17:57 | 青森の旅 | Comments(10)

白神の地産地消料理

青池が綺麗です!
白神山地方面は5月はまだ早いかなーというイメージがありましたが、
十二湖のあたりは既に良い感じになっていて、
青池もなかなか綺麗になっています。
d0007875_1402376.jpg
十二湖に行くと必ずと言って良いほど利用することになるのが、
セミナーハウス白神勉強館です。
ここでは「白神地産地消の会」という深浦町岩崎地区の主婦の集まりが、
本当に素朴で、本当に美味しい地元の料理を食べさせてくれます。
本来であれば受け継がれ続けていくべき郷土の味も、
食生活習慣の変化などさまざま理由でなくなりつつあり、
それだけに、弘前の「しまや」や「夢九里」の料理に感動を覚えるわけですが、
ここもそんな心に響く郷土の味を食べることができる場所です。
そして、普段はあまり健康的とは言えない生活している私ですが、
十二湖・青池を軽く散策し、白神地産地消の会の料理を食べると、
心なしか自分が健康的になったように気にさえなってしまいますw

さて、昨年のことになりますが、
この白神勉強館で「白神海彦山彦地産地消ビュッフェ」というイベントが開催されました。
白神地産地消の会が腕によりをかけて作った料理が30品以上、
ビュッフェ形式で好きなだけ食べることができるという太っ腹なイベントで、
これが今年も開催されることになったようです。
ハタハタ山椒味噌焼き、魚のあら汁、さざえのつぼ焼き
ウドやしどけの天ぷら、ふきのわさび漬け、などなど…。
会場には十二湖の湧き水から直接汲んだ白神の水も用意されているとのこと。
美味しいそうですw

地元の人に話を聞くと、青池が一番綺麗なのは午前11時頃だと言います。
お昼前の一番綺麗な青池と十二湖を軽く巡って、
白神地産池消の会の料理を思いっきり楽しんでみるのも楽しいと思います。
気軽に行けるところでもないですが、行けばきっと満足できるはずです!。
d0007875_13561286.jpg
d0007875_1356304.jpg
d0007875_1356452.jpg
d0007875_13565880.jpg
d0007875_13571251.jpg
日時:5月19日(土)、20日(日) 12時~14時
 ※両日とも集合時間は11時50分
場所:セミナーハウス白神勉強館1階「青池」
定員:各40人
料金:大人1,500円、小学生まで800円
申込:セミナーハウス白神勉強館 TEL.0173-84-5225
締切:5月17日(木)
参考:http://apti.net.pref.aomori.jp/umihiko/buffet-info.html


※写真は去年のものなので夏の料理です。今年は春の料理がいっぱいのはずです!

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-05-10 14:07 | 青森食べ歩き | Comments(1)

十二湖と広〆食堂

青森に来られたお客様を案内して十二湖へ。
個人的には初夏の頃までのブナ林一番好きです。
軽く沈み込む腐葉土の歩き心地は何となく愉快で、
大量の水を蓄えたブナから放出されるミストが、
まとわりつくように体に浸み込んでるくる感じは、
まさに癒しの空間です。d0007875_16271213.jpg
あるガイドさんに、
ブナ林は様々な植生の変遷の後に誕生した最終的な森の形、
極相林と呼ばれる森だと教えてもらったことがあります。
その時頭をよぎったのが、ある宮崎アニメの森の浄化の話です。
森の最終形であるブナ林はきっと浄化された森なんだと感じました。

d0007875_16274762.jpg
この日はあいにくの曇天でしたが、それでも青池は美しく、
神秘的な「青」はこの日もたくさん訪れていた観光客の心を奪っていました。
ブナ林からの絶え間ない涌き水が生み出す透明度と光の屈折が生み出す、
人の業では作り得ない芸術作品です。

さて、これだけの自然を堪能したので、
次は昼食を堪能しに下界へ。
目指すは深浦町の広〆食堂。
メバルの焼魚定食を頼み、
せっかくなのでアワビの肝合えも頼んでみました。
自然を満喫しきった私は、とてもお腹が空いていたので、
当然のようにメバルの写真は取り忘れましたが文句なしにウマイです。
そしてアワビの肝合え。
普段はあまりお目にかかれないアワビの肝の苦みがと
アワビのコリコリの食感が最高の組み合わせです。
新鮮なアワビだからこそ楽しめる味です。d0007875_16281982.jpg

最後に、このブログを見ている方にお願いです。
白神山地や十二湖を訪れる機会あれば、是非ガイドを頼んでみてください。
地域によって料金が異なるので一律に紹介はできませんが、
その料金に見合うだけの最高の感動を教えてくれます。
絶対にお勧めですよ!

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-06-26 16:35 | 青森の旅 | Comments(12)

自然が魅せる 奇跡の青!

先日、十二湖まで行って参りました!紅葉の時期には少し早かったのですが、今頃はもうすっかり紅葉が進んでしまっているのでしょうね。。

~十二湖って、大きな湖の名前?~

 十二湖は青森県の西側、深浦町の岩崎地区にあります。一つのおおきな湖ではなくて、(そういえばよく十三湖と勘違いされる方がよくいらっしゃいます。あっ自分もかつてそうでした・・・)大小33の湖沼からなり、近くの崩れ山から12の湖沼が見えたから「十二湖」と呼ばれ、300年の歴史をもっています。

~一押し、青池(あおいけ)のブルー♪~
 そんな十二湖の中でも良く観光客のご覧頂くのが、「青池!」本当にインクを落としたような青い色をしているのですよ~。JRのポスターにも使われたりしてます。
 この青さは、ヒ・ミ・ツではなくて、正式には解明されていません。ガイドの方のお話しによれば近くの山からの湧き水が出続けていて透明度が保たれているから?その水の水温が低いから?色々な説をお話ししてくれていますが、正確には不明なのだそうな。でも変な分析で水の色が変わっちゃうのも嫌なのでこのままでいい事にしましょう!?その美しさに理由はいりません(かなり個人的意見)
d0007875_107381.jpg

 この前、日本全国の「水」を撮影し続けている方から青池の感想を聞いたのですが、「こんな青さは見たこと無い!」と驚いていました。私も個人的にこの青池が好きで、毎年ここに来てはその透明感と自然の神秘さに身を任せたまま「ボーっ」と1時間くらい青池を見続けています。。日が差し込むと、9mもある池の底が見えてしまうほど透き通った姿をみせてくれます
青池でたたずんでいると、「なんだー青くないじゃん。」と観光客の方がお話しされているのを耳にします。確かに日が差してないときはわかりにくいかもしれません。陽が高く昇る夏の晴れた日に来てみてください。神秘の姿を見せてくれますヨ。
~自然を大切にしながら堪能しましょ~
この青池、最近濁りが見られているそうな(悲)。。実は世界遺産の麓でもあるこの場所、最近お客さまが増えているそうで、池のほとりにある木の根っこや地面が踏み固められ、雨が降った際に地面が水を蓄えられず、泥水がそのまま流れ込んでしまっているらしいのです。なので今は池の水際付近が立ち入り禁止になっているのですが、ガマンガマン。それでも十分美しい姿を堪能出来ます。

~ガイドさんのオススメ~
 でもガイドの方が本当に来てみて欲しいのは、これから迎える冬の時期なのだそうです。青池の美しさもさることながら、世界遺産「白神山地」の麓にあるこのエリアはブナの木が豊富で、生命が眠りについた静寂の中で、雪に囲まれた姿は格別なんだとか。あっ、でも白神の冬を語るのは、それを知り尽くしたYOSHIHITOに委ねたいと思います。(「白神の冬」に続く?)

by ノブchan
by marugoto_aomori | 2005-11-02 10:22 | 青森の旅 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング