まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:十和田市 ( 7 ) タグの人気記事

地霊 − 呼び覚まされしもの 〜東川賞コレクションより〜

昨日から、十和田市現代美術館において始まった新たな企画展に行ってきました。

 本展は、北海道上川郡東川町が毎年夏に開催している国際写真フェスティバル「東川フォトフェスタ」の「東川賞コレクション」より、「地霊 ー 呼び覚まされしもの」というテーマで作品を選んで紹介しています。
 「地霊」(ゲニウス・ロキ)とは、その土地に固有の守護精霊であり、写真家たちは風景や人々の暮らしを撮影するときに、その存在を意識し、あたかも彼らと呼び交わすようにしてシャッターを切ることがあるといわれています。そんな作品に現れる深い世界をご堪能いただきたいと思います。

 そんな貴重なコレクションの中から、3人の写真家をご紹介したいと思います。

 1人目は、小島一郎(こじま いちろう)
1924年、青森県生まれ。54年、父小島平八郎が創設した写真家グループ「北陽会」のメンバーとなり、本格的に写真を始める。厳寒の津軽や下北の風土を大胆な構図と独特の世界観を持つ。ベタ焼きに代わる、通称「小島のトランプ」と呼ばれる手札サイズの作品群も特徴的である。39歳の若さで急逝した青森を代表する写真家。
d0007875_132949.jpg

 2人目は、志賀理江子(しが りえこ)
1980年、愛知県生まれ。十和田奥入瀬芸術祭2013にも参加。気鋭の写真家。
d0007875_1383139.jpg

 3人目は、荒木経惟(あらき のぶよし)
1940年、東京都うまれ。『センチメンタルな夜・冬の旅』は亡くなった妻、陽子を撮影したことで世間に衝撃を与えた。
d0007875_1443126.jpg


この企画展のキュレーターを務めた人物は、飯沢耕太郎。
『「芸術写真」とその時代』、『写真に帰れ 光画の時代』、『都市の視線 日本の写真 1920~30年代』の3部作で、頭角を現わし、20世紀前半における写真研究者の第一人者と言われた人物。写真評論家であり、きのこ文学研究家でもある。

今回の企画展のテーマの一つが「生と死をつなぐもの」。
紹介した3人以外にも、「現実の世界」と「向こう側の世界」を往遷するような写真を取り続ける写真家たちを取り上げています。

中には、生と死の狭間を同時に観ているような錯覚に陥る写真もあり、一瞬自分はどちらの世界にいるのだろう?と迷ってしまいそうになります。

写真は生の世界と死者たちの世界とを結び付け、混ぜ合わせる装置なのかもしれない。

さあ、あなたもその目で確かめてみてください。

企画展関連イベントについては、こちらからご確認ください。↓↓↓
地霊 呼び覚まされしもの ~東川賞コレクションより~
会期 2016年1月30日(土)- 2016年月5月15日(日)
会場 十和田市現代美術館
開館時間 9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
    ただし、5月3日(火)-5月4日(水)は18:00まで延長開館。
閉館日 月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)ただし、4月25日、5月2日(月)は臨時開館。
観覧料 企画展+常設展セット券1000円。企画展の個別料金は一般600円。団体(20名以上)100引き。 高校生以下無料。
ゲストキュレーター 飯沢耕太郎
主催 十和田市現代美術館
協力 写真文化首都 北海道「写真の町」東川町

by トリッキー
by marugoto_aomori | 2016-01-31 02:27 | 青森のアート | Comments(2)

進化し続ける「きみがらスリッパ」

d0007875_1513633.jpg

今から10年程前にも、まるごとブログで紹介した「きみがらスリッパ」。
10年前と比べ、明らかにデザイン性が高く、土産品店などに加えて、セレクトショップなどでも取り扱うようになっているのが気になり、再び「十和田市きみがらスリッパ生産組合」のお母さんたちのもとを訪問してきました。

ちなみに「きみ」は青森の方言で「とうもろこし」のこと。
このスリッパは、自然乾燥させた「きみ」の「から(果皮)」から作っています。
かつて馬産地だった十和田市は、飼料用とうもろこし「デントコーン」の栽培がとても盛んで、大量に発生する「きみがら」の再利用のために、昭和20年代から「きみがらスリッパ」の制作をスタートさせました。

当初は、廃棄される「きみがら」の再利用のために作りはじめた「きみがらスリッパ」ですが、現在は、地域内で馬の生産はほとんどされていないので、「スリッパ」を作るためのデントコーンは、組合のお母さん達がそれぞれの家庭で栽培しています。肝心の身の部分は、飼っている鳥やウサギの餌にしたり、近隣の乗馬クラブなどに買い取ってもらっているそうです。
d0007875_15134410.jpg

10月に収穫したデントコーンの皮を一枚一枚丁寧に剥ぎとって2週間ほど乾燥させ、長さや厚さの異なる4種類ほどの部位に選別します。ここまでの下準備だけでも、もの凄いテマヒマがかかっています。さらにスリッパの底の部分に使われている藁も自分たちで編んでいるというのも驚きです。
d0007875_15142870.jpg

それらを細く裂いて湿り気を与え、ひと目ずつ手で編み仕上げていくので、1 日1足作るので精一杯だそうです。
d0007875_15152751.jpg

作り手によってスリッパの木型が異なり、つま先部分のフォルムも微妙に違ったりします。
きみがらスリッパの特徴は、天然素材ならではの独特の質感と履き心地。履いているうちにどんどん足に馴染んできて、夏サラリと涼しく冬温かいのも嬉しいです。
d0007875_15191467.jpg

販売店や実際にスリッパを履いてくれるお客様の声を大事にして、日々、デザインや履き心地などの改良に努めているお母さん達は、本当にパワフルでした。

                           byさっちゃん

問合先
十和田きみがらスリッパ生産組合
十和田市農林部とわだ産品販売戦略課内
TEL:0176-51-6743(直通)
by marugoto_aomori | 2015-02-11 15:22 | 手しごと | Comments(0)

奥入瀬渓流エコロードフェスタに行って来ました

青森県を代表する名勝・奥入瀬渓流。
十和田湖から注ぐ約14キロのこの渓流沿いには、ほぼずっと国道102号が並行して走っています。
我が国の国立公園でもここまでアクセスが良いところはなかなかなく、気軽に立ち寄れるというメリットは同時に、紅葉のピーク時などはかなり渋滞などをひきおこすというデメリットでもあります。自然環境にもマイナスの影響はあるだろうと思います。
また、この道路は観光のためだけの道路ではなく、付近の住民の生活道でもあり、また物流も担う産業用の道路でもあります。
現在、渓流を迂回する通称青橅(ぶな)山バイパスが整備されているところですが、完成までまだ少し時間を要するため、官民が連携し、年に1回マイカー交通規制として奥入瀬渓流エコロードフェスタを開催しています。
前置きが長くなりましたが、10月26日、27日に行われたこのマイカー規制の際、ガイドさんとともに奥入瀬渓流を散策してきました。
d0007875_21333786.jpg

この日は残念ながら、くもり時々雨という天気で、少しお客様も少ないかなという印象。
でも、車がいない渓流は快適で、また、普段は車の音であまり聞こえないせせらぎや鳥の声を満喫できました。紅葉もちょうど見ごろといった感じでした。
d0007875_21392726.jpg

上の写真で岩にご注目ください。岩の上にコケが生え、そこに草木が生えています。
奥入瀬渓流はあまり増水することがないため、コケが生えるような環境ができ、さらには普通の植物が生えてこられるのです。
あまり意識したことはないかもしれませんが、こういった渓流は珍しいもので、奥入瀬渓流の美しさの渓流お根幹をなすものです。
d0007875_21501673.jpg

この写真は10数年前に大規模な崩落があった場所です。標識の向こう側が明らかに植生が違うのがよくわかりますね。
d0007875_2156195.jpg

雲井の滝です。
もちろん、滝が美しいのが奥入瀬渓流の特長ですが、ゆったり歩いてみるといろいろな発見があります。
この日は1.5キロを3時間かけて、ガイドしてもらいました。
「滝で車を停めて記念写真だけ撮ってサヨナラ」から脱却した観光スタイルを体感してみてはいかがでしょうか。

byて~お~

ガイドはノースビレッジさんにお願いしました。
ノースビレッジ
電話:0176-70-5977
http://www.novi.jp/
by marugoto_aomori | 2013-11-07 22:04 | 青森の旅 | Comments(0)

ながいもの赤ちゃん『むかご』

2011年産の県産ながいもの収穫量が、北海道を抜いて日本一に返り咲いた青森県。
産地には秋から冬にかけて、ナガイモの赤ちゃん『むかご』が出回ります。
d0007875_14421531.jpg

※ながいもの葉の付け根になり、時期になると地面に大量に零れ落ちます。
d0007875_14434931.jpg

小さくてほっくり・むっちりのむかごは、地元では「いもの子」とも呼ばれ、
ネバネバ成分ムチンを含み、漢方では「山薬」と呼ばれるながいもよりも、
栄養価が高いと言われています。
というのも、通常、ながいもは皮をむいて食べますが、やわらかい皮ごと食べるむかごは
その分、食物繊維が豊富。塩分排出に効果のあるカリウムも
ながいもよりも多く含むという、むくみがちのo-rinには嬉しい食材なのです。
もうひとつ、食べ方もとっても簡単。
ながいもの皮をむくと手がかゆくなることもあるo-rinですが、まず皮をむく必要はなし。
ボウルに水と一緒にむかごを入れてぐるぐる混ぜてすすげばもう準備完了です。
大きめのものは素揚げし、塩をパラリとふればホクホクしたおつまみに
小さいものはご飯と混ぜてむかごご飯にしたり、大豆代わりにヒジキの煮物に入れたり。
私はチリコンカンにしてみました(^^)>これだけで十分お腹いっぱいになります。
d0007875_1444429.jpg

d0007875_14451975.jpg

私がむかごをいただいたのは、十和田市のイケメン農家・中野さん。
むかごは大きさがバラバラで、細かいだけに選別はものすごく労力がいるのですが、
中野家にはお父さんが開発した非売品のむかご選別機という秘密兵器があります。
ざばっと入れてハンドルを回すだけで大中小と3種類の大きさに分類されます。
d0007875_14463623.jpg

それをさらにキズモノを省くために選別するのが、超巨大レディー・ガガなどの
かかしづくり名人・手先が器用な中野さんのお母さん。
d0007875_14471931.jpg

まさに中野家だからこそできる、粒ぞろいのよいむかごなのです。

十和田市のむかごは、道の駅とわだぴあで2月頃まで出回っているとのこと。
この冬はむかごでむくみ知らずの女性を目指そうと思うo-rinでした♪

by o-rin
by marugoto_aomori | 2012-12-24 06:53 | おいしい食材 | Comments(0)

かや人形で子孫繁栄

前回に引き続き、かや人形です。今回は、十和田市板ノ沢集落の「人形結い」を見学させていただきました。板ノ沢集落の神事は、子どもたちが参加できるよう、海の日の祝日に行われるようになったそうです。(梅集落は、大人だけが参加した神事でした。)
同じかや人形でも、集落が異なれば作り方も違いました。ココでは、最初から人の形にかやを並べて積み、縛っていくやり方です。
d0007875_9323294.jpg
さらに、簡単な設計図面と顔の型紙、人形の体を支える骨組みのようなものも準備されます。
d0007875_935465.jpg
この骨組みのようなものは、人形の内部に埋め込まれました。

人形作りが行われている倉庫の外では、男性人形用のちょんまげと女性人形用の髪飾りが作られています。
d0007875_9414127.jpg
髪飾りには花が飾られ、実に美しく仕上がっていました。
また、子どもたちは、大人たちに手ほどきを受けながら、一緒に小さな人形を作っていきます。
d0007875_9464029.jpg

倉庫では、前掛け(?)の模様が描かれていきます。梅集落では、男女ともに梅でしたが、ココでは、男女別模様です。
d0007875_9565015.jpg
斜めに引かれた線の間隔は、はさみの柄の部分で幅が取られ、女性用は華やかに2色のペンで描かれました。

さて、人形は頭、胴、手足が縛られて形作られた後、袋状のゴザが頭にかぶせられます。女性人形の胸部分には、丸く曲げられたかやが積まれ、女性らしさが表現されます。
d0007875_105346.jpg
梅集落では手の指が形作られましたが、ココでは、足の指も形作られました。
d0007875_1075434.jpg
そして顔。慎重に型紙を人形に合わせ、顔を描いていきます。
d0007875_10142791.jpg
多くの人が型紙を押さえていましたが、女性ばかりだったのが印象的です。
小さな人形作りを終えた子どももやってきて、作業を見守っています。「お父さん人形」「お母さん人形」と呼んでいる子どもたちを見て、その純真な気持ちに心が洗われたような気がしました。

さて、これからが板ノ沢集落における神事のメインイベント。完成した一対のかや人形が神社の境内の木に結ばれると、集まっていた集落の人たちが、かや人形の足元に、きれいな花で飾られた小さな人形を置き、お祈りしていくのです。(梅集落のように、串もちが刺されることはありません。)
d0007875_10363469.jpg
この小さな人形、男女、夫婦があるそうで、安産、子孫繁栄を願ってかや人形の足元に置かれるそうです。
お年寄りから小さな子どもまで、かや人形に手を合わせているその姿は、実に感動的な光景でした。

d0007875_10414977.jpg
かや人形の作成中、お年寄りから若い方へ「ちゃんとやり方覚えて、自分たちでやっていけるようにならなければだめ」という言葉が頻繁に述べられていました。こうして集落の伝統文化が伝承されていくのですね。
by ハッピーハンド
by marugoto_aomori | 2010-07-20 11:01 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

かや人形で悪霊退散

「落人の里」とも呼ばれる十和田市深持の梅集落。ここには、昼夜を問わず、集落を守っている守護神がおります。
d0007875_8435016.jpg
かやで作った男女一対の人形です。手を広げ、「悪いモノはここから先は通さない!」と言わんばかりです。このかや人形は、悪魔の進入を防ぐために作られた、とも、天明の大飢饉の際に妖魔の進入を防ぐために作られた、とも言われているそうです。
かや人形は「人形結い」という神事で毎年作り替えられています。かつては旧暦6月24日に当たる日に行われていましたが、現在は6月15日に行われており、今年も素晴らしい青空が広がる中、神事が行われました。

朝8時、集落の人たちが集まり、集落でとれたかやを束ね、人形の胴になる部分から作り始めます。
d0007875_8504955.jpg
当日の役割は決まっているそうで、別の人は、かや人形に巻き付けるゴザに、梅集落ということで「梅」の紋様を描いていきます。ちなみに、描くのに使った道具はポリバケツのふたと茶碗とマジック・・・。何というか、その・・・。紋様を描く理由を尋ねたところ、「何もないと寂しいから」と、ちょっとお茶目な(?)返事が返ってきました。
d0007875_8541033.jpg
ところでこのゴザですが、かなり前(昭和30年代?)に亡くなった方が手動の編み機で作った大変貴重なモノで、たまたま集落内の小屋から大量に見つかったそうです。

さて、胴と二本の足が形作られると、こんな感じになります。
d0007875_8564541.jpg
これをギュッとまとめ上げる(縛り上げる)と、だいぶ人形らしくなります。そして、胴部分のかやをかき分け、腕を差し込んで取り付け、さらに、5本の指(!)まで細かく形作ります。
d0007875_85971.jpg
貴重なゴザを巻き、顔を描き上げる(下書きなしの一発勝負!)と、外観はほぼ完成です。
d0007875_901720.jpg
そして、いよいよ登場するのがコレ。
d0007875_91635.jpg
男性用の刀2本と女性用の脇差し1本、そして女性用のクシに加え、何とまぁ、大変リアルに作られた男性のシンボル・・・。髪の毛部分を整え、これらを取り付けるとかや人形の完成です。

完成したかや人形は、集落の外れにある設置場所に運ばれ、それまで1年間集落を見守ってきたかや人形と交換されます。
d0007875_934910.jpg
役目を終えた前の年のかや人形は、裏山で朽ちさせ、自然にかえすそうです。・・・1年間、お疲れさまでした、ですね。

この「人形結い」、神事ということで大変おごそかに行われるのだろうと思っていましたが、人形作成中も冗談や笑い声が飛び交うなど、実に和やかに、そして楽しく行われた、という印象です。

ところで、かや人形作りと同時並行的に行われるのが、そばもち作りです。完成したかや人形にはそばもちを刺し、1年間の無病息災を願うわけですが、振る舞い用のそばもちも準備され、早速いただいてみると・・・
d0007875_9112153.jpg
う、ウ、ウゥ、ウマ~イ! 間違いなく星3つです~!!
一緒に訪れたkuuさんも私も、あまりにおいしいので、3本ずつペロッといただいちゃいました。写真の後ろに写っているのは「落人の里の水」で、これまた美味です。さらにkuuさんにいたっては、車の運転で飲むことができない私を横目に、神事でふるまわれた御神酒まで堂々といただき、たいそうご満悦の様子・・・。

7月19日の海の日には、梅集落の近くにある板ノ沢集落で「人形結い」の神事が行われます。
d0007875_9202848.jpg
こちらのかや人形は、梅集落に比べると現代的なのかな?
by ハッピーハンド

最後におまけとして・・・。
かや人形が作られる様子を映像にまとめてみました。3分30秒過ぎには衝撃映像もあります(笑)。

by marugoto_aomori | 2010-07-15 08:37 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

五戸→十和田ちょっと旅

旅行や出張で五戸に行ったならば、
必ず食べたいのは馬肉。
五戸町には「尾形」「佐々木」「たかはし」の3件の馬肉料理屋さんがあります。
どのお店もそれぞれの特徴を持ちながら地域に愛されている良いお店ですが、
この日は「美味しんぼ」にも登場していた「たかはし」へ行き、
通称”皿”と呼ばれている肉定食(馬肉の煮込み)を食べてきました。
この料理、これまでも食べたことはありますが、
そのたびに思うのは「どうしてこんなに懐かしい味なのか?」ということ。
津軽出身の私にとって馬肉料理は必ずしも馴染みの料理ではないのに、
ここ「たかはし」の煮込みには懐かしさを感じてしまいます。
飾らない味と百年食堂たる店構えのせいかもしれません。d0007875_17444121.jpg
d0007875_1745317.jpg

昼食後、少し時間があったので五戸町内を少し回ってみることに。
「尾形」にも立ち寄ってみると馬肉入りコロッケなるものを発見。当然カイグイ。
店頭で買ってそのままの少し冷えた状態で食べたので、
必ずしもこのコロッケの良さを堪能したわけではありませんが、
馬肉にこだわるこの店の姿勢は素晴らしいと思いました。
そういう意味でも美味しかったです。d0007875_17453821.jpg
d0007875_1745502.jpg

そして以前から気になっていたお店。
十和田市の農園カフェ「日々木」にも行ってみました。
この日はかなり寒い日で、
南部の直接的な寒さにガクガクブルブルだったのですが、
暖炉の前の席に座り、燃える日を眺めていると、
心身両面から暖まっていく感じがして最高の気分。
築50年余りの古民家を和洋折衷のイメージで改築したという店内は、
「店」というよりも「家」の雰囲気に近く、
その普通の住居っぽさにリラックスさせられました。
コーヒーをいただきましたが、これがかなり美味しくて大満足
この日は2時頃行ったのですが、ランチは既に完売。
こちらもかなり人気があるようです。
とにかく誰かの家に招かれたような居心地の良さは、
普通のお店では味わえないもの。
今度はゆっくりランチを食べてみたい。
そんな気持ちで店を後にしました。d0007875_17462726.jpg
d0007875_17464435.jpg
d0007875_1747994.jpg

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2008-01-21 17:48 | 青森の旅 | Comments(2)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング