まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:南部町 ( 18 ) タグの人気記事

青森のあんず


りんご王国の青森には、りんごと並んで生産量日本一の果物があります。

それが「あんず」です。

d0007875_932569.jpg


完熟のあんずは優しいオレンジ色。
灯籠にともる灯りのような優しい色合いです。


中国の山岳地帯原産のあんずは涼しい気候を好み、国内では、同じく涼しい気候を好むりんごの産地と分布が一致しています。そのため、りんごの主産地である青森県や長野県で国内生産量の9割以上を占めています。

青森の主要品種はなんといっても南部在来種「八助」

「八助」が終わると大玉で豊産性の「新潟大実」へと品種が変わりますが、甘さと酸味のバランスがよく、生食でも梅漬けなどに加工をしても美味しいのはやはり「八助」。



南部町から八助が届いたので、八助のアプリコットジャムを作りました!

d0007875_932328.jpg


半分に割り、種をとった八助を砂糖と一緒に火にかけると、甘酸っぱい爽やかな香りが漂います。

d0007875_933174.jpg


10分もすれば果実が崩れてきて、照りも出てきます。



完成したジャムはバターと一緒にパンにのせて。
熱い夏の日にぴったりな見た目にも爽やかな朝食の出来上がりです。

d0007875_9334333.jpg


酸味のあるジャムとバターのコクがなんともいえないハーモニー!笑
乳製品と非常に相性がいいので、ミルクティーにアプリコットジャムを入れて飲むのもおすすめです。


八助の収獲時期はもうそろそろ終わりなので、生の果実は出回らなくなってきますが、これからは八助の梅漬けが楽しめる時期となります。

八助の主産地である南部町周辺では、あんずで梅干しを作る文化があり、時期になると産地直売所に八助の梅漬けがずらっと並びます。都内では青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」で購入することもできますよ。

青森のあんず、ぜひご賞味あれ!

by matsu
by marugoto_aomori | 2016-07-22 10:11 | Comments(0)

夏の味覚!シーズン到来「さくらんぼ」(南部町)

今年も、ワクワクする季節がやって来ました。
そう、初夏を代表するフルーツ「さくらんぼ」の季節です!
d0007875_12354214.jpg
キレイ!

青森県内で”さくらんぼの名産地”と言えば、県内一の生産量を誇る南部町です。

町内にある産直施設「チェリーセンター」には、この時期、色鮮やかなさくらんぼがたくさん並んでいて、先日訪れた際にも、多くのお客様がさくらんぼを買い求めていました。

また、毎週日曜日に八戸市で開催されている館鼻岸壁朝市でも南部町産のさくらんぼが売られていて、こちらも、たくさんのお客様が足を止めていました。
d0007875_12361223.jpg
ただ買って食べるだけでなく、狩るのも楽しいさくらんぼ。

南部町では、毎年6月中旬~7月中旬にかけてさくらんぼ狩りが開催されています。
平成28年度は6月20日(月)~7月18日(月・祝)まで開催中。
時期によって収穫できる品種はことなりますが、一番人気の佐藤錦も食べ放題です。

さくらんぼ狩りに行くならオススメは朝。
糖度が高く身の引き締まったさくらんぼが楽しめます。
早起きして、初夏の味覚を味わって見てください。
オススメです!
d0007875_12360116.jpg
<key>

さくらんぼ狩り【南部町】
【期間】6月中旬~7月中旬
【開園時間】9時~17時
【料金】60分食べ放題(お持ち帰りは別料金です)
 中学生以上  1,000円
 小学生  700円
 3歳以上  300円
【予約】
 団体様は要予約
 個人様(数名のグループ)は予約不要
 http://nagawacherryfarm.web.fc2.com/menu01.html

by marugoto_aomori | 2016-06-20 12:42 | おいしい食材 | Comments(0)

ゆったり古民家とずっしりあんぱん

みなさんこんにちは!最近の青森県内は秋の気配が感じられる気候ですね。
今回は夏の疲れを癒やしてくれそうな古民家茶屋「きたむら茶屋」と、極上のあんぱんをご紹介したいと思います。

「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」は南部町、旧福地村にあります。赤い幕と手描きの看板が目印です。こちらのお店ではお茶屋さんとパン屋さんが同居しています。
d0007875_9443081.jpg

古民家を改装したというお店の中はまさに「昭和」の雰囲気。
使い込まれた箪笥やブラウン管テレビ、黒電話など懐かしい生活用品がそこかしこに置かれています。生活感のある畳の上には、夏用のござがピンで留めてあったりして、なんだかおばあちゃんの家に遊びに来たような安心感があります。
d0007875_9451094.jpg

レコードからは蘇州夜曲が流れ、昭和の時代にタイムスリップしたかのよう。
開け放たれた窓からは、心地よい風が吹き込んできます。
d0007875_10113428.jpg

ここのメニューは、南部地方で昔から食べられてきた料理や、懐かしさを感じる喫茶メニューを中心に取りそろえているそうです。「鶏にぼしそば」は煮干しダシを使った優しいおそばで、味のしみた鶏肉との相性が抜群です。
「きたむら茶屋特製甘こうじ」はお砂糖が入っていないことが信じられないくらい甘くて、暑さで疲れた心と体がゆったりとほぐれていくような一品。
d0007875_107898.jpg

そして、極上の「殿さまあんぱん」。これなくして「きたむら茶屋」は語れません。
もっちりふわふわの皮と、たっぷりと詰められた重厚なあんこがたまりません。
今回いただいたのは「冷やしあんぱん」。添えられた甘さ控えめのホイップと一緒にいただきます。
d0007875_102001.jpg

おなかの許す限り、ずーっとこれを食べていたい。冷やしあんぱんとアイスコーヒーの永久機関になりたい。もう一生デブでいい…。そんな気持ちになりました。ぜひ皆さまにも召し上がっていただきたいです。

きたむら茶屋の中では、近隣地域で採れた新鮮な野菜や、金盥に入ったラムネなども売られています。店内のディスプレイは一見すると無造作ですが、なんだかおしゃれ。そして無性に懐かしい気持ちになります。
d0007875_1081921.jpg

「きたむら茶屋」は、パンを買いにちょこっと寄るだけでもいいし、お昼寝も大歓迎なのだそうです。確かに、店内のお気に入りスペースを見つけて、文庫本でも持ち込んで、ゆったりと寝てしまいたくなるような安心感があります。
d0007875_1116235.jpg

南部町にお越しの際は、ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
d0007875_1094852.jpg


きたむら茶屋&殿さまあんぱん
住 所:青森県三戸郡南部町福田字間ノ原43
電 話:0178-20-9115
時 間:11:30~16:00
定休日:毎週水曜日
<メニュー(一部)>
殿さまあんぱん:1個180円、10個1700円
殿さまクルミパン:1個90円
殿さまレーズンパン:1個90円
鶏にぼしそば:600円
きたむら茶屋特製甘こうじ:200円
Facebook:https://www.facebook.com/chayakitamura?fref=ts

(by霜月)
by marugoto_aomori | 2015-08-26 11:19 | Comments(0)

復活!在来種「南部太ねぎ」

東北新幹線八戸駅から車でわずか20分の場所にあるフルーツ王国南部町。
ここには以前ご紹介した杏の「八助」、ちょうど干し柿作りが始まっている
妙丹柿」など、希少な在来種も数多く残っています。

そして、今が旬といえば、どっしりと重量感があり、太くて甘い在来種「南部太ねぎ」。
d0007875_17572396.jpg

糖度は普通のねぎの1.5倍以上です。
実は生産者はたった一人しか残っておらず、絶滅寸前でした。
唯一の生産者も町内の直売所で単なる「ねぎ」として販売していたので、
地元の人ですらその存在を知らない人が多かったそうです。
その復活に取り組んでいるのが、県立名久井農業高校の生徒たちです。
d0007875_17591637.jpg

ねぎ色の手づくりTシャツも決まってます!私も欲しい!
平成24年4月に名久井農業高校に赴任してきた先生がこのネギの存在を知り、
昭和39年に品種登録した2人の生産者のお宅に電話したものの、既に栽培しておらず、
この2人から分けてもらった生産者を人づてに聞き、
「あの人なら栽培しているかも・・・」の声をたどり探し回り、
やっとたどり着いたのが佐々木さんという方1名でした。
種を分けていただいたものの、南部太ねぎは付け根の部分に土が入りやすく、
軟らかいだけに葉の途中からぐにゃりと曲がり、見た目が悪くなってしまうなど、
栽培するにもクリアしなければならない課題がありました。
d0007875_17593013.jpg

その課題をクリアすべく、生徒さんたちは他の産地の調査などを行いながら、
試行錯誤を繰り返しています。
そして、地元の生産者にも呼びかけ、
今年から10名程度の農家さんが生産に取り組んでいます。
d0007875_1814123.jpg

地元では、「かっけ」や「せんべい汁」など鍋料理で食されていたとのことですが、
そのまま焼いて食べるのもお勧め。
生産者の方いわく、「ねぎま」ならぬ、ねぎが主役の「とりま」もいいよ!とのこと。
太いけれど、軟らかくて繊維が残らず、ねぎ嫌いな子供でも食べれるそう。
まだまだ生産量は少なく出回る量は少ないのですが、
絶やさず守っていきたい宝物です。

by o-rin


by marugoto_aomori | 2013-12-04 18:07 | おいしい食材 | Comments(2)

Slow Flow Cafe KEKU(ケクーカフェ)

初夏の頃の懐かしい話になりますが(笑)、やわらかな空気に包まれた居心地抜群なケクーカフェにおじゃましてきました。
d0007875_10581252.jpg

こちらは、南部町にある素敵なお店。
自家栽培の安心安全なお野菜を中心に、旬の食材をたっぷり使っているお店なんです♪
d0007875_10583459.jpg

この日のランチは、Aの「今日のおすすめパスタ」(830円)が「ベーコンとズッキーニの和風パスタ」、Bの「今日のスペシャルパスタ」(1050円)が「ベーコンとズッキーニ&アスパラのトマトソース」ということで、私はAランチをチョイス♪

こちらは、デュラムセモリナ粉の生地に、地元産の「ねばりごし」を挟み込んで作られた平打ちの自家製生パスタを使っているんです。手間ひまかかって私たちの目の前に運ばれてくるんですよ♪

平日でもランチタイムは混み合うという噂でしたので、ランチタイムスタートとともに一番乗りで入店したのですが、お料理が運ばれて来る頃には、満席になっていました。雨が降っている日だったのに、凄い人気です。
d0007875_10585117.jpg

そんな人気カフェのランチに期待を膨らませながら、ワクワクしていると、運ばれてきました~~♪
d0007875_1059919.jpg

彩りも綺麗ですね~~♪
しっかりしていてモチモチのパスタは、香りの良いベーコンとズッキーニと相性抜群です。
d0007875_10592493.jpg

ランチにはマリネサラダも♪

ちなみに、一緒にランチしたハッピーハンドは、「きのこのトリプルチーズクリーム」(ゴルゴンゾーラ&ペコリーノロマーノ&パルミジャーノレッジャーノ。1300円)をオーダー。
d0007875_10594257.jpg

一口いただいたのですが、ペンネのようなガルガネッレの穴の部分に、チーズクリームソースが絡んでこれまた癖になる深~~いお味♪

そして、メニューにあったチャバタも気になりオーダー。
d0007875_10595884.jpg

外はパリッと香ばしく、中はもっちりのバターを使わないヘルシーなパンは、南部せんべいのような素朴な風味がします。
国内産小麦の南部小麦と小雪だけを使って作っているということなので、南部衆にはたまらない親しみやすい味♪
「パスタソースをつけて食べてみてください。特にクリームソース系のパスタがおすすめです!」とメニューに書かれていたので、これまたハッピーハンドにチーズクリームソースをおすそ分けしていただいて、パクリ♪
まあ、抜群!!

最後は、ラテアートが話題になっているカプチーノをオーダー。
どんなアートで登場するか楽しみに待っていると、私のためのラテアート、登場です!!
d0007875_1101667.jpg

可愛らしい笑顔のラビット♪
お目目クリクリ、左右にハート、口をつけるのがもったいないくらい♪

ちなみに、お洒落な響きの店名「ケクー」は、南部弁の「食べて」を指す「ケ」、「食べる」を指す「クー」に由来しているんですって。
by Kuu

《Slow Flow Cafe KEKU(ケクーカフェ)》
三戸郡南部町苫米地下宿7
0178-84-3739
11:00-22:00(ランチタイム11:30-14:30)
定休 毎週月曜、第1・3火曜(祝祭日の場合は翌日)
by marugoto_aomori | 2010-09-28 11:07 | 青森食べ歩き | Comments(22)

サクラのあとに・・・もうサクランボ!

サクラが終わり、りんごの花も散りゆく今日この頃(笑)、
気がつけばお店にはサクランボが並び始めています。

でも、そのほとんどがアメリカン・チェリーなんですよね。
国産より出回りが早く割安なため、
1980年代後半から輸入量が増え始め、
輸入が全面自由化された1992年以降は爆発的に増えて現在にいたっています。
d0007875_2023724.jpg

国内最大のサクランボ産地といえば山形県です。
青森県はといえば・・・、
実は山形県に次いで収穫量が多い全国第2位のサクランボ産地なんですよ~。
(1位と2位には圧倒的な差がありますけど・・・)

青森県でサクランボ栽培が始まったのは明治8年のこと。
りんごがそうであったように、
勧業寮(現在の農林水産省)から配布された洋種果樹苗木にサクランボも含まれていました。

その時の苗木はどこに植えられたのか?
記録から明らかにすることはできませんでしたが、
明治20年代後半には、南部地方で継続的に栽培されていたことがわかっています。
d0007875_2092588.jpg

それでも、その頃は、
家の周辺やりんご園の周囲に植えられている程度で、
単独のサクランボ園というのは非常に珍しかったのだとか。
戦後、加工需要が高まるようになってから、
南部地方のあちらこちらにサクランボ園が開かれるようになりました。

地元産のおいしいサクランボ?
食べられるのは6月半ばを過ぎてからでしょ~。
これまでそう信じてきましたが(笑)、
なんと、5月から食べられるサクランボが南部町にありました!

「おいしいサクランボをできるだけ長い期間食べたもらいたい。」と、
平成7年からハウス栽培に取り組んでいる「留長果樹園」のサクランボです。

留長果樹園にお邪魔したのはGW明けの水曜日。
りんごとサクランボの花が咲く園地のそばのハウスでは、
早生種の「紅さやか」が収穫を迎えていました。
d0007875_20131824.jpg

「このサクランボはもともと授粉用。酸味があって・・・。」と、
園主の留目さんは控えめでしたが、
ほどよい酸味がむしろ甘みを引き立てていて、
とってもさわやかなおいしさでしたよ!
d0007875_20155991.jpg

青森の本格的なサクランボシーズンを待ちきれない方は、
留長果樹園さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。
同園のブログでも紹介されているように、
人気の「佐藤錦」がそろそろ収穫を迎えるようですよ。
by義人
by marugoto_aomori | 2008-05-10 20:33 | おいしい食材 | Comments(4)

お盆に食べる”神々の果実”ネクタリン

お盆休み(夏休み?)が終わってしまった方も多いと思います。
久しぶりに古里へ帰り、家族や親戚と楽しい時を過ごされたでしょうか。

ところで、
お盆といったらどんな果実を思い出しますか?
お盆になると必ず食べた思い出の果実。
私は、お盆の頃から出回り始める「ネクタリン」を食べると、
お盆に合わせて帰省してくる親戚達や、
近所の家に毎年東京からやって来ていた子供達のことを思い出します。

「桃」でも「すもも」でもない「ネクタリン」。
ネクタリンの名はギリシャ神話に出てくる神々の美酒「ネクター」に由来しているのだそうです。
芳しい香り、やわらかくてジューシーな果肉、たしかな酸味と濃厚な甘味。
それほど美味しいということなのでしょう。
d0007875_14215236.jpg

間違いなくモモの仲間なのですが、モモと違って果面には毛がなく、全体に光沢があるので、油桃、光桃と呼ばれたりすることも。果面に柔毛をつくるたったひとつの遺伝子が欠けていることによってネクタリンとなるのだそうです。

ネクタリンの歴史は古く、中国では7世紀頃から栽培され始め、その後ヨーロッパに渡ったと伝えられます。香りも酸味も強い濃厚な味は欧米人好みなのか、今では原産地中国よりも生活に根付いているとか。
日本での本格的な栽培は1965年頃からで、馴染みもそれほど深くありませんが、桃とは少し違う芳醇な風味は一度食べたらクセになるおいしさです。
d0007875_14175344.jpg

青森県内の主産地は、サクランボでも有名な南部町などの三戸地域。
流通量がそれほど多くない青森産ネクタリンは、名川チェリーセンター(南部町)やSAN・SUN産直広場(三戸町)などの直売施設で手に入りますよ。

神々の果実「ネクタリン」をぜひお試しくださいね。もちろん青森産で!(笑)

by 義人
by marugoto_aomori | 2007-08-17 19:53 | おいしい食材 | Comments(6)

青森の夏は、やっぱ青森の「すもも」でしょ!

青森は今「夏祭り」の真っ最中!

夏を感じさせる果実はいろいろありますが、
テレビやニュースで報じられる夏の果実といったら、
その時期青森ではまだ収穫されていなかったりしますよね。

南の地域より遅れてやってくる青森の夏は、
やはり青森の果実でその到来を感じるのが一番です。
青森の夏を感じさせてくれる地元の果実。
そのひとつが「すもも」ではないでしょうか。
d0007875_16152928.jpg
(↑南部町産すももを古川市場で見つけました)

すっぱい桃からその名が付いたとされる「すもも」は、
中国揚子江沿岸と日本の中南部が原産地。
日本では古くは巴旦杏(はたんきょう)、牡丹杏(ぼたんきょう)などと呼ばれ、数多くの在来種が各地で栽培されていたようです。

ところが、スーパーマーケットでよくみかける「すもも」の多くは、
実は一度アメリカに渡ってから戻ってきた「日本すもも」。
明治時代、日本すももに目を付けた米国人が数種類を母国に持ち帰り、その後半世紀にわたって西洋種と交配が重ねられ、色も形も味もよくなって、「プラム」という名で日本に帰ってきたのです。
「すもも」という極めて日本的な名前なのに、
ソルダムとかサンタローザ、ビューティといったカタカナの品種が多いのはそのためなんですねー。
d0007875_16163425.jpg
(↑完熟の大石早生です。とろけましたー。)

県内一のすもも産地はサクランボでも有名な南部町などの三戸地域。
好天に恵まれた今年は生育が順調のようで、例年より1週間ほど早まっているのだそう。
福島県の大石さんが育成したという「大石早生(おおいしわせ)」が出回りのピークを迎えています。

日本すもものおいしさは、酸味がきいた甘味と口の中で溶けるようなやわらかさ。
こんな暑い日は、よーく冷やした真っ赤なすももをかじりながら、燃えるようなねぶた祭りを見物したいものです。by 義人
by marugoto_aomori | 2007-08-03 16:19 | おいしい食材 | Comments(10)

期間限定!超おいしい「生ニンニク」

先週の後半から日曜日までずーっとニンニク産地に行ってました。
なので、今回ご紹介するのは、もちろんニンニク。

収穫真っ盛り
ニンニクの収穫は6月下旬から7月中旬。まさに今です。
一片が大きいことで知られる福地ホワイト六片ですが、土の中で大きくなりすぎると割れてしまい商品価値が下がるので、収穫は2週間から3週間の短い間、梅雨の晴れ間を選んで一斉に行われます。
今の時期、南部地方のニンニク産地を回ると、町中がニンニクの香りに包まれているのがわかりますよね。
d0007875_1448066.jpg
今だけ!生ニンニク
収穫されたニンニクはそのまま私たちの食卓に届くわけではありません。意外と多くの人がスーパーに並ぶニンニクを”生”だと勘違いしていますが、実は水分を30%ほど飛ばして貯蔵性を高めた乾燥品です。生のままでは日持ちしないため、収穫されたニンニクは大半がその日のうちに乾燥に回されます。だから生ニンニクが食べられるのは収穫後のごく短い期間だけ。しかもごく少量なので地元でなければなかなか手に入りません。

生ニンニクのおいしさ
生ニンニクのおいしさは、何よりもシャキシャキとした歯応え。あまりのみずみずしさにニンニクであることを忘れて(!)しまいそうです。生のまま醤油漬けにするとその食感が生かせますし、スライスをきゅうりや白菜の浅漬けに加えるとそのみずみずしさが効いてきます。
そしてニンニク好きにはたまらないのが強烈過ぎるほどの香りと超刺激的な辛みです。好き嫌いが分かれるところですが、すりおろした生ニンニクは、パンチの効いたフレッシュな辛みと独特のとろみが最高!イカ刺しや馬刺しに合わせると絶品!!と産地の方々が教えてくれました。

同じ「福地ホワイト」でも今でなければ楽しめない生の「福地ホワイト」。ぜひ味わってみてください。by 義人

つづきは、日本最強の在来種「福地ホワイト六片」のお話。
by marugoto_aomori | 2006-07-03 15:30 | おいしい食材 | Comments(18)

青森の美しい梅「豊後(ぶんご)」

いよいよ「うめ」が出回る時期になりました。
青森県南部地方で生産される梅の多くが、実は”うめ”と呼ばれる”あんず”であることは一度紹介しました。今回は、青森で昔からつくられている”うめ”「豊後」を紹介します。
d0007875_1122619.jpg
梅は中国西南部の山岳地帯が原産で、日本には弥生時代に渡来したと伝えられています。果実の大きさによって小梅(10g以下)、中梅(10~25g)、大梅(25g以上)に分類され、小梅は「竜峡小梅」や「甲州小梅」、中梅は「稲積」や「小粒南高」、大梅は「南高」や「白加賀」などがよく知られています。

梅は温暖な気候を好む植物。和歌山や群馬、山梨などのほか九州、四国が主な産地です。なのに、どうして青森で?実は「豊後」は、冷涼な気候を好む”あんず”との自然交雑実生なので、”うめ”の中では最も耐寒性が強いのです。

昔から実生で栽培されてきた”うめ”には地方品種がたくさんあります。「豊後」もそのひとつ。品種自体は大分原産とのことですが、南部地方でずーっと昔から栽培されてきた青森の「豊後」は、おそらく、あの八助の血を引いた青森独特の品種なのではないでしょうか。

青森の「豊後」は、淡い黄緑色の果実は40~50gと大粒で、縫合線が深くしっかりしていて美しいため、梅酒や梅漬けなどによく用いられます。

今年の出荷は6月末頃から始まるだろうと、名川チェリーセンターの方が教えてくれました。by 義人
by marugoto_aomori | 2006-06-20 12:04 | おいしい食材 | Comments(12)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング