まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:大鰐 ( 9 ) タグの人気記事

オトナの工場見学!青森県産ワインの製作工程を見学してみよう

青森ワイナリーホテル(旧:青森ロイヤルホテル)の地下に、サンマモルワイナリーの第2工場ができたときいて、見学に行ってきました。
ワイン工場は、別館の地下一階。ワイナリータウンと名付けられたゾーンにあります。
d0007875_18004300.jpg
見学ゾーンのいちばん最初にあるのは試飲スペース!
サンマモルワイナリーの全種のワインと海外の有名ワインの試飲ができます。
試飲をしながら、いま飲んでいるワインがどのように作られているのかを学ぶことができます。まさにオトナの工場見学です!
d0007875_18004985.jpg
最初に見える機械はは1時間に4000本も瓶詰めできる機械!むつの工場では手詰めで2000本/1日だったそうなのでいかに素早く作業できるかは歴然です。「これでこれまで以上にみなさんにお届けできます」と職員さんも嬉しそうでした!
d0007875_18005722.jpg
続いては、元はプールだった場所を改築した保管庫。発酵用の5000リットルタンクが24基も入っているそうです。
1つのタンクから7000本近くのワインができるということで、これまで以上に沢山のワインを醸造できると見込まれています!目標は年に30万本(!)の出荷だそうです。
d0007875_18010340.jpg
これらの機械は一見するとただの器具なのですが、赤ワイン用タンクと白ワイン用タンクの違いや、赤ワインと白ワインの作り方の違いなど、ワインにまつわる様々なことを教えてもらいながら見るととても勉強になります。
d0007875_18010992.jpg
そして、最後はサンマモルワイナリーのラインナップが揃った売店!工場見学のあとはお買い物が弾んでしまうのは気のせいでしょうか?
(写真に写っているのは、支配人代理兼製造部課長のソムリエである白戸さんです)

d0007875_18012570.jpg
サンマモルワイナリーのラインナップは食事に合わせることを意識しているそうです。また、鶴田町のスチューベンを使用したワインやアップルワインなど地場産品を使った「青森ならではのワイン」を目指しているのが大きな特徴だといえます。
d0007875_18013472.jpg
なお、美味しい料理とのマリアージュを楽しんで欲しいとの願いから、この工場で買ったワインはホテル内のレストランに持ち込み可能だそうです。これは嬉しいですよね。
d0007875_18014237.jpg
今回訪問した際はまだ工場が稼働していませんでしたが、10月頭からスチューベンワインの仕込みが始まります。
運が良ければ、圧搾作業などを間近で見ることができるかも?とのことでした。
冬の間を使って美味しいワインを醸造し、来年の4~5月にかけて瓶詰め作業を行う予定だそうです。

みなさま、ぜひ見学に行ってみてくださいね!


<青森ワイナリーホテル>
住所:〒038-0223 青森県南津軽郡大鰐町島田滝の沢100-9
TEL:0172-48-2881
FAX:0172-48-2897
工場見学:無料



by marugoto_aomori | 2016-09-07 18:39 | 青森の旅 | Comments(0)

大鰐元気隊KIDS 手づくり野菜!

大鰐町というと、みなさんが真っ先に思い浮かぶのは「温泉」でしょうか。
実際、いい温泉がたくさんありますよね。個人的には、大湯会館の丸い湯船と雰囲気が好きです。
大鰐温泉は太宰の小説の中にも登場してきますね。かつては、湯治場として確固たる地位にあった歴史ある町です。
最近では、津軽百年食堂でブレイクしましたね。大鰐には3軒の百年食堂があります。
今年は旅番組で氷川きよしさんも大鰐町を訪れて、百年食堂を訪れていました。
そして、絶対忘れてはならないのが、温泉もやし。大鰐の至宝です。

しかし・・・・こんなにいいものがあるのに・・・。
書くのが心苦しいのですが、町中には活気があまり感じられません。どうしてでしょう?

こうした思いは、訪れる人だけではなく、住んでいる人達にももちろんあって、中には何とかしたいと真剣に取り組んでいる人達もいます。そして、それは大人だけじゃありません。子どもたちだって、熱い思いがあるのです。
そんな、故郷おもいな子どもたちが、自分たちも大鰐のために何かできないか考えました!
その答えが、自分たちで畑を耕し、種を植えて、野菜を育てること。
そして、それを自分たち自身で販売することを通じて、大鰐のPRをしようと考えたのです!
d0007875_23544151.jpgd0007875_23545396.jpg
今回は、東京飯田橋にある、あおもり北彩館の店頭で、自分たちが育てた野菜や大鰐産品の販売を通じて道行く人々に大鰐をアピールしました。
d0007875_003029.jpg

ジャガイモやサツマイモは1袋100円です。1袋で8個前後入っている感じでしょうか。

子どもたちは一生懸命がんばってました!


子どもも大人も、みんな一丸となって、それぞれができることをやれば、大きな力になります。
言うのは簡単ですが、行動するのって、ほんと、難しいんです。
だからこそ、子どもたちの純粋な気持ちが、最高にうれしいです!

ちなみに、10月11日(日)には大鰐町の鰐comeで、また子どもたちが活躍します!
是非行ってみてくださいな♪



じゃがいもといったらニョッキでしょ!(ニョキッではありません)
by OAK
by marugoto_aomori | 2009-10-10 00:20 | 東京の「あおもり」 | Comments(2)

一度は泊まりたい憧れのお宿 『南津軽錦水』

6月上旬、ちょっと贅沢な県内旅行。
お宿は、これまでジャミンさんサファイアさんも記事にされている南津軽錦水
お部屋のタイプもおふたりと一緒の和洋室♪

せっかくなので早めにチェックインしようと玄関まで車で行くと、既に従業員さんがお出迎え。
そこから先の車は、スタッフさんにお任せ♪

少しの間、加山又造作の陶板壁画が華麗なロビーで休んだ後は、
d0007875_14544767.jpg
素敵な廊下を通って、
d0007875_14551682.jpg
お部屋でお抹茶とお菓子をいただきながらチェックイン♪
私たちのお部屋に飾られている絵は平山郁夫さんのものじゃありませんかぁ。うっとり♪
d0007875_14553251.jpg
あいにくの雨の日でしたが、窓の外には、瑞々しい緑が♪
d0007875_14555136.jpg
一番上の階なのですが、山の斜面でまるで1階のようです。

夕食までの間は、温泉♪
d0007875_14573181.jpg
樹齢二千年の木を使っている「古代檜の湯」は、温泉源泉かけ流し♪

脱衣所から出ると、湯上がりのりんごジュースのサービスまで♪
d0007875_14575553.jpg
そして、夕食も朝食も嬉しいことにお部屋食。
夕食は紹介しきれない程のお料理の数々。
d0007875_14581362.jpg
食前酒にはオリジナル大吟醸錦水、
d0007875_14583158.jpg
季節の魚介には日本海のひらめや白ミル貝、マグロ。根曲がり竹の子が添えられて。
d0007875_14584834.jpg
黒毛の南部和牛の叩き、下北の黒あわびの踊り焼き・・・と続き、
d0007875_1459977.jpgd0007875_14592217.jpg
デザートにはフルーツと大鰐銘産あじゃら餅で〆。
d0007875_14594614.jpg
朝は、朝食30分前に目覚まし時計代わりのお茶が新聞とともに♪

朝食は、魚は鮭、ホッケ、カレイから、味噌汁は赤味噌、白味噌から選ぶことができます。
d0007875_150599.jpg
おかずも夕食なみに豪華なのですが、竹の子の寿司、塩辛昆布、大鰐温泉もやしなんかが入っているのが南津軽だなぁ~って感じですね♪

新聞に俳句が添えられていたり、部屋で着る浴衣とは別に寝るとき用の寝間着も用意してくれたり、至れりつくせりのお宿。

退屈した時のために持参した本も開くことなく、温泉に浸かったり、極上の空間を楽しんでいるだけでチェックアウトのお時間に。

あ~、次はいつ泊まれるのやら・・・と後ろ髪引かれる思いで玄関まで。
既に、玄関にはエンジンがかかった車が…。
ホント、最後の最後まで至れり尽くせりでした♪
お宿のみなさま、ありがとうございました♪
by Kuu

《南津軽 錦水》
南津軽郡大鰐町字上牡丹森36-1
TEL:0172-47-5800 FAX:0172-48-5721
IN 15:00 OUT 12:00
by marugoto_aomori | 2009-06-30 15:02 | 青森の旅 | Comments(10)

アスパムで、大鰐町の桜を発見!

青森市内は、桜はほとんど散ってしまいました。
弘前の桜も観に行けずじまい・・・残念。
青森県庁の正面にあるりんごの樹には、今、白い可愛い花が咲いていますよ。

弘前の桜は残念でしたが、アスパムで「大鰐町の桜」を発見しました。
それがこれです。水野屋和洋菓子店の「桜ロール」
d0007875_19343939.jpg
大鰐町といえば、私のイメージは、
いこい食堂のラーメンと、山崎食堂の温泉もやし炒め定食の2つだったのですが、
これに水野屋和洋菓子店が追加されました。
ピンク色の生地に桜の塩漬けが入っていて、
巻いてあるクリームは最初一口食べたときに、「あれ?塩味?」と思うくらい
甘さが控えめで、クリームの中に入っているのは何だろう?と思ったら
あんこと桜の葉っぱの塩漬けでした。
だから、ロールケーキなんだけど、桜餅を食べてるような気分になります。
さらに、スポンジ生地の食感が独特で、弾力があって、もっちりしているのです。
ただ、ふんわり柔らかいだけじゃないのです。
もちろん、1本買えばよかったと後悔するくらいのおいしさです(笑)
アスパムのGWイベント「アスパム・スイーツカフェ」に出店されていたので
アスパムで買えましたが、ふだんは大鰐町のお店に行かないと買えません。
ロールケーキは、桜の他にもフルーツ、ショコラ、抹茶とあって
当然他のも食べたくなりますよね。今度は、大鰐町に行かなくちゃ。

アスパムのGWイベントには、八戸市のオステリア・デル・ボルゴも出ています。
青森県産の根菜と横浜町の菜種油で仕上げた「滝沢シェフ特製ミネストローネ」は
期待以上のおいしさでした。見たことのないオリーブ色の豆なんかも入っていて
食べ応え十分。お店で出しているのと同じなんだそうですよ。
d0007875_1935946.jpg
GWのアスパムには、県内からおいしいお店が集まっていて、
うれしいんだけど、なんだか申し訳ないような気もしています。
今度はお店に行きますからね!
                      byひろぽん
by marugoto_aomori | 2008-05-03 19:48 | おいしい食材 | Comments(2)

ああ、懐かしの 「弘南鉄道大鰐線」

車社会の中にいるので、
ガソリンの値上げが続いてかなりのダメージです。
こんな時はホント、公共交通機関のありがたさが身にしみますね(笑)。

運転免許など持っていなかった中高生時代や、
免許だけ持っていた大学生時代。
通学に、遊びにと、
公共交通機関に頼り切っていた頃が懐かしくて仕方ありません。
d0007875_20405388.jpg
そんな懐かしい乗り物のひとつが中央弘前と大鰐を結ぶ弘南鉄道大鰐線です。
弘前の中心部と温泉の街・大鰐間を結ぶ弘南鉄道大鰐線は、1952年に前身の弘前電気鉄道が営業を開始し、1970年に弘南鉄道に引き継がれました。

最も賑わいがあるのは「中央弘前駅」。
d0007875_20415125.jpg
この駅は、弘前市の目抜き通り「土手町」と飲食店がひしめく歓楽街「鍛治町」の真ん中にあります。地名が残っているように、戦前ここは、鍛冶屋をはじめ、左官屋、桶屋、銅細工師、鋳物師などが住む職人の街でしたが、戦後間もない昭和23年頃、町内にあった氷の貯蔵庫に2、3軒の飲食店が入ったのがきっかけで映画館が進出し、さらに弘前電鉄弘前大鰐線(弘南鉄道の前身)が開通、その後高度経済成長の波に乗って料理屋やバー、スナックなどが増えたのだといいます。

また乗ってみたい!
そんな思いが日増しに強くなった先月のある日、とうとう乗りに行ってきました。

d0007875_20545425.jpg
「中央弘前駅」を出発してから2分弱。線路際まで迫った住宅街を抜けると「弘高下駅」です。駅前にある古い「天金食堂」の名物メニューは、いかにも学生駅の食堂らしい”特製ジャンボラーメン”とか。食欲旺盛な弘高生のためにつくられたメニューに間違いありません。
次は「西弘前駅」。この辺りは、その駅名にちなんでニシヒロと呼ばれます。恋も友情も生まれる大学生の社交場です。

d0007875_20552278.jpg
土淵川沿いをさらに進むと見えてくるのが住宅街にある「城南駅」。沿線には弘前実業高校や聖愛高校があるため、朝夕は通学生らでにぎやかです。
「千年駅」。駅のすぐ隣にはかつて有名なバラ園がありました。残念ながら3年前の秋に閉園となったそうです。一本のバラも残っていない跡地には寂しさが漂っていました。

千年駅を過ぎると都市の風景から農村の風景へと変わります。
d0007875_20423013.jpg
岩木山神社、猿賀神社と並んで信仰を集める小栗山神社にほど近い「小栗山駅」、
津軽藩主が京都から持ち帰ったとされる”清水森ナンバ”の発祥地にある「松木平駅」、
りんご名人が多いという大沢地区の「津軽大沢駅」。
東奥義塾の移転に伴って開設された「義塾高校前駅」の周辺も、田んぼとりんご園に囲まれた南黒らしい農村風景が広がります。
d0007875_20432044.jpg
そして、ここまできたら買っておきたい「大仏餅」。「石川駅」から少しのところにあるむらかみ製菓さんの名物です。
弘南鉄道大鰐線で最も新しい「石川プール駅」は、市の清掃工場に併設された温水プールのオープンに合わせて開業しました。

津軽平野をトコトコ走ってきた電車はいよいよ大鰐町に入ります。
d0007875_20442690.jpg
大鰐町最初の駅は「鯖石駅」。この辺りは、かつて石の名産地として栄えていたのだそうです。
鯖石駅を出てあっという間に到着する「宿川原駅」。民家が迫るこの駅を出てカーブを曲がれば、上りの終着駅となる大鰐駅に到着です。この駅はJR奥羽線「大鰐温泉駅」との共同利用駅。
前身である弘前電気鉄道が開業した1952年に併設されました。
d0007875_20461366.jpg
大鰐町は800年も前から続く”いで湯の街”。
駅前の商店街を抜けて相生橋を渡れば、
旅館やホテル、客舎などが並ぶ昭和レトロな温泉街です。
”津軽の応接間”から”津軽の奥座敷”への旅はわずかに30分。
駅前の温泉施設「鰐come」で温泉に浸かった後、
再び電車で引き返したのですが、
思い出の公共交通機関に乗って旅に出るのも悪くないと思いました。
あ・・・まるで鉄っちゃんだ(笑)。
by 義人

【注意】
弘南鉄道大鰐線は、陸橋架け替え工事のため、10月23日まで石川駅~津軽大沢駅間がバスによる代行運転となっていますのでご注意ください。
by marugoto_aomori | 2007-10-18 21:02 | 青森の旅 | Comments(4)

ちょい旅 大鰐

贅沢なひとときでした。

昨日は、取材の同行で大鰐へ。
古くから津軽藩の奥座敷であり、キッチンガーデンでもあったこちらの特徴を一言で言えば、「湯元」。
その豊富な湯を熱源に使って作られた「温泉醸造味噌」のマルシチさんへお伺いしました。
d0007875_1137243.jpg
ちょうど味噌の仕込みの最初の作業となる米麹づくりの真っ最中。
巨大な大釜から炊きあがったお米を敷き並べ、麹菌をつける作業が行われていました。

そして、マルシチの中で津軽産大豆オオスズ100%の温泉醸造みそとあの「温泉もやし」とでお味噌汁を作っていただき、堪能。
d0007875_11384010.jpg
も~うっ、堪えられません。
豆もやしのあの風味とお味噌と煮干しのやさしい味。
独特のシャキシャキ感と油揚げにしみ込んだみそ汁の味。
「まだまだあるよ」との声に、お客様に謝りつつ、やさしく見守られつつ2杯目、3杯目と・・・。(笑)

不思議なことに、豆もやしと油揚げのみそ汁の組み合わせ、それはそれで最高のご馳走なのですが、なんか物足りないと思ってしまうワタシ。
それを確かめようと4杯目、5杯目と盛りに行くと・・・、ああっ!

足りないと思ったのは「とろろこんぶ」。
大好きな組み合わせなのに、しばらく食べていない。
欲しくて、試したくて、向かいのスーパーに買いに行こうと思うほど。

そんなこともありつつ、お客様を見送り、遅いお昼。
大鰐に来たら、いこい食堂。
d0007875_11395536.jpg
d0007875_11402160.jpg
創業昭和4年の煮干し味。
日景食堂も山崎食堂なども候補でしたが、超ご近所だったのでコチラで決定。
懐かしの中華そば味。ポクポクしたような手打ち麺。
みそ汁の飲み過ぎもあって、完ツユだけは我慢しましたが、それでも結構なくなっていました。

d0007875_11405791.jpg
d0007875_1141192.jpg
湯魂石薬師堂の湯気がいよいよ見えるに秋を感じつつ、大円寺の前を通り過ぎ、大急ぎで青森市に戻ってくるホントの「ちょい旅」でしたが、とっても心も体もホカホカするような感覚の時間を楽しめました。
夏とは違った感覚。
感じ方も秋になってきました。 byなおき
by marugoto_aomori | 2006-10-11 11:54 | 青森食べ歩き | Comments(10)

お米のお菓子

お米をふくらませたお菓子があるじゃないですか。
日本全国さまざまな呼び名があるようで、
ウェブでちょっと調べてみると、
東日本では「どんきみ」「ばくだん」の呼び名が多く、
西日本では「ぽん菓子」「ぽんぽん」と呼ばれること多いようですが、
まわりの同僚(なおきや義人)に聞くと、
「ぽん菓子」「どんきみ」「はぜ」「ばくだん」などと呼んでいたようで、
青森での通り名は謎のままです。

さて、大鰐町の鰐カムに立ち寄り、
特に買うわけでもないお土産品を眺めていると、
あるじゃないですか「どんきみ」が。
懐かしさで、買い物をするつもりはなかったのに買ってしまったのですが、
袋には大鰐名物とまで書かれているので、
ついでにどこで作っているかを聞いてみると、
大鰐町の宿川原にお店があるというので行ってみることに。
普通に車で走っていると見逃してしまいそうなお店ですが、、
店の中には「ばくだん」が山と積まれています。
その上、種類も豊富で食べたことがないようなものまであります。
「ぽん菓子」もここまであると笑えてしまいます。d0007875_16122579.jpg
d0007875_16132370.jpg

さて、この「ぽんぽん」ですが、
職場にお土産で持って帰ると意外に喜ばれます。
ちょっとお腹が空いたときから
本格的にお腹が空いたときまで、
幅広いニーズに対応できるところが魅力のようです。
なかなか見かけることが少なくなった「こめはぜ」ですが、
いま食べても十分美味しく、
まだまだ現役でがんばってほしい、
そう思いました。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-09-11 16:16 | あるあるこんなもの | Comments(13)

「朝日屋」?「日影食堂」?

弘南鉄道大鰐駅を降り、線路沿いに温泉街に行く途中、
朝日屋の屋号が目立つ日景食堂があります。

日景食堂の創業は明治まで遡ります。
当時、馬喰をしていた初代・佐々木治助さん、
馬を求めての旅生活に終止符を打ち定住することを考え、
売り出されていた建物を買い取り、この店を始めたそうです。
お寺さんから「朝日屋」という屋号をもらい、
自身のもともとの名字から店名を「日景食堂」と名付けています。

このお店では昔から店にあるケヤキの一枚板で作られたテーブルも
現役として活躍しています。
テーブルの高さこそ今と同じですが、
イスがとても低めに作られており、
胴長の昔の日本人体型に合わせたテーブルセットであることが伺えます。
そしてそこが、常連のお客様であれば必ず座る特等席だったりするようです。d0007875_17112264.jpg

代表するメニューはやはり中華そば。
脇野沢産と平舘産という青森の焼き干しの二代ブランドをブレンドし、
これに日高の根昆布など厳選された素材を加えダシとし、
ダシ壷という昔から伝わる壷を使って保温し使用しています。d0007875_17103461.jpg
ダシを小皿にとり味見をすると、
焼き干しの豊かな味わいを中心に
濃厚で複雑な味わいを感じることができるなかなかのもの。
醤油は地元で味噌・醤油を醸造しているマルシチのものを使っており、
地元の素材にこだわっています。

ここの中華そばの最大の特徴は、
出来上がると御主人がなぜかコショウかけてきてくれるところ。
「なぜ?」と聞くと、かけ過ぎる人がいるので、
ちょうどいい量ををかけてあげているんだそうです(笑)。d0007875_17105625.jpg

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-04-12 17:12 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(8)

秘伝の大鰐温泉もやし

初冠雪や雪による国道の通行止め。
いよいよ冬が来た!という感じで気分も暗くなりがちですが、
冬でなければ味わえない青森ならではの食材もあるんです。
津軽藩の台所と言われた大鰐町で350年以上も前から栽培され、
時の津軽藩主に必ず献上されたという「大鰐温泉もやし」がそのひとつです。

津軽藩御用達のこの「大鰐温泉もやし」は、
主に冬期間だけ栽培されている津軽の伝統野菜。
数名しかいない栽培者が今なお秘伝の方法で栽培します。

明らかになっていることといえば、
温泉熱を利用した昔ながらの土耕栽培であること(もちろん無化学肥料、無農薬)。
タネは門外不出の在来種であること。
水道水は使用せず温泉だけで育てていること。など基本的な部分のみ。
詳しい方法やコツは昔も今も一切口外されることはありません。

おいしさの秘密は何といってもその歯触り。じっくり育てられたこのもやしは、自らが持つ生命力と秘伝の「温泉〆」により、水耕栽培にはないシャキシャキとした歯ごたえがあります。また、ほのかな土の香りは何とも言えない優しい旨味となってついつい箸が進んでしまいます。
d0007875_1232391.jpg
大鰐温泉もやしは豆もやしとそばもやしの2種。
シャキシャキ感が強い豆もやしはみそ汁や豚汁に入れたり油炒めにしたり、細いそばもやしはサラダやおひたしにしていただきます。

大鰐温泉もやしは期間限定、数量限定、地域限定。
冬になると大鰐町内の食料品店や町地域交流センター「鰐come」などで購入可能です。
by 義人
by marugoto_aomori | 2005-11-14 12:32 | おいしい食材 | Comments(20)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング