まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:平川市 ( 9 ) タグの人気記事

青森の名湯巡り 五色の「お湯リンピック」開催中!!

東京オリンピックの開催は2020年ですが、青森県では一足早く、今年の5月1日から、オリンピックならぬ「お湯リンピック」が開催されています。

内容は、青森県内のお湯の色の異なる五つの温泉(黒、金、白、茶、緑)が連携して、温泉巡りを楽しんでいただくスタンプラリーとなっており、5温泉で入浴してスタンプを集めると、次の1回を無料で入浴できるほか、4つの温泉旅館で宿泊すると、次にいすれかの旅館で宿泊する際には1割引になるとのことです。

主催する「青森県五色温泉協議会」では、この取組をきっかけにして、青森県内の豊かで様々な温泉を楽しんでほしいと話しています。
このため、今回は、その中でも緑色(エメラルドグリーン)のお湯で「日本一の温泉銭湯」とも言われる、平川市の新屋(あらや)温泉にお邪魔しました。

d0007875_20170725.jpg

約30年前に建てられた建物や内部の様子はいたってシンプルで、コインロッカーにいたっては、使用料が10円。何とも懐かしさを感じます。

d0007875_20320553.jpg

時間によって色が変わる(透明→白濁した緑色→エメラルドグリーン)不思議さに加え、何よりも温泉マニアの評価が高い泉質は、温泉素人の私にもわかるほどです。

d0007875_20151034.jpg

湯船に入った瞬間、柔らかでヌルヌルとしたお湯が身体を包み込み、熱すぎない湯温がとても心地良く、いつまでも浸かっていたい気持ちになります。

上がった後も、肌が何とも言えないほっとするような良い香りに包まれます。

d0007875_20292584.jpg
ご主人にお話しを伺うと、ブログや旅行雑誌で取りあげられたこともあって、最近は県外からのお客様も増えてきたとのことでした。

今回の「お湯リンピック」の取組についても、全部回るのは難しいかも知れないけれども、青森県内の温泉の良さを全国の皆様に知っていただく良い機会になればとのお話しでした。


<お湯リンピック参加施設>

●「黒」・・・東北温泉(東北町)
 (過去のブログ記事)


●「金(黄金色)」・・・不老ふ死温泉(深浦町)
 (過去のブログ記事)

●「白(白濁色)」・・・下風呂(しもふろ)温泉まるほん旅館(風間浦村)

 (過去のブログ記事)

●「茶(茶褐色)」・・・古遠部(ふるとおべ)温泉(平川市)

 (過去のブログ記事)

●「緑(エメラルドグリーン)」・・・日帰り施設・新屋温泉(平川市)

 (過去のブログ記事)

皆様も、温泉地数全国第4位、人口10万人当たりの公衆浴場数全国1位の青森県の温泉をぜひお楽しみください。

(byオーレおじさん)


【新屋温泉】
 平川市新屋平野84-14
 TEL 0172-44-8767
 営業時間 ・朝湯 5:30~7:30(4月~11月)
      ・通常 7:30~21:30 
 料金   大人 350円(朝湯 200円)



by marugoto_aomori | 2014-10-08 20:52 | その他 | Comments(0)

入浴、混浴、森林浴

黒石方面から十和田湖に向かう途中、十和田国立公園内に入ってまもなくの場所に、森林に囲まれひっそりとたたずむ温川山荘があります。
自然と一体となった歴史を感じさせる山荘ですが、入浴と混浴と森林浴を一気に楽しめる温泉なので、ちょっと立ち寄りました。

入口には、渓流をまたぐ吊り橋がかかっています。
d0007875_18352979.jpg

吊り橋の揺れを感じつつも、渓流美に見とれながらゆっくりと渡ります。
d0007875_1836118.jpg

渓流では、釣り人もいて風情があります。

温川山荘の温泉は、内湯と露天風呂があり、内湯は、男湯と女湯に分かれています。d0007875_18373729.jpgd0007875_1838626.jpg
内湯は、レトロな雰囲気漂う浴室から窓越しに緑を眺めながら入浴ができます。
温泉は、湯量豊富な源泉掛け流しです。とても熱いお湯ですよ。

内湯のあとは、露天風呂へ。
d0007875_18384256.jpg

露天風呂は混浴です。
入口と脱衣所は男女別ですが、お風呂で合流というありがちなパターンです。
d0007875_18391124.jpg

露天風呂のすぐ横を流れる渓流の音と、ブナやカエデなどの木々に囲まれた森林浴によって心身ともに癒されます。秘湯という言葉がぴったりです。

また、大自然で暮らすトンボも見ることができました。
d0007875_18393097.jpgd0007875_18403515.jpg
オニヤンマなどたくさんのトンボたちが戯れており、大自然の中で浸かる露天風呂の醍醐味を十分に味わうことができました。

まだ残暑が続く青森県ですが、少しずつ過ごしやすくなってきている今日この頃です。
温泉通の方であれば、十和田湖の紅葉を見に行く際に、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

by ひっさ

<温川山荘>
 青森県平川市切明津根川森1-32
 TEL 0172-55-2314
日帰り入浴 500円
by marugoto_aomori | 2012-09-10 19:05 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

雪の中の盛美園で、アリエッティを探そう

青森もようやく陽が射す時間が長くなり、ようやく春が近づいているんだなぁと感じられるようになってきました。
冬のうちに行こう、行こうと思っていているうちに、雪が解け出しちゃった!!と慌てて出掛けてみたのが平川市尾上の盛美園
これまで冬は閉園していたのですが、今年度、初めて冬に公開するということで絶対に行かなくちゃって思ってたんですよ。

夏にもご紹介しているので、今日は冬景色を♪
盛美館側から見ると、雪が解けて雪囲いの木材が見え始めてしまっているのですが、庭側から見ると、池にも雪が積もっていて綺麗♪
d0007875_914586.jpg

雪の中の庭を散策しながら、いろんな角度から盛美園を楽しんできました。
d0007875_9275.jpg

よ~~く見ると、建物の床下にアリエッティが!!
d0007875_922355.jpg

本当にさりげない感じで『借りぐらしのアリエッティ』の世界を楽しむことができるんです。

天気も良くなってきましたし、雪が解ける前に、雪の中の盛美園にお出掛けしてみてはいかがでしょうか。
3月31日までなら、入園料が通常の半額ですよ~~♪
来期は、大雪の日に行かなくっちゃ!!
(写真は2月21日に撮影したものです)
by Kuu

《盛美園》
平川市猿賀石林1 0172-57-2020
12月-4月10日は観覧料金が半額
(大人200円、中・高125円、小学75円)
by marugoto_aomori | 2011-02-24 14:13 | 青森の旅 | Comments(2)

盛美園 ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』の参考に

7月17日に公開となったスタジオジブリの映画『借りぐらしのアリエッティ』。

青森県内のあのスポットも映画の舞台の参考にされているんです!!

地元の方なら、新聞などで話題になっているので、すぐにピーンとくると思います♪
そうです、平川市の盛美園です。
d0007875_1232712.jpg

津軽には大石武学流とよばれる独特の作庭様式が伝えられていて、平川市には、綺麗で広い武学流のお庭や立派な蔵、生け垣のあるオオヤゲ(津軽弁で「大家」、「お金持ち」の意)が多いんです。
自宅に小川が流れていたり、滝があったりって普通ありえないと思うんですが、そういうお宅が結構あるんです。
d0007875_1235337.jpg

その典型とされるのが、国指定名勝の盛美園です。その建物は、庭園を眺めるために明治41年に建てられた和洋折衷の建築。
書院造りの客間もお見事だし、そこから眺める庭園風景も幻想的でお見事!!
d0007875_1241246.jpg

そしてそして、金箔で覆われた御宝殿もこれまだお見事!!
鎌倉時代の彫刻金剛界大日如来が安置されているのですが、河面冬山による日本最大の蒔絵も見ることができるんです。
d0007875_1243598.jpg

※御宝殿は撮影禁止ですが、許可を得て撮影しています。
本当に何から何まで金ピカの豪華絢爛。

さてさて、映画の話題に戻りまして、スタジオジブリの広報部長さんの「アリエッティ日記」では、この作品は主役が床下に住む小人たちのため、外の大きな世界は関係がなく、特定の舞台となる場所はないけれど、『2008年にジブリが社員旅行で行った青森にある盛美園という立派なお庭と和洋折衷の建物がある公園を大いに参考』にしたと語っているんですよ~~♪

ワタシが盛美園にお邪魔した時には、宮崎監督が書かれた色紙が!!
ポニョが頭に盛美館のドームをのっけているじゃないですかぁ。
d0007875_1245521.jpg

これはジブリの社員旅行でいらっしゃった際に、いただいたサインなんですって。

残念ながら、まだ作品を見ていないのですが、予告編に流れている光景は、盛美園の特徴に良く似ているような・・・。

例えば、空中に浮いているような展望室と、そのドーム屋根、
d0007875_125168.jpg

木々に覆われた庭園の中の石橋、
d0007875_1253520.jpg

石の灯篭に、ピンクのツツジ♪

これは、ちゃんと劇場でチェックしなくちゃです。

そして、『借りぐらしのアリエッティ』をご覧になった方が、映画の半券を盛美園に持参すると入園料割引サービスをしてくれるそうです。

さらに半券にご連絡先を記入の上、応募箱に投入された方に抽選で50名様に盛美園の写真集をプレゼントするそうですよ!

また、こちらには休憩所があって、津軽りんごと小豆のオリジナルお菓子「清藤の庭こ」(津軽弁で「清藤の庭」の意)とお抹茶のセットをなんと400円でいただくことができるんです。
d0007875_1255492.jpg

弘前の菓子処寿々炉でつくられた無添加の板菓子で、ひんやりとした食感がこの季節たまらなく美味しい~~♪

この夏は、映画見て、平川市に遊びに行って、盛美園で映画の光景を思い浮かべる・・・そんな過ごし方をしてみたいものです。
by Kuu

《盛美園》
平川市猿賀石林1 0172-57-2020
開園期間 4月20日-11月15日
4月-8月 8時-18時 9月-11月 8時-17時
http://www.seibien.jp/
by marugoto_aomori | 2010-07-26 12:10 | 青森の旅 | Comments(10)

自然薯ラーメン 三笠食堂

碇ヶ関で「湯上がりラーメン」

平川市碇ヶ関。
青森県の南側、秋田県との県境にあるいで湯の村です。
しかもただの湯じゃない!

この地域の湯は、そう「高濃度温泉」。

またの機会に高濃度温泉のお話はしますが、どんなところと言えば、
こんな感じです♪
ジャ~~ン!!
d0007875_17235722.jpg

高濃度な湯が溢れるごとに作り上げるこの「千枚田」の様子。
見ただけでただものではないと思っていただけると思います。

こんないい湯に浸かって、ほ~っとひといき。
極楽、極楽です♪

そして、その後は、
湯上がりラーメンです。

昭和24年からこの碇ヶ関でお店を開く三笠食堂へ。
d0007875_1731293.jpg

碇ヶ関の特産である自然薯を地元で食べられるようにしよう、と平成14年に村内の飲食店などが集まり検討し、自然薯を練り込んだおいしい中華麺を作り上げました。
d0007875_17271117.jpg


平成14年から始めた「自然薯ラーメン」(600円)を注文。
d0007875_17275823.jpg

もっちりしたいい食感の麺。
もともと中華そばがおいしい三笠食堂ですが、この自然薯の麺用にスープにはこのおいしいスープにさらにちょっと工夫がされているんだそうです。
ホント、かぶりつきです(笑)

三笠食堂は練り込んだ麺だけだと自然薯の姿を見せられない、と自然薯をお肉で巻き付けた自家製チャーシューを乗せてくれます。

自然薯タンメン(700円)もあります。
d0007875_17282763.jpg


そしてもう一つの自然薯メニューが「自然薯マダギぎょうざ(380円)」です。
d0007875_17301354.jpg

平成16年から始めました。
豚肉や行者にんにくなどが入っていて、やさしい味です。

木ノ葉丼なんていうメニューもあったり♪
もっともっといろいろなメニューを試してみたい湯上がりの食堂でした。
湯上がりにはラーメンが合いますよ(笑)
byなおき

<データ>
三笠食堂
 住所:平川市碇ヶ関71
 電話:0172-45-2503
 営業:11:00~20:30
 定休:第2第4日曜日
by marugoto_aomori | 2009-02-05 17:33 | 青森食べ歩き | Comments(4)

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉

つい先日までやけに暖かかった青森ですが、それでもすっかり秋は深まり、紅葉はもう終盤にさしかかりました。こうして気温が下がり、日が短くなってくるとやけに恋しくなるのは暖かい食べ物であり、温泉です。青森育ちの私が言うのですから間違いありません。

ということで、前回の古遠部温泉に続いて、今回は湯ノ沢温泉を紹介します。

湯ノ沢温泉は、一軒宿である古遠部温泉とは違い、「秋元温泉」「なりや温泉」「湯ノ沢山荘」の三つの温泉からなる温泉郷です。お互いに歩いていけるほど近くにありながら、それぞれが異なる源泉を持っているというのが特徴の湯治場です。
では…そうですね、道路に沿って奥にあるお宿から順にご紹介したいと思います。

「秋元温泉」
d0007875_21461888.jpg
創業はおよそ400年前。矢立の名湯(秋田との県境が矢立峠)として親しまれていましたが、明治維新後に一時温泉を閉鎖、その後大正初年に改めて秋元温泉として開湯したそうです。泉質は酸性硫黄泉。見た目には緑がかった濁り湯で、主な効能は神経痛、リウマチ、冷え性などです。
d0007875_22354884.jpg
お風呂も建物も比較的新しい雰囲気で快適そうです。でも湯治部のお部屋にはしっかり「ちゃぶ台」があって、照明(というより「電気」と呼びたい!)のスイッチがビニールの紐で延長されているあたり、やはり懐かしい雰囲気が漂います。

「なりや温泉」
d0007875_21463614.jpg
大正の末頃から営業されている温泉です。浴場は二つあり、以前はそれぞれ泉質が異なっていたそうですが、現在はいずれも同じ食塩硫化水素泉です。色は白濁、主な効能はリウマチ、神経痛、胃腸病などとされています。
d0007875_222354.jpg
写真はお風呂に続く廊下です。ちょっとほの暗い中に見える「第二浴場」の看板…初めて見てもなんだか懐かしい気がするのは私だけでしょうか。お部屋も古いながらも清潔に保たれています。

「でわの湯 湯の沢山荘」
d0007875_21465714.jpg
昭和37年開湯という、比較的新しい温泉です。泉質は含土類石膏食塩泉というもので、色は黒っぽく、マグネシウム・マンガンの含有量は日本一なのだそうです。主な効能は神経痛、胃腸病、貧血症など。
d0007875_2292118.jpg
特徴はなんと言ってもお風呂でしょう。床がボコボコになるくらい析出物がこびりついています(右上写真)。床もヒバ材で作られたお風呂なんですが…もう分かりませんよね。それに、お風呂のあるところの外観も年季が入って良い感じです。

このようにそれぞれ特徴を持った湯ノ沢温泉ですが、古遠部温泉さんと同じく、湯治客はだいぶ減ってしまったそうです。しかし、いずれの宿も旅館部(食事を提供する宿泊形態)が設けられており、短期滞在のお客様にも対応しています。もちろん立ち寄り入浴も可能です。

とはいえ…
丁寧に手入れがされた古い木の廊下を、ぎしぎし音を立てながら踏み歩く。
知らなかった人と炊事場で会話を交わし、おかずを交換する仲になる。
ご飯を食べる時間には布団をたたみ、ちゃぶ台を出す。
気の向くまま温泉に浸かり、気ままに過ごして時々ふらりと外に出る…
そんな湯治の風景が失われゆくのは少し、残念な気がします。

などと考えながらふとケータイを開けたところ、「圏外」の表示。
むむっ?…いや。ですよね。

湯治に来てまであれやこれやと気にしてたら、どんないいお湯も台無しになりそうです。
便利な反面何かと忙しい世の中ですが、日常から少し離れて疲れを癒す、これは湯治場の正しい姿であるのだ、と思いました。

by くどぱん!

○秋元温泉
 平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-26
 TEL.0172-45-2137
○なりや温泉
 平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-16
 TEL.0172-45-2228
○でわの湯 湯の沢山荘
 平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-17
 TEL.0172-45-2531
 ※立ち寄り入浴はいずれも300円(広間利用などは別料金)
by marugoto_aomori | 2008-10-29 22:59 | 青森の旅 | Comments(0)

「秘湯」ではなく「湯治の宿」です ~古遠部温泉

青森県はうっかり銭湯に行くと実はそれは温泉であるのが普通という、とても温泉が身近な土地柄ですが、そういった日常の温泉のほか、冬は湯治場で夏の疲れを癒すということもよく行われていたものです。

今回訪れた古遠部温泉は、そんな湯治の宿の一つで、元の碇ヶ関村(現平川市)の森の中に佇む一軒宿です。
入口には”療養の古遠部温泉”という看板が掲げられており、なんだか効きそう!
d0007875_3314791.jpg
たった260円の入浴料を払って浴室へ。
一歩入って驚いたのがそのお湯の量。床一面を数センチのお湯の層が覆っています。
「どどどどどーー」とお湯が湯船に入るそばから、「ざざざざざーー」とあふれ出しています。
d0007875_326585.jpg
ここの温泉はなんと毎分500リットルの湧出量を持ち、湯船を出て床に寝そべってくつろぐ入浴(?)の仕方も普通に見られる光景なのだとか。
いやいや見事な掛け流し……って言うより「溢れっぱなし」ですよこれは。なんという贅沢。

お湯は結構熱めと聞いていましたが、実際浸かってみると、あふれるお湯と一緒に体の疲れも流れ出ていくような、ちょうどいい湯加減です。
お湯を口に含むと結構な金属臭。成分が濃いんでしょうか。
それにしても、極楽、極楽(´。`)

ご主人曰く、「温泉は病気に効く、と大声で言えるものじゃない。でも実際、病院で治らない病気が治る人もいる。温泉が人の治癒力を高めるのは確かだが、加えて自然の中を散策したり、リラックスして過ごしたりする相乗効果なんだと思うよ」

うーん、確かに日帰りでもリラックスは十分できます!いいお湯でした。
あがってからも体の芯までポカポカです。

古遠部温泉はずっと湯治だけでやってきたそうですが、昔ながらの湯治で長逗留する人はだいぶ減ってしまったそうで、今は料理を提供する通常の宿泊もやっています。
d0007875_3352851.jpg
最後に、「これは秘湯ですね」と言ったら「湯治の宿ですよ」と、やんわり訂正した主人の言葉に、この温泉宿の全てが込められているように感じました。

じっくり滞在する湯治の習慣が薄れ、訪れる人の目的が変わって短期滞在や日帰りが増えても、この宿が昔と変わらず提供しているのは、いいお湯やくつろげる建物、周囲の自然をひっくるめた”癒し”なんだと…

なんだかいい言葉を聞いて「今度はもっとゆっくり来たいな」と思った反面、自分の言葉のうかつさをちょっぴり反省して、温泉を後にしたのでした。

by くどぱん!

○古遠部温泉
 平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467
 TEL.0172-46-2533
 日帰り入浴:9:00~20:00 260円
 (国道7号線を碇ヶ関御関所のところで国道282号線に入り、
  約3.5km進んだところを左折して1kmほどのところです)
by marugoto_aomori | 2008-10-10 23:23 | 青森の旅 | Comments(10)

青森テクノロジー クリーン電源「First Cry」 

家庭の電源は劣化している?!って考えたことありますか?
驚くようなお話ですが、壁コンセントの電源には多くのノイズが混入していて、言い換えれば”汚れている”のだそうです。デジタル時代の今日、建物内にはさまざまなノイズがあふれ、コンセントの電源パワーを劣化させているのだとか。
d0007875_14585526.jpg
音響機器への影響は語るまでもありません。劣化した電源では、音に雑味が交じり、音の奥行き感がなくなったり、音の輪郭がにじんだりぼやけたりします。が、クリーンな電源を供給することによって、S/N比が圧倒的に高まり、本来の音色がオーディオ機器本来の機能によって生き生きと再現されると言います。

わかりやすく言うと劣化し汚れた電源をろ過してきれいにしてくれる装置。それが”クリーン電源”。なんと青森には、国内オーディオ業界では知る人ぞ知るオーディオ用クリーン電源を製造・販売している企業がありました。幻の名機「DENKEN」ブランドの製造元でもある光城精工有限会社(平川市)です。※東奥日報の関連記事はこちら
d0007875_14582071.jpg
回路設計から基板、板金加工まですべて社内でこなすプロの集団は、インバーター方式による高い性能とクラス最小のコンパクトなボディ、この性能では考えられない低価格を実現したクリーン電源「First Cry」をつくりあげました。本当の音色をたくさんの人に感じてほしい!そんな願いから生まれた手頃なクリーン電源です。

オーケストラ、ジャズ、ロックなど、どのジャンルの音楽を聴き比べてみても、音の上流から雑味が取れ、瑞々しい情報が堰を切って流れ出すような極めて鳴りっぷりのよいサウンドを感じることが出来るのだそうです。

電源にこだわると”マニア”に見られがちですが、音を楽しむということは、もともとこういうことなのだと光城精工の芳賀社長が教えてくれました。
クリーン電源にスイッチを入れ、静かに目を閉じると、無限の音空間がどこまでも広がっていくようです。by 義人

(青森テクノロジーのバックナンバー「アマミール」「カロリーアンサー」も是非ご覧ください。) by 義人
by marugoto_aomori | 2006-06-27 15:07 | あるあるこんなもの | Comments(8)

まるで津軽の親戚の家に来たようなお店「花のや」

平川市の北部、旧尾上町の旧道沿いに「花のや」というお店があります。
玄関口から色鮮やかな花々が所狭しと飾られていて、
お店の名前からもオーナーの花好きがうかがえるお店です。d0007875_1141999.jpg
お子さんの独立を契機に始めたというこのお店は、
玄関まわりに少し手を加えただけで、あとは元の自宅をそのままを使っています。
客室に使われているのは、
床の間だった和室12畳と縁側2畳半、居間だった洋室8畳。
まるで「津軽の親戚の家に遊びに来た」ような気分にさせてくれて、
リラックスしてくつろいでいるのですが、
ほんの少しだけ緊張している、そんな感じです。

この時は「鯛めし」と「舞茸ごはん」をいただきました。
おかず2品にお吸い物、漬け物、小鉢、デザートがついて
鯛めしは1,500円、舞茸ごはんは1,200円です。
鯛は西海岸産のもので、この海で育った天然の鯛は、
身がしっかりとして、味も濃いため、
最後まで飽きることなくご飯を食べさせてくれます。
舞茸も地元の農家が丁寧に作った上質のもので、
歯ごたえと味が最高でした。d0007875_1145768.jpg

メインのごはんも美味しいのですが、
個人的に感動したのが「おかず」。
特になんてことのないおかずなのですが、
本当の津軽の家庭料理の味で、
懐かしさと優しさに溢れていました。d0007875_116150.jpg

花のやのスタッフは地元の7人の女性とのこと。
女性のきめ細やかさと、
母親が子どもの食事を作るときの優しさが込められています。
食材もできるだけ地場のもの、
それも流通が確認できるものを選んでくれていて、
本当に安心して食事を楽しむことができます。

最後にいただいた手作りのおはぎ。
このお店でも人気の品で、
甘すぎず大人が食べてとても美味しいと感じる素敵な味でした。
ちょっとしたおもてなしにもピッタリのお店です。d0007875_1173275.jpg

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-03-23 11:08 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(8)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング