まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:日本酒 ( 3 ) タグの人気記事

青森の日本酒を徹底的に愉しむ

仕事が終わって、家に帰る前にちょっと寄り道したいなぁと思う日ってありますよね?
先日そのような衝動にかられ、青森県産にこだわり、地酒もそろっている一っ福さんにフラリ。
d0007875_11275772.jpg


今が旬の青森のホヤ。いつ食べるの?今でしょ。
ホヤに合いそうなお酒として、豊盃(三浦酒造)をセレクト。
華やかな香りで、うまみがしっかりしている豊盃と新鮮な潮の香りのホヤ刺。ホヤにはやっぱり日本酒が合います。お猪口と箸が止まりません。
d0007875_11282644.jpg


焼き魚が食べたくなったので、銀タラ津軽味噌焼きを注文。
焼き魚に合いそうなお酒として、岩木正宗(竹浪酒造店)のぬる燗をセレクト。
店オリジナルの津軽味噌にじっくり漬けた銀タラが絶品。濃醇でガツンと力強い味わいの岩木正宗は、熱燗かぬる燗がおすすめ。口の中で広がる香りがたまりません。
d0007875_11285558.jpg


このように、本県の居酒屋では、いつでも地酒を楽しむことができますが、今般、青森県・函館デスティネーションキャンペーン記念として、青森県内の各酒蔵が集合し、各蔵自慢の日本酒が飲み放題という、日本酒好きにはたまらないイベント「青森・北海道道南のお酒を愉しむ会」が開催されます。
d0007875_11371767.jpg


愉しむ会の出店銘柄はこちら。18の酒蔵が集結。これらの日本酒が5,500円で飲み放題。
d0007875_11373366.jpg


これらの日本酒をはじめ、青森県らしい肴、「はこだてワイン」や道南にちなんだお酒もいただけます。美味美酒にひたるのが生きがいの、本県出身の紀行作家山内史子さんのお酒の話も聴くことができます。
日本酒が好きな人、日本酒をもっと知りたい人、たくさんのご参加をお待ちしています。

<青森県・北海道道南のお酒を愉しむ会>
主催:青森県・函館デスティネーションキャンペーン推進委員会
協力:青森県酒造組合
■日時 平成28年9月22日(木祝)~23日(金)
     第1回 13時~15時
     第2回 17時~19時
■場所 青森国際ホテル 3階 萬葉の間
■内容
 (1)各酒蔵が集合し、各蔵自慢の日本酒が飲み放題
   (「はこだてワイン」や道南にちなんだお酒の提供も含む)
 (2)青森県らしい肴による組み合わせを徹底的に愉しむ
 (3)お酒の話:山内史子氏(本県出身の紀行作家)ほか
■会費 5,500円(税込)
■備考 チケットは、県内のローソン及びチケットぴあ(サークルK・サンクス)にて購入してください。

詳細はこちら(青函DCホームページ)
http://www.aomoriken-hakodate-dc.jp/dcinfo_160825.html

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-09-16 11:50 | その他 | Comments(0)

津軽杜氏が醸す津軽の地酒「亀吉」

酒造りの長"杜氏"には地域ごとの流派のようなものがあります。
青森・岩手の南部杜氏や兵庫の但馬杜氏が有名で、
地域の名前を冠しながらそれぞれの酒造りを伝承しています。
津軽地方にも津軽杜氏と呼ばれる流派があり、
少し前までは杜氏組合を組織して津軽の酒造りを伝承してきました。
蔵の減少などにより今ではこの組合はなくなり、
津軽杜氏組合で酒造りを学んだ杜氏は数少なくなったと聞きます。
このような中、今も現役で活躍している津軽杜氏に対馬義昭さんがいます。
津軽杜氏組合で酒造りを学んだ生粋の津軽杜氏です。

対馬杜氏が現在酒造りを行っているのは黒石市の中村亀吉。
黒石にある3つの蔵の中では一番若い大正時代創業の蔵ですが、
数年前から創業者の名前を冠した「亀吉」というお酒を出していて、
これがかなり評判になっています。
通常銘柄酒「玉垂」に比べて精米歩合を上げ、
すべて純米酒以上のグレードで造られるこのお酒は、
日本酒本来の美味しさをストレートに感じることができます。d0007875_18292625.jpg
「亀吉」の魅力の一つに、
食中酒として最高のポテンシャルを発揮することがあります。
フランス料理では” 料理とワインのマリアージュ” という言葉が定着し、
お互いを引き立て合うベストパートナーとして認め合っていますが、
和食においては料理とお酒の関係はあまり重要視されていないように思います。
確かに、甘ったるい印象の強かった以前の日本酒だと
必ずしも料理との相性は良くなかったですし、
過度の吟醸香を放つ日本酒は料理の邪魔をしていました。

しかしこの「亀吉」は違います。
米本来の旨味が引き出されているため和食との相性が抜群に良く、
米本来の酒の香りは食欲をそそります。
またキレが良いためさっぱりとした飲み口が食を進め、
食べるほどに、飲むほどに、お互いの旨味が相乗効果で引き出されるので、
間違いなく飲み過ぎてしまうほど相性がいいのです。
和食、特に寿司や刺身を食べるときには最高です。

津軽杜氏「対馬義昭」氏は、
農業を行いながら、冬は酒造りを行う伝統的な杜氏であり、
これは段々と少なくなっている日本の文化の一つです。
津軽杜氏が醸す津軽の地酒「亀吉」。
いつまでも残っていてほしいものです。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2008-03-25 18:30 | あるあるこんなもの | Comments(2)

大好きなお酒「鄙亀」

青森県は本当に日本酒が美味しいところです。
田酒や豊盃は全国ブランドとして名を知られ、
プレミアが付くほどの人気ですが、
他にも美味しいお酒が数多くあります。
・・・・・・・・・・
数年前に焼酎ブームが到来し、
いわゆる乙類焼酎の美味しさが世に知れると、
何となく日本酒に飽きていた私も焼酎を飲むようになりました。
そして2年前、ある人と出会うことになるのですが、
その人は津軽の地酒をこよなく愛する人で、
自分はこういう酒が好きなんだと私に一杯のお酒を勧めてくれました。
それが「鄙亀」というお酒です。d0007875_16301872.jpg
この「鄙亀」を飲んだ時は驚きました。
もともとそれほど大したお酒を飲んでいた訳ではありませんが、
「鄙亀」は自分の日本酒観を変えるほどの説得力がありました。
口に含むと日本酒の力強い風味が広まり、
飲むとすーっと流れ落ちるように切れていきます。
それ自体で味が完結しているため、
これだけあれば何もいらない、そんな風に感じるお酒。
日本酒って旨いなと心に浸みてくるようなお酒でした。
・・・・・・・・・・
「鄙亀」は弘前市にある石場屋酒店の店主が、
津軽の蔵を巡り歩き、自分がこれだと思った酒を買い付け、
オリジナルの名前で販売しているお酒です。
日本酒の本来の姿として純米・無濾過・原酒を好む店主の理想型であり、
津軽の地酒のあるべき一つの姿を示したもののようにも思えます。

津軽の人は味の濃いものを好むと言われますが、
津軽の濃い味付けには一時期流行った淡麗辛口は物足りなく、
それ故に味の濃い、まるで米を飲むようなお酒こそが似合います。
そしてそれが津軽の地酒のような気がします。
・・・・・・・・・・
青森県が開発した酒米に「華吹雪」という米があります。
「鄙亀」もこの米を使って作られたお酒です。
最近、日本酒に関するホームページを調べていたら、
酒米の王様「山田錦」、幻の米「亀の尾」、
そしてこの「華吹雪」を代表的な酒米と紹介していたページがあり、
これには嬉しい気持ちになりました。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2008-03-19 16:33 | あるあるこんなもの | Comments(6)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング