まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:東京 ( 125 ) タグの人気記事

六本木の「テマヒマ展〈東北の食と住〉」は必見!

はじめまして。
初めてブログをアップします、パトリックです。

4月27日から、東京六本木のミッドタウン内にある21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト)で、「テマヒマ展〈東北の食と住〉」が開催されました。

21_21 DESIGN SIGHTは、デザイナーの三宅一生さん、佐藤卓さん、 深澤直人さんがディレクターを務めるデザイン施設。
毎回、ユニークな展示会が行われていますので、ファンの方も多いのではないでしょうか。
d0007875_17524783.jpg
そんな21_21 DESIGN SIGHTの新たな展覧会が、東北の「食と住」に焦点を当てた「テマヒマ展」。
この展覧会のため、デザイナー、フードディレクター、ジャーナリスト、映像作家、写真家で構成されたチームが、昨年から何度も東北を訪れ、リサーチを重ねたと言います。

一体どのような内容となっているのか?
大きな期待を持って内覧会に向かいました。

結論を先に言ってしまうと、素晴らしい展覧会でした。
d0007875_17533460.jpg
内覧会ということで、A‐Factoryのあおもりシードルが。
沢山の方にあおもりシードルの魅力が伝わったのではないでしょうか。

さて会場に入って、まず驚いたのがこれ。
d0007875_1754394.jpg
ナント!りんご箱。
津軽平野ではおなじみの光景がそこに広がっていて、青森人としては思わず笑ってしまいます。

そして、会場には、まるごと青森ブログでも紹介した「ボッコ靴」「干し菊」「焼き干し」など、多くの青森発アイテムが意表を突く形で展示されています。
(どう意表を突くのかは、実際に会場でご覧ください)
d0007875_17543783.jpg
d0007875_1755196.jpg
そして、ぜひとも多くの方に見てほしいのが映像ブース。
りんご箱、りんご剪定鋏、ささ餅などの制作過程を映像で紹介したものなのですが、これが泣けます。
東北人であることを誇らしくさえ思えてきます。
30分程度のこの映像のためだけにでも「テマヒマ展」に足を運んでもらいたい位です。
d0007875_17554599.jpg
東北を懐かしく思う方も、これから東北のことを知りたい方にもぜひ見てもらいたい「テマヒマ展」。
東北、青森に対する気持ちが少しだけ変わるような気がします。


「テマヒマ展 〈東北の食と住〉」
会期:2012年4月27日(金)~8月26日(日)
休館日:火曜日(但し5月1日は開館)
開館時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT (東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内)
電話番号:03-3475-2121

byパトリック
by marugoto_aomori | 2012-04-27 17:57 | 東京の「あおもり」 | Comments(4)

遠い地から下北を思う ~青森物産ショップ「むつ下北」~

東京は、毎日がポカポカ陽気。
散歩には持って来いの季節になってきました。

今日はこの陽気に誘われ、最近足を運んでいなかった「むつ下北アンテナショップ」
近況をお知らせします。
d0007875_1129342.jpg
「むつ下北アンテナショップ」は震災翌日のオープンでした。
物流も含め、色々ご苦労があったようですが、固定客もだいぶ増え順調に
青森の味を東京に届けているようでした。

ここで、ざっと店内を見回して、目をひいた商品を何点かご紹介。
d0007875_11301349.jpg
THE青森のお出汁『焼干し』
型崩れの商品だったので、ワケありとして安く売っていました。

そして、四ツ谷三丁目駅付近で十和田出身の方がやられている青森居酒屋「りんごの花」で作った特製のにんにくみそ。
d0007875_11311450.jpg
個人的には瓶詰めの加工品よりも、コチラの方が出来たて感が強く美味しそうに見えました。

するとお店の方が、これ知っていますか?と、紹介されたのが下北産のベリーを使用した
お塩と砂糖。
d0007875_11323641.jpg
なんでも、使用しているベリー(たしかブラックベリーの方)は、下北以外で作られているのが全国でも他1カ所程度で、このベリーを生産しているベリーオーチャド下北では、ベリーを下北の名産にすべく頑張っているとのことでした。

収穫時期の夏には、生食用のベリーもコチラのアンテナショップに入荷されるらしいですが、
去年の余りでよければと冷凍していたブラックベリーを1つ頂きました。
ん!冷凍とは思えぬほど臭みもなにもなく、あっという間に口の中でとけてしまって、
ベリーの風味だけが口に残りました。

「これはとても気になる、収穫時期には是非見学に行って、生のベリーを食べねば!」
と遠い東京の地から下北を思う春の1日でした。
d0007875_1133376.jpg

byハンコック

あおもり物産ショップ「むつ下北」
東京都江東区亀戸3-60-17
℡ 03-5875-0957
営業時間 11:00~19:00 
定休日   火曜日
by marugoto_aomori | 2012-04-20 11:58 | 東京の「あおもり」 | Comments(3)

望郷の宴

東京の桜開花予想は3月31日とのこと。
平年に比べ5日ほど開花が遅いとの予測です。
 
数年前のこと、大宮で新幹線から埼京線に乗り換え、池袋まで向かう車窓から
見事な桜が見えました。
青森より1ヶ月も早いんだなぁ。東京はすっかり春だなぁ。と眺めていました。

また春が来ます。
都内では、卒業証書らしきものを抱えた袴姿の女子学生を街中で見かけます。
都会から帰る人と、都会に出てくる人。そんな時季ですなぁと見遣りつつ、ふいに、
故郷の味が恋しくなって、飯田橋のあおもり北彩館東京店にて物色。
  
赤カブの漬け物、なんばん味噌、八戸のイカ塩辛、ねぶた漬、にしんの切り込み、
白せんべい、カップ酒。
d0007875_2056505.jpg

このガラスコップって、普通にコップとして使ってましたね。
d0007875_20581756.jpg
それでは、ちょっとずつ取り分けて、頂きます。
d0007875_20592184.jpg
あぁ、思い出します。
小汚い部屋で男だけで囲むコタツの上に、スーパーで買い込んだ一式と酒を並べ、
明日も二日酔い決定の懲りない面々の宴。
そういえばあの頃、皿に盛りつけるなんてこと、したっけか・・・。

しょっちゅう行っているあおもり北彩館東京店。
今回はナンダガ格別な場所の感。
幸せな夜になりました。
    
あっ、サバ缶忘れてた。
by ichi

がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2012-03-23 21:08 | 東京の「あおもり」 | Comments(4)

ポップでカワイイこけしの世界

最近チマタで言われている“こけしブーム”
この“まるごとブログ”でも何度かこけしを取り上げてきました。

そんな中、渋谷のパルコミュージアムさんが、昨年12月の“青森県立美術館コレクション展”に続き、今度は東北のこけし展覧会を開催するというではありませんか!

しかもタイトルが“kokeshi pop/ポップでカワイイこけしの世界”
チラシはこんな感じ。
d0007875_1626017.jpg
・・・これは行かねばなるまい。

というわけで早速渋谷パルコへ行ってきましたよ。
で、パルコの入り口をくぐると、
d0007875_16275696.jpg
いきなり黒石のこけし灯籠がお出迎え!
テンションが上がります。

そして会場の中はこんな感じ。
d0007875_17272929.jpg
さすがパルコ!
我々が子供の頃から慣れ親しんだこけしがこんなにポップでかわいくなっちゃうのですね。
d0007875_17281722.jpg
チマタでゆわれている“こけしブーム”の意味が何となく分かったような気がしましたです。

そして、こんなこけしを発見。
d0007875_16494923.jpg
底を見てみると…
d0007875_16502163.jpg
佐藤佳樹さんのこけし
こんなところで佐藤さんのこけしにめぐり合うとは。
懐かしくて不思議な気持ちになってしまいました。
d0007875_172527.jpg
勿論、こけし本体、こけし雑貨、こけし関連本なんてものも沢山販売しています。
すなわち、“kokeshi pop”は現在の“こけしブーム”を総括するような内容となっているわけですね。

“kokeshi pop/ポップでカワイイこけしの世界”は3月12日(月)まで。
入場は無料。
そして、4月6日(金)~4月23日(月)には名古屋パルコへも巡回されるのだそうです。

こけしマニアの方もこけしビギナーの方も見逃せない内容となっています。
ぜひぜひお近くの会場へ行ってみてください!

■〈kokeshi pop〉ポップでカワイイこけしの世界
会期:2012年3月2日(金)~3月12日(月)
時間:10:00~21:00(最終日は18時閉場)
会場:パルコミュージアム(渋谷パルコ・パート1・3F)

■名古屋パルコでも巡回決定!
会期:2012年4月6日(金)~4月23日(月)会期中無休
時間:10:00~21:00(最終日は18時閉場)
会場:名古屋パルコ・西館・8F「パルコギャラリー」

by niok
by marugoto_aomori | 2012-03-02 17:54 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

青森食材フェア、続々開催中

東京にある「ホテルメトロポリタン丸の内」で青森食材を使用した料理が提供されているとの噂を聞きつけ潜入調査。ホテルメトロポリタン丸の内って高級イメージが強いですが、ちょっと勇気をだしてダイニング&バー「TENQOO」へGO!

ドキドキしながらホテルの27階に上がると、お店の入口には青森の工芸品「金山焼き」「津軽塗り」の展示コーナーがあり、啓翁桜と共に出迎えてくれました。
あれ?山形県の啓翁桜やないかーい。青森県にだって啓翁桜あるのになんでやねん・・・と思いつつ(山形は出荷量日本一だから?)、気を取り直して店内へGO!

こちらでは「青森復興応援 食の感謝フェア」と銘打って、青森食材をふんだんに使用したコース料理が提供されていました。
d0007875_1382673.jpg
倉石牛に、
d0007875_1384994.jpg
マグロ、ホッキ、ヒラメ、シャモロック・・・「めぇ!!」の連発です。
中でも一番衝撃を受けたのが「人参のムース」。この甘さはふかうら雪人参に違いありません。あまりに美味しいので、思わずシェフに作り方を聞いちゃいましたよ。
料理の付け合わせで使われることが多い人参ですが(今回も倉石牛の付け合わせでメニューにも載っていないけれど…)、この人参は主役になれます!

例えば、「やさい家めい」で提供されている、ふかうら雪人参100%の生搾りジュース。
飲むと元気でます。
d0007875_13143451.jpg
人参のカルパッチョなるものもありました。人参の主役料理が続々です。
こちらのお店では、人参のほかにもアピオスや春菊などの青森食材を使用したメニューを用意し「青森の冬は美味い!青森まつり」開催中です。

今の時季の青森県には、ふかうら雪人参に代表されるように美味しい食材がたっくさんあります。青森の冬は雪が多くて大変ねとよく言われるけれど、冬の厳しさが美味しい野菜を育て、たくさん降る雪が大地を潤し豊かな海を育んでくれます。
と言いながらも、やっぱり毎日の雪かきは大変で・・・
啓翁桜を眺めながら、「は~るよこい、は~やくこい」ってカンジです。

雪国青森県で育まれた食材が、プロ達の腕により最大限に魅力をひきだしてもらっています。青森食材を使った「青森食材フェア」で、青森の美味しさを存分にお楽しみください。

東京の冬は青森より暖かいけれど、調査の名目で散財した私のお財布は寒いです(TT)
ご利用は計画的に☆
by hayashiya
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます

♪♪♪東京での「青森食材フェア」情報♪♪♪
・ホテルメトロポリタン レストラン「クロスダイン」「花むさし」「花むさし旬香」
 1月15日~3月14日
・ホテルメトロポリタン丸の内 ダイニング&バー「TENQOO」
 1月15日~3月14日
・やさい家めい 六本木ヒルズ店ほか
 2月1日~3月12日
・AW kitchen
 3月1日~3月31日
・八重洲富士屋ホテル
 2月27日
*詳細については、HPなどでご確認のうえお出かけくださいませ。
by marugoto_aomori | 2012-02-17 13:24 | 東京の「あおもり」 | Comments(2)

テーブルウェアへよっしゃ行くぞ~

先日、全国伝統的工芸品公募展の最高賞である内閣総理大臣賞を受賞した『津軽塗』。
こんなグッドニュースも手伝って、最近『津軽塗』への注目が、ますます高まっています。
その「津軽塗」も出展する、『テーブルウェアフェスティバル2012』が今週末から
東京ドームで開催されます。(本日は内覧会)

つまり今日の私のテーマは「よっしゃ行くぞ~in東京ドーム!」です。
(AK〇のパクリじゃん (― ―〆) )

で早速、津軽塗コーナーへ。
d0007875_23195255.jpg

d0007875_2322657.jpg
いいな~欲しいな~。と年を重ねるとともに津軽塗に魅かれる私。
紋紗や七々子塗も良いけど、若手作家が気合いを入れて作成した作品もすばらしい。
津軽塗りというか漆塗りかな?
d0007875_23242044.jpg
毎年、著名人がテーブルセッティングを施し、個性豊かな食空間を提案しているコーナーに今年は女優の木村多江さんが出品。なんと津軽塗を使っていました。
d0007875_2325397.jpg
いよいよ来てますね~津軽塗!

更には、津軽金山焼のテーブルセットも!
全国の名のある焼き物に負けじと存在感を放ってました。
d0007875_2329095.jpg
「やっぱ金山焼きの質感はいいよね~」と販売コーナーへ。
d0007875_23392812.jpg
なかにはこんな作品も。
d0007875_23321545.jpg
こんな感じの6連窯で7日間も焼き上げるんですね。

で、せっかく来たで何か戦利品をと物色していると、綺麗なスタッフさんが金山焼きの見方を教えてくれました。
「ツヤが出ているのが火の近くで灰をかぶりながら焼き上げられたもので、つやが少ないのは火から遠い場所で焼かれたものなんですよ♪さらに少し水をつけてあげると表面の色が変わるんですが、使い込んでいくうちにその色合いになるんです」
ということで、目利き開始でツヤ無しビールカップを購入。
「冷凍庫に入れてもカップは大丈夫ですので~」
よっしゃ、ギリッと冷えた金山焼きで今晩は・・・と、現在すでに使用中なのは内緒で。

by ハンコック

『テーブルウェア・フェスティバル2012』
開催場所:東京ドーム
開催期間:2月4日(土)~2月12日(日)
     10:00~19:00(入場は閉場1時間前)
入場料:2000円
by marugoto_aomori | 2012-02-04 00:28 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

全国伝統的工芸品公募展に青森2作品が入賞!

昨年末、嬉しいニュースが飛び込んできました。

弘前市の白川明美さんの津軽塗が、全国伝統的工芸品公募展の最高賞である内閣総理大臣賞を受賞したというのです。

この全国伝統的工芸品公募展は今回で36回目となる伝統ある賞。
今回は全国から285点の応募があり、入賞作品はそのうち11点。
そして白川さんの作品がその中の最高賞というのですから、新年早々これはめでたい!

というわけで、入選作品の展示会が行われている全国伝統的工芸品センターへ行ってきました。
d0007875_1853022.jpg
今回の公募のテーマは「復興の芽吹きを感じる伝統的工芸品」。
会場には応募作品285点がどーんと展示されています。

その中でも強力なインパクトを放っているのが、やはり白川さんの作品。
津軽塗の中でも七々子塗と呼ばれる器。
力強いオレンジ色のグラデーションが、昇る朝日をイメージさせます。
d0007875_1862857.jpg
そしてもう一つ、青森の作品が入賞していました。
五所川原市の川口良子さんの「津軽組ひも」がそれ。
720本の正絹糸をリンゴの木葉花実で染め、青森産の藍染を配したという色使いが素敵です。
あまり馴染みがない「津軽組ひも」ですが、県伝統工芸品指定を受けている立派な青森の伝統工芸品。この入賞をきっかけに全国に知られてほしい工芸品です。
d0007875_1881958.jpg
他にも、津軽こけし、南部さき織など青森が誇る工芸品の数々
さらに、日本各地の伝統工芸品の力作が一同に会していて見どころありありです。
d0007875_183244.jpg
会場は、池袋駅に直結している東武百貨店1・2階にある全国伝統的工芸品センター
展示会は1月17日(火)までですので、お近くの方はぜひご覧になって下さい!
d0007875_189176.jpg
平成23年度全国伝統的工芸品公募展入選作品展
会期:2012年1月4日(水)~1月17日(火)
時間:11:00~19:00(最終日は15:00まで)
会場:全国伝統的工芸品センター
東京都豊島区西池袋1-11-1メトロポリタンプラザビル
東武百貨店11番地1・2階

by niok
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
by marugoto_aomori | 2012-01-10 11:43 | 手しごと | Comments(0)

渋谷パルコで「青森県立美術館コレクション展」開催中!

12月も下旬。いよいよ今年も残りわずかとなりましたが東京は快晴続き。
渋谷のビル街の向こうに見える空もキレイな青空です。
d0007875_16284070.jpg
そんな渋谷のシンボル的存在の「渋谷パルコ」。
ここで青森県立美術館(以下「ケンビ」といいます)のコレクション展が開催されているということで早速行ってきました。
会場となる「パルコミュージアム」は渋谷パルコパート1の3階。
そこには何やらケンビな雰囲気漂う受付が…
d0007875_16295629.jpg
中に入ってわお(・o・)
会場装飾、ロゴ、そしてスタッフのユニフォームに至るまでケンビを再現しているではありませんか。
d0007875_16315284.jpg
これだけでケンビ経験者はニヤリ( ̄ー ̄)

肝心の展示作品も、棟方志功の肉筆美人画、ウルトラ怪獣の生みの親成田亨のデザイン画、寺山修二が主宰した劇団「天井桟敷」のポスター、近年写真界のミレーと注目を集めている小島一郎の作品などなど。
d0007875_1633178.jpg

d0007875_163450100.jpg
そして奈良美智の1993年の作品なんてものも。
最近の奈良さんの作品とは異なる可愛らしさがあってレア度満点です。
このほかにも「工藤哲巳」「斎藤義重」「村上善男」といったケンビに行ったことのある人なら強く印象に残っている作品がズラリ。

今更ながら、青森に生まれた才能の多彩さ、それを展示するケンビの強力な個性に驚いちゃいますね。わお(・o・)

今回の展示作品はケンビ学芸員さんがセレクトしたということ。
最終日(1月29日)にはこの学芸員さんによるギャラリートークも行われるということで、これも注目ですね。
d0007875_1656698.jpg
ケンビオリジナルのステーショナリー、書籍などを販売しているグッズ売り場も充実の品揃え。

ケンビに行ったことがあるという方も、これからという方も、ケンビの魅力がギュッと凝縮された今回の展示会。ぜひぜひ行ってみてくださいませ。
by niok

青森県立美術館コレクション展「北の異才たち」
会期:2011年12月17日(土)~2012年1月29日(日)
時間:10:00~21:00(最終日は18:00まで)
会場:パルコミュージアム(渋谷パルコパート1・3F)
入場代:一般500円/学生400円/小学生以下無料

■関連イベント
◎青森県立美術館学芸員によるギャラリートーク
日時:2012年1月29日(日)14:00~15:00

◎ワークショップ「あおもり犬をつくろう」
日時:2012年1月7日(土)・8日(日)各13:00~15:00
※参加予約受付終了
by marugoto_aomori | 2011-12-21 17:49 | 東京の「あおもり」 | Comments(3)

「十和田の食卓」 グランドオープン!

東京には青森県関連のいくつかのショップがあります。
飯田橋の北彩館をはじめ、新富町や浅草など、これまでもいくつかご紹介してきました。

そして、本日12/1、在京の十和田市出身のみなさんによる「十和田の食卓」が新たにオープンしました。ある意味、その道のプロではない皆さんが、郷土に対するあふれる思いを抑えきれず、ここまで来ました。
郷土愛もここまで来るとスゴイ!
d0007875_1659559.jpg
十和田の文字からイメージされた模様、かわいいですよね。
店内は、十和田産のものはもちろんですが、青森県の物産を広く取り扱うそうです。
d0007875_1744382.jpg
私がいた短い時間の間にも「黒ニンニクおいてあるわよ!」と、黒ニンニクお買い上げのお客様がいらっしゃいました。黒ニンニクもすっかり定着しましたね。

そして、お肌がきれいになるという、噂のアレもありました。しかも、オープン記念価格での提供ですっ!コラーゲンの吸収を助けるという水溶性シリカがたっぷり含まれていて、一部からは飲む化粧水とも呼ばれている「十和田湖美水」です!
d0007875_1717561.jpg

店長の中野渡さんにお話しを伺ったところ、伝統工芸品なども取り扱っていきたいとのことで、これから徐々に取扱品を増やしていくとのことでした。

なお、近くに五島美術館(2012秋頃まで改修のため休館。ただし、12/2~4限定で秋の庭園公開があります)もありますし、隣の二子玉川駅は最近注目を浴びているおしゃれなエリアです。あわせてどうぞ!
d0007875_17425490.jpg



by OAK
by marugoto_aomori | 2011-12-01 17:37 | 東京の「あおもり」 | Comments(4)

始まりました! エキュート大宮「ecute号のおいしい鉄旅~青森編~」

これから、青森に行ってみようかな?とか、
どこか旅に出かけたいなあ?という皆さまに
“青森の食“を楽しめる催事のお知らせです。

青森の“旬の旨いもの”を取り揃えた
ecute号のおいしい鉄旅~青森編~」が
11月15日よりエキュート大宮で始まりました!
d0007875_16165526.jpg
       ※右下がミニふじ
今秋収穫されたばかりの旬の青森りんごが、
いろんな形で並んでいました。
生果のりんごは、一番人気の“サンふじ”をはじめ、
首都圏では珍しい“金星”、果肉まで赤い“赤~いりんご“、
そして、今年ブレイクするであろう“ミニふじ”もありました!
かわいい大きさなのに“ふじ”のおいしさで、簡単に1個食べられます。
ポケットやバックに入れておくと、小腹が空いた時に食べられていい感じです。
女性のお客様に人気でした。
d0007875_16172796.jpg
アップルパイはなんと12種類、その他アップルスイーツが5種類並んでいて、
どれにしようかと悩んでいる買い物客がたくさんいらっしゃいました。
アップルパイはりんごの産地弘前市では45店舗で提供していますが、
青森県内各地でりんごが作られていることもあって、
アップルパイもいろいろあります。
今回並んでいたものの中から少しご紹介しましょう。
d0007875_16175870.jpg
まずは、みの農園さん(黒石市)の「こだわりアップルパイ」
こちらは、黒石市の農家さんが自分で育てたりんごで作った
こだわりのアップルパイ。
ハーフカットされたりんごがカスタードクリームと一緒にパイに包まれ、
やさしいおいしさなのに食べ応え十分でした。
品種はやや酸味のあるジョナゴールド。
d0007875_16182862.jpg
次は、赤い林檎さん(青森市)の「ショソン・オ・ポム」
国産小麦粉と純粋バターを使用したサックサックのパイ生地がたまらなくおいしく、
紅玉のオリジナルペーストが入っていて、本物感たっぷりのアップルパイです。
あ~ 今でもパイを食べた時のサクサク感が忘れられません。
他のアップルパイも気になるので、日を改めて。
d0007875_16192510.jpg
青森県で行われた「りんごスイーツコンテスト」で入賞したスイーツもありました。
大竹菓子舗さんの「青森の魔女の生チーズサンド りんご味(十和田市)」
某テレビ番組でも紹介されたスイーツのりんご入りバージョンです。
これがまた、生チーズとりんごのさわやかさが旨い!
商品名の“魔女”の魔法にかかったお客様なのか、20個買いしていた方もいました。

りんごの商品以外にも、先日、姫路市で開催されたB-1グランプリで
3位入賞の八戸せんべい汁のセットや、8位入賞の十和田バラ焼きのタレなど、
青森ならではのおいしいものがたくさん並んでいました。
d0007875_16205269.jpg
そうそう、南部地方では馬肉鍋を食べる時には欠かせない「青南蛮漬」も売ってました。
ほのぼのパッケージの青南蛮漬は、いろんな鍋にもちょっとした辛みのアクセントとして
あいますので、ぜひお試しを!

昨年12月の東北新幹線全線開業でグッと近くなった青森。
これからやってくる冬は、青森県の郷土料理がおいしいシーズン。
エキュート大宮に行った後は、青森の旅いかがですか。
by すがまにてぃ

がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。
≪エキュート大宮「ecute号のおいしい鉄旅~青森編~」≫
 会期:平成23年11月15日(火)~28日(月) 14日間
     月~土:9:30~22:00  日・祝:9:30~20:30
 場所:ecute大宮 イベントボックス
     ※JR大宮駅 中央改札(南)から入って真正面です
 主催:㈳青森県物産振興協会 017-777-4616
by marugoto_aomori | 2011-11-16 16:47 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング