まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:棟方志功 ( 4 ) タグの人気記事

【祝】県立美術館10周年!「森羅万象:棟方志功とその時代展」開催中!

三内丸山遺跡という縄文の杜が持つ"創造"のエネルギーを源泉にした「芸術の創造の場」として2006年7月13日に開館した青森県立美術館。


d0007875_13384660.jpg
なんと今年で開館10周年。(おめでとう!)

青森県立美術館では10週年を記念してサマザマな企画が目白押し。

現在開催されているのは、「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代展」。
青森が世界に誇るアーティスト、棟方志功の企画展です。

今回の企画展では、1956年、棟方志功が「ヴェネツィア・ビエンナーレ」で国際版画大賞を受賞した際の作品『二菩薩釈迦十大弟子(にぼさつしゃかじゅうだいでし)』などを展示しています。

また、棟方が愛した「ねぶた」の行列を描いた、全長17mもの長大な『禰舞多運行連々絵巻(ねぶたうんこうれんれんえまき)』を展示しているほか、幅約13m、高さ約1.8mの世界最大級の木版画『大世界の柵』2点を広大な壁面に上下に並べて一挙に展示するなど、巨大な棟方志功の作品が、青森県立美術館ならではのダイナミックな空間の中で、大迫力で迫ってきます。
d0007875_13385366.jpg
大世界の柵。近くの人と比較するとその大きさがわかります。

さらに、戦後にゲルニカをはじめとする作品を見て大きな版画を作るきっかけとなったピカソの作品や、川上澄生や梅原龍三郎、民藝運動の作家など、棟方が特に影響を受けた作家達の作品を展示していいます。

他にも常設展では、関連企画として、浅虫温泉椿館、蔦温泉、酸ヶ湯温泉が所蔵する仏画3点を初めて一堂に公開しているので、棟方志功を存分に味わうなら企画展と常設展をセットで見るのがオススメです!(セット券もあるよ。)

会期は6月5日(日)まで。
青森県立美術館開館10周年を記念して開催する棟方志功展の決定版、この機会にお見逃し無く~!!
(key)


青森県立美術館開館10周年記念
【「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展】
場 所:青森県立美術館展示室
会 期:2016年4月16日(土)〜6月5日(日)
休館日:4月25日(月)、5月9日(月)、5月23日(月)
開館時間:5月31日まで/9:30-17:00(入館は16:30まで)
6月1日以降/9:00-18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般1,300 (1,100) 円 / 高大生800 (600) 円 / 小中学生以下無料
常設展とのセット券
一般1,700(1,510)円 / 高校・大学生1,000(840)円

詳細はこちらのサイトでご確認を!

by marugoto_aomori | 2016-05-11 13:50 | 青森のアート | Comments(0)

棟方志功画伯ゆかりの三湯で仏画鑑賞&湯めぐりはいかが

♪暑中お見舞い申し上げますぅ~♪
土用の丑の日といえば、うなぎ!(食べたいなぁ)ですが、丑の日に温泉に入り無病息災を願う「丑湯祭り」が酸ヶ湯温泉であるとのことで、事前調査に出かけてみました。
7月23日(木)の午後10時、ヒバ千人風呂「熱湯」を新しい温泉に入れ替える瞬間、湯船の底が大公開!されるとのこと。ぜひ立ち会いたいのですが、出張が入っていて、見られない(涙)。先日、マツコは、下北半島にある薬研温泉の丑湯祭りに行ってきましたが、各宿の温泉に、牛の形のご神体を湯浴みさせてまわる神事が厳かに執り行われ、長生きできそうなありがた~い気分になりましたよ。
酸ヶ湯温泉では23日(木)から26日(日)まで、いろんなイベントが用意されていますから、要チェック。
d0007875_18463432.jpg

酸ヶ湯にお泊まりの方は、宿から歩いて10分くらいの地獄沼まで散策してみてはいかがでしょうか。硫黄のにおいが立ちこめる沼の底から強酸性の90度以上の温泉がわき出しているそうです。ちょっと荒涼とした風景が地獄チックなのかもしれません。
d0007875_18472172.jpg


お次は蔦温泉。こちらは「源泉湧き流し」。湯船の底板の間から源泉がほつほつと湧き出ています。湯船の一角からお湯があふれ出ているところに寝てみました。全身、溶けましたよ~。念願の「寝まり浴」、最高です!
蔦温泉を起点とした「沼めぐりの小路」は、森の中を野鳥やカエルの声を聞きながら、蔦沼をはじめ6つの沼を約1時間ほどでめぐることができます。
d0007875_18501394.jpg

d0007875_18482446.jpg

八甲田の山懐に抱かれたこの2つの温泉と、青森市浅虫温泉の椿館は、いずれも、板画家・棟方志功とご縁がある宿ということで、志功没後40周年を記念して、それぞれが所蔵する志功の仏画を7月18日(土)から26日(日)までの間、特別公開します。酸ヶ湯温泉は「酸ヶ湯薬師如来」、蔦温泉は「蔦菩薩」、浅虫温泉椿館は「浅虫温泉如来」。3つの温泉をめぐる記念湯札が記念品付きでお一人2,000円。
期間限定で公開される世界のムナカタの作品をめぐりながら、涼やかな風が吹き渡る青森の温泉で暑気払いはいかがでしょうか?
d0007875_1849684.jpg


浅虫温泉の山から陸奥湾を一望
d0007875_18513747.jpg


(マツコHG)

酸ヶ湯温泉(青森市八甲田山中)

蔦温泉(十和田市奥瀬)
http://tsutaonsen.com/

浅虫温泉椿館(青森市浅虫)
http://www.810215.com/
by marugoto_aomori | 2015-07-15 19:10 | 青森の旅 | Comments(0)

棟方志功と越中八尾「おわら風の盆」

富山からJR高山線で5駅の越中八尾で、
毎年、9月1日から3日まで開催される「おわら風の盆」。
三日間で20万人が訪れる憧れの祭りに行ってきました。

八尾には、11の町内毎に保存会があり、
それぞれが自らの町内で「町流し」と呼ばれる流し踊りを行います。
ねぶたのように、すべての保存会による合同運行はありませんので、
町流しは、各町内で待ち構えて見なければなりません。
d0007875_10105713.jpg

ご覧のように、八尾の町並みは風情がありますが、道幅は広くなく、
桟敷はもちろん観覧席もないので、見る場所の確保が大変です。
d0007875_1011487.jpg

今回は、縁あって、11町の一つで日本の道百選に指定されている
諏訪町の通り沿いのお宅におじゃまして見ることができました。
このお宅のご主人は三味線のお師匠さんで、保存会のリーダー的な方なので、
お宅の前に町流しが止まって、しかもこちら向きで踊ってくれました。
越中おわら節の旋律、艶やかな女踊りと勇壮な男踊り、哀愁漂う胡弓の調べ。
贅沢です。
d0007875_10113812.jpg

町流しは、夜中遅くまで、何度も行われます。町流しが来るまでの間は、
お宅の居間で、富山名産のかまぼこを肴にお酒を飲みます。
帰り際に八尾の銘菓「玉天」(林盛堂本店)もいただきました。
d0007875_10115769.jpg

d0007875_10121354.jpg

メレンゲを卵黄のコーティングで焼き上げた和スィーツです。
おいしかったので、「玉天」の説明書きを見ると、
薄葉紙の図案は、棟方志功の手によるとあります。
棟方志功は、昭和20年に、疎開のため富山県福光町(現南砺市)に移住し、
昭和29年まで在住しました。昭和21年に福光町栄町に建てた自宅は、
「鯉雨画斎(りうがさい)」と自ら名付けましたが、
いつしか訪れる人から「愛染苑」と称ばれるようになり、
その名は谷崎潤一郎の筆でも記されています。
今は、棟方志功記念館「愛染苑」となり、
滞在中に制作された作品が展示されています。
http://fukumitsu-art.city.nanto.toyama.jp/aizenen/aizenen.html
棟方志功は、「玉天」とともに「八尾和紙」を
版画にいい紙として気に入ったようで、
八尾を「紙と玉天の町」と称したそうです。
旅先のふとしたことから、青森県出身の偉大な画伯と八尾の縁を
知ることができました。

「じゃわめぐ」が有名な棟方志功ですが、
おわら風の盆を見て、どんな言葉を発したのか興味が湧きます。
d0007875_1012566.jpg


by 頭脳パン
by marugoto_aomori | 2012-09-20 10:16 | その他 | Comments(2)

世界に羽ばたくかも!?棟方志功の「八甲田山バッジ」。

いきなり寒くなってきました。
テレビでは「午後から平野部でも雪になるかも・・・」とアナウンサー。
八甲田山で初雪が観測されたのはおよそ一ヶ月前のことでした。
平野部にもとうとう冬がやって来ますね。

冬の雰囲気を探しに出かけた先週の土曜日。
途中で立ち寄った「酸ヶ湯温泉」の売店で、
噂には聞いていたあの「八甲田山バッジ」を買いました。

それがこちら。
d0007875_13541712.jpg
渋くて素敵だと思いませんか?
なんと、このバッジをデザインしたのは、あの棟方志功画伯なんですよ。

この図柄は、羽をいっぱいに広げた神鷹が八甲田山から世界を見渡しているところで、
昭和29年にデザインされたのだそうです。

デザインの元になった出来事は昭和4年。
まだ青年だった棟方志功が、
八甲田の鹿内仙人、酸ヶ湯温泉の大原専務(当時)と連れだって八甲田山に行ったとき、
頭上を悠々と舞う一羽の鷹に出会いました。
よく見ると、そのタカの両翼には、日の丸のような白い紋様が浮かんでいます。
それを見た鹿内仙人は志功を抱きかかえ
「これは神鷹だ。志功、おまえは世界一偉くなるぞ」と予言したのだそうです。
d0007875_1356549.jpg
棟方志功画伯の世界的な活躍はみなさんご承知の通りですよね。

以来棟方志功は、
ここを神のような鷹が舞う館”神舞閣”と称し、
多くの作品と共に「神舞」の書を揮毫しているのだそう。

大きさ3~4㎝のこのバッジは、
ピンタイプとねじタイプの2種類(税込み千円)あります。
もしかしたら、何か御利益があるかもしれません(笑)。
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-11-15 14:02 | あるあるこんなもの | Comments(6)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング