まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:深浦 ( 21 ) タグの人気記事

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能

青森県の西海岸は夕陽が美しいことで知られています。
d0007875_9461177.jpg

そこへ世界遺産白神山地の伏流水が流れ込むため、
西海岸は新鮮な魚貝類の宝庫となっています。
そして夏に旬を迎えているのが「さざえ」。
d0007875_946508.jpg

ということで、先日、深浦町の「広〆」に出かけてきました。
d0007875_947259.jpg

ここのお店は地産地消をモットーに、
新鮮な魚貝類を深浦漁協から仕入れてお料理を出しています。
とれたて作りたてをモットーにしているため、
お客様が来てから調理してくれます。
d0007875_9475724.jpg

「さざえちらし」を注文し、窓から五能線を眺めながら、
d0007875_9484031.jpg

待っているとさざえの丼が登場!!
d0007875_9491586.jpg

おお~、さざえがビッシリ~と感動していると、
「あと定食持ってきます」という言葉を残して厨房へ戻る女将さん。
「!?」と思っていると、なんと「さざえちらし」には、
柳ガレイの唐揚げ、つるつるワカメ、味噌汁などが付いていたのです。
d0007875_949424.jpg

日によって、付け合わせは違うそうですが、
付け合わせとは思えないビックな柳ガレイ。
丼なしでも、「柳ガレイの唐揚げ定食」と言われても、
アリって感じのボリュームで、お値段1,600円!!

さて、本題のサザエにお話しを戻しますと、
注文があってから、裁いてくれる深浦の磯の活さざえは、
強烈な歯応え!!
ゴリッゴリッと顎を使って噛むと、口の中に磯の香りが
ふわ~っと広がります。
しかも、大きいさざえ約4つ分と太っ腹です。

いくら丼定食(1,600円)にだって、さざえが付いてきます!!
d0007875_9504572.jpg

定食をいただき満腹状態なお腹に、別腹でお刺身も!!
d0007875_9511488.jpg

特に近海のまぐろは、その名のとおりトロっとしていて、
お口でとろけちゃいます。
女将さん曰く、「近海のまぐろは、日本で二番目に美味しいって言われているんですよ」とのこと。
二番目というのは、大間のマグロの次ってことなんですけど、
本当に納得の旨さと口どけ。

お昼過ぎにお邪魔したのですが、
カウンターでは、刺身を肴にビールを楽しむ常連さんが。
声をかけてみると、「昼間っから飲めて良い店だよ。
月に1回は昼からこうして飲んでいる」ということでした。
日本海の恵みを肴に、昼からお酒というのもお洒落な過ごし方だな~
とうっとりしながら、店を後にしたのでした。
d0007875_9513812.jpg


残りわずかな夏を西海岸の海の幸で堪能してみてはいかがですか。
by Kuu

《広〆》
深浦町大字深浦字岡崎146-2
tel 0173-74-2255
11:00~21:00 無休
by marugoto_aomori | 2008-08-18 09:55 | 青森食べ歩き | Comments(8)

白神山地の麓~深浦雪にんじん

先週、深浦町の農事組合法人 舮作(へなし)興農組合さんの畑に行ってきました。
白神山地の麓にある畑では、「深浦雪にんじん」の収穫作業の真っ最中でした。
d0007875_10472142.jpg
以前に、義人がこのにんじんのジュースを紹介したときには、
「雪中にんじん」と書いていましたが、
今年から「深浦雪にんじん」と名前が変わりました。

お邪魔したこの日の気温は、日中なのにマイナス4度だったと思います。
こんなに寒い中、朝8時から、午後4時過ぎまで作業するのだそうです。
トラクターで、積雪約40cmの畑から掘り出したにんじんを
ひとつずつ手で抜いて、葉っぱをもぎとって、カゴに入れていきます。
d0007875_1048656.jpg
皆さん、おどろくほどの速さで作業をしています。
d0007875_10483456.jpg
1日の収穫量は、ひとりにつき約500キロ。
ちょっとわかりにくいですが、トラクターの前のところに
黒っぽい大きな袋がついていて、それがいっぱいになると、500キロ。
d0007875_1049055.jpg
「雪にんじん」は、フレッシュジュースにすると、
にんじんのイメージをはるかに超える甘さと、クセのない飲みやすさに
ゴクゴク飲んでしまいますが、あの寒い畑で、1本ずつ収穫していく様子を
自分の目で見ると、大事に一口ずつ飲まないと申し訳ないような気持ちに
なってしまいます。

この大事に収穫された「深浦雪にんじん」。
東京の新宿伊勢丹の青果特集で、1/9~22まで販売されていました。
お客様からの大好評で、3月いっぱいまで販売延長となったそうですよ。
新宿にお出掛けの機会があったら、ぜひのぞいてみてくださいね。
                                         byひろぽん
by marugoto_aomori | 2008-01-24 11:00 | おいしい食材 | Comments(6)

「雪中にんじん」のサラダ

前に義人が紹介した、深浦町の「雪中にんじん」。
白神山地の麓の畑で、雪の中で熟成させた真っ赤で香りのいい甘~いにんじんです。

あちこちのデパートの地下などに店を出している、
洋風お総菜の店「アール・エフ・ワン」で、「雪中にんじんのサラダ」を
売り出したと聞いたので、早速日本橋のデパートへ行ってみました。
こんなふうに、たくさんのサラダが並んでいます。
d0007875_14541317.jpg
でも、「雪中にんじんのサラダ」が見あたらない・・・どうして?
ガラスケースの中をよーく見ると、商品名の横に「にんじんの」切り抜きが
貼ってあるサラダを発見。小さく「SNOW CARROT」の文字入り。
d0007875_14545438.jpg
このにんじんの切り抜きが貼ってあるサラダには、「雪中にんじん」が
入っているのでした。
雪中にんじんが入っているサラダは、全部で6種類。
 ・春の彩りパリパリサラダ
 ・風味引き出す焼き野菜のサラダ
 ・柔らかイカと野菜のマリネ
 ・田舎風パリパリサラダ
 ・北海道男爵デリシャスサラダ
 ・シャキシャキポテトサラダ
d0007875_1455422.jpg
これは、春の彩りパリパリサラダ。
d0007875_14562954.jpg
こんなふうに、カウンターにはパンフレットもおいてありました。
こちらは、田舎風パリパリサラダ。

でもね、雪中にんじんが主役のサラダがなかったんです。
私は、それがあるんだとばっかり思って店に行ったのに・・・残念だ。。
にんじんが主役のサラダって、まだ認められてないのかなあ?
「雪中にんじん」は、主役になるには、力不足なのかなあ?
来シーズンは、雪中にんじんで真っ赤な山になったサラダの姿を
ぜひ見たいものです。                  byひろぽん

*アール・エフ・ワンのお店は、東北地方は仙台市と郡山市の3店舗です。
  http://www.rockfield.co.jp/shop/rf1_01map.html
by marugoto_aomori | 2007-02-16 15:12 | 東京の「あおもり」 | Comments(9)

今年も一年間、青森の恵みに感謝して・・・

 深浦町岩崎地区、そこに海も山も操る一人の男(あえて“男”と言わせていただきます。)がいらっしゃいます。その名も「板谷正勝」さん。(どうしても紹介したくってご本人の了解をいただきました)
d0007875_169125.jpg

 この方、ガンガラ穴で知られる森山海岸付近にご自身で番屋を持ち、漁をしたり時には十二湖付近の山に入ったりしています。
私がこの方にお会いしてとっても感銘を受けたのが、「海も山も一緒なんだ、白神の山が育み蓄えた水が海に流れ、豊かな漁場となるんだ」サラリとおっしゃった言葉でした。
 海と山は別々の物じゃない・・・・山だけ大事にしても駄目だし海だけ大切にしても駄目。全てのことが繋がって、大切にして、人は恵みをいただいて生きていくことが出来るんだよ・・・と。海と山の両方を操る人だからこそ、その言葉にものすごい重みが感じられたのでしょうか?でも私自身もその気持ちを大切にしていきないなって思いました。
岩崎エリアに行ったときには是非ともお会いしたい大切な一人です。時々十二湖付近の観光ガイドのお手伝いもしているそうな・・・皆さんにも是非会って欲しいなあと思います。
d0007875_15122622.jpg
by ノブchan


今年も1年間、「まるごと青森ブログ」をご覧になっていただき、
そしてたくさんのコメント等をくださり、本当にありがとうございました。
スタッフ一同、こうした皆様のお言葉に励まされ、なんとか続けてこれました。
皆様にただただ感謝しております。

この1年間で237タイトルの情報をお伝えしてきましたが、青森の素敵なところ、おいしいもの、すばらしい人達はたくさんで、まだまだ伝えきれていません。
こんな青森の恵みに感謝しつつ、これからも拙い文章ですが、頑張ってご紹介していきたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いします。
新年は1月4日からブログを再開いたします。
皆さま、良いお年を!

by スタッフ一同(なおき、ひろぽん、義人、YOSHIHITO、ノブchan)
by marugoto_aomori | 2006-12-28 14:46 | 青森の旅 | Comments(20)

十二湖と広〆食堂

青森に来られたお客様を案内して十二湖へ。
個人的には初夏の頃までのブナ林一番好きです。
軽く沈み込む腐葉土の歩き心地は何となく愉快で、
大量の水を蓄えたブナから放出されるミストが、
まとわりつくように体に浸み込んでるくる感じは、
まさに癒しの空間です。d0007875_16271213.jpg
あるガイドさんに、
ブナ林は様々な植生の変遷の後に誕生した最終的な森の形、
極相林と呼ばれる森だと教えてもらったことがあります。
その時頭をよぎったのが、ある宮崎アニメの森の浄化の話です。
森の最終形であるブナ林はきっと浄化された森なんだと感じました。

d0007875_16274762.jpg
この日はあいにくの曇天でしたが、それでも青池は美しく、
神秘的な「青」はこの日もたくさん訪れていた観光客の心を奪っていました。
ブナ林からの絶え間ない涌き水が生み出す透明度と光の屈折が生み出す、
人の業では作り得ない芸術作品です。

さて、これだけの自然を堪能したので、
次は昼食を堪能しに下界へ。
目指すは深浦町の広〆食堂。
メバルの焼魚定食を頼み、
せっかくなのでアワビの肝合えも頼んでみました。
自然を満喫しきった私は、とてもお腹が空いていたので、
当然のようにメバルの写真は取り忘れましたが文句なしにウマイです。
そしてアワビの肝合え。
普段はあまりお目にかかれないアワビの肝の苦みがと
アワビのコリコリの食感が最高の組み合わせです。
新鮮なアワビだからこそ楽しめる味です。d0007875_16281982.jpg

最後に、このブログを見ている方にお願いです。
白神山地や十二湖を訪れる機会あれば、是非ガイドを頼んでみてください。
地域によって料金が異なるので一律に紹介はできませんが、
その料金に見合うだけの最高の感動を教えてくれます。
絶対にお勧めですよ!

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-06-26 16:35 | 青森の旅 | Comments(12)

つ~るつ~るつ~るつる~♪つー(2)!

前回つるつるわかめで関心を寄せて頂いた皆さん!お待たせ致しました。今日はまたまたダイエッターにオススメの品をご紹介します。その名も「つるつるキャロット」。
d0007875_12321515.jpg
青森県深浦町特産の良質なにんじんを原料としためんタイプのヘルシーフード「つるつるキャロット」は、皮をむいてペースト状にしたにんじんをめん状に成形し、つるつるとした食感に仕上げた非常に食べやすい「にんじん」です。風味は残しつつ、気になるクセをおさえていますから、にんじんが苦手という方や離乳時期のお子様にもおすすめです。大切な食物繊維やカロチンも豊富に含んでいますので、野菜が不足していると感じたら、手軽にお召し上がりください。超低カロリーですから、ダイエット中の方やちょっとおなかのすいた時、お夜食にも最適です。また、味そのものは淡泊なのでさまざまなお料理の素材としてもお使いいただけます。
d0007875_12323854.jpg
 こちらも、前回つるつるわかめを紹介した(株)ふかうら開発さんで販売しています。ぜひ一度試してみてくださいね。
byノブchan
by marugoto_aomori | 2006-05-11 12:33 | おいしい食材 | Comments(4)

個性派揃いのじゃがいもたち 「テイスティングポテト」

ホクホクしている「男爵」。煮くずれしない「メークイン」。
”じゃがいも”で思い浮かぶのはこの程度ですが、
青森ならもっともっとたくさんのじゃがいもを手に入れることができます。

国内最大級の規模を誇る『株式会社 黄金崎農場』。この農場は、世界自然遺産「白神山地」の山麓と津軽の秀峰「岩木山」山麓に広がる広大な畑で、世界中の美味しくて珍しいじゃがいもを30種類以上も生産しています。

「テイスティングポテト」とは、その中から市場では珍しい10種類を厳選し、詰め合わせにした商品。テイスティング(試食)して、自分の本当のお気に入りを見つけ、じゃがいも料理の新しい世界を広げてほしいという願いからその名が付けられました。
d0007875_1393840.jpg
テイスティングポテトが生まれる白神山麓と岩木山麓は、標高が高いため、昼夜の気温差が大きく、収穫までの日数が長くかかります。また、彼の地は豊かな自然と清らかな清流に育まれた豊饒な大地。太陽の恵みと大地の恵みをじっくりと蓄えるので、たっぷり甘く、旨味が濃い、おいしい「じゃがいも」ができるのです。

テイスティングポテトを構成するのは次の10種類です。
□インカのめざめ/クリやサツマイモのような甘味。フライドポテトやオーブン焼きに!
□ジャガキッズパープル/ホクホク感が最大のウリ。粉ふきいもやポテトサラダに!
□シェリー/ピンク色でしっとりとした食感。ポトフやグラタンに!
□タワラムラサキ/煮くずれ少ない男爵系いも。やさしい食感はカレーや肉じゃがに!
□ヨーデル/サツマイモのようなじゃがいも。ベイクドポテトに!
□つがる小雪/白くてきれいなポテト。煮くずれしないのでどんな料理にもよく合います!
□ビオレッタ/皮も肉も鮮やかな紫色。茹でると色あせるので、蒸すか揚げて色鮮やかに!
□十勝こがね/油とも相性がとてもよいポテト。フレンチフライやチーズ焼きに!
□デストロイヤー/栄養価が高くコクがあります。肉じゃがやみそ汁にも!
□アンデスレッド/甘味がありホクホクしたポテト。コロッケやジャーマンポテトに!

テイスティングポテトは、(株)黄金崎農場のHPからお取り寄せ可能です。
料理のセンスはありませんが、品種ごとのレシピがついてくるので、簡単なものから試してみようかと思っています。芽止め処理はしていないそうなので、残ったら種イモにしちゃうかもしれません。 by 義人
by marugoto_aomori | 2006-03-15 13:56 | おいしい食材 | Comments(9)

青森県千畳敷の「天然岩モズク」

全国の「ヌルネバ」ファンのみなさんへ

長いも、ナットこんぶ、なまこ、めかぶ、あわび、みず、わらび・・・、もう数え上げたらきりがありません!
青森県にいるとこんな「ぬるぬる食材、ねばねば食材」をけっこう食べています。
ぬるぬるとねばねばで、「ヌルネバ」。

畑のヌルネバ、海のヌルネバ、山菜のヌルネバ・・どうやらあったか~いご飯にドバッと乗せるのがお似合いの食材が多いように思います。
そして千畳敷の「天然岩モズク」の登場です。
d0007875_10433353.jpg

漁期は7月頃。
白神山地から流れる豊かな水が育んだ天然のモズクです。
何と言っても特徴は、このシャキシャキ、コリッコリ感。
味も香りもヌメリももう最高!です。
ホント今までのどろどろだけのもずくが何か物足りないな!って思いますよ♪

数年前から、我が家の冷凍庫の完全なレギュラー。
冷凍庫から毎回適量を取り出しては、みそ汁の具に、鍋焼きうどんに、もちろんもずく酢にと、わかめや海草が似合う場面にわかめとご一緒すると、もぉ・・・・っ、「超豪華」。
さらに香りと食感とヌルネバが追加されるので、味わいも「超豪華」になります。

d0007875_10463185.jpgマイブームは、「岩もずくカップスープ」
以前紹介した源たれの「塩たれ」にわかめと岩もずくを入れて10倍のお湯で薄めるだけ!
超簡単で超豪華なひとときになります。
白ごまなんかが入ると、立派なもんですよ。  byなおき
※塩抜きも簡単。適量取ったらざるでゴミや砂を洗っているだけで塩抜きは終了です。
※昨日、アスパムの県漁連直売店で売ってました。
              2㎏のもので2000円だったかな?
by marugoto_aomori | 2006-03-14 10:55 | おいしい食材 | Comments(8)

”超熟成にんじん”の 「冬堀り人参じゅーす」

世界自然遺産「白神山地」を望む広大な大地に雪の中から掘り出す”超熟成にんじん”があります。普通なら秋に収穫するにんじんを、土の中で冬まで熟成させる「雪中にんじん」です。

d0007875_1191577.jpgにんじんは、普通種まき後100~110日で収穫しますが、青森の「雪中にんじん」はさらに2ヶ月以上も土の中で熟成させます。日本海から吹きつける風雪と白神山地から流れ出る清らかな水で育まれる「雪中にんじん」は、人の手だけでは生み出せない雪国ならではのプレミアムにんじんです。

 「雪中にんじん」は、低温にさらされることによって糖度が高くなり、品種によっては果物なみの糖度12~16度に達します。また、夏にんじんに比べてβカロチンやミネラルの含有率が高く栄養価に優れていることや、うま味成分であるアスパラギン酸などのアミノ酸やカリオフィレンなどの香り成分が増加することも報告されています。甘味が濃厚で香り良く、生でそのまま食べてほしいにんじんなのです。

この「雪中にんじん」をそのまんま搾ったのがJA深浦町の「冬堀り人参じゅーす」。
雪中にんじんの濃厚な成分を閉じこめたこのジュースは、にんじん特有の嫌なクセが感じられず、思いの外サラっとしていて後味もさわやかです。レモンを加えただけとは思えないとってもフルーティーな味なので、日頃にんじんを食べない小さなお子様もゴクゴクいけちゃうことでしょう。
d0007875_10595040.jpg
ほとんどPRしていないのであまり知られていませんが、一度味を覚えると、りんごジュースよりこっちを選びたくなる程、飲みやすくておいしいジュースですよ。

冬堀り人参じゅーすは、JA深浦町や道の駅ふかうら「かそせいか焼き村」など深浦町内の主な施設や、青森市の観光物産館アスパムのJA全農あおもり青果物直売所などで手に入ります。

ジャイアンツカラーが好きな人も嫌いな人も、それはそれとして、一度試してみてはいかがでしょうか。by 義人
by marugoto_aomori | 2005-11-30 11:30 | あるあるこんなもの | Comments(3)

自然が魅せる 奇跡の青!

先日、十二湖まで行って参りました!紅葉の時期には少し早かったのですが、今頃はもうすっかり紅葉が進んでしまっているのでしょうね。。

~十二湖って、大きな湖の名前?~

 十二湖は青森県の西側、深浦町の岩崎地区にあります。一つのおおきな湖ではなくて、(そういえばよく十三湖と勘違いされる方がよくいらっしゃいます。あっ自分もかつてそうでした・・・)大小33の湖沼からなり、近くの崩れ山から12の湖沼が見えたから「十二湖」と呼ばれ、300年の歴史をもっています。

~一押し、青池(あおいけ)のブルー♪~
 そんな十二湖の中でも良く観光客のご覧頂くのが、「青池!」本当にインクを落としたような青い色をしているのですよ~。JRのポスターにも使われたりしてます。
 この青さは、ヒ・ミ・ツではなくて、正式には解明されていません。ガイドの方のお話しによれば近くの山からの湧き水が出続けていて透明度が保たれているから?その水の水温が低いから?色々な説をお話ししてくれていますが、正確には不明なのだそうな。でも変な分析で水の色が変わっちゃうのも嫌なのでこのままでいい事にしましょう!?その美しさに理由はいりません(かなり個人的意見)
d0007875_107381.jpg

 この前、日本全国の「水」を撮影し続けている方から青池の感想を聞いたのですが、「こんな青さは見たこと無い!」と驚いていました。私も個人的にこの青池が好きで、毎年ここに来てはその透明感と自然の神秘さに身を任せたまま「ボーっ」と1時間くらい青池を見続けています。。日が差し込むと、9mもある池の底が見えてしまうほど透き通った姿をみせてくれます
青池でたたずんでいると、「なんだー青くないじゃん。」と観光客の方がお話しされているのを耳にします。確かに日が差してないときはわかりにくいかもしれません。陽が高く昇る夏の晴れた日に来てみてください。神秘の姿を見せてくれますヨ。
~自然を大切にしながら堪能しましょ~
この青池、最近濁りが見られているそうな(悲)。。実は世界遺産の麓でもあるこの場所、最近お客さまが増えているそうで、池のほとりにある木の根っこや地面が踏み固められ、雨が降った際に地面が水を蓄えられず、泥水がそのまま流れ込んでしまっているらしいのです。なので今は池の水際付近が立ち入り禁止になっているのですが、ガマンガマン。それでも十分美しい姿を堪能出来ます。

~ガイドさんのオススメ~
 でもガイドの方が本当に来てみて欲しいのは、これから迎える冬の時期なのだそうです。青池の美しさもさることながら、世界遺産「白神山地」の麓にあるこのエリアはブナの木が豊富で、生命が眠りについた静寂の中で、雪に囲まれた姿は格別なんだとか。あっ、でも白神の冬を語るのは、それを知り尽くしたYOSHIHITOに委ねたいと思います。(「白神の冬」に続く?)

by ノブchan
by marugoto_aomori | 2005-11-02 10:22 | 青森の旅 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング