まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:田子 ( 6 ) タグの人気記事

絶好調!「田子ガーリックステーキごはん」

「深浦マグロステーキ丼」「平内ホタテ活御膳」「中泊メバルの刺身と煮付け膳」に続き、青森県4番目の新ご当地グルメ「田子ガーリックステーキごはん」(略称「田子ガリステごはん」)が3月29日にデビューしました。

まずは食べてみないと始まらないと、早速田子町ガーリックセンターに行ってきました。
d0007875_16464650.jpg


ウェルカムドリンクはニンニク入りコーラ。これを飲むことでニンニクを受け入れる準備が完了します。
d0007875_16472246.jpg


いよいよガリステごはんの登場。
何かとパワフルなイメージがあるニンニクですが、そのようなイメージとは一転し、上品かつ色彩豊かに盛られています。美しい!
d0007875_16475216.jpg


肉は左から豚肉・牛肉・鶏肉。下はシャリ9カン。そうなんです。ガーリックステーキごはんの正体は肉巻き寿司なのです。シャリにはニラ、タマネギ、ニンニク味噌がトッピングされています。ところどころニンニクが見えますが、ちなみに右下にはニンニクのガリ。やはり寿司にはガリが欠かせません。
d0007875_16485199.jpg


こちらは創作料理。左3点は洋食、中3点は中華、右3点は和食と、ニンニクをテーマにした前菜がかわいらしいですね。
d0007875_16503041.jpg


早速肉を焼き、シャリに巻いて食べてみます。
酢飯のシャリと肉のコラボが絶妙!シャリの数だけ肉もありますので、巻きそびれる心配はありません。肉を巻くこと自体そんな面倒ではないので、楽しみながら食すことができます。一口サイズなのでぺろっといけちゃいます。
d0007875_1651945.jpg

d0007875_16521946.jpg


食後はガーリックアイス。ここまで到達するともやはニンニク風味も何とも思わなくなります。さっぱりしておいしい。
d0007875_16523939.jpg


田子町ガーリックセンターでは、デビュー以来1日40食限定で準備しているそうですが、ほぼ売り切れとなっているそうです。「人気は予想以上」と田子町ガーリックセンターの佐藤恵子さん。
d0007875_16533769.jpg

「ガリステごはんを食べに来てくれるほとんどのお客さんが満足してくれています。県外から多くのお客様にお越しいただくことで、地域の観光振興に貢献したい」と意気込みをお話ししてくれました。
地域の知恵と腕が生み出した田子町ガーリックステーキごはん。「御食事処なくい」「勇鮨」でも食べられます。全店1,350円。是非ご賞味ください。

田子町ガーリックセンター
住   所:田子町大字田子字田子11
電   話:0179-32-3165
営業時間:平日11時~15時、土日祝11時~16時

<食べ方や食べられるお店の情報はこちら>
田子ガーリックステーキごはん公式HP http://www.takkogarlicsteak.com/

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-04-04 17:09 | 青森食べ歩き | Comments(0)

にんにく尽くしの、にんにくツーリズム!世界初もあるよ!

みなさん、にんにくわ。(にーんにーくわー!)

今年はうるう年、オリンピックイヤーであると同時に、4年に一度のにんにくの日(2月29日)が存在する、にんにく年です。
その記念すべきにんにくの日を翌週に控えた2月22日、にんにく尽くしの“にんにくツーリズム”に参加するため、「にんにくの首都 田子町を訪問してきました。
d0007875_19144068.jpg
間違いなく、にんにくの首都です。看板も有りました。

冒頭のご挨拶、「にんにくわー」は、にんにくツーリズムで教わったご挨拶。
ツアーの開始も、この挨拶から。
まずは、頭ににんにくを被ったにんにく専属ガイドさんとにんにくウォーク(まちあるき)です。
d0007875_19153623.jpg
ガイドさん達。頭のにんにく帽子が素敵です。

さすが全国に知られるにんにくの町。街を歩くと、至る所ににんにくが!
d0007875_19155431.jpg
やるならばトコトン、どこまでもにんにく。田子町のにんにくに対する愛情を感じます。
d0007875_19163750.jpg
素敵なひょうたんのお家も見学。美味しい甘酒を頂きました。

街を歩いた後は、昼食の準備。こちらもにんにく満載です。
d0007875_19171439.jpg
“つつけ”を切って、にんにく味噌を塗ったおにぎりを焼きます。
にんにく味噌は、味噌7、にんにく3の割合で作られているそうです。

…3割。すごい量です。建物に入った瞬間ににんにくのフレグランスを感じたのはそのためだったんですね。
昼食は、みんなでつくった“つつけ”と“にんにく味噌おにぎり”、そしてお漬物を頂きました。
d0007875_19180606.jpg
お漬物まで、もちろん、にんにく入り。
もはや驚きません。ここまで来ると、むしろにんにくが無い方が驚きです。

食べた後はお待ちかね。
話題沸騰、世界初、にんにく足湯!!!!!
d0007875_19191979.jpg
足元には穴の空いた発泡スチロール。そこに注がれるお湯。そして切り刻まれたにんにく。そして横一列に並べられる参加者たち…
少し覚悟が入ります。恐る恐る足を入れてみると、これがなかなか気持ちがいい。
足湯に入っている間、にんにくガイドの方々が田子町を舞台にした紙芝居を読んでくれましたが、足湯が気持よく、思わず寝てしまいそうになりました。にんにく足湯、恐るべしです。
田子町の方に聞くと、昔はよくにんにく風呂にして入っていたとのこと。入れると、湯冷めしにくいのだそうです。確かに、田子町から帰って寝るまで、足は暖かいままでした。薬湯的な感じなのでしょうか。

そしてクライマックス。

足湯につかったまま迎えたのは2時29分。
最後はにんにく入りの「ジャッツ!タッコーラ」で乾杯!
d0007875_19195220.jpg
最初から最後まで、にんにくづくしのにんにくツーリズム、とても楽しい体験が出来ました。今回のモニターツアーの経験を活かし、田子町では本格的にツアーを作り上げていく予定とのこと。実現した際には、みなさんも是非参加してみてください♪
<key>


by marugoto_aomori | 2016-02-24 19:24 | 街歩き | Comments(0)

田子にんにく+コーラ=「タッコーラ」

毎年1月の恒例イベントとなりつつある東京ドームでの「ふるさと祭り」。
その祭り開会日の1月9日、「!!!」な商品がデビューしたことをみなさまご存じでしょうか。

発売開始からわずか1か月。早くもネット注文が殺到し、すでに在庫がなくなって入荷待ち状態になってしまった話題の商品です。

入手できた私は、まさにハンドルネームのごとくハッピーだったのかもしれません。
そう、にんにく入りのコーラ、「ジャッツ タッコーラ」。
d0007875_11581241.jpg

私的に、すんごくいい! ナイス、ネーミングセンス!
オヤジギャグ好きの私にはたまらないこのネーミング。私のハートを鷲づかみです。
d0007875_11585260.jpg

言うまでもなく、「田子」+「コーラ」で「タッコーラ」です(笑)。

このネーミングを考えたのは、ガーリックセンターの職員のお二人。
「まったく根拠のない、売れる自信を持っていた」そうです。
いいですねぇ。少なくとも私はその気持ち、共有できそうです。
d0007875_11593464.jpg

にんにくの町として全国にその名をとどろかせている田子町。
にんにくカレーににんにくラーメンなどなど、様々なにんにく商品を生み出してきました。

そして、新しい飲み物を開発するにあたり、ガーリックセンターらしくアメリカンな要素で・・・ということで、約半年の期間をかけて商品化したのがタッコーラ。
d0007875_1201158.jpg

ラベルをよく見てみると、少年(?)がにんにくに乗っかり、にんにくの帽子をかぶって驚いています。
そう、この驚き、これが「ジャッツ」なんですね~。
流行語にもなったあの「じぇじぇじぇ」、田子町では「ジャッツ」なんですって。

ではでは、ちょっと味わってみますか。
キャップをゆっくりと開けて・・・う、うおっ! いや、ジャッツ! 早速にんにくの香り。
d0007875_1205262.jpg

グラスに注ぐと、炭酸とともに、にんにくの香りも同時に出てくるような感じです。
コーラの甘い香りと混ざっていますが、確かににんにくです。

口に流し込むときも、にんにくの香りを感じます。
味はコーラ。だけど、にんにくの余韻が口に残る、という感じですね。

ありそうでなかったにんにく+コーラ。これは確かに斬新です。
にんにくは、粉末状のものがわずかに使われているだけとのことですが、にんにく成分が効いて、通常のコーラよりも元気がでるのかな?

飲んだ瞬間に、ジャッツ!と目がさめる方が多いかもしれませんね。

このタッコーラ、田子町のガーリックセンターとネットショップで購入できるほか、飯田橋のアンテナショップ「あおもり北彩館」、渋谷区の「ガーリックガーリック」さんにもあります。
d0007875_1214576.jpg

田子にんにくを使った料理が評判のガーリックガーリックさんについては、現在は品薄のため、お店で食事をされる方のみいただけるということですのでご注意を。

最近、テレビや新聞で取り上げられていて注文が殺到しているそうですので、お店に買いに行く場合は、事前に確認してからお出かけするなどしてくださいね~。

by 最後のハッピーハンド


田子町にんにく国際交流協会(田子町ガーリックセンター)
〒039-0201 三戸郡田子町大字田子字田子11
電話 0120-195-229(平日10:00~17:00)
   0179-32-3165(毎日9:00~18:00)

ガーリックガーリック
〒150-0046 渋谷区松濤1-26-2
電話 03-5478-2029

<あおもり北彩館東京店>
〒102-0071 千代田区富士見町2-3-11
電話 0120-915-724
by marugoto_aomori | 2015-02-13 14:56 | あるあるこんなもの | Comments(1)

にんにくの首都で、田子牛を~♪

にんにくと言えば田子ですね~♪にんにくと言えば「お肉」がピッタリですね~♪こちら田子町では田子牛(黒毛和牛種)の飼育が盛んで、地元でもいただけるお店があります。
そのお店が「池田ファーム」さんです。こちらでは、コテージのような建物の店内にガスコンロ(炭火の場所も有)が各所におかれています。
d0007875_12191455.jpg

ご主人の池田さんにお聞きしました。「お客様には気楽に楽しんで欲しくてね・・食事の準備だけしてあとはご自由にやってもらってるんです。」お肉の焼き方も自由、食べ方も自由♪他のお客様をのぞいたところ、ホント楽しそうにガヤガヤしていました。
 お肉は一日に3個のにんにくを食べて育てられた田子牛のみを使用していて、ランクはA4以上の物で自信を持ってオススメ出来るお肉を用意しているそうです。温厚そうなご主人ですが、その瞳の中にしっかりとした信念とお客様に対する思いやりの心を感じることが出来ました。こういう高級肉を扱っているお店って、結構ウンチクとかうるさそうって感じてたのですが。。。とっても安心感の持てる場所でした。
d0007875_12201834.jpg

 さて、今日お願いしたのはサーロイン200gのセット(確か3,150円でした。)ご飯とお味噌汁と漬物(自家製)そしてお肉には池田さんが裏の畑で栽培された季節の野菜がついてボリューム満点です。
d0007875_12204890.jpg

 焼き方は自由ですが、ご主人オススメの食べ方も聞いてみました。お肉を焼いたらスライスしたにんにくをのせ、焼き肉のタレではなく、すりおろしにんにくをとかした醤油につけて食べるのだとか。
 ・・・!!!お肉の甘さとにんにくのピリッと感が渾然一体となって口の中ではこれまで体験したことのないハーモニーが奏でられるのです。お肉も柔らかいのですぐにとろけていってしまうのです・・・。演奏時間はとても短く感じられましたが至福の時でした。。。。
 正直な話、過去にA5ランクの黒毛和牛をいただいた事があったのですが、田子牛の方が美味しく感じました。(ご主人は、「各自、自分好みの焼き加減で食べているのでそう感じるのでは?」と謙遜していましたが・・・ちなみにお肉を焼きだしてからは知人と共に興奮のあまり写真を全く取り忘れています・・・焼き上がりの姿はご想像願います。)

byノブchan
by marugoto_aomori | 2007-10-26 12:33 | おいしい食材 | Comments(6)

やめられない止まらない「にんにこちゃん」

一度食べ始めると止まらなくなるものってありますよね。
ポテトチップスなんか袋を開けたら最後、
一袋食べきることが約束されるようなもんです。
そんな「やめられない止まらない」系のものにあげておかしくないのが、
田子町の『にんにこちゃん』です。d0007875_11234778.jpg
原材料はもちろん田子町産のにんにくに県産の梅。
カリポリの食感が食べていて心地よく、
にんにくのほどよい辛みと梅の酸味が
飽きることのない味を作り上げています。
梅にんにく自体は珍しいものではありませんが、
その多くは中国産の小粒にんにくを使用しています。
田子町産のにんにくの美味しさにかなうはずもありません。
にんにくであることを忘れて食べ続けてしまいます。

しかし、不思議なのはこのネーミング。
何故「にんにくちゃん」じゃないのか?
少し気になったので田子町農協に電話して聞いてみる。
すると担当者不在で詳細不明としながらも、
「昔は~~子じゃない人を呼ぶとき、
例えばマリさんでも「マリコ」って呼んだりしますよね。
それに可愛らしさで「ちゃん」がついたんじゃないでしょうか」との答え。
ふむ。確かにそういう呼び方をしたりする。
つまり、
「にんにく」に女性用接尾語をつけて「にんにく子」。
これに可愛らしさの敬称ちゃんをつけて「にんにく子ちゃん」。
言いにくいので「にんにこちゃん」。
といったところか。
真偽はともかく納得できたのでOK!
田子町農協さんありがとう。

しかし、もうすぐお盆。
もう少し風流な話題もあるだろうに…。
by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-08-11 11:28 | あるあるこんなもの | Comments(16)

緑の「あすなろ卵」で、おいしい卵かけごはん。

d0007875_1220897.jpgシンプルで奥が深い「卵かけごはん」。味を決めるのは素材と作り方ですが、青森には卵かけごはんにピッタリの卵があります。
南米チリ原産で緑の卵を産むアローカナ種をもとに、青森シャモロックを開発した県畜産試験場が、約20年の歳月をかけて開発した「あすなろ卵」です。一般的な鶏卵よりやや小さめのMSサイズが中心なのですが、黄身の割合が高く、卵白もしっかりしているので食べ応えは十分です。

コクと甘味がある大きな卵黄。その卵黄をしっかり支えて盛り上がる濃厚な卵白。いやな生臭さがないので生で食べるのにとても適しています。

d0007875_12161972.jpgもちろんおすすめは「卵かけごはん」。卵かけごはんが大好きな開発者のS部長も生産者のHさんも口を揃えます。
炊きたてごはんの風味を生かすやさしい香り。醤油に負けないしっかりとしたコク。ごはんによくからむまろやかなトロみ。本当に本当においしいんです。
全国的にも珍しいこのあすなろ卵は、にんにくで有名な田子町の「田子たまご村」が、栄養豊かなエゴマで育て、「緑の一番星」という商品名で販売しています。

「お米のソムリエ」として有名な西島さん曰く、「淡泊な料理やおかずに合うのは淡泊な味のお米」。卵かけごはんには、あっさり味で和食によく合うと評判の「つがるロマン」が良いでしょう。by 義人
by marugoto_aomori | 2005-11-11 12:33 | おいしい食材 | Comments(3)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング