まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:紅葉 ( 9 ) タグの人気記事

中野もみじ山の紅葉が見頃です!

2004年、JR東日本のポスターで紹介されて以来、毎年着実に観光客が訪れているのが、黒石市の紅葉の名所「中野もみじ山」。

中野もみじ山の紅葉は、弘前藩主津軽寧親(やすちか)公が、享和2年(1802年)に温湯村に一泊した際に、もみじや不動の滝に魅せられて、京都から楓の苗木を約百余種取り寄せ、中野不動尊に奉納したのが始まりで、以来、京都の紅葉名所である「嵐山」に対して、東北の「小嵐山」と呼ばれるようになったと伝えられています。

現在、『中野もみじ山ライトアップ 光のファンタジー』期間中ということで、行ってきました。

車を「やすらぎの駐車場」に停めて、歩いていくと、写真でよく目にする光景が見えてきます。
d0007875_182122100.jpg
夜景の撮影が不慣れなもので。。。スミマセン(汗)

鳥居をくぐると、右手に特別展示されている「大型こけし灯ろう」に目を奪われます。
d0007875_1643223.jpg
こけしは子供の健康な成長を願うお祝い人形で、昔から湯治場の土産として人気でした。それが黒石ねぷた祭りのねぷた灯籠と結びついて「こけし灯ろう」が誕生し、今でも湯治場として、こけしの里として情緒を漂わせています。

美味しい匂いが漂う露店を通り抜け、階段を下りていきます。
d0007875_165220.jpg
少しずつ紅葉が見えてきます。いい雰囲気です。

渓流に下りると、寧親(やすちか)公も魅せられたという不動の滝が目の前に広がり、鮮やかな紅葉と岩肌を伝う白い滝の流れのコントラストが楽しめます。
d0007875_165279.jpg
左手には不動橋が見え、橋に掛かる紅葉もとても綺麗です。d0007875_1654776.jpg
不動橋を渡ると、最初の見えた場所に辿り着きます。d0007875_166099.jpg

夜のライトアップされている場所はここまでですが、日中は、この場所から階段を登り、中野神社を通って観楓台まで行くとさらに美しい紅葉が楽しめます。

中野もみじ山の紅葉は、まだ見頃は続いておりますでの、機会があれば、是非散策してみてはいかがでしょうか。

by トリッキー

☆中野もみじ山ライトアップ 光のファンタジー
実施期間:平成27年10月15日(木)~11月8日(日)
点灯時間:日没~21時まで
     *定点ライトは常時点灯。ムービングライトは10分点灯・5分消灯を繰り返します。
問合せ先:黒石市農林商工部商工観光課 TEL0172-52-2111
     黒石観光案内所 TEL0172-88-8815

☆大型こけし灯ろうの特別点灯展示
実施期間:平成27年10月17日(土)~11月3日(火)
点灯時間:日没~19時まで
場所:津軽伝承工芸館「中央広場」
入場:無料 ※軽食コーナーのみ19時まで営業
問合せ先:こけし灯ろう祭実行委員会 TEL0172-59-5300
by marugoto_aomori | 2015-10-28 17:42 | 青森の旅 | Comments(0)

石垣工事直前、弘前公園では紅葉が見頃

県内の紅葉情報を見ると、八甲田や白神では落葉が進んでいるようですが、平地では今がちょうど見頃。なかでも弘前公園では11月9日(金)まで「菊と紅葉まつり」が開催中です。
d0007875_1843920.jpg
d0007875_1823470.jpg
桜で有名な弘前公園ですが、実は楓の木が1000本もあります。
楓と桜の紅葉がいい感じのコントラストとなっています。
d0007875_1841160.jpg
弘前公園と言えば弘前城ですが、この天守閣、石垣工事のため移動することになっています。
工事が始まると10年はこのお堀とお城の景色を見ることができないというのですが、今のところ、天守閣もお堀も変わった様子はありません。
しかし、この秋、内堀から水が抜かれ埋め立てられるとのこと。
間もなくこの景色も見納めなのでしょう。
そのせいか、お城の前で記念撮影をする人がひっきりなしにやってきてました。
d0007875_18155538.jpg
今年は紅葉はまだという方、ぜひ弘前公園へ。
石垣工事直前のお城をバックに記念撮影してみてはいかがでしょうか。
d0007875_1823370.jpg
■弘前城菊と紅葉まつり
開催期間 10月17日(金)~11月9日(日)
開催場所 弘前公園内、弘前城植物園
有料情報 << 植物園 >>9:00~17:00(入園16:30まで)

by niok

by marugoto_aomori | 2014-11-01 11:49 | 青森の旅 | Comments(0)

紅葉ピークまであと少し。白神の森遊山道

10月半ばに入り青森県内各地から紅葉の便りが聞こえてくるようになりました。
今回はそんな紅葉を求めて「白神の森遊山道」へ行ってきました。
「白神の森遊山道」は鯵ヶ沢駅から車で約30分。気軽に白神の自然を感じることが出来るエリアです。
d0007875_1151128.jpg
こちらの「くろもり館」で受付をしていざ入山。遊山道は約90分のコースと約60分のコースがありますが、今回は60分コースにチャレンジ。
d0007875_11513886.jpg
このように遊歩道が整備されているので、初心者でも安心して歩くことが出来るのが「遊山道」の特徴です。
d0007875_11521129.jpg
コース途中、地面に鏡がおかれています。道路のカーブミラー?
覗き込むと白神の空が見える楽しい仕掛けです。
d0007875_1157225.jpg
d0007875_11554495.jpg
d0007875_11572323.jpg
紅葉のピークまでは少し先ですが、ほんのり色づいてきた山並みに木漏れ日が差し込むなんとも素敵な空間です。
気軽に散策できる「白神の森遊山道」。今年は紅葉時期が遅れているそうで、10月末日の終了予定を延長して11月5日(水)まで開山するようです。ぜひお出かけしてみてください。
d0007875_1205110.jpg
因みに、白神の森へ行く道の途中、所々で栗が売られていました。
聞くと、この辺りの皆さん、庭に栗の木があり、それをこうして販売しているのだそうです。
とれたて茹でたてのホクホクの栗。とても得した気分になった秋の午後でした。
d0007875_121278.jpg

■白神の森遊山道
[問い合わせ先]
総合案内休憩所 くろもり館 0173-79-2009
鰺ヶ沢町観光協会(閉鎖期間)0173-72-5004
[入山情報]
4月20日~9月30日/9:00~16:30 (受付16:00まで)
10月1日~10月31日/9:00~15:30 (受付15:00まで)
※期間中無休
[利用料金]
一般・高校生/500円(400円)
小・中学生/400円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金。幼児は無料。
 杖・長靴無料貸出。

by niok
by marugoto_aomori | 2014-10-13 17:43 | 青森の旅 | Comments(0)

いつもと違う「弘前城菊と紅葉まつり」

山はだいぶ色づいた県内の紅葉。
でも、街の紅葉はまだまだこれからという感じです。

今日から弘前では『弘前城菊と紅葉まつり』が開催されました。
今年は、例年より1週間延ばしての開催になるそうです。
d0007875_1739522.jpg
(お約束のセレモニーもバッチリ)

まだ公園内は色づき初めといったとこでしょうか。
見頃は月末からになるそうです。
d0007875_17414269.jpg
ところで、今年は弘前城が築城400年!
弘前城雪燈籠まつりから始まり、さくら、ねぷたと目玉イベントを次々開催していましたが、とりを飾るこのまつりの目玉はなんといっても『D-K(デジタル掛け軸)LIVE』!
d0007875_17461375.jpg
(画像はイメージです。)

このD-Kは、日本国内(大阪城、東京都庁など)はもちろん海外でも行われたことがあるアートで、100万枚の画像を数台の大型プロジェクターで風景や建物に投影して、ゆっくりと映り変わる幻想的な光の芸術だそうです。
これを今回は弘前城や櫓を背景に行い、それに合わせて会場である弘前公園の植物園は、通常17:00までの開園を19:00まで期間限定で時間延長するそうですよ。
画像はイメージですが、実際どのような感じで見えるかは、是非ご自分の目で。

そして、もう一つの築城400年イベントが宝探しイベント『弘前城財宝絵巻』♪
d0007875_17491891.jpgこちらは、宝の地図に記載されている謎を解いて、弘前公園内に隠されている宝箱を探していくイベント。
 これがまた結構楽しいし、結構難しい!!
風景を眺めて歩くのもいいのですが、目的を持って考えながら歩くのも新たな発見がありそうです。
そして見事クリアした方には、先着順に‘たか丸くん’シールや、抽選で‘りんごジュース’なども当たるようです。
 商品狙いでガッツリ行くも良し、カップルで和気あいあいも良し、家族団らんも良し、みなさんはどれで行かれますか?

by ハンコック

<弘前城菊と紅葉まつり>
会場: 弘前公園内「弘前城植物園」
会期: 平成23年10月21日(金)~11月13日(日)  9:00~17:00
    ※11月9日~12日は 19:00まで時間延長
デジタル掛け軸
期間: 11月9日~12日
     ・弘前城天守 日没~21:00
     ・辰巳櫓    日没~19:00
宝探しイベント
期間: 10月21日~11月13日
    ※チラシ設置個所  みどりの相談所(弘前公園内)、弘前市立観光館
                 弘前市観光案内所(JR弘前駅)、まちなか情報センター
上記問合せ先 弘前市立観光館 TEL 0172-37-5501
もしくはhttp://www.hirosaki.co.jp/htcb/sightseeing/fes/momijimatsuri.html参照
by marugoto_aomori | 2011-10-21 18:10 | 青森の旅 | Comments(0)

紅葉が里におりてきました

とことん青森MAX、いやいや盛り上がってました~。10月末から表参道にいましたが、11月1日のねぶたの運行、すごかったですね~。表参道の秋の気配が、ねぶたの登場で真夏にヒートアップ! という感じでした。

さて、そんな熱気もさめないうちに帰青してみると・・・
d0007875_11401789.jpg
普段よく利用しているバス停付近ですが、完全に秋の風景です。東京に行っている間に、紅葉前線が里にまでおりてきたようです。
d0007875_11451332.jpg
近所には、桜の名所として知られる合浦公園もありますが、ここも今は秋色一色。
d0007875_11514732.jpg
ココは私の通勤路にもなっているので、春の桜と秋の紅葉を楽しみながら通勤できるわけです。・・・結構ぜいたくかもしれませんね。

さて、青森の紅葉といって外せない場所といえば、黒石市の中野もみじ山。と言いつつ、実はまだ一度も行ったことがなかったのですよね~。こりゃイカン、ということで、愛車に乗ってレッツらゴー。
d0007875_120791.jpg
おそらく、一度は写真などで目にしている光景だと思いますが、実物は想像以上に素晴らしかったです(写真が下手ですね)。
中野もみじ山のもみじは、その昔、弘前藩主が京都から取り寄せたそうで、京都の嵐山に対し、「小嵐山」とも呼ばれるようになったそうです。
入口の鳥居をくぐり、階段をおりて朱色に塗られた欄干の橋に来ると、多くの方が橋の上で足をとめ、シャッターを持つ手を忙しそうに動かしていました。
d0007875_14272792.jpg
私も負けずにバシバシ撮りましたが・・・。あぁ、テクニックがなくてきれいに撮れないのが残念。
ちょっと暗くて見えないのですが、もみじ山を取り囲むように渓流が流れていて、それがまた美しい景色を演出しています。
d0007875_14131998.jpg
渓流に流れ込む不動の滝と色鮮やかなモミジは、まさに黄金コンビです。
d0007875_14353935.jpg
(シャッターを長く開けたので、人が透けています。)
中野もみじ山の紅葉は、八甲田で苦しみながら見た紅葉よりも赤が多い感じです。
d0007875_1459519.jpg
真っ赤なモミジというのは、本当にきれい。情熱的ですね。
今年は紅葉が1週間ほど遅れたようで、ライトアップの期間を延長し、昨日まで行っていたようです。しかし、ご覧のように、ここの紅葉はまだまだ見頃です。
個人的には、これだけ真っ赤に色づいた紅葉は、かえって青空の下の方が映えるのではないかなぁと思いますが、どう思います? もっと早い時間から行けばよかったなぁ、と後悔。・・・後悔先立たず、ですね。
by ハッピーハンド
by marugoto_aomori | 2010-11-08 12:02 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

紅葉前線下山(南下)中

「××の秋」という言葉がピッタリの季節になりました。スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋・・・。私にとっては昼寝の秋ですが、そんな欲求を抑え、青森に帰ってきたからには四季の移ろいを楽しまなければ・・・と愛車に乗って向かったのはまたまた八甲田山。もちろん目的は紅葉狩りです。
d0007875_957590.jpg
後藤伍長の銅像がある銅像茶屋あたりから山々を見てみました。山頂付近よりも中腹の方がいい頃合いかな? という感じ。また、まだ午前9時過ぎだったせいか、いつもよりほんのチョット車が多い感じで、特に交通渋滞もなく順調に進んだのですが・・・。

到着した八甲田ロープウェイ乗り場の駐車スペースは、すでに満車状態。10分ほどウロウロしていると、運良く歩道が駐車スペースとして解放されたので、何とか駐車できました。
当初は、ロープウェイで山に登り、木道が整備された八甲田ゴードライン(田茂萢岳自然研究路)を一回りして、またロープウェイで下山する予定でした。ロープウェイをおり、意気揚々とゴードラインを進んでいきましたが、お目当ての紅葉はまだ見られず・・・。まぁ、針葉樹も多いからね~、などと勝手に思い込みながら、湿原展望台に到着しました。
d0007875_10202068.jpg
草原紅葉というのでしょうか? 夏場の青々とした草地が見事に色づいていました。ただ、モヤがかかっていて残念です。天気がよかったら、背景の田茂萢岳と沼、そして真っ青な空との色のコントラストがよかったのになぁ~、と悔やまれます。まぁ、自然には勝てませんよね。

そんなこんなでゴードラインを半周し、ロープウェイ山頂駅からもっとも離れた場所に到着。ここは登山道との分岐点。はてさて、あまり紅葉らしい紅葉にお目にかかれなかったので、ここで引き返してもよいのかどうか。う~む、ここまで来てまともな紅葉も見ずに下山しては、何のためにここに来たのやら・・・。結局、酸ヶ湯を目指して登山道を進むことにしました。

7月のパトロールで酸ヶ湯から登ってきた登山道を逆走。
d0007875_1038319.jpg
前日に降った雨で登山道はグチャグチャにぬかるみ、大きな水たまりもあちこちにできていました。そんな中、私の服装は、上はTシャツにフリース、下はジーンズに普通のズック。首からカメラをさげ、手にはビデオカメラ・・・。どう見たって登山をする格好ではありません。
すれ違った人に紅葉の様子を尋ねても、「毛無岱の紅葉がいいよ。・・・でも、その格好だとこれから大変だよ。」と心配されるような姿。すぐにクツもジーンズのすそも泥だらけ。クツの中もビチョビチョで、歩くたびに水があふれるような状態になったのは言うまでもありません。

すれ違う人々の目を気にしつつ、毛無岱に続く階段に到着。毛無岱を一望しました。
d0007875_10502051.jpg
おおーっ、草原の紅葉が一面に広がっている・・・。これはこれで素晴らしい。でも、個人的にはもっと赤い景気が欲しいなぁ~、と贅沢な欲求を満たすため、さらに歩みを進めました。

毛無岱を過ぎ始めた辺り、ようやく赤く色づいた木々も増えてきました。
d0007875_10571192.jpg
そうです、これなんだよね~。紅葉の紅は赤だよね~。空の青と紅葉の赤の組み合わせがいいんだよね~・・って、ちょっと曇っているけど。
d0007875_1058941.jpg
自己満足に浸りながら、木の階段を下りて振り向くと・・・
d0007875_10594440.jpg
陽の光に照らされた紅葉の何と美しいこと・・・。黄色もいいな~、と赤への思いもすぐに変わるウワキ心。ま、きれいならそれでいいですよね。

登山道を下ること、たぶん1時間半くらいでしょうか?(時計を持っていなかったので・・・) 無事に酸ヶ湯に到着しました。駐車場は超満員。道路にもあふれかえっていました。
ホッと一息して振り返ってみると・・・
d0007875_1163442.jpg
あら、きれい。これだったら、わざわざ山を歩かなくても・・・。
d0007875_1183019.jpg
地獄沼もいい感じ。最初から酸ヶ湯に来て、この辺りを散策すればよかったなぁ、と思わせるような景色です。
d0007875_11172530.jpg
地獄沼から流れ出すせせらぎ付近が、この日もっともきれいな景色だったように感じました。

それにしても、紅葉狩りはちゃんと情報を調べて行くべきだと実感。また、備えも必要で、正直なところ寒かったです(当たり前ですよね)。靴の中はビショビショだし・・・。
d0007875_11271571.jpg
八甲田そば(山菜そば)の温かさが身にしみる登山、いや、紅葉狩りでした。
by ハッピーハンド

紅葉狩りに行く場合は、県の観光情報サイト「アプティネット」で状況を確認しましょう!
by marugoto_aomori | 2010-10-18 11:57 | 青森の旅 | Comments(2)

紅葉を求めて~その2十和田湖編~

d0007875_0165170.jpg

奥入瀬渓流を南下していくと、十和田湖はその雄大な姿で出迎えてくれます。
今はバイパスが完成して、子ノ口から休屋まであっという間ですが、昔の道路
に入ると展望所があって十和田湖が一望できるので、そちらも是非ともおさえ
ておきたいポイントですね♪

休屋に車をとめ、お約束ですが乙女の像あたりまで歩きます。う~ん、素敵!
映像でも伝わりにくいのですが、対岸の方まで綺麗に色づいてきているんです。
ほーっと一息。。。
そして!(あくまで個人的な好みとして聞いてくださいね)休屋にきたら必ず堪能
しているものが二つ!その一つ塩えびです。十和田湖で水揚げされている小ぶ
りなエビをただ塩ゆでしただけのもの♪ついつい買ってしまうのです。試食もでき
るので是非お試しあれ。
d0007875_0192787.jpg

もう一つ、今では漁獲量が減ってしまいましたが「ひめます」です。それぞれの
お店で炭火焼きで売られています。今日は早めに来たこともあって焼きたてが
ゲットできました。
d0007875_0195514.jpg

うぅっすらピンクがかったその身は柔らかくホロホロとして、その繊細な味わいを
豪快にふられた塩がキュッと引き立てる、いつも必ず味わってしまう逸品です。
あぁ・・・今年は子供達にその大半を食べられてしまいましたが、この思いを伝え
ることが出来たので満足満足♪
d0007875_0202548.jpg

さて、紅葉の時期になると、なんだか甘い香りが漂っているのを感じたことって
ありませんか。なんだろう?といつも思っていたのですが、その答えが駐車場で
いただいたパンフレットにありました。
カツラの木!うーんパンフレットに写真がついていたのですが、どの木だろ・・
遊覧船乗り場近くの十和田湖ビジターセンターに行って聞いてみることに。
d0007875_021376.jpg

センターの方は親切に、一緒に外まで出向き教えてくれました♪コレコレ!
d0007875_021388.jpg

ハート型の葉っぱが目印なんだそうです。確かにカツラの木の下に立ってみると
甘~香りが!更に下に落ちている葉っぱを嗅いでみると・・・・おぉ♪パンフレット
に書いていたとおり綿飴のような香りが♪ 
d0007875_0222110.jpg

楽しみがまた一つ増えました。

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-10-20 12:12 | 青森の旅 | Comments(0)

紅葉を求めて~その1 八甲田・奥入瀬編~

いよいよ紅葉もピークを迎えそうですね。今日はもうすぐ見頃を迎える十和田湖
方面で出掛けてみました(10月18日)。
d0007875_001275.jpg

まずは青森市から雲谷を・抜けて八甲田方面へ。
道路沿いはもう見頃真っ盛りという感じで、道路の両サイドが紅葉で覆われて、
まるでトンネルのようです。途中、萱野高原を通過。萱野と言えば・・・・
d0007875_003993.jpg

今日は朝早く出掛けたので立ち寄りませんでしたが、萱野茶屋では、生姜味噌
おでんや雲谷そば・酸ヶ湯そばを愉しむことができます。冬時期はお休みになり
ますので、紅葉時期までのお楽しみですね♪
d0007875_012063.jpg


さあ、酸ヶ湯を抜け、睡蓮沼~蔦温泉を抜けていくと・・・・蔦川が見えてきます。
蔦川に架かる出会い橋から・・・・パシャッ。
d0007875_014997.jpg

いい~感じに色づいてますね~。
奥入瀬渓流も楽しみです。私は毎年のように新緑・紅葉時期に奥入瀬に行き、
その渓流の流れを堪能します。変幻自在に流れるその動きは一つとして同じ動
きを見せない、その瞬間だけ自分に見せてくれる流れなんです。
せせらぐ音と共に魅せてくれる川の流れ。是非10分、いや5分でも足を止めて、
その流れを・・・じっと見つめてみませんか。
日常の生活で感じた喜怒哀楽、様々感じた思い・気持・・・喜びや楽しさはもっと
綺麗に増幅し、怒りや悲しみはサーっと流してくれるような、そんな気持ちにさせ
てくれる場所なのかしらと、そう思うんです。

奥入瀬はもうすぐピークかと思います、最もダイナミックな銚子大滝付近はそん
な感じでした。(他の渓流の様子はあえて画像を付けませんでした。是非皆さん
思い思いのお気に入り場所を探してみてください。)

さ・・・・いよいよ十和田湖はもうすぐですよ~(続く)

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-10-19 09:53 | 青森の旅 | Comments(0)

いざ紅葉の十和田湖へ!

10月25日、お客様を案内して紅葉の十和田湖へ。
霧雨ぎみのあいにくの曇天でしたが、
前日の天気予報の悪さを考えると、
しっとりと濡れる紅葉もなかなかのもの。
平日にもかかわらず石ヶ戸休憩所のあたりは
観光バスなどで混み混みで、
十和田湖・奥入瀬の人気の高さを改めて確認しました。d0007875_1330259.jpg
時間の都合もあって奥入瀬渓流はバスで走り抜け一路休屋へ。
目的地は十和田湖畔のマリンブルー。
十和田湖ランチクルーズ紅葉編のスタートです。d0007875_1331834.jpg
少し肌寒い湖上ではありましたが、
ライフジャケットが意外と暖かいことに感心などしながら、
まずはランチボックスのホットサンドをいただき腹ごしらえ。
船を操縦する中村社長の軽快なガイドで、
十和田湖の紅葉を楽しみました。

十和田湖の遊覧船には何度も乗ったことがある私ですが、
小型船は初めての経験。
結構岸辺に近いところまで船が近づくので、
カメラを抱えた私は霧中でシャッターを切っていました。
※技術不足で思ったような写真が撮れていないのは内緒です。
紅葉は例年に比べて少し遅めのようですが、
それでもその美しさは絶景で、
抽象画のような巧みな色使いは最高でした。d0007875_1331569.jpg
d0007875_1332896.jpg
いつもの入り江ではエンジンをストップし、
静寂の中で紅葉を楽しみます。
ここでは誰もが感嘆の言葉しか出てこず、
一眼レフから携帯電話まで、
カメラと呼ばれるものを持つ人全員が、
どうにかしてこの美しさを自分の記録に残すべく努力していました。d0007875_13323447.jpg
大型遊覧船の引き波で多少揺れるくらいで、
双胴船「アドベンチャー21」の乗り心地は快適。
天気さえかみ合えば、あり得ないような風景を見ることができる最高のクルーズです。
今年はもうワンチャンスくらいありそうなので、
写真好きな方には特にお薦めです。

by YOSHIHITO


十和田湖ランチクルーズの詳細はこちらです。

by marugoto_aomori | 2006-10-27 13:47 | 青森の旅 | Comments(8)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング