「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:肉 ( 5 ) タグの人気記事

思わずカブリつきたくなりフリフリチキン!

今日は29日、肉の日です!
そんな肉の日に“ガブリチュー”してもらいたいおすすめメニューをご紹介します。

三沢市のスカイプラザにあるお店「LANI CHICKEN FACTORY(ラニチキンファクトリー)」です。
特製のスパイスに付け込んだ鶏をまるごと1羽炙り焼きにします。
d0007875_11454541.jpg

メニュー名は「フリフリチキン」です。「フリフリ」はハワイ語で回すという意味です。
グリルの上でグルグル回しながらじっくり焼き上げでいきます。
中まで火が通り、外側の皮がパリッとなる状態が食べごろです。

今回は控えめに、ハーフチキンにフレンチフライがついたコンボを注文してみました。
d0007875_11505869.jpg

焼きたてアツアツ、スパイスの薫りが食欲をそそります。
早る気持ちを抑えつつ、ナイフとフォークで切り分けながら、先ずはパリッパリの皮をガブリ!
「う~ん!スパイスが絶妙!」
続けざまに、モモ肉をガブリ!
「ジューシー!」
食べたい欲求を抑えきれず、ナイフとフォークはやめ、直接指で掴んで口に運ぶようになった。
「もっと食べたい!」
骨までシャブリついて、チューチューしたくなる旨さ!
丁度良いかなと思ったハーフチキンも、あっという間に食べ尽くし、思わずハーフチキンを追加注文してしまった(笑)

これは病みつきになる旨さ。
手の指も口の周りも、スパイスだらけになっても気にならないほどの満足度です。

三沢市の近くに行く用事があるのなら、回り道をしてでも立寄って、あのガブリチューを味わってもらいたい。是非一度お試しあれ!


【問い合わせ先】
ラニチキンファクトリー
住所:三沢市中央町2-8-34 スカイプラザミサワ1F
電話:090-6258-7299
営業時間:11:00~20:00
※日曜・祝日~19:00
定休日:火曜日
※注文してから30分以上かかる場合があるので、事前予約がベスト

by トリッキー
by marugoto_aomori | 2016-08-29 11:54 | 青森食べ歩き | Comments(0)

今日はにくの日!「肉の都」で肉食を楽しもう! 

2月9日は「にく」の日~ みなさん、おいしいお肉たべてますか?
私は自他ともに認める「肉(を)食(べる)女子」なので、県内のお肉情報を日夜リサーチしています。

実は、青森には、一つの町で牛・豚・鳥・羊・馬・ダチョウが満喫できる場所があるんです。それは、十和田市!

「えっ、なんで十和田が肉の都なの?」とお思いの方もいらっしゃるでしょうし、
かいつまんでご説明させていただきますと、
・戦前:市内に軍用馬を買い入れ、調教するための施設(軍馬補充部)があった。
・戦後:馬の需要が減るに従い、肥沃な放牧地を活かして酪農が盛んになった。
…というように、昔から馬と縁が深く、古くは馬肉、現在はお肉全般を美味しくいただく知恵や料理法が伝わっている地域なのです!

今回は十和田市内のオススメ店をどどどーんとご紹介いたします!
お店の詳細は、URLをクリックしてくださいね。

「牛」部門
d0007875_15485963.jpg
















d0007875_09524372.jpg
















「豚」部門
d0007875_09453572.jpg


















d0007875_09255068.jpg
















「鳥」部門
・からあげ屋さん http://marugoto.exblog.jp/22560133/
d0007875_15343518.jpg
















「羊」部門
d0007875_09280548.jpg
















「馬」部門
d0007875_09331206.jpg
















「ダチョウ」部門
・道の駅とわだ(ヘライファーム) http://marugoto.exblog.jp/2512303/
d0007875_09350592.jpg
















※ダチョウ肉は道の駅とわだ(とわだぴあ)においてあります。おいしいのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

みなさまお肉が食べたくなってきましたね?にっくにくにしてやんよ~(*´◒`*)
どうぞお肉を食べてハッピーな1日をお過ごしください!

(霜月)

by marugoto_aomori | 2016-02-09 00:00 | 青森食べ歩き | Comments(0)

ひとり焼肉のすゝめ ~十和田市「大昌園」~

師走でなにかと忙しい時期、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
バタバタと過ごしていると、ひとりの時間が欲しくなったりしませんか?

そんなとき、私は決まって「ひとり焼肉」に出かけます。
今回は、一人でも、いえ、ひとりだからこそ楽しめる焼肉屋さんをご紹介いたします。

私の「ひとり焼肉」オススメ店は、十和田市の名店『大昌園』です。
大昌園は十和田バラ焼きの店としても有名ですが、ひとりでも焼肉を楽しめる環境が整っているのです。
d0007875_15460801.jpg
大昌園は人気店だけあって、お昼時や夕方からは混み合いますが、
少し時間をずらすと、ひとり焼き肉にぴったりなのです。
d0007875_15473362.jpg
値段は手頃で、種類も多くとても美味しいです。
今回はバラ焼き、塩センマイ、牛ホルモンと小ごはんをオーダー。

くるくるとホールで働くお姉様が、バラ焼きの焼き方だけを手短に教えてくれて、
あとはもう自分の好きなように焼いて食べるだけ。
d0007875_15485963.jpg
オススメはホルモン類。(下記の写真は、左が「塩センマイ」、右が「牛ホルモン」)
「塩センマイ」は湯がいたセンマイをナムル風の味付けにしたものですが、これがおいしい。
油でこってりした口内へのアクセントになり、箸休めに最適です。
d0007875_15543092.jpg
適度に放っておかれて、適度にかまってもらって、お肉と一対一で向き合う。
「ひとり焼肉」は忙しい日々を忘れるのに最適です。
ぜひ、年末年始は「ひとり焼肉」にチャレンジしてみてください。

<大昌園>
住 所:青森県十和田市稲生町16-8
T E L :0176-23-4413
営業時間:10:30~22:30
定休日:第2第4水曜日

<補足 ~独断と偏見による「ひとり焼き肉」に適したお店~>
 ①ひとり客が多めである
 ②量が多すぎない、値段が高すぎない
 ③適度に放っておいてくれる 
※混みあう時間帯をずらす、平日に行く、などの対策をとると、ハードルはぐっと下がります。
※どうしても恥ずかしさが勝る方は「自分は孤独のグルメの主人公だ」と3回唱えると楽になりますよ。

(BY 霜月)


by marugoto_aomori | 2015-12-16 16:04 | Comments(0)

ぼたん鍋、はじめました!

d0007875_16444049.jpg

本州最北端に位置する下北半島のむつ市脇野沢では、野生のイノシシが生存できない環境にもかかわらず、イノシシを飼育し、精肉として販売しています。

なぜ飼育するのか?

それは美味しくなるからです!

脇野沢で飼育されたイノシシは、厳しい冬を越えるために脂肪が付き、それが旨味のポイントとなっているそうです。
d0007875_164532100.jpg

野生のイノシシは雑食であるため肉には独特なクセがありますが、脇野沢のイノシシは豚が食べるエサを基本に、リンゴや米ぬかなどを適度に配合して、良質な脂肪を付けるための工夫がされています。
肉質が柔らかくあっさりとした口当たりながらも、コクのある上質な脂とにおいの少なさが特徴で、初めて食べる人、イノシシ肉が苦手な人でも美味しく食べられる様に育てられています。
d0007875_16474987.jpg

d0007875_16482532.jpg

2012年に北海道檜山郡江差町で開催された「第2回N-1(ナベワン)グランプリ」で、約30種類の中からイノシシ鍋が見事グランプリを獲得!
「初めて食べたけど美味しかった」「意外に臭みがなく、見た目よりあっさりとした味わいでおいしかった」など、高評価を得たそうです。

鍋の季節に合わせてちょうど販売が始まるイノシシの精肉。
ぜひ今年の冬はぼたん鍋を味わってみませんか?

精肉は「上撰バラ肉」「上撰ロース肉」「こみ肉」があるほか、味付きもあります。
ぼたん鍋専用タレもあるのでぜひセットでお求めください。
d0007875_1702834.jpg

d0007875_16593693.jpg

d0007875_16595554.jpg

精肉は青森県観光物産館アスパム内にある青森県地場セレクトでも取り扱っています。

<お問い合わせ>
社団法人むつ市脇野沢農業振興公社
 住所:むつ市脇野沢七引201-5
 電話:0175-31-5011
 FAX:0175-31-5012

青森県地場セレクト
 住所:青森市安方1-1-40
 電話:017-777-3679
 FAX:017-735-2067

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2014-11-22 17:02 | おいしい食材 | Comments(0)

にんにくの首都で、田子牛を~♪

にんにくと言えば田子ですね~♪にんにくと言えば「お肉」がピッタリですね~♪こちら田子町では田子牛(黒毛和牛種)の飼育が盛んで、地元でもいただけるお店があります。
そのお店が「池田ファーム」さんです。こちらでは、コテージのような建物の店内にガスコンロ(炭火の場所も有)が各所におかれています。
d0007875_12191455.jpg

ご主人の池田さんにお聞きしました。「お客様には気楽に楽しんで欲しくてね・・食事の準備だけしてあとはご自由にやってもらってるんです。」お肉の焼き方も自由、食べ方も自由♪他のお客様をのぞいたところ、ホント楽しそうにガヤガヤしていました。
 お肉は一日に3個のにんにくを食べて育てられた田子牛のみを使用していて、ランクはA4以上の物で自信を持ってオススメ出来るお肉を用意しているそうです。温厚そうなご主人ですが、その瞳の中にしっかりとした信念とお客様に対する思いやりの心を感じることが出来ました。こういう高級肉を扱っているお店って、結構ウンチクとかうるさそうって感じてたのですが。。。とっても安心感の持てる場所でした。
d0007875_12201834.jpg

 さて、今日お願いしたのはサーロイン200gのセット(確か3,150円でした。)ご飯とお味噌汁と漬物(自家製)そしてお肉には池田さんが裏の畑で栽培された季節の野菜がついてボリューム満点です。
d0007875_12204890.jpg

 焼き方は自由ですが、ご主人オススメの食べ方も聞いてみました。お肉を焼いたらスライスしたにんにくをのせ、焼き肉のタレではなく、すりおろしにんにくをとかした醤油につけて食べるのだとか。
 ・・・!!!お肉の甘さとにんにくのピリッと感が渾然一体となって口の中ではこれまで体験したことのないハーモニーが奏でられるのです。お肉も柔らかいのですぐにとろけていってしまうのです・・・。演奏時間はとても短く感じられましたが至福の時でした。。。。
 正直な話、過去にA5ランクの黒毛和牛をいただいた事があったのですが、田子牛の方が美味しく感じました。(ご主人は、「各自、自分好みの焼き加減で食べているのでそう感じるのでは?」と謙遜していましたが・・・ちなみにお肉を焼きだしてからは知人と共に興奮のあまり写真を全く取り忘れています・・・焼き上がりの姿はご想像願います。)

byノブchan
by marugoto_aomori | 2007-10-26 12:33 | おいしい食材 | Comments(6)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング