まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:西海岸 ( 7 ) タグの人気記事

Go to West coast

ゴールデンウィークも今日で終わりですね。みなさん、楽しめましたか?
青森県では、例年ゴールデンウィーク中に桜の見ごろを迎えるところが多いのですが、今年は気温が低く、雨の日が続き、今日になってもまだ満開になっていない桜の名所がたくさんあります。
でも、弘前公園のように祭り期間を延長したところもありますので、是非少し遅めの桜をお楽しみください。

さて、私はと言えば、西海岸に行って来ました。もちろん、カリフォルニアではなく、青森県の西海岸、鰺ヶ沢町、深浦町です。本当はリゾートしらかみに乗って行きたいところでしたが、時間の都合で車で行って来ました。

青森市と秋田市を結ぶ国道101号。五所川原市から南下していくと、鰺ヶ沢町から海沿いを走りますが、すぐに日本でもベスト10に入るかというくらいの有名人、もとい、有名犬が出迎えてくれます。
鰺ヶ沢名物イカ焼き屋菊谷商店の「わさお」です。
多忙な生活を送っているようで、通りがかってもいないことが多いのですが、この日はいました。おねむのようですね。ぶさかわいいとか言いますが、純粋にかわいいなと思いましたよ。かわいらしい子猫も近くにいたので、一枚パチリ。
さ、青森県随一の広報犬のお昼寝の邪魔をしないように次のスポットに移動しましょう。
d0007875_10523134.jpg

d0007875_10525372.jpg

鰺ヶ沢町を過ぎると、深浦町。
深浦町に入ってほどなくして、国指定天然記念物「北金ヶ沢のイチョウ」があります。
樹齢1,000年以上、高さ約31m、幹回り22mという巨大なイチョウで、環境省の調査では日本一幹回りが太いと認定されているそうです。
左側にいる人と比べるとその大きさがわかりますね。
葉っぱがある時の様子は、まるごと動画をご覧ください。
この巨木からも春の芽吹きが。歩みが遅い北国の春ですが、確実に進んでいますね。
d0007875_1054775.jpg

d0007875_10543316.jpg

さて、この辺で小腹がすいたので食事へ。もちろん「たび歩きの達人」を持参していますので、掲載されている食べ物屋セイリングで海彦山彦定食(1,500円)をいただきました。
海の幸も山の幸も豊かな深浦の地元食材をこれでもかというくらい堪能できます。しかも、サザエは幻の久六島産。昼からこんな贅沢していいのかって感じです。
d0007875_10552110.jpg

さらに南下を進め、本日の目的地にしていた世界遺産白神山地の西側の麓(緩衝地域外)にある青池に着きました。
「青インクを流しこんだ」と形容される青さの秘密は、現在でもまだ解明されていないそうです。謎のままの方が神秘的でいいような気がします。天気と写真の腕が悪く、この程度の青さしか出せないのが残念です。
d0007875_10555774.jpg

青池そばの物産館キョロロに貼っていた町のポスターが印象的だったので、ご紹介します。
d0007875_10562754.jpg

今回は夕方になる前に帰ってきたので堪能できませんでしたが、夕陽が美しいことでも有名な西海岸。不便の数だけある感動を味わいに是非おこしください。

<連絡先>
鰺ヶ沢町観光協会 0173-72-5004
http://ajigasawa.info/
深浦町観光協会 0173-74-3320
http://www.fukaura.jp/
食べ物屋セイリング 0173-74-3068
深浦町深浦字苗代沢78-34

Byて~お~
by marugoto_aomori | 2013-05-06 11:08 | 青森の旅 | Comments(8)

西海岸の満天星と漁り火

先週、不老ふ死温泉の海鮮の魅力をご紹介させていただきましたが、
今回は、夜の魅力!!
不老ふ死温泉は海辺の高台にあるため、全ての客室から
海を眺めることができ、夕陽はもちろん、漁り火に出会うこともできます。
「西海岸は夕陽」というイメージが強いですが、
実は夜も素敵なんです。

ほっぺが落ちるほどの美味しい御食事で満腹状態になったあとは、
夜のお散歩。
d0007875_11584315.jpg

テクテクと椿山方向に歩くと、静かな闇が深くなってきます。
するとびっくりするような満天の星空。
天の川は当然、1時間の間に流れ星を7つも見ちゃいましたよ☆
d0007875_11591394.jpg

そして、目線を下におろすと、漁り火が・・・。
d0007875_1159433.jpg

燃料高でなければもっと見えるのでしょうか!?
それでも充分な数の輝きです。

今回の旅では、満天星と漁り火のコラボを
シャッターにおさめることができました☆
d0007875_1201016.jpg

深浦町は本当に星が綺麗!!それもソノハズ。
深浦町は旧深浦町と旧岩崎村が合併してできた新しい町。
旧岩崎村は、「澄んだ星空日本一」(平成12年度環境省)に
選ばれています。
日本一の星空の下には水平線に落ちる小さい夕陽のように、
間隔を開けて見えます。

でも、これ以上の漁り火があるんだそうで。
それは3月~4月の漁り火。
海が穏やかであれば、間近でヤリイカの棒受網漁の様子が見れます。
棒受網とは、船の両端に灯りをともした棒をつけ、
その光に寄ってきたイカを網ですくうイカ釣り方法。
その時期はヤリイカが産卵のために岸付近まで来るため、
それを目当てに岸から100mくらいのところで漁をします。
船は500m間隔くらいで漁をしますが、旅館の目の前で
漁師が網を引き上げる様子や箱に詰めている様子など
手元まで肉眼で見ることができるんです。
旅館の客室の窓からと椿山から見るのがベストポジションだそうですよ。
ということで、お魚が美味しく、漁り火も綺麗な冬から春も穴場ですね。
by Kuu
by marugoto_aomori | 2008-09-16 12:01 | 青森の旅 | Comments(6)

「御食事処 匠屋」の海鮮丼

ここのところ続いてしまっていますが、
またまた、西海岸の美味しい海の幸ネタです。

今回行ってきたのは、深浦町の「御食事処 匠屋」。
鯵ヶ沢方面から海岸線を右に眺めながらドライブすると
左に見えてくる平屋のお店。
d0007875_20105381.jpg

ここのお店では、毎朝、北金ヶ沢漁協の魚貝類を仕入れ、
料理しています。
平成16年にお店を始めるまでは、店主の小野さんは
鰺ヶ沢のホテルにお勤めされていました。
漁協のそばで新鮮な料理を食べて欲しいという思いから
匠屋は生まれました。
d0007875_20111981.jpg

私が食べたのは「海鮮丼」。
d0007875_20114311.jpg

まぐろ、さざえ、ほたて、かわはぎ、ヒラメ、いくら、うに、たこが乗って、1,600円!!
d0007875_2012931.jpg

その他のメニューも、さしみ定食1,500円より、
特選匠屋おまかせ定食2,500円、鮨そばセット950円、
海鮮丼そばセット1,200円・・・とリーズナブル!
魚介類の他にも、そばやラーメンなど
メニューはファミリーレストランなみに豊富。

お店はボックス席と畳のお部屋があって、
仕切ることもできるので、小さいお子さんと一緒でも、
他のお客様を気にすることなくゆっくり寛げますよ。
もちろん窓からは日本海を眺めることができます。
d0007875_20123735.jpg

夜も旬の魚をベースにお造り、煮物、蒸し物、焼物、揚物
とバラエティー豊かなメニューで、
日本人になじむ味付けにしているそうです。
d0007875_20153958.jpg

次に来るときには、窓から夕陽を見ながらお食事したいな♪
by Kuu

《御食事処 匠屋》
深浦町大字関豊田6-6
tel 0173-76-3630
11:00~14:30、17:00~22:00 水曜定休
by marugoto_aomori | 2008-09-04 20:16 | 青森食べ歩き | Comments(4)

かそせいか焼き村、毎月15日、30日は「いか焼き村の日」

西海岸を鰺ヶ沢方面から秋田方面に海を右手に眺めながら
深浦へドライブ。
d0007875_10281623.jpg

そんな時の休憩にぴったりな道の駅「ふかうら」かそせいか焼き村
d0007875_1028556.jpg

こちらは、国道101号線沿いにある、東北でちょうど100番目に誕生した道の駅です。
目印は、シュノーケルをつけたピンクの大きなイカ!
足で「道の駅」を指さし(足さし!?)しています。
d0007875_10292680.jpg

生干しイカや目の前に広がる日本海で獲れる新鮮なマグロや
さざえなどの魚貝類、地元で収穫された新鮮な野菜や山菜、
お惣菜やお餅などなど、塩の香りがする店内いっぱいに
お手頃な価格で旬の特産品が並んでいます。
d0007875_10302062.jpg

d0007875_1030481.jpg

7月末で禁漁になってしまいましたが、私がお邪魔した時は
まだ7月だったので、久六ブランドの「あわび」も水槽にいましたよ~。
d0007875_10312331.jpg

こちらは食堂もあるので、海鮮丼、漬マグロ丼、イカ刺し定食、
ラーメン・・・と、観光客はもちろん、地元営業マンまで
幅広い客層に親しまれているようで賑わっています。
d0007875_1031494.jpg

オリジナルのワカメ粉末入りで磯の香りがする塩入ソフトクリーム「ソルティ」などオリジナルメニューも人気です。

また、ここは、シャワールームもあるので、海辺で水遊びもできますね。
この道の駅には海岸側にも出入り口があって、ここから直接海岸にも出ることができます。
レジのところには、その日の夕陽のタイミングを知らせる掲示もありますので、買い物の後は、ソフトやイカを食べながら夕陽を眺めるってのはイカがでしょうか。

最後に耳より情報!!
毎月15日、30日は「いか焼き村の日」ということで、
普段300円の炭火焼きいかが200円に!!
d0007875_10322616.jpg

d0007875_10325240.jpg

食事した方はサービスがあり、7月のこの日は「サザエ壺焼き1ヶサービス」でした。
d0007875_10332011.jpg

今週末はちょうど8月30日!!
かそせいか焼き村へサンセットドライブに行くしかないかも。by Kuu


《道の駅「ふかうら」かそせいか焼き村》
深浦町大字風合瀬字上砂子川144-1
tel 0173-76-3660
by marugoto_aomori | 2008-08-28 10:36 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

ゆっくりでいい、と語りかける駅~驫木駅

日本海を間近に眺めることができるローカル線として旅人に人気の高いJR五能線。
海に浮かぶ奇岩、全てを赤く染める夕陽…流れる車窓風景は旅人を飽きさせることがありません。

…が、実は五能線の魅力は車窓風景だけではありません。
景色に気を取られて通りすぎるには、あまりにももったいない駅が存在するのです。

駅名は「驫木駅」。
鰺ヶ沢方面からなら、景勝地として名高い千畳敷を過ぎて3駅目。
誰かが気まぐれで置いていったかのように、“ぽつねんと”佇む小さな駅です。
d0007875_234551100.jpg
ここが…?なんて言わず、とりあえず列車を降りて駅を出てみましょう。
思った通り、やっぱり何もありません。駅舎と海と線路。それだけです。d0007875_2341386.jpg

それなのに、なぜでしょうか。
じっと駅舎とその後ろの海を眺め、
駅舎の中で立ち止まって上下5本しかない時刻表に苦笑いし、
ホームに出て左右どちらも「線路しかない」ことを確認すると、
「ほんと、何にもないんだ…」と、いつも見る駅とは違う、不思議な気持ちがしてきます。

そしてまた駅舎の中を覗くと、目につくのが「驫木駅 駅ノート」。
訪れた人が自由に書き込むことができるノートです。
d0007875_2323596.jpg
めくってみると、
「いつか来たかった駅。来て良かった。驫木駅サイコー」
「驫木駅に来て元気をもらった。ありがとう」
などのさまざまな感謝の言葉が綴られています。

晴れればきらきらした海が、吹けば荒々しい海が見える、そんな場所に「ある」だけの駅。
それなのに、どうしてこれほど人をひきつけ、癒しを与えるのでしょうか?
d0007875_23254985.jpg
その答えは、駅から見える海を眺め、つらつらと物思いをしてみれば、きっと分かります。
ああ、なんだか時間がゆっくりしてて…うん、そうだね、確かにいいなぁ、ここ。
…なんて、いつの間にか心が日常から”ふわり”と浮き上がってしまうからです。
何にもないからこそ、全てを受け入てくれる、懐の深さがあるのかもしれません。

さて、どうでしょう。
あなたの旅は、急ぎの旅ですか?
そうでないなら、車窓から過ぎる風景を眺めるだけでなく、一度列車を降りてみませんか?
これまでは気づかなかった素敵なものをみつけられるかもしれません。
そしてそれは、あなたの旅にちょっと、豊かな彩りを添えてくれるのではないでしょうか。

驫木駅は、そんな「急がない」ことの大事さを教えてくれる駅です。

by くどぱん!
d0007875_23554596.jpg
晴れるとこんな感じです。バイクと比べるとその小ささが分かります。

by marugoto_aomori | 2008-07-25 22:59 | 青森の旅 | Comments(6)

美しい夕陽に出会えるローカル線 「五能線」

日本一夕陽が美しいといわれる青森県西海岸。
その海岸線に沿ってのんびり伸びているのが「JR五能(ごのう)線」です。
d0007875_1528349.jpg
五能線は、田んぼアートで有名な青森県田舎館村の川部駅と、秋田県能代市にある東能代駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線です。

もともとは、住民らの反対運動によって能代の市街地を避ける形となってしまったJR奥羽線に接続するための支線で、1908年に能代(現在の東能代)~能代町(現在の能代)に開通した「旧能代線」がはじまりだったそうです。

一方、青森県側では、私鉄の陸奥鉄道が1918年に奥羽本線に連絡する鉄道としてを「川部」~「五所川原」間を開業させました。

その後、日本海岸を巡って五所川原と能代を結ぶ鉄道は、五所川原は五所川原線として、能代は能代線として建設が進められ、1936年の陸奥岩崎~深浦間を最後に全線開通し、現在の五能線に改称されています。
d0007875_15283967.jpg
五能線は日本で最も海岸沿いを走る列車として有名です。
日本海の荒波に翻弄されることもしばしばですが、
この「五能線」から眺める夕陽が実に見事で、
オンシーズンには県内外からたくさんの観光客らが押し寄せるのだとか。
先日、五能線に乗って旅をしてみたら、その気持ちがよ~くわかりました。
周りに誰もいなかったら、口元に両手でメガホンをつくり、夕陽に向かって叫んでしまっていたかもしれません(笑)。

五能線で最も人気があるのはクルージングトレイン「リゾートしらかみ」。
「くまげら」「橅(ブナ)」「青池(アオイケ)」の3編成が、
青森(一部弘前)~川部~東能代間~秋田間を一日3往復しています。

全席指定となっていますが、
お得な『五能線パス』を使えば、
なんと、たったの3,200円で青森~東能代の旅(往復)を楽しむことができるんですよ。
d0007875_15295872.jpg
東には雄大にそびえる白神山地。西には真っ赤に燃える日本海。そして振り返れば岩木山。
9月に二度やってくる3連休は、五能線の旅などいかがでしょう。
(天気が良ければいいのですが・・・。)
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-09-14 15:39 | 青森の旅 | Comments(14)

のんびり。ゆっくり。五能線の旅

明日から楽しい3連休。
台風や梅雨前線の影響で天気はそれほど良くないようですが、
ご家族や仲間同士で、
小さな旅に出かけられる方もたくさんいらっしゃると思います。

バリバリの車社会となっている(?)青森では、
レジャーでもついつい車を使ってしまいますが、
私は先日、五能線の人気列車「リゾートしらかみ」号に乗って、
夕陽を見るためだけに青森西海岸に出かけてきました。
d0007875_1711043.jpg

朝8:00に青森駅を出発した「リゾしら」が「十二湖」駅に到着するのは11:19。
片道約3時間の道程では、
津軽平野に広がる広大な田んぼや、
りんご園の向こうにそびえる美しい岩木山、
突然視界に入ってくるまぶしい日本海、
海の中に並ぶ奇岩怪岩などを、
右に左に、
のんびり、ゆっくり楽しむことができます。
車で何度も行ったことはあったので、
西海岸がとても美しいことは分かっていたつもりでしたが、
ゆったりとしたシートに座り、
列車の窓から流れる景色を見ていたら、
青森の西海岸はこんなにも美しかったのかと、
読書も寝ることも忘れるほど感動してしまいました。
d0007875_17112367.jpg

前車指定席となっているリゾしら。料金が高いのでは?と思いがちですが、
五能線周遊券なら青森から東能代までの普通車指定席・自由席が乗り降り自由で3,200円。有効期間は2日間。もちろん、行くだけじゃなく帰りの代金まで含まれています。
西海岸は行き飽きた!なーんて思っているあなた(笑)。
リゾしらで行く西海岸は、車で行く西海岸とは違いますよ!
今年の夏は、好きな本とビールを持って、
真っ青な日本海と真っ赤な夕陽が待っている五能線の旅に出かけましょう!
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-07-13 17:14 | 青森の旅 | Comments(10)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング