まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:道の駅 ( 12 ) タグの人気記事

野菜不足にキャベツラーメン

完全に野菜不足の私。この夏の猛暑の影響で野菜の価格が高騰しているから・・・というのは言い訳ですが、お店で買うと、一人分としては量が多いんですよね。そんなあなたに(私、ですね)ピッタリのモノがこれ、キャベツラーメンです。
d0007875_10131314.jpg
まだ夏の暑い時期ですが、道の駅ろくのへに立ち寄って食べてきました。
d0007875_1017594.jpg
道の駅のメイプルふれあいセンター内にあるレストランでは、青森県が誇るシャモロックを使ったシャモロックラーメンも販売されていましたが、野菜不足の私は迷わずキャベツラーメンを選択。
d0007875_1021382.jpg
480円というワンコインでお釣りがくる値段も魅力的です。
立ち寄ったのがちょうどお昼時で、お客さんもほぼ満員。席が空くのを待っているような状態でした。

さて、食券を出して待つこと数分。おおーっ、キャベツが山盛りではないですかぁ。気になる内容は、麺とキャベツとスープのみ、といたってシンプルな組み合わせです。d0007875_10221238.jpg
早速食べてみると・・・キャベツのシャキシャキ感と甘味、いいですね~。野菜不足の身にしみます。また、弾力のある麺との組み合わせがなかなかおもしろいです。
このキャベツですが、地元の六戸で採れたものだけしか使っていません。ということで、地元のキャベツがなければキャベツラーメンも販売しない、というこだわりもあるそうです。
そしてスープ。田舎味噌を使ったみそ味で、いたって素朴な味。ラーメンというより、お味噌汁に麺を入れている、という感じも受けました。この味、私は好きです。
d0007875_10503884.jpg
ということで、スープまできれいに完食させていただきました。いやいや、値段からいっても満足満足。

道の駅ろくのへは、十和田市と八戸市を通る国道45号線沿いにあります。野菜不足の方、近くに行った際には、ぜひキャベツラーメンたべてみてください。
by ハッピーハンド

この道の駅には、六戸町の文化財である旧苫米地家住宅が展示されています。
d0007875_1111762.jpg
内部も自由に見学ができるので入ってみると、当時の様子が再現されていて、民具なども展示されていました。
d0007875_1194656.jpg
昔の人は、ずいぶんと堅い枕で休んでいたのですね。

<道の駅ろくのへ>
六戸町犬落瀬字後田87
0176-55-4134
営業時間 9:00~18:00
レストラン営業時間 10:00~15:00
by marugoto_aomori | 2010-10-07 06:05 | あるあるこんなもの | Comments(2)

天ぷらではない「えご天」

先日、学生のころにお世話になった下宿に行ってきました。下宿のおばちゃんは、50歳近くになって運転免許を取得したツワモノで、暇さえあれば、県内をあちこち走り回っています。そんなおばちゃんから聞いた話で、ちょっと気になっていたのが「えご天」。西海岸に行けば売ってるよ~、ということで、愛車に乗ってやってきました「かそせ いか焼き村(道の駅ふかうら)」。
d0007875_10101164.jpg
イカの看板に誘われて、店内で見つけたのがこの「えご草」です。
d0007875_10185992.jpg
う~む、この状態を見て、これが食べ物と思う人はまずいないでしょう。何となく色も怪しいし、固いし・・・。
どれどれ、裏面の作り方を参考に早速作ってみるべか。

まず、水洗いします。
d0007875_10254971.jpg
・・・こりゃたわしだな。水を含んで柔らかくなると思ったら、まったくそんな感じもないし、当然ほぐれもしない・・・。これでいいのかな?

・・・まぁいいや、ということで、ナベに水をいれ、えご草を投入。
d0007875_1029555.jpg
強火で加熱すると、だんだんえご草が溶けて、ドロドロになってきました。さらに、まさに海藻、という香りだったものが、いつの間にか漢方薬にような香りに変わってきたような・・・。う~む、ますます怪しい。

煮立ってから火を弱火にして10分ほど経過すると、完全に溶けてこの状態。
d0007875_10385164.jpg
作り方には20分程度煮て溶かす、とありましたが、かなり早く溶けました。(溶けない海草は取り除きます。)

火を止めると、急速に固まり始めたので、急いで器にうつします。
d0007875_10564196.jpg
何となく、こんにゃくっぽい感じです。ただ、香りは漢方薬かな~? 部分的にこげてこんな香りがするのだろうか・・・?

・・・まぁいいや、ということで、冷蔵庫で冷やすこと1日。器を横にしても落ちない状態にかたまりました。これで「えご天」の完成です。
d0007875_1121283.jpg
作り方には、常温又は冷蔵庫で半日ほどかためる、とあったので、冷やしすぎで固くなりすぎたのか? と思いましたが、器からだしてみると、プルンプルン。漢方薬のような香りもなくなり、無臭状態になってます。
d0007875_11104244.jpg
切ってみた感じは、まさにこんにゃくそのもの。味もこんにゃくなのかな?

たしか下宿のおばちゃんは、カラシ醤油につけて食べる、と言っていたような気がする。しかし、わさびはあれど、カラシがない我が家。まぁ、カラシもわさびも変わらんべ、ということで、わさび醤油で実食。
d0007875_11174775.jpg
真っ先に感じたこと・・・あぁ、こんにゃくだ。食感はこんにゃくにかなり近いと思います。無味無臭に近く、口に含むと、ほのかに海草の香りがする程度です。ただ、これが「えご天」の本当の味であるかどうかは、私にも分かりません(笑)。なにせ、食べるのは初めてですから・・・。

どうやら、「えご天」は、健康食品やダイエット食品にもなるそうですが、私にとっては酒の肴、といったところでしょうか。味噌おでんの感覚で食べたらいいんじゃないかなぁ、と思ってしまう酒飲みです。
by ハッピーハンド

※「えご天」は、「えごねり」、「えごもち」など、様々な呼び方があるそうです。
by marugoto_aomori | 2010-06-03 12:01 | あるあるこんなもの | Comments(4)

「鶴の里あるじゃ」にはこんなものがあるじゃ

青森県再デビューから10日あまり。今日はどこへ行こうか悩んでいると、新聞に「特大600グラム米粉バーガー」の文字。これは食さねばならない、ということで、愛車に駆け込み出発。

国道7号線から101号線に入り、大釈迦のトンネルを抜けると、そこは雪国・・・ではなく、津軽の母なる山(かな?)の岩木山が姿を現しました。
d0007875_16581360.jpg
「岩木山がオレを呼んで・・・」いやいや、違う。岩木山スカイラインもまだ開通していない。今日の目的は、いざ「あるじゃ」。

「鶴の里あるじゃ」内の大豆・米加工施設の入口。
d0007875_1449761.jpg
早速「びっくりパン」の文字。ここに目当てのモノがあるじゃ~!

で、早速現物がコレです。
d0007875_14503792.jpg
左が米粉バーガー750円。右が米粉エビカツバーガー850円。中央の◯ックのハンバーガーと比較すれば、その大きさは一目瞭然です。私の顔と比べても、
d0007875_14524976.jpg
この大きさです。
では、いざ試食。あががっ、アゴがはずれる・・・。それならば、ナイフ、ではなく、日本人らしく(?)包丁とハシでいざ。
d0007875_1454428.jpg
米粉のモッチリとした食感、ジューシーな肉、新鮮なトマトとシャキシャキしたたっぷりキャベツ。ウッ、ウマイ!! それではエビカツバーガーも・・・。
d0007875_14581746.jpg
おおっ、このエビのプリプリした食感。これまたウマイ。でも、これ食べきれるのだろうか??

d0007875_170251.jpg
・・・1時間後、何とか完食! さすがに1.2kgはきつかったけど、味もgoodで満足満足です。・・・ん? 待てよ。何か忘れているような?
d0007875_174386.jpg
・・・明日の朝ご飯にします。
by ハッピーハンド

<鶴の里あるじゃ>
北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
0173-22-5656
by marugoto_aomori | 2010-04-12 17:10 | あるあるこんなもの | Comments(6)

み・み・みさわのほっき丼~♪期間限定!

12月に入り、ほっき漁が解禁となりました。三沢市内では約30店舗
ものお店で「ほっき丼」を愉しむことが出来ます。

まずお邪魔したのは、「古牧温泉青森屋」さんです。玄関から下に降り
ていくと右手に「湯けむり茶屋」があります。早速注文!
d0007875_17193352.jpg

でました!毎日20食限定の「ほっき漬け丼」です。
d0007875_1719536.jpg

丼のほかには、せんべい汁・小鉢・漬物がついています。こちらのお店
は数少ない「生ほっき」を味わうことが出来る場所なんです。
d0007875_1720742.jpg

特製醤油だれに7分間漬け込まれたほっきは、爽やかな磯の香りに包ま
れながら、お口の中で「ほっき」の甘さと柔らかいコリコリ感を楽しめ
ます。こちらではトッピングに野沢菜と、きざみ長芋、ガリが使われて
いてほっきとの相性も抜群なんです!これはウマイ!

続いてお邪魔したのは、「道の駅みさわ」!(道の駅マニアなので)
d0007875_17202866.jpg

三沢市は、ごぼう・ながいもの大産地でもあり、駅内でもたくさん販売
されています。

でました!こちらでは、やんわり湯引きされたほっき貝が敷き詰められ
ての登場です。
d0007875_17211141.jpg

お吸い物も小鉢もほっき貝を使っている徹底ぶり。んん~かみしめるほ
どにほっきの甘みが染み渡ってきて、季節の味を満喫です。
d0007875_17212891.jpg

ちなみにお店によって調理の方法が違うそうで、バター炒めのものや、
天ぷらにしたものなど、様々なんです。
う~ん次は何処に行ってみようかな。3月まで楽しめるそうです♪

byノブchan
(道の駅みさわでは衝撃のデザートが販売されています。地元の特産品
を使ったプリン♪で、かぼちゃ・にんじん!・ながいも!?・ごぼう!!!
どちらもユニークな味わいです。ごぼうはちょっと繊維感が強めです・・。)
d0007875_17214524.jpg

by marugoto_aomori | 2009-12-25 17:23 | 青森食べ歩き | Comments(2)

道の駅は楽しいな♪~いなかだて編~

お盆ですね!皆さん続々と帰省されているのかしらと思いつつ。。
またしても立ち寄りスポットとして、しつこく道の駅のご紹介です!
d0007875_2322756.jpg

今日は道の駅「田舎館」にやってきました。こちらは、東北自動車道
黒石インターチェンジから弘前方面に向かう途中にあります。
さ~て、またしてもお店の方にオススメを聞いてみました♪
d0007875_23222765.jpg

まず~、りんごジュース!青森県内ではホントに多くのりんごジュース
が作られていますね♪こちらも品種別(ふじ・王林・紅玉)で
720ミリリットル入が315円という安さ!
一升瓶の1.8リットルでも525円・・・・今まで出会ったりんごジュース
の中では最もお得かもしれません。
d0007875_23224378.jpg

そして~!数量限定!「丼プリン」!!文字通り丼に入っています・・・
500gで650円!目一杯プリンを食べたいと思ったことのある方には
是非オススメです。作っている方は弘前の方なのですが、こちらの道
の駅で初めて販売したところ、非常に好評で定番になったのだそうです。
そして保存料など一切入っていないので賞味期限は短いのですが、
非常にウマイです。試しに買ってみましたがはっきり断言したいと思い
ます。かなりウマイです。但し一人で一度に食べることは困難です♪
d0007875_23231738.jpg

さらに~、地元のお母さん達の手作りご飯!おにぎり・おこわ・おいなり
さんにやきそば・・・みんな手作りでしかも一つ200円前後なんです。
d0007875_23234045.jpg

おいなりさんはですね~。中のご飯が軟らかく紅ショウガでピンク色、
皮に汁がた~っぷりしみ込んでいるので食べた瞬間に「ジュワッ」ときます。
ウマイ~♪
d0007875_2324399.jpg

そしておにぎり!こちらも柔らかめに握られていて優し~い味なんです。満足~♪
このほか、スチューベン(ぶどう)ジュースに干し餅など、結構田舎館村産
のものが揃っています。もちろん野菜・果物も充実!家路につく前の一休み
スポットとして是非オススメです。
d0007875_23242075.jpg

ちなみにこちらの道の駅では、コミュニティFM「ジャイゴウェーブ」のスタジオ
が併設されていて、道の駅内で常時放送されています。
放送エリアは田舎館村の他、黒石・平川・浪岡・弘前の一部地域で聞くことが
出来ます。周波数は76.3MHzです。是非試してみてくださいね!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-08-10 19:17 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(2)

道の駅は楽しいな♪~いまべつアスクル編~

夏祭り・お盆、多くの皆さんが青森県に旅行・帰省されていることと思います。
そんな旅路、立ち寄りスポットとして、またしても道の駅ご紹介です!
d0007875_2342969.jpg

今日は今別の「アスクル」にやってきました。こちらは、JR津軽今別駅・津軽
二股駅そして将来の新幹線駅予定地に隣接しています。
お店の方にオススメを聞いてみました♪
d0007875_2344714.jpg

まず~、今別の伝統的な祭り荒馬のお菓子!荒馬は田植えが終わって「田」
の神に対するご加護と感謝を表すために催されると言われています。8月8日
(土)まで町内を荒馬ねぶたが運行しています。
d0007875_2351263.jpg

そして~、いのしし!こちらの町内で飼育していて、臭みが少ないのだそうです。
今日はお肉は売り切れでハンバーグが売られてました。かなり人気みたいです。
d0007875_2353825.jpg

更に~、塩もずく!今別では海と川の境目でこのもずくがこの時期沢山採れる
のだそうです。それらを塩蔵して販売しています。西海岸方面の岩モズクとも違
った食感で相当旨いです。これを練り込んだもずくうどんも販売されています。
d0007875_236435.jpg

ちょうどお昼時だったので、いのしし丼をいただくことにしました。
猪肉のほか、タマネギ・糸こんにゃくと共に牛丼風に煮込まれていて、言われた
とおり臭みがほとんどありません。お肉自体は少しパサつきますが脂身が多い
ので気になりません。というかこの脂身が旨い!のです。
そしてもずくの味噌汁!川と海との境目で採れるからでしょうか?爽やかな磯の
香りと味わいでお味噌汁としての完成度が高いんです。
d0007875_2362540.jpg

更に!お盆のあたりまでの限定「トンネル巻」もいただいてみました。
地元のお寿司屋さんが作ったものでトンネルの中がちくわ・山ごぼう・卵焼きが
入り、酢飯を若生こんぶで包んでいます。若生こんぶが具材の味を包み込んで、
見た目にも楽しめます♪
d0007875_2364662.jpg

今別・竜飛方面に旅行の際には是非是非試してみてくださいね~♪

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-08-06 13:00 | 青森の旅 | Comments(0)

「杉野森農園」の葉とらず”品種別”りんごジュース!!

いや~久しぶりに感動しました。スゴイです・・。
道の駅もりたに行ったとき、出会ったんです・・。
どうして今まで気がつかなかったんでしょう・・。
d0007875_13325698.jpg

杉野森農園さんは、りんごジュースを作ることをメインにりんごを生産している
農園さんです。驚くべきはブレンドジュースを作っていないということ!品種別
にりんごを生産・管理・収穫し、すぐに搾っているのだそうです。
d0007875_13332627.jpg

ジュースのためのりんごとはいえ、収穫から時間が経過すると、どうしても水分
は減少しますし、時間の経過と共に味が劣化します。その意味で収穫後すぐに搾
るという事は鮮度のよい状態がそのままジュースになっているという事なんです!
(すいません、ちょっと興奮気味で・・・)。そして酸化防止剤(ビタミンC)
は不使用!なので、この時期、どうしてもジュースの色は茶色がかってきます。
良いんだ!本物の証!
試飲させてもらいましたが、私の人生における「りんごジュースランキング」の
中ではかなり上位です。例えば「ジョナ」だと甘さの中に爽やかな酸味が心地よ
く広がる味だし、「金星」だと酸味はほとんどなく落ち着いた感のある甘味がじ
わぁっと感じられる味で・・・りんごを食べたときの味わいをしっかり表現する
ジュースです。品種別だから当たり前なのですが・・。
種類は「ふじ・王林・北斗・ジョナゴールド・つがる・千秋」の6種類が1リッ
トル瓶1本ずつ、1ケースに入っています。これで2,520円、1本420円
て・・・・ううむ個人的意見ですが・・・もっと価値があると思います・・。
d0007875_13334828.jpg

ちなみに1本単位でも売られていて、紅玉、金星などもあります。全部で9種類
あるのだとか・・。今年親戚に送るりんごジュースはコレにしたいと思います。
キメッ!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-06-08 13:48 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(7)

道の駅は楽しいな♪~もりた編その1~

d0007875_1124078.jpg

ここはつがる市、りんごも沢山作っている所ですが、メロン・スイカの
大産地でもあります。この近くにあるメロンロードは、7月になると、
道ばたに沢山のメロン即売が行われています。
(上の写真は去年のものです。)またしても道の駅にやってきました♪
d0007875_1125788.jpg

さあ、今日も行ってみましょう!ココだけのオリジナル商品を求めて、
お店の方に聞いてみました!
まずは~地元産果汁を使ったドロップ!
d0007875_112639.jpg

前にもお話したとおり、こちらのエリアではりんご・メロン・スイカ
生産が盛んなので、その果汁を使ったドロップが売られています。
道の駅もりた限定オリジナルです。贅沢ですね~。
d0007875_11264559.jpg

そして~「つが~るちゃん最中」&「メロン最中」!
つが~るちゃんは、ただいま売り出し中のつがる市特産品PRキャラ
クターです。そちらの最中はりんごが使われています。結構人気なの
だとか。私は最中がそんなに得意ではないのですが・・。
青森県内には特産品を使った最中がとっても多いですね。
「バナナ最中」「カシス最中」色んなのを見かけたことがあります。
d0007875_11275769.jpg

更に~「じゅんさい」!
意外と知られていませんが、つがる市はじゅんさいが採れる産地でも
あります。
しかも!他産地の赤みがかった部分が少ない「青じゅんさい」と呼ば
れる良質なものが採れるこの産地、まさに5月下旬から7月が収穫期
なので是非是非チェックしておきたいところですね。(こちらの道の
駅では加熱処理された保存期間の長いもののみ扱われています。生だ
と1週間くらいしかもたないので・・)
ちなみに、こちらでの売上ナンバー1は「カメコ柿」なのだそうです。
干し柿の中にあんこが入っているこの商品。地元の皆さんにとっては
定番中の定番なのだとか。
もちろんメロン・スイカ(7月中旬頃~)、りんご(9月~)も季節
になると沢山売られています。是非是非チェックしてみてくださいね~。
そして!この道の駅で更に驚きの逸品を発見です!それは・・・続く!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-06-02 11:39 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

「道の駅」は楽しいな~ろくのへ編~

d0007875_15145623.jpg

今日は「道の駅ろくのへ」に立ち寄ってきました。ここは六戸町の中心部に
あります。
d0007875_15161547.jpg

早速駅内を見てみると・・・またしても野菜類は充実してますね~♪六戸町
は、にんにくながいも生産量が盛んなので、様々な加工品も作られています。
こちらの施設は駅内に加工施設があって、近隣のJA婦人部の皆さんなどが
作った出来たてのがすぐに販売されています。
d0007875_15441694.jpg

お店の方に聞いたところ、中でも地元で野菜を使ったドーナツは人気なのだ
とか。「かぼちゃ」に「ほうれんそう」、そして「ながいも」!?
d0007875_15443643.jpg

特にながいもは凄いです。ながいも飴、ながいもアイスなど多様な加工品が
目白押しです。まあながいもジュースもあることだし不思議じゃないかなと。
そして!六戸町はシャモロックをたくさん扱っていることでも知られていま
す。なんとこちらではシャモロックを部位別に購入することができます。
d0007875_15451622.jpg

これは私も知りませんでした~。「ガラだけ欲しいな~」という時にはココ
ですね!そしてこちらの「道の駅ろくのへ」ではシャモロックで出汁をとっ
たおそば、そして親子丼をいただくことができます。
d0007875_15455915.jpg

今お店での一押しを聞いたところ、六戸産のにんにくをたっぷり使った「焼
き肉のたれ」なのそうです。うわっ野菜のすり下ろしたものがふんだんに瓶
に詰まっています。これは源たれに通じるものがありますね。
まだまだ魅力的なものが多い道の駅!皆さんのオススメがあったら是非教え
てくださいね。

by ノブchan

※だいぶ昔にこのブログで紹介した「トコロ」が売ってました
d0007875_1546225.jpg

(しかも砂糖煮・・苦みが緩和されているのでしょうか・・?)。
南部方面では広く食べられているのですね。
by marugoto_aomori | 2009-05-11 15:52 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

「道の駅」は楽しいな♪~とわだ編~

県内には沢山の「道の駅」「産直広場」があって、車で移動する
機会が多い私にとっては、とっても便利な、そしてお得な施設
なんです。
d0007875_15253182.jpg

今日は「道の駅とわだ」に立ち寄ってきました。
十和田市の郊外にあって、「匠工房」や「テレトラック」が併設
されている、非常に賑わっている場所です。
d0007875_15263290.jpg

早速駅内を見てみると・・・やっぱり野菜類は充実してますね~♪
さすが十和田市はにんにく・ながいも生産量が県内一(ちゅうこと
は全国の市町村で一番ということでしょうか・・。)ですね。
d0007875_15265814.jpg

今はながいもが春堀りの季節だから、すんごい量のながいもが
売っています。そして安い!(途中で割れてしまったモノなど
は特に安い!)
d0007875_15272812.jpg

そして~ダチョウ肉も扱っています。ココならではですね~。
d0007875_15275215.jpg

更に!キマシタ!このブログでも何度か紹介させてもらった
「十和田バラ焼き」!その持ち帰り用ってあったんですね~。
お店の方曰く、入荷するたびにすぐ売れてしまう隠れたヒット
商品なのだとか。道の駅内のレストランでもバラ焼き定食見つ
けちゃいました。
d0007875_15282789.jpg

そして~ここ十和田市はKNKの工場がある、いわば「源たれ」
総本山。やっぱり源たれシリーズも凄く充実しています。
d0007875_15284826.jpg

食べ物以外もいっておきましょう♪十和田市といえば「きみがらスリッパ」。
その名の通り「きみ=とうもろこし」の皮を乾燥させて編み込んだ履き物
です。ただただ先人の知恵に脱帽するばかりですね。
まだまだ魅力的なものが多い道の駅!皆さんのオススメがあったら是非是非
教えてくださいね♪

byノブchan
(あまりに大きなながいもが200円だったので、ついつい購入して
 しまいました。そしてそのながいもを使ったレシピは近日!)
by marugoto_aomori | 2009-04-13 15:56 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(2)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング