まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:青天の霹靂 ( 3 ) タグの人気記事

青天の霹靂のうまさに迫る

去る11月10日、11日の2日間、日本料理界を牽引する青柳の小山裕久さんにプロデュースいただき、今秋本格デビューした青森県産米「青天の霹靂」の食事会を都内で開催しました。
テーマは、新品種「青天の霹靂」のうまさに迫る。
~「青天の霹靂」とその魅力を引き立たせる青森の食~
d0007875_916838.jpg

メニューの開発にあたっては、「青天の霹靂」を実際に栽培している津軽地方の気候風土や食文化を体験してもらうため、「青天の霹靂」を栽培している生産者や、地元で郷土料理を提供している津軽あかつきの会、旬の食材の畑などにご案内。
d0007875_9163759.jpg

食事会で提供された料理は、小山さんの卓越した料理の業に、青森の空気感がしっかり入り込んでいて、都内にいながら、「青天の霹靂」が栽培されている津軽地方の魅力を感じることができる内容でした。
d0007875_8492074.jpg

まずは、釜で炊いたあつあつの「青天の霹靂」。小山さんが青森で食べて美味しかったので、食事会のためにわざわざ運んでもらった津軽あかつきの会の漬物と一緒に。
「漬物だけで、どんどんご飯が進む」と大好評でした。
d0007875_840248.jpg

津軽各飯は、青森の食材と「青天の霹靂」の相性はもちろんのこと、見た目も宝石箱のような美しさ!
d0007875_8412969.jpg

青森十膳は、青森の旨みが、小さい2段の文箱にギュッと詰まっていました。
青天の霹靂の稲穂を素揚げしたものもポップコーンのようでいけます。
d0007875_8415584.jpg

定番の、大間の本マグロ!
d0007875_8421448.jpg

スペシャル料理は、青森県産天然ヒラメの「しんじょう」。ヒラメのアラでとったスープに、ほんのり柚子の香りが。最後に、青天の霹靂を入れて、オジヤにして食べると最高です。
d0007875_84377.jpg

最初から最後まで「青天の霹靂」づくし。小どんぶりを5種類準備し<写真は4種類>、好きなものを好きな分だけチョイスできる斬新な演出。せっかくなのでと、思わず食べてしまう人が多かったようです。
d0007875_8433665.jpg

デザートも色々選べます。もちろん好きなものを好きな分だけ。
最後に出てきた「青天の霹靂」のババロアは、「青天の霹靂」そのもの(驚)。
d0007875_8524263.jpg

特に女子には、絶妙な味わいで目からウロコの「りんごチャーハン」と、青柳風の上品な「甘酒」が大好評でした。
様々な切り口から「青天の霹靂」にせまった終始楽しい食事会で、結果的に1人で平均3合(450g)近くも「青天の霹靂」を食べてしまったです。本当に驚きの美味しさです!         
                            byさっちゃん
d0007875_8501054.jpg

by marugoto_aomori | 2015-12-03 09:11 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

「青天の霹靂」カラーのごはん茶碗「ばんりゅう焼」

d0007875_10152731.jpg

先日、板柳町ふるさとセンター内の陶芸工房にある「ばんりゅう焼」を訪れた時、目に入ってきたのがブルーのご飯茶碗。どこかで見た色だな?と少し考え。。。「青天の霹靂」カラーでした。

「青天の霹靂」は、今秋本格デビューした青森県産の新品種米です。誰もが驚くような旨さを目指し、渾身の思いを込めて作りあげました。空が割れて「青天の霹靂」が飛び出してきた様子を表現した図案や、画数の多いスタイリッシュな文字も斬新です。
d0007875_1816235.jpg

ご飯茶碗に話しは戻りますが、「ばんりゅう焼」の名前の由来は、町名の板(ばん)柳(りゅう)にちなんだもの。代表の成田淳一さんは、京都や津軽の窯元で陶芸を学んだ後、平成4年に独立し、ふるさとセンターに工房を構えました。
「ばんりゅう焼」のベースは、弘前藩主がはじめた「津軽焼」で、りんご木灰利用のナマコ模様の釉薬(うわ薬)が特徴です。

工房では、オーソドックスな「津軽焼」のほか、色とりどりの焼き物が作られていて、私の目に留まったブルーの焼き物も、最近つくりはじめたようです。ちなみに綺麗なブルーの色は、銅由来とのことでした。

これまで青は、食べ物に向かないという概念がありましたが、「青天の霹靂」の米袋も、青色のお茶碗も食卓に彩りを添え、楽しく食事をすることができます。筋子を上にのせて見ると、さらに鮮やかに!

工房には、今回ご紹介したお茶碗の他にも、各種焼き物が取り揃えられているので、お好みの作品を見つけてみてはいかがですか?
                      byさっちゃん

板柳町ふるさとセンター工芸館内
板柳町福野田本泉34-6 
陶芸工房 ばんりゅう焼
TEL 0172-72-1500
by marugoto_aomori | 2015-10-20 10:23 | 手しごと | Comments(0)

今年も見ごろの田んぼアート、素敵な本もできました!

田んぼアート、今年も見ごろとなっています。
d0007875_1292335.jpg
毎年意表を突いた絵柄で話題ですが、今年は第1会場(田舎館村役場)が「風と共に去りぬ」!
青森県の新品種米「青天の霹靂」のPRもしてくれています。
この文字の部分はしっかり「青天の霹靂」の稲だそう。
d0007875_12101765.jpg
そして第2会場がスターウォーズ!
事前に知ってても、実物を見るとその大きさに圧倒されます。
d0007875_12143581.jpg
ちょうど、弘南鉄道が横切っていきました。
第2会場展望台からは岩木山もきれいに見えるんですよね!
d0007875_12164320.jpg
間近で見るとこんな感じ。C‐3PO、なんとなく分かります。

今や青森県を代表する観光名所となった田んぼアート。
そんな田んぼアートの本「田んぼアートのキセキ」が発売されました。
これまでずっと田んぼアートに関わってこられた田舎館村副村長の葛西幸男さんが語る田んぼアートの軌跡と奇跡です。
村おこしのきっかけ、モナリザでの失敗、遠近法の導入、そして昨年は天皇皇后両陛下もご覧になられた田んぼアート。ごく普通の役場職員だった葛西さんが、昭和の田舎館村の様子なども交えながら語る素敵な本です。
ぜひチェックしてみてください。
d0007875_12172588.jpg
ただいま絶賛見ごろの田んぼアート!今年もお見逃しのなきよう!!

by niok

《田んぼアート》
◆第1田んぼアート
図柄:風と共に去りぬ
場所:田舎館村役場・東側水田(役場天守閣より見学可)
◆第2田んぼアート
図柄:スター・ウォーズ フォースの覚醒
場所:道の駅いなかだて・弥生の里(展望所より見学可)
◆料金
大人:200円 子供:100円(小学生)
◆開館時間
9:00~17:00(最終入館16:30)
◆お問合せ
田舎館村企画観光課 商工観光係
電話0172-58-2111(内線242)

《田んぼアートのキセキ》
著:葛西 幸男
価格:1,296円
出版社:主婦と生活社
by marugoto_aomori | 2015-07-20 12:20 | 青森の旅 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング