まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:青森屋 ( 2 ) タグの人気記事

青森の温泉とねぶたと食材の共演

12月に入り、青森はいよいよ冬将軍見参といった時期を迎えました。
「あ~、また長い冬がやってくるよぉ」と少しブルーになっている私に朗報が!
星野リゾート「青森屋」で、青森らしい冬を満喫する新しい企画を体験できると聞き、早速行ってきました。

「青森屋」自慢の露天風呂「浮湯」は、広い池の中に張り出していて、まるで水の上に浮いているような開放感が味わえます。
 今回の企画は、露天風呂の「浮湯」を囲む池に勇壮なねぶた灯籠を浮かべてしまうという斬新なアイディア。
 今年の青森屋の冬の目玉としてスタッフが考えたそうです。
d0007875_217339.jpg

 ねぶた灯籠は、2012年12月1日(木)を皮切りに、2013年3月31日(日)まで毎晩17時に出陣します。露天の浮湯に浸かりながら、湯気の中でゆらゆらと揺れるねぶた灯籠を見ていると、時が経つのを忘れてしまいそうなくらい幻想的です。すっかり長湯をしてしてのぼせちゃいました。

 ねぶた灯籠は、ねぶた師の竹浪比呂央氏が製作したもので、幅3.6m、高さ2.3mと決してねぶたとしては大きいとは言えない灯籠なのですが、水面に映るねぶた灯籠の明かりも相まって、実物以上の大きさに見えてとても迫力があります。
ねぶた灯籠の題材は「鍾馗(しょうき)」。中国で広く信仰された厄除けの神をモチーフにしており、「温泉にゆっくり浸かっていただき、明日からの健康を養って欲しい。」という竹浪さんのお客様への温かい思いが込められています。

今回、竹浪さんにとっても、屋外の池の上に浮かべ展示するねぶた灯籠を製作することは初めての試みだったそうで、紙の材質や顔料を選ぶところから、紙の張り方、さらには電球(LED)ソケットに至るまで、全てを防水施工にするため様々な工夫を凝らしたそうです。
雪がしんしんと降る中で浮かび上がるねぶた灯籠はさぞかし美しいことでしょう。

素っ裸で露天風呂に入りながら、ねぶたを堪能できるなんて、今までにはなかった青森ならではの新たな極上のひとときだと感じました。

そして、私にとってのもう一つの極上が、「旬感・丼感・のっつどん」です。
青森県産の旬の食材をふんだんに使用し、1ヶ月ごとに移り変わる旬を感じることができる丼ぶりが食べられます。
d0007875_2172838.jpg

 12月は、下北産「ひっぱりダコ三色丼」!
 今の時期は、タコは産卵前で身が大きく、特に下北のタコは津軽海峡の荒波に揉まれ身はしまっています。刺身・漬け・唐揚げと、食いしん坊ひっさは大満足!
 来月1月は、三沢産「ほっき丼」の予定。ほっき大好き!
 そして2月は、陸奥湾産「ホタテ三変化丼」らしい。ほたての三変化?とても気になる。

 青森のビッグな魅力である「温泉」、「ねぶた」、「旬の食材」。
 これら青森の魅力を凝縮させてオブラートにくるんだような青森屋さんの今年の企画「ねぶり流し灯籠とのっつどん」に心から感謝します!
 
青森の新しい冬の魅力を見つけちゃいました。

来月も、また行きま~す。毎月恒例の旅になりそうです。

 by ひっさ

星野リゾート 青森屋
〒033-8688 青森県三沢市古間木山56
電話番号:0176-51-2121
by marugoto_aomori | 2012-12-03 21:16 | 青森の旅 | Comments(0)

汁椀対決! 青森屋さんで開催中です

青森は、もうすっかり冬・・・雪かきに追われる季節になってきました。
d0007875_19584494.jpg
写真は、先日、ちょっぴり雪が積もった合浦公園の様子ですが、
やはり雪景色は美しいものですね。今はとけてありませんが・・・。

さて、冬と言えば鍋、誰が何と言おうと鍋に限ります。
青森には、数多くの鍋料理がありますが、
三沢市の青森屋さんで、ご当地鍋料理の食べ比べイベントが始まりました!
その名も「汁椀対決~青森屋場所~」です。
d0007875_2014866.jpg
(クリックすると大きくなります。)
週替わりに2種類の鍋料理が登場し、500円で食べ比べができるというものです。
12月3日と4日には、今後登場するすべての鍋料理全8種類が、
何と500円ポッキリで食べられるオープニングイベントも開催。
私もノコノコと行ってきました。

まず驚いたことですが、8種類の鍋を料理し、提供していたのが、
青森屋さんの料理スタッフの人たち、だけではなかったのです。
d0007875_2043961.jpg
例えば、写真の鍋(桜鍋です。)をお客様に渡しているのは、
五戸町の尾形精肉店のスタッフということです。
自分のお店に他店の料理人・・・、あまり聞きませんよね。
d0007875_2054946.jpg
同じように、写真の「長いもすいとん汁」は東北町特産品販売促進協議会の方が、
「黒石よされ鍋」は黒石市のよつば会の方がブースで調理し、
お客様に対応していたのです。

他の鍋についても、例えば「けの汁」は津軽けの汁保存会の方が監修したもの、
「三沢パイカ鍋」は三沢畜産公社が監修したもの、という具合に、
すべて「本場のお墨付き」を得て提供しているという力のいれ具合でした。
d0007875_209367.jpg
(せんべい汁だけは、青森屋さんオリジナルです。)
青森の冬の汁物文化を地元の方と一体となって広めていくことが目的ということで、
本物の味を一同に味わえるのは、本当にうれしいイベントです。

「黒石よされ鍋」や「たこのどうぐ汁」など、
私自身初めての鍋も登場していて、8種類全部味わうぞ~!と気合いを入れて来ました。
が、さすがに8種類はキツイ・・・。
休み休み味わっていたら、あぁ、「黒石よされ鍋」と「桜鍋」が売り切れてしまいました。
む、無念。

これから年末まで、毎週2種類の鍋が登場します。
何が登場するのかは、青森屋さんのHPで発表されるようですので、ぜひお楽しみに。

ところで、このイベントは「汁椀対決」ということで、
d0007875_2010475.jpg
使った箸による人気投票も行われます。
この結果もHPで発表され、
人気上位の鍋は来年1月から3月まで味わえるようになるそうです。

これからますます寒くなる青森の冬。逆に、鍋がますますおいしさを増す冬。
たらふく鍋を食べて、心も体もあったまりましょう。
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

<星野リゾート青森屋>
三沢市古間木山56
0176-51-2121

<汁椀対決~青森屋場所>
12月5日~12月30日 11:00~16:00
青森屋1階「屋台村もつけらんど」で開催中
料金 500円
by marugoto_aomori | 2011-12-07 20:21 | おいしい食材 | Comments(2)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング