「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:青森 ( 421 ) タグの人気記事

癖になる美味しさ!鹿内食堂の焼きそば

先輩から「とにかく焼きそばが美味しいから行ってみて」とおすすめされたお店に行ってきました。浪岡にある「鹿内(しかない)食堂」さんです。
d0007875_19170553.jpg
車を止めようとお店の裏手に行くと、車がみっしり4台。
停める場所がないな~とバックしようとすると、お店からお父さんがでてきて、壁沿いに誘導してくださいました。
調理場の裏手の窓からは、お母さんが心配そうに見守ってくださっていて、入る前から「いいお店だなぁ~」とほっこり。

メニューは「焼きそば 500円」「焼きそば大盛り 600円」「ラーメン 500円」「味噌ラーメン 600円」「親子丼550円」などなど…ワンコイン系が多いのはうれしいですよね。

私が行ったとき(11:30頃)にはほぼ満席でしたが、9割の方が焼きそば。残りの方はラーメンか味噌ラーメンを頼んでいました。
こちらでは製麺所も営んでいらっしゃるということで、とにかく麺が美味しいということは伺っていましたが…みなさん麺系とは驚きました。

d0007875_19174197.jpg
鹿内食堂の焼きそばは、生姜も青のりも乗っていない、潔い焼きそばです。

一口含むと「…すっぱい?」と思いましたが、後からふくよかなソースの味とスパイスの香りが追いかけてきて、もう夢中!
気づいたときには食べ終えていました…。人生でこんなに焼きそばに一生懸命になったのは初めてです。
これは、大盛りでもペロッといけてしまうかもしれません。

平日のお昼しかやっていないのが悔しいくらい、後を引く美味しさの焼きそばです!
みなさんもぜひ一度召し上がってみてください。(霜月)

住所:青森市浪岡樽沢村元315-5
   ※ナビがあったほうが安心です
TEL:0172-62-3331
営業時間:11:00~13:00(早仕舞いすることも)
定休日:土曜日・日曜日




by marugoto_aomori | 2016-09-26 19:38 | 青森食べ歩き | Comments(0)

青森の日本酒を徹底的に愉しむ

仕事が終わって、家に帰る前にちょっと寄り道したいなぁと思う日ってありますよね?
先日そのような衝動にかられ、青森県産にこだわり、地酒もそろっている一っ福さんにフラリ。
d0007875_11275772.jpg


今が旬の青森のホヤ。いつ食べるの?今でしょ。
ホヤに合いそうなお酒として、豊盃(三浦酒造)をセレクト。
華やかな香りで、うまみがしっかりしている豊盃と新鮮な潮の香りのホヤ刺。ホヤにはやっぱり日本酒が合います。お猪口と箸が止まりません。
d0007875_11282644.jpg


焼き魚が食べたくなったので、銀タラ津軽味噌焼きを注文。
焼き魚に合いそうなお酒として、岩木正宗(竹浪酒造店)のぬる燗をセレクト。
店オリジナルの津軽味噌にじっくり漬けた銀タラが絶品。濃醇でガツンと力強い味わいの岩木正宗は、熱燗かぬる燗がおすすめ。口の中で広がる香りがたまりません。
d0007875_11285558.jpg


このように、本県の居酒屋では、いつでも地酒を楽しむことができますが、今般、青森県・函館デスティネーションキャンペーン記念として、青森県内の各酒蔵が集合し、各蔵自慢の日本酒が飲み放題という、日本酒好きにはたまらないイベント「青森・北海道道南のお酒を愉しむ会」が開催されます。
d0007875_11371767.jpg


愉しむ会の出店銘柄はこちら。18の酒蔵が集結。これらの日本酒が5,500円で飲み放題。
d0007875_11373366.jpg


これらの日本酒をはじめ、青森県らしい肴、「はこだてワイン」や道南にちなんだお酒もいただけます。美味美酒にひたるのが生きがいの、本県出身の紀行作家山内史子さんのお酒の話も聴くことができます。
日本酒が好きな人、日本酒をもっと知りたい人、たくさんのご参加をお待ちしています。

<青森県・北海道道南のお酒を愉しむ会>
主催:青森県・函館デスティネーションキャンペーン推進委員会
協力:青森県酒造組合
■日時 平成28年9月22日(木祝)~23日(金)
     第1回 13時~15時
     第2回 17時~19時
■場所 青森国際ホテル 3階 萬葉の間
■内容
 (1)各酒蔵が集合し、各蔵自慢の日本酒が飲み放題
   (「はこだてワイン」や道南にちなんだお酒の提供も含む)
 (2)青森県らしい肴による組み合わせを徹底的に愉しむ
 (3)お酒の話:山内史子氏(本県出身の紀行作家)ほか
■会費 5,500円(税込)
■備考 チケットは、県内のローソン及びチケットぴあ(サークルK・サンクス)にて購入してください。

詳細はこちら(青函DCホームページ)
http://www.aomoriken-hakodate-dc.jp/dcinfo_160825.html

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-09-16 11:50 | その他 | Comments(0)

三内丸山遺跡縄文アートフェスティバル Feel The Roots 2016

世界遺産登録をめざす北海道・北東北の縄文遺跡群。
そして、日本を代表する縄文遺跡の一つ"三内丸山遺跡"を舞台に、
縄文をもっと身近なものに感じてもらい、
縄文を自分たちのルーツとして盛り上げていくために開催されている
三内丸山遺跡縄文アートフェスティバル"Feel The Roots"が今年も開催されます。
d0007875_1520541.jpg
>2016.9.19 mon.入場無料
>Open 10:00 / Close 20:00
>青森市三内丸山遺跡ピクニック広場


8回目となる今年はピクニック広場での開催となりました。
これまでの遺跡の真ん中での開催は、縄文との一体感を感じることができましたが、
今回は、隣接して拡がる縄文集落跡と現代の"祭り"の舞台をシンクロさせる新しいアプローチです。
どんな雰囲気になるのか楽しみです。

このイベントに初回から企画・運営などで参加しているのが、
地元のボランティアスタッフで組織された"jomo☆rock"です。
"jomo☆rock"の代表で、このイベントのオーガナイザーからの
メッセージムービーを紹介します。




そして、今年は、9月17日(土)から19日(月・祝)までの三連休は、
三内丸山遺跡でのイベントが盛り沢山!題して「さんまる Jomonの日」。
これまでは別々に行われていた"
"縄文大祭典"、"あおもり伝統芸能フェスティバル・ワークショップ"、
そして、三内丸山遺跡縄文アートフェスティバル Feel The Roots 2016"が
この三日間に集まりました。

○縄文大祭典
>平成28年9月17日(土)・18日(日)
>三内丸山遺跡内

高所作業車を使って遺跡全体を俯瞰できる縄文パノラマビューや、
縄文お月見コンサート(17日のみ)などが行われます。
d0007875_15501547.jpg


○あおもり伝統芸能フェスティバル・ワークショップ
>平成28年9月17日(土)・18日(日)
>三内丸山遺跡内

青森市三内丸山遺跡ピクニック広場
大間町奧戸の山車行事や五所川原市嘉瀬の奴踊など伝統芸能の上演や
青森ねぶた囃子のワークショップが行われます。
d0007875_15531718.jpg


9月17日から19日の三連休は三内丸山遺跡で縄文三昧しちゃいましょう!

by yoshihito

[Feel The Roots 2015の様子]
d0007875_1717786.jpg
d0007875_17172263.jpg
d0007875_17174372.jpg
d0007875_17175495.jpg
d0007875_1718871.jpg
by marugoto_aomori | 2016-09-09 15:56 | その他 | Comments(0)

オトナの工場見学!青森県産ワインの製作工程を見学してみよう

青森ワイナリーホテル(旧:青森ロイヤルホテル)の地下に、サンマモルワイナリーの第2工場ができたときいて、見学に行ってきました。
ワイン工場は、別館の地下一階。ワイナリータウンと名付けられたゾーンにあります。
d0007875_18004300.jpg
見学ゾーンのいちばん最初にあるのは試飲スペース!
サンマモルワイナリーの全種のワインと海外の有名ワインの試飲ができます。
試飲をしながら、いま飲んでいるワインがどのように作られているのかを学ぶことができます。まさにオトナの工場見学です!
d0007875_18004985.jpg
最初に見える機械はは1時間に4000本も瓶詰めできる機械!むつの工場では手詰めで2000本/1日だったそうなのでいかに素早く作業できるかは歴然です。「これでこれまで以上にみなさんにお届けできます」と職員さんも嬉しそうでした!
d0007875_18005722.jpg
続いては、元はプールだった場所を改築した保管庫。発酵用の5000リットルタンクが24基も入っているそうです。
1つのタンクから7000本近くのワインができるということで、これまで以上に沢山のワインを醸造できると見込まれています!目標は年に30万本(!)の出荷だそうです。
d0007875_18010340.jpg
これらの機械は一見するとただの器具なのですが、赤ワイン用タンクと白ワイン用タンクの違いや、赤ワインと白ワインの作り方の違いなど、ワインにまつわる様々なことを教えてもらいながら見るととても勉強になります。
d0007875_18010992.jpg
そして、最後はサンマモルワイナリーのラインナップが揃った売店!工場見学のあとはお買い物が弾んでしまうのは気のせいでしょうか?
(写真に写っているのは、支配人代理兼製造部課長のソムリエである白戸さんです)

d0007875_18012570.jpg
サンマモルワイナリーのラインナップは食事に合わせることを意識しているそうです。また、鶴田町のスチューベンを使用したワインやアップルワインなど地場産品を使った「青森ならではのワイン」を目指しているのが大きな特徴だといえます。
d0007875_18013472.jpg
なお、美味しい料理とのマリアージュを楽しんで欲しいとの願いから、この工場で買ったワインはホテル内のレストランに持ち込み可能だそうです。これは嬉しいですよね。
d0007875_18014237.jpg
今回訪問した際はまだ工場が稼働していませんでしたが、10月頭からスチューベンワインの仕込みが始まります。
運が良ければ、圧搾作業などを間近で見ることができるかも?とのことでした。
冬の間を使って美味しいワインを醸造し、来年の4~5月にかけて瓶詰め作業を行う予定だそうです。

みなさま、ぜひ見学に行ってみてくださいね!


<青森ワイナリーホテル>
住所:〒038-0223 青森県南津軽郡大鰐町島田滝の沢100-9
TEL:0172-48-2881
FAX:0172-48-2897
工場見学:無料



by marugoto_aomori | 2016-09-07 18:39 | 青森の旅 | Comments(0)

神秘的なブルー 青色りんごジャム

本年7月に登場した、爽やかなブルーの「青い森の天然青色りんごジャム」。
一般的に青い色は食欲減退色として食品業界から避けられる傾向がありますが、この透明感のあるブルーは逆に注目を集めています。
d0007875_1715138.jpg


この青い色は、タイ王国原産の「アンチャン」と呼ばれるハーブを使っています。アンチャンを広めることでタイ王国の貧困層を救いたいという思いに、青森りんごを使ってはどうかとあおもり正直村が商品開発をしたもの。アンチャンと青森りんごの見事なマリアージュ。早速いただいてみました。

蓋を開けると、ジャム特有の甘い香りが漂います。青い色は心を落ち着かせる効果があるせいか、スプーンを持つ手もなんとなく落ち着きます。
d0007875_1715283.jpg


今回はクラッカーに乗せて食べてみました。爽やかなりんごの甘みが口の中に広がります。青い色とのギャップはありますが、正真正銘りんごジャムです。
d0007875_1716381.jpg


話題性抜群の「青い森の天然青色りんごジャム」。新しく青森のお土産として仲間入りしそうですね。現在は青森市のさくら野と中三で販売(税別800円)されていますが、少しずつ取扱い店舗を増やしていく予定とのことです。

<商品に関するお問い合わせ先>
あおもり正直村
青森市古川3-14-8
電話 017-775-3003
http://syojikimura.com/

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-08-27 17:20 | あるあるこんなもの | Comments(0)

帰省時にいかが?人気お土産ランキング~アスパム:地場セレクト編~

みなさま、あつーい夏休み、いかがお過ごしでしょうか?
お盆期間中ということもあり、地元で過ごされている方も多いかと思います。

今回は、アスパム内のおみやげ店舗「地場セレクト」さんでおみやげに大人気の商品を聞いてきたので、ランキング形式でご紹介いたします!

<第5位>「あおもり地サイダー」6本セット1,773円(税込み)
青森県内の王道~ニューフェイスまで様々な地サイダーが一堂に会する6本セットが大人気!6本セットは夏限定ですし、それぞれ特徴があって飲み飽きないので、まとめ買いをおすすめします。

☆単品価格はこちら(すべて税込み)☆
みしまバナナサイダー154円/三島シトロンサイダー154円/いなかだて田んぼアート黒サイダー350円/ふかうら雪人参サイダー367円/十和田湖BLUE Cider 324円/奥入瀬GREEN Cider 324円
d0007875_18074370.jpg

<第4位>「おひさま色のミニトマトジュース」 大720ml:1600円、小180ml:420円 (ともに税込み)
2016年青森県特産品コンクールで、個人で唯一「会長賞」を受賞した一品。5種類のミニトマトをブレンドしたこのジュースは絶品!
爽やかな酸味と甘味がほどよくマッチし、あらごしでありながらスルッと口の中を通り抜けていきます。なんと720ml瓶にはミニトマト2.4kg分を使用しているんだとか。これを飲むと、もう市販のトマトジュースには戻れなくなってしまいます…!
d0007875_17531413.jpg

<第3位>「青森雪貯蔵カットりんごゼリー」 1個390円(税込み)
雪の中に貯蔵したりんごはもぎたてのみずみずしさと歯ごたえを保持しているのが特徴!その”雪貯蔵りんご”を贅沢に使用したゼリーです。冷蔵庫(もしくは冷凍庫)でキンキンに冷やして、上品な甘さを楽しんでくださいね。
d0007875_18053564.jpg

<第2位>「カリポリ貝ひも」540円(税込み)
味のバリエーションも豊富で、定番の”チーズ”や”チキンミックス”のほか、甘しょっぱい系の”塩キャラメル”やスパイシーな”とうがらし”などさまざま!1080円のバラエティパックもありますので、ぜひ食べ比べを試してみては??
d0007875_18110762.jpg

<第1位>「手造りの味とまとけちゃっぷ」 514円(税込み)
地場セレクト不動の人気を誇る「とまとけちゃっぷ」です。蓬田村のおいしいトマトを贅沢に使用した一品。一度食べたらやみつきになる、まさに魔性のケチャップと言えるでしょう。10本単位でのまとめ買いをするお客様も多いのだとか!
d0007875_18044691.jpg


<番外編>「2016リオデジャネイロオリンピックモデル 金魚ねぷた」
大:1500円 小:950円(ともに税込み)
目の下に黄色と緑の模様が入ってたり、尾びれが五輪カラー+日の丸になっていたりと、記念にピッタリの一品。この写真では見えませんが、右目の上には「2016」の文字入りでコレクションアイテムとしても素敵です。
d0007875_18091905.jpg
お土産売り場を歩いていると、ワクワク楽しくなっちゃいますよね。わたしは調子に乗って、ついつい買いすぎてしまうタイプです…。
ぜひみなさんも素敵な商品を探してみてくださいね!

<<店舗情報>>
店舗名:地場セレクト
場所:青森市安方一丁目1番40号 青森県観光物産館アスパム1階
URL:http://www.aomori-kanko.or.jp/web/guide02_shop07.html
TEL:017-777-3679
FAX:017-735-2067
(営業時間)
4月~10月:9時~19時
11月~3月:9時~18時
※休館日 12月31日、1月の第4週の月・火・水のみ

(霜月)

by marugoto_aomori | 2016-08-15 18:49 | おいしい食材 | Comments(0)

暮らしに馴染む器「津軽びいどろ」

津軽びいどろは、北洋硝子(株)でかつて作られていた漁業用浮玉の製法を応用して作られるようになったガラス工芸品で、「宙吹き」という技法を用いて、昭和61年に津軽半島の西側にある七里長浜の砂を原料の一部にした薄いモスグリーン色のガラス器が始まりです。
d0007875_16181526.jpg

平成8年にはその技術が認められ青森県伝統工芸品に指定され、美しさと実用性を兼ね備えた工芸品として多くの人に愛されています。
津軽びいどろは伝統工芸品ではありますが、実生活で使いやすいようにデザインや色は消費者ニーズに合わせるなど、常に新しいものを創造していく現在進行形の工芸品なんです。
d0007875_16183375.jpg

平成24年には宙吹きの技術を次の世代に引き継いでもらいたいという願いを込めて、一度絶版となった製品を復刻させました。
色彩豊かな製品も素敵ですが、青森の自然からインスピレーションを得た素朴で温かみのある復刻シリーズは、日々の暮らしにすっと馴染む逸品です。
d0007875_16184515.jpg

<お問い合わせ>
北洋硝子株式会社
住所:青森市富田4-29-13
電話:017-782-5183
HP:https://tsugaruvidro.jp/

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2016-08-04 16:19 | 手しごと | Comments(0)

日本の魂を感じよ!青森県立郷土館特別展「刀剣魂」開催中

現在、女性を中心とした若い人々の間で、日本刀の価値が見直されています。
青森県立郷土館の夏の特別展示「刀剣魂」では、青森県の歴史のなかで活躍した主な日本刀を紹介するとともに、
刀を通じて、ふるさとの先人達が熟成した独自の精神観と技術、文化等についてわかりやすく紹介しています!

館内には、県内の至るところから集められた日本刀がたくさん!!

見事な螺鈿細工の施された大小拵えがあったり…
d0007875_17210156.jpg
津軽家の卍の紋が入ったハバキが美しい刀や…
d0007875_16441882.jpg
津軽国広の見事な短刀があったり…
d0007875_16445685.jpg
津軽家の刀や鎧があったり…
d0007875_16362525.jpg
変わった刃紋の刀があったり…
d0007875_16372109.jpg
県内初の、赤羽刀(GHQに接収された後、廃棄を免れた刀剣)の一覧お披露目があったり…
d0007875_16351525.jpg
実に様々な刀剣類が展示されています
d0007875_16350047.jpg
毎週土曜日には「土曜セミナー」が開催されており、刀剣にまつわるいろいろな講習を受けることができます。
d0007875_17302418.jpg
この展示の見どころは、県立郷土館や県内の寺社・博物館が所蔵する刀だけでなく、
普段は滅多に目にすることのない個人蔵のものも含まれていること!
みなさんも、ぜひ日本刀の世界に触れてみては?


<特別展「刀剣魂」>
期間:7月15日~8月28日
時間:9:00~18:00
料金:一般500円、学生240円

<青森県立郷土館>
住所:030-0802 青森市本町二丁目8-14

電話:017-777-1585 

FAX017-777-1588

HP:https://www.kyodokan.com/

(霜月)


by marugoto_aomori | 2016-07-20 23:16 | 青森のアート | Comments(0)

10歳になった青森県立美術館

2006年7月13日木曜日・晴れ、
待望の青森県立美術館がグランドオープンしました。
d0007875_17295266.jpg
1993年に構想策定以来、12年の歳月をかけて竣工し、
翌年にグランドオープンした青森県立美術館。
三内丸山遺跡に近接していることから、
その発掘現場をイメージした独特の空間を有しており、
たくさんの驚きと感動を生み出しました。

 ・
 ・
 ・

あれから10年。
今日で10周年を迎えた青森県立美術館に行ってきました。
10年前と同じようなすこぶる良い天気で、
あの日、応援スタッフとして駐車場係をして
真っ黒になったことを思い出しました。d0007875_17371937.jpg
d0007875_1738415.jpg

そして、今日は青森県立美術館の誕生日ということもあり、
10回目の誕生日を記念して先着100名に、
10周年記念特製ポストカードセット(非売品)のプレゼントしていました。
もらえた方はラッキーです。d0007875_17385172.jpg


そして、青森県立美術館では、
開館10周年を記念して、企画展、コレクション展をはじめ、
さまざまな記念事業を行っていく予定です。d0007875_17395969.jpg

[企画展]
○青森県立美術館10周年記念「青森EARTH2016 根と路」
縄文に創造の原点をたずね、青森の大地に根ざした新たなアートを探求する
青森県立美術館の企画シリーズ「青森EARTH」。
今年は「根と路」と題して、郷土の自然誌・民族資料、
国内外の現代美術作品の数々を組合せて展示します。
 会期:2016年7月23日(土) - 9月25日(日)

[記念事業]
○青森県立美術館:10年の歩み展
青森県立美術館の魅力に迫るとともに、
これまでの企画展ポスターやドキュメントを紹介し10年の歩みを振り返ります。
 日時:7月23日[土]~8月7日[日]9:00~18:00(入館は17:30まで)
 会場:コミュニティギャラリー
 観覧料:無料

○アートフィルム上映:ちかの名作劇場
寺山修司の先駆的作品から現在に至るアートフィルムを
愛知芸術文化センターの全面的なご協力により紹介いたします。
 日時:7月30日[土]、31日[日]各13:00~17:00
 会場:シアター
 観覧料:無料
 定員:200名(先着順)

○青森県・函館DC特別企画「青森県立美術館建築ツアー」
隣接する三内丸山遺跡の発掘現場のような土壁、
その上に覆い被さった白い構造などなど、
青森県立美術館の建築・デザインにスポットを当てた建築ツアーです。
 日時:7月2日[土]~9月24日[土]の毎週土曜13:30~14:00/14:30~15:00
 集合:地下2階エレベータ前
 定員:各回先着15 名(参加者にはオリジナルグッズプレゼント)
 申込:不要

是非、この機会に青森県立美術館に行きましょう!

by yoshihito
by marugoto_aomori | 2016-07-13 17:53 | 青森のアート | Comments(0)

「津軽海峡でつながる物語」青函DCスタート!

本日、待ちに待った「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」がスタートしました!

青森市のワ・ラッセ西の広場では、オープニングセレモニーが行われ、三村知事が「今日お集まりのみなさま、そして、全国の世界の、青森県を道南を応援してくださるみなさまとも気持ちを一つにして、東北の元気、日本の元気を、今日、ここからスタートさせていきたい!」と力強くあいさつしました。
d0007875_18181778.jpg


その後、ねぶた囃子の演奏の中、三村知事をはじめ、JRのみなさん、ほっかむりをしたマグ女のみなさんなど県内観光関係者の方々が、横断幕をもって観光客のみなさんを笑顔でお出迎えしました。
いくべぇ、モーリー、あらまくん&たずなちゃんなど、県内のゆるキャラたちも、しっかりおもてなししてましたよ。
d0007875_1835498.jpg



夏を感じさせるねぶた囃子の演奏も、いい感じに盛り上げていたので、こちらもどうぞ!


「青函(せいかん)DC」と呼ばれるこのキャンペーンは、平成28年7月から9月まで青森県・北海道道南地域とJRグループ6社が一体となって両エリアの魅力を全国にPRする大型観光キャンペーンです。

ちなみに、「DC」ってなんだろうって思いますよね。
Dは「Destination(デスティネーション)」の頭文字で、目的地・行き先を意味します。Cは「Campaign(キャンペーン)」の頭文字で宣伝を意味します。DCはこの2つを合わせた造語なんだそうです。なるほど。

このDC期間中は、ペア宿泊券や特産品などが当たる「いくべぇ青森・函館スタンプラリー」も実施されます。県外の方はもちろん、県内のみなさんも、チャレンジしてみてはいかがですか?
また、このブログでもDC関連の楽しい情報をお知らせしていきますので、お楽しみに。

この夏は、津軽海峡で結ばれた両エリアをめぐって、祭りも、自然も、食も、歴史文化も、たっぷり満喫しましょう!

「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」の詳細はこちら
  ↓
http://www.aomoriken-hakodate-dc.jp/index.html

by はっしー
by marugoto_aomori | 2016-07-01 18:47 | その他 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング