まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:青森 ( 421 ) タグの人気記事

チャジャンミョンの食べ比べはいかが?

日本でもなじみの深い中華料理のジャージャー麺、この韓国バーションがチャジャンミョン。起源はジャージャー麺ですが、韓国スタイルに変化する中で韓国の国民食となっており、仁川がその発祥の地と言われています。

青森・ソウル線就航20周年を記念して、現在青森空港ビル内の3つのレストランで、それぞれ3種類の青森オリジナルのチャジャンミョンを味わうことができます。早速紹介しましょう。
さあ、麺と味噌だれをグチャグチャ絡ませるご用意を。

まずは「ライアン」。
d0007875_15225273.jpg

d0007875_15233335.jpg

麺は稲庭うどんをベースとした麺。ベビーホタテ、ナガイモ、豚肉と具材には県産品を使用しています。肝となる味噌だれの隠し味にはリンゴジュースを使用しているそうで、辛さというよりは甘みを前面に出した味わいとなっています。
お好みで唐辛子、酢を足します。特に酢はさっぱりしておすすめです。

続いて「ロイヤルカフェ」。
d0007875_15263858.jpg

d0007875_15265967.jpg

こちらの麺もうどんを使用。県産ニンニクを使用しているので独特の風味を感じます。県産ホタテをはじめ、イカ、エビなど豊富な魚介類が甘めの味噌だれと絡まる海鮮チャジャンミョンです。

最後は「ひば」。
d0007875_15301889.jpg

d0007875_15303320.jpg

稲庭うどん風のチャジャンミョン専用麺を使用。豚の角煮入りの味噌だれの上に、たっぷり野菜が乗っています。こちらもお好みで唐辛子や酢を足します。少し辛みがほしい場合は別皿の黒味噌を追加しましょう。

3つのチャジャンミョンとも、味が濃くて辛いのではと思われる見た目とは全く異なり、甘めでさっぱりしていて、子供から大人まで誰にでも食べやすい味に仕上がっていました。
この青森空港オリジナルチャジャンミョンは6月末までの期間限定企画。是非お好みのチャジャンミョンを見つけてみてはいかがでしょうか。

なお、期間中は、今回紹介した3つのレストランを対象としたスタンプラリーを実施。計3つのスタンプが集まったら応募できます。A賞はペアソウル旅行。B賞はレストラン各店の1000円分の食事券となっています。
また、チャジャンミョンを食べたお客様は、レストランで駐車場当日基本料金分200円がキャッシュバックされます。(要駐車券確認)

by りんごすたー

(お問い合わせ先)
 青森空港ビル株式会社 
 電話:017-739-2000
by marugoto_aomori | 2015-05-06 15:44 | 青森食べ歩き | Comments(3)

ありそうでなかった人工的な「蜜りんご」

りんごを切って中に蜜が入っていると、とっても得した気分になりますよね。
この蜜が、りんご全体に染み渡っていたら・・・!!
そんな夢の蜜入りりんごが、新商品「冷製蜜りんご」。
d0007875_134248100.jpg
見た目は普通のシロップ漬けですが、実はこれ、加熱処理していないのです。
パックにりんごとシロップ(蜂蜜とアップルブランデー)を入れて、ギュッ!と真空状態したもの。
こうすることによって、甘いシロップが果肉に浸透するのだそうです。
シャキシャキの食感はそのままの、まさに人工的な蜜りんごです!
d0007875_13431651.jpg
開発したのは、青森市にある人気料亭「百代」さん。
以前から、コース料理のデザートとして提供していたメニューを今回商品化したのだそう。
デザートとして出したところ、多くのお客さんが作り方を訊ねられます。
生のりんご全体に蜜が染みていて、皆さんどうやって作るのか不思議に思うのだそうです。
d0007875_13433758.jpg
使っているのは「ふじ」。
百代の料理人さんによる手作りのため、大量生産はできません。
だから、まずはお店とネット通販のみの販売です。
日持ちは要冷蔵で1週間程度。
真空パックなのに意外に日持ちが短いのも生りんごならでは。

青森市の人気料亭「百代」が送る「冷製蜜りんご」。
これまでにない食感と甘さに誰もが驚くはずです!
d0007875_1344359.jpg
日本料理 百代
青森市本町2丁目3-11
電話017-776-5820
FAX017-723-5577

冷製蜜りんご
料金 6個入り1,400円(税別)

by niok
by marugoto_aomori | 2015-05-01 14:02 | おいしい食材 | Comments(0)

「成田亨」展 開催中!

皆さんはじめまして。今年度からブログデビューすることになりましたkeyです。楽しみにブログを見ている立場から書く側となり、幾分緊張しています。どうぞ、よろしく。

さてさて、最初のブログでは4月11日から青森県立美術館で開催されている「成田亨展 美術/特撮/怪獣」について紹介します。

d0007875_12461342.jpg


今回の成田亨展は、ウルトラ関係のデザイン原画187点を始め総点数700点が展示されています。未公開の怪獣デザイン原画や、絵画・彫刻なども展示されており、見どころ満載。
先週末に家族で美術館を訪れた際には、怪獣原画のコーナーと特撮映像のコーナーで息子が見入ってしまい、動かなくなりました。ウルトラマン世代のお父さんから子供まで、家族連れでも楽しめるのも、成田亨作品の特徴ですね。

それでは、私のオススメNo.1をご紹介。

d0007875_14255262.jpg

《ヒューマン1号、2号》1972年頃 アクリル・紙 個人蔵

カッコイイですね。ヒューマン、一押しです。
写真は取れませんが、絵の前で同じポーズを取ることは可能です。私は取りました。息子と一緒に。


ちなみに成田亨展のフライヤーには通常版の他にシークレットがあるようで…?

d0007875_13255638.jpg


当然、ゲット。真ん中は通常版。
そして左が前売り券用のシークレットフライヤー、右が会場限定のシークレットフライヤーです。折角なので、どんなフライヤーなのかは実際に美術館に行って確認して下さいね。

季節は春、お出かけするにはいい季節です。
魅力満載の「成田亨展」に、是非お出かけ下さい~

by key

【成田亨展】
場所:青森県立美術館展示室
会期:4月11日 (土) − 5月31日 (日)
開館時間:9:00− 17:00 (入館は16:30まで)
休館日:5月11日 (月)
観覧料:一般1,200(1,000)円 / 高大生800(600)円 / 小中生200(160)円
※( )内は20名以上の団体料金
詳細はこちらのサイトでご確認下さい。
http://www.aomori-museum.jp/ja/exhibition/67/

問合せ:青森県立美術館  青森市安田字近野185 電話017-783-3000
by marugoto_aomori | 2015-04-15 09:00 | 青森のアート | Comments(0)

青森県の魅力を発信「青森県東京観光案内所」

こんにちはジミーです。
新年度が始まって間もないですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
新生活や新しい仕事を頑張っている皆さんに、東京で青森県のためにがんばってくれている方々をご紹介します。
d0007875_154236.jpg

お邪魔したのは青森県東京観光案内所!まるごとブログでもお馴染みとなっている青森県のアンテナショップ北彩館の中にあります。
壁一面に青森県各地のパンフレットが並べられており、青森県に行きたいと考えている方にはぜひ訪れて頂きたい場所です。
d0007875_155153.jpg

そんな青森県東京観光案内所で観光案内をしている通称観光案内所ガールのお二人をご紹介します。
木村佳子さん(左)は、福岡県出身。結婚を機に青森県へ。旦那さんの転勤で東京に住んで現在3年目だそうです。旦那さんが観光関係のお仕事をしており、県内の様々なところに一緒に出かけたそうです。その経験を生かし、青森県の魅力を発信してくれています。
石井麻子さん(右)は、三沢市出身。結婚を機に東京に住んでいるそうです。青森県に住んでいた時は、地方テレビ局に勤務していて、県内各地のニュースなどの映像編集を行っていたそうです。その頃の経験が、観光案内するのにとても役立っているとおしゃっていました。
d0007875_1564385.jpg

案内所に来て頂いた方には、パンフレットを使いながら丁寧に説明します。その丁寧な説明からか、旅行先からお礼の絵葉書が届いたり、旅行の感想を話しに直接お越しになる方もいるそうです。新たな関係が生まれ、それがやりがいに繋がると石井さんはおしゃってました。
d0007875_1574563.jpg

直接お越しになれない方には電話での観光案内も行っています。もちろん電話でも丁寧な説明は変わりません。青森県の気になる情報がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

最後にお二人に青森県のオススメをお聞きしました。
木村佳子さんは味噌カレー牛乳ラーメン!最初にその名前のインパクトに驚き、食べてみるとその美味しさにも驚き二度驚きがあるとのこと!
石井麻子さんはホタテ!青森県のホタテはとても肉厚!最近ではホタテ活御膳というグルメも登場したました。
両方とも青森県にお越し際には、是非食べてみて下さい。

これから青森県は観光するには最高の季節がやってきます。
青森県にお越しの際には、青森県東京観光案内所で事前に情報収集してみてはいかがでしょうか。

by ジミー

〈お問い合わせ先〉
青森県東京観光案内所
所在地 〒102-0071
    東京都千代田区富士見2丁目3-11
    あおもり北彩館・東京店内
TEL 03-5276-1788
by marugoto_aomori | 2015-04-11 15:13 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

駅前フィッシング 青森帆立小屋

JR青森駅のすぐ近くにある食堂「青森帆立小屋」。こちらは店内で青森特産の帆立釣り体験ができる施設です。
もともと季節営業でスタートしましたが、2013年にリニューアルオープンして今日でちょうど2周年となるそうです。
店内に入ると、青森らしいねぶたの面が迎えてくれます。
d0007875_2042563.jpg

この店の「売り」である帆立釣り体験の内容は、500円の体験料で3分間、帆立の引っかけ釣りを行うことができます。
d0007875_20422629.jpg

私も実際に釣ってみましたが、簡単に釣れそうでも意外に難しく、結局1枚しか釣れませんでした。(写真は昨年10月に体験した際のものです。)
d0007875_20425756.jpg

でも、全く釣れなくても2枚サービスしてくれることから、安心してチャレンジすることができます。実際に今まで多い方で10枚以上つり上げた方もいるそうです。
この帆立は釣った分だけ調理してもらって食べることができます。調理内容は、浜焼き、刺身、寿司の好きな方法を申告します。
d0007875_2043268.jpg

帆立の寿司は、甘くねっとりとした食感がたまりません。
今日は、最近人気が高まっている海産物の浜焼きにチャレンジしました。材料は、帆立とサザエ、コマイです。
帆立は醤油とバター焼き、コマイはマヨネーズでいただきます。
d0007875_2045507.jpg

新鮮でぷりぷり肉厚なホタテと、ほろ苦いサザエ、そしてかりっと焼き上がったコマイ、こうなってくると、やはりお友達を呼ばない訳にはいきません。
浜焼きのベストパートナー、生ビールを呼んで、一人「今日もお疲れ様」と心でつぶやき、乾杯します。
d0007875_20461360.jpg

この青森帆立小屋は、親子連れからカップルまで、また地元や観光客の皆様まで幅広く楽しめる施設となっています。
青森観光の際にはぜひ立ち寄ってみてください。
d0007875_20464851.jpg


byオーレおじさん

(問合せ先)
青森帆立小屋
住所:青森県青森市安方1-3-2 青森ビル1F
電話:017-752-9454
by marugoto_aomori | 2015-03-19 20:49 | 青森食べ歩き | Comments(0)

ニンニク王国・青森県が誇る自慢の逸品 四季彩にんにく株式会社の「姫にんにく」

田子町特産のニンニクを使った「タッコーラ」が全国的な反響を呼んでいて、青森県人としては嬉しい限り♪

日本一の収穫量・質の高さで知られる青森県産ニンニクですが、玉だけじゃなく、根も葉もまるごと食べられる「姫にんにく」は皆さんご存知ですか。

「姫にんにく」は、一粒一粒厳選された青森県産ニンニクを畑で一定期間育てた後、水耕栽培により一片ずつ丁寧に発芽させたニンニクのこと。
d0007875_20325324.jpg

長くて白く透き通った根と鮮やかな緑色の葉がついたまま収穫されます。
d0007875_20302089.jpg

店頭に並ぶニンニクとは随分見た目が違いますよね。

豊かな山々から湧出する天然水に抱かれ、大切に育てられた「姫にんにく」は、ならではの特徴を備えていきます。
畑のニンニクと比べて臭いが少なく、味わいもまろやか。
刻んで料理に使用するよりも、根と葉がついたまま、まるごと調理するのがオススメです。
特にオススメの調理法は天ぷらで、ホクホクとした実は甘味を存分に楽しめる、かつ、サクサクとした根は食感を楽しめる と2通りの美味しさを楽しめる逸品!
d0007875_20325069.jpg

手塩にかけて育てるからこそ品質・規格は折り紙付き。
生産量が少なく、一般の市場には殆ど流通していませんが、評判が評判を呼び、着実に取扱い店等が増えてきている赤マル急上昇中の逸品です。

「姫にんにく」を生産しているのは、吉田さん夫妻。
義父の夢であった水耕栽培を引き継ぎ、青森県で初めてにんにくの水耕栽培に成功した「姫にんにく」の産みの親です。
d0007875_2034108.jpg

今でこそ確かな需要を得た「姫にんにく」ですが、満足のいく品質・規格に仕上げるまでは努力と失敗の連続だったそうです。
手塩にかけて育てた自慢の逸品を皆に知ってもらいたい。そんな想いから、試食販売で全国を周り、期待通りの反応が得られない。。。など苦悩した時期もありましたが、奥様・清華さんとの二人三脚で逆境を跳ね除けてきました。
d0007875_2034417.jpg

広史さんは言います。「どん底の方がやりがいを感じるし、楽しめる。反対の声が多い方が逆に自分を信じて課題に挑める」と。素敵な話ですよね。

吉田さん夫妻の努力の結晶が産み出した自慢の逸品・「姫にんにく」。
手塩にかけて育てた逸品を是非味わってみてください!
(Byノッポさん)


【問合せ先】
 農業生産法人 四季彩にんにく株式会社
 住所:青森県三戸郡三戸町大字斗内字菅田110-2
 <TEL> 0179-23-5577 <FAX> 0179-23-5597
 <HP> http://shikisai229.ocnk.net/
    ※ホームページには「お客様の声」が寄せられていて参考になりますよ。
by marugoto_aomori | 2015-03-17 20:45 | おいしい食材 | Comments(0)

雪上を駆け抜けろ ~ 青森市 海辺de雪上エンデューロ・レポート編 ~

d0007875_22302353.jpg

前回のブログで紹介いたしました「海辺de雪上エンデューロ」
運営のお手伝いとして関わらせていただきましたが、ハプニングあり、感動ありと楽しいイベントでした。今回のブログは当日の様子をレポートいたします。

AM8:00
最高気温は2℃と晴れ間が覗き、絶好の観戦日和。
一方で路面状況は早くもシャーベット上と車輪をとられやすい難しいコンディション。
選手の皆さんも会場入りするや試走を始め、コースコンディションを確認していきます。

選手の皆さんが準備を進めるなか、気になるものを幾つも見つけました。
まず自転車用のスパイクタイヤ。皆さんは見たことありますか?
d0007875_2244266.jpg

d0007875_2252738.jpg

画像はピン付きのスパイクタイヤ。製品の規格やインチにもよりますが、びっしりとピンが埋め込まれ、300本近いピンが路面をがっちりと捉えます。試乗させてもらいましたが、雪上では雪を掻き分け、ツルツルの路面も滑らない。悪路をものともしない性能に驚かされました。

雪上仕様の自転車が立ち並ぶなか、面白い自転車も何台か見つけました。
まずはファットバイク。
d0007875_2235477.jpg

アメリカのトレーラーを思わせる“ぶっとい”タイヤが特徴で、コース上に出きる轍にタイヤをとられない安定した走行が可能です。
そしてもう一つ、キャタピラの付いた謎の自転車。
d0007875_2233677.jpg

調べてみると雪道を走行する際に取り付ける雪上キットとのこと。
初めて見る冬道仕様の自転車の数々に驚きです。

AM11:00
いよいよ長く厳しい3時間の雪上エンデューロがスタート。
選手の皆さんが威勢良くスタートし、コース上に飛び出します。
d0007875_2264087.jpg

あ、スパイダーマンだ!
d0007875_22101832.jpg

新幹線!!
d0007875_22115752.jpg

なぜかアンコウ!!!
d0007875_22114125.jpg

選手の皆さんのコスプレ?も会場を沸かせます。
そして会場を何より沸かせるのはハプニング!
ゴール付近に設けられた下り坂では転倒する選手が続出。
d0007875_22141196.jpg

d0007875_22293088.jpg

d0007875_2215055.jpg

うまく乗りこなした選手も、チャレンジして転倒してしまった選手にも惜しみない声援が飛び交います。

序盤は楽しむ余裕がありますが、そこは3時間の長丁場。
時間の経過とともに路面状況はグチャグチャに。。。時々、吹雪に見舞われる悪天候、寒さと疲労が襲うなか、選手の皆さんは歯を食いしばり、自分の限界にチャレンジし続けます。
d0007875_22162947.jpg

d0007875_22163981.jpg


選手の皆さんに話を聞くと、路面をしっかりと捉えるために上半身にも負荷がかかるそうです。走り方のコツを覚えるとは言え、全身運動の連続は選手の皆さんの体力を相当奪っているはず。
ソロで参加するもいらっしゃいますが、悪条件のなかを3時間1人で走り続ける姿には感動を覚えます(涙)

PM2:00
長く苦しい3時間のエンデューロが終了。選手の皆さんの顔には達成感が浮かびます。
スパイクタイヤ部門の1位はなんと58周、ノーマルタイヤ部門の1位も56周を走破。
記録へのチャレンジ、雪上走行を楽しむとそれぞれ思いがありますが、悪条件のなかを3時間走行し続けた選手の皆さん全員の頑張りを讃えさせてください!

皆さん本当にお疲れ様でした。

d0007875_2220259.jpg

「海辺de雪上エンデューロ」に出られなかった方、雪上走行に興味をお持ちの方に朗報!
2月22日(日)に、青森競輪場を舞台とした「スノーライドin青森」が開催されます。
d0007875_22361740.jpg

受付は2月14日(土)まで。
青森の冬を楽しむもう一つのサイクルイベントにも是非ご参加ください。


(Byノッポさん)
by marugoto_aomori | 2015-02-04 22:51 | その他 | Comments(0)

世界初! ホワイトインパルス見学ツアーに潜入

d0007875_20521817.jpg

これまで何度もこのブログで取り上げてきた、青森空港除雪隊「ホワイト・インパルス」の見学ツアーが2015年2月1日に初めて行われたことから、調査のため潜入取材を行ってきました。
参加者は首都圏を中心とした50~60代の観光客の方々で、中には若い女性や10歳の小学生もいました。
朝6時30分に職員による歓迎を受けながら青森空港に到着した観光客の皆さんは、まず空港内の制限区域に入ることから保安検査を受け、その後バスに乗って滑走路内に移動します。
d0007875_20502635.jpg

そして、車内で除雪隊の隊長さんからホワイト・インパルスの概要について説明が行われた後、いよいよ除雪隊の出動です。
d0007875_2054954.jpg

38台の除雪車が隊列を組み、うっすらと雪が積もった滑走路などの約55ヘクタールの敷地を、およそ40分間で除雪しました。
d0007875_20543230.jpg

見学ツアーの内容も、エプロン除雪の見学、誘導路での本隊とのすれ違い、滑走路での本隊後方車両との併走など、迫力のある除雪隊の活躍を間近で見学することができ、皆カメラで撮影しながら、素早い除雪作業の技術に感心していました。
d0007875_20554365.jpg

d0007875_20554820.jpg

見学が終わると、参加者には記念品としてホワイト・インパルスの飴とスコップ型のスプーン(残念ながら写真を取り損ねてしまいました。)がプレゼントされ、その後空港内のレストランでの朝食となりました。
d0007875_20551488.jpg

今回のツアーは1泊2日で、三沢市の三沢航空科学館での輸送機の見学や八甲田のロープウェーで樹氷を楽しんだり、津軽鉄道のストーブ列車に乗るなど、乗り物好きの方にとってはとてもうれしい内容となっています。
今年度は3月上旬にもう一回ツアーが組まれているようですので、この機会にぜひ生の迫力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

byオーレおじさん

(問合せ先)
<青森空港除雪隊 ホワイト・インパルス>
青森空港管理事務所
住所:青森市大谷字小谷1-5
電話:017-739-2121

<見学ツアー>
クラブツーリズムの旅 東北
~大人の社会科見学ツアー~ 青森空港を守る!除雪機動部隊 ホワイトインパルス 
電話:03-5998-2000
by marugoto_aomori | 2015-02-02 21:35 | 青森の旅 | Comments(0)

「~伝統と変革~」若手ねぶた師たちの挑戦

青森駅前の「ねぶたの家ワ・ラッセ」の近くにある「ねぶた屋」は、もともと倉庫兼店舗の建物を地元の広告会社が事務所として使用していた場所でしたが、若手ねぶた師の北村春一さんが、元上司であるこの広告会社の社長さんにお願いして建物の一部を間借りし、「ねぶた屋」というチームプロジェクトの活動拠点としています。

d0007875_20320735.jpg
店内に入ると、本物の大型ねぶたに使用された面が多数飾られているほか、津軽凧と青森凧の凧絵や、青森ねぶた関連商品の展示販売が行われています。(大型ねぶたの面は、販売のほかレンタルにも対応しています。)

ここで活動しているのが、左から順番に、立田龍宝、外崎白鴻、手塚茂樹、北村春一の20~30歳代の4人の若手ねぶた師たちです。

d0007875_20323837.jpg
4人はそれぞれ流派が異なり、ねぶた制作ではお互いライバルですが、青森ねぶたを愛する気持ちは皆同じで、ねぶた師の社会的地位の向上や経済的な安定を目指して各種取組を行うことで、後継者の確保にも取り組んでいます。

若手ねぶた師たちは、これまで師匠たちが行ってこなかった新たな取組を進めています。例えば紙貼りを旅行商品として有料で体験してもらったり、ねぶたの著作権の管理、ねぶたのレンタル事業や関連グッズなどの補助収入確保などに取り組む一方で、近代ねぶた絵の起源となる「青森凧絵」制作技術の普及啓発のために小学校を訪れ、生徒に体験指導を行うなど、伝統文化の継承にも積極的に取り組んでいます。

d0007875_20343817.jpg
このような革新的な取組はまだ始まったばかりで、道のりは決して平坦ではありません。

4人は、師匠たちが命がけで維持してきたねぶたの文化とプロのねぶた師としての生き方を受け継ぐとともに、これを未来につなぐために、交流や共同制作などの新たな取組を行いながら、さらに競い合うこととしています。

d0007875_20351423.jpg

※「ねぶた屋」ではこのような取組を応援していただけるサポーター(個人、企業・団体)を募集しています。詳しくはホームページをご覧ください。なお、4人のねぶた師は、特別な場合を除き、普段「ねぶた屋」にはおりませんのでご了承願います。


byオーレおじさん

(問合せ先)
<ねぶた屋>
住 所:青森市安方1-5-6 YASUKATA GARAGE内
TEL:017-775-9150
FAX:017-718-2245


by marugoto_aomori | 2015-01-26 21:05 | 青森の旅 | Comments(0)

スノーモンスターが見頃です!

d0007875_16004232.jpg
スノーモンスターをご存知ですか?
日本語で樹氷、八甲田山の樹氷は今から3月上旬まで見頃となっています。
d0007875_16060308.jpg
樹氷とは、濃霧が樹木等に衝突して瞬間的に凍結した自然の造形物で、英語ではスノーモンスターといいます。
寒い地域にはどこにでもあると思っていましたが、この樹氷、実は日本と一部の他国でしか見ることの出来ない特有の自然現象です。
欧米では杉等の木に雪がどっさり積もったものもスノーモンスターと言われているそうですが、それは厳密に樹氷ではないとのこと。
日本人にとってのオーロラのように、外国の方には特別な景観なのかもしれません。
d0007875_16200366.jpg
そんな希少な樹氷は、青森だと比較的手軽に見ることができます。
青森市中心部から車で30分程度で八甲田ロープウエイへ、ロープウエイで待ち時間等あわせ約30分程度で山頂駅へ、合計1時間程度で樹氷を満喫できます。
d0007875_16233072.jpg
山頂駅から出ると目の前には一面の樹氷の世界が拡がっています。
ここは国立公園で、スキー場でもあるため、スキーやスノーボードで樹氷の間を滑走することができます。
また、スノーシューをレンタルして、樹氷の間を散歩することもできます。
d0007875_16274480.jpg
スノーシューは初心者でもすぐ歩くことが出来る便利な道具です。
長靴にそのまま装着するだけ。
d0007875_16415606.jpg
八甲田の樹氷の森は、下界の日常とは全く異なる神秘的な世界です。
この景色を見に、多くの外国の方が訪れており、この日もお客様の8割が外国の方でした。
ロープウエイ内で飛び交う言葉は英語と中国語、青森が世界に誇れる冬の景色だと深く認識させられました。
(kogao)

問い合わせ先
八甲田ロープウエイ(株)
住所:青森市荒川寒水沢1-12
電話:017-738-0343
ロープウエイ料金
大人(中学生以上)往復1.850円 小人(小学生以下は無料)往復870円
営業時間:9:00~15:40


by marugoto_aomori | 2015-01-16 16:58 | 青森の旅 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング