まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:食堂 ( 4 ) タグの人気記事

素朴な佇まいの食堂に秘められた素敵なエピソード

d0007875_10204971.jpg

弘前大学の近くの道をたまたま車で通りがかった時、「あれっ!?」と思う佇まいの食堂が目に飛び込んできました。そのまま通り過ぎたものの、やっぱり気になり、再び引き返して食堂へ。
外観を見て、「やっぱり気になる。昭和の時代からこの空間だけ取り残されている感じ。ここにはきっと何かある」と思い、ちょうど昼時だったので、昼食をとるために店内へ。

中に入ると、昭和の時代から全てが何も変わっていない、タイムスリップした空気感。とてもワクワク。
食堂は、ご夫婦が営んでいて、とても親切で温かい感じの印象でした。早速、野菜ラーメンを注文。
d0007875_10212420.jpg

そしてお店に入った瞬間から気になっていたのが、壁に貼っているキノコの絵。
お店の奥さんに、「これは誰が書いているんですか?」と聞いたところ、奥さまが趣味で描いているとの返答。
d0007875_10214980.jpg

「何でキノコの絵を貼っているんですか?」と聞いたところ、
「毎年、天然キノコがとれる季節になると、きのこラーメンを提供している」とのことでした。
「きのこラーメン?」。きのこラーメンは、9月から10月にかけて、店主が山で採ってきた天然きのこを使った特製ラーメン。ピーク時には、10種類ものきのこが入っているとか。かなり高価でレアなものが入ることもあるとか。何とも贅沢!
さらに驚いたのは、それが600円で食べることができるということ。安すぎる!
天然きのこなので、日によっては量の多少があったり、天候によっては、採れる種類も違ってくるので、その時のお楽しみということになります。

さらに、マツタケがとれる時期には、プラス300円でマツタケもトッピングできるとか。
きのこラーメンの写真がないのが残念です。。。

今まで、経験したことのない「きのこラーメン」。未知のラーメンにワクワクしているうちに、野菜がたっぷり入ったラーメンが出来上がり、早速いただきました。素朴で懐かしくて、飽きのこない感じの味わいでした。
d0007875_10223619.jpg

もう一つ、この店で気になったのが、相撲の番付表。
番付表のことも店主に聞いたところ、食堂は店主のお母さんが50年程前に始め、元々は関取だったお兄さんが引退後に継いだということでした。お兄さんが39歳の若さで亡くなり、弟の現店主が引き継きました。お兄さんの関取時代の四股名が「一乃矢」。お店の名前でもあります。
d0007875_10231482.jpg
後でネットを見て分かったのですが、店主の曽祖父に当たる人も、明治から昭和にかけて、各界で大活躍した「一ノ矢」という関取だったようです。当時の格付けは、大関が最高位。「一ノ矢」は、大関の経験者(今でいう横綱経験者)。「青森相撲王国中興の祖」と呼ばれていたようです。

何気に外観の佇まいが素敵だと思って入った食堂でしたが、お店にまつわるモノ(お店の雰囲気の全てが素敵)・コト(きのこラーメンが素敵)・ヒト(店主も含めて一族が素敵)とも、パワーに満ち溢れていました。
きのこラーメンの季節が待ち遠しいです!
                       
                                     byさっちゃん

一乃矢食堂
弘前市城南2-2-2
0172-34-0644
by marugoto_aomori | 2016-03-28 10:36 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

海辺の町、小泊のマル清食堂でお腹いっぱい!

d0007875_13441517.jpg
先日、中泊町役場の方にすすめられて行ってきたのが「マル清食堂」。
定食、どんぶり、ラーメンといったオーソドックスな食堂です。
ここの「バラ焼き定食(900円)」がすごいとの噂。
さっそく頼んでみるとでてきたはこれ!
d0007875_13445659.jpg
すき焼き用の鍋に肉野菜炒めがどーん!
これで一人前!
十和田のバラ焼きとは違って、豚ばら肉と野菜の炒めものです。
驚くのは、メインのバラ焼きのほかに、おまけで「ぶりの刺身」と「タラのフライ」がついていたこと。
おまけは、その日によって違うようです。
聞くと、ご近所からいろいろおすそ分けがあって、それをサービスでつけているとのこと。
当然地元の魚ですから、新鮮でおいしい!
しかもフライもサクサク!
もちろんメインのバラ焼きもシンプルな味付けでご飯が進みます。
d0007875_13451463.jpg
さらには、お味噌汁がタラのじゃっぱ汁。
まさに海の町、小泊ならではの嬉しいメニューですねー。
d0007875_13454086.jpg
ちなみに、友人が頼んだかつ丼(700円)。
おもわずたじろぐ大きさ!
d0007875_1346178.jpg
小泊のお母さんが一人で切り盛りするマル清食堂。
お近くに行かれた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。
昔ながらの食堂メニューとお母さんの優しさでお腹いっぱいになれます!

by niok

《マル清食堂》
住所 中泊町小泊小泊276-1 
電話 0173-64-2071
営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休
by marugoto_aomori | 2015-11-30 15:25 | 青森食べ歩き | Comments(0)

青森駅前の"1"、"2"、"3"

人の営みともに街並みは変わっていくもので、
新しくなっていく街を否定できないと頭では分かっていても、
昔を思い出し郷愁を感じてしまうのは年のせいでしょうか?(笑)

d0007875_16384633.jpg
青森駅前もすっかり変わってしまい、
りんご売りの小屋ははるか以前になくなっているし、
駅前にはたくさんのホテルやビルが建ち並び、
昔の雑多なイメージはなくなり、
すっかり広々整然とした雰囲気の街並みになりました。

昔懐かしいあの食堂も今はなく、今はなく…?
と思いきや、あの「一二三食堂」は「喫茶一二三」として
生まれ変わって今もなお健在でした。d0007875_16391617.jpg
古くから駅前で営業を続けてきたお店だけに、
再開発によって店を閉めると聞いたときはとても残念に思っていたのですが、
業態を変えていても"一二三"の名前を残してくれたことは嬉しい限りです。

店先を眺めていると、
メニューの中にすじこ定食やたらこ定食などもあり、
ちょうど昼近かったので私の定番すじこ定食を食べることにしました。
d0007875_16394942.jpg
新しい建物なので内装もきれいなのですが、
なんとなく食堂時代の面影も残っているような気がします。
注文してからほどなく運ばれてきたすじこ定食は、
真ん中にすじこがあって、
その周りをご飯、吸い物、おかず1、おかず2、デザートが囲む鉄壁の布陣。d0007875_1640195.jpg
すじこは写真で見ると少なめに感じますが実際はけっこうな分量で、
大人食いまではいきませんが、
私がこれまでに食べたすじこ定食系では一番の量でした。

大好きなすじこと、手作りの素朴なおかず。
感動を覚える類の定食ではありませんが、
食べていてほっとする、なんとも言えない安心感のある定食でした。

これまでにこのブログで紹介した以外にも、
青森には魅力あふれる食堂がたくさん残っています。
全てが昔のままというわけにはいかないでしょうが、
願わくばいつまでも残っていてほしいものです。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-08-23 16:45 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(13)

下北田舎食堂

一度行きたいと思っていながら、
なかなか行けないでいたお店。
青い森BLOGさんをはじめ数多くのブログで紹介され、
みんなをとりこにしている食堂。
むつ市の下北田舎食堂「鳥昌」に行ってきました。

メニューにはラーメン・丼物から定食まで、
心惹かれる名前が並んでいましたが、
やはり、ここは貝焼きを食べないわにはいかないだろうと考え、
個人的には、昼食としては異例中の異例ですが1,800円コースを選択。
しかし、ここで更に悩みごとが発生。
1,800円コースにも、
帆立貝柱味噌貝焼きの「おしまこ定食」と
ウニ味噌貝焼きと「釜臥定食」があるではないですか。
※どちらも「お刺身・帆立塩焼き・帆立串フライ」の中から一品選べます。
悩ましいところではあるのですが、
ウニが入っているところにお得感のあるので「釜臥定食」に決めた!
一品メニューは串フライにしてみました。

先に出されたサラダを食べながら待っていると、
きました「釜臥定食」。これはすごい。
メインの貝焼きにほたての串フライ、
これにウドの松前漬け和え、ふきの炒め物、
山菜具だくさんの豚汁までついています。
テーブルの上いっぱい広がりすぎて写真撮れませんでした。
d0007875_11285249.jpg
d0007875_1129169.jpg
d0007875_11293473.jpg
d0007875_11294960.jpg
貝焼きもウニがこれでもかってくらい入っていて贅沢。
ほたてはやっぱりフライが最高。
ウドの松前漬け和え、初めて食べましたが面白い組み合わせ。
地物のふきの炒め物は、地物ならではのいい食感。
豚汁もふきがいいアクセント。
満足、満足。お腹いっぱい。

むつ市を中心とした下北は、
食べ物の魅力でいっぱいのところですが、
鳥昌食堂も是非また行かなければいけないお店の一つになりました。

そしてこのあと、私は吉田ベーカリーに向かったのでしたw

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-06-19 11:34 | 青森食べ歩き | Comments(10)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング